"食品用ガスの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB-3209)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"食品用ガスの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The food-grade gases market is projected to grow at a CAGR of 6.7%.”
The global food-grade gases market is estimated to be valued at USD 5.9 billion in 2018 and is projected to reach USD 8.1 billion by 2023, at a CAGR of 6.7% from 2018 to 2023. The market is driven by factors such as the growing demand for convenient food packaging, owing to the on-the-go lifestyles of customers and the growing number of microbreweries across all regions. Stringent government regulations to meet quality standards inhibit the growth of the food-grade gases market.

“By type, the carbon dioxide segment is projected to witness the fastest growth during the forecast period.”
The carbon dioxide segment is estimated to grow at the highest CAGR due to growing demand from the carbonated beverages industry across the globe. Carbon dioxide is used for refrigeration and cooling in solid (dry ice) and liquid forms; this is because it sublimates to gas at a very low temperature of -78.5 °C (-109.3 °F). It is widely used for carbonation in soft drinks, beers, and other alcoholic drinks.
Carbon dioxide is also used in Modified Atmosphere Packaging (MAP) along with nitrogen because of its inert characteristic. Further, carbon dioxide is also being used in the softening of water to avoid corrosion problems in long water distribution lines, and also in producing potable drinking water.

“By mode of supply, the bulk segment in the food-grade gases market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on mode of supply, the food-grade gases market is segmented into bulk and cylinder. The bulk mode of supply is usually preferred by large food & beverage manufacturers due to the ease of handling and storage it offers. The bulk mode of supply of food-grade gases is also cost efficient than when the gases are offered in cylinders.
Carbon dioxide and nitrogen are the most commonly supplied bulk gases because of their use in high volumes in soft drinks and food packaging. If an end-user requires gas for various processes, the liquid is first vaporized and then delivered as a gas through a supply pipe. If the processes require liquid, it is delivered directly from the storage vessel through a cryogenic vacuum-insulated pipeline. Almost all the key players offer bulk gases.
“Asia Pacific is projected to be the fastest-growing region in the food-grade gases market, due to the developing cold-chain infrastructure and changing consumer preference for packaged food products.”

The climatic conditions in the Asia Pacific region range from tropical to semi-tropical; and certain food products require proper refrigeration to prevent early spoilage. Also, in some of the developing countries in the region, the cold chain infrastructure is in the development phase. This is projected to drive the market for food-grade gases in the region. Rising consumer preference for packaged food products due to busy lifestyles is also one of the drivers of food-grade gases with applications in packaging.

Further, key factors such as industrialization, growing middle-class population, rising disposable income, changing lifestyles, and the rising consumption of packed products are expected to drive the demand for food-grade gases during the forecast period.

The global food-grade gases market is segmented region-wise, with a detailed analysis of each region. These regions include North America, Europe, Asia Pacific, South America, and Rest of the World (RoW).

Break-up of Primaries
 By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 25%
 By Designation: C-level – 40%, D-level -25%, and Others* – 35%
 By Region: North America – 30%, Europe – 20%, Asia Pacific – 30%, and Rest of the World** – 30%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**Rest of the World include the Middle East and Africa.

Leading players profiled in this report
• The Linde Group (Germany)
• Air Products & Chemicals (US)
• Air Liquide (France)
• The Messer Group (Germany)
• Taiyo Nippon Sanso (Japan)
• Wesfarmers Ltd. (Australia)
• SOL Group (Italy)
• Gulf Cryo (Kuwait)
• Air Water, Inc. (Japan)
• Massy Group (Caribbean)
• PT Aneka Industri (Indonesia)
• The Tyczka Group (Germany)

