"頭蓋インプラントの世界市場"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TPM-C03096)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"頭蓋インプラントの世界市場"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Cranial Implants Market – Overview

Cranial defects can occur due to injuries, infections, and tumor invasions. They can also occur when it is not possible to replace the autogenous bone after a decompressive craniectomy because of brain infarction or hemorrhage. Reconstruction of cranial defects should take place for protecting the brain and normalizing cerebral hemodynamics. The foremost aims of cranial defect reconstruction are protecting the brain or improving cranial appearance. Neurosurgeons use different techniques for precise planning in cranial defect surgery. Surgeons prefer cranial implants with high grades of biocompatibility and mechanical properties. Cranioplasty is a neurosurgical procedure involving the repair of a cranial defect or deformation caused due to trauma, neurosurgical procedures, tumor, and infections. The main indications for cranioplasty are protecting the cranial contents and, in children, the provision of an intact cranial vault for normal development and growth of the brain. Aesthetic and psychosocial implications are also required to be considered. The ideal material for undertaking cranioplasty should be malleable to fit precisely even complicated cranial defects and should meet other various requirements depending on the cranial defect. With technological advancements, the availability of new materials and technological interventions has increased. This offers specificity for the patient population according to the treatment procedure and surgeon.

Increase in the geriatric population, rise in the number of trauma cases, increase in research and development activities, and enhanced public health awareness and measures have led to rapid and effective medical interventions. Increase in the number of technological advances, fuelling the need for efficient and effective cranial implantation, is likely to offer a significant opportunity to key players operating in the market. Value added features offered in cranial implants are prompting medical professionals worldwide to adopt technological advancement-aided cranial implantation. Key players offering cranial implants are introducing value added features and technological advancements, such as 3D-printing, CAD/CAM modelling, and patient specific and effective cranial implants. Increase in acquisitions and approvals and rise in government approvals of cranial implant products are boosting the global cranial implants market.

Customized cranial implants, bytechnological advancements by key players, and approvals by government after voluminous research and development activities are key trends for among market players for expanding their geographic presence and strengthening their position in the market. For instance, in March, 2016, the U.S. Food and Drug Administration (FDA) gave a 510(k) clearance to a 3D-printed titanium cranial/maxillofacial implant manufactured by BioArchitects. It is a U.S.- and Brazil-based company. This important approval marked the start of the company’s marketing for the device in the U.S.

The global cranial implants market has been segmented based on product, material, end-user, and region. In terms of product, the global cranial implants market has been divided into customized cranial implants and non-customized cranial implants. The customized cranial implants segment is expected to expand at a rapid growth rate during the forecast period as customized cranial implants are technologically more advanced and patient specific. Based on material, the global cranial implants market has been categorized into polymer, ceramic, and metal. The metal segment is expected to lead the global cranial implants market during the forecast period due to the availability and long-term success rates of metal implants because of their resistance to infections. In terms of end-user, the global cranial implants market has been bifurcated into hospitals and neurosurgery specialty centers. The hospitals segment is expected to dominate the cranial implants market attributing to an increase in the number of hospitals, rise in the number of neurosurgical procedures, increase the number of medical professionals and trained staff, and rise in patient population.

In terms of region, the global cranial implants market can be segmented into North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, and Middle East & Africa. North America accounts for a significant share of the global cranial implants market. The market in North America is primarily driven by a rise in the number of trauma cases, increase in the number of brain tumor cases, rise in the geriatric population, increase in the adoption and acceptance of technological advancements, and presence of a significant number of medical professionals. The cranial implants market in Asia pacific is anticipated to expand at a prominent growth rate during the forecast period. The report also mentions key players operating in the cranial implants market based on various attributes such as company overview, key business strategies, financial overview, recent developments, and product portfolio. Key players operating in the cranial implants market include Zimmer Biomet, Stryker, KELYNIAM GLOBAL INC, Medartis, and B. Braun Melsungen AG

The global cranial implants market has been segmented as mentioned below:

Global Cranial Implants Market, by Type

Customized Cranial Implants
Non-customized Cranial Implants
Global Cranial Implants Market, by Product

Polymer
Ceramic
Metal
Global Cranial Implants Market, by End-user

Hospitals
Neurosurgery Specialty Centers
Global Cranial Implants Market, by Region

