"慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TPM-C03097)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Chronic Obstructive Pulmonary Disease Treatment Market: Overview

This report analyzes the current and future scenario of the global chronic obstructive pulmonary disease (COPD) treatment market. Rise in prevalence of COPD, increase in the adoption of combination therapy, and surge in awareness about COPD treatment are the key factors anticipated to drive the global market. Additionally, increase in the geriatric population, rise in importance of COPD management, and surge in the number of respiratory care centers contribute to the growth of the global market. According to the Global Initiative for Asthma (GINA) 2018, COPD is the third leading cause of death in the U.S., with large portion of population being undiagnosed.

The global chronic obstructive pulmonary disease treatment market report comprises an elaborate executive summary, which includes a snapshot that provides information about various segments of the market. It also provides information and data analysis of the global market with respect to the segments based on drug class, distribution channel, and region. A detailed qualitative analysis of drivers and restraints of the market, and opportunities has been provided in the overview section. Additionally, the section comprises competitive matrix and company profiles along with business overview to understand the competitive landscape in the market. This section of the report also provides market attractiveness analysis by region and market share analysis by key players, thereby presenting a thorough analysis of the overall competitive scenario in the global chronic obstructive pulmonary disease treatment market.

New drug development by market players through collaborations and increase in research and development expenditure are anticipated to drive the global market. In February 2016, Propeller Health and Novartis Pharma AG entered into collaboration to develop a custom add-on sensor for the Breezhaler inhaler, a device indicated for COPD treatments. This collaboration aims to connect these medications to Propeller’s digital health platform..

Global Chronic Obstructive Pulmonary Disease Treatment Market: Key Segments

In terms of drug class, the global chronic obstructive pulmonary disease treatment market has been segmented into combination, bronchodilators, corticosteroids, phosphodiesterase type 4 inhibitors, mucokineticsm and others. The combination segment has been divided into long acting muscarinic antagonist & inhaled corticosteroids (LAMA-ICS), long acting beta agonist & inhaled corticosteroids (LABA-ICS), triple therapy, and others. The bronchodilators segment has been classified into long acting beta agonist (LABA), short acting beta agonist (SABA), and long acting muscarinic antagonist (LAMA). Based on distribution channel, the market has been categorized into hospital pharmacies, retail pharmacies, and online pharmacies. The retail pharmacies segment is projected to expand at the fastest CAGR due to increase in the number of patients preferring retail pharmacies. The market size and forecast for each of these segments have been provided for the period from 2016 to 2026, along with their respective CAGRs for the forecast period from 2018 to 2026, considering 2017 as the base year.

Global Chronic Obstructive Pulmonary Disease Treatment Market: Regional Outlook

In terms of region, the global chronic obstructive pulmonary disease treatment market has been segmented into North America (U.S. and Canada), Europe (U.K., Germany, France, Spain, Italy, and Rest of Europe), Asia Pacific (India, China, Japan, Australia & New Zealand, and Rest of Asia Pacific), Latin America (Brazil, Mexico, and Rest of Latin America), and Middle East & Africa (South Africa, GCC Countries, Israel, and Rest of Middle East & Africa). The market size and forecast for each of these regions and the mentioned countries/sub-regions have been provided for the period from 2016 to 2026, along with their respective CAGRs for the forecast period from 2018 to 2026, considering 2017 as the base year. The research study also covers the competitive scenario in these regions.

Companies Mentioned in Report

The report also profiles major players in the global chronic obstructive pulmonary disease treatment market based on various attributes such as company overview, financial overview, product portfolio, business strategies, and recent developments. Key players profiled in the market report include AstraZeneca, Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals, Inc., GlaxoSmithKline plc, Novartis AG, CHIESI Farmaceutici S.p.A., Sunovion Pharmaceuticals, Inc. (Sumitomo Dainippon Pharma Co., Ltd), Teva Pharmaceutical Industries Ltd, Mylan N.V., and Orion Corporation.
The global chronic obstructive pulmonary disease treatment market has been segmented as below:

