"ナイロン6・ナイロン6の世界市場:製品別(ナイロン6、ナイロン66)、用途別(エンジニアリングプラスチック、自動車、繊維、電気・電子、その他)、セグメント予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:GVW903126)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ナイロン6・ナイロン6の世界市場:製品別(ナイロン6、ナイロン66)、用途別(エンジニアリングプラスチック、自動車、繊維、電気・電子、その他)、セグメント予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global nylon 6 and 66 market size is expected to reach USD 41.13 billion by 2025, expanding at a CAGR of 6.2% over the forecast period, according to a new study by Grand View Research, Inc. Increasing global automobile production is anticipated to drive the growth.
Automobile is a highly concentrated industry. Although the product range is high owing to a large number of market participants, around 49% of the market is led by top players including GM, Toyota, Ford, and Volkswagen. Nylon 6 is used in engine components such as bushings, bearing, oil containers, wire harness connectors, fuse boxes, cylinder head covers, crankcases, and timing belts.

Growth in production can mainly be attributed to a rapid rise of the China market, as well as the consistent growth of the European automotive industry. In recent years, automobile industry has witnessed robust growth, especially from Asia Pacific. Infrastructure development and improving socio-economic trends are some of the significant factors contributing to the growth. Favorable regulations, availability of workforce, and government initiatives to provide attractive FDI regulations have resulted in a shift of manufacturing bases of significant players to regions such as China, India, and Indonesia.

Nylon 66 demonstrates high dimensional stability coupled with excellent resistance to wear owing to its lower moisture absorption property. Electrical protection devices require high heat, water, and other electromechanical resistance to perform according to standards. Further, it has a shorter and stronger bond, which provides it a denser and tighter structure compared to nylon 6. Moreover, enhanced properties of nylon 66 over nylon 6, which is the largest product in this market; is a major factor driving the product demand. In thermally and mechanically stressed moldings, nylon 66 has emerged as the preferred grade of polyamides on account of its strong dielectric resistance. The development of polymer technology has widened the application scope of nylon 66, which, in turn, is projected to develop the product segment over the next eight years.

Further key findings from the report suggest:

• Asia-Pacific is projected to lead the market from 2018 to 2025, with China being the fastest growing country on account of booming automotive industry

• Nylon 6 segment is potentially fueling growth of the nylon 6 and nylon 66 market over the forecast period owing to the low cost

• Major market participants are Lanxess AG; AdvanSix Inc.; BASF SE; Huntsman Corporation; DOMO Chemicals; and INVESTA among others. The market is characterized by the presence of various well-established players

• The companies engage in various strategic initiatives to boost market growth. For instance, in August 2018, Ascend Performance Materials purchased an engineering plastics manufacturing company based in the Netherland namely Britannia Techno Polymer. The acquisition helped Ascend to establish manufacturing base in Europe and expand its global compounding capacity.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Grand View Researchが"ナイロン6・ナイロン6の世界市場:製品別(ナイロン6、ナイロン66)、用途別(エンジニアリングプラスチック、自動車、繊維、電気・電子、その他)、セグメント予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

Table of Contents

Chapter 1 Methodology and Scope
1.1 Research Methodology
1.2 Research Scope and Assumptions
1.3 List of Abbreviations
1.4 List of Data Sources
Chapter 2 Executive Summary
2.1 Market snapshot
Chapter 3 Nylon 6 & 66 Market Variables, Trends, and Scope
3.1 Market Segmentation
3.2 Years considered in the study
3.3 Penetration & Growth Prospect
3.4 Nylon 6 & 66 – Value chain analysis
3.5 Raw Material Analysis
3.6 Nylon 6 & 66 – Market dynamics
3.7 Market Driver Analysis
3.7.1 Increase in automobile production
3.8 Market Restraint Analysis
3.8.1.1 Threat Of Substitutes From Other Products
3.9 Nylon 6 & 66 – Porter’s analysis
3.10 Nylon 6 & 66 – PESTEL analysis
Chapter 4 Nylon 6 & 66: Product Estimates & Trend Analysis
4.1 Nylon 6 & 66 Market: Product Movement Analysis, 2017 & 2025
