"頭蓋インプラントの世界市場"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TPM-C03096)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"頭蓋インプラントの世界市場"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Cranial Implants Market – Overview

Cranial defects can occur due to injuries, infections, and tumor invasions. They can also occur when it is not possible to replace the autogenous bone after a decompressive craniectomy because of brain infarction or hemorrhage. Reconstruction of cranial defects should take place for protecting the brain and normalizing cerebral hemodynamics. The foremost aims of cranial defect reconstruction are protecting the brain or improving cranial appearance. Neurosurgeons use different techniques for precise planning in cranial defect surgery. Surgeons prefer cranial implants with high grades of biocompatibility and mechanical properties. Cranioplasty is a neurosurgical procedure involving the repair of a cranial defect or deformation caused due to trauma, neurosurgical procedures, tumor, and infections. The main indications for cranioplasty are protecting the cranial contents and, in children, the provision of an intact cranial vault for normal development and growth of the brain. Aesthetic and psychosocial implications are also required to be considered. The ideal material for undertaking cranioplasty should be malleable to fit precisely even complicated cranial defects and should meet other various requirements depending on the cranial defect. With technological advancements, the availability of new materials and technological interventions has increased. This offers specificity for the patient population according to the treatment procedure and surgeon.

Increase in the geriatric population, rise in the number of trauma cases, increase in research and development activities, and enhanced public health awareness and measures have led to rapid and effective medical interventions. Increase in the number of technological advances, fuelling the need for efficient and effective cranial implantation, is likely to offer a significant opportunity to key players operating in the market. Value added features offered in cranial implants are prompting medical professionals worldwide to adopt technological advancement-aided cranial implantation. Key players offering cranial implants are introducing value added features and technological advancements, such as 3D-printing, CAD/CAM modelling, and patient specific and effective cranial implants. Increase in acquisitions and approvals and rise in government approvals of cranial implant products are boosting the global cranial implants market.

Customized cranial implants, bytechnological advancements by key players, and approvals by government after voluminous research and development activities are key trends for among market players for expanding their geographic presence and strengthening their position in the market. For instance, in March, 2016, the U.S. Food and Drug Administration (FDA) gave a 510(k) clearance to a 3D-printed titanium cranial/maxillofacial implant manufactured by BioArchitects. It is a U.S.- and Brazil-based company. This important approval marked the start of the company’s marketing for the device in the U.S.

The global cranial implants market has been segmented based on product, material, end-user, and region. In terms of product, the global cranial implants market has been divided into customized cranial implants and non-customized cranial implants. The customized cranial implants segment is expected to expand at a rapid growth rate during the forecast period as customized cranial implants are technologically more advanced and patient specific. Based on material, the global cranial implants market has been categorized into polymer, ceramic, and metal. The metal segment is expected to lead the global cranial implants market during the forecast period due to the availability and long-term success rates of metal implants because of their resistance to infections. In terms of end-user, the global cranial implants market has been bifurcated into hospitals and neurosurgery specialty centers. The hospitals segment is expected to dominate the cranial implants market attributing to an increase in the number of hospitals, rise in the number of neurosurgical procedures, increase the number of medical professionals and trained staff, and rise in patient population.

In terms of region, the global cranial implants market can be segmented into North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, and Middle East & Africa. North America accounts for a significant share of the global cranial implants market. The market in North America is primarily driven by a rise in the number of trauma cases, increase in the number of brain tumor cases, rise in the geriatric population, increase in the adoption and acceptance of technological advancements, and presence of a significant number of medical professionals. The cranial implants market in Asia pacific is anticipated to expand at a prominent growth rate during the forecast period. The report also mentions key players operating in the cranial implants market based on various attributes such as company overview, key business strategies, financial overview, recent developments, and product portfolio. Key players operating in the cranial implants market include Zimmer Biomet, Stryker, KELYNIAM GLOBAL INC, Medartis, and B. Braun Melsungen AG

The global cranial implants market has been segmented as mentioned below:

Global Cranial Implants Market, by Type

Customized Cranial Implants
Non-customized Cranial Implants
Global Cranial Implants Market, by Product

Polymer
Ceramic
Metal
Global Cranial Implants Market, by End-user

Hospitals
Neurosurgery Specialty Centers
Global Cranial Implants Market, by Region

