"自律型航空機の世界市場予測(~2030年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS-6967)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自律型航空機の世界市場予測(~2030年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increased cost savings is one of the significant factors driving the autonomous aircraft market
The autonomous aircraft market is projected to grow from an estimated USD 3.6 billion in 2018 to 23.7 billion by 2030, at a CAGR of 17.06% from 2018 to 2030. This growth can be attributed to increased cost savings, reduction in human error due to increased autonomy, and advancements in artificial intelligence. However, the safety level of autonomous systems during emergency situations is expected to restrain the growth of this market.

Based on component, the propulsion system segment is projected to grow at highest CAGR during the forecast period

Based on autonomy component, the propulsion system segment is projected to grow at a higher CAGR during the forecast period. Growth of this segment can be attributed to the advancements in propulsion technology to result in minimum or zero emission, and its capability to work autonomously.
North America is estimated to account for the largest share of the autonomous aircraft market in 2018, and the Rest of the World autonomous aircraft market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period

North America is estimated to account for the largest share of the autonomous aircraft market in 2018. Major aircraft manufacturers, such as Boeing (US), Lockheed Martin (US), Bell Helicopter (US), and The Raytheon Company (US), among others, are based in this region, and thus generate high demand for autonomous aircraft. North America is projected to lead the autonomous aircraft market during the forecast period, in terms of market share. Rest of the World is expected to be the fastest-growing market during the forecast period. Rest of the World consists of region including Middle East, Africa and Latin America, Growth is largely due to an increase in autonomous aircraft for air medical services in Africa. Along with this, the rise in urban air mobility in countries such as Dubai, where regulatory bodies are working in favor of commercialization of these technologies, is resulting in high growth of Rest of the World.

Break-up of profile of primary participants in the autonomous aircraft market:

• By Company Type: Tier 1 – 20%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 40%
• By Designation: C Level – 45%, Director Level – 38%, and Others – 17%
• By Region: North America – 20%, Europe – 20%, Asia Pacific – 30%, and RoW – 30%

Key players in the autonomous aircraft market include Boeing, Airbus, Lockheed Martin, Northrop Grumman, and Elbit Systems, among others. These market players have been focusing on securing contracts from airlines and governments, as well as developing partnerships and adopting the mergers & acquisitions strategy to grow in the market. The core competencies of these market players include their widespread geographical presence and increased investments in R&D activities.
Along with the key established players, various start-ups have entered the space of autonomous aircraft to develop their concepts of air taxi, personal air vehicles, and cargo drones. These concepts are being actively developed with the technology of fully autonomous air travel. These start-ups are, Kitty Hawk, Volocopter GmbH, WING, LIFT, and Joby Aviation, among others.

Research Coverage:

This report segments the autonomous aircraft market based on technology, component, and end use. Based on technology, the autonomous aircraft market is segmented into increasingly autonomous and fully autonomous. Based on component, the autonomous aircraft market is segmented into flight management computers, air data inertial reference units, sensors, actuation systems, software, intelligent servos, cameras, radars & transponders, and propulsion systems. Based on end use, the market is segmented into commercial aircraft, combat & ISR, cargo & delivery aircraft, passenger air vehicles, personal air vehicles, air medical services, and others. The autonomous aircraft market has been studied for North America, Europe, Asia Pacific, and Rest of the World.
Reasons to buy this report:
From an insight perspective, this research report has focused on various levels of analyses —industry analysis (industry trends), competitive leadership mapping matrix, and company profiles, which together comprise and discuss basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments in the autonomous aircraft market; high-growth regions; and market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on autonomous aircraft offered by top players and start-ups in the market

• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, research & development activities, and new product launches in the autonomous aircraft market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative markets – the report analyzes the autonomous aircraft market across varied regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the autonomous aircraft market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of growth strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the autonomous aircraft market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自律型航空機の世界市場予測(~2030年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 17
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 17
1.2 MARKET DEFINITION 17
1.3 MARKET SCOPE 18
1.3.1 REGIONAL SCOPE 18
1.3.2 YEARS CONSIDERED 19
1.4 CURRENCY & PRICING 19
1.5 LIMITATIONS 19
1.6 MARKET STAKEHOLDERS 20
2 RESEARCH METHODOLOGY 21
2.1 RESEARCH DATA 21
2.1.1 SECONDARY DATA 23
2.1.1.1 Key data from secondary sources 23
2.1.2 PRIMARY DATA 24
2.1.2.1 Key data from primary sources 24
2.1.2.2 Breakdown of primaries 25
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 25
2.2.1 MARKET DEFINITION & SCOPE 25
2.2.2 EXCLUSIONS 26
2.3 RESEARCH APPROACH & METHODOLOGY 26
2.3.1 BOTTOM-UP APPROACH 26
2.3.1.1 Regional Autonomous aircraft market 26
2.3.1.2 Autonomous aircraft market size 27
2.3.1.3 Autonomous aircraft market for end use 27
2.3.1.4 Autonomous aircraft market for futuristic technologies 27
2.3.2 TOP-DOWN APPROACH 28
2.4 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 29
2.5 ASSUMPTIONS 30
3 EXECUTIVE SUMMARY 31

4 PREMIUM INSIGHTS 35
4.1 AUTONOMOUS AIRCRAFT MARKET OVERVIEW 35
4.2 AUTONOMOUS AIRCRAFT MARKET GROWTH, BY AUTONOMY COMPONENT 36
4.3 AUTONOMOUS AIRCRAFT MARKET, BY TECHNOLOGY 36
4.4 AUTONOMOUS AIRCRAFT MARKET IN ASIA PACIFIC 37
4.5 AUTONOMOUS AIRCRAFT MARKET REGIONAL ANALYSIS 38
4.6 AUTONOMOUS AIRCRAFT MARKET, BY END USE 38
5 MARKET OVERVIEW 39
5.1 INTRODUCTION 39
5.2 MARKET DYNAMICS 40
5.2.1 DRIVERS 40
5.2.1.1 Increasing operating efficiency and cost savings 40
5.2.1.2 Reduced human error 40
5.2.1.3 Advancements in Artificial Intelligence (AI) 41
5.2.2 RESTRAINTS 41
5.2.2.1 Safety during emergency situations 41
5.2.3 OPPORTUNITIES 41
5.2.3.1 Reduced emissions 41
5.2.3.2 On demand availability 42
5.2.4 CHALLENGES 42
5.2.4.1 Public acceptance 42
5.2.4.2 Infrastructure 42
5.2.4.3 Regulations 42
6 INDUSTRY TRENDS 43
6.1 INTRODUCTION 43
6.2 MEGATRENDS THAT DRIVE THE AUTONOMOUS AIRCRAFT MARKET 43
6.2.1 ARTIFICIAL INTELLIGENCE 43
6.2.2 BIG DATA ANALYTICS 44
6.2.3 INTERNET OF THINGS (IOT) 44
6.3 TECHNOLOGY TRENDS 44
6.3.1 SMART DRONES 44
6.3.1.1 Evolution of smart drones 44
6.3.2 INCREASINGLY AUTONOMOUS (IA) SYSTEMS 45
6.3.2.1 Characteristics and functions of IA systems 45
6.3.3 ELECTRIC PROPULSION 46
6.4 INNOVATIONS & PATENT REGISTRATIONS, 2008–2018 47

