"飼料用酵母の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 2661)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"飼料用酵母の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The feed yeast market is projected to grow at a CAGR of 5.27% from 2018 to 2023.”The feed yeast market is projected to reach USD 2.1 billion by 2023, from USD 1.7 billion in 2018, at a CAGR of 5.27%. The feed yeast market is driven by various factors such as the increasing concerns related to animal health across the globe and the need for antibiotic alternatives in animal nutrition. However, the increasing competition for raw materials of yeast production from multiple industries is projected to hinder the growth of the market on a global level.
“In terms of type, probiotic yeast is projected to witness the fastest growth from 2018 to 2023.”
The consumption of brewer’s yeast, or inactive yeast, in the feed is higher as compared to the other yeast types. However, recently, key companies are focusing on using probiotic or live yeast in their product offerings and launches for animal nutrition, majorly due to their health benefits. The demand for probiotic yeast is high in developed countries. However, due to their premium price, developing countries are gradually adopting these products, which widens the scope of growth for the market. With the increasing awareness of health benefits associated with probiotic yeast, the developed countries are witnessing an increasing demand for these types of feed yeast.
“In terms of genus, the Saccharomyces spp. segment is estimated to account for the largest market share during the forecast period.”

According to the industry experts, the market for feed yeast is majorly dominated across all nations by Associated British Foods plc (UK), Lesaffre (France), and Cargill (US), and approximately 95% of their product offerings are either sourced from Saccharomyces cerevisiae or is formulated with this strain. According to a report published by COFALEC in 2016, the yeast market is dominated by Saccharomyces spp., wherein 80%–85% of the products are formulated with the Saccharomyces strain, 10% of the products comprise Kluyveromyces marxianus, while the remaining products comprise either Pichia pastoris or Candida spp. Hence, the feed yeast market was dominated in 2018 by the Saccharomyces spp. segment, in terms of value.
“Europe is estimated to dominate the feed yeast market in 2018.”
Europe was estimated to account for the largest share of the feed yeast market in 2018, due to the high production of brewer’s and probiotic yeast in countries such as Russia, the UK, and the Netherlands. Moreover, ongoing R&D activities for better and efficient application of yeast in livestock and pet food nutrition could also render the scope for market growth. The government policies adopted by the European countries toward a ban on the use of antibiotics in feed is a major factor contributing to the growth of this market in the region. Expansion of production facilities for feed yeast in China and India and the growing awareness among livestock growers about the benefits of feed yeast are projected to provide scope for market expansion in the Asia Pacific.
In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the feed yeast market.

The breakdown of the primaries conducted on the basis of company type, designation, and region during the research study is as follows:
 By Company type: Tier 1 – 45%, Tier 2 –30%, and Tier 3 – 25%
 By Designation: C-level – 50%, D-level – 20%, and Others* – 30%
 By Region: Asia Pacific – 40%, Europe – 30%, North America – 20%, and RoW – 10%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
Note: Tier 1: Revenue > USD 1 billion; Tier 2: USD 100 million ≤ Revenue ≤ USD 1 billion; Tier 3: Revenue < USD 100 million

The scope of this report includes a detailed study of those yeast manufacturers whose application is specifically toward animal nutrition. Key players in the feed yeast market include Associated British Foods Inc. (UK), Archers Midland Company (US), Alltech Inc. (US), Cargill (US), Angel Yeast Company (China), Chr. Hansen (Denmark), Lesaffre (France), Nutreco N.V. (Netherlands), Lallemand Inc. (Canada), Novus International (US), Zilor (Biorigin) (Brazil), and Kemin (US).
Research Coverage
The report analyzes the feed yeast market across different feed applications, yeast type, yeast genus, and regions. It aims at estimating the market size and growth potential of this market across different segments and regions. Furthermore, the report includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.
Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in this market by providing them with the closest approximations of revenue numbers for the overall feed yeast market and its subsegments. This report will help stakeholders to better understand the competitor landscape, gain more insights to position their businesses better and devise suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders to understand the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"飼料用酵母の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 17
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 17
1.2 MARKET DEFINITION 17
1.3 STUDY SCOPE 18
1.4 REGIONAL SEGMENTATION 18
1.5 PERIODIZATION CONSIDERED 19
1.6 CURRENCY CONSIDERED 19
1.7 UNIT CONSIDERED 20
1.8 STAKEHOLDERS 20
2 RESEARCH METHODOLOGY 21
2.1 RESEARCH DATA 21
2.1.1 SECONDARY DATA 22
2.1.2 PRIMARY DATA 22
2.1.2.1 Key industry insights 22
2.1.2.2 Breakdown of primary interviews 23
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 23
2.3 DATA TRIANGULATION 25
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 26
2.5 LIMITATIONS 27
3 EXECUTIVE SUMMARY 28
4 PREMIUM INSIGHTS 33
4.1 OPPORTUNITIES IN THE FEED YEAST MARKET 33
4.2 FEED YEAST MARKET, BY TYPE 33
4.3 ASIA PACIFIC: FEED YEAST MARKET, BY KEY LIVESTOCK & COUNTRY 34
4.4 FEED YEAST MARKET, BY LIVESTOCK & REGION 35
4.5 FEED YEAST MARKET, BY KEY COUNTRY 36
5 MARKET OVERVIEW 37
5.1 INTRODUCTION 37
5.2 MACROECONOMIC INDICATORS 37
5.2.1 INCREASING GROWTH IN THE COMPOUND FEED INDUSTRY 37
5.2.1.1 Increasing compound feed production 37
5.2.2 INCREASE IN LIVESTOCK POPULATION 38

5.3 MARKET DYNAMICS 39
5.3.1 DRIVERS 39
5.3.1.1 Increasing nutritional benefits from yeast-based feed products 39
5.3.1.2 Increasing concerns related to animal health 40
5.3.1.2.1 Ban on the use of antibiotic growth promoters in feed 41
5.3.2 RESTRAINTS 41
5.3.2.1 Competition for basic raw materials 41
5.3.2.2 Willingness of livestock growers to use antibiotics for animal feed 41
5.3.3 OPPORTUNITIES 42
5.3.3.1 Innovations in the animal feed industry 42
5.3.3.2 Increase in demand for pet food nutrition 42
5.3.3.3 Yeast as the promising protein source 43
5.3.4 CHALLENGES 44
5.3.4.1 Commercialization of duplicate and low-quality products 44
5.4 PATENT ANALYSIS 44
5.5 REGULATORY FRAMEWORK 48
5.5.1 NORTH AMERICA 48
5.5.1.1 US 48
5.5.1.2 Canada 50
5.5.2 EUROPE 52
5.5.3 ASIA PACIFIC 53
5.5.3.1 Australia 53
5.5.3.2 China 53
6 FEED YEAST MARKET, BY TYPE 58
6.1 INTRODUCTION 59
6.2 PROBIOTIC YEAST 61
6.2.1 PROBIOTIC YEAST IS CONSIDERED TO BE A SUITABLE REPLACEMENT FOR FEED ANTIBIOTICS 61
6.3 BREWER’S YEAST 62
6.3.1 BREWER’S YEAST IS CONSIDERED AS A RICH SOURCE OF PROTEIN SUPPLEMENT AND ALTERNATIVE FOR FEED 62
6.4 SPECIALTY YEAST 64
6.4.1 SELENIUM YEAST 65
6.4.1.1 The health benefits of selenium-enriched yeast are projected to strengthen its demand 65
6.4.2 CHROMIUM YEAST 65
6.4.2.1 Chromium yeast act as a stress reliever for animals 65

6.5 YEAST DERIVATIVES 66
6.5.1 BETA-GLUCANS 67
6.5.1.1 Immunostimulating properties of beta-glucans is a key factor for its premium price value 67
6.5.2 NUCLEOTIDES 67
6.5.2.1 Nucleotide-based yeasts are used at early stages of the animal’s life 67
6.5.3 MANNOOLIGOSACCHARIDES 67
6.5.3.1 Pathogen binding capacity of mannooligosaccharides is projected to be a major feed functionality in the coming years 67
7 FEED YEAST MARKET, BY LIVESTOCK 68
7.1 INTRODUCTION 69
7.2 SWINE 71
7.2.1 ASIA PACIFIC IS ESTIMATED TO DOMINATE THE SWINE FEED YEAST MARKET 71
7.3 CATTLE 73