North America
U.S.
Canada
Europe
Germany
U.K.
France
Spain
Italy
Russia
Rest of Europe
Asia Pacific
China
India
Japan
Australia & New Zealand
Rest of Asia Pacific
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of Latin America
Middle East & Africa
GCC
South Africa
Israel
Rest of Middle East & Africa


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Transparency Market Researchが"頭蓋インプラントの世界市場"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Preface
1.1. Market Definition and Scope
1.2. Market Segmentation
1.3. Key Research Objectives
1.4. Research Highlights

2. Assumptions and Research Methodology

3. Executive Summary : Global Cranial Implants Market

4. Market Overview
4.1. Market Dynamics
4.1.1. Drivers
4.1.2. Restraints
4.1.3. Opportunities

5. Market Outlook
5.1. Prevalence of Brain Tumors in Key Countries
5.2. Comparative Analysis of Cranial Implants Based on Material
5.3. Regulatory Scenario of Cranial Implants

6. Global Cranial Implants Market Analysis and Forecasts, by Product
6.1. Introduction & Definition
6.2. Key Findings/Developments
6.3. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
6.3.1. Customized Cranial Implants
6.3.2. Non-customized Cranial Implants
6.4. Market Attractiveness, by Product

7. Global Cranial Implants Market Analysis and Forecasts, by Material
7.1. Introduction & Definition
7.2. Key Findings/Developments
7.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
7.3.1. Polymer
7.3.2. Ceramic
7.3.3. Metal
7.4. Market Attractiveness, by Material

8. Global Cranial Implants Market Analysis and Forecasts, by End-user
8.1. Introduction & Definition
8.2. Key Findings/Developments
8.3. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
8.3.1. Hospitals
8.3.2. Neurosurgery Specialty Centers
8.4. Market Attractiveness, by End-user

9. Global Cranial Implants Market Analysis and Forecasts, by Region
9.1. Key Findings
9.2. Market Value Forecast, by Region
9.2.1. North America
9.2.2. Europe
9.2.3. Asia Pacific
9.2.4. Latin America
9.2.5. Middle East & Africa
9.3. Market Attractiveness, by Country/Region

10. North America Cranial Implants Market Analysis and Forecast
10.1. Introduction
10.1.1. Key Findings
10.2. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
10.2.1. Customized Cranial Implants
10.2.2. Non-customized Cranial Implants
10.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
10.3.1. Polymer
10.3.2. Ceramic
10.3.3. Metal
10.4. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
10.4.1. Hospitals
10.4.2. Neurosurgery Specialty Centers
10.5. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
10.5.1. U.S.
10.5.2. Canada
10.6. Market Attractiveness Analysis
10.6.1. By Product
10.6.2. By Material
10.6.3. By End-user
10.6.4. By Country

11. Europe Cranial Implants Market Analysis and Forecast
11.1. Introduction
11.1.1. Key Findings
11.2. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
11.2.1. Customized Cranial Implants
11.2.2. Non-customized Cranial Implants
11.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
11.3.1. Polymer
11.3.2. Ceramic
11.3.3. Metal
11.4. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
11.4.1. Hospitals
11.4.2. Neurosurgery Specialty Centers
11.5. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
11.5.1. Germany
11.5.2. U.K.
11.5.3. France
11.5.4. Spain
11.5.5. Italy
11.5.6. Russia
11.5.7. Rest of Europe
11.6. Market Attractiveness Analysis
11.6.1. By Product
11.6.2. By Material
11.6.3. By End-user
11.6.4. By Country

12. Asia Pacific Cranial Implants Market Analysis and Forecast
12.1. I ntroduction
12.1.1. Key Findings
12.2. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
12.2.1. Customized Cranial Implants
12.2.2. Non-customized Cranial Implants
12.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
12.3.1. Polymer
12.3.2. Ceramic
12.3.3. Metal
12.4. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
12.4.1. Hospitals
12.4.2. Neurosurgery Specialty Centers
12.5. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
12.5.1. China
12.5.2. Japan
12.5.3. India
12.5.4. Australia & New Zealand
12.5.5. Rest of Asia Pacific
12.6. Market Attractiveness Analysis
12.6.1. By Product
12.6.2. By Material
12.6.3. By End-user
12.6.4. By Country

