"食品用ガスの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB-3209)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"食品用ガスの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The food-grade gases market is projected to grow at a CAGR of 6.7%.”
The global food-grade gases market is estimated to be valued at USD 5.9 billion in 2018 and is projected to reach USD 8.1 billion by 2023, at a CAGR of 6.7% from 2018 to 2023. The market is driven by factors such as the growing demand for convenient food packaging, owing to the on-the-go lifestyles of customers and the growing number of microbreweries across all regions. Stringent government regulations to meet quality standards inhibit the growth of the food-grade gases market.

“By type, the carbon dioxide segment is projected to witness the fastest growth during the forecast period.”
The carbon dioxide segment is estimated to grow at the highest CAGR due to growing demand from the carbonated beverages industry across the globe. Carbon dioxide is used for refrigeration and cooling in solid (dry ice) and liquid forms; this is because it sublimates to gas at a very low temperature of -78.5 °C (-109.3 °F). It is widely used for carbonation in soft drinks, beers, and other alcoholic drinks.
Carbon dioxide is also used in Modified Atmosphere Packaging (MAP) along with nitrogen because of its inert characteristic. Further, carbon dioxide is also being used in the softening of water to avoid corrosion problems in long water distribution lines, and also in producing potable drinking water.

“By mode of supply, the bulk segment in the food-grade gases market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on mode of supply, the food-grade gases market is segmented into bulk and cylinder. The bulk mode of supply is usually preferred by large food & beverage manufacturers due to the ease of handling and storage it offers. The bulk mode of supply of food-grade gases is also cost efficient than when the gases are offered in cylinders.
Carbon dioxide and nitrogen are the most commonly supplied bulk gases because of their use in high volumes in soft drinks and food packaging. If an end-user requires gas for various processes, the liquid is first vaporized and then delivered as a gas through a supply pipe. If the processes require liquid, it is delivered directly from the storage vessel through a cryogenic vacuum-insulated pipeline. Almost all the key players offer bulk gases.
“Asia Pacific is projected to be the fastest-growing region in the food-grade gases market, due to the developing cold-chain infrastructure and changing consumer preference for packaged food products.”

The climatic conditions in the Asia Pacific region range from tropical to semi-tropical; and certain food products require proper refrigeration to prevent early spoilage. Also, in some of the developing countries in the region, the cold chain infrastructure is in the development phase. This is projected to drive the market for food-grade gases in the region. Rising consumer preference for packaged food products due to busy lifestyles is also one of the drivers of food-grade gases with applications in packaging.

Further, key factors such as industrialization, growing middle-class population, rising disposable income, changing lifestyles, and the rising consumption of packed products are expected to drive the demand for food-grade gases during the forecast period.

The global food-grade gases market is segmented region-wise, with a detailed analysis of each region. These regions include North America, Europe, Asia Pacific, South America, and Rest of the World (RoW).

Break-up of Primaries
 By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 25%
 By Designation: C-level – 40%, D-level -25%, and Others* – 35%
 By Region: North America – 30%, Europe – 20%, Asia Pacific – 30%, and Rest of the World** – 30%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**Rest of the World include the Middle East and Africa.

Leading players profiled in this report
• The Linde Group (Germany)
• Air Products & Chemicals (US)
• Air Liquide (France)
• The Messer Group (Germany)
• Taiyo Nippon Sanso (Japan)
• Wesfarmers Ltd. (Australia)
• SOL Group (Italy)
• Gulf Cryo (Kuwait)
• Air Water, Inc. (Japan)
• Massy Group (Caribbean)
• PT Aneka Industri (Indonesia)
• The Tyczka Group (Germany)