Research Coverage
This report segments the food-grade gases market on the basis of type, mode of supply, end-use, application, and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the food-grade gases market, high-growth regions, countries, industry trends, drivers, restraints, opportunities, and challenges.
Reasons to buy this report
• To get a comprehensive overview of the food-grade gases market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolio details, and the key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the food-grade gases market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"食品用ガスの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 17
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 17
1.2 MARKET DEFINITION 17
1.3 MARKET SCOPE 18
1.3.1 PERIODIZATION CONSIDERED 19
1.4 CURRENCY CONSIDERED 20
1.5 STAKEHOLDERS 20
2 RESEARCH METHODOLOGY 21
2.1 RESEARCH DATA 21
2.1.1 SECONDARY DATA 22
2.1.1.1 Key data from secondary sources 22
2.1.2 PRIMARY DATA 23
2.1.2.1 Key data from primary sources 23
2.1.2.2 Breakdown of primary interviews 24
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 24
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 26
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS & LIMITATIONS 27
3 EXECUTIVE SUMMARY 28
4 PREMIUM INSIGHTS 33
4.1 OPPORTUNITIES IN THE FOOD-GRADE GASES MARKET 33
4.2 FOOD-GRADE GASES MARKET: KEY COUNTRIES 34
4.3 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY APPLICATION 34
4.4 DEVELOPED VS. DEVELOPING MARKETS FOR FOOD-GRADE GASES 35
4.5 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY TYPE 35
4.6 NORTH AMERICA: FOOD-GRADE GASES MARKET, BY APPLICATION AND COUNTRY, 2017 36
5 MARKET OVERVIEW 37
5.1 INTRODUCTION 37
5.2 EVOLUTION 37
5.3 MARKET DYNAMICS 38
5.3.1 DRIVERS 38
5.3.1.1 Shift toward convenient packaged food owing to on-the-go lifestyles 38
5.3.1.2 Growing number of microbreweries across all regions 39

5.3.2 RESTRAINTS 41
5.3.2.1 Strict government regulations to meet quality standards 41
5.3.3 OPPORTUNITIES 42
5.3.3.1 Increasing demand from developing economies such as China and India 42
5.3.3.2 Increasing number of new food & beverage product developments 42
5.3.4 CHALLENGES 43
5.3.4.1 Safe & proper handling of food-grade gases 43
5.3.4.2 To provide the right mixture of gases in controlled environment packaging 43
6 INDUSTRY TRENDS 44
6.1 INTRODUCTION 44
6.2 VALUE CHAIN 44
6.2.1 INPUT 44
6.2.2 MANUFACTURING 45
6.2.3 STORAGE 45
6.2.4 MARKETING & SALES 45
6.2.5 DISTRIBUTION 45
6.2.6 RELATED PRODUCTS & SERVICES 45
6.3 GLOBAL FOOD-GRADE GASES MARKET: SUPPLY CHAIN ANALYSIS 46
6.3.1 KEY INFLUENCERS 47
6.4 PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS 48
6.4.1 INTENSITY OF COMPETITIVE RIVALRY 48
6.4.2 BARGAINING POWER OF SUPPLIERS 49
6.4.3 BARGAINING POWER OF BUYERS 49
6.4.4 THREAT OF NEW ENTRANTS 49
6.4.5 THREAT OF SUBSTITUTES 49
7 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY TYPE 50
7.1 INTRODUCTION 51
7.2 CARBON DIOXIDE 52
7.2.1 GROWTH IN DEMAND FROM THE BEVERAGE INDUSTRY TO DRIVE THE MARKET FOR CARBON DIOXIDE 52
7.3 NITROGEN 54
7.3.1 NITROGEN IS WIDELY USED IN MAP APPLICATIONS DUE TO ITS INERTNESS 54
7.4 OXYGEN 55
7.4.1 RISE IN DEMAND FROM THE MEAT INDUSTRY TO DRIVE THE MARKET FOR OXYGEN 55
7.5 OTHERS 56
7.5.1 ARGON IS USED MAINLY FOR PURGING AND CONTROLLED ATMOSPHERE PACKAGING 56

