"e-バイクの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT-6958)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"e-バイクの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing concern about emission and traffic congestion will boost the demand for the e-bike market”
The global e-bike market is estimated to be USD 21.1 billion in 2018 and is projected to reach USD 38.6 billion by 2025, at a CAGR of 9.01%. Many countries across the globe are facing the problem of traffic congestion, especially in crowded cities. The population of vehicles is increasing day by day, rendering the existing road infrastructure insufficient. Traffic congestion affects each individual’s personal and professional lives. As a result, governments and civic bodies are taking steps to reduce traffic congestion.
Many cities across the world are now actively promoting the use of electric bicycles as a mode of transportation in cities. Electric bicycles take up the same amount of space as a normal or traditional bicycle. The use of e-bikes can reduce the number of cars on the road and result in fewer traffic jams.
Increasing urbanization is one of the key drivers for the e-bike market. Urban population throughout the world is increasing rapidly. According to a UN report, 66% of the world population would reside in urban areas by 2050. Hyper-urbanization in some countries is hampering city traffic by increasing traffic congestion, delays in movement, parking issues, and high travel cost.
“Class-III segment is estimated to be the fastest growing segment during the forecast period”
The class-III e-bike segment is estimated to be the fastest growing segment of the global e-bike market. Class-III e-bikes, which are also known as speed pedal-assisted electric bicycle, provide assistance only when the rider is pedaling and stop providing assistance when the bicycle reaches 28 mph. These e-bikes are allowed on roads, adjacent bike lanes, or private property due to their higher speed than the other two classes, i.e. class-I and class-II. These e-bikes are expected to help replace cars in many cities. Hence, class-III e-bike segment is expected to be the fastest growing market during the forecast period.
“Class-I segment is estimated to be the largest market, in terms of value.”
Class-I e-bikes are anticipated to hold the largest share of the e-bike market. Class-I e-bikes provide assistance only when the rider is pedaling and stop providing assistance when the bicycle reaches 20 mph. This type of e-bike can operate on any paved surface. Also, class-I e-bikes are compatible with e-bike laws of most of the countries. Thus, class-I e-bikes are expected to witness incremental growth during the forecast period.
“Asia Pacific is estimated to be the largest growing market for e-bikes during the forecast period.”
The Asia Pacific region is estimated to be the largest e-bike market in 2018 and is expected to maintain its leading position during the forecast period. The region comprises some of the fastest developing economies of the world such as China and India. China, which is the largest market in the Asia Pacific, holds about 98% market share of the region. China’s e-bikes have gained popularity in the European market due to their good quality and technological edge. Most of the Asian economies have recognized the growth potential of e-bikes and, hence, are taking several initiatives to attract major OEMs to manufacture e-bikes in their domestic markets. For instance, the Government of India announced financial support and a scheme called Faster Adoption and Manufacturing of Hybrid and Electric Vehicles (FAME). Under the scheme, there is a subsidy of up to INR 22,000 for electric scooters/e-bikes. Government promotions and schemes have led to an increase in sales of electric two-wheelers over the years.
The study contains insights from various industry experts, ranging from component suppliers to tier 1 companies and OEMs. The break-up of the primaries is as follows:
• By Company Type: Tier 1: 46%, Tier 2: 27%, OEM: 27%
• By Designation: C level: 46%, D level: 36%, Others: 18%
• By Region: North America: 18%, Europe: 27%, Asia Pacific: 55%
Major players profiled in the report are:
• Yamaha Motor Corporation (Japan)
• Giant Manufacturing Co., Ltd (Taiwan)
• Accell Group N.V (Netherlands),
• Aima Technology Group Co., Ltd (China)
• Yadea Group Holdings Ltd (China)
• Pedego Electric Bikes (US)
• Merida Industry Co. Ltd (Taiwan)
• Trek Bicycle Corporation (US)
• Specialized Bicycles (US)

Research Coverage:
The report segments the e-bike market, by volume, on the basis of region (Asia Pacific, Europe, North America), class (class-I, class-II, class-III), battery type (lithium-ion, lithium-ion polymer, lead acid, and others), motor (hub motor and mid motor), mode (pedal assist and throttle), and usage (mountain/trekking, city/urban, cargo, and others). This report contains various levels of industry analysis and company profiles, which highlight emerging and high-growth segments of this market, competitive mapping, and market dynamics (drivers, restraints, opportunities, & challenges).
