"医療機器冷却装置の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD-6963)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"医療機器冷却装置の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The medical equipment cooling market is projected to grow at a CAGR of 3.8% during the forecast period.”The global medical equipment cooling market is projected to reach USD 233 million by 2024 from USD 193 million in 2019, at a CAGR of 3.8%. Growth in this market is largely driven by factors such as the economic benefits offered by cooling systems, technological advancements in diagnostic imaging modalities, growing geriatric population, and rising incidence of cancer. However, the risk of corrosion in cooling systems is a major factor that is expected to challenge the growth of this market during the forecast period.

“The air-based cooling segment is to witness higher growth in the medical equipment cooling market during the forecast period.”
Based on type, the medical equipment cooling market is segmented into liquid-based cooling, (liquid-liquid configuration, liquid-air heat transfer configuration, and compressor-based recirculating configuration) and air-based cooling (direct-air configuration and air-to-air configuration). The air-based cooling segment of the medical equipment cooling market is expected to grow at a higher CAGR during the forecast period. The high growth of this segment can be attributed to its lower cost and the risk of failure associated with air-based cooling.

“The OEMs segment accounted for the largest share of the medical equipment cooling market in 2018.”
Based on end user, the medical equipment cooling market is segmented into original equipment manufacturers (OEMs); hospitals, laboratories, and outpatient clinics; independent diagnostic & treatment centers and laboratories, and other end users. The OEMs segment accounted for the largest share of the global medical equipment cooling market in 2018. The large share of this segment can be attributed to the increasing usage and demand of devices such as diagnostic imaging systems, lasers, and LINAC to meet the increasing prevalence of chronic diseases. Furthermore, the availability of custom cooling solutions by manufacturers to suit the specific requirement of medical equipment manufacturers is adding significant growth opportunities to this end-user segment.

“Europe accounted for the second-largest share of the global market in 2018.”
Based on region, the medical equipment cooling market is segmented into four major regions, namely, North America, Europe, the Asia Pacific, and the Rest of the World. Europe accounted for the second-largest share of the global medical equipment cooling market in 2018. The increasing incidence of cancer, growing geriatric population, the growing healthcare expenditure, the need for early diagnosis, and the increased adoption of advanced systems are the major factors propelling the demand for medical equipment cooling in Europe.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-level – 26%, Director-level – 30%, and Others – 44%
• By Region: North America – 34%, Europe -26%, APAC – 23%, and the RoW -17%

The major players in the market include Glen Dimplex Group (Ireland), Legacy Chiller Systems Inc. (US), and Filtrine Manufacturing Company, Inc. (US), Laird Technologies, Inc. (US), Cold Shot Chillers (US), KKT Chillers (Germany), General Air Products, Inc. (US), Drake Refrigeration, Inc. (US), Lytron, Inc. (US), Motivair Corporation (US), American Chillers (US), Parker Hannifin Corp (US), Whaley Products Inc. (US), Johnson Thermal Systems (US), and Haskris (US), among others.

Research Coverage
This report studies the medical equipment cooling market based on type, compressor, configuration, application, end user, and region. The report also studies factors such as drivers, restraints, and challenges that affect market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions and the respective countries in these regions.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the medical equipment cooling market, and high-growth regions along with their drivers, restraints, challenges, and opportunities. This report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"医療機器冷却装置の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 16
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 16
1.2 MARKET DEFINITION 16
1.3 MARKET SCOPE 17
1.3.1 MARKETS COVERED 17
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 18
1.4 CURRENCY 18
1.5 STAKEHOLDERS 18
2 RESEARCH METHODOLOGY 19
2.1 RESEARCH DATA 19
2.1.1 SECONDARY DATA 21
2.1.1.1 Key data from secondary sources 21
2.1.2 PRIMARY DATA 23
2.1.2.1 Key data from primary sources 23
2.1.2.2 Breakdown of primaries 24
2.2 MARKET ESTIMATION METHODOLOGY 24
2.2.1 PRODUCT-BASED MARKET ESTIMATION 25
2.2.2 VOLUME-BASED MARKET ESTIMATION 26
2.2.3 PRIMARY RESEARCH VALIDATION 27
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 28
2.4 RESEARCH LIMITATIONS AND ASSUMPTIONS 29
2.4.1 LIMITATIONS 29
2.4.2 ASSUMPTIONS 29
3 EXECUTIVE SUMMARY 30
4 PREMIUM INSIGHTS 35
4.1 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET OVERVIEW 35
4.2 REGIONAL ANALYSIS: MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY CONFIGURATION 36
4.3 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY TYPE 37
4.4 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY COMPRESSOR (USD MILLION) 37
4.5 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY APPLICATION 38
4.6 ASIA PACIFIC: MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY END USER 39
4.7 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY REGION 40