13. Latin America Cranial Implants Market Analysis and Forecast
13.1. Introduction
13.1.1. Key Findings
13.2. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
13.2.1. Customized Cranial Implants
13.2.2. Non-customized Cranial Implants
13.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
13.3.1. Polymer
13.3.2. Ceramic
13.3.3. Metal
13.4. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
13.4.1. Hospitals
13.4.2. Neurosurgery Specialty Centers
13.5. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
13.5.1. Brazil
13.5.2. Mexico
13.5.3. Rest of Latin America
13.6. Market Attractiveness Analysis
13.6.1. By Product
13.6.2. By Material
13.6.3. By End-user
13.6.4. By Country

14. Middle East & Africa Cranial Implants Market Analysis and Forecast
14.1.Introduction
14.1.1. Key Findings
14.2. Market Value Forecast, by Product, 2016–2026
14.2.1. Customized Cranial Implants
14.2.2. Non-customized Cranial Implants
14.3. Market Value Forecast, by Material, 2016–2026
14.3.1. Polymer
14.3.2. Ceramic
14.3.3. Metal
14.4. Market Value Forecast, by End-user, 2016–2026
14.4.1. Hospitals
14.4.2. Neurosurgery Specialty Centers
14.5. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
14.5.1. GCC Countries
14.5.2. South Africa
14.5.3. Israel
14.5.4. Rest of Middle East & Africa
14.6. Market Attractiveness Analysis
14.6.1. By Product
14.6.2. By Material
14.6.3. By End-user
14.6.4. By Country

15. Competition Landscape
15.1. Market Player – Competition Matrix (By Tier and Size of companies)
15.2. Market Share Analysis by Company (2017)
15.3. Company Profiles
15.3.1. Zimmer Biomet
15.3.2. Stryker
15.3.3. Kelyniam Global Inc
15.3.4. Medartis
15.3.5. B. Braun Melsungen AG
15.3.6. DePuy Synthes
15.3.7. KLS Martin Group
15.3.8. Xilloc Medical B.V.
15.3.9. Ortho Baltic
15.3.10. Medtronic