4.2 Nylon 6
4.2.1 Nylon 6 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
4.2.1.1 Nylon 6 market estimates and forecasts, by region, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
4.3 Nylon 66
4.3.1 Nylon 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
4.3.2 Comparison of key polyamides property
4.3.2.1 Nylon 66 market estimates and forecasts, by region, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
Chapter 5 Nylon 6 & 66 Market: Application Estimates & Analysis
5.1 Nylon 6 & 66 market: Application movement analysis
5.2 Automobile
5.2.1 Market estimates and forecasts, in Automobile, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
5.2.1.1 Market estimates and forecasts, in automobile, by region, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
5.3 Electrical & electronics
5.3.1 Market estimates and forecasts, in Electrical & electronics, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
5.3.1.1 Market estimates and forecasts, in electrical & electronics, by region, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
5.4 Engineering plastics
5.4.1 Market estimates and forecasts, in Engineering plastics, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
5.4.1.1 Market estimates and forecasts, in engineering plastics, by region, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
5.5 Textile
5.5.1 Market estimates and forecasts, in Textile, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
5.5.1.1 Market estimates and forecasts, in textile, by region, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
5.6 Others
5.6.1 Market estimates and forecasts, in Others, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
5.6.1.1 Market estimates and forecasts, in others, by region, 2014 – 2025 (kilotons) (USD Million)
Chapter 6 Nylon 6 & 66 Market: Regional Estimates & Trend Analysis
6.1 Nylon 6 & 66 Market: Regional Movement Analysis, 2017 & 2025
6.2 North America
6.2.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.2.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.2.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.2.4 U.S.
6.2.4.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.2.4.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.2.4.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.3 Europe
6.3.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.3.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.3.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.3.4 Germany
6.3.4.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.3.4.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.3.4.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.3.5 France
6.3.5.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.3.5.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.3.5.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.3.6 U.K.
6.3.6.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.3.6.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.3.6.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4 Asia Pacific
6.4.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.4.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.4.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.4.4 China
6.4.4.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.4.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.4.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.5 India
6.4.5.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.5.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.5.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.6 Japan
6.4.6.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.6.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.6.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.7 South Korea
6.4.7.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.7.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.4.7.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (Kilotons) (USD Million)
6.5 Central & South America
6.5.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.5.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.5.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.6 Middle East & Africa
6.6.1 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.6.2 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by product, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