7 AUTONOMOUS AIRCRAFT, BY TECHNOLOGY 49
7.1 INTRODUCTION 50
7.2 INCREASINGLY AUTONOMOUS (IA) 51
7.2.1 SEMI AUTONOMOUS AIRCRAFT 51
7.3 FULLY AUTONOMOUS 51
7.3.1 AIRCRAFT OPERATIONS WITHOUT ANY HUMAN INTERVENTION, BUT REMOTE MONITORING 51
8 AUTONOMOUS AIRCRAFT, BY END USE 52
8.1 INTRODUCTION 53
8.2 COMMERCIAL AIRCRAFT 54
8.2.1 INCREASINGLY AUTONOMOUS CAPABILITY 54
8.3 CARGO & DELIVERY AIRCRAFT 54
8.3.1 PACKAGE PICK UP AND DELIVERY, CARGO TRANSPORT 54
8.4 AIR MEDICAL SERVICES 55
8.4.1 EMERGENCY MEDICAL SERVICES IN REMOTE, NON-ACCESSIBLE, OR HEAVY TRAFFIC AREAS 55
8.5 PASSENGER AIR VEHICLE 55
8.5.1 URBAN AIR MOBILITY – PASSENGER TRAVEL, AIR TAXI 55
8.6 PERSONAL AIR VEHICLE 56
8.6.1 ONE AND TWO SEATER AIRCRAFT FOR INTRACITY TRAVEL 56
8.7 COMBAT AND ISR 56
8.7.1 MILITARY OPERATIONS WITH AUTONOMOUS CAPABILITIES 56
8.8 OTHERS 57
8.8.1 AGRICULTURE, SCIENCE AND RESEARCH, SURVEY, MAPPING AND PHOTOGRAPHY 57
9 AUTONOMOUS AIRCRAFT, BY AUTONOMY COMPONENT 58
9.1 INTRODUCTION 59
9.2 FLIGHT MANAGEMENT COMPUTERS 60
9.2.1 PROCESSING UNIT FOR AUTONOMOUS OPERATIONS 60
9.3 AIR DATA INERTIAL REFERENCE UNITS (ADIRU) 60
9.3.1 COLLECTING DATA TO PROVIDE INPUT TO EFIS AND FLIGHT MANAGEMENT COMPUTER 60
9.4 SENSORS 61
9.4.1 ADVANCEMENTS IN SENSOR TECHNOLOGY IS DRIVING THE MARKET 61
9.5 ACTUATION SYSTEM 62
9.5.1 DRIVEN BY INCREASE IN NUMBER OF FULLY AUTONOMOUS AIRCRAFT 62
9.6 SOFTWARE 62
9.6.1 ALGORITHMS THAT DRIVE AUTONOMOUS AIRCRAFT 62
9.7 INTELLIGENT SERVOS 63
9.7.1 CONTROLS THE FLIGHT CONTROL AUTONOMOUSLY 63

9.8 CAMERAS 63
9.8.1 INPUT PROVIDER TO THE DISPLAY SYSTEM 63
9.9 RADARS & TRANSPONDERS 64
9.9.1 SENSE AND AVOID SYSTEM 64
9.10 PROPULSION SYSTEMS 64
9.10.1 ADVANCEMENTS IN TECHNOLOGY AND INTRODUCTION OF EVTOLS IS DRIVING THE GROWTH 64
10 REGIONAL ANALYSIS 65
10.1 INTRODUCTION 66
10.2 NORTH AMERICA 67
10.2.1 US 70
10.2.2 Canada 71
10.3 EUROPE 72
10.3.1 UK 75
10.3.2 France 76
10.3.3 Germany 77
10.3.4 Russia 78
10.3.5 Sweden 79
10.3.6 Rest of Europe 80
10.4 ASIA PACIFIC 81
10.4.1 China 84
10.4.2 Japan 85
10.4.3 India 86
10.4.4 Australia 87
10.4.5 Rest of Asia Pacific 87
10.5 REST OF THE WORLD 88
10.5.1 Middle East 91
10.5.2 Africa 92
10.5.3 Latin America 92
11 COMPETITIVE LANDSCAPE 94
11.1 OVERVIEW 94
11.2 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 95
11.2.1 AUTONOMOUS AIRCRAFT MARKET INDUSTRY LANDSCAPE 95
11.2.1.1 Visionary leaders 95
11.2.1.2 Innovators 95
11.2.1.3 Dynamic Differentiators 95
11.2.1.4 Emerging companies 95
11.3 COMPANY RANKING ANALYSIS: 2018 96
11.4 COMPETITIVE SCENARIO 97
11.4.1 MERGERS & ACQUISITIONS 97
11.4.2 NEW PRODUCT LAUNCHES 97
11.4.3 CONTRACTS, PARTNERSHIPS, & AGREEMENTS 98
12 COMPANY PROFILES 99
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 INTRODUCTION 99
12.2 NORTHROP GRUMMAN 100
12.3 ELBIT SYSTEMS 103
12.4 AEROVIRONMENT 106
12.5 LOCKHEED MARTIN 109
12.6 BOEING 112
12.7 AERONAUTICS 115
12.8 RAYTHEON 117
12.9 SAAB 120
12.10 BAE SYSTEMS 122
12.11 GENERAL ATOMICS AERONAUTICAL SYSTEMS 125
12.12 AIRBUS 127
12.13 EMBRAER 130
12.14 BELL HELICOPTER 132
12.15 STARTUP COMPANY PROFILES 134
12.15.1 VOLOCOPTER GMBH 134
12.15.2 KITTY HAWK 134
12.15.3 JOBY AVIATION 134
12.15.4 ASTON MARTIN 135
12.15.5 WING 135
12.15.6 KAREM AIRCRAFT INC. 135
12.15.7 LIFT 136
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
13 APPENDIX 137
13.1 DISCUSSION GUIDE 137
13.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 140
13.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 142
13.4 RELATED REPORTS 142
13.5 AUTHOR DETAILS 143