7.3.1 RISE IN CATTLE PRODUCTION TO DRIVE CONSUMPTION OF FEED YEAST ACROSS ALL REGIONS 73
7.4 POULTRY 74
7.4.1 REDUCTION IN USAGE OF ANTIBIOTICS COULD BOOST THE DEMAND FOR YEAST-BASED POULTRY DIETS 74
7.5 AQUATIC ANIMALS 76
7.5.1 DEMAND FOR YEAST-FORTIFIED AQUA FEED IS EXPECTED TO GROW SIGNIFICANTLY IN FARMED FISH CULTIVATION 76
7.6 PETS 77
7.6.1 THE TREND OF FEEDING COMPLETE DIET TO PETS IS GROWING WITH THE GROWTH IN URBANIZATION 77
7.7 OTHERS 78
8 FEED YEAST MARKET, BY GENUS 80
8.1 INTRODUCTION 81
8.2 SACCHAROMYCES SPP. 82
8.2.1 HIGHER USAGE IN ANIMAL FEED DUE TO ITS BENEFICIAL EFFECTS ON ANIMAL HEALTH AND GROWTH PERFORMANCE 82
8.3 KLUYVEROMYCES SPP. 83
8.3.1 ACCORDING TO COFALEC, KLUYVEROMYCES MARXIANUS WAS THE SECOND MOST COMMON STRAIN USED FOR FEED ADDITIVE 83
8.4 OTHER GENERA 83

9 FEED YEAST MARKET, BY REGION 84
9.1 INTRODUCTION 85
9.2 NORTH AMERICA 87
9.2.1 US 90
9.2.1.1 Being the second-largest producer of feed in the world, the country has the largest market in the region 90
9.2.2 CANADA 92
9.2.2.1 Increasing exports of animal food products support the growth of the Canadian feed industry 92
9.2.3 MEXICO 94
9.2.3.1 The Mexican feed industry is well supported by government incentives 94
9.3 EUROPE 95
9.3.1 NETHERLANDS 100
9.3.1.1 High livestock production drives the market for feed yeast in the Netherlands 100
9.3.2 UK 102
9.3.2.1 The UK witnessed a significant drop in antibiotic sales for feed in the last few years 102
9.3.3 RUSSIA 104
9.3.3.1 Less stringent regulations on the use of antibiotics for feed in Russia may restrict the growth for the feed yeast market 104
9.3.4 FRANCE 106
9.3.4.1 High livestock production in France drives the feed yeast market in the country 106
9.3.5 GERMANY 108
9.3.5.1 High availability of spent grains as raw materials for the production of yeast in Germany drives the feed yeast market growth 108
9.3.6 REST OF EUROPE 110
9.4 ASIA PACIFIC 111
9.4.1 CHINA 116
9.4.1.1 China surpassed the US in terms of feed production in 2017 116
9.4.2 JAPAN 118
9.4.2.1 Decline in antibiotic feed additives led to the development of microbial-based feed additive products in Japan 118
9.4.3 INDIA 120
9.4.3.1 Increase in demand for milk and milk products in India drives the feed yeast market in the country 120
9.4.4 SOUTH KOREA 122
9.4.4.1 Demand for beef products has been boosting the demand for premium nutrition products in Korea 122

9.4.5 THAILAND 124
9.4.5.1 The developing economic conditions in Thailand has spurred growth opportunity for feed yeast market 124
9.4.6 AUSTRALIA 127
9.4.6.1 Livestock farming has been an essential part of the Australian economy, thereby broadening the growth scope for yeast market 127
9.4.7 REST OF ASIA PACIFIC 129
9.5 SOUTH AMERICA 131
9.5.1 BRAZIL 134
9.5.1.1 Brazil occupied over 60% of South American feed production 134
9.5.2 ARGENTINA 136
9.5.2.1 Growth scope for feed additives, including feed yeast, is expected to be spurred after the removal of export taxes 136
9.5.3 REST OF SOUTH AMERICA 138
9.6 REST OF THE WORLD (ROW) 140
9.6.1 THE MIDDLE EAST 143
9.6.1.1 Growing industrialization of the feed industry in the region 143
9.6.2 AFRICA 145
9.6.2.1 The growing poultry and cattle feed demand in Africa to have a long-term impact on the feed yeast market growth 145
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 147
10.1 OVERVIEW 147
10.2 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 147
10.2.1 DYNAMIC CAPITALIZERS 147
10.2.2 INNOVATORS 147
10.2.3 VISIONARY LEADERS 148
10.2.4 EMERGING COMPANIES 148