5 MARKET OVERVIEW 41
5.1 INTRODUCTION 41
5.2 MARKET DYNAMICS 41
5.2.1 DRIVERS 42
5.2.1.1 Economic benefits offered by medical equipment cooling 42
5.2.1.2 Technological advancements in diagnostic imaging modalities 42
5.2.1.3 Growing global prevalence of cancer 42
5.2.1.4 Increasing geriatric population and disease incidence 43
5.2.1.5 Growing number of diagnostic centers and hospitals 43
5.2.2 OPPORTUNITIES 44
5.2.2.1 Emerging markets 44
5.2.3 CHALLENGES 44
5.2.3.1 Risk of corrosion in cooling systems 44
6 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY TYPE 45
6.1 INTRODUCTION 46
6.2 LIQUID-BASED COOLING 47
6.2.1 LONG LIFESPANS AND REDUCED NOISE OF LIQUID COOLING SYSTEMS ARE KEY DRIVERS OF MARKET GROWTH 47
6.2.2 LIQUID-LIQUID CONFIGURATION 48
6.2.3 LIQUID-AIR HEAT TRANSFER CONFIGURATION 48
6.2.4 COMPRESSOR-BASED RECIRCULATING CONFIGURATION 48
6.3 AIR-BASED COOLING 48
6.3.1 THE REDUCED COST OF AIR COOLING IS A KEY FACTOR DRIVING PRODUCT DEMAND 48
6.3.2 DIRECT-TO-AIR CONFIGURATION 49
6.3.3 AIR-TO-AIR CONFIGURATION 49
7 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY COMPRESSOR 50
7.1 INTRODUCTION 51
7.2 SCROLL COMPRESSORS 52
7.2.1 REDUCED PRICES OF SCROLL COMPRESSORS ARE DRIVING THEIR DEMAND AMONG END USERS 52
7.3 SCREW COMPRESSORS 53
7.3.1 SCREW COMPRESSORS OFFER THE ADVANTAGE OF REDUCED RISK OF REFRIGERANT LEAKAGE 53
7.4 CENTRIFUGAL COMPRESSORS 54
7.4.1 HIGH ENERGY EFFICIENCY OF CENTRIFUGAL COMPRESSORS – A MAJOR FACTOR DRIVING THEIR DEMAND AMONG END USERS 54
7.5 RECIPROCATING COMPRESSORS 55
7.5.1 THE COMPLEX NATURE OF INSTALLATION OF RECIPROCATING COMPRESSORS IS LIMITING THEIR ADOPTION 55