6.6.3 Nylon 6 & 66 market estimates and forecasts, by application, 2014 – 2025 (kiloTons) (USD Million)
Chapter 7 Competitive Landscape
7.1 Vendor landscape
7.1.1 List of raw materials
7.1.2 List of manufacturers
7.1.3 List of suppliers/distributors
7.1.4 List of end users
7.2 Competitive Environment
7.3 Company market positioning
Chapter 8 Company Profiles
8.1 BASF SE
8.1.1 Company Overview
8.1.2 Financial Performance
8.1.3 Product Benchmarking
8.1.4 Strategic Initiatives
8.2 Lanxess AG
8.2.1 Company Overview
8.2.2 Financial Performance
8.2.3 Product Benchmarking
8.2.4 Strategic Initiatives
8.3 Huntsman Corporation
8.3.1 Company Overview
8.3.2 Financial Performance
8.3.3 Product Benchmarking
8.4 AdvanSix Inc.
8.4.1 Company Overview
8.4.2 Financial Performance
8.4.3 Product Benchmarking
8.5 Ube Industries Ltd.
8.5.1 Company Overview
8.5.2 Financial Performance
8.5.3 Product Benchmarking
8.5.4 Strategic Initiatives
8.6 INVISTA
8.6.1 Company Overview
8.6.2 Product benchmarking
8.6.3 Strategic Initiatives
8.7 Domo Chemicals
8.7.1 Company Overview
8.7.2 Financial Performance
8.7.3 Product Benchmarking
8.7.4 Strategic Initiatives
8.8 Toray Industries, Inc.
8.8.1 Company Overview
8.8.2 Financial Performance
8.8.3 Product Benchmarking
8.8.4 Strategic Initiatives
8.9 Ashley Polymers Inc.
8.9.1 Company Overview
8.9.2 Product Benchmarking
8.10 Ascend Performance Materials LLC
8.10.1 Company Overview
8.10.2 Financial Performance
8.10.3 Product Benchmarking
8.10.4 Strategic Initiatives
8.11 Toyobo Co. Ltd.
8.11.1 Company Overview
8.11.2 Financial Performance
8.11.3 Product Benchmarking
8.12 Goodfellow Group
8.12.1 Company Overview
8.12.2 Product Benchmarking

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ナイロン6・ナイロン6の世界市場:製品別(ナイロン6、ナイロン66)、用途別(エンジニアリングプラスチック、自動車、繊維、電気・電子、その他)、セグメント予測
【発行日】2019年2月26日
【調査会社】Grand View Research
【コード】GVW903126
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ナイロン6・ナイロン6の世界市場:製品別(ナイロン6、ナイロン66)、用途別(エンジニアリングプラスチック、自動車、繊維、電気・電子、その他)、セグメント予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 飼料用植物性添加剤の世界市場:精油、ハーブ・香辛料、含油樹脂
    当調査レポートでは、飼料用植物性添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、家畜別分析、機能別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マラリア(Malaria):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、マラリア(Malaria)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マラリア(Malaria):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・マラリア(Malaria)のフェーズ3治験薬の状況 ・マラリア(Malaria)治療薬の市場規模(販売予測) ・マラリア(Malaria)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・マラリア(Malaria)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のマラリア(Malaria)治療薬剤
  • 世界のブチルアクリレート市場2016
    本調査レポートでは、世界のブチルアクリレート市場2016について調査・分析し、ブチルアクリレートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鎌状赤血球症 (Sickle Cell Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における鎌状赤血球症 (Sickle Cell Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、鎌状赤血球症 (Sickle Cell Disease)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・鎌状赤血球症 (Sickle Cell Disease)の概要 ・鎌状赤血球症 (Sickle Cell Disease)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の鎌状赤血球症 (Sickle Cell Disease)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・鎌状赤血球症 (Sickle Cell Disease)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • ナノセルロースの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ナノセルロースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノセルロースの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はナノセルロースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均29.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Borregaard、CelluForce、Daicel、NIPPON PAPER INDUSTRIES、RISE、Sappi等です。
  • 韓国のオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 電気再生式イオン交換の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、電気再生式イオン交換の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、デザイン別(プレート・フレーム構造、らせん巻き構造)分析、エンドユーズ産業別(発電、医薬品、エレクトロニクス、半導体)分析、電気再生式イオン交換の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電気再生式イオン交換の世界市場規模が2019年827百万ドルから2024年1124百万ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。
  • デジタルカメラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デジタルカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタルカメラの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 デジタルカメラは従来のフィルム式カメラと異なり、データとして写真を撮ることができる電子機器であり、そのデータをコンピューターや他のハードウェアに保存することができます。デジタルカメラは2000年代中盤に従来のフィルム式カメラに代わり人気が出ました。デジタルカメラは写真だけではなく、動画も録画することができます。また、デジタルカメラのLCDスクリーン、記録容量、写真の現像そしてWi-Fi接続などの機能も人気があります。
  • 世界の産業用電源市場:種類別(AC-DCコンバーター、DC-DCコンバーター、DC-ACインバーター)、出力電力別(低出力(最大1,000 kW)、中出力(1,000 W〜10 kW)、高出力(10〜75 kW)、高出力(75〜150 kW))、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、産業用電源の世界市場規模が2019年99億ドルから2024年128億ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。本書は、世界の産業用電源市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(AC-DCコンバーター、DC-DCコンバーター、DC-ACインバーター)分析、出力電力別(低出力(最大1,000 W)、中出力(1,000 W〜10 kW)、高出力(10〜75 kW)、高出力(75〜150 kW))分析、業種別(照明、家電、輸送、食品および飲料、軍事および航空宇宙、通信、医療およびヘルスケア、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・世界の産業用電源市場:製品種類別(AC-DCコンバーター、DC-DCコンバーター、DC-ACインバーター) ・世界の産業用電源市場:出力電力別(低出力(最大1,000 W)、中出力(1,000 W〜10 kW)、高出力(10〜75 kW)、高出力(75〜150 kW)) ・世界の …
  • ブルーレイメディアおよびデバイスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ブルーレイメディアおよびデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブルーレイメディアおよびデバイスの世界市場規模及び予測、種類別分析、メディア別分析、メディアレンタル別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • テレコム向けビリングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、テレコム向けビリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テレコム向けビリング市場規模、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、サービス別(システムインテグレーション、プラニンング ・コンサルティングサービス、運用・保守サービス、マネージドサービス、その他)分析、ソフトウェア別(収入診断、ネゴシエーション、パートナー・相互接続管理、不正管理、課金・請求、調停)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ テレコム向けビリングの世界市場:市場動向分析 ・ テレコム向けビリングの世界市場:競争要因分析 ・ テレコム向けビリングの世界市場:導入タイプ別(オンプレミス、クラウド) ・ テレコム向けビリングの世界市場:サービス別(システムインテグレーション、プラニンング ・コンサルティングサービス、運用・保守サービス、マネージドサービス、その他) ・ テレコム向けビリングの世界市場:ソフトウェア別(収入診断、ネゴシエーション、パ …
  • 小型自動車用ルーフシステムの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用ルーフシステムの世界市場について調査・分析し、小型自動車用ルーフシステムの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 衝突回避センサーの世界市場分析:技術別(レーダー、カメラ、超音波、LiDAR)、用途別(ACC、BSD、FCWS、LDWS、駐車支援)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、LATAM、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、衝突回避センサーの世界市場について調査・分析し、衝突回避センサーの世界市場動向、衝突回避センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別衝突回避センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 切断装置・付属品・消耗品の世界市場:装置(手動、機械式)、付属品(ガス調整器、ガスフィルタ)、消耗品(シールド、オキシ燃料ガス)、技術(プラズマ、酸素燃焼、レーザー)
    当調査レポートでは、切断装置・付属品・消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置別分析、付属品別分析、消耗品別分析、技術別分析、切断装置・付属品・消耗品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 運動ニューロン病(Motor Neurone Diseases):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における運動ニューロン病(Motor Neurone Diseases)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、運動ニューロン病(Motor Neurone Diseases)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・運動ニューロン病(Motor Neurone Diseases)の概要 ・運動ニューロン病(Motor Neurone Diseases)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の運動ニューロン病(Motor Neurone Diseases)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・運動ニューロン病(Motor Neurone Diseas …
  • 生物学的安全キャビネットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、生物学的安全キャビネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生物学的安全キャビネットの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用ベトロニクスの世界市場
    当調査レポートでは、軍用ベトロニクスの世界市場について調査・分析し、軍用ベトロニクスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 波力・潮力エネルギーの世界市場2018–2025:エネルギータイプ別(波力、潮力)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア)、競争状況別
    本調査レポートでは、波力・潮力エネルギーの世界市場について調査・分析し、波力・潮力エネルギーの世界市場動向、波力・潮力エネルギーの世界市場規模、市場予測、セグメント別波力・潮力エネルギー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の活性炭フィルター市場2016
    本調査レポートでは、世界の活性炭フィルター市場2016について調査・分析し、活性炭フィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ステアリン酸塩の世界市場
    当調査レポートでは、ステアリン酸塩の世界市場について調査・分析し、ステアリン酸塩の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のラッサ熱(ラッサ出血熱)市場2019