8 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY APPLICATION 57
8.1 INTRODUCTION 58
8.2 FREEZING & CHILLING 59
8.2.1 LARGE VOLUMES OF FOOD-GRADE GASES ARE USED FOR FREEZING & CHILLING 59
8.3 PACKAGING 61
8.3.1 MODIFIED ATMOSPHERE PACKAGING USES LARGE VOLUMES OF CARBON DIOXIDE AND NITROGEN 61
8.4 CARBONATION 62
8.4.1 MOST OF THE FOOD-GRADE CARBON DIOXIDE PRODUCED IS USED IN THE CARBONATION OF BEVERAGES 62
8.5 OTHERS 63
8.5.1 ARGON HAS MAJOR APPLICATIONS IN PURGING AND SPARGING 63
9 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY END-USE 64
9.1 INTRODUCTION 65
9.2 BEVERAGES 66
9.2.1 GROWING NUMBER OF MICROBREWERIES DRIVES THE MARKET FOR FOOD-GRADE GASES IN BEVERAGES 66
9.3 MEAT, POULTRY, AND SEAFOOD PRODUCTS 68
9.3.1 FREEZING AND PACKAGING ARE LARGELY APPLIED IN MEAT, POULTRY,
AND SEAFOOD PRODUCTS 68
9.4 DAIRY & FROZEN PRODUCTS 69
9.4.1 REFRIGERATION APPLICATION TO DRIVE THE FOOD-GRADE GASES MARKET IN DAIRY & FROZEN PRODUCTS 69
9.5 FRUITS & VEGETABLES 70
9.5.1 DEMAND FOR PROLONGED SHELF-LIFE IN FRUITS & VEGETABLES LED THE MARKET FOR FOOD-GRADE GASES 70
9.6 CONVENIENCE FOOD PRODUCTS 71
9.6.1 GROWING CONSUMPTION OF READY-TO-EAT MEALS TO DRIVE THE FOOD-GRADE GASES MARKET 71
9.7 BAKERY & CONFECTIONERY PRODUCTS 72
9.7.1 GROWTH IN PACKAGING APPLICATION TO AVOID RANCIDITY IN BAKERY PRODUCTS 72
9.8 OTHERS 73
9.8.1 HYDROGEN IS LARGELY APPLIED FOR HYDROGENATION IN PRODUCTION OF OILS AND MARGARINE 73

10 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY MODE OF SUPPLY 74
10.1 INTRODUCTION 75
10.2 BULK 76
10.2.1 EASE OF STORAGE AND TRANSPORTATION DRIVES THE DEMAND FOR BULK MODE OF SUPPLY OF GASES 76
10.3 CYLINDER 77
10.3.1 CYLINDERS ARE IN HIGH DEMAND FROM SMALL-SCALE FOOD & BEVERAGE MANUFACTURERS 77
11 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY REGION 78
11.1 INTRODUCTION 79
11.2 NORTH AMERICA 81
11.2.1 US 85
11.2.1.1 Largest consumer base of beverages drives the food-grade gases in the US 85
11.2.2 CANADA 86
11.2.2.1 Demand for convenience food products drives the market for food-grade gases in Canada 86
11.2.3 MEXICO 87
11.2.3.1 Production of beef and pork to enhance the demand for food-grade gases in storage and transportation 87
11.3 EUROPE 89
11.3.1 GERMANY 93
11.3.1.1 Concentration of key players in the country fueled the market for food-grade gases 93
11.3.2 FRANCE 94
11.3.2.1 Large production and export of beef to create demand for food-grade gases for freezing & chilling 94
11.3.3 UK 95
11.3.3.1 Growth in preferences for frozen food products to drive the food-grade gases market in the UK with applications in freezing & chilling 95
11.3.4 ITALY 96
11.3.4.1 Growth in demand for functional food & beverages in Italy to drive the market for food-grade gases used in packaging 96
11.3.5 SPAIN 96
11.3.5.1 Meat & meat products to create the demand for food-grade gases in freezing & chilling 96
11.3.6 NETHERLANDS 97
11.3.6.1 Presence of a large number of food & beverage manufacturers creates opportunities for the food-grade gas manufacturers in the Netherlands 97
11.3.7 REST OF EUROPE 98
11.3.7.1 Growth in consumption of processed food products in Eastern Europe drives the market for food-grade gases 98