8 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY CONFIGURATION 56
8.1 INTRODUCTION 57
8.2 PACKAGED SYSTEMS 58
8.2.1 COMPONENTS ASSEMBLED AT A FACTORY ELIMINATE THE NEED TO DESIGN AND INSTALL THESE SYSTEMS—A KEY FACTOR DRIVING MARKET GROWTH 58
8.3 MODULAR SYSTEMS 59
8.3.1 MODULAR COOLING SYSTEMS ARE SELF-CONTAINED, WHICH ELIMINATES THE NEED TO ASSEMBLE COMPONENTS—A KEY FACTOR DRIVING THE ADOPTION OF THESE SYSTEMS 59
8.4 SPLIT SYSTEMS 60
8.4.1 THE ADDED COST OF ASSEMBLING AND ENGINEERING SPLIT UNITS IS A KEY MARKET RESTRAINT 60
9 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY APPLICATION 61
9.1 INTRODUCTION 62
9.2 MEDICAL DEVICES 63
9.2.1 MEDICAL IMAGING SYSTEMS 64
9.2.1.1 Magnetic resonance imaging systems 65
9.2.1.1.1 Growing use of MRI systems in diagnostic imaging is driving market growth 65
9.2.1.2 Computed tomography scanners 66
9.2.1.2.1 Technological advancements in the field of CT are driving the demand for optimal cooling 66
9.2.1.3 Positron emission tomography scanners 66
9.2.1.3.1 Increasing use of PET scanners has boosted the demand for cooling systems 66
9.2.2 MEDICAL LASERS 67
9.2.2.1 Optimal cooling is required to improve the shelf-life of lasers 67
9.2.3 LINEAR ACCELERATORS 68
9.2.3.1 Increasing prevalence of cancer is driving the demand for LINAC cooling 68
9.3 ANALYTICAL & LABORATORY EQUIPMENT 69
9.3.1 NEED FOR HIGH HEAT DISSIPATION IN ANALYTICAL AND LABORATORY EQUIPMENT DRIVING THE GROWTH 69
10 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY END USER 70
10.1 INTRODUCTION 71
10.2 ORIGINAL EQUIPMENT MANUFACTURERS 72
10.2.1 OEMS DEPEND ON EFFICIENT COOLING SYSTEMS TO REMOVE HIGH-WATT DENSITY HEAT LOADS FROM MEDICAL IMAGING EQUIPMENT 72
10.3 HOSPITALS, LABORATORIES, AND OUTPATIENT CLINICS 73
10.3.1 GROWTH OF THIS SEGMENT CAN BE ATTRIBUTED TO THE RISING NUMBER OF DIAGNOSTIC IMAGING PROCEDURES PERFORMED IN HOSPITAL SETTINGS 73
10.4 INDEPENDENT DIAGNOSTIC & TREATMENT CENTERS AND LABORATORIES 74
10.4.1 INCREASING NUMBER OF PRIVATE AND PUBLIC IMAGING CENTERS TO SUPPORT MARKET GROWTH 74
10.5 OTHER END USERS 75
11 MEDICAL EQUIPMENT COOLING MARKET, BY REGION 76
11.1 INTRODUCTION 77
11.2 NORTH AMERICA 78
11.2.1 US 82
11.2.1.1 US dominates the global medical equipment cooling market, due to the presence of a well-established healthcare system & greater adoption of advanced technologies in the region 82
11.2.2 CANADA 84
11.2.2.1 Lower adoption of advanced medical devices is restraining the growth of the medical equipment cooling market in Canada 84
11.3 EUROPE 85
11.3.1 GERMANY 90
11.3.1.1 Germany to register the highest growth in the European medical equipment cooling market during the forecast period 90
11.3.2 UK 91
11.3.2.1 Increasing adoption of high-end cancer diagnostic equipment to drive market growth 91
11.3.3 FRANCE 93
11.3.3.1 Rising healthcare expenditure in France has boosted the adoption of medical equipment cooling systems 93
11.3.4 REST OF EUROPE 94
11.4 ASIA PACIFIC 96
11.4.1 CHINA 100
11.4.1.1 Favorable government investments and growing population have driven healthcare infrastructural development 100
11.4.2 JAPAN 102
11.4.2.1 Rising geriatric population is boosting the adoption of medical equipment cooling in Japan 102
11.4.3 INDIA 104
11.4.3.1 India’s first domestic, low-cost MRI machine was introduced in 2018 104
11.4.4 REST OF ASIA PACIFIC 105
11.5 REST OF THE WORLD 107
12 COMPETITIVE LANDSCAPE 111
12.1 INTRODUCTION 111
12.2 RANKING OF PLAYERS, 2017 111
12.3 COMPETITIVE SCENARIO 112
12.3.1 PRODUCT ENHANCEMENT 112
12.3.2 EXPANSIONS 112

13 COMPANY PROFILES 113
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
13.1 AMERICAN CHILLERS 113
13.2 COLD SHOT CHILLERS 114
13.3 DRAKE REFRIGERATION, INC. 115
13.4 FILTRINE MANUFACTURING COMPANY 116
13.5 GENERAL AIR PRODUCTS, INC. 117
13.6 GLEN DIMPLEX GROUP 118
13.7 HASKRIS 119
13.8 JOHNSON THERMAL SYSTEMS 120
13.9 KKT CHILLERS 121
13.10 LAIRD TECHNOLOGIES, INC. 122
13.11 LEGACY CHILLER SYSTEMS 124
13.12 LYTRON INC 125
13.13 MOTIVAIR CORPORATION 126
13.14 PARKER HANNIFIN CORP 127
13.15 WHALEY PRODUCTS, INC. 128
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
14 APPENDIX 129
14.1 DISCUSSION GUIDE 129
14.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 133
14.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 135
14.4 RELATED REPORTS 135
14.5 AUTHOR DETAILS 136

