"3Dプリンティングの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 2936)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"3Dプリンティングの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“3D printing market to grow at 23.25% CAGR from 2018 to 2024”The overall 3D printing market is expected to grow from USD 9.9 billion in 2018 to USD 34.8 billion by 2024 at a CAGR of 23.25%. Ease in development of customized products, reduction in manufacturing cost and process downtime, government investments in 3D printing projects, and development of new industrial-grade 3D printing materials are the key factors driving the growth of this market. However, limited availability and the high cost of materials, limitation of product size, and lack of standard process control are likely to limit the market growth.
“Prototyping to hold largest share of 3D printing market in 2018”
Prototyping application accounts for the largest share of the 3D printing market. 3D printing helps produce prototypes and models from 3D computer-aided design (CAD). This helps several companies to reduce wastage during prototype transitions in traditional manufacturing and also helps them to bring down their operational costs. 3D printing also enables the quick production of cost-efficient prototypes based on the customers’ requirements regarding the geometry of structure, accuracy, and well-defined smoothness of the products used in any industry.
“DMLS to hold largest share of 3D printing market in 2018”
Direct metal laser sintering (DMLS) technology accounts for the largest share of the 3D printing market. This technology enables the creation of high-quality metal parts as it facilitates the construction of complex geometrics of metals, which makes it ideal for the manufacturing vertical. The parts developed through the DMLS-enabled 3D printing are durable and resistant to heat as it uses materials such as Inconel, aluminum, stainless steel, and titanium.

“North America to hold significant share of 3D printing market by 2024”
North America is expected to account for the largest share of the 3D printing market by 2024. In the US, 3D printing is used in the companies functional in the major industries, such as manufacturing, aerospace & defense, and healthcare, which is driving the 3D printing market in this region. The continuous technological advancements and financial support from the governments are also driving the market in North America.

Breakdown of profiles of primary participants:
• By Company: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C Level – 35%, Director Level – 25%, and Others – 40%
• By Region: North America – 45%, Europe – 20%, APAC – 30%, and RoW – 5%

Major players profiled in this report:
• Stratasys (US)
• 3D Systems (US)
• EOS GmbH (Germany)
• GE Additive (US)
• Materialise (Belgium)
• SLM Solutions (Germany)
• ExOne (US)
• Voxeljet (Germany)
• HP (US)
• EnvisionTEC (Germany)

Research Coverage
This report offers detailed insights into the 3D printing market based on offering, process, application, vertical, technology, and region. By offering, the 3D printing market has been segmented into printer, material, software, and service. By process, the market has been segmented into powder bed fusion, material extrusion, vat photopolymerization, material jetting, binder jetting, directed energy deposition, and sheet lamination. By application, the 3D printing market has been segmented into prototyping, functional part manufacturing, and tooling. By vertical, the 3D printing market has been segmented into aerospace & defense, industrial, healthcare, consumer products, automotive, jewelry, education, energy, architecture and construction, printed electronics, and food and culinary. By technology, the 3D printing market has been segmented into stereolithography, fused deposition modeling, selective laser sintering, direct metal laser sintering, polyjet/multijet printing, inkjet printing, electron beam melting, laser metal deposition, direct light projection, laminated object manufacturing, and other technologies. The study forecasts the size of the market based on 4 regions—North America, Europe, APAC, and RoW.

Reasons to buy the report
The report would help market leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the 3D printing market comprehensively and provides the closest approximations of the overall market’s size and its subsegments (across different offering, process, application, vertical, technology, and regions).