    本調査レポートでは、世界のラッサ熱(ラッサ出血熱)市場2019について調査・分析し、ラッサ熱(ラッサ出血熱)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ラッサ熱(ラッサ出血熱)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の市場概要 ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の上流・下流市場分析 ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ラッサ熱(ラッサ出血熱)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要 …
  • スマート・トラッカーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマート・トラッカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート・トラッカーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマート・トラッカーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Link AKC、Lugloc、Tile、TrackR等です。
  • ウォールナッツオイル(クルミ油)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウォールナッツオイル(クルミ油)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウォールナッツオイル(クルミ油)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はウォールナッツオイル(クルミ油)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.69%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Huilerie Artisanale J. LEBLANC et fils• La Tourangelle• Roland Foods等です。
  • 保証管理システムの世界市場
    当調査レポートでは、保証管理システムの世界市場について調査・分析し、保証管理システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 3Dプリンティングの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dプリンティングの世界市場動向、3Dプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PEG化タンパク質の世界市場予測:PEG化キット、PEG化試薬
    当調査レポートでは、PEG化タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、消耗品別分析、タンパク質種類別分析、用途別分析、需要先別分析、PEG化タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 光学センサの世界市場:画像センサ、位置センサ、光ファイバーセンサ、IRセンサ、アンビエントライト・近接センサ
    当調査レポートでは、光学センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光学センサの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 企業内教育の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、企業内教育の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業内教育の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 偽造防止包装の世界市場予測(~2021):技術別(コーディング・印刷、RFID、ホログラム、セキュリティーラベル、包装デザイン)、使用上の特徴別(トラック&トレース、改ざん証拠、上書き、コンバート、フォレンジックマーカー)、最終使用分野別、地域別
    当調査レポートでは、偽造防止包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、偽造防止包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドイツの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • アジアの建設機械市場:土工機械、マテリアルハンドリング装置、道路/コンクリート機械
    当調査レポートでは、アジアの建設機械市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジアの建設機械市場規模及び予測、種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の油田用特殊化学品市場2015
    本調査レポートでは、世界の油田用特殊化学品市場2015について調査・分析し、油田用特殊化学品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 組込みコンピュータの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、組込みコンピュータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、組込みコンピュータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビーカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ベビーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビーカーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱可塑性ポリアミドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、熱可塑性ポリアミドの世界市場について調査・分析し、熱可塑性ポリアミドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別熱可塑性ポリアミドシェア、市場規模推移、市場規模予測、熱可塑性ポリアミド種類別分析(PA12型、PA6型、PA11型、その他)、熱可塑性ポリアミド用途別分析(自動車部品、スポーツ用品、医療業界、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・熱可塑性ポリアミドの市場概観 ・熱可塑性ポリアミドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・熱可塑性ポリアミドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・熱可塑性ポリアミドの世界市場規模 ・熱可塑性ポリアミドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・熱可塑性ポリアミドのアメリカ市場規模推移 ・熱可塑性ポリアミドのカナダ市場規模推移 ・熱可塑性ポリアミドのメキシコ市場規模推移 ・熱可塑性ポリアミドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・熱可塑性ポリアミドのドイツ市場規模推移 ・熱可塑性ポリ …
  • DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場について調べ、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(直販、小売)、サービス別、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はDTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場状況 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場規模 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場予測 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(直販、小売) ・市場セグメンテーション:サービス別 ・DTC(消費者直接)遺伝子検査の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・市 …
  • 含水廃棄物の世界市場