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】頭蓋インプラントの世界市場
【発行日】2019年2月
【調査会社】Transparency Market Research
【コード】TPM-C03096
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療・製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
頭蓋インプラントの世界市場についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • BYOD及び企業モビリティの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、BYOD及び企業モビリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、BYOD及び企業モビリティの世界市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力産業向けバルブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電力産業向けバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力産業向けバルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中古航空機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、中古航空機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、中古航空機市場規模、年数別(0-15年、16-30年、30年以上)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bombardier, Dassault Aviation, Embraer, General Dynamics, Textronなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・中古航空機の世界市場概要 ・中古航空機の世界市場環境 ・中古航空機の世界市場動向 ・中古航空機の世界市場規模 ・中古航空機の世界市場:業界構造分析 ・中古航空機の世界市場:年数別(0-15年、16-30年、30年以上) ・中古航空機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・中古航空機の北米市場規模・予測 ・中古航空機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・中古航空機のアジア太平洋市場規模・予測 ・中古航空機の主要国分析 ・中古航空機の世界市場:意思決定フレームワーク ・中古航空機の世界市場:成長要因、課題 …
  • 油圧式ドージングポンプの世界市場2019-2023
    油圧式ドージングポンプ市場における広範な技術開発により、プログラム可能な油圧式ドーシングポンプが開発されました。油圧式ドーシングポンプメーカーは、複数のプログラミングプラットフォームをサポートし、記録の監視と追跡のための包括的なデータを表示できるインテリジェントなプログラマブルポンプを提供しています。これらの油圧式ドーシングポンプは、プロセス、化学、製薬業界などのエンドユーザーにおいて様々な用途に使用できます。このように、プログラマブル油圧式ドージングポンプの需要が高まりは、予測期間中の市場の成長を促進する傾向の一つとなっています。 Technavioのアナリストは、油圧式ドージングポンプの世界市場が2023年までに4%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Dover、Grundfos、IDEX、Iwaki、SEKOなどです。 当調査レポートでは、油圧式ドージングポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、油圧式ドージングポンプ市場規模、エンドユーザー別(化学工業、石油・ガス産業、水処理産業、食品・飲料業界、その他の産業)分析、市場動向、競争環境 …
  • 不妊治療サービスのオーストラリア・ニュージーランド市場:処置別、サービス別、エンドユーザー別
  • 車載センサの世界市場
    当調査レポートでは、車載センサの世界市場について調査・分析し、車載センサの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • フレキシブルディスプレイの世界市場:LCD、電気泳動ディスプレイ、OLED
  • ラジオの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ラジオの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ラジオ市場規模、収益種類別(広告、公開ライセンス料、サブスクリプション)分析、プラットフォーム別(放送ラジオ、オンライン/モバイルラジオ、衛星ラジオ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bell Canada Enterprises, Communicorp Media, Cumulus Media, Entercom, Sirius XM, List of abbreviationsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ラジオの世界市場概要 ・ラジオの世界市場環境 ・ラジオの世界市場動向 ・ラジオの世界市場規模 ・ラジオの世界市場:業界構造分析 ・ラジオの世界市場:収益種類別(広告、公開ライセンス料、サブスクリプション) ・ラジオの世界市場:プラットフォーム別(放送ラジオ、オンライン/モバイルラジオ、衛星ラジオ) ・ラジオの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ラジオの北米市 …
  • 脆弱X症候群(Fragile X Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)の概要 ・脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • コールドチェーンの世界市場分析:タイプ別(ストレージ、輸送、監視コンポーネント)、用途別(フルーツ・野菜; 乳製品; 魚、肉、シーフード、加工食品、医薬品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、コールドチェーンの世界市場について調査・分析し、コールドチェーンの世界市場動向、コールドチェーンの世界市場規模、市場予測、セグメント別コールドチェーン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 生体認証式車両アクセスシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、生体認証式車両アクセスシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生体認証式車両アクセスシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Q-TOF型質量分析の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、Q-TOF型質量分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(バイオテクノロジ、製薬、食品・飲料検査、環境試験、石油化学)分析、Q-TOF型質量分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用テープの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業用テープの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用テープ市場規模、用途別(アクリル系、溶剤系、感圧、ホットメルト)分析、製品別(接着剤転写テープ、フィラメントテープ、ダクトテープ、アルミテープ、その他)分析、テープバッキング材別(紙、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、その他)分析、用途別(包装、マスキング/保護用途、専用、その他)分析、エンドユーザー別(電気・電子、建設、製造、ロジスティクス、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業用テープの世界市場:市場動向分析 ・ 工業用テープの世界市場:競争要因分析 ・ 工業用テープの世界市場:用途別(アクリル系、溶剤系、感圧、ホットメルト) ・ 工業用テープの世界市場:製品別(接着剤転写テープ、フィラメントテープ、ダクトテープ、アルミテープ、その他) ・ 工業用テープの世界市場:テープバッキング材別(紙、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、その他) ・ 工 …
  • 家庭用飲料水処理装置の世界市場:イオン交換、濾過、消毒
    当調査レポートでは、家庭用飲料水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用飲料水処理装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートスケール市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートスケール市場2015について調査・分析し、スマートスケールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷却塔(フィールド設置型)の世界市場:湿式冷却塔、乾式冷却塔、ハイブリッド式冷却塔