2. The report would help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information about key drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystem and product launches and developments, contracts, and mergers and acquisitions carried out by major market players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"3Dプリンティングの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 24
1.1 STUDY OBJECTIVES 24
1.2 DEFINITION 24
1.3 STUDY SCOPE 25
1.3.1 MARKET SEGMENTATION 25
1.3.2 GEOGRAPHIC SCOPE 26
1.4 YEARS CONSIDERED 26
1.5 CURRENCY 27
1.6 STAKEHOLDERS 27
2 RESEARCH METHODOLOGY 28
2.1 RESEARCH DATA 28
2.1.1 SECONDARY DATA 29
2.1.1.1 List of major secondary sources 29
2.1.1.2 Key data from secondary sources 30
2.1.2 PRIMARY DATA 30
2.1.2.1 Primary interviews with experts 30
2.1.2.2 Breakdown of primaries 31
2.1.2.3 Key data from primary sources 31
2.1.3 SECONDARY AND PRIMARY RESEARCH 32
2.1.3.1 Key industry insights 33
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 33
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 34
2.2.1.1 Approach for capturing the market share by bottom-up analysis (demand side) 34
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 35
2.2.2.1 Approach for capturing the market share by top-down analysis (supply side) 35
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 36
2.4 ASSUMPTIONS FOR STUDY 37
3 EXECUTIVE SUMMARY 38
4 PREMIUM INSIGHTS 43
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN 3D PRINTING MARKET 43
4.2 3D PRINTING MARKET, BY OFFERING, 2018–2024 43
4.3 3D PRINTING MATERIAL MARKET, BY MATERIAL (2018 VS. 2024) 44
4.4 3D PRINTING MARKET IN NORTH AMERICA, BY OFFERING AND COUNTRY 44
4.5 3D PRINTING MARKET: MAJOR COUNTRIES 45
5 MARKET OVERVIEW 46
5.1 INTRODUCTION 46
5.2 MARKET DYNAMICS 47
5.2.1 DRIVERS 47
5.2.1.1 Ease in development of customized products 47
5.2.1.2 Reduction in manufacturing cost and process downtime 48
5.2.1.3 Government investments in 3D printing projects 48
5.2.1.4 Development of new industrial-grade 3D printing materials 50
5.2.2 RESTRAINTS 50
5.2.2.1 Limited availability and high cost of materials 50
5.2.2.2 Limitation of product size 51
5.2.2.3 Lack of standard process control 51
5.2.3 OPPORTUNITIES 51
5.2.3.1 Potential to improve manufacturing processes and enhance supply chain management 51
5.2.3.2 Emerging applications in several industries 52
5.2.3.2.1 Automotive 52
5.2.3.2.2 Printed electronics 52
5.2.3.2.3 Education 53
5.2.3.2.4 Jewelry 53
5.2.4 CHALLENGES 53
5.2.4.1 Ensuring product quality 53
5.2.4.2 Threat of copyright infringement 53
5.3 INDUSTRY TRENDS 54
5.4 EMERGING TECHNOLOGIES IN 3D PRINTING MARKET 55
5.5 EMERGING TRENDS WITH MATERIALS IN 3D PRINTING MARKET 56
5.6 VALUE CHAIN ANALYSIS 57
6 3D PRINTING MARKET, BY OFFERING 58
6.1 INTRODUCTION 59
6.2 PRINTER 60
6.2.1 DESKTOP 65
6.2.1.1 Growing use in schools and universities likely to increase demand for desktop printers in coming years 65
6.2.2 INDUSTRIAL 67
6.2.2.1 Industrial printers are used to generate concept models, precision and functional prototypes, master patterns and molds for tooling, and real end-use parts 67

6.3 MATERIAL 70
6.3.1 3D PRINTING MATERIAL MARKET, BY TYPE 70
6.3.1.1 Plastic 75
6.3.1.1.1 Thermoplastics 77
6.3.1.1.1.1 Acrylonitrile Butadiene Styrene (ABS) 78
6.3.1.1.1.1.1 ABS is ideal for prototyping and functional part manufacturing applications 78
6.3.1.1.1.2 Polylactic Acid (PLA) 78
6.3.1.1.1.2.1 PLA is the most eco-friendly material used in 3D plastic printing processes 78
6.3.1.1.1.3 Nylon 79
6.3.1.1.1.3.1 Nylon has main applications in prototyping, jigs and fixtures, tooling, and short-run production of components 79
6.3.1.1.1.4 Others 80
6.3.1.1.1.4.1 Other thermoplastics include polypropylene, polycarbonate, and polyvinyl alcohol 80
6.3.1.1.1.5 Polypropylene 80
6.3.1.1.1.5.1 Polypropylene has high thermal resistance, making it suitable for the 3D plastic printing process 80