Reasons to Buy the Report:
The report enables new entrants and smaller firms as well as established firms to understand the market better to help them acquire a larger market share. Firms purchasing the report could use any one or a combination of the 4 strategies (market development, product development/innovation, market diversification, and competitive assessment) mentioned below to strengthen their position in the market.
The report provides insights into the following points:
• Market Penetration: The report offers comprehensive information about the e-bike market and the top players in the market.
• Product Development/Innovation: The report provides detailed insights into upcoming technologies, R&D activities, and new product launches in the e-bike market.
• Market Development: The report offers comprehensive information about the e-bike market. The report analyzes the e-bike market across regions and provides comprehensive information about lucrative emerging markets.
• Market Diversification: The report provides exhaustive information about new products, untapped regional markets, recent developments, and investments in the e-bike market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"e-バイクの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 15
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 15
1.2 PRODUCT AND MARKET DEFINITION 15
1.3 MARKET SCOPE 16
1.3.1 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 16
1.4 CURRENCY EXCHANGE RATES 17
1.5 PACKAGE SIZE 17
1.6 LIMITATIONS 17
1.7 STAKEHOLDERS 17
2 RESEARCH METHODOLOGY 18
2.1 RESEARCH DATA 18
2.2 SECONDARY DATA 20
2.2.1 KEY SECONDARY SOURCES 20
2.2.2 KEY DATA FROM SECONDARY SOURCES 20
2.3 PRIMARY DATA 21
2.3.1 SAMPLING TECHNIQUES & DATA COLLECTION METHODS 21
2.3.2 PRIMARY PARTICIPANTS 22
2.4 MARKET SIZE ESTIMATION 22
2.4.1 BOTTOM-UP APPROACH 22
2.5 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 23
2.6 RESEARCH ASSUMPTIONS AND LIMITATIONS 24
2.6.1 ASSUMPTIONS 24
2.6.2 LIMITATIONS 24
3 EXECUTIVE SUMMARY 25
4 PREMIUM INSIGHTS 29
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN THE GLOBAL E-BIKE MARKET 29
4.2 ASIA PACIFIC LEADS THE GLOBAL E-BIKE MARKET IN 2018 30
4.3 E-BIKE MARKET, BY CLASS 31
4.4 E-BIKE MARKET, BY BATTERY TYPE 32
4.5 E-BIKE MARKET, BY MOTOR TYPE 33
4.6 E-BIKE MARKET, BY MODE 34
4.7 E-BIKE MARKET, BY USAGE 35

5 MARKET OVERVIEW 36
5.1 INTRODUCTION 36
5.2 MARKET DYNAMICS 37
5.2.1 DRIVERS 37
5.2.1.1 Increasing concerns about traffic congestion 37
5.2.1.2 Rapid urbanization 37
5.2.1.3 Government initiatives to reduce emission level 38
5.2.1.4 Growing bicycle tourism industry 38
5.2.2 RESTRAINTS 38
5.2.2.1 Underdeveloped aftermarket services 38
5.2.2.2 Technological challenges 39
5.2.2.3 Unplanned infrastructure in developing countries 39
5.2.3 OPPORTUNITIES 39
5.2.3.1 Government initiatives to regulate e-bikes & improve infrastructure for e-bikes 39
5.2.3.2 Bike sharing 40
5.2.4 CHALLENGES 40
5.2.4.1 Limited distribution channels 40
5.2.4.2 Misconstrued perception about cycling 40
6 INDUSTRY TRENDS 41
6.1 TECHNOLOGY OVERVIEW 41
6.1.1 INTRODUCTION 41
6.1.2 MOTOR DRIVE TECHNOLOGY 42
6.1.3 BATTERY TECHNOLOGY 42
6.2 REGULATORY OVERVIEW 43
6.3 PORTER’S FIVE FORCES 47
7 E-BIKE MARKET, BY CLASS 48
7.1 INTRODUCTION 49
7.2 CLASS-I 50
7.2.1 CLASS-I SEGMENT COMPLIES WITH THE E-BIKE LAWS AND REGULATIONS OF MANY COUNTRIES 50
7.3 CLASS-II 51
7.3.1 REASONABLE PRICES WILL DRIVE GROWTH OPPORTUNITIES FOR THE CLASS-II SEGMENT IN NORTH AMERICA 51
7.4 CLASS-III 52