11.4 ASIA PACIFIC 99
11.4.1 CHINA 101
11.4.1.1 Rapid growth of microbreweries in the country to create demand for food-grade gases market. 101
11.4.2 INDIA 102
11.4.2.1 Expanding cold chain industry in India to drive the market for food-grade gases 102
11.4.3 JAPAN 103
11.4.3.1 Innovations in food packaging industry to drive the food-grade gases market in the country 103
11.4.4 AUSTRALIA 103
11.4.4.1 Organized retail chain and growing demand for frozen products create opportunities for food-grade gases in Australia 103
11.4.5 NEW ZEALAND 104
11.4.5.1 High exports of fruits and meat products to create demand for food-grade gases in the country 104
11.4.6 REST OF ASIA PACIFIC 105
11.4.6.1 High consumption of meat and seafood to drive the market for food-grade gases in the country 105
11.5 SOUTH AMERICA 106
11.5.1 BRAZIL 109
11.5.1.1 Large beef and veal industry demand high volumes of food-grade gases in Brazil 109
11.5.2 ARGENTINA 110
11.5.2.1 Growth in demand for convenience food products from Argentine population drives the food-grade gases market 110
11.5.3 REST OF SOUTH AMERICA 111
11.5.3.1 Developing food retail chains in South American countries to create demand for the food-grade gases 111
11.6 REST OF THE WORLD (ROW) 112
11.6.1 AFRICA 115
11.6.1.1 Inclination towards on-the-go snacks to drive food-grade gases market in the region 115
11.6.2 THE MIDDLE EAST 116
11.6.2.1 Freezing & chilling applications create opportunity for food-grade gases manufacturers in the Middle East 116

12 COMPETITIVE LANDSCAPE 117
12.1 OVERVIEW 117
12.2 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 117
12.2.1 VISIONARY LEADERS 117
12.2.2 INNOVATORS 118
12.2.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 118
12.2.4 EMERGING COMPANIES 118
12.3 COMPETITIVE BENCHMARKING 119
12.3.1 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO 119
12.3.2 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE 120
12.4 START-UP MICROQUADRANT 121
12.4.1 PROGRESSIVE COMPANIES 121
12.4.2 STARTING BLOCKS 121
12.4.3 RESPONSIVE COMPANIES 121
12.4.4 DYNAMIC COMPANIES 121
12.5 COMPETITIVE BENCHMARKING FOR START-UP COMPANIES 123
12.5.1 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO 123
12.5.2 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE 123
12.6 RANKING OF KEY PLAYERS, 2018 124
12.7 COMPETITIVE SCENARIO 124
12.7.1 NEW PRODUCT LAUNCHES 124
12.7.2 EXPANSIONS 125
12.7.3 ACQUISITIONS 128
12.7.4 AGREEMENTS, COLLABORATIONS, JOINT VENTURES, MERGERS,
AND PARTNERSHIPS 131
13 COMPANY PROFILES 133
(Business overview, Products offered, Recent developments, SWOT analysis & MnM View)*
13.1 THE LINDE GROUP & PRAXAIR, INC.1 133
13.2 AIR PRODUCTS & CHEMICALS, INC. 138
13.3 AIR LIQUIDE 142
13.4 THE MESSER GROUP GMBH 145
13.5 TAIYO NIPPON SANSO 149
13.6 WESFARMERS LIMITED 152
13.7 SOL GROUP 154
13.8 GULF CRYO 156
13.9 AIR WATER, INC. 157

13.10 MASSY GROUP 159
13.11 PT ANEKA GAS INDUSTRI 161
13.12 THE TYCZKA GROUP 163
*Details on Business overview, Products offered, Recent developments, SWOT analysis & MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
14 APPENDIX 165
14.1 DISCUSSION GUIDE 165
14.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 169
14.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 171
14.4 RELATED REPORTS 171
14.5 AUTHOR DETAILS 172