6.3.1.1.1.6 Polycarbonate 80
6.3.1.1.1.6.1 Features such as enhanced strength and exceptional clarity drives polycarbonate use in 3D plastic printing 80
6.3.1.1.1.7 Polyvinyl Alcohol (PVA) 81
6.3.1.1.1.7.1 Polyvinyl alcohol is mostly used as a support material to build 3D structures 81
6.3.1.1.2 Photopolymers 81
6.3.1.1.2.1 Photopolymers are light-sensitive polymers that are cured by light radiation 81
6.3.1.2 Metals 82
6.3.1.2.1 Steel 83
6.3.1.2.1.1 Stainless steel is used for several applications supported by its ability to provides a significant level of strengthening to the 3D printed model 83
6.3.1.2.2 Aluminum 83
6.3.1.2.2.1 Alumide is commonly used to build complex models, small series of models, and functional models 83
6.3.1.2.3 Titanium 83
6.3.1.2.3.1 The titanium powder, is sintered together by a laser to produce end-use metal parts that are as good as machined models 83
6.3.1.2.4 Silver 83
6.3.1.2.4.1 Silver is mainly used in jewelry and ornamental items such as rings, earrings, and bracelets 83
6.3.1.2.5 Gold 84
6.3.1.2.5.1 Wax 3D printing and lost wax casting are used to craft a model with gold as a material 84

6.3.1.2.6 Other metals 84
6.3.1.2.6.1 The other metals used in 3D printing include alloys, brass, copper, bronze, and few other materials 84
6.3.1.3 Ceramics 86
6.3.1.3.1 Glass 87
6.3.1.3.1.1 SLS and FDM are the most commonly employed methods of 3D printing objects from glass powders 87
6.3.1.3.2 Silica 87
6.3.1.3.2.1 In 3D printing, Silica is used in polishing and grinding of glass and stones 87
6.3.1.3.3 Quartz 87
6.3.1.3.3.1 Quartz is used as a raw material to manufacture refractory shapes for high-temperature thermal methods 87
6.3.1.3.4 Others 88
6.3.1.3.4.1 The other materials include sand and others 88
6.3.1.4 Other materials 89
6.3.1.4.1 Wax 90
6.3.1.4.1.1 Wax is generally used in the SLS technology 90
6.3.1.4.2 Laywood 90
6.3.1.4.2.1 Laywood is a wood filament that prints similar to PLA and releases wooden smell when printing 90
6.3.1.4.3 Paper 90
6.3.1.4.3.1 The availability of low-cost materials such as plastics and papers allows 3D printers to reach the masses 90
6.3.1.4.4 Biocompatible material 91
6.3.1.4.4.1 Biocompatible material can be used to prototype medical and dental products 91
6.3.2 3D PRINTING MATERIAL MARKET, BY FORM 93
6.3.2.1 Filament 93
6.3.2.1.1 General plastics used in 3D printing processes are available in filament form 93
6.3.2.2 Powder 93
6.3.2.2.1 Metals and alloys are expensive compared to other materials and are used in powder forms 93
6.3.2.3 Liquid 94
6.3.2.3.1 3D printing with liquids is a start of new era in this industry 94
6.4 SOFTWARE 94
6.4.1 DESIGN 96
6.4.1.1 In 3D printing, design software is used to create drawings of parts and assemblies 96
6.4.2 INSPECTION 96
6.4.2.1 Inspection software are developed to inspect prototypes to ensure their compliance with required specifications 96
6.4.3 PRINTING 96
6.4.3.1 Printing software include tools to ensure precision with functioning of printers 96
6.4.4 SCANNING 96
6.4.4.1 Scanning software allow users to scan physical objects and create digital model or design 96
6.5 SERVICE 97
6.5.1 3D PRINTING SERVICE SECTOR IS GARNERING SIGNIFICANT TRACTION COMPARED TO SALES OF PRINTERS AND MATERIALS 97
7 3D PRINTING MARKET, BY PROCESS 100
7.1 INTRODUCTION 101
7.2 BINDER JETTING 103
7.2.1 BINDER JETTING WORKS WITH MATERIALS THAT ARE AVAILABLE IN POWDER FORMS 103
7.3 DIRECTED ENERGY DEPOSITION 104
7.3.1 DIRECTED ENERGY DEPOSITION PROCESS CAN BE USED FOR REPAIR OF PARTS AS IT ALLOWS HIGH-DEGREE CONTROL OF GRAIN STRUCTURE 104
7.4 MATERIAL EXTRUSION 104
7.4.1 SIMPLE PRINTING TECHNIQUE MAKES MATERIAL EXTRUSION MOST COMMONLY USED 3D PRINTING 104
7.5 MATERIAL JETTING 105
7.5.1 ADVANTAGES OF MATERIAL JETTING INCLUDE REDUCED WASTAGE OF MATERIAL AND ABILITY TO USE MULTIPLE MATERIALS AND COLORS 105