Global Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) Treatment Market, by Drug Class
Combination
Long Acting Muscarinic Antagonist & Inhaled Corticosteroids (LAMA-ICS)
Long Acting Beta Agonist & Inhaled Corticosteroids (LABA-ICS)
Triple Therapy
Others
Bronchodilators
Long Acting Beta Agonist (LABA)
Short Acting Beta Agonist (SABA)
Long Acting Muscarinic Antagonist (LAMA)
Corticosteroids
Phosphodiesterase Type 4 Inhibitors
Mucokinetics
Others

Global Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) Treatment Market, by Distribution Channel
Hospital Pharmacies
Retail Pharmacies
Online Pharmacies

Global Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) Treatment Market, by Region
North America
U.S.
Canada
Europe
Germany
U.K.
Italy
France
Spain
Rest of Europe
Asia Pacific
India
China
Japan
Australia & New Zealand
Rest of Asia Pacific
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of Latin America
Middle East & Africa
GCC Countries
South Africa
Israel
Rest of Middle East & Africa


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Transparency Market Researchが"慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1. Preface
1.1. Market Definition and Scope
1.2. Market Segmentation
1.3. Key Research Objectives
1.4. Research Highlights

2. Assumptions and Research Methodology

3. Executive Summary: Global COPD Treatment Market

4. Market Overview
4.1. Introduction
4.2. Overview
4.3. Market Dynamics
4.3.1. Drivers
4.3.2. Restraints
4.3.3. Opportunities
4.4. Global COPD Treatment Market Analysis and Forecast, 2016–2026

5. Key Insights
5.1. Innovative Solutions for COPD Treatment
5.2. Pipeline Analysis

6. Global COPD Treatment Market Analysis and Forecast, by Drug Class
6.1. Introduction & Definition
6.2. Key Findings / Developments
6.3. Market Value Forecast, by Drug Class, 2016–2026
6.3.1. Combination
6.3.1.1. Long Acting Muscarinic Antagonist & Inhaled Corticosteroids (LAMA-ICS)
6.3.1.2. Long Acting Beta Agonist & Inhaled Corticosteroids (LABA-ICS)
6.3.1.3. Triple Therapy
6.3.1.4. Others
6.3.2. Corticosteroids
6.3.3. Bronchodilators
6.3.3.1. Long Acting Beta Agonist (LABA)
6.3.3.2. Short Acting Beta Agonist (SABA)
6.3.3.3. Long Acting Muscarinic Antagonist (LAMA)
6.3.4. Phosphodiesterase Type 4 Inhibitors
6.3.5. Mucokinetics
6.3.6. Others
6.4. Market Attractiveness, by Drug Class

7. Global COPD Treatment Market Analysis and Forecast, by Distribution Channel
7.1. Introduction & Definition
7.2. Key Findings / Developments
7.3. Market Value Forecast, by Distribution Channel, 2016–2026
7.3.1. Hospital Pharmacies
7.3.2. Retail Pharmacies
7.3.3. Online Pharmacies
7.4. Market Attractiveness, by Distribution Channel

8. Global COPD Treatment Market Analysis and Forecast, by Region
8.1. Key Findings
8.2. Market Value Forecast, by Region
8.2.1. North America
8.2.2. Europe
8.2.3. Asia Pacific
8.2.4. Latin America
8.2.5. Middle East & Africa
8.3. Market Attractiveness By Region

9. North America COPD Treatment Market Analysis and Forecast
9.1. Introduction
9.1.1. Key Findings
9.2. Market Value Forecast, by Drug Class, 2016–2026
9.2.1. Combination
9.2.1.1. Long Acting Muscarinic Antagonist & Inhaled Corticosteroids (LAMA-ICS)
9.2.1.2. Long Acting Beta Agonist & Inhaled Corticosteroids (LABA-ICS)
9.2.1.3. Triple Therapy
9.2.1.4. Others
9.2.2. Corticosteroids
9.2.3. Bronchodilators
9.2.3.1. Long Acting Beta Agonist (LABA)
9.2.3.2. Short Acting Beta Agonist (SABA)
9.2.3.3. Long Acting Muscarinic Antagonist (LAMA)
9.2.4. Phosphodiesterase Type 4 Inhibitors
9.2.5. Mucokinetics
9.2.6. Others
9.3. Market Value Forecast, by Distribution Channel, 2016–2026
9.3.1. Hospital Pharmacies
9.3.2. Retail Pharmacies
9.3.3. Online Pharmacies
9.4. Market Value Forecast, by Country, 2016–2026
9.4.1. U.S.
9.4.2. Canada
9.5. Market Attractiveness Analysis
9.5.1. By Drug Class
9.5.2. By Distribution Channel
9.5.3. By Country