North America
U.S.
Canada
Europe
Germany
U.K.
France
Spain
Italy
Russia
Rest of Europe
Asia Pacific
China
India
Japan
Australia & New Zealand
Rest of Asia Pacific
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of Latin America
Middle East & Africa
GCC
South Africa
Israel
Rest of Middle East & Africa


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Transparency Market Researchが"頭蓋インプラントの世界市場"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Preface
1.1. Market Definition and Scope
1.2. Market Segmentation
1.3. Key Research Objectives
1.4. Research Highlights

2. Assumptions and Research Methodology

3. Executive Summary : Global Cranial Implants Market

4. Market Overview
4.1. Market Dynamics
4.1.1. Drivers
4.1.2. Restraints
4.1.3. Opportunities

5. Market Outlook
5.1. Prevalence of Brain Tumors in Key Countries
5.2. Comparative Analysis of Cranial Implants Based on Material
5.3. Regulatory Scenario of Cranial Implants

6. Global Cranial Implants Market Analysis and Forecasts, by Product
6.1. Introduction & Definition
6.2. Key Findings/Developments
6.3. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
6.3.1. Customized Cranial Implants
6.3.2. Non-customized Cranial Implants
6.4. Market Attractiveness, by Product

7. Global Cranial Implants Market Analysis and Forecasts, by Material
7.1. Introduction & Definition
7.2. Key Findings/Developments
7.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
7.3.1. Polymer
7.3.2. Ceramic
7.3.3. Metal
7.4. Market Attractiveness, by Material

8. Global Cranial Implants Market Analysis and Forecasts, by End-user
8.1. Introduction & Definition
8.2. Key Findings/Developments
8.3. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
8.3.1. Hospitals
8.3.2. Neurosurgery Specialty Centers
8.4. Market Attractiveness, by End-user

9. Global Cranial Implants Market Analysis and Forecasts, by Region
9.1. Key Findings
9.2. Market Value Forecast, by Region
9.2.1. North America
9.2.2. Europe
9.2.3. Asia Pacific
9.2.4. Latin America
9.2.5. Middle East & Africa
9.3. Market Attractiveness, by Country/Region

10. North America Cranial Implants Market Analysis and Forecast
10.1. Introduction
10.1.1. Key Findings
10.2. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
10.2.1. Customized Cranial Implants
10.2.2. Non-customized Cranial Implants
10.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
10.3.1. Polymer
10.3.2. Ceramic
10.3.3. Metal
10.4. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
10.4.1. Hospitals
10.4.2. Neurosurgery Specialty Centers
10.5. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
10.5.1. U.S.
10.5.2. Canada
10.6. Market Attractiveness Analysis
10.6.1. By Product
10.6.2. By Material
10.6.3. By End-user
10.6.4. By Country

11. Europe Cranial Implants Market Analysis and Forecast
11.1. Introduction
11.1.1. Key Findings
11.2. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
11.2.1. Customized Cranial Implants
11.2.2. Non-customized Cranial Implants
11.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
11.3.1. Polymer
11.3.2. Ceramic
11.3.3. Metal
11.4. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
11.4.1. Hospitals
11.4.2. Neurosurgery Specialty Centers
11.5. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
11.5.1. Germany
11.5.2. U.K.
11.5.3. France
11.5.4. Spain
11.5.5. Italy
11.5.6. Russia
11.5.7. Rest of Europe
11.6. Market Attractiveness Analysis
11.6.1. By Product
11.6.2. By Material
11.6.3. By End-user
11.6.4. By Country

12. Asia Pacific Cranial Implants Market Analysis and Forecast
12.1. I ntroduction
12.1.1. Key Findings
12.2. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
12.2.1. Customized Cranial Implants
12.2.2. Non-customized Cranial Implants
12.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
12.3.1. Polymer
12.3.2. Ceramic
12.3.3. Metal
12.4. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
12.4.1. Hospitals
12.4.2. Neurosurgery Specialty Centers
12.5. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
12.5.1. China
12.5.2. Japan
12.5.3. India
12.5.4. Australia & New Zealand
12.5.5. Rest of Asia Pacific
12.6. Market Attractiveness Analysis
12.6.1. By Product
12.6.2. By Material
12.6.3. By End-user
12.6.4. By Country