Research Coverage
This report segments the food-grade gases market on the basis of type, mode of supply, end-use, application, and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the food-grade gases market, high-growth regions, countries, industry trends, drivers, restraints, opportunities, and challenges.
Reasons to buy this report
• To get a comprehensive overview of the food-grade gases market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolio details, and the key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the food-grade gases market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"食品用ガスの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 17
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 17
1.2 MARKET DEFINITION 17
1.3 MARKET SCOPE 18
1.3.1 PERIODIZATION CONSIDERED 19
1.4 CURRENCY CONSIDERED 20
1.5 STAKEHOLDERS 20
2 RESEARCH METHODOLOGY 21
2.1 RESEARCH DATA 21
2.1.1 SECONDARY DATA 22
2.1.1.1 Key data from secondary sources 22
2.1.2 PRIMARY DATA 23
2.1.2.1 Key data from primary sources 23
2.1.2.2 Breakdown of primary interviews 24
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 24
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 26
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS & LIMITATIONS 27
3 EXECUTIVE SUMMARY 28
4 PREMIUM INSIGHTS 33
4.1 OPPORTUNITIES IN THE FOOD-GRADE GASES MARKET 33
4.2 FOOD-GRADE GASES MARKET: KEY COUNTRIES 34
4.3 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY APPLICATION 34
4.4 DEVELOPED VS. DEVELOPING MARKETS FOR FOOD-GRADE GASES 35
4.5 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY TYPE 35
4.6 NORTH AMERICA: FOOD-GRADE GASES MARKET, BY APPLICATION AND COUNTRY, 2017 36
5 MARKET OVERVIEW 37
5.1 INTRODUCTION 37
5.2 EVOLUTION 37
5.3 MARKET DYNAMICS 38
5.3.1 DRIVERS 38
5.3.1.1 Shift toward convenient packaged food owing to on-the-go lifestyles 38
5.3.1.2 Growing number of microbreweries across all regions 39

5.3.2 RESTRAINTS 41
5.3.2.1 Strict government regulations to meet quality standards 41
5.3.3 OPPORTUNITIES 42
5.3.3.1 Increasing demand from developing economies such as China and India 42
5.3.3.2 Increasing number of new food & beverage product developments 42
5.3.4 CHALLENGES 43
5.3.4.1 Safe & proper handling of food-grade gases 43
5.3.4.2 To provide the right mixture of gases in controlled environment packaging 43
6 INDUSTRY TRENDS 44
6.1 INTRODUCTION 44
6.2 VALUE CHAIN 44
6.2.1 INPUT 44
6.2.2 MANUFACTURING 45
6.2.3 STORAGE 45
6.2.4 MARKETING & SALES 45
6.2.5 DISTRIBUTION 45
6.2.6 RELATED PRODUCTS & SERVICES 45
6.3 GLOBAL FOOD-GRADE GASES MARKET: SUPPLY CHAIN ANALYSIS 46
6.3.1 KEY INFLUENCERS 47
6.4 PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS 48
6.4.1 INTENSITY OF COMPETITIVE RIVALRY 48
6.4.2 BARGAINING POWER OF SUPPLIERS 49
6.4.3 BARGAINING POWER OF BUYERS 49
6.4.4 THREAT OF NEW ENTRANTS 49
6.4.5 THREAT OF SUBSTITUTES 49
7 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY TYPE 50
7.1 INTRODUCTION 51
7.2 CARBON DIOXIDE 52
7.2.1 GROWTH IN DEMAND FROM THE BEVERAGE INDUSTRY TO DRIVE THE MARKET FOR CARBON DIOXIDE 52
7.3 NITROGEN 54
7.3.1 NITROGEN IS WIDELY USED IN MAP APPLICATIONS DUE TO ITS INERTNESS 54
7.4 OXYGEN 55
7.4.1 RISE IN DEMAND FROM THE MEAT INDUSTRY TO DRIVE THE MARKET FOR OXYGEN 55
7.5 OTHERS 56
7.5.1 ARGON IS USED MAINLY FOR PURGING AND CONTROLLED ATMOSPHERE PACKAGING 56