10. Europe COPD Treatment Market Analysis and Forecast
10.1. Introduction
10.1.1. Key Findings
10.2. Market Value Forecast, by Drug Class, 2016–2026
10.2.1. Combination
10.2.1.1. Long Acting Muscarinic Antagonist & Inhaled Corticosteroids (LAMA-ICS)
10.2.1.2. Long Acting Beta Agonist & Inhaled Corticosteroids (LABA-ICS)
10.2.1.3. Triple Therapy
10.2.1.4. Others
10.2.2. Corticosteroids
10.2.3. Bronchodilators
10.2.3.1. Long Acting Beta Agonist (LABA)
10.2.3.2. Short Acting Beta Agonist (SABA)
10.2.3.3. Long Acting Muscarinic Antagonist (LAMA)
10.2.4. Phosphodiesterase Type 4 Inhibitors
10.2.5. Mucokinetics
10.2.6. Others
10.3. Market Value Forecast, by Distribution Channel, 2016–2026
10.3.1. Hospital Pharmacies
10.3.2. Retail Pharmacies
10.3.3. Online Pharmacies
10.4. Market Value Forecast, by Country/Sub-region, 2016–2026
10.4.1. Germany
10.4.2. U.K.
10.4.3. France
10.4.4. Spain
10.4.5. Italy
10.4.6. Rest of Europe
10.5. Market Attractiveness Analysis
10.5.1. By Drug Class
10.5.2. By Distribution Channel
10.5.3. By Country/Sub-region

11. Asia Pacific COPD Treatment Market Analysis and Forecast
11.1. Introduction
11.1.1. Key Findings
11.2. Market Value Forecast, by Drug Class, 2016–2026
11.2.1. Combination
11.2.1.1. Long Acting Muscarinic Antagonist & Inhaled Corticosteroids (LAMA-ICS)
11.2.1.2. Long Acting Beta Agonist & Inhaled Corticosteroids (LABA-ICS)
11.2.1.3. Triple Therapy
11.2.1.4. Others
11.2.2. Corticosteroids
11.2.3. Bronchodilators
11.2.3.1. Long Acting Beta Agonist (LABA)
11.2.3.2. Short Acting Beta Agonist (SABA)
11.2.3.3. Long Acting Muscarinic Antagonist (LAMA)
11.2.4. Phosphodiesterase Type 4 Inhibitors
11.2.5. Mucokinetics
11.2.6. Others
11.3. Market Value Forecast, by Distribution Channel, 2016–2026
11.3.1. Hospital Pharmacies
11.3.2. Retail Pharmacies
11.3.3. Online Pharmacies
11.4. Market Value Forecast, by Country/Sub-region, 2016–2026
11.4.1. China
11.4.2. Japan
11.4.3. India
11.4.4. Australia & New Zealand
11.4.5. Rest of Asia Pacific
11.5. Market Attractiveness Analysis
11.5.1. By Drug Class
11.5.2. By Distribution Channel
11.5.3. By Country/Sub-region

12. Latin America COPD Treatment Market Analysis and Forecast
12.1. Introduction
12.1.1. Key Findings
12.2. Market Value Forecast, by Drug Class, 2016–2026
12.2.1. Combination
12.2.1.1. Long Acting Muscarinic Antagonist & Inhaled Corticosteroids (LAMA-ICS)
12.2.1.2. Long Acting Beta Agonist & Inhaled Corticosteroids (LABA-ICS)
12.2.1.3. Triple Therapy
12.2.1.4. Others
12.2.2. Corticosteroids
12.2.3. Bronchodilators
12.2.3.1. Long Acting Beta Agonist (LABA)
12.2.3.2. Short Acting Beta Agonist (SABA)
12.2.3.3. Long Acting Muscarinic Antagonist (LAMA)
12.2.4. Phosphodiesterase Type 4 Inhibitors
12.2.5. Mucokinetics
12.2.6. Others
12.3. Market Value Forecast, by Distribution Channel, 2016–2026
12.3.1. Hospital Pharmacies
12.3.2. Retail Pharmacies
12.3.3. Online Pharmacies
12.4. Market Value Forecast, by Country/Sub-region, 2016–2026
12.4.1. Brazil
12.4.2. Mexico
12.4.3. Rest of Latin America
12.5. Market Attractiveness Analysis
12.5.1. By Drug Class
12.5.2. By Distribution Channel
12.5.3. By Country/Sub-region