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】食品用ガスの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2019年3月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB-3209
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品・飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
食品用ガスの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 血漿用フリーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血漿用フリーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血漿用フリーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のペプチドホルモン市場2015
    本調査レポートでは、世界のペプチドホルモン市場2015について調査・分析し、ペプチドホルモンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 圧迫療法のアメリカ市場
  • 製品ライフサイクル管理(PLM)の世界市場予測:ソフトウェア別、サービス別、展開別、組織別
    MarketsandMarkets社は、製品ライフサイクル管理(PLM)の世界市場規模が2019年507億ドルから2024年737億ドルまで年平均7.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、製品ライフサイクル管理(PLM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア別(共同製品定義管理(cPDm)ソフトウェア、機械式コンピューター支援設計ソフトウェア(MCAD)など)分析、サービス別分析、展開別分析、組織別分析、製品ライフサイクル管理(PLM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナイロン・ミシン糸市場2015
    本調査レポートでは、世界のナイロン・ミシン糸市場2015について調査・分析し、ナイロン・ミシン糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性気管支炎(Acute Bronchitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・急性気管支炎(Acute Bronchitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・急性気管支炎(Acute Bronchitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の急性気管支炎(Acute Bronchitis)治療薬剤
  • 赤外線エミッターおよびレシーバー世界市場2017-2021:セキュリティ、センサー、検査・測定
    当調査レポートでは、赤外線エミッターおよびレシーバー世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、赤外線エミッターおよびレシーバー世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 合成ゼオライトの世界市場予測(~2022年):ゼオライトA、ゼオライトY、ゼオライトX、ゼオライトZsm-5
    当調査レポートでは、合成ゼオライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、合成ゼオライトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療産業向けAI(人工知能)市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の医療産業向けAI(人工知能)市場について調査・分析し、世界の医療産業向けAI(人工知能)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の医療産業向けAI(人工知能)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 水素貯蔵の世界市場分析:タイプ別(物理ベース、材料ベース)、用途別(固定電源、携帯式電源、輸送)、動向・動態、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、水素貯蔵の世界市場について調査・分析し、水素貯蔵の世界市場動向、水素貯蔵の世界市場規模、市場予測、セグメント別水素貯蔵市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 水路測量装置の世界市場:ポジショニングシステム、水中音響システム、海洋地球物理学システム、海洋学装置
    当調査レポートでは、水路測量装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼底カメラの世界市場:無散瞳眼底カメラ、ハイブリッド眼底カメラ、散瞳用眼底カメラ
    当調査レポートでは、眼底カメラの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、眼底カメラ市場規模、製品別(無散瞳眼底カメラ、ハイブリッド眼底カメラ、散瞳用眼底カメラ)分析、エンドユーザー別(眼科クリニック、病院、ASC)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Canon, Carl Zeiss Meditec, Kowa Optimed, NIDEK, OPTOMED OY, TOPCONなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・眼底カメラの世界市場概要 ・眼底カメラの世界市場環境 ・眼底カメラの世界市場動向 ・眼底カメラの世界市場規模 ・眼底カメラの世界市場:業界構造分析 ・眼底カメラの世界市場:製品別(無散瞳眼底カメラ、ハイブリッド眼底カメラ、散瞳用眼底カメラ) ・眼底カメラの世界市場:エンドユーザー別(眼科クリニック、病院、ASC) ・眼底カメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・眼底カメラの北米市場規模・予測 ・眼底カメラのヨーロッパ・中東・アフ …
  • シートメンブレンの世界市場
    当調査レポートでは、シートメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シートメンブレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • ベントナイトの世界市場分析:製品別(ナトリウム、カルシウム)、用途別(鋳物砂、鉄鉱石造粒、ペットトイレ、掘削泥、土木、精錬)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、ベントナイトの世界市場について調査・分析し、ベントナイトの世界市場動向、ベントナイトの世界市場規模、市場予測、セグメント別ベントナイト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空機照明の世界市場予測(~2022年):室内照明、エクステリア照明
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空機照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、航空機種類別分析、照明種類別分析、システム別分析、地域別分析、航空機照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパルスオキシメーター市場2016