7.4.1 CLASS-III SEGMENT IS EXPECTED TO BE A POTENTIAL SOLUTION FOR CAR REPLACEMENT; HENCE IT IS THE FASTEST GROWING MARKET AMONG ALL CATEGORIES 52

8 E-BIKE MARKET, BY BATTERY TYPE 53
8.1 INTRODUCTION 54
8.2 LITHIUM-ION 55
8.2.1 OEM SHIFT TOWARD LIGHTWEIGHT BIKES WILL BOOST THE DEMAND FOR LITHIUM-ION BATTERIES DURING THE FORECAST PERIOD 55
8.3 LITHIUM-ION POLYMER 56
8.3.1 INCREASE IN DEMAND FOR LIGHTWEIGHT BIKES AND IMPROVED SAFETY WILL DRIVE THE GROWTH OF LITHIUM-ION POLYMER BATTERIES DURING THE FORECAST PERIOD 56
8.4 LEAD ACID 57
8.4.1 TECHNOLOGICAL LIMITATIONS ARE EXPECTED TO DECREASE THE SALES OF LEAD ACID BATTERIES DURING THE FORECAST PERIOD 57
8.5 OTHERS 58
8.5.1 ADOPTION OF SOLID-STATE BATTERIES COULD PROVIDE GROWTH OPPORTUNITIES FOR THE SEGMENT 58
9 E-BIKE MARKET, BY MOTOR TYPE 59
9.1 INTRODUCTION 60
9.2 HUB MOTOR 61
9.2.1 SHIFT IN INTERESTS OF E-BIKE OEMS TOWARDS LIGHTWEIGHTING WILL DECREASE THE GROWTH OF HUB MOTORS DURING THE FORECAST PERIOD (2018–2025) 61
9.3 MID MOTOR 62
9.3.1 INCREASE IN DEMAND FOR LIGHTWEIGHT AND BETTER QUALITY E-BIKES WILL BOOST THE DEMAND FOR MID MOTORS SEGMENT 62
10 E-BIKE MARKET, BY MODE 63
10.1 INTRODUCTION 64
10.2 PEDAL ASSIST MODE 65
10.2.1 PEDAL ASSIST MODE ABIDES BY THE E-BIKE LAWS AND REGULATIONS OF MOST COUNTRIES ACROSS THE GLOBE, WHICH WILL HELP BOOST ITS DEMAND DURING THE FORECAST PERIOD 65
10.3 THROTTLE MODE 66
10.3.1 THROTTLE TYPE E-BIKE SEGMENT IS EXPECTED TO WITNESS NEGATIVE GROWTH OWING TO INCOMPATIBILITY WITH E-BIKE LAWS AND REGULATIONS OF MANY COUNTRIES 66
11 E-BIKE MARKET, BY REGION 67
11.1 INTRODUCTION 68
11.2 ASIA PACIFIC 69
11.2.1 CHINA 72
11.2.1.1 Market saturation and selective bans play spoilsport in China 72
11.2.2 JAPAN 73
11.2.2.1 Japan on track to remain second-largest e-bike market in Asia 73

11.2.3 TAIWAN 74
11.2.3.1 Taiwanese market to post double-digit growth despite shrinking demand of mountain bikes 74
11.2.4 SOUTH KOREA 75
11.2.4.1 South Korea to be the fastest growing e-bike market in Asia 75
11.2.5 INDIA 76
11.2.5.1 All usage applications to expand in India 76
11.3 EUROPE 76
11.3.1 GERMANY 79
11.3.1.1 Despite slowing growth, Germany to retain regional; leadership in Europe 79
11.3.2 THE NETHERLANDS 79
11.3.2.1 Saturation leading to slower growth in the Netherlands 79
11.3.3 BELGIUM 80
11.3.3.1 Tax benefits, tourism to boost demand of e-bikes in Belgium 80
11.3.4 FRANCE 81
11.3.4.1 Policy tailwinds to make France the fastest growing market in Europe 81
11.3.5 ITALY 81
11.3.5.1 All usage applications to post double-digit growth rates in Italy 81
11.3.6 REST OF EUROPE (ROE) 82
11.3.6.1 RoE market to expand in line with Europe 82
11.4 NORTH AMERICA 83
11.4.1 CANADA 84
11.4.1.1 Canada to be the fastest expanding e-bike market in North America 84
11.4.2 US 85
11.4.2.1 Secular demand trends to help United States in posting double-digit CAGR 85
12 COMPETITIVE LANDSCAPE 87
12.1 E-BIKE MANUFACTURERS 87
12.1.1 OVERVIEW 87
12.1.2 E-BIKE: MARKET RANKING ANALYSIS 89
12.1.3 COMPETITIVE SCENARIO 90
12.1.3.1 Contracts & agreements 90
12.1.3.2 New product developments 91
12.1.3.3 Expansions 92
12.1.3.4 Mergers & acquisitions 93
12.1.4 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 93
12.1.4.1 Visionary leaders 93
12.1.4.2 Innovators 93
12.1.4.3 Dynamic differentiators 94
12.1.4.4 Emerging companies 94

12.2 COMPONENT SUPPLIERS 95
12.2.1 OVERVIEW 95
12.2.2 E-BIKE COMPONENT SUPPLIERS: MARKET RANKING ANALYSIS 97
12.2.3 COMPETITIVE SCENARIO 98
12.2.3.1 Contracts & agreements 98
12.2.3.2 New product developments 99