    当調査レポートでは、冷却塔(フィールド設置型)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 企業用WLANの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、企業用WLANの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、機器別分析、産業別分析、地域別分析、企業用WLANの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 個別化包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、個別化包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、個別化包装市場規模、原料種類別(金属、ガラス、プラスチック、紙・ボール紙)分析、包装種類別(箱、容器・広口瓶、封筒、瓶、カートン、袋・小袋)分析、エンドユーザー別(飲料、食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 個別化包装の世界市場:市場動向分析 ・ 個別化包装の世界市場:競争要因分析 ・ 個別化包装の世界市場:原料種類別(金属、ガラス、プラスチック、紙・ボール紙) ・ 個別化包装の世界市場:包装種類別(箱、容器・広口瓶、封筒、瓶、カートン、袋・小袋) ・ 個別化包装の世界市場:エンドユーザー別(飲料、食品) ・ 個別化包装の世界市場:主要地域別分析 ・ 個別化包装の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 個別化包装のヨーロッパ市場規模 ・ 個別化包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・個別化包装の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 車両用盗難防止装置の世界市場予測(~2021年):ステアリングロック(ハンドルロック)、アラーム、生体認証キャプチャデバイス、イモビライザー
    当調査レポートでは、車両用盗難防止装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、製品別分析、技術別分析、車両種類別分析、地域別分析、車両用盗難防止装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用真空清掃機の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用真空清掃機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(乾式、湿式・乾式)分析、電源別(電気、空気圧)分析、産業別(食品・飲料、医薬品、製造、金属加工、建築・建設)分析、産業用真空清掃機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場について調査・分析し、ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ホットフォイルスタンピングマシンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ホットフォイルスタンピングマシン種類別分析()、ホットフォイルスタンピングマシン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ホットフォイルスタンピングマシンの市場概観 ・ホットフォイルスタンピングマシンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ホットフォイルスタンピングマシンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場規模 ・ホットフォイルスタンピングマシンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ホットフォイルスタンピングマシンのアメリカ市場規模推移 ・ホットフォイルスタンピングマシンのカナダ市場規模推移 ・ホットフォイルスタンピングマシンのメキシコ市場規模推移 ・ホットフォイルスタンピングマシンのヨーロッパ市 …
  • ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場:無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) 、用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理)、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場について調べ、ワイヤレスメッシュネットワークの世界規模、市場動向、市場環境、無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) 分析、用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理)分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場概要 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場環境 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場動向 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模 ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:無線周波数帯別(1GHz帯以下、2.4GHz帯、4.9GHz帯、5GHz帯) ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:用途別(医療機器接続、ホームネットワーク、災害管理・救助活動、ビデオ監視、交通管理) ・ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場規模:エ …
  • 塩化カルシウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、塩化カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、塩化カルシウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍フルーツの世界市場
    本資料は、冷凍フルーツの世界市場について調べ、冷凍フルーツの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(通常冷凍フルーツ、低温冷凍フルーツ)分析、用途別(レストラン、ハウスホールド、小売)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCanyon Hoops、Sports Hoop、Stamina、Kansoon、Sports Authority、Empower 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・冷凍フルーツの世界市場概要 ・冷凍フルーツの世界市場環境 ・冷凍フルーツの世界市場動向 ・冷凍フルーツの世界市場規模 ・冷凍フルーツの世界市場規模:用途別(通常冷凍フルーツ、低温冷凍フルーツ) ・冷凍フルーツの世界市場規模:用途別(レストラン、ハウスホールド、小売) ・冷凍フルーツの世界市場:地域別市場規模・分析 ・冷凍フルーツの北米市場規模・予測 ・冷凍フルーツのアメリカ市場規模・予測 ・冷凍フルーツのヨーロッパ市場規模・予測 ・冷凍フルーツのアジア市場規模・ …
  • 自動車用潤滑油の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用潤滑油の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 潤滑油とは、自動車部品の摩擦を低減するために使われます。自動車用の潤滑油として、エンジン油、ギヤ油、トランスミッション液、ブレーキ油があります。これら潤滑油は、接触面の摩擦を低減するために使用し、その結果エンジン、ブレーキ、ギアシステム等の自動車部品の性能が向上します。Technavio社は自動車用潤滑油の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.60%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Shell• ExxonMobil• BP• Chevron Corporation等です。
  • ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場見通し2016-2022:統合型DPI、独立型DPI
    当調査レポートでは、ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場について調査・分析し、ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:市場動向分析 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:競争要因分析 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ディープパケットインスペクション(DPI)の北米市 …
  • 整形外科のアジア市場
    本調査レポートでは、整形外科のアジア市場について調査・分析し、整形外科のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ヨーロッパの浴室およびトイレ補助デバイス市場
  • 衝突防止センサーの世界市場:用途別(駐車支援、前方衝突警報システム)、技術別(レーダー、カメラ、超音波)、セグメント予測
    衝突防止センサーの世界市場は2025年には189億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率21.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、大衆車への衝突防止システムの統合と政府機関によって更新された安全格付けが考えられます。本調査レポートでは、衝突防止センサーの世界市場について調査・分析し、衝突防止センサーの世界市場動向、衝突防止センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別衝突防止センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • デンマークの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • ニュージーランドの関節鏡検査装置市場見通し