7.6 POWDER BED FUSION 105
7.6.1 POWDER BED FUSION IS MORE SUITABLE WITH DMLS, EBM, SHS, SLM, AND SLS TECHNOLOGIES 105
7.7 SHEET LAMINATION 105
7.7.1 SHEET LAMINATION 3D PRINTING PROCESS IS MOSTLY USED WITH METAL OR PAPER AS PRINTING MATERIALS 105
7.8 VAT PHOTOPOLYMERIZATION 106
7.8.1 SUPERIOR SURFACE FINISH AND HIGH ACCURACY MAINLY DRIVERS ADOPTION OF VAT PHOTOPOLYMERIZATION PROCESS 106
8 3D PRINTING MARKET, BY TECHNOLOGY 107
8.1 INTRODUCTION 108
8.2 STEREOLITHOGRAPHY 110
8.2.1 HIGH-QUALITY SURFACE FINISH PROVIDED BY SLA MAKES IT IDEAL FOR CONCEPT MODELS, FORM AND FIT STUDIES, AND INVESTMENT CASTING PATTERNS 110
8.3 FUSED DEPOSITION MODELLING 110
8.3.1 FDM IS CLEAN, SIMPLE-TO-USE, AND OFFICE-FRIENDLY 3D PRINTING TECHNOLOGY 110
8.4 SELECTIVE LASER SINTERING 111
8.4.1 SLS DOES NOT REQUIRE SUPPORT FOR MATERIALS—POWDER BED ITSELF ACTS AS SUPPORT 111

8.5 DIRECT METAL LASER SINTERING 111
8.5.1 USE OF MATERIALS SUCH AS INCONEL, ALUMINUM, STAINLESS STEEL, AND TITANIUM MAKES PARTS DEVELOPED FROM DMLS DURABLE AND RESISTANT TO HEATDUE TO 111
8.6 POLYJET PRINTING/MULTIJET PRINTING 111
8.6.1 MJP IS USED TO DEVELOP HIGHLY ACCURATE MODELS WITH INTRICATE DETAILS AND COMPLEX GEOMETRIES 111
8.7 INKJET PRINTING 112
8.7.1 INKJET PRINTING ENABLES BUILDING OF MULTIPLE DIFFERENT PARTS ON SINGLE PRINT BED 112
8.8 ELECTRON BEAM MELTING 112
8.8.1 PRINTERS BASED ON EBM TECHNOLOGY PRODUCE HIGH-DENSITY PARTS AND HAVE RELATIVELY GOOD MECHANICAL PROPERTIES 112
8.9 LASER METAL DEPOSITION 112
8.9.1 LMD PRINTERS HELP REDUCE MATERIAL WASTAGE AND LOWER TOOLING COSTS 112
8.10 DIGITAL LIGHT PROCESSING 113
8.10.1 DLP-BASED 3D PRINTERS PRODUCE ACCURATE PARTS WITH SMOOTH SURFACE FINISHING 113
8.11 LAMINATED OBJECT MANUFACTURING 113
8.11.1 LOM IS IDEAL FOR DEVELOPING PROTOTYPES, MODELS, AND MOLDS 113
8.12 OTHERS TECHNOLOGIES 113
8.12.1 OTHER TECHNOLOGIES INCLUDE CONTINUOUS LIQUID INTERFACE PRODUCTION, SELECTIVE HEAT SINTERING, NANOPARTICLE JETTING, AND MULTIPHASE JET SOLIDIFICATION 113
9 3D PRINTING MARKET, BY APPLICATION 114
9.1 INTRODUCTION 115
9.2 PROTOTYPING 116
9.2.1 PROTOTYPING HELPS REDUCE WASTAGE DURING PROTOTYPE TRANSITIONS IN TRADITIONAL MANUFACTURING 116
9.3 TOOLING 116
9.3.1 3D PRINTING IS VITAL IN MANUFACTURING INDUSTRY—IT IS USED IN PROTOTYPING AND TOOLING FOR SHORT-RUN PRODUCTION OF END PARTS 116
9.4 FUNCTIONAL PART MANUFACTURING 116
9.4.1 TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS EXTEND APPLICATION OF 3D PRINTING TO PRODUCTION OF END PARTS 116
10 3D PRINTING MARKET, BY VERTICAL 117
10.1 INTRODUCTION 118
10.2 AUTOMOTIVE 120
10.2.1 AUTOMOTIVE VERTICAL IS AMONG EARLIEST ADOPTERS OF 3D PRINTING FOR PROTOTYPING AND END PART PRINTING 120

10.3 AEROSPACE AND DEFENSE 121
10.3.1 LATEST ADVANCEMENTS IN TECHNOLOGIES AND MATERIALS HAVE MADE AEROSPACE AND DEFENSE A MAJOR APPLICATION AREA FOR 3D PRINTING MARKET PLAYERS 121
10.4 HEALTHCARE 123
10.4.1 SCOPE OF 3D PRINTING IN HEALTHCARE VERTICAL INCLUDES MEDICAL PRODUCTS AND DENTISTRY 123
10.5 ARCHITECTURE AND CONSTRUCTION 124
10.5.1 SEVERAL ARCHITECTS AND CONTRACTORS HAVE STARTED USING 3D PRINTING TO BUILD 3D STRUCTURES, INCLUDING HOUSES AND APARTMENTS 124
10.6 CONSUMER PRODUCTS 125
10.6.1 RISE IN ADOPTION OF DESKTOP OR PERSONAL PRINTERS CONTRIBUTES TO GROWTH OF MARKET FOR CONSUMER PRODUCTS VERTICAL 125
10.7 EDUCATION 126
10.7.1 NORTH AMERICAN AND EUROPEAN EDUCATION VERTICAL IS HIGHLY ATTRACTIVE MARKETS FOR 3D PRINTING PLAYERS WORLDWIDE 126
10.8 INDUSTRIAL 127
10.8.1 APPLICATIONS OF AM TECHNOLOGIES IN INDUSTRIAL SECTOR INCLUDE TOOLING, SPECIAL MACHINERY MANUFACTURING, AND ROBOTICS 127
10.9 ENERGY 128
10.9.1 ENERGY PLAYERS ARE EARLY ADOPTERS OF 3D PRINTING TECHNOLOGIES FOR SMALL-SCALE MANUFACTURING AND REPAIR ACTIVITIES 128
10.10 PRINTED ELECTRONICS 129
10.10.1 INTEGRATION OF PRINTED ELECTRONICS AND 3D PRINTING EXPANDS APPLICATION AREAS TO PRINTED ELECTRONICS VERTICAL, REPLACING PRINTED CIRCUIT BOARDS (PCB) 129