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自律型航空機の世界市場予測(~2030年)
【発行日】2019年3月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS-6967
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙・防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自律型航空機の世界市場予測(~2030年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 高純度水処理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高純度水処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高純度水処理の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用エンジンコンプレッサーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、航空機用エンジンコンプレッサーの世界市場について調べ、航空機用エンジンコンプレッサーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、航空機用エンジンコンプレッサーの市場規模をセグメンテーション別(用途別(民間及びビジネス航空機、軍用機)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は航空機用エンジンコンプレッサーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・航空機用エンジンコンプレッサーの市場状況 ・航空機用エンジンコンプレッサーの市場規模 ・航空機用エンジンコンプレッサーの市場予測 ・航空機用エンジンコンプレッサーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(民間及びビジネス航空機、軍用機) ・航空機用エンジンコンプレッサーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、 …
  • 滑り止め添加剤の世界市場予測(~2023年):酸化アルミニウム、シリカ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、滑り止め添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類(酸化アルミニウム、シリカ、その他)分析、用途(建設床材、船舶甲板)分析、滑り止め添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 量子暗号ソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、量子暗号ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、量子暗号ソリューション市場規模、エンドユーザー別(G&P、防衛、BFSI、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ID Quantique, MagiQ Technologies, Quantum XC, Qubitekk, QuintessenceLabsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・量子暗号ソリューションの世界市場概要 ・量子暗号ソリューションの世界市場環境 ・量子暗号ソリューションの世界市場動向 ・量子暗号ソリューションの世界市場規模 ・量子暗号ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・量子暗号ソリューションの世界市場:エンドユーザー別(G&P、防衛、BFSI、通信、その他) ・量子暗号ソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・量子暗号ソリューションの北米市場規模・予測 ・量子暗号ソリューションのヨーロッパ・中東・アフリカ市場 …
  • 靴乾燥機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、靴乾燥機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、靴乾燥機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルの膝関節再建装置市場見通し
  • ワクチンアジュバントの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ワクチンアジュバントの世界市場について調査・分析し、ワクチンアジュバントの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ワクチンアジュバントシェア、市場規模推移、市場規模予測、ワクチンアジュバント種類別分析(経口、皮下、筋肉内、その他)、ワクチンアジュバント用途別分析(動物用ワクチンアジュバント(研究・商用)、ヒト用ワクチンアジュバント(研究・商用))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ワクチンアジュバントの市場概観 ・ワクチンアジュバントのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ワクチンアジュバントのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ワクチンアジュバントの世界市場規模 ・ワクチンアジュバントの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ワクチンアジュバントのアメリカ市場規模推移 ・ワクチンアジュバントのカナダ市場規模推移 ・ワクチンアジュバントのメキシコ市場規模推移 ・ワクチンアジュバントのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ …
  • 重症筋無力症(Myasthenia Gravis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における重症筋無力症(Myasthenia Gravis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、重症筋無力症(Myasthenia Gravis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis)の概要 ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の重症筋無力症(Myasthenia Gravis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・重症筋無力症(Myasthenia Gravis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 頭部および顔面移植の世界市場                        
    当調査レポートでは、頭部および顔面移植の世界市場について調査・分析し、頭部および顔面移植の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 頭部および顔面移植の世界市場:市場動向分析 - 頭部および顔面移植の世界市場:競争要因分析 - 頭部および顔面移植の世界市場:素材別 ・チタン ・ポリメチルメタクリレート ・多孔性ポリエチレン - 頭部および顔面移植の世界市場:移植の種類別 ・顔面移植 ・頭部移植 - 頭部および顔面移植の世界市場:エンドユーザー別 ・特別な専門科のクリニック ・病院 ・ASC - 頭部および顔面移植の世界市場:主要地域別分析 - 頭部および顔面移植の北米市場規模(アメリカ市場等) - 頭部および顔面移植のヨーロッパ市場規模 - 頭部および顔面移植のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・頭部および顔面移植の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のダイカスト機市場2015