10.3 SHARE ANALYSIS, 2018 150
10.4 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING (FOR START-UPS/SME’S) 150
10.4.1 PROGRESSIVE COMPANIES 150
10.4.2 STARTING BLOCKS 150
10.4.3 RESPONSIVE COMPANIES 151
10.4.4 DYNAMIC COMPANIES 151
10.5 COMPETITIVE SCENARIO 152
10.5.1 NEW PRODUCT LAUNCHES 152
10.5.2 EXPANSIONS & INVESTMENTS 153
10.5.3 ACQUISITIONS 154
10.5.4 PARTNERSHIPS, JOINT VENTURES, AND AGREEMENTS 155

11 COMPANY PROFILES 156
(Business overview, Products offered, Recent developments, SWOT analysis & MnM View)*
11.1 ASSOCIATED BRITISH FOODS PLC. 156
11.2 ARCHER DANIELS MIDLAND COMPANY 159
11.3 ALLTECH INC. 162
11.4 CARGILL 164
11.5 NUTRECO N.V. 166
11.6 LESAFFRE GROUP 168
11.7 LALLEMAND INC. 170
11.8 NOVUS INTERNATIONAL 173
11.9 ANGEL YEAST CO LTD. 174
11.10 CHR. HANSEN 175
11.11 ZILOR (BIORIGIN) 177
11.12 KERRY GROUP 178
11.13 KEMIN INDUSTRIES 180
*Details on Business overview, Products offered, Recent developments, SWOT analysis & MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 181
12.1 DISCUSSION GUIDE 181
12.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 184
12.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 186
12.4 RELATED REPORTS 186
12.5 AUTHOR DETAILS 187

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】飼料用酵母の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2019年2月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 2661
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
飼料用酵母の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • オンラインデートサービスの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、オンラインデートサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンラインデートサービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオンラインデートサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Match.com、eHarmony、Tinder、Zoosk等です。
  • 原子分光装置の世界市場:原子吸光分析装置(AAS)、蛍光X線分光装置(XRF)、X線回折装置(XRD)、ICP-MS、ICP-OE、元素分析装置
    当調査レポートでは、原子分光装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超音波流量計市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波流量計市場2015について調査・分析し、超音波流量計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティ・アドバイザリー・サービスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セキュリティ・アドバイザリー・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス種類別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、セキュリティ・アドバイザリー・サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動倉庫システム(ASRS)の世界市場
    当調査レポートでは、自動倉庫システム(ASRS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動倉庫システム(ASRS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 患者保温機器の世界市場
    当調査レポートでは、患者保温機器の世界市場について調査・分析し、患者保温機器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のウェアラブル・ワイヤレスセンサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブル・ワイヤレスセンサー市場2015について調査・分析し、ウェアラブル・ワイヤレスセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパイプライン監視システム市場:技術別(超音波、PIG、スマートボール、磁気フラックス、光ファイバー)、エンドユーズ産業別(原油&精製石油、水&廃水)、ソリューション別、パイプ種類別、地域別
    MarketsandMarkets社は、パイプライン監視システムの世界市場規模が2019年46億ドルから2024年65億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。本書は、世界のパイプライン監視システム市場について調査・分析し、市場概要、パイプ種類別(金属パイプ、非金属パイプ、その他)分析、技術別(超音波、PIG、スマートボール、磁束漏れ、光ファイバー技術、その他)分析、ソリューション別(リーク検出、動作状態、パイプライン破損検出、その他)分析、エンドユーズ産業別(原油・精製石油、水・廃水、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のパイプライン監視システム市場:パイプ種類別(金属パイプ、非金属パイプ、その他) ・世界のパイプライン監視システム市場:技術別(超音波、PIG、スマートボール、磁束漏れ、光ファイバー技術、その他) ・世界のパイプライン監視システム市場:ソリューション別(リーク検出、動作状態、パイプライン破損検出、その他) ・世界のパイプライン …
  • 世界の飼料用でん粉誘導体市場2015