12.2.3.3 Expansions 101
12.2.3.4 Mergers & acquisitions 101
12.2.4 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 102
12.2.4.1 Visionary leaders 102
12.2.4.2 Innovators 102
12.2.4.3 Dynamic differentiators 102
12.2.4.4 Emerging companies 102
13 COMPANY PROFILES 104
(Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT analysis, MNM view)*
13.1 E-BIKE MANUFACTURERS 104
13.1.1 YAMAHA MOTOR COMPANY 104
13.1.2 GIANT MANUFACTURING CO. LTD. 107
13.1.3 ACCELL GROUP N.V. 110
13.1.4 AIMA TECHNOLOGY GROUP CO. LTD. 112
13.1.5 YADEA GROUP HOLDINGS LTD 114
13.1.6 PEDEGO ELECTRIC BIKES 116
13.1.7 MERIDA INDUSTRY CO. LTD 118
13.1.8 TREK BICYCLE CORPORATION 119
13.1.9 SPECIALIZED BICYCLE COMPONENTS, INC. 120
13.2 COMPONENT SUPPLIERS 122
13.2.1 ROBERT BOSCH GMBH 122
13.2.2 SAMSUNG SDI CO. LTD. 125
13.2.3 CONTINENTAL AG 127
13.2.4 PANASONIC CORPORATION 129
13.2.5 LG CHEM LTD 131
13.2.6 JOHNSON MATTHEY BATTERY SYSTEMS 133
13.2.7 SHIMANO 135
13.2.8 BMZ GMBH 137
13.2.9 BROSE FAHRZEUGTEILE 138
*Details on Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT analysis, MNM view might not be captured in case of unlisted companies

14 APPENDIX 139
14.1 DISCUSSION GUIDE 139
14.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 143
14.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 145
14.3.1 ADDITIONAL COMPANY PROFILES 145
14.3.1.1 Business overview 145
14.3.1.2 SWOT analysis 145
14.3.1.3 Recent developments 145
14.3.1.4 MnM view 145
14.3.1.5 Who–supplies–whom data 145
14.3.2 REGION AND COUNTRY SPECIFIC E-BIKE MARKET, BY VALUE AND VOLUME 145
14.4 RELATED REPORTS 145
14.5 AUTHOR DETAILS 146

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】e-バイクの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年3月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT-6958
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
e-バイクの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のコンパクタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のコンパクタ市場2016について調査・分析し、コンパクタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設業界向け防火材の世界市場:タイプ別(シート・ボード、シーラント、モルタル、スプレー、パテ)、用途別(商業、工業、住宅)、セグメント予測
    建設業界向け防火材の世界市場は2025年には81億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.4%で成長すると予測されています。火災予防規則や厳しい建築基準の導入により、市場は拡大することが予想されます。また、製品の有効性を管理して確実にするために、さまざまな公的基準が確立されています。さらに、人々の火災予防に対する意識の高まりは、市場の成長を促すと期待されています。本調査レポートでは、建設業界向け防火材の世界市場について調査・分析し、建設業界向け防火材の世界市場動向、建設業界向け防火材の世界市場規模、市場予測、セグメント別建設業界向け防火材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウィルスベクター製造の世界市場:種類別(アデノウイルス、レトロウイルス、アデノ随伴ウイルス、その他)、疾患別(遺伝性疾患、感染症、がん)、用途別(ワクチン、遺伝子治療)、最終用途別(研究機関、バイオ医薬品・製薬会社)、地域別予測
    本資料は、ウィルスベクター製造の世界市場について調べ、ウィルスベクター製造の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アデノウイルス、レトロウイルス、アデノ随伴ウイルス、その他)分析、疾患別(遺伝性疾患、感染症、がん)分析、用途別(ワクチン、遺伝子治療)分析、最終用途別(研究機関、バイオ医薬品・製薬会社)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウィルスベクター製造の世界市場概要 ・ウィルスベクター製造の世界市場環境 ・ウィルスベクター製造の世界市場動向 ・ウィルスベクター製造の世界市場規模 ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:種類別(アデノウイルス、レトロウイルス、アデノ随伴ウイルス、その他) ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:疾患別(遺伝性疾患、感染症、がん) ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:用途別(ワクチン、遺伝子治療) ・ウィルスベクター製造の世界市場規模:最終用途別(研究機関、バイオ医薬品・製薬会社) ・ウィルスベクター製造の世 …
  • 輸送管理システム(TMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、輸送管理システム(TMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、輸送管理システム(TMS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用コネクタの世界市場予測(~2022):PCB、高電圧コネクタ、高速コネクタ、RFコネクタ、光コネクタ