    本調査レポートでは、世界のパルスオキシメーター市場2016について調査・分析し、パルスオキシメーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 油脂の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、油脂の世界市場について調査・分析し、油脂の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・油脂の世界市場:市場動向分析 ・油脂の世界市場:競争要因分析 ・油脂の世界市場:製品別分析/市場規模 ・油脂の世界市場:用途別分析/市場規模 ・油脂の世界市場:流通経路別分析/市場規模 ・油脂の世界市場:地域別分析/市場規模 ・油脂の北米市場規模 ・油脂の欧州市場規模 ・油脂のアジア市場規模 ・油脂の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 屋外運動設備の世界市場2018-2022
    屋外運動設備とは、公共または民間の屋外空間に運動を目的として設計された設備を指します。このような施設では、人々は無料で運動およびトレーニングを開始できます。屋外施設であっても、屋内のジム設備に類似しており、同様の利点が提供されます。屋外運動設備の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率5.98%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、PlayCore、Proludic、The Great Outdoor Gym Company、Wicksteed Leisure、Xccentなどです。 当調査レポートでは、屋外運動設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋外運動設備市場規模、用途別(公共の屋外施設、民間の屋外施設)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屋外運動設備の世界市場概要 ・屋外運動設備の世界市場環境 ・屋外運動設備の世界市場動向 ・屋外運動設備の世界市場規模 ・屋外運動設備の世界市場:業界構造分析 …
  • 二輪車変速機システム の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、二輪車変速機システム の世界市場について調査・分析し、二輪車変速機システム の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 二輪車変速機システム の世界市場:市場動向分析 - 二輪車変速機システム の世界市場:競争要因分析 - 二輪車変速機システム の世界市場:車種別 オートバイ スクーター - 二輪車変速機システム の世界市場:主要地域別分析 - 二輪車変速機システム の北米市場規模(アメリカ市場等) - 二輪車変速機システム のヨーロッパ市場規模 - 二輪車変速機システム のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・二輪車変速機システム の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 計測サービスの世界市場:製品別(光デジタイザー・スキャナー、座標測定機)、用途別(工業、自動車)、セグメント予測
    計測サービスの世界市場は2025年には10億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、新しい計測ソフトウェアパッケージの短期での開発が考えられます。最終用途産業全体で国際的な品質基準が遵守され、計測サービスの高い利用へとつながりました。これにより、産業用および発電用の計測サービスの需要が高まっています。本調査レポートでは、計測サービスの世界市場について調査・分析し、計測サービスの世界市場動向、計測サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別計測サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 放射線治療の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、放射線治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、放射線治療市場規模、製品別(外部照射治療、内部照射治療・近接照射治療、全身放射線治療)分析、タイプ別(外部照射治療、内部照射治療、全身放射線治療) 分析、用途別(外部照射治療、内部照射治療/近接照射治療) 分析、エンドユーザー別(病院、がん研究機関、外来放射線治療センター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 放射線治療の世界市場:市場動向分析 ・ 放射線治療の世界市場:競争要因分析 ・ 放射線治療の世界市場:製品別(外部照射治療、内部照射治療・近接照射治療、全身放射線治療) ・ 放射線治療の世界市場:タイプ別(外部照射治療、内部照射治療、全身放射線治療) ・ 放射線治療の世界市場:用途別(外部照射治療、内部照射治療/近接照射治療) ・ 放射線治療の世界市場:エンドユーザー別(病院、がん研究機関、外来放射線治療センター) ・ 放射線治療の世界市場:主要地域別分析 ・ …
  • 世界のナフサ市場2015
    本調査レポートでは、世界のナフサ市場2015について調査・分析し、ナフサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子用接着剤の世界市場2017-2021:導電性接着剤、熱伝導性接着剤、UV硬化接着剤
    当調査レポートでは、電子用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子用接着剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の板紙パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界の板紙パッケージ市場2015について調査・分析し、板紙パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイパー装置の世界市場分析:従来式ワイパー、雨滴感知式ワイパー
    本調査レポートでは、ワイパー装置の世界市場について調査・分析し、ワイパー装置の世界市場動向、ワイパー装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別ワイパー装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ドライフルーツ・食用ナッツの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ドライフルーツ・食用ナッツの世界市場について調査・分析し、ドライフルーツ・食用ナッツの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ドライフルーツ・食用ナッツシェア、市場規模推移、市場規模予測、ドライフルーツ・食用ナッツ種類別分析()、ドライフルーツ・食用ナッツ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ドライフルーツ・食用ナッツの市場概観 ・ドライフルーツ・食用ナッツのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ドライフルーツ・食用ナッツのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ドライフルーツ・食用ナッツの世界市場規模 ・ドライフルーツ・食用ナッツの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ドライフルーツ・食用ナッツのアメリカ市場規模推移 ・ドライフルーツ・食用ナッツのカナダ市場規模推移 ・ドライフルーツ・食用ナッツのメキシコ市場規模推移 ・ドライフルーツ・食用ナッツのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ドライフルーツ・食用ナッ …
  • 医療画像用試薬の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、医療画像用試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療画像用試薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は医療画像用試薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bayer、Bracco Diagnostics、GE Healthcare、Guerbet Group、Lantheus Medical Imaging等です。