    本調査レポートでは、世界の飼料用でん粉誘導体市場2015について調査・分析し、飼料用でん粉誘導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クール素材布地の世界市場2014-2025:タイプ別(人工、天然)、用途別(スポーツ衣料、保護服、ライフスタイル、その他)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)
    本調査レポートでは、クール素材布地の世界市場について調査・分析し、クール素材布地の世界市場動向、クール素材布地の世界市場規模、市場予測、セグメント別クール素材布地市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • IoTデバイス管理の世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、ソリューション別、サービス別、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別、セグメント予測
    本調査レポートでは、IoTデバイス管理の世界市場について調査・分析し、IoTデバイス管理の世界市場動向、IoTデバイス管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別IoTデバイス管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE))の概要 ・慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性皮膚エリテマトーデス/円 …
  • ニトロセルローズの世界市場2017-2021:印刷用インク、自動車塗料、木材塗料、皮革処理、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ニトロセルローズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ニトロセルローズの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はニトロセルローズの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DowDuPont、Manuco、Nitro Química、Synthesia、Tembec等です。
  • セラミックコーティングの世界市場:窒化物コーティング、酸化物コーティング、炭化物コーティング
  • 発酵化学品の世界市場予測
    本調査レポートでは、発酵化学品の世界市場について調査・分析し、発酵化学品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 砂防システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、砂防システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、砂防システム市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・砂防システムの世界市場概要 ・砂防システムの世界市場環境 ・砂防システムの世界市場動向 ・砂防システムの世界市場規模 ・砂防システムの世界市場:業界構造分析 ・砂防システムの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・砂防システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・砂防システムのアメリカ市場規模・予測 ・砂防システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・砂防システムのアジア市場規模・予測 ・砂防システムの主要国分析 ・砂防システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・砂防システムの世界市場:成長要因、課題 ・砂防システムの世界市場:競争環境 ・砂防システムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • システムインテグレーションの世界市場分析:サービス別(インフラストラクチャ統合、アプリケーション統合、コンサルティング)、エンドユーザー別(IT・通信、BFSI、ヘルスケア、防衛、小売、石油・ガス、小売、輸送)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、システムインテグレーションの世界市場について調査・分析し、システムインテグレーションの世界市場動向、システムインテグレーションの世界市場規模、市場予測、セグメント別システムインテグレーション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インドの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • モーション・シミュレーションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モーション・シミュレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モーション・シミュレーションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ栄養食品の世界市場
    当調査レポートでは、スポーツ栄養食品の世界市場について調査・分析し、スポーツ栄養食品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • カナダの肩関節置換処置動向(~2021)
  • 世界の血液分析装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、血液分析装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血液分析装置の概要 ・血液分析装置の開発動向:開発段階別分析 ・血液分析装置の開発動向:セグメント別分析 ・血液分析装置の開発動向:領域別分析 ・血液分析装置の開発動向:規制Path別分析 ・血液分析装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別血液分析装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・血液分析装置の最近動向
  • マルチパラメータ患者監視装置の世界市場
    当調査レポートでは、マルチパラメータ患者監視装置の世界市場について調査・分析し、マルチパラメータ患者監視装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 研削砥石の世界市場2017-2021:平形、円筒、ダイヤモンド
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、研削砥石の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、研削砥石の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は研削砥石の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はSaint-Gobain、NORITAKE、KLINGSPOR、Ekamant等です。
  • 世界のマンガン鉱石市場2015