    当調査レポートでは、航空機用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、種類別分析、形状別分析、地域別分析、航空機用コネクタの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用OLEDの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用OLEDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用OLEDの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 代用皮膚の世界市場
    当調査レポートでは、代用皮膚の世界市場について調査・分析し、代用皮膚の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のインジェクション・ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のインジェクション・ポンプ市場2015について調査・分析し、インジェクション・ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 酵素の世界市場:タイプ別(プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、リパーゼ、ポリメラーゼ、ヌクレアーゼ、その他)、ソース別(微生物、植物、動物)、反応タイプ別(ヒドロラーゼ、オキシドレダクターゼ、トランスフェラーゼ、リアーゼ、その他)、用途別(食品・飲料、家庭用ケア用品、バイオエネルギー、製薬・バイオテクノロジー、飼料、その他)
    本資料は、酵素の世界市場について調べ、酵素の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、タイプ別(プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、リパーゼ、ポリメラーゼ、ヌクレアーゼ、その他)分析、反応タイプ別(ヒドロラーゼ、オキシドレダクターゼ、トランスフェラーゼ、リアーゼ、その他)分析、用途別(食品・飲料、家庭用ケア用品、バイオエネルギー、製薬・バイオテクノロジー、飼料、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・酵素の世界市場概要 ・酵素の世界市場環境 ・酵素の世界市場動向 ・酵素の世界市場規模 ・酵素の世界市場:市場シェア ・酵素の世界市場:タイプ別(プロテアーゼ、カルボヒドラーゼ、リパーゼ、ポリメラーゼ、ヌクレアーゼ、その他) ・酵素の世界市場:ソース別(微生物、植物、動物) ・酵素の世界市場:反応タイプ別(ヒドロラーゼ、オキシドレダクターゼ、トランスフェラーゼ、リアーゼ、その他) ・酵素の世界市場:用途別(食品・飲料、家庭用ケア用品、バイオエネル …
  • セキュアロジスティクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セキュアロジスティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セキュアロジスティクス市場規模、サービス別(セキュリティサービス、キャッシュサービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Brink's, G4S, Loomis, Prosegur, Securitasなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セキュアロジスティクスの世界市場概要 ・セキュアロジスティクスの世界市場環境 ・セキュアロジスティクスの世界市場動向 ・セキュアロジスティクスの世界市場規模 ・セキュアロジスティクスの世界市場:業界構造分析 ・セキュアロジスティクスの世界市場:サービス別(セキュリティサービス、キャッシュサービス) ・セキュアロジスティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セキュアロジスティクスの北米市場規模・予測 ・セキュアロジスティクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セキュアロジスティクスのアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 世界のステンレスキッチン用品市場2015
    本調査レポートでは、世界のステンレスキッチン用品市場2015について調査・分析し、ステンレスキッチン用品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タイのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • コンシューマーアクティブ光ケーブルの世界市場:技術別(HDMI、イーサネット、InfiniBand、DisplayPort、およびUSB)、コネクタータイプ別(SFP、CFP、その他)
    当調査レポートでは、コンシューマーアクティブ光ケーブルの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、技術別分析、業種別分析、コネクタータイプ別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・コンシューマーアクティブ光ケーブルの世界市場:技術別(HDMI、イーサネット、InfiniBand、DisplayPort、およびUSB ・コンシューマーアクティブ光ケーブルの世界市場:コネクタータイプ別(SFP、CFP、その他) ・コンシューマーアクティブ光ケーブルの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • 世界のソルビン酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のソルビン酸市場2015について調査・分析し、ソルビン酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ACSRの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ACSRの世界市場について調査・分析し、ACSRの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ACSRシェア、市場規模推移、市場規模予測、ACSR種類別分析(ACSR(鋼心アルミより線)、ACSR/AW(アルミ覆鋼線)、ACSR/TW)、ACSR用途別分析(架空裸トランスミッションコンダクタ、1次・2次配線コンダクタ、メッセンジャサポート、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ACSRの市場概観 ・ACSRのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ACSRのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ACSRの世界市場規模 ・ACSRの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ACSRのアメリカ市場規模推移 ・ACSRのカナダ市場規模推移 ・ACSRのメキシコ市場規模推移 ・ACSRのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ACSRのドイツ市場規模推移 ・ACSRのイギリス市場規模推移 ・ACSRのロシア市場規模推移 ・ACSRのア …
  • 特殊顔料の世界市場2016-2020:有機顔料、金属エフェクト顔料、高性能顔料、光干渉顔料、錯体無機顔料、蛍光顔料、発光顔料