    本調査レポートでは、世界のダイカスト機市場2015について調査・分析し、ダイカスト機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマテリアルハンドリング装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のマテリアルハンドリング装置市場2015について調査・分析し、マテリアルハンドリング装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 油圧アクチュエータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、油圧アクチュエータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油圧アクチュエータの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の縫製機械市場2015
    本調査レポートでは、世界の縫製機械市場2015について調査・分析し、縫製機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイル機器用ミドルウェアの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モバイル機器用ミドルウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル機器用ミドルウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はモバイル機器用ミドルウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、IBM、Kony、Oracle、SAP、TIBCO等です。
  • ビールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビールの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はビールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AB InBev• Calsberg Breweries• Heineken• Radeberger Exportbierbrauerei等です。
  • 環境監視の世界市場予測(~2021):製品別(モニター(固定、ポータブル)、センサー(アナログ、デジタル)、ソフトウェア)、サンプリング方法別、用途別
    当調査レポートでは、環境監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、サンプリング方法別分析、用途別分析、地域別分析、環境監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設機械レンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建設機械レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設機械レンタルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は建設機械レンタルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Sunbelt Rentals• Cramo • Loxam Group• Herc Rentals • United Rentals等です。
  • 日本の再生医療市場2016-2020
    当調査レポートでは、日本の再生医療市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、日本の再生医療市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 心房細動(AF)の疫学的予測
    当調査レポートでは、心房細動(AF)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・心房細動(AF)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・心房細動(AF)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 産業用ゴムの世界市場
    当調査レポートでは、産業用ゴムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・産業用ゴムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・産業用ゴムの世界市場:製品別分析/市場規模 ・産業用ゴムの世界市場:ゴム種類別分析/市場規模 ・産業用ゴムのアメリカ市場規模予測 ・産業用ゴムのヨーロッパ市場規模予測 ・産業用ゴムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 消費財産業における包装用透明バリアフィルム(TBPF) の世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、消費財産業における包装用透明バリアフィルム(TBPF) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費財産業における包装用透明バリアフィルム(TBPF) の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 透明バリアフィルムは用途に合わせて様々な種類のポリマーで作られる包装用フィルムです。防水・耐湿性にすぐれ、保存期間の延長に役立つことから、その利用は食品分野で拡大しつつあり、同市場での構成比は57.36%に達しています。Technavio社は消費財産業における包装用透明バリアフィルム(TBPF) の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.34%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Amcor• Bemis• Berry Global• Mitsubishi Plastic• Toppan Printing等です。
  • ポータブルエアコンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポータブルエアコンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポータブルエアコン市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、最終用途別(住宅用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、De’Longhi Appliances, Electrolux, LG Electronics , Midea , Olimpia Splendid などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポータブルエアコンの世界市場概要 ・ポータブルエアコンの世界市場環境 ・ポータブルエアコンの世界市場動向 ・ポータブルエアコンの世界市場規模 ・ポータブルエアコンの世界市場:業界構造分析 ・ポータブルエアコンの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・ポータブルエアコンの世界市場:最終用途別(住宅用、商業用) ・ポータブルエアコンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポータブルエアコンの北米市場規模・予測 ・ポータブルエアコンのヨーロッパ …
  • 世界のサイズ排除クロマトグラフィー樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のサイズ排除クロマトグラフィー樹脂市場2015について調査・分析し、サイズ排除クロマトグラフィー樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用タイヤチェーンの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用タイヤチェーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用タイヤチェーンの世界市場規模及び予測、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • LEDパッケージング装置の世界市場:ダイ・シンギュレーション、ダイ・アタッチ、基板分離、永久結合、LED検査