13. Middle East & Africa COPD Treatment Market Analysis and Forecast
13.1. Introduction
13.1.1. Key Findings
13.2. Market Value Forecast, by Drug Class, 2016–2026
13.2.1. Combination
13.2.1.1. Long Acting Muscarinic Antagonist & Inhaled Corticosteroids (LAMA-ICS)
13.2.1.2. Long Acting Beta Agonist & Inhaled Corticosteroids (LABA-ICS)
13.2.1.3. Triple Therapy
13.2.1.4. Others
13.2.2. Corticosteroids
13.2.3. Bronchodilators
13.2.3.1. Long Acting Beta Agonist (LABA)
13.2.3.2. Short Acting Beta Agonist (SABA)
13.2.3.3. Long Acting Muscarinic Antagonist (LAMA)
13.2.4. Phosphodiesterase Type 4 Inhibitors
13.2.5. Mucokinetics
13.2.6. Others
13.3. Market Value Forecast, by Distribution Channel, 2016–2026
13.3.1. Hospital Pharmacies
13.3.2. Retail Pharmacies
13.3.3. Online Pharmacies
13.4. Market Value Forecast, by Country/Sub-region, 2016–2026
13.4.1. GCC Countries
13.4.2. South Africa
13.4.3. Rest of Middle East & Africa
13.5. Market Attractiveness Analysis
13.5.1. By Drug Class
13.5.2. By Distribution Channel
13.5.3. By Country/Sub-region

14. Competition Landscape
14.1. Market Player – Competition Matrix (By Tier and Size of companies)
14.2. Market Share Analysis, by Company, 2017
14.3. Company Profiles
14.3.1. AstraZeneca
14.3.2. Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals, Inc.
14.3.3. GlaxoSmithKline plc
14.3.4. Novartis AG
14.3.5. Teva Pharmaceutical Industries Ltd.
14.3.6. Sunovion Pharmaceuticals, Inc. (Sumitomo Dainippon Pharma Co., Ltd.)
14.3.7. CHIESI Farmaceutici S.p.A.
14.3.8. Orion Corporation
14.3.9. Mylan N.V.