    本調査レポートでは、世界のマンガン鉱石市場2015について調査・分析し、マンガン鉱石の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血流測定機器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血流測定機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血流測定機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・商品別市場分類 ・用途別市場分類 ・エンドユーザー別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 世界の導電性インク市場規模・予測2017-2025:商品別(導電性シルバーインク、導電性銅インク、導電性ポリマー、カーボンナノチューブインク、ナノ粒子インク、カーボン/グラフィンインク)、用途別(太陽光発電、メンブレンスイッチ、表示、自動車、スマートパッケージング/RFID、バイオセンサー、プリント基板)・地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の導電性インク市場について調査・分析し、世界の導電性インク市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の導電性インク関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)の概要 ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・静脈血栓塞栓症(Venous Thromboembolism)治療薬 …
  • グルコース/デキストロース/マルトデキストリンの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、グルコース/デキストロース/マルトデキストリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体成膜装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体成膜装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体成膜装置の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)の概要 ・複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・複雑性皮膚・皮膚組織感染症(cSSSI)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • リテールオートメーションの世界市場:製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札)、エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局)、地域別予測
    本資料は、リテールオートメーションの世界市場について調べ、リテールオートメーションの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札)分析、エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・リテールオートメーションの世界市場概要 ・リテールオートメーションの世界市場環境 ・リテールオートメーションの世界市場動向 ・リテールオートメーションの世界市場規模 ・リテールオートメーションの世界市場規模:製品別(バーコード・RFID、POS、カメラ、電子棚札) ・リテールオートメーションの世界市場規模:エンドユーザー別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、燃料供給所、薬局) ・リテールオートメーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・リテールオートメーションの北米市場規模・予測 ・リテールオートメーション …
  • タッチパネルコントローラの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、タッチパネルコントローラの世界市場について調査・分析し、タッチパネルコントローラの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:タッチパネル技術別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:技術別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:用途別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:インターフェース別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:スクリーンサイズ別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 中国のネットワークスイッチ市場2015
    本調査レポートでは、中国のネットワークスイッチ市場2015について調査・分析し、ネットワークスイッチの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フットウェアの世界市場:運動靴以外、運動靴
    当調査レポートでは、フットウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フットウェア市場規模、製品別(運動靴以外、運動靴)分析、エンドユーザー別(女性、男性、子供)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、adidas, ASICS, Kering, New Balance, Nike, SKECHERS USAなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フットウェアの世界市場概要 ・フットウェアの世界市場環境 ・フットウェアの世界市場動向 ・フットウェアの世界市場規模 ・フットウェアの世界市場:業界構造分析 ・フットウェアの世界市場:製品別(運動靴以外、運動靴) ・フットウェアの世界市場:エンドユーザー別(女性、男性、子供) ・フットウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フットウェアの北米市場規模・予測 ・フットウェアのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・フットウェアのアジア太平洋市場規模・予測 ・フットウェアの主要国分析 ・フットウェ …
  • ブロックチェーン技術の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ブロックチェーン技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ブロックチェーン技術の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 止血剤・組織密閉剤の世界市場:製品別(局所止血剤、接着剤・組織シーラント)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、止血剤・組織密閉剤の世界市場について調査・分析し、止血剤・組織密閉剤の世界市場動向、止血剤・組織密閉剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別止血剤・組織密閉剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の皮膚科用レーザー市場2016
    本調査レポートでは、世界の皮膚科用レーザー市場2016について調査・分析し、皮膚科用レーザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高温プラスチックの世界市場:フルオロポリマ、ポリフェニレンサルファイド、ポリイミド、ポリスルホン