8 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY APPLICATION 57
8.1 INTRODUCTION 58
8.2 FREEZING & CHILLING 59
8.2.1 LARGE VOLUMES OF FOOD-GRADE GASES ARE USED FOR FREEZING & CHILLING 59
8.3 PACKAGING 61
8.3.1 MODIFIED ATMOSPHERE PACKAGING USES LARGE VOLUMES OF CARBON DIOXIDE AND NITROGEN 61
8.4 CARBONATION 62
8.4.1 MOST OF THE FOOD-GRADE CARBON DIOXIDE PRODUCED IS USED IN THE CARBONATION OF BEVERAGES 62
8.5 OTHERS 63
8.5.1 ARGON HAS MAJOR APPLICATIONS IN PURGING AND SPARGING 63
9 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY END-USE 64
9.1 INTRODUCTION 65
9.2 BEVERAGES 66
9.2.1 GROWING NUMBER OF MICROBREWERIES DRIVES THE MARKET FOR FOOD-GRADE GASES IN BEVERAGES 66
9.3 MEAT, POULTRY, AND SEAFOOD PRODUCTS 68
9.3.1 FREEZING AND PACKAGING ARE LARGELY APPLIED IN MEAT, POULTRY,
AND SEAFOOD PRODUCTS 68
9.4 DAIRY & FROZEN PRODUCTS 69
9.4.1 REFRIGERATION APPLICATION TO DRIVE THE FOOD-GRADE GASES MARKET IN DAIRY & FROZEN PRODUCTS 69
9.5 FRUITS & VEGETABLES 70
9.5.1 DEMAND FOR PROLONGED SHELF-LIFE IN FRUITS & VEGETABLES LED THE MARKET FOR FOOD-GRADE GASES 70
9.6 CONVENIENCE FOOD PRODUCTS 71
9.6.1 GROWING CONSUMPTION OF READY-TO-EAT MEALS TO DRIVE THE FOOD-GRADE GASES MARKET 71
9.7 BAKERY & CONFECTIONERY PRODUCTS 72
9.7.1 GROWTH IN PACKAGING APPLICATION TO AVOID RANCIDITY IN BAKERY PRODUCTS 72
9.8 OTHERS 73
9.8.1 HYDROGEN IS LARGELY APPLIED FOR HYDROGENATION IN PRODUCTION OF OILS AND MARGARINE 73

10 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY MODE OF SUPPLY 74
10.1 INTRODUCTION 75
10.2 BULK 76
10.2.1 EASE OF STORAGE AND TRANSPORTATION DRIVES THE DEMAND FOR BULK MODE OF SUPPLY OF GASES 76
10.3 CYLINDER 77
10.3.1 CYLINDERS ARE IN HIGH DEMAND FROM SMALL-SCALE FOOD & BEVERAGE MANUFACTURERS 77
11 FOOD-GRADE GASES MARKET, BY REGION 78
11.1 INTRODUCTION 79
11.2 NORTH AMERICA 81
11.2.1 US 85
11.2.1.1 Largest consumer base of beverages drives the food-grade gases in the US 85
11.2.2 CANADA 86
11.2.2.1 Demand for convenience food products drives the market for food-grade gases in Canada 86
11.2.3 MEXICO 87
11.2.3.1 Production of beef and pork to enhance the demand for food-grade gases in storage and transportation 87
11.3 EUROPE 89
11.3.1 GERMANY 93
11.3.1.1 Concentration of key players in the country fueled the market for food-grade gases 93
11.3.2 FRANCE 94
11.3.2.1 Large production and export of beef to create demand for food-grade gases for freezing & chilling 94
11.3.3 UK 95
11.3.3.1 Growth in preferences for frozen food products to drive the food-grade gases market in the UK with applications in freezing & chilling 95
11.3.4 ITALY 96
11.3.4.1 Growth in demand for functional food & beverages in Italy to drive the market for food-grade gases used in packaging 96
11.3.5 SPAIN 96
11.3.5.1 Meat & meat products to create the demand for food-grade gases in freezing & chilling 96
11.3.6 NETHERLANDS 97
11.3.6.1 Presence of a large number of food & beverage manufacturers creates opportunities for the food-grade gas manufacturers in the Netherlands 97
11.3.7 REST OF EUROPE 98
11.3.7.1 Growth in consumption of processed food products in Eastern Europe drives the market for food-grade gases 98

11.4 ASIA PACIFIC 99
11.4.1 CHINA 101
11.4.1.1 Rapid growth of microbreweries in the country to create demand for food-grade gases market. 101
11.4.2 INDIA 102
11.4.2.1 Expanding cold chain industry in India to drive the market for food-grade gases 102
11.4.3 JAPAN 103
11.4.3.1 Innovations in food packaging industry to drive the food-grade gases market in the country 103
11.4.4 AUSTRALIA 103
11.4.4.1 Organized retail chain and growing demand for frozen products create opportunities for food-grade gases in Australia 103
11.4.5 NEW ZEALAND 104
11.4.5.1 High exports of fruits and meat products to create demand for food-grade gases in the country 104
11.4.6 REST OF ASIA PACIFIC 105
11.4.6.1 High consumption of meat and seafood to drive the market for food-grade gases in the country 105
11.5 SOUTH AMERICA 106
11.5.1 BRAZIL 109
11.5.1.1 Large beef and veal industry demand high volumes of food-grade gases in Brazil 109
11.5.2 ARGENTINA 110
11.5.2.1 Growth in demand for convenience food products from Argentine population drives the food-grade gases market 110
11.5.3 REST OF SOUTH AMERICA 111
11.5.3.1 Developing food retail chains in South American countries to create demand for the food-grade gases 111
11.6 REST OF THE WORLD (ROW) 112
11.6.1 AFRICA 115
11.6.1.1 Inclination towards on-the-go snacks to drive food-grade gases market in the region 115
11.6.2 THE MIDDLE EAST 116
11.6.2.1 Freezing & chilling applications create opportunity for food-grade gases manufacturers in the Middle East 116