  • ファクタリングの世界市場2016-2020 
    当調査レポートでは、ファクタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファクタリングの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ビデオ監視の世界市場:システム種類別(アナログ監視、IP監視、ハイブリッド監視)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、用途別(商業、軍事、防衛、インフラ、住宅、その他)
    本資料は、ビデオ監視の世界市場について調べ、ビデオ監視の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、システム種類別(アナログ監視、IP監視、ハイブリッド監視)分析、用途別(商業、軍事、防衛、インフラ、住宅、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビデオ監視の世界市場概要 ・ビデオ監視の世界市場環境 ・ビデオ監視の世界市場動向 ・ビデオ監視の世界市場規模 ・ビデオ監視の世界市場:市場シェア ・ビデオ監視の世界市場:システム種類別(アナログ監視、IP監視、ハイブリッド監視) ・ビデオ監視の世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・ビデオ監視の世界市場:用途別(商業、軍事、防衛、インフラ、住宅、その他) ・ビデオ監視の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビデオ監視の北米市場規模・予測 ・ビデオ監視のアメリカ市場規模・予測 ・ビデオ監視のヨーロッパ市場規模・予測 ・ビデオ監視のアジア市場規模・予測 ・ビデオ監視の日本市場 …
  • 世界のスチレン系ポリマー市場予測2018
    本調査レポートでは、世界のスチレン系ポリマー市場について調査・分析し、世界のスチレン系ポリマー市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 女性用個人用保護具(PPE)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、女性用個人用保護具(PPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性用個人用保護具(PPE)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成繊維ロープの世界市場:ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン、ポリエチレン、特殊繊維
    当調査レポートでは、合成繊維ロープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、材料種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 女性不妊症(Women Infertility):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、女性不妊症(Women Infertility)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・女性不妊症(Women Infertility):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・女性不妊症(Women Infertility)のフェーズ3治験薬の状況 ・女性不妊症(Women Infertility)治療薬の市場規模(販売予測) ・女性不妊症(Women Infertility)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・女性不妊症(Women Infertility)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の女性不妊症(Women Infertility)治療薬剤
  • 液体廃棄物管理の世界市場: 発生源別(住宅、商業施設)、産業別、サービス別(収集、輸送)
    本調査レポートでは、液体廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、液体廃棄物管理の世界市場動向、液体廃棄物管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別液体廃棄物管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • DTC 遺伝子検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、DTC 遺伝子検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DTC 遺伝子検査の世界市場規模及び予測、サービス別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はDTC 遺伝子検査の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 23andMe• LabCorp• Myriad Genetics• Quest Diagnostics等です。
  • 暴動鎮圧の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、暴動鎮圧の世界市場について調査・分析し、暴動鎮圧の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・暴動鎮圧の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・暴動鎮圧の世界市場:セグメント別市場分析 ・暴動鎮圧の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • クローラーカメラシステムの世界市場:製品種類別(カメラ、クローラー、その他)、エンドユーザー別(住宅、産業、自治体)
    本市場調査レポートではクローラーカメラシステムについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(カメラ、クローラー、その他)分析、エンドユーザー別(住宅、産業、自治体)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・クローラーカメラシステムの世界市場:製品種類別(カメラ、クローラー、その他) ・クローラーカメラシステムの世界市場:エンドユーザー別(住宅、産業、自治体) ・医療用冷却システムの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 二次口腔衛生の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、二次口腔衛生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、二次口腔衛生の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • オンライン電子製品販売の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オンライン電子製品販売の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン電子製品販売の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医療用ファブリックの世界市場予測(~2022年):ポリプロピレン、綿、ポリエステル、ビスコース、ポリアミド