13. Latin America Cranial Implants Market Analysis and Forecast
13.1. Introduction
13.1.1. Key Findings
13.2. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
13.2.1. Customized Cranial Implants
13.2.2. Non-customized Cranial Implants
13.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
13.3.1. Polymer
13.3.2. Ceramic
13.3.3. Metal
13.4. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
13.4.1. Hospitals
13.4.2. Neurosurgery Specialty Centers
13.5. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
13.5.1. Brazil
13.5.2. Mexico
13.5.3. Rest of Latin America
13.6. Market Attractiveness Analysis
13.6.1. By Product
13.6.2. By Material
13.6.3. By End-user
13.6.4. By Country

14. Middle East & Africa Cranial Implants Market Analysis and Forecast
14.1.Introduction
14.1.1. Key Findings
14.2. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
14.2.1. Customized Cranial Implants
14.2.2. Non-customized Cranial Implants
14.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
14.3.1. Polymer
14.3.2. Ceramic
14.3.3. Metal
14.4. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
14.4.1. Hospitals
14.4.2. Neurosurgery Specialty Centers
14.5. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
14.5.1. GCC Countries
14.5.2. South Africa
14.5.3. Israel
14.5.4. Rest of Middle East & Africa
14.6. Market Attractiveness Analysis
14.6.1. By Product
14.6.2. By Material
14.6.3. By End-user
14.6.4. By Country

15. Competition Landscape
15.1. Market Player – Competition Matrix (By Tier and Size of companies)
15.2. Market Share Analysis by Company (2017)
15.3. Company Profiles
15.3.1. Zimmer Biomet
15.3.2. Stryker
15.3.3. Kelyniam Global Inc
15.3.4. Medartis
15.3.5. B. Braun Melsungen AG
15.3.6. DePuy Synthes
15.3.7. KLS Martin Group
15.3.8. Xilloc Medical B.V.
15.3.9. Ortho Baltic
15.3.10. Medtronic