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場
【発行日】2019年2月
【調査会社】Transparency Market Research
【コード】TPM-C03097
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
慢性閉塞性肺疾患治療の世界市場についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 韓国のアクリル酸市場(~2019)
  • ネットワークカメラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ネットワークカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワークカメラの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 誘電体エッチング装置の世界市場
    当調査レポートでは、誘電体エッチング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、誘電体エッチング装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 世界の電子制御ユニット(ECU)市場2016
    本調査レポートでは、世界の電子制御ユニット(ECU)市場2016について調査・分析し、電子制御ユニット(ECU)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ITの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療用ITの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用IT市場規模、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、General Electric, IBM, McKesson Corportation, Koninklijke Philips, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用ITの世界市場概要 ・医療用ITの世界市場環境 ・医療用ITの世界市場動向 ・医療用ITの世界市場規模 ・医療用ITの世界市場:業界構造分析 ・医療用ITの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア) ・医療用ITの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用ITの北米市場規模・予測 ・医療用ITのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医療用ITのアジア太平洋市場規模・予測 ・医療用ITの主要国分析 ・医療用ITの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • 食品安全検査の世界市場
    当調査レポートでは、食品安全検査の世界市場について調査・分析し、食品安全検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食品安全検査の世界市場:市場動向分析 - 食品安全検査の世界市場:競争要因分析 - 食品安全検査の世界市場:食品別 ・乳製品 ・飲料 ・肉(鶏肉を含む) ・インスタント食品 ・果物および野菜 ・加工食品 ・その他 - 食品安全検査の世界市場:汚染物質別 ・病原菌 ・食物アレルゲン ・微生物 ・金属汚染物質 ・農薬および残留物 ・毒素 ・遺伝子組み換え生物(GMOs) ・その他 - 食品安全検査の世界市場:技術別 ・急速な技術 ・伝統的な技術 ・バイオチップ、生物学的センサー ・クロマトグラフィー ・食品照射 ・その他 - 食品安全検査の世界市場:主要地域別分析 - 食品安全検査の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食品安全検査のヨーロッパ市場規模 - 食品安全検査のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品安全検査の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アタパルジャイトの世界市場予測2019-2024
    「アタパルジャイトの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、コロイド状、吸着など、用途別には、Oil and Gas、Food and Pharmaceutical、Agriculture, forestry and animal husbandry、Chemical、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アタパルジャイトのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アタパルジャイトの世界市場概要(サマリー) ・アタパルジャイトの企業別販売量・売上 ・アタパルジャイトの企業別市場シェア ・アタパルジャイトの世界市場規模:種類別(コロイド状、吸着) ・アタパルジャイトの世界市場規模:用途別(Oil and Gas、Food and Pharmaceutical、Agriculture, forestry and animal husbandry、Chemical、Others) ・アタパルジャイトの米州市場規模( …
  • ファストフード店の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、ファストフード店の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファストフード店の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はファストフード店の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Chick-fil-A、Domino’s、McDonald’s、Restaurant Brands International、Starbucks、Yum! Brands等です。
  • ECG機器・管理システムの世界市場2014-2025:タイプ別(ホルター心電計、安静時ECGシステム、ストレスECGモニター、イベント監視システム、ECG管理システム)、地域別
    本調査レポートでは、ECG機器・管理システムの世界市場について調査・分析し、ECG機器・管理システムの世界市場動向、ECG機器・管理システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別ECG機器・管理システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場:材料別(ステンレス、鋳鉄、低温、合金ベース)、バルブサイズ別、産業別(石油&ガス、水&廃水処理、エネルギー&電力、化学薬品)、地域別
    MarketsandMarkets社は、トリプルオフセットバタフライバルブの世界市場規模が2019年28億ドルから2025年36億ドルまで年平均4.1%成長すると予測しています。当資料では、世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場を統合的に調査・分析し、市場概要、材料別(炭素鋼、ステンレス鋼、合金ベース、その他)分析、サイズ別(最大10インチ、> 10インチから25インチ、> 25インチから50インチ、> 50インチ)分析、用途別(石油&ガス、エネルギー&電力、水&廃水処理、食品&飲料、金属&鉱業、化学薬品、医薬品&ヘルスケア、建築&建設、紙&パルプ、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場:材料別(炭素鋼、ステンレス鋼、合金ベース、その他) ・世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場:サイズ別(最大10インチ、> 10インチから25インチ、> 25インチから50インチ、> 50インチ) ・ …
  • クメンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クメンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クメンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクメンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BP、China Petroleum & Chemical Corporation、ExxonMobil、Royal Dutch Shell、The Dow Chemical等です。