10.11 JEWELRY 130
10.11.1 3D PRINTING IN JEWELRY VERTICAL IS PRIMARILY USED FOR DESIGNING 130
10.12 FOOD AND CULINARY 131
10.12.1 ADVANCEMENT IN TECHNOLOGY AND AVAILABILITY OF MATERIALS COMPLYING FOOD STANDARDS BOOST ADOPTION OF 3D PRINTING IN FOOD VERTICAL 131
10.13 OTHERS 132
10.13.1 OTHER SEGMENTS MAINLY INCLUDE SPACE EXPLORATION AND OFFSHORE MARINE INDUSTRIES 132
11 GEOGRAPHIC ANALYSIS 133
11.1 INTRODUCTION 134
11.2 NORTH AMERICA 136
11.2.1 US 137
11.2.1.1 Large investments by government would drive growth of 3D printing market in US 137
11.2.2 CANADA 138
11.2.2.1 3D printing is expected to open new avenues for various businesses in Canada 138

11.2.3 MEXICO 138
11.2.3.1 Mexican companies and associations are constantly striving to boost 3D printing market in country 138
11.3 EUROPE 139
11.3.1 GERMANY 140
11.3.1.1 Germany is expected to witness fastest growth in market in Europe 140
11.3.2 UK 141
11.3.2.1 Government, 3D printing associations, and number of firms in UK promote adoption of 3D printing technologies 141
11.3.3 FRANCE 141
11.3.3.1 Healthcare is one of the fastest-growing segments for 3D printing in France, with major applications in implants and prosthetics 141
11.3.4 ITALY 141
11.3.4.1 Aerospace, automotive, healthcare, and consumer products are key growth enablers of 3D printing market in Italy 141
11.3.5 SPAIN 142
11.3.5.1 Government support and investment from private companies driving the 3D printing market in Spain 142
11.3.6 REST OF EUROPE 142
11.3.6.1 Growing focus on innovations and rising number of start-ups are major drivers of demand for industrial 3D printing in Rest of Europe 142
11.4 ASIA PACIFIC 143
11.4.1 JAPAN 144
11.4.1.1 Increasing government investments in 3D printing technologies is among major factors driving market in Japan 144
11.4.2 CHINA 144
11.4.2.1 China is investing heavily in R&D to promote the 3D printing market 144
11.4.3 INDIA 145
11.4.3.1 3D printing in India is in developing stage and is expected to witness rapid growth in near future 145
11.4.4 SOUTH KOREA 145
11.4.4.1 Strong initiatives by the government contribute to noticeable growth of 3D printing market in South Korea 145
11.4.5 REST OF APAC 145
11.4.5.1 Governments in Rest of APAC countries are making investments in development of the 3D printing market 145
11.5 REST OF THE WORLD 146
11.5.1 MIDDLE EAST AND AFRICA 146
11.5.1.1 Recent developments and investment plans by South African public sector companies are expected to uplift 3D printing market across this region 146
11.5.2 SOUTH AMERICA 147
11.5.2.1 Market in South America is likely to grow at a considerable pace as it is one of the largest suppliers of titanium ore 147

12 COMPETITIVE LANDSCAPE 148
12.1 INTRODUCTION 148
12.2 RANKING OF KEY PLAYERS, 2017 149
12.3 COMPETITIVE SITUATIONS AND TRENDS 151
12.3.1 AGREEMENTS/PARTNERSHIPS/COLLABORATIONS 152
12.3.2 PRODUCT LAUNCHES/DEVELOPMENTS 153
12.3.3 EXPANSIONS 154
12.3.4 MERGERS/ACQUISITIONS 155
12.4 ENVIRONMENTAL AND OTHER REGULATORY STANDARDS 156
13 COMPANY PROFILES 157
13.1 KEY PLAYERS 157
(Overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis)*
13.1.1 STRATASYS 157
13.1.2 3D SYSTEMS 165
13.1.3 MATERIALISE 172
13.1.4 EOS GMBH 178
13.1.5 GE ADDITIVE 183
13.1.6 EXONE 188
13.1.7 VOXELJET 191
13.1.8 HP 195
13.1.9 SLM SOLUTIONS 198
13.1.10 ENVISIONTEC 201
13.1.11 PROTOLABS 204
13.1.12 MCOR TECHNOLOGIES 207
13.1.13 OPTOMEC 209
13.1.14 GROUPE GORGÉ 212
13.1.15 ULTIMAKER 216
13.1.16 RENISHAW 218
13.1.17 BEIJING TIERTIME TECHNOLOGY 221
13.1.18 XYZPRINTING 223
13.1.19 ARC GROUP WORLDWIDE 225
13.1.20 HÖGANÄS 227
13.1.21 ROYAL DSM 229
13.2 KEY EMERGING COMPANIES 232
13.2.1 TAULMAN3D 232
13.2.2 NANO DIMENSION 232
13.2.3 COOKSON PRECIOUS METALS 233
13.2.4 CARBON3D 233
13.2.5 MARKFORGED 234
*Overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis might not be captured in case of unlisted companies.