12 COMPETITIVE LANDSCAPE 117
12.1 OVERVIEW 117
12.2 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 117
12.2.1 VISIONARY LEADERS 117
12.2.2 INNOVATORS 118
12.2.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 118
12.2.4 EMERGING COMPANIES 118
12.3 COMPETITIVE BENCHMARKING 119
12.3.1 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO 119
12.3.2 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE 120
12.4 START-UP MICROQUADRANT 121
12.4.1 PROGRESSIVE COMPANIES 121
12.4.2 STARTING BLOCKS 121
12.4.3 RESPONSIVE COMPANIES 121
12.4.4 DYNAMIC COMPANIES 121
12.5 COMPETITIVE BENCHMARKING FOR START-UP COMPANIES 123
12.5.1 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO 123
12.5.2 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE 123
12.6 RANKING OF KEY PLAYERS, 2018 124
12.7 COMPETITIVE SCENARIO 124
12.7.1 NEW PRODUCT LAUNCHES 124
12.7.2 EXPANSIONS 125
12.7.3 ACQUISITIONS 128
12.7.4 AGREEMENTS, COLLABORATIONS, JOINT VENTURES, MERGERS,
AND PARTNERSHIPS 131
13 COMPANY PROFILES 133
(Business overview, Products offered, Recent developments, SWOT analysis & MnM View)*
13.1 THE LINDE GROUP & PRAXAIR, INC.1 133
13.2 AIR PRODUCTS & CHEMICALS, INC. 138
13.3 AIR LIQUIDE 142
13.4 THE MESSER GROUP GMBH 145
13.5 TAIYO NIPPON SANSO 149
13.6 WESFARMERS LIMITED 152
13.7 SOL GROUP 154
13.8 GULF CRYO 156
13.9 AIR WATER, INC. 157

13.10 MASSY GROUP 159
13.11 PT ANEKA GAS INDUSTRI 161
13.12 THE TYCZKA GROUP 163
*Details on Business overview, Products offered, Recent developments, SWOT analysis & MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
14 APPENDIX 165
14.1 DISCUSSION GUIDE 165
14.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 169
14.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 171
14.4 RELATED REPORTS 171
14.5 AUTHOR DETAILS 172