  • 国境警備(ボーダーセキュリティ)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、国境警備(ボーダーセキュリティ)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 国境警備市場の概要 3. 国境警備の世界市場 2016-2026 4. 世界の国境警備2次市場予測 2016-2026 5. 主要国の国境警備市場予測 2016-2026 6. 国境警備市場のSWOT分析 2016-2026 7. 専門家の意見 8. 国境警備企業の主要17社 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • 自動車用サマータイヤの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用サマータイヤの世界市場について調べ、自動車用サマータイヤの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用サマータイヤの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(置換、OEM)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用サマータイヤの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用サマータイヤの市場状況 ・自動車用サマータイヤの市場規模 ・自動車用サマータイヤの市場予測 ・自動車用サマータイヤの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(置換、OEM) ・自動車用サマータイヤの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ヒートメーターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヒートメーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(機械式、静的)分析、コネクティビティ別(有線、無線)分析、エンドユーザー別(住宅、商業・公共施設、工業)分析、ヒートメーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のイソプレノール市場2016
    本調査レポートでは、世界のイソプレノール市場2016について調査・分析し、イソプレノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア(統合ソリューションおよびスタンドアロンソリューション)、およびサービス)、学習種類別(同期学習と非同期学習)、エンドユーザー別(アカデミックおよびエンタープライズ)、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマート学習の世界市場規模が2019年232億ドルから2024年565億ドルまで年平均19.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のスマート学習市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、学習種類別(同期学習、非同期学習)分析、エンドユーザー別(アカデミック、企業)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のスマート学習市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界のスマート学習市場:学習種類別(同期学習、非同期学習) ・世界のスマート学習市場:エンドユーザー別(アカデミック、企業) ・世界のスマート学習市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の静脈血栓症(Venous (Vein) Thrombosis)治療薬剤
  • 高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 建築用白大理石の世界市場予測2019-2024
    「建築用白大理石の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、天然、人工など、用途別には、Residential Buildings、Public Buildingsなどに区分してまとめた調査レポートです。建築用白大理石のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・建築用白大理石の世界市場概要(サマリー) ・建築用白大理石の企業別販売量・売上 ・建築用白大理石の企業別市場シェア ・建築用白大理石の世界市場規模:種類別(天然、人工) ・建築用白大理石の世界市場規模:用途別(Residential Buildings、Public Buildings) ・建築用白大理石の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・建築用白大理石のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・建築用白大理石の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・建築用白大理石の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリ …
  • 世界のピメトロジン市場2015
    本調査レポートでは、世界のピメトロジン市場2015について調査・分析し、ピメトロジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • キサンタンガムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、キサンタンガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、機能別分析、形状別分析、地域別分析、キサンタンガムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 地熱発電用ドリルビットの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、地熱発電用ドリルビットの世界市場について調べ、地熱発電用ドリルビットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、地熱発電用ドリルビットの市場規模をセグメンテーション別(種類別(トリコーネ、PDC、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は地熱発電用ドリルビットの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・地熱発電用ドリルビットの市場状況 ・地熱発電用ドリルビットの市場規模 ・地熱発電用ドリルビットの市場予測 ・地熱発電用ドリルビットの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(トリコーネ、PDC、その他) ・地熱発電用ドリルビットの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 自動マテリアルハンドリング装置の世界市場2017-2021:ロボットシステム、AS/RS、コンベアシステム、AGV
    当調査レポートでは、自動マテリアルハンドリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動マテリアルハンドリング装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用人工知能(AI)市場の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用人工知能(AI)市場について調査・分析し、自動車用人工知能(AI)市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用人工知能(AI)市場:市場動向分析 - 自動車用人工知能(AI)市場:競争要因分析 - 自動車用人工知能(AI)市場の世界市場:提供内容別 ・ソフトウェア ・ハードウェア - 自動車用人工知能(AI)市場の世界市場:プロセス別 ・データマイニング ・画像認識 ・信号認識 - 自動車用人工知能(AI)市場の世界市場:用途別 ・自動運転車 ・半自動運転 ・ヒューマンマシンインタフェース - 自動車用人工知能(AI)市場の世界市場:技術別 ・自然言語処理 ・コンテキストアウェアネス ・コンピュータビジョン ・機械学習 ・ディープラーニング - 自動車用人工知能(AI)市場:主要地域別分析 - 自動車用人工知能(AI)市場の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用人工知能(AI)市場のヨーロッパ市場規模 - 自動車用人工知能(AI)市場のアジア市場規模(日本市場、中国市場、 …