14 APPENDIX 235
14.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 235
14.2 DISCUSSION GUIDE 236
14.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 238
14.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 240
14.5 RELATED REPORTS 240
14.6 AUTHOR DETAILS 241

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】3Dプリンティングの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年2月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 2936
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
3Dプリンティングの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のPET/PBT樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のPET/PBT樹脂市場2015について調査・分析し、PET/PBT樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用フォームの世界市場:PUフォーム、金属フォーム、PEフォーム、メラミンフォーム
    当調査レポートでは、航空機用フォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、航空機用フォームの世界市場規模及び予測、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • テレコム向けクラウドの世界市場予測(~2021):種類別(ソリューション、サービス)、用途別、サービスモデル別、企業規模別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、テレコム向けクラウドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、サービスモデル別分析、企業規模別分析、テレコム向けクラウドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ディスポーザブル医療機器センサの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 自動車用トランスミッション液の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用トランスミッション液の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用トランスミッション液市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用トランスミッション液の世界市場概要 ・自動車用トランスミッション液の世界市場環境 ・自動車用トランスミッション液の世界市場動向 ・自動車用トランスミッション液の世界市場規模 ・自動車用トランスミッション液の世界市場:業界構造分析 ・自動車用トランスミッション液の世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用トランスミッション液の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用トランスミッション液のアメリカ市場規模・予測 ・自動車用トランスミッション液のヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用トランスミッション液のアジア市場規模・予測 ・自動車用トランスミッション液の主要国分析 ・自動車用トランスミッション液の世界市場:意思決定フレームワーク ・自 …
  • 産業用ラックアンドピニオンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、産業用ラックアンドピニオンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ラックアンドピニオン市場規模、用途別(工作機械 、リニアアクチュエータ及びガイドウェイ、マテリアルハンドリング )分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場概要 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場環境 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場動向 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場規模 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:業界構造分析 ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:用途別(工作機械 、リニアアクチュエータ及びガイドウェイ、マテリアルハンドリング ) ・産業用ラックアンドピニオンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用ラックアンドピニオンの北米市場規模・予測 ・産業用ラックアンドピニオンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・産業用ラックアンドピニオンのアジア太平洋市場規模・予測 ・産 …
  • SaaS型サプライチェーン管理(SCM)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、SaaS型サプライチェーン管理(SCM)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、SaaS型サプライチェーン管理(SCM)市場規模、導入形態別(オンプレミス、クラウド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・SaaS型サプライチェーン管理(SCM)の世界市場概要 ・SaaS型サプライチェーン管理(SCM)の世界市場環境 ・SaaS型サプライチェーン管理(SCM)の世界市場動向 ・SaaS型サプライチェーン管理(SCM)の世界市場規模 ・SaaS型サプライチェーン管理(SCM)の世界市場:業界構造分析 ・SaaS型サプライチェーン管理(SCM)の世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウド) ・SaaS型サプライチェーン管理(SCM)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・SaaS型サプライチェーン管理(SCM)のアメリカ市場規模・予測 ・SaaS型サプライチェーン管理(SCM)のヨーロッパ市場規模・予測 ・SaaS型 …
  • ベアメタルステント(BMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ベアメタルステント(BMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベアメタルステント(BMS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 BMS(ベアメタルステント)とは、コーティングやカバーリングをされていないステントのことです。BMSは細いワイヤーのついた網状の管であり、ステンレススティール、コバルトクロム合金、その他の金属でできています。BMSは金属のコイルや管状の網の様な外観です。Technavio社はベアメタルステント(BMS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Abbott• Boston Scientific• Medtronic等です。
  • 世界の窒化ガリウム(GaN)基板市場
  • 医療における4Dプリントの世界市場予測(~2026年)
    当調査レポートでは、医療における4Dプリントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(機器、3DプリンターSMM、ハイドロゲル、ソフトウェア、サービス、セル)分析、技術別(FDM、SLS、ステレオリソグラフィー)分析、用途別(研究モデル、インプラント)分析、エンドユーザー別(病院、歯科ラボ、ASC)分析、医療における4Dプリントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、医療における4Dプリントの世界市場規模が2021年9百万ドルから2026年32百万ドルまで年平均29.9%成長すると予測しています。
  • オーストラリアの睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • エジプトの整形外科装置市場見通し
  • 量子コンピューティングの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、量子コンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、収益源別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、量子コンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の光受信機市場2015
    本調査レポートでは、世界の光受信機市場2015について調査・分析し、光受信機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液透析用カテーテルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血液透析用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液透析用カテーテルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は血液透析用カテーテルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AngioDynamics,• C.R. Bard, • Fresenius Medical Care,• Medical Components, • Medtronic等です。