    当調査レポートでは、含水廃棄物の世界市場について調査・分析し、含水廃棄物の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 含水廃棄物の世界市場:市場動向分析 - 含水廃棄物の世界市場:競争要因分析 - 含水廃棄物の世界市場:種類別 ・農業廃棄物 ・化学廃棄物 ・下水廃棄物 ・医療廃棄物 ・生ゴミ ・細断された紙 ・肉&骨 ・その他 - 含水廃棄物の世界市場:サービス別 ・処理 ・仕分け ・片付け ・運搬 ・保管 - 含水廃棄物の世界市場:設備別 ・ゴミ収集車 ・処理&廃棄のための設備 ・仕分けのための設備 - 含水廃棄物の世界市場:出所別 ・ヘルスケア&医療廃棄物 ・商業廃棄物 ・家庭&地方自治体の廃棄物 ・産業廃棄物 ・その他 - 含水廃棄物の世界市場:主要地域別分析 - 含水廃棄物の北米市場規模(アメリカ市場等) - 含水廃棄物のヨーロッパ市場規模 - 含水廃棄物のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・含水廃棄物の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 水質浄化剤の世界市場予測(~2022年):凝集剤、有機凝固剤、無機凝固剤、pH調整剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、水質浄化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類(凝集剤、有機凝固剤、無機凝固剤、pH調整剤)別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、水質浄化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの世界市場予測2019-2024
    「1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレードなど、用途別には、Organic Synthesis、Pharmaceuticals、Cosmetic Preservative、Spices、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの世界市場概要(サマリー) ・1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの企業別販売量・売上 ・1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの企業別市場シェア ・1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの世界市場規模:種類別(医薬品グレード、化粧品グレード、工業用グレード) ・1-(4- ヒドロキシフェニル)エタノンの世界市場規模:用途別(Organic Synthesis、Pharmac …
  • インタラクティブ・キオスクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インタラクティブ・キオスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インタラクティブ・キオスクの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトリプトファン市場2015
    本調査レポートでは、世界のトリプトファン市場2015について調査・分析し、トリプトファンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オンライン言語学習の世界市場
    当調査レポートでは、オンライン言語学習の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン言語学習の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ラベルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用ラベルの世界市場について調査・分析し、自動車用ラベルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用ラベルシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用ラベル種類別分析(感圧ラベル、接着剤塗布ラベル、熱転写ラベル、インモールドラベル、その他)、自動車用ラベル用途別分析(内装用用途、外装用用途、エンジン構成要素用用途、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用ラベルの市場概観 ・自動車用ラベルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用ラベルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用ラベルの世界市場規模 ・自動車用ラベルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用ラベルのアメリカ市場規模推移 ・自動車用ラベルのカナダ市場規模推移 ・自動車用ラベルのメキシコ市場規模推移 ・自動車用ラベルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用ラベルのドイツ市場規模推移 ・自動車用ラベルのイギリス市場規 …
  • 世界の組織バンク市場:組織、装置、用途
  • 塗料添加剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、塗料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塗料添加剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・剤型別市場分類 ・用途別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 世界のナタマイシン市場2015
    本調査レポートでは、世界のナタマイシン市場2015について調査・分析し、ナタマイシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺動脈塞栓症(Pulmonary Embolism)治療薬剤
  • サンドバッグスタンドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、サンドバッグスタンドの世界市場について調査・分析し、サンドバッグスタンドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別サンドバッグスタンドシェア、市場規模推移、市場規模予測、サンドバッグスタンド種類別分析(壁掛け型、スタンド型)、サンドバッグスタンド用途別分析(プロ向けトレーニング用、家庭用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・サンドバッグスタンドの市場概観 ・サンドバッグスタンドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・サンドバッグスタンドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・サンドバッグスタンドの世界市場規模 ・サンドバッグスタンドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・サンドバッグスタンドのアメリカ市場規模推移 ・サンドバッグスタンドのカナダ市場規模推移 ・サンドバッグスタンドのメキシコ市場規模推移 ・サンドバッグスタンドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・サンドバッグスタンドのドイツ市場規模推移 ・サンドバッグス …
  • 世界のブレーキキャリパー市場2016
    本調査レポートでは、世界のブレーキキャリパー市場2016について調査・分析し、ブレーキキャリパーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クルクミンの世界市場:用途別(医薬品、食品、化粧品)、セグメント予測
    クルクミンの世界市場は2024年には13億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率12.3%で成長すると予測されています。クルクミンは、その抗炎症性および酸化防止性により、多くの食品および医療用途において理想的な成分となります。このような特性に関する消費者の意識が高まるにつれて、クルクミン市場は大幅に成長していくものと期待されています。本調査レポートでは、クルクミンの世界市場について調査・分析し、クルクミンの世界市場動向、クルクミンの世界市場規模、市場予測、セグメント別クルクミン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"