    当調査レポートでは、LEDパッケージング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LEDパッケージング装置の世界市場規模及び予測、製造プロセス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:製品別分析 ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:用途別分析 ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:メモリ別分析 ・企業用パイプライン管理ソリューションの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • スティックPCの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スティックPCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スティックPCの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 界面活性剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、界面活性剤市場規模、基質別(合成界面活性剤、バイオベース界面活性剤、バイオ界面活性剤)分析、種類別(非イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、アニオン系界面活性剤、両性界面活性剤)分析、用途別(飲食料品、穀物保護、産業・施設クリーニング、パーソナルケア、繊維、油田化学品、エラストマー・プラスチック、洗剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 界面活性剤の世界市場:市場動向分析 ・ 界面活性剤の世界市場:競争要因分析 ・ 界面活性剤の世界市場:基質別(合成界面活性剤、バイオベース界面活性剤、バイオ界面活性剤) ・ 界面活性剤の世界市場:種類別(非イオン性界面活性剤、カチオン界面活性剤、アニオン系界面活性剤、両性界面活性剤) ・ 界面活性剤の世界市場:用途別(飲食料品、穀物保護、産業・施設クリーニング、パーソナルケア、繊維、油田化学品、エラストマー・プラスチック、 …
  • スパークリングワインの世界市場2016-2020 
    当調査レポートでは、スパークリングワインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパークリングワインの世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization)の概要 ・脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脈絡膜血管新生(Choroidal Neovascularization)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脈絡膜血 …
  • ナフサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナフサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナフサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レーシック手術の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レーシック手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーシック手術の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はレーシック手術の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Johnson & Johnson• Novartis • Valeant Pharmaceuticals International• Carl Zeiss• Nidek等です。
  • メキシコの股関節再建市場動向(~2021)
  • エイズ関連カポジ肉腫(AIDS – Related Kaposi’s Sarcoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、エイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・エイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・エイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・エイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・エイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・エイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kaposi's Sarcoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のエイズ関連カポジ肉腫(AIDS - Related Kapo …
  • 自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場:自動車用途別(ADAS・セーフティコントローラー、コックピットコントローラー、シャーシ・ボディコントローラー)、サービスタイプ別(試験、検査、認証)、調達別、サービス用途別、地域別予測
    本資料は、自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場について調べ、自動車試験・検査・認証(TIC)の世界規模、市場動向、市場環境、自動車用途別(ADAS・セーフティコントローラー、コックピットコントローラー、シャーシ・ボディコントローラー)分析、サービスタイプ別(試験、検査、認証)分析、調達別分析、サービス用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場概要 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場環境 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場動向 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模 ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模:自動車用途別(ADAS・セーフティコントローラー、コックピットコントローラー、シャーシ・ボディコントローラー) ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模:サービスタイプ別(試験、検査、認証) ・自動車試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模:調達 …
  • 末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain)の概要 ・末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の末梢性神経障害性疼痛(Peripheral Neuropathic Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • テニス用品の世界市場:テニスラケット、テニスボール、その他
    当調査レポートでは、テニス用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テニス用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱形成プラスチックの世界市場:製品別(PP、PMMA)、プレセス別(薄型ゲージ熱成形、プラグアシスト成形)、用途別(食品包装、自動車)
    本調査レポートでは、熱形成プラスチックの世界市場について調査・分析し、熱形成プラスチックの世界市場動向、熱形成プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別熱形成プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料市場規模、製品別(ホエイベース、ミルクベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場概要 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場環境 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場動向 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場規模 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場:業界構造分析 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場:製品別(ホエイベース、ミルクベース) ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料のアメリカ市場規模・予測 ・レディトゥドリンク(RTD)プロテイン飲料のヨーロッパ市場規 …