  • ポーランドの心臓律動管理装置市場見通し
  • 中国のメタラキシル市場2015
    本調査レポートでは、中国のメタラキシル市場2015について調査・分析し、メタラキシルの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のLNG給油所市場2015
    本調査レポートでは、中国のLNG給油所市場2015について調査・分析し、LNG給油所の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マルチテナント型データセンター(MTDC)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、マルチテナント型データセンター(MTDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マルチテナント型データセンター(MTDC)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はマルチテナント型データセンター(MTDC)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CenturyLink、Digital Realty、Equinix、Global Switch、NTT Communications、Rackspace等です。
  • 顕微鏡用付属品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、顕微鏡用付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、顕微鏡用付属品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ペンキ及び塗料のアジア太平洋市場
  • 世界の感染予防&管理市場
  • 送電機器の世界市場
    当調査レポートでは、送電機器の世界市場について調査・分析し、送電機器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アセチルシステインの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アセチルシステイン の世界市場について調査・分析し、アセチルシステイン の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アセチルシステイン シェア、市場規模推移、市場規模予測、アセチルシステイン 種類別分析(タイプ1、タイプ2)、アセチルシステイン 用途別分析(医薬品、栄養補助食品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アセチルシステイン の市場概観 ・アセチルシステイン のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アセチルシステイン のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アセチルシステイン の世界市場規模 ・アセチルシステイン の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アセチルシステイン のアメリカ市場規模推移 ・アセチルシステイン のカナダ市場規模推移 ・アセチルシステイン のメキシコ市場規模推移 ・アセチルシステイン のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アセチルシステイン のドイツ市場規模推移 ・アセチルシステイン …
  • 世界の変圧器市場2016
    本調査レポートでは、世界の変圧器市場2016について調査・分析し、変圧器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートグリッド用センサーの世界市場
    当調査レポートでは、スマートグリッド用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートグリッド用センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウイルス濾過の世界市場:濾過キット、試薬、装置、サービス
    当調査レポートでは、ウイルス濾過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 硫酸の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、硫酸の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、硫酸市場規模、用途別(リン酸肥料、化学製品、金属加工、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Aurubis, BASF, Glencore, Maaden-Saudi Arabian Mining Company, OCP, PhosAgroなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・硫酸の世界市場概要 ・硫酸の世界市場環境 ・硫酸の世界市場動向 ・硫酸の世界市場規模 ・硫酸の世界市場:業界構造分析 ・硫酸の世界市場:用途別(リン酸肥料、化学製品、金属加工、その他) ・硫酸の世界市場:地域別市場規模・分析 ・硫酸の北米市場規模・予測 ・硫酸のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・硫酸のアジア太平洋市場規模・予測 ・硫酸の主要国分析 ・硫酸の世界市場:意思決定フレームワーク ・硫酸の世界市場:成長要因、課題 ・硫酸の世界市場:競争環境 ・硫酸の世界市場:関連企業情報(ベン …
  • リポタンパクリパーゼ活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるリポタンパクリパーゼ活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・リポタンパクリパーゼ活性因子の概要 ・リポタンパクリパーゼ活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のリポタンパクリパーゼ活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リポタンパクリパーゼ活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・リポタンパクリパーゼ活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 乳製品用包装の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、乳製品用包装の世界市場について調査・分析し、乳製品用包装の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別乳製品用包装シェア、市場規模推移、市場規模予測、乳製品用包装種類別分析(瓶、パウチ、カップ、缶、カートン・箱)、乳製品用包装用途別分析(チーズ、クリーム、アイスクリーム、ヨーグルト・発酵製品、牛乳、バター、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・乳製品用包装の市場概観 ・乳製品用包装のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・乳製品用包装のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・乳製品用包装の世界市場規模 ・乳製品用包装の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・乳製品用包装のアメリカ市場規模推移 ・乳製品用包装のカナダ市場規模推移 ・乳製品用包装のメキシコ市場規模推移 ・乳製品用包装のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・乳製品用包装のドイツ市場規模推移 ・乳製品用包装のイギリス市場規模推移 ・乳製品用包装のロシア市場規模推移 …
  • セロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬の概要 ・セロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のセロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セロトニン/ノルエピネフリン-ドーパミン再取り込み阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の骨セメント市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、骨セメントのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨セメントの概要 ・骨セメントの開発動向:開発段階別分析 ・骨セメントの開発動向:セグメント別分析 ・骨セメントの開発動向:領域別分析 ・骨セメントの開発動向:規制Path別分析 ・骨セメントの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別骨セメントの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・骨セメントの最近動向