    当調査レポートでは、特殊顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊顔料の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 分光装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、分光装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分光装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 風力タービン用鋳造品の世界市場分析:タイプ別(水平軸、垂直軸)、用途別(オンショア、オフショア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、風力タービン用鋳造品の世界市場について調査・分析し、風力タービン用鋳造品の世界市場動向、風力タービン用鋳造品の世界市場規模、市場予測、セグメント別風力タービン用鋳造品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パウダーコーティングの世界市場分析:樹脂別(エポキシ、ポリエステル、エポキシ – ポリエステル、アクリル、ポリウレタン)、用途別(消費財、自動車、建築、一般産業、家具)、セグメント予測
    本調査レポートでは、パウダーコーティングの世界市場について調査・分析し、パウダーコーティングの世界市場動向、パウダーコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別パウダーコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電子データキャプチャ(EDC)システムの世界市場分析:コンポーネント別、送達モード別(Webベース、ライセンス企業、クラウドベース)、開発フェーズ別(フェーズ1、2、3、4)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、電子データキャプチャ(EDC)システムの世界市場について調査・分析し、電子データキャプチャ(EDC)システムの世界市場動向、電子データキャプチャ(EDC)システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別電子データキャプチャ(EDC)システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 季節性インフルエンザワクチンの世界市場:市場規模、地域見通し、ワクチン分析、パイプラインインサイト、治験、契約種類、制度、価格動向、競争戦略、予測
  • 中口径弾薬の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、中口径弾薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、中口径弾薬市場規模、製品別(20mm、25mm、30mm、40mm、その他)分析、種類別(物理的圧縮、化学的抽出)分析、用途別(防衛・軍、警察、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 中口径弾薬の世界市場:市場動向分析 ・ 中口径弾薬の世界市場:競争要因分析 ・ 中口径弾薬の世界市場:製品別(20mm、25mm、30mm、40mm、その他) ・ 中口径弾薬の世界市場:種類別(物理的圧縮、化学的抽出) ・ 中口径弾薬の世界市場:用途別(防衛・軍、警察、その他) ・ 中口径弾薬の世界市場:主要地域別分析 ・ 中口径弾薬の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 中口径弾薬のヨーロッパ市場規模 ・ 中口径弾薬のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・中口径弾薬の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 自動コンテンツ認識ソリューションの世界市場:オーディオ/ビデオ/画像認識、音声認識、リアルタイムコンテンツ分析、セキュリティおよび著作権管理
    当調査レポートでは、自動コンテンツ認識ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用冷蔵庫の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医療用冷蔵庫の世界市場について調査・分析し、医療用冷蔵庫の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医療用冷蔵庫シェア、市場規模推移、市場規模予測、医療用冷蔵庫種類別分析()、医療用冷蔵庫用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医療用冷蔵庫の市場概観 ・医療用冷蔵庫のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医療用冷蔵庫のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医療用冷蔵庫の世界市場規模 ・医療用冷蔵庫の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医療用冷蔵庫のアメリカ市場規模推移 ・医療用冷蔵庫のカナダ市場規模推移 ・医療用冷蔵庫のメキシコ市場規模推移 ・医療用冷蔵庫のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・医療用冷蔵庫のドイツ市場規模推移 ・医療用冷蔵庫のイギリス市場規模推移 ・医療用冷蔵庫のロシア市場規模推移 ・医療用冷蔵庫のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・医療用冷蔵庫の日本市場規模推移 ・医 …
  • パワーアンプの世界市場予測(~2023年)
    パワーアンプの世界市場は、2018年の214億米ドルから2023年には306億米ドルに達し、この期間中7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、家庭用電化製品の人気の高まり、LTE技術の使用、高品質オーディオに対する需要が考えれられます。一方で、高度に細分化された産業による価格マージンの減少、ひいては利益の低減が要因で、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、パワーアンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(オーディオパワーアンプ、RFパワーアンプ)分析、クラス(クラスAB、クラスC、クラスD)分析、技術分析、産業(家電、工業、テレコム、自動車)分析、パワーアンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州の炭素繊維テープ市場-分析及び展望(~2022年)