  • 世界のスマートプランテーション管理システム市場:種類別(灌漑システム、植物成長監視システム、収穫システム)、作物別(コーヒー、油糧種子、サトウキビ、綿)、コンポーネント別(ハードウェア&ソフトウェア)、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマートプランテーション管理システムの世界市場規模が2019年11億ドルから2025年15億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。本書は、世界のスマートプランテーション管理システム市場について調査・分析し、市場概要、種類別(灌漑システム、植物成長監視システム、収穫システム)分析、作物別(コーヒー、油料種子、スガカン、綿、果物、その他)分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のスマートプランテーション管理システム市場:種類別(灌漑システム、植物成長監視システム、収穫システム) ・世界のスマートプランテーション管理システム市場:作物別(コーヒー、油料種子、スガカン、綿、果物、その他) ・世界のスマートプランテーション管理システム市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア) ・世界のスマートプランテーション管理システム市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 神経学的バイオマーカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、神経学的バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、神経学的バイオマーカーの世界市場規模及び予測、用途別分析、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体レーザー治療の世界市場:美容、手術、眼科、歯科用途
    当調査レポートでは、半導体レーザー治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体レーザー治療の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場:指紋認証、音声認証、顔認証
    当調査レポートでは、モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルバイオメトリクス(生体認証)の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用ドライブシャフトの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機用ドライブシャフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用ドライブシャフトの世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトルエン市場2016
    本調査レポートでは、世界のトルエン市場2016について調査・分析し、トルエンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 注射型ドラッグデリバリーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、注射型ドラッグデリバリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、注射型ドラッグデリバリー市場規模、タイプ別(製剤、デバイス)分析、製剤容器別(カートリッジ、アンプル、ボトル、小瓶)分析、使用パターン別(予防接種、治療、その他) 分析、使用施設別(在宅医療、病院・診療所、その他)分析、投与部位別(循環・筋骨格(静脈内、心臓内、筋肉内、腹膜内)、皮膚(皮内・皮下)、中枢神経系(大脳内・クモ膜下)、臓器(硝子体内・関節内))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:市場動向分析 ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:競争要因分析 ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:タイプ別(製剤、デバイス) ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:製剤容器別(カートリッジ、アンプル、ボトル、小瓶) ・ 注射型ドラッグデリバリーの世界市場:使用パターン別(予防接種、治療、その他) ・ 注射型ドラッグデリ …
  • USBフラッシュドライブの世界市場:容量別(4GB、8GB、16GB、32GB、64GB、64GB以)、種類別(1.0世代ドライブ、2.0世代ドライブ、3.0世代ドライブ)、地域別予測
    本資料は、USBフラッシュドライブの世界市場について調べ、USBフラッシュドライブの世界規模、市場動向、市場環境、容量別(4GB、8GB、16GB、32GB、64GB、64GB以)分析、種類別(1.0世代ドライブ、2.0世代ドライブ、3.0世代ドライブ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはComputer Sciences Corporation、CA Technologies、Germalto、Secure AUTH、VASCO Data Security International、SecurEnvoyなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・USBフラッシュドライブの世界市場概要 ・USBフラッシュドライブの世界市場環境 ・USBフラッシュドライブの世界市場動向 ・USBフラッシュドライブの世界市場規模 ・USBフラッシュドライブの世界市場規模:容量別(4GB、8GB、16GB、32GB、64GB、64GB以) ・USBフラッシュドライブの世 …
  • ポリ乳酸の北米市場
  • 衝突防止センサーの世界市場:用途別(駐車支援、前方衝突警報システム)、技術別(レーダー、カメラ、超音波)、セグメント予測
    衝突防止センサーの世界市場は2025年には189億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率21.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、大衆車への衝突防止システムの統合と政府機関によって更新された安全格付けが考えられます。本調査レポートでは、衝突防止センサーの世界市場について調査・分析し、衝突防止センサーの世界市場動向、衝突防止センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別衝突防止センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 工業用ベルトドライブの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用ベルトドライブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用ベルトドライブ市場規模、技術別分析、製品別(Vベルトドライブ、同期ベルトドライブ、プーリー)分析、最終用途別(マテリアルハンドリング産業、産業機械、農業、鉱業・鉱物産業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用ベルトドライブの世界市場概要 ・工業用ベルトドライブの世界市場環境 ・工業用ベルトドライブの世界市場動向 ・工業用ベルトドライブの世界市場規模 ・工業用ベルトドライブの世界市場:業界構造分析 ・工業用ベルトドライブの世界市場:技術別 ・工業用ベルトドライブの世界市場:製品別(Vベルトドライブ、同期ベルトドライブ、プーリー) ・工業用ベルトドライブの世界市場:最終用途別(マテリアルハンドリング産業、産業機械、農業、鉱業・鉱物産業、その他) ・工業用ベルトドライブの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用ベルトドライブのアメリカ市 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"