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】頭蓋インプラントの世界市場
【発行日】2019年2月
【調査会社】Transparency Market Research
【コード】TPM-C03096
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
頭蓋インプラントの世界市場についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ボンディングワイヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ボンディングワイヤの世界市場について調査・分析し、ボンディングワイヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ボンディングワイヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、ボンディングワイヤ種類別分析(金製、銅製、銀製、パラジウム被覆、その他)、ボンディングワイヤ用途別分析(IC、トランジスタ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ボンディングワイヤの市場概観 ・ボンディングワイヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ボンディングワイヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ボンディングワイヤの世界市場規模 ・ボンディングワイヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ボンディングワイヤのアメリカ市場規模推移 ・ボンディングワイヤのカナダ市場規模推移 ・ボンディングワイヤのメキシコ市場規模推移 ・ボンディングワイヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ボンディングワイヤのドイツ市場規模推移 ・ボンディングワイヤのイギリス …
  • 抗菌薬の世界市場:セファロスポリン、ペニシリン、フルオロキノロン、マクロライド系薬、カルバペネム系薬
  • 真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)の概要 ・真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 世界の酸化漂白剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の酸化漂白剤市場2015について調査・分析し、酸化漂白剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • K-Electric Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • 医用画像の世界市場
    当調査レポートでは、医用画像の世界市場について調査・分析し、医用画像の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医用画像の世界市場:市場動向分析 - 医用画像の世界市場:競争要因分析 - 医用画像の世界市場:製品別 ・コンピューター断層撮影 ・マンモグラフィー ・MRI ・核医学画像/放射性核種 ・超音波 ・X線画像 ・触覚イメージング ・サーモグラフィー ・エラストグラフィー ・その他 - 医用画像の世界市場:用途別 ・脳&神経系 ・心臓 ・神経 ・産科/婦人科 ・腫瘍 ・骨盤&腹部 ・脊柱&筋骨格 ・泌尿器 ・血管 ・その他 - 医用画像の世界市場:エンドユーザー別 ・クリニック ・外来外科センター ・画像診断研究所 ・病院 - 医用画像の世界市場:主要地域別分析 - 医用画像の北米市場規模(アメリカ市場等) - 医用画像のヨーロッパ市場規模 - 医用画像のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・医用画像の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ENT(耳鼻咽喉科)内視鏡・気管支鏡の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ENT(耳鼻咽喉科)内視鏡・気管支鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ENT(耳鼻咽喉科)内視鏡・気管支鏡の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用シートの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用シートの世界市場について調査・分析し、小型自動車用シートの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 大豆タンパク質の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、大豆タンパク質の世界市場について調査・分析し、大豆タンパク質の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別大豆タンパク質シェア、市場規模推移、市場規模予測、大豆タンパク質種類別分析(大豆タンパク質濃縮物、大豆タンパク質分離物、組織状大豆蛋白、大豆粉)、大豆タンパク質用途別分析(食肉加工品、パン・菓子、飲料、飼料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・大豆タンパク質の市場概観 ・大豆タンパク質のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・大豆タンパク質のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・大豆タンパク質の世界市場規模 ・大豆タンパク質の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・大豆タンパク質のアメリカ市場規模推移 ・大豆タンパク質のカナダ市場規模推移 ・大豆タンパク質のメキシコ市場規模推移 ・大豆タンパク質のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・大豆タンパク質のドイツ市場規模推移 ・大豆タンパク質のイギリス市場規模推移 ・大豆タ …
  • 逆浸透膜の世界市場:材料別、フィルターモジュール別、用途別
    当調査レポートでは、逆浸透膜の世界市場について調査・分析し、市場概要、材料種類別(セルロースベース、薄膜複合材料)分析、フィルターモジュール別(プレート&フレーム、管状、らせん状、中空糸)分析、用途別(脱塩システム、RO浄化システム、医療機器&診断)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・逆浸透膜の世界市場:材料種類別(セルロースベース、薄膜複合材料) ・逆浸透膜の世界市場:フィルターモジュール別(プレート&フレーム、管状、らせん状、中空糸) ・逆浸透膜の世界市場:用途別(脱塩システム、RO浄化システム、医療機器&診断) ・逆浸透膜の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 無人地上センサー(UGS)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、無人地上センサー(UGS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無人地上センサー(UGS)市場規模、展開方法別(手置き型、空中投下型)分析、センサー種類別(赤外線、地震、磁気、音響)分析、エンドユーザー別(重要インフラ、セキュリティ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:市場動向分析 ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:競争要因分析 ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:展開方法別(手置き型、空中投下型) ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:センサー種類別(赤外線、地震、磁気、音響) ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:エンドユーザー別(重要インフラ、セキュリティ) ・ 無人地上センサー(UGS)の世界市場:主要地域別分析 ・ 無人地上センサー(UGS)の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 無人地上センサー(UGS)のヨーロッパ市場規模 ・ 無人地上センサ …
  • 高速攻撃艇(FAC)の世界市場2017-202:ミサイル搭載FAC、ミサイル非搭載FAC