  • タピオカの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タピオカの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、タピオカの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場について調査・分析し、非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:市場動向分析 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:競争要因分析 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:材料別 バルサ材 発砲樹脂 低密度発砲樹脂 高密度発砲樹脂 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:垂直市場別 宇宙航空系 建設業 海洋業 運送業 風力発電 その他 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:主要地域別分析 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の北米市場規模(アメリカ市場等) - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料のヨーロッパ市場規模 - 非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・非ハニカムサンドウィッチパネル芯材料の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 9-デカン酸メチルの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、9-デカン酸メチルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、9-デカン酸メチルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は9-デカン酸メチルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.45%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Elevance Renewable Sciences、J&K Scientific、Matreya、Merck、P&G Chemicals等です。
  • 世界のポリエステル・ゲルコート市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリエステル・ゲルコート市場2015について調査・分析し、ポリエステル・ゲルコートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • 食品用増粘剤の世界市場
    当調査レポートでは、食品用増粘剤の世界市場について調査・分析し、食品用増粘剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食品用増粘剤の世界市場:市場動向分析 - 食品用増粘剤の世界市場:競争要因分析 - 食品用増粘剤の世界市場:由来別 ・動物 ・植物 ・微生物 - 食品用増粘剤の世界市場:用途別 ・ソース、ドレッシング、マリネ、グレイビーソース ・乳製品&冷凍のデザート ・菓子 ・インスタント&加工食品 ・パン ・飲料 - 食品用増粘剤の世界市場:種類別 ・プロテイン ・親水コロイド ・澱粉 - 食品用増粘剤の世界市場:主要地域別分析 - 食品用増粘剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食品用増粘剤のヨーロッパ市場規模 - 食品用増粘剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品用増粘剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 米国の心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • 動力工具の世界市場
    当調査レポートでは、動力工具の世界市場について調査・分析し、動力工具の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別
    MarketsandMarkets社は、電気手術の世界市場規模が2019年64億ドルから2025年88億ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の電気手術市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(電気外科器具、電気外科発電機、電気外科付属品、煙排出システム)分析、手術種類別(一般手術、産婦人科手術、整形手術、心臓血管手術、腫瘍手術、美容手術、泌尿器手術、神経手術、その他の手術)分析、エンドユーザー別(病院、クリニック、アブレーションセンター、外来手術センター、研究所、学術研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の電気手術市場:製品別(電気外科器具、電気外科発電機、電気外科付属品、煙排出システム) ・世界の電気手術市場:手術種類別(一般手術、産婦人科手術、整形手術、心臓血管手術、腫瘍手術、美容手術、泌尿器手術、神経手術、その他の手術) ・世界の電気手術市場:エンドユーザー別(病院、クリニック、アブレーションセンター、外来手 …
  • 自動車用ドアヒンジの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ドアヒンジの世界市場について調査・分析し、自動車用ドアヒンジの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用ドアヒンジの世界市場:市場動向分析 - 自動車用ドアヒンジの世界市場:競争要因分析 - 自動車用ドアヒンジの世界市場:車両の種類別 ・大型商用車 ・小型商用車 ・乗用車 - 自動車用ドアヒンジの世界市場:製品の種類別 ・テールゲート用ヒンジ ・フードヒンジ ・フロント&バックドア用ヒンジ - 自動車用ドアヒンジの世界市場:販路別 ・アフターマーケットでの販売 ・OEM販売 - 自動車用ドアヒンジの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用ドアヒンジの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用ドアヒンジのヨーロッパ市場規模 - 自動車用ドアヒンジのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車用ドアヒンジの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ポリ乳酸の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、ポリ乳酸の世界市場について調査・分析し、ポリ乳酸の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 風力発電機の世界市場
    当調査レポートでは、風力発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力発電機の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機エンジン状態監視システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、航空機エンジン状態監視システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機エンジン状態監視システム市場規模、エンジン別(ターボファン、ターボプロップ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場概要 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場環境 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場動向 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場規模 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場:業界構造分析 ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場:エンジン別(ターボファン、ターボプロップ) ・航空機エンジン状態監視システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・航空機エンジン状態監視システムのアメリカ市場規模・予測 ・航空機エンジン状態監視システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・航空機エンジン状態監視システムのアジア市場規模・予測 ・航空機エンジン状態監視システムの主要国分析 ・航空機 …