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療用ファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、ファブリック種類別分析、用途別分析、地域別分析、医療用ファブリックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙用抗菌コーティング市場規模、原料別(銅、銀、その他)分析、適合別(アフターマーケット、OEM)分析、プラットフォーム別(宇宙、航空)分析、用途別(航空、宇宙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:市場動向分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:競争要因分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:原料別(銅、銀、その他) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:適合別(アフターマーケット、OEM) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:プラットフォーム別(宇宙、航空) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:用途別(航空、宇宙) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:主要地域別分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングのヨーロッ …
  • 六方晶窒化ホウ素 (h-BN)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、六方晶窒化ホウ素 (h-BN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、六方晶窒化ホウ素 (h-BN)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 窒化ホウ素は、窒素とホウ素からなる固体の化合物であり、バンドギャップ、硬さ、科学的安定性、熱安定性を有します。窒化ホウ素は通常、高温用途です。六方晶窒化ホウ素は化合物の全形状において安定しているので、様々な用途があります。Technavio社は六方晶窒化ホウ素 (h-BN)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3M, • Saint-Gobain, • Showa Denko, • H. C. Starck, • Denka Company.等です。
  • 鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の概要 ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・鼻咽頭がん(Nasopharyngeal Cancer)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • ソフトウェアテストサービスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ソフトウェアテストサービスの世界市場について調べ、ソフトウェアテストサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ソフトウェアテストサービスの市場規模をセグメンテーション別(製品別(アプリケーションテスト、製品テスト)、エンドユーザー別(金融、テレコム及びメディア、製造業、小売、IT、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はソフトウェアテストサービスの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ソフトウェアテストサービスの市場状況 ・ソフトウェアテストサービスの市場規模 ・ソフトウェアテストサービスの市場予測 ・ソフトウェアテストサービスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(アプリケーションテスト、製品テスト) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(金融、テレコム及 …
  • 農業機械の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、農業機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ホスホインシチド3-キナーゼアルファ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるホスホインシチド3-キナーゼアルファ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホスホインシチド3-キナーゼアルファ阻害剤の概要 ・ホスホインシチド3-キナーゼアルファ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のホスホインシチド3-キナーゼアルファ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ホスホインシチド3-キナーゼアルファ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ホスホインシチド3-キナーゼアルファ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ハンガリーのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 色素増感太陽電池(DSSC)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、色素増感太陽電池 (DSSC)の世界市場について調査・分析し、色素増感太陽電池 (DSSC)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別色素増感太陽電池 (DSSC)シェア、市場規模推移、市場規模予測、色素増感太陽電池 (DSSC)種類別分析(タイプ1、タイプ2)、色素増感太陽電池 (DSSC)用途別分析(ポータブルチャージング、BIPV/BAPV、組み込み電子機器、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・色素増感太陽電池 (DSSC)の市場概観 ・色素増感太陽電池 (DSSC)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・色素増感太陽電池 (DSSC)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・色素増感太陽電池 (DSSC)の世界市場規模 ・色素増感太陽電池 (DSSC)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・色素増感太陽電池 (DSSC)のアメリカ市場規模推移 ・色素増感太陽電池 (DSSC)のカナダ市場規模推移 ・色素増感太陽電池 (DSSC)のメキシコ市 …
  • 小売業におけるブロックチェーンの世界市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)、用途別(コンプライアンス管理、アイデンティティ管理、ロイヤリティおよび報酬管理、支払いとスマート契約、サプライチェーン管理)、組織規模別(大企業、中小企業)
    本市場調査レポートでは小売業におけるブロックチェーンについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、用途別(コンプライアンス管理、アイデンティティ管理、ロイヤリティおよび報酬管理、支払いとスマート契約、サプライチェーン管理)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:コンポーネント別(プラットフォーム、サービス) ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:用途別(コンプライアンス管理、アイデンティティ管理、ロイヤリティおよび報酬管理、支払いとスマート契約、サプライチェーン管理) ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:組織規模別(大企業、中小企業) ・小売業におけるブロックチェーンの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"