  • 非接触PoS端末の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、非接触PoS端末の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非接触PoS端末市場規模、エンドユーザー別(小売、ホスピタリティ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、First Data, Ingenico Group, NCR, PAX Technology, Verifoneなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・非接触PoS端末の世界市場概要 ・非接触PoS端末の世界市場環境 ・非接触PoS端末の世界市場動向 ・非接触PoS端末の世界市場規模 ・非接触PoS端末の世界市場:業界構造分析 ・非接触PoS端末の世界市場:エンドユーザー別(小売、ホスピタリティ) ・非接触PoS端末の世界市場:地域別市場規模・分析 ・非接触PoS端末の北米市場規模・予測 ・非接触PoS端末のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・非接触PoS端末のアジア太平洋市場規模・予測 ・非接触PoS端末の主要国分析 ・非接触PoS端末の世界市場:意思決 …
  • 世界の足用マッサージ機市場2016
    本調査レポートでは、世界の足用マッサージ機市場2016について調査・分析し、足用マッサージ機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業におけるPDCドリルビットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石油・ガス産業におけるPDCドリルビットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス産業におけるPDCドリルビット市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、製品別(マトリックスボディ、スチールボディ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Atlas Copco, GENERAL ELECTRIC, Halliburton, National Oilwell Varco, Schlumbergerなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス産業におけるPDCドリルビットの世界市場概要 ・石油・ガス産業におけるPDCドリルビットの世界市場環境 ・石油・ガス産業におけるPDCドリルビットの世界市場動向 ・石油・ガス産業におけるPDCドリルビットの世界市場規模 ・石油・ガス産業におけるPDCドリルビットの世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス産業におけるPDCドリルビットの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) …
  • RWS (遠隔操作式無人銃架・砲塔) の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、RWS (遠隔操作式無人銃架・砲塔) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途(軍用、国土安全保障)別分析、プラットフォーム(陸軍、空軍、海軍)別分析、コンポーネント(センサー、HMI、武器・軍備)別分析、武器の種類(殺傷兵器、非殺傷兵器)別分析、RWS (遠隔操作式無人銃架・砲塔) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 除細動器の世界市場2018–2025:製品別(移植可能電気除細動器・外付け除細動器)、エンドユーズ別、地域別
    本調査レポートでは、除細動器の世界市場について調査・分析し、除細動器の世界市場動向、除細動器の世界市場規模、市場予測、セグメント別除細動器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のカゼイン&カゼイン塩市場
  • ロシアの心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • セルロースアセテートブチレートの世界市場2017-2021:塗料・コーティング、ラッカー、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、セルロースアセテートブチレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルロースアセテートブチレートの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はセルロースアセテートブチレートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.28%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Eastman Chemical、Hangzhou Dayangchem、HAIHANG INDUSTRY、Rotuba、Merck等です。
  • 保護包装システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、保護包装システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、保護包装システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • UAEの心臓律動管理装置市場見通し
  • 音声認識バイオメトリクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、音声認識バイオメトリクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音声認識バイオメトリクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • メキシコのオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
  • 軍用インフラ及び物流サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、軍用インフラ及び物流サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用インフラ及び物流サービスの世界市場規模及び予測、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 信用修復サービスの世界市場:種類別(AOCC、DCS)、用途別(民間空港、商用空港)、地域別予測
    本資料は、信用修復サービスの世界市場について調べ、信用修復サービスの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(AOCC、DCS)分析、用途別(民間空港、商用空港)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはLexington Law、Creditrepair、Sky Blue Credit Repair、The Credit People、Ovation、My Credit Group、Veracity Credit Consultants、MSI Credit Solutionsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・信用修復サービスの世界市場概要 ・信用修復サービスの世界市場環境 ・信用修復サービスの世界市場動向 ・信用修復サービスの世界市場規模 ・信用修復サービスの世界市場規模:種類別(AOCC、DCS) ・信用修復サービスの世界市場規模:用途別(民間空港、商用空港) ・信用修復サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・信用修復サービスの北米市場規模 …
  • IT資産管理ソフトウェアの世界市場:展開別、地域別
    本レポートは、IT資産管理ソフトウェアの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、展開別(オンプロミス、クラウドベース)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・IT資産管理ソフトウェアの世界市場:展開別(オンプロミス、クラウドベース) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の次世代シーケンシングサービス市場規模・予測2017-2025:技術別(合成シーケンシング、IonTorrent半導体シーケンシング、単一分子リアルタイムシーケンシング、ナノポアシーケンシング技術)、用途別、エンドユーザー別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の次世代シーケンシングサービス市場について調査・分析し、世界の次世代シーケンシングサービス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の次世代シーケンシングサービス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • セルフレベリングコンクリートの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルフレベリングコンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、セルフレベリングコンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中圧ケーブル・付属品の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、中圧ケーブル・付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"