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】食品用ガスの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2019年3月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB-3209
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品・飲料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
食品用ガスの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ポリアクリルアミドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリアクリルアミドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリアクリルアミドの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イベント(行事)の世界市場:音楽コンサート、フェスティバル、スポーツ、展示会、会議、企業イベント、セミナー
    当調査レポートでは、イベント(行事)の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(音楽コンサート、フェスティバル、スポーツ、展示会&会議、企業イベント&セミナー、その他)分析、収入源別(チケット販売、スポンサーシップ、その他)分析、主催者別(企業、スポーツ、教育、エンターテイメント、その他)分析、年齢グループ別(20歳未満、21〜40歳、41歳以上)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・イベント産業の世界市場:種類別(音楽コンサート、フェスティバル、スポーツ、展示会&会議、企業イベント&セミナー、その他) ・イベント産業の世界市場:収入源別(チケット販売、スポンサーシップ、その他) ・イベント産業の世界市場:主催者別(企業、スポーツ、教育、エンターテイメント、その他) ・イベント産業の世界市場:年齢グループ別(20歳未満、21〜40歳、41歳以上) ・イベント産業の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 世界主要国におけるオキシ塩化ジルコニウム市場2018-2023
    本調査レポートでは、オキシ塩化ジルコニウムの世界市場について調査・分析し、オキシ塩化ジルコニウムの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(最適レベル、Aレベル、Oレベル)、用途別市場規模(従来型ジルコニウム製品、新型ジルコニウム製品、金属タイプのジルコニウム製品、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、オキシ塩化ジルコニウムの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・オキシ塩化ジルコニウムの世界市場概要 ・オキシ塩化ジルコニウムの企業別市場シェア ・オキシ塩化ジルコニウムの地域別市場規模 ・オキシ塩化ジルコニウムの種類別市場規模(最適レベル、Aレベル、Oレベル) ・オキシ塩化ジルコニウムの用途別市場規模(従来型ジルコニウム製品、新型ジルコニウム製品、金属タイプのジルコニウム製品、その他) ・オキシ塩化ジルコニウムの主要企業分 …
  • ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場について調査・分析し、ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:市場動向分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:競争要因分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの北米市場規模・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの欧州市場・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティのアジア市場・分析 ・ワイヤレスネットワークセキュリティの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 超疎水性コーティング剤の世界市場:基質別(金属、ガラス、コンクリート、ポリマー、セラミックス)、最終用途別(自動車、航空宇宙、建築・建設、船舶、テキスタイル、エレクトロニクス、医療)、地域別予測
    本資料は、超疎水性コーティング剤の世界市場について調べ、超疎水性コーティング剤の世界規模、市場動向、市場環境、基質別(金属、ガラス、コンクリート、ポリマー、セラミックス)分析、最終用途別(自動車、航空宇宙、建築・建設、船舶、テキスタイル、エレクトロニクス、医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・超疎水性コーティング剤の世界市場概要 ・超疎水性コーティング剤の世界市場環境 ・超疎水性コーティング剤の世界市場動向 ・超疎水性コーティング剤の世界市場規模 ・超疎水性コーティング剤の世界市場規模:基質別(金属、ガラス、コンクリート、ポリマー、セラミックス) ・超疎水性コーティング剤の世界市場規模:最終用途別(自動車、航空宇宙、建築・建設、船舶、テキスタイル、エレクトロニクス、医療) ・超疎水性コーティング剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超疎水性コーティング剤の北米市場規模・予測 ・超疎水性コーティング剤のアメリカ市場規模・予測 ・超疎水性コ …
  • 世界のトランスフェクション装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のトランスフェクション装置市場2015について調査・分析し、トランスフェクション装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のパラコート市場2015
    本調査レポートでは、中国のパラコート市場2015について調査・分析し、パラコートの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の発泡ポリプロピレン市場2015
    本調査レポートでは、世界の発泡ポリプロピレン市場2015について調査・分析し、発泡ポリプロピレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の心臓安全サービス市場:種類別(スタンドアロン、統合)、サービス別(ECG /ホルター測定、血圧、心臓イメージング、徹底QT研究、その他のサービス)、エンドユーザー別(医薬品およびバイオ医薬品会社、CRO)
    MarketsandMarkets社は、心臓安全サービスの世界市場規模が2019年442百万ドルから2024年752百万ドルまで年平均11.2%成長すると予測しています。本書は、世界の心臓安全サービス市場について調査・分析し、市場概要、サービス別(ECG /ホルター測定、血圧、心臓イメージング、徹底QT研究、その他のサービス)分析、種類別(スタンドアロン、統合)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の心臓安全サービス市場:サービス別(ECG /ホルター測定、血圧、心臓イメージング、徹底QT研究、その他のサービス) ・世界の心臓安全サービス市場:種類別(スタンドアロン、統合) ・世界の心臓安全サービス市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 医薬品用 賦形剤の世界市場
    当調査レポートでは、医薬品用 賦形剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・医薬品用 賦形剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・医薬品用 賦形剤の世界市場:機能別分析/市場規模 ・医薬品用 賦形剤の世界市場:投与経路別分析/市場規模 ・医薬品用 賦形剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・医薬品用 賦形剤のアメリカ市場規模予測 ・医薬品用 賦形剤のヨーロッパ市場規模予測 ・医薬品用 賦形剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ハイバリア性パウチの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハイバリア性パウチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイバリア性パウチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質標識の世界市場