    当調査レポートでは、高速攻撃艇(FAC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高速攻撃艇(FAC)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • グルジアのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 形鋼の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、形鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、形鋼の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドホーム用セキュリティシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コネクテッドホーム用セキュリティシステムの世界市場について調査・分析し、コネクテッドホーム用セキュリティシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コネクテッドホーム用セキュリティシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、コネクテッドホーム用セキュリティシステム種類別分析(監視システム、警報システム)、コネクテッドホーム用セキュリティシステム用途別分析(別荘、マンション、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムの市場概観 ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムの世界市場規模 ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムのアメリカ市場規模推移 ・コネクテッドホーム用セ …
  • 世界のデジタル捺染印刷インク市場規模・予測2017-2025:用途別(衣類・ガーメント、家庭用、技術用テキスタイル、その他)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデジタル捺染印刷インク市場について調査・分析し、世界のデジタル捺染印刷インク市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデジタル捺染印刷インク関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用タペットの世界市場予測(~2025年):種類、エンドユーザー、エンジン容量、車両種類、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用タペットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先別分析、エンジン容量別分析、車両種類別分析、自動車用タペットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の画像診断メーカーの戦略的方向性分析2016
  • チルドビームシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、チルドビームシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、チルドビームシステム市場規模、機能別(冷房のみ、冷暖房)分析、設計別(アクティブチルドビーム、パッシブチルドビーム、マルチサービスチルドビーム)分析、用途別(教育機関、商業オフィス、医療、ホテル、その他)分析、製品別(コンシールド、エクスポーズド、埋め込み式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ チルドビームシステムの世界市場:市場動向分析 ・ チルドビームシステムの世界市場:競争要因分析 ・ チルドビームシステムの世界市場:機能別(冷房のみ、冷暖房) ・ チルドビームシステムの世界市場:設計別(アクティブチルドビーム、パッシブチルドビーム、マルチサービスチルドビーム) ・ チルドビームシステムの世界市場:用途別(教育機関、商業オフィス、医療、ホテル、その他) ・ チルドビームシステムの世界市場:製品別(コンシールド、エクスポーズド、埋め込み式) ・ チルド …
  • 世界のシクロヘキサノンパーオキサイド市場2015
    本調査レポートでは、世界のシクロヘキサノンパーオキサイド市場2015について調査・分析し、シクロヘキサノンパーオキサイドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エアクリーナー用フィルタの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、エアクリーナー用フィルタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアクリーナー用フィルタの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はエアクリーナー用フィルタの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCamfil、CLARCOR Air Filtration、Cummins Filtration、Daikin Industries、Donaldson等です。
  • 世界の使い捨て紙コップ市場2015
    本調査レポートでは、世界の使い捨て紙コップ市場2015について調査・分析し、使い捨て紙コップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)のフェーズ3治験薬の状況 ・アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)治療薬の市場規模(販売予測) ・アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・アメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のアメーバ性肝膿瘍(Amebic Liver Abscess)治療薬剤
  • アメリカ合衆国連邦政府向けサイバーセキュリティ市場
    当調査レポートでは、アメリカ合衆国連邦政府向けサイバーセキュリティ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカ合衆国連邦政府向けサイバーセキュリティ市場規模及び予測、製品別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 薄膜電池の世界市場2020-2024:エンドユーザー別、地域別
    「薄膜電池の世界市場2020-2024」は、薄膜電池について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(スマートカード、医療機器、スマートウェアラブル、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・薄膜電池の世界市場:エンドユーザー別(スマートカード、医療機器、スマートウェアラブル、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • アウトドア用カウンター・シンクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アウトドア用カウンター・シンクの世界市場について調査・分析し、アウトドア用カウンター・シンクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アウトドア用カウンター・シンクシェア、市場規模推移、市場規模予測、アウトドア用カウンター・シンク種類別分析()、アウトドア用カウンター・シンク用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アウトドア用カウンター・シンクの市場概観 ・アウトドア用カウンター・シンクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アウトドア用カウンター・シンクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アウトドア用カウンター・シンクの世界市場規模 ・アウトドア用カウンター・シンクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アウトドア用カウンター・シンクのアメリカ市場規模推移 ・アウトドア用カウンター・シンクのカナダ市場規模推移 ・アウトドア用カウンター・シンクのメキシコ市場規模推移 ・アウトドア用カウンター・シンクのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • パーム核油およびココナッツオイル性天然脂肪酸の世界市場
    当調査レポートでは、パーム核油およびココナッツオイル性天然脂肪酸の世界市場について調査・分析し、パーム核油およびココナッツオイル性天然脂肪酸の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 子宮マニピュレーターの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、子宮マニピュレーターの世界市場について調べ、子宮マニピュレーターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、子宮マニピュレーターの市場規模をセグメンテーション別(種類別(子宮マニピュレーター/インジェクター、マンゲシカール子宮マニピュレーター、クレルモンフェラン子宮マニピュレーター、VECTEC子宮マニピュレーター、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は子宮マニピュレーターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・子宮マニピュレーターの市場状況 ・子宮マニピュレーターの市場規模 ・子宮マニピュレーターの市場予測 ・子宮マニピュレーターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(子宮マニピュレーター/インジェクター、マンゲシカール子宮マニピュレーター、クレルモンフェラン子宮マニピュレーター、VECTEC子宮マニピュレーター、その他) ・子宮マニピュレーターの顧 …
  • ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場分析:製品別(未充填、炭素充填、ガラス充填)、用途別(医療、自動車、航空宇宙、産業、電気・電子)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場について調査・分析し、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場動向、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハーブサプリメントの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハーブサプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハーブサプリメントの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トルエンの世界市場予測(~2021):用途&誘導体別(ベンゼン、キシレン、溶剤、ガソリン添加剤、トルエンジイソシアネート(TDI)、安息香酸、トリニトロトルエン、ベンズアルデヒド)
    当調査レポートでは、トルエンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、誘導体別分析、地域別分析、トルエンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートバスルームの世界市場:スマートトイレット、スマート蛇口、シャワーシステム、スマートウィンドウ、その他
    当調査レポートでは、スマートバスルームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートバスルーム市場規模、製品別(スマートトイレット、スマート蛇口、シャワーシステム、スマートウィンドウ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Duravit, Jaquar, Kohler, LIXIL Group, TOTOなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートバスルームの世界市場概要 ・スマートバスルームの世界市場環境 ・スマートバスルームの世界市場動向 ・スマートバスルームの世界市場規模 ・スマートバスルームの世界市場:業界構造分析 ・スマートバスルームの世界市場:製品別(スマートトイレット、スマート蛇口、シャワーシステム、スマートウィンドウ、その他) ・スマートバスルームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートバスルームの北米市場規模・予測 ・スマートバスルームのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートバスルームのアジア …
  • 世界における石油・ガス企業の破産届出
  • 防カビ剤の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の防カビ剤市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・防カビ剤の世界市場:イントロダクション ・防カビ剤の世界市場:市場概観 ・防カビ剤の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・防カビ剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・防カビ剤の世界市場:主要地域別市場分析 ・防カビ剤の世界市場:関連企業分析
  • UAEの体外式除細動器市場見通し
  • 急性心不全(Acute Heart Failure):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性心不全(Acute Heart Failure)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性心不全(Acute Heart Failure)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性心不全(Acute Heart Failure)の概要 ・急性心不全(Acute Heart Failure)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性心不全(Acute Heart Failure)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・急性心不全(Acute Heart Failure)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 暴動取り締まり装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、暴動取り締まり装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、暴動取り締まり装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 核医学/放射性医薬品の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、核医学/放射性医薬品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類(診断、治療)別分析、用途別分析、地域別分析、核医学/放射性医薬品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 調味料・ドレッシング・ソースのアイルランド市場
  • 回路保護の世界市場予測(~2022年):過電流保護、過電圧保護、ESD保護、遮断器、ヒューズ、ESD保護装置、サージ保護装置
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、回路保護の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、デバイス別分析、産業別分析、地域別分析、回路保護の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車エンジンオイルの世界市場:車両別、地域別
    本レポートは、自動車エンジンオイルの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、車両別(乗用車、商用車)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・自動車エンジンオイルの世界市場:車両別(乗用車、商用車) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 赤ちゃん用おむつのインド市場見通し2022
  • 産業用ファイバレーザの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用ファイバレーザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ファイバレーザの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 世界のタイヤ空気圧計市場2016
    本調査レポートでは、世界のタイヤ空気圧計市場2016について調査・分析し、タイヤ空気圧計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 栄養補助食品成分の世界市場予測2022:プレバイオティクス、プロバイオティクス、タンパク質、ミネラル、ビタミン、カロテノイド、繊維、植物性化学物質
    当調査レポートでは、栄養補助食品成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、形状別分析、健康効果別分析、栄養補助食品成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 細胞培養タンパク質表面コーティングの世界市場分析:コーティング別(自己コーティング、プレコーティング[マルチウォール/マイクロウェルプレート、ペトリ皿、フラスコ、スライド、カバースリップ])、タンパク質由来別(植物、動物、ヒト、合成)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、細胞培養タンパク質表面コーティングの世界市場について調査・分析し、細胞培養タンパク質表面コーティングの世界市場動向、細胞培養タンパク質表面コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別細胞培養タンパク質表面コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バルーンカテーテルの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:通常型バルーンカテーテル、カッティングバルーンカテーテル、スコアリングバルーンカテーテル、薬剤溶出型バルーンカテーテル、ステントグラフトバルーンカテーテル
  • カナダの外傷固定処置動向(~2021)
  • 世界の自動車エンジンオイル市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車エンジンオイル市場2016について調査・分析し、自動車エンジンオイルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"