    当調査レポートでは、高温プラスチックの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・高温プラスチックの世界市場:種類別分析/市場規模 ・高温プラスチックの世界市場:用途別分析/市場規模 ・高温プラスチックの世界市場:地域別分析/市場規模 ・高温プラスチックのアメリカ市場規模予測 ・高温プラスチックのヨーロッパ市場規模予測 ・高温プラスチックのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 精巣がん(Testicular Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、精巣がん(Testicular Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・精巣がん(Testicular Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・精巣がん(Testicular Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・精巣がん(Testicular Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・精巣がん(Testicular Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・精巣がん(Testicular Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の精巣がん(Testicular Cancer)治療薬剤
  • 溶接用ガス/シールドガスの世界市場:酸素、水素、二酸化炭素
    当調査レポートでは、溶接用ガス/シールドガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、産業別分析、貯蔵別分析、種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリポリメラーゼ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるポリポリメラーゼ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ポリポリメラーゼ1阻害剤の概要 ・ポリポリメラーゼ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のポリポリメラーゼ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ポリポリメラーゼ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ポリポリメラーゼ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • データセンターSANの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、データセンターSANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンターSANの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 口紅の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、口紅の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、口紅の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトニクスの世界市場
    当調査レポートでは、フォトニクスの世界市場について調査・分析し、フォトニクスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ダイエットサプリメントの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ダイエットサプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイエットサプリメントの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 網膜静脈閉塞症治療の世界市場2019-2023
    網膜静脈閉塞症(RVO)は、網膜の静脈に血栓が詰まっている状態です。この血栓により、光が適切に届けられなくなります。網膜静脈閉塞症治療の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率9.40%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Allergan、Bayer、F. Hoffmann-La Roche、Novartis、Regeneron Pharmaceuticalsなどです。 当調査レポートでは、網膜静脈閉塞症治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、網膜静脈閉塞症治療市場規模、タイプ別(BRVO、CRVO)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場概要 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場環境 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場動向 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場規模 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場:業界構造分析 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場:タイプ別(BRVO、CRVO) ・網膜静脈閉塞症治 …
  • 可逆抗コリンエステラーゼのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における可逆抗コリンエステラーゼのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・可逆抗コリンエステラーゼの概要 ・可逆抗コリンエステラーゼのパイプライン概要 ・企業別開発中の可逆抗コリンエステラーゼ ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・可逆抗コリンエステラーゼの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・可逆抗コリンエステラーゼ開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害剤の概要 ・ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 抗生物質の世界市場分析:薬の種類別(セファロスポリン、ペニシリン、フルオロキノロン、マクロライド、カルバペネム、アミノグリコシド、スルホンアミド)、作用機序別(細胞合成阻害剤、タンパク質合成阻害剤、DNA合成阻害剤、RNA合成阻害剤、ミコール酸阻害剤、葉酸合成阻害剤)、セグメント予測 -2024
    本調査レポートでは、抗生物質の世界市場について調査・分析し、抗生物質の世界市場動向、抗生物質の世界市場規模、市場予測、セグメント別抗生物質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"