    当調査レポートでは、タンパク質標識の世界市場について調査・分析し、タンパク質標識の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - タンパク質標識の世界市場:市場動向分析 - タンパク質標識の世界市場:競争要因分析 - タンパク質標識の世界市場:製品別 ・サービス ・キット ・試薬 ・探針/タグ ・酵素 ・タンパク質 ・モノクローナル抗体 ・その他 - タンパク質標識の世界市場:標識の方法別 ・生体直交型の標識 ・生体内での標識 ・生体外での標識 - タンパク質標識の世界市場:用途別 ・蛍光顕微鏡 ・質量分析 ・免疫学的技術 ・タンパク質マイクロアレイ ・細胞ベースのアレイ - タンパク質標識の世界市場:エンドユーザー別 ・病院 ・診断センター ・研究所 ・その他 - タンパク質標識の世界市場:主要地域別分析 - タンパク質標識の北米市場規模(アメリカ市場等) - タンパク質標識のヨーロッパ市場規模 - タンパク質標識のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・タンパク質標識の世界市場:主な市場開拓 - …
  • 米飴(ライスシロップ)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、米飴(ライスシロップ)の世界市場について調べ、米飴(ライスシロップ)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、米飴(ライスシロップ)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型米飴、有機米飴)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は米飴(ライスシロップ)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・米飴(ライスシロップ)の市場状況 ・米飴(ライスシロップ)の市場規模 ・米飴(ライスシロップ)の市場予測 ・米飴(ライスシロップ)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(従来型米飴、有機米飴) ・米飴(ライスシロップ)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析 …
  • スクラレオリドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スクラレオリドの世界市場について調査・分析し、スクラレオリドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スクラレオリドシェア、市場規模推移、市場規模予測、スクラレオリド種類別分析(スクラレオリド含有量:95-97%、スクラレオリド含有量:>97%)、スクラレオリド用途別分析(化粧品、タバコ、飲料、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スクラレオリドの市場概観 ・スクラレオリドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スクラレオリドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スクラレオリドの世界市場規模 ・スクラレオリドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スクラレオリドのアメリカ市場規模推移 ・スクラレオリドのカナダ市場規模推移 ・スクラレオリドのメキシコ市場規模推移 ・スクラレオリドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スクラレオリドのドイツ市場規模推移 ・スクラレオリドのイギリス市場規模推移 ・スクラレオリドのロ …
  • 石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場について調査・分析し、石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場:セグメント別市場分析 ・石油・ガス用海中アンビリカル・ライザー・フローライン(SURF)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 幹細胞の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、幹細胞の世界市場について調査・分析し、幹細胞の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ワークステーションの世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:タワー型ワークステーション、モバイル型ワークステーション、ラック型ワークステーション、ブレード型ワークステーション、オールインワン型ワークステーション
  • プローブカードの世界市場2017-2021:スタンダードプローブカード、アドバンスドプローブカード
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、プローブカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プローブカードの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はプローブカードの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.95%(減少)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はFORMFACTOR、JAPAN ELECTRONIC MATERIALS、MICRONICS JAPAN、MPI等です。
  • 世界のブランデー市場2016
    本調査レポートでは、世界のブランデー市場2016について調査・分析し、ブランデーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の男性用外付けカテーテル市場2015
    本調査レポートでは、世界の男性用外付けカテーテル市場2015について調査・分析し、男性用外付けカテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のセットトップボックス(STB)市場2016
    本調査レポートでは、世界のセットトップボックス(STB)市場2016について調査・分析し、セットトップボックス(STB)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用アクチュエータシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空機用アクチュエータシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機用アクチュエータシステム市場規模、航空機種類別(戦闘機、ナローボディー機、輸送機、超大型機、ワイドボディー機)分析、製品別(電動アクチュエーター、電気油圧式アクチュエーター、電磁油圧式アクチュエーター、電気機械式アクチュエーター、油圧式アクチュエーター、空気圧式アクチュエーター、機械式アクチュエーター)分析、用途別(補助制御、飛行制御、着陸装置)分析、エンドユーザー別(航空宇宙、軍事/防衛、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:航空機種類別(戦闘機、ナローボディー機、輸送機、超大型機、ワイドボディー機) ・ 航空機用アクチュエータシステムの世界市場:製品別(電動アクチュエーター …
  • 精液バンクの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、精液バンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、精液バンクの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は精液バンクの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Androcryos、Cryos International、FairFax Cryobank、New England Cryogenic Center等です。