  • オートバイ用スタート・ストップシステムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、オートバイ用スタート・ストップシステムの世界市場について調査・分析し、オートバイ用スタート・ストップシステムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - オートバイ用スタート・ストップシステムの世界市場:市場動向分析 - オートバイ用スタート・ストップシステムの世界市場:競争要因分析 - オートバイ用スタート・ストップシステムの世界市場:オートバイ種類別 高級通勤通学用オートバイ 一般通勤通学用オートバイ - オートバイ用スタート・ストップシステムの世界市場:主要地域別分析 - オートバイ用スタート・ストップシステムの北米市場規模(アメリカ市場等) - オートバイ用スタート・ストップシステムのヨーロッパ市場規模 - オートバイ用スタート・ストップシステムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・オートバイ用スタート・ストップシステムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • CysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストの概要 ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のCysLT亜類型1受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CysLT亜類型1受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • サフランの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、サフランの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サフランの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はサフランの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Gohar saffron、Iran Saffron、Rowhani Saffron、Saffron Business等です。
  • ネットワーク分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ネットワーク分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ネットワークインテリジェンスソリューション&サービス)分析、用途別(ネットワークパフォーマンス管理、顧客分析、品質管理)分析、展開種類別分析、組織規模別分析、ネットワーク分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ネットワーク分析の世界市場規模が2019年14億ドルから2024年36億ドルまで年平均20.5%成長すると予測しています。
  • 高カルシウム血症(Hypercalcemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、高カルシウム血症(Hypercalcemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・高カルシウム血症(Hypercalcemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・高カルシウム血症(Hypercalcemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・高カルシウム血症(Hypercalcemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・高カルシウム血症(Hypercalcemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・高カルシウム血症(Hypercalcemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の高カルシウム血症(Hypercalcemia)治療薬剤
  • 自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のロウソク市場2016
    本調査レポートでは、世界のロウソク市場2016について調査・分析し、ロウソクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アラミド繊維の世界市場予測(~2024年):パラアラミド繊維、メタアラミド繊維
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アラミド繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ別(パラアラミド繊維、メタアラミド繊維)分析、用途別(セキュリティ・保護、摩擦材料、工業用ろ過、光ファイバー、ゴム補強、タイヤ補強)分析、アラミド繊維の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カーペット洗浄機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カーペット洗浄機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カーペット洗浄機市場規模、製品別(直立型、キャニスター型、ハンドヘルド型)分析、最終用途別(商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カーペット洗浄機の世界市場概要 ・カーペット洗浄機の世界市場環境 ・カーペット洗浄機の世界市場動向 ・カーペット洗浄機の世界市場規模 ・カーペット洗浄機の世界市場:業界構造分析 ・カーペット洗浄機の世界市場:製品別(直立型、キャニスター型、ハンドヘルド型) ・カーペット洗浄機の世界市場:最終用途別(商業用、家庭用) ・カーペット洗浄機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・カーペット洗浄機のアメリカ市場規模・予測 ・カーペット洗浄機のヨーロッパ市場規模・予測 ・カーペット洗浄機のアジア市場規模・予測 ・カーペット洗浄機の主要国分析 ・カーペット洗浄機の世界市場:意思決定フレームワーク ・カーペット洗浄機の世界市場: …
  • ボーリング用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ボーリング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボーリング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの血栓管理装置市場(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"