  • 世界のランニングシューズ市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 経カテーテルの世界市場分析:用途別(経大動脈弁、経肺動脈弁、経僧帽弁)、技術別(バルーン拡張型トランスカテーテルバルブ、自己拡張型トランスカテーテルバルブ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、経カテーテルの世界市場について調査・分析し、経カテーテルの世界市場動向、経カテーテルの世界市場規模、市場予測、セグメント別経カテーテル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 発泡剤の世界市場
    当調査レポートでは、発泡剤の世界市場について調査・分析し、発泡剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バックグラウンドミュージック(BGM)の世界市場規模及び予測、顧客別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリプロピレン市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリプロピレン市場2015について調査・分析し、ポリプロピレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チタン粉末の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、チタン粉末の世界市場について調査・分析し、チタン粉末の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別チタン粉末シェア、市場規模推移、市場規模予測、チタン粉末種類別分析(高純度チタン粉末(CPTP)、合金チタン粉末 (ATP))、チタン粉末用途別分析(航空宇宙、自動車、石油化学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・チタン粉末の市場概観 ・チタン粉末のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・チタン粉末のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・チタン粉末の世界市場規模 ・チタン粉末の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・チタン粉末のアメリカ市場規模推移 ・チタン粉末のカナダ市場規模推移 ・チタン粉末のメキシコ市場規模推移 ・チタン粉末のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・チタン粉末のドイツ市場規模推移 ・チタン粉末のイギリス市場規模推移 ・チタン粉末のロシア市場規模推移 ・チタン粉末のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、 …
  • AMPKベータ活性体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAMPKベータ活性体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・AMPKベータ活性体の概要 ・AMPKベータ活性体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAMPKベータ活性体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・AMPKベータ活性体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・AMPKベータ活性体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アプリケーション管理サービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アプリケーション管理サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アプリケーション管理サービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • キルギスのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 次世代ビルエネルギー管理システム(BEMS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、次世代ビルエネルギー管理システム(BEMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、次世代ビルエネルギー管理システム(BEMS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストリアの末梢血管用装置市場見通し
  • イタリアの水力発電市場2016
  • 世界のピペットチップ市場2016
    本調査レポートでは、世界のピペットチップ市場2016について調査・分析し、ピペットチップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肥料の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、肥料の世界市場について調査・分析し、肥料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・肥料の世界市場:市場動向分析 ・肥料の世界市場:競争要因分析 ・肥料の世界市場:肥料別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:作物別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:配合肥料別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:アンモニウム肥料別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:窒素肥料別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:カリ肥料別分析/市場規模 ・肥料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・肥料の北米市場規模・分析 ・肥料の欧州市場・分析 ・肥料のアジア市場・分析 ・肥料の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アセチルセルロースの世界市場
    当調査レポートでは、アセチルセルロースの世界市場について調査・分析し、アセチルセルロースの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • HTPBの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、HTPBの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(ロケット燃料、塗料・メンブレン、接着剤、シーラント剤)別分析、需要先別分析、地域別分析、HTPBの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 蒸気ボイラの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、蒸気ボイラの世界市場について調査・分析し、蒸気ボイラの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別蒸気ボイラシェア、市場規模推移、市場規模予測、蒸気ボイラ種類別分析( 20t/h)、蒸気ボイラ用途別分析(飲食料品、医薬品・医療、自動車両、暖房)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・蒸気ボイラの市場概観 ・蒸気ボイラのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・蒸気ボイラのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・蒸気ボイラの世界市場規模 ・蒸気ボイラの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・蒸気ボイラのアメリカ市場規模推移 ・蒸気ボイラのカナダ市場規模推移 ・蒸気ボイラのメキシコ市場規模推移 ・蒸気ボイラのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・蒸気ボイラのドイツ市場規模推移 ・蒸気ボイラのイギリス市場規模推移 ・蒸気ボイラのロシア市場規模推移 ・蒸気ボイラのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・蒸気ボイラの日本市場規 …
  • 小型車用フロントエンドモジュールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、小型車用フロントエンドモジュールの世界市場について調査・分析し、小型車用フロントエンドモジュールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別小型車用フロントエンドモジュールシェア、市場規模推移、市場規模予測、小型車用フロントエンドモジュール種類別分析(金属/プラスチックハイブリッド、複合材、プラスチック、鋼、その他)、小型車用フロントエンドモジュール用途別分析(セダン、SUV、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・小型車用フロントエンドモジュールの市場概観 ・小型車用フロントエンドモジュールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・小型車用フロントエンドモジュールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・小型車用フロントエンドモジュールの世界市場規模 ・小型車用フロントエンドモジュールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・小型車用フロントエンドモジュールのアメリカ市場規模推移 ・小型車用フロントエンドモジュールのカナダ市場規模推移 ・小型車用フロントエ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"