  • 末梢血管ステントの世界市場2017-2021:自己拡張型、バルーン拡張型、薬剤溶出型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、末梢血管ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、末梢血管ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は末梢血管ステントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBoston Scientific、Abbott、Medtronic、Cook、C. R. Bard、BIOTRONIK、Cordis (a Cardinal Health company)等です。
  • 飼料用アミノ酸の世界市場予測(~2022年):リジン、メチオニン、トレオニン、トリプトファン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飼料用アミノ酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、地域別分析、飼料用アミノ酸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 粘着付与剤のアジア太平洋市場
  • オーストリアのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 旅行小売のヨーロッパ市場
  • テレビインターホン装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、テレビインターホン装置の世界市場について調査・分析し、テレビインターホン装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別テレビインターホン装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、テレビインターホン装置種類別分析(アナログ型、IP型)、テレビインターホン装置用途別分析(住居用、商業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・テレビインターホン装置の市場概観 ・テレビインターホン装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・テレビインターホン装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・テレビインターホン装置の世界市場規模 ・テレビインターホン装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・テレビインターホン装置のアメリカ市場規模推移 ・テレビインターホン装置のカナダ市場規模推移 ・テレビインターホン装置のメキシコ市場規模推移 ・テレビインターホン装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・テレビインターホン装置のドイツ市場規模推 …
  • ジオコンポジットの世界市場:主な機能(分離、排水、封じ込め、その他)、種類別(ジオテキスタイル-ジオネット、ジオテキスタイル-ジオコア、ジオテキスタイル-ジオグリッド、ジオテキスタイル-ジオメンブレン、その他)、用途別(上下水道管理、道路・高速道路、埋立・採鉱、土木工事用土壌強化、その他)、地域別予測
    本資料は、ジオコンポジットの世界市場について調べ、ジオコンポジットの世界規模、市場動向、市場環境、主な機能(分離、排水、封じ込め、その他)分析、種類別(ジオテキスタイル-ジオネット、ジオテキスタイル-ジオコア、ジオテキスタイル-ジオグリッド、ジオテキスタイル-ジオメンブレン、その他)分析、用途別(上下水道管理、道路・高速道路、埋立・採鉱、土木工事用土壌強化、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ジオコンポジットの世界市場概要 ・ジオコンポジットの世界市場環境 ・ジオコンポジットの世界市場動向 ・ジオコンポジットの世界市場規模 ・ジオコンポジットの世界市場規模:主な機能(分離、排水、封じ込め、その他) ・ジオコンポジットの世界市場規模:種類別(ジオテキスタイル-ジオネット、ジオテキスタイル-ジオコア、ジオテキスタイル-ジオグリッド、ジオテキスタイル-ジオメンブレン、その他) ・ジオコンポジットの世界市場規模:用途別(上下水道管理、道路・ …
  • コンクリート補強繊維の世界市場
    当調査レポートでは、コンクリート補強繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンクリート補強繊維の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドカーの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、コネクテッドカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、ハードウエア別分析、用途別分析、地域別分析、コネクテッドカーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • ブラックスタート発電機の世界市場:ディーゼル発電機、その他
    当調査レポートでは、ブラックスタート発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、電圧別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイタルサイン監視の世界市場:企業概要・規模・シェア・成長・動向・予測(~2025年)
    Data Bridgeが出版した本調査レポートでは、バイタルサイン監視の世界市場について調査・分析し、バイタルサイン監視の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、バイタルサイン監視市場規模、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けいたします。
  • 無機顔料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、無機顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無機顔料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スペース打ち上げサービスの世界市場:ペイロード別、打ち上げプラットフォーム別、サービス種類別、打ち上げ車両別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、スペース打ち上げサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、ペイロード別(衛星、人間の宇宙飛行、貨物、テストプローブ、ストラトライト)分析、発射台別(陸、空、海)分析、サービス種類別(発売前、発売後)分析、ロケット別(小型(300トン未満)、重量(300トン以上))分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・スペース打ち上げサービスの世界市場:ペイロード別(衛星、人間の宇宙飛行、貨物、テストプローブ、ストラトライト) ・スペース打ち上げサービスの世界市場:発射台別(陸、空、海) ・スペース打ち上げサービスの世界市場:サービス種類別(発売前、発売後) ・スペース打ち上げサービスの世界市場:ロケット別(小型(300トン未満)、重量(300トン以上)) ・スペース打ち上げサービスの世界市場:エンドユーザー別(政府&軍事、商業) ・スペース打ち上げサービスの世界市場:地域別 ・企業動向
  • 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場について調査・分析し、自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:市場動向分析 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:競争要因分析 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:車両の種類別 ・商用車 ・乗用車 ・二輪車 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:製品の種類別 ・ハンドブレーキケーブル ・クラッチケーブル - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:販路別 ・アフターマーケット ・OEM - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチケーブルのヨーロッパ市場規模 - 自動車用ハンドブレーキおよびクラッチ …