  • 電気デジタルツインの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、電気デジタルツインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ツイン種類別(ガス&蒸気発電所、ウィンドファーム、デジタルグリッド、水力発電所、およびDer)分析、用途別分析、展開別(クラウド/ホスト型およびオンプレミス)分析、エンドユーザー別分析、電気デジタルツインの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電気デジタルツインの世界市場規模が2019年804百万ドルから2024年1642百万ドルまで年平均15.4%成長すると予測しています。
  • 静脈イルミネーターの世界市場分析:技術別(透照法、赤外線技術、超音波)、用途別(静脈内アクセス、採血)、エンドユーザー別(病院、リハビリ施設、献血キャンプ、学術機関)、地域別(アメリカ、カナダ、ドイツ、英国、中国、インド、南アフリカ、サウジアラビア、ブラジル、メキシコ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、静脈イルミネーターの世界市場について調査・分析し、静脈イルミネーターの世界市場動向、静脈イルミネーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別静脈イルミネーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ナノファイバーの世界市場分析、製品別(ポリマー、炭素、セルロース、複合材料、金属)、エンドユーザー別(電子、機械、化学・環境(MCE)、エネルギー、医療、生命化学、製薬(MLP))、セグメント予測
    本調査レポートでは、ナノファイバーの世界市場について調査・分析し、ナノファイバーの世界市場動向、ナノファイバーの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノファイバー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 菌状息肉症(Mycosis Fungoides):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、菌状息肉症(Mycosis Fungoides)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)のフェーズ3治験薬の状況 ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)治療薬の市場規模(販売予測) ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・菌状息肉症(Mycosis Fungoides)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の菌状息肉症(Mycosis Fungoides)治療薬剤
  • 世界の特殊および高機能フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊および高機能フィルム市場2015について調査・分析し、特殊および高機能フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脅威インテリジェンスの世界市場
    本資料は、脅威インテリジェンスの世界市場について調べ、脅威インテリジェンスの世界規模、市場動向、市場環境、ソリューション別(統合型脅威管理 、SIEM、IAM、インシデントフォレンジック、ログ管理、サードパーティーリスク管理)分析、サービス別(専門サービス、マネージドサービス、サブスクリプションサービス、トレーニング&サポート)分析、組織サイズ別(SMEs、大企業)分析、用途別(BFSI、IT&テレコム、ヘルスケア、小売り、政府&防御、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはVSMPO-AVISMA 、Timet、RTI、ATI、OSAKA Titanium、Toho Titanium 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・脅威インテリジェンスの世界市場概要 ・脅威インテリジェンスの世界市場環境 ・脅威インテリジェンスの世界市場動向 ・脅威インテリジェンスの世界市場規模 ・脅威インテリジェンスの世界市場規模:ソリューション別(統合型 …
  • 球技用バッグの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、球技用バッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、球技用バッグ市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・球技用バッグの世界市場概要 ・球技用バッグの世界市場環境 ・球技用バッグの世界市場動向 ・球技用バッグの世界市場規模 ・球技用バッグの世界市場:業界構造分析 ・球技用バッグの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・球技用バッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・球技用バッグの北米市場規模・予測 ・球技用バッグのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・球技用バッグのアジア太平洋市場規模・予測 ・球技用バッグの主要国分析 ・球技用バッグの世界市場:意思決定フレームワーク ・球技用バッグの世界市場:成長要因、課題 ・球技用バッグの世界市場:競争環境 ・球技用バッグの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • エジプトの外傷固定装置市場見通し
  • 断熱パネルのアメリカ・メキシコ市場:フォーム種類別、表面材料別、エンドユーズ産業別
  • ヒト化マウスモデルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヒト化マウスモデルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒト化マウスモデルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はヒト化マウスモデルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• genOway• Horizon Discovery• Taconic Biosciences• Jackson Laboratory等です。
  • マイクロスフェアの世界市場分析:タイプ別(ガラス、ポリマー、セラミック、フライアッシュ、メタリック)、用途別(建設複合材料、塗料・コーティング、ヘルスケア、化粧品、石油・ガス、自動車)、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、マイクロスフェアの世界市場について調査・分析し、マイクロスフェアの世界市場動向、マイクロスフェアの世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロスフェア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • タイのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • スポーツテキスタイルの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スポーツテキスタイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スポーツテキスタイル市場規模、用途別(スポーツシューズ用部品、スポーツ用複合材料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スポーツテキスタイルの世界市場概要 ・スポーツテキスタイルの世界市場環境 ・スポーツテキスタイルの世界市場動向 ・スポーツテキスタイルの世界市場規模 ・スポーツテキスタイルの世界市場:業界構造分析 ・スポーツテキスタイルの世界市場:用途別(スポーツシューズ用部品、スポーツ用複合材料、その他) ・スポーツテキスタイルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スポーツテキスタイルの北米市場規模・予測 ・スポーツテキスタイルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スポーツテキスタイルのアジア太平洋市場規模・予測 ・スポーツテキスタイルの主要国分析 ・スポーツテキスタイルの世界市場:意思決定フレームワーク ・スポーツテキスタイルの世界市 …