  • 液状代用乳の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、液状代用乳の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ別(医薬品、非医薬品)分析、家畜別(子牛、子豚、子猫、子犬、仔馬、子ヤギ、子羊)分析、液状代用乳の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 乾癬性関節炎治療法の世界市場:生物製剤、小分子
    Technavio社の本調査レポートでは、乾癬性関節炎治療法の世界市場について調べ、乾癬性関節炎治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、乾癬性関節炎治療法の市場規模をセグメンテーション別(種類別(生物製剤、小分子)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は乾癬性関節炎治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・乾癬性関節炎治療法の市場状況 ・乾癬性関節炎治療法の市場規模 ・乾癬性関節炎治療法の市場予測 ・乾癬性関節炎治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(生物製剤、小分子) ・乾癬性関節炎治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 軟磁性粉末の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、軟磁性粉末の世界市場について調べ、軟磁性粉末の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、軟磁性粉末の市場規模をセグメンテーション別(製品別(電気鋼、冷間圧延ラミネーション鋼、ソフトフェライト、アモルファス鋼、その他)、エンドユーザー別(電気および電子機器、自動車、テレコミュニケーション、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は軟磁性粉末の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・軟磁性粉末の市場状況 ・軟磁性粉末の市場規模 ・軟磁性粉末の市場予測 ・軟磁性粉末の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(電気鋼、冷間圧延ラミネーション鋼、ソフトフェライト、アモルファス鋼、その他) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(電気および電子機器、自動車、テレコミュニケーション、その他) ・軟磁性粉末の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワ …
  • 世界の医療産業における3Dプリンティング市場動向・研究開発・売上予測
    当調査レポートでは、世界の医療産業における3Dプリンティング市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・世界の医療産業における3Dプリンティング市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・世界の医療産業における3Dプリンティング市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・世界の医療産業における3Dプリンティング市場:研究開発動向 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • シャワーヘッド及びパネルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シャワーヘッド及びパネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シャワーヘッド及びパネルの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電池用セパレータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電池用セパレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電池用セパレータの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電池用セパレータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.45 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ASAHI KASEI, • Cangzhou Mingzhu Plastic, • Celgard, • Daramic, • Dreamweaver等です。
  • 含水廃棄物の世界市場
    当調査レポートでは、含水廃棄物の世界市場について調査・分析し、含水廃棄物の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 含水廃棄物の世界市場:市場動向分析 - 含水廃棄物の世界市場:競争要因分析 - 含水廃棄物の世界市場:種類別 ・農業廃棄物 ・化学廃棄物 ・下水廃棄物 ・医療廃棄物 ・生ゴミ ・細断された紙 ・肉&骨 ・その他 - 含水廃棄物の世界市場:サービス別 ・処理 ・仕分け ・片付け ・運搬 ・保管 - 含水廃棄物の世界市場:設備別 ・ゴミ収集車 ・処理&廃棄のための設備 ・仕分けのための設備 - 含水廃棄物の世界市場:出所別 ・ヘルスケア&医療廃棄物 ・商業廃棄物 ・家庭&地方自治体の廃棄物 ・産業廃棄物 ・その他 - 含水廃棄物の世界市場:主要地域別分析 - 含水廃棄物の北米市場規模(アメリカ市場等) - 含水廃棄物のヨーロッパ市場規模 - 含水廃棄物のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・含水廃棄物の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の真空遮断器市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空遮断器市場2015について調査・分析し、真空遮断器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、哺乳瓶用保温器・滅菌器市場規模、販売経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、技術別分析、製品別(減菌器、保温器)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場概要 ・哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場環境 ・哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場動向 ・哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場規模 ・哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場:業界構造分析 ・哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場:販売経路別(実店舗販売、オンライン販売) ・哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場:技術別 ・哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場:製品別(減菌器、保温器) ・哺乳瓶用保温器・滅菌器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・哺乳瓶用保温器・滅菌器のアメリカ市場規模・予測 ・哺乳瓶用保温器・滅菌器のヨーロッパ市場規模・予測 ・哺乳瓶用保温器・滅菌器のアジア市場規模・予測 ・哺乳 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"