  • 世界の心臓補助装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、心臓補助装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心臓補助装置の概要 ・心臓補助装置の開発動向:開発段階別分析 ・心臓補助装置の開発動向:セグメント別分析 ・心臓補助装置の開発動向:領域別分析 ・心臓補助装置の開発動向:規制Path別分析 ・心臓補助装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心臓補助装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心臓補助装置の最近動向
  • 世界の腸鏡市場2016
    本調査レポートでは、世界の腸鏡市場2016について調査・分析し、腸鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 配線用遮断器(MCCB)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、配線用遮断器(MCCB)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、配線用遮断器(MCCB)市場規模、定格電流別(75Aまで、76-250A、251-800A、800A以上)分析、製品別(小形遮断器(MCB)、配線保護用遮断器(MCCB))分析、最終用途別(電力会社、製造・プロセス産業、住宅・商業部門、輸送業界、データセンター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場概要 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場環境 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場動向 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場規模 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場:業界構造分析 ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場:定格電流別(75Aまで、76-250A、251-800A、800A以上) ・配線用遮断器(MCCB)の世界市場:製品別(小形遮断器(MCB)、配線保護用遮断器(MCCB)) ・配線用遮断器(MCCB) …
  • 水産飼料の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、水産飼料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種別(魚、甲殻類、および軟体動物)分析、成分別(大豆、トウモロコシ、魚粉、魚油、添加物)分析、ライフサイクル別(スターターフィード、グローワーフィード、フィニッシャーフィード、およびブルーダーフィード)分析、フォーム別分析、水産飼料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、水産飼料の世界市場規模が2019年473億ドルから2025年717億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。
  • 結腸腫瘍(Colon Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の概要 ・結腸腫瘍(Colon Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・結腸腫瘍(Colon Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・結 …
  • アクティブシートベルトの世界市場予測2019-2024
    「アクティブシートベルトの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ベルト、ECUシステム、機械部品など、用途別には、Sedan & Hatchback、SUVなどに区分してまとめた調査レポートです。アクティブシートベルトのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アクティブシートベルトの世界市場概要(サマリー) ・アクティブシートベルトの企業別販売量・売上 ・アクティブシートベルトの企業別市場シェア ・アクティブシートベルトの世界市場規模:種類別(ベルト、ECUシステム、機械部品) ・アクティブシートベルトの世界市場規模:用途別(Sedan & Hatchback、SUV) ・アクティブシートベルトの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アクティブシートベルトのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アクティブシートベルトの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) …
  • スペインのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • インダストリアル・インターネットの世界市場2016-2021
  • 世界のセリン市場2016
    本調査レポートでは、世界のセリン市場2016について調査・分析し、セリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ITS(高度道路交通システム)の世界市場:ITS装置、ITSソフトウェア、ITSサービス
    当調査レポートでは、ITS(高度道路交通システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、車道別分析、装置別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレスディスプレイの世界市場:技術プロトコル別、地域別
    本レポートは、ワイヤレスディスプレイの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術プロトコル別(Miracast、Wi-Di)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ワイヤレスディスプレイの世界市場:技術プロトコル別(Miracast、Wi-Di) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 微生物検査/臨床微生物学の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、微生物検査/臨床微生物学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(製薬、臨床、製造、環境)別分析、疾患(呼吸器疾患、STD、UTI)別分析、製品(機器、分析装置、試薬)別分析、エンドユーザー(病院、診断ラボ、学術機関)別分析、微生物検査/臨床微生物学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 分娩時モニタリング装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、分娩時モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、分娩時モニタリング装置市場規模、製品別(胎児電極、電子胎児モニター)分析、エンドユーザー別(病院、婦人科/産科クリニック、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・分娩時モニタリング装置の世界市場概要 ・分娩時モニタリング装置の世界市場環境 ・分娩時モニタリング装置の世界市場動向 ・分娩時モニタリング装置の世界市場規模 ・分娩時モニタリング装置の世界市場:業界構造分析 ・分娩時モニタリング装置の世界市場:製品別(胎児電極、電子胎児モニター) ・分娩時モニタリング装置の世界市場:エンドユーザー別(病院、婦人科/産科クリニック、その他) ・分娩時モニタリング装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・分娩時モニタリング装置の北米市場規模・予測 ・分娩時モニタリング装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・分娩時モニタリング装置のアジア太平洋市場規模 …
  • 5Gインフラストラクチャのヨーロッパ市場:スモールセル、マクロセル、無線アクセスネットワーク、分散アンテナネットワーク
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"