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】医療機器冷却装置の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD-6963
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
医療機器冷却装置の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 路面標示材の世界市場:性能ベース、塗料ベース
    当調査レポートでは、路面標示材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 加工調理済み食品用機械の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、加工調理済み食品用機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、作動方式別分析、地域別分析、加工調理済み食品用機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンピュテーショナルフォトグラフィ(CP)の世界市場予測(~2023年):スマートフォンカメラ、スタンドアローンカメラ、マシンビジョン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コンピュテーショナルフォトグラフィ(CP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、種類別分析、提供方式別分析、地域別分析、コンピュテーショナルフォトグラフィ(CP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 3D印刷用プラスチックの世界市場:種類別(ABS・ASA、フォトポリマー、ポリアミド・ナイロン、PLA)、形態別(フィラメント、インク、パウダー)、用途別、セグメント予測
    3D印刷用プラスチックの世界市場は2025年には19億8,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率24.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、特に医療および航空宇宙・防衛産業での需要増加が考えられます。本調査レポートでは、3D印刷用プラスチックの世界市場について調査・分析し、3D印刷用プラスチックの世界市場動向、3D印刷用プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別3D印刷用プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療機器アウトソーシングの世界市場: サービス別(品質保証、契約生産)、 治療分野別(心臓学、一般外科・形成外科)
    本調査レポートでは、医療機器アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、医療機器アウトソーシングの世界市場動向、医療機器アウトソーシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器アウトソーシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空燃料の世界市場:航空タービン燃料(ATF)、航空バイオ燃料
    当調査レポートでは、航空燃料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空燃料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Beta-3受容体作動薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBeta-3受容体作動薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Beta-3受容体作動薬の概要 ・Beta-3受容体作動薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のBeta-3受容体作動薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Beta-3受容体作動薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Beta-3受容体作動薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • グルホシネートの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、グルホシネートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、作物種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、グルホシネートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 可変ダイオードレーザアナライザーの世界市場
    当調査レポートでは、可変ダイオードレーザアナライザーの世界市場について調査・分析し、可変ダイオードレーザアナライザーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • セイボリースナックの世界市場分析:製品別(ポテトチップ、押出成形技術使用スナック菓子、ナッツ・シード、ポップコーン)、流通経路別(スーパーマーケット、コンビニエンスストア)、風味別(ロースト/トースト、バーベキュー、スパイス、ビーフ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、セイボリースナックの世界市場について調査・分析し、セイボリースナックの世界市場動向、セイボリースナックの世界市場規模、市場予測、セグメント別セイボリースナック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PET医薬品包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、PET医薬品包装の世界市場について調査・分析し、PET医薬品包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - PET医薬品包装の世界市場:市場動向分析 - PET医薬品包装の世界市場:競争要因分析 - PET医薬品包装の世界市場:材料別 ・紙・板紙 ・アルミホイル ・プラスチック/ポリマー - PET医薬品包装の世界市場:サイズ別 ・5㎖ ・50㎖ ・その他 - PET医薬品包装の世界市場:包装の種類 ・瓶 ・ジャー ・医療用特殊バッグ ・小袋・ストリップパック ・その他 - PET医薬品包装の世界市場:主要地域別分析 - PET医薬品包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - PET医薬品包装のヨーロッパ市場規模 - PET医薬品包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・PET医薬品包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)のフェーズ3治験薬の状況 ・関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)治療薬の市場規模(販売予測) ・関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)治療薬剤
  • 世界の脳モニタリング市場:製品別(デバイス、MRI、CT、PET、EEG、EMG、MEG、TCD、ICP、電極、ペースト、ゲル、バッテリー、ケーブル、侵襲性)、病気別(TBI、脳卒中、認知症、てんかん、頭痛、睡眠)、エンドユーザー別(病院、クリニック、ASC)
    MarketsandMarkets社は、脳モニタリングの世界市場規模が2019年87億ドルから2024年116億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。本書は、世界の脳モニタリング市場について調査・分析し、市場概要、製品別(デバイス、アクセサリー)分析、病状別(外傷性脳損傷、脳卒中、認知症、頭痛障害、睡眠障害、パーキンソン病、てんかん、ハンチントン病、その他の病気)分析、エンドユーザー別(病院、神経センター、外来手術センター(ASCS)&クリニック、診断センター、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の脳モニタリング市場:製品別(デバイス、アクセサリー) ・世界の脳モニタリング市場:病状別(外傷性脳損傷、脳卒中、認知症、頭痛障害、睡眠障害、パーキンソン病、てんかん、ハンチントン病、その他の病気) ・世界の脳モニタリング市場:エンドユーザー別(病院、神経センター、外来手術センター(ASCS)&クリニック、診断センター、その他) ・世界の脳モニタリン …
  • ハンガリーの末梢血管用装置市場見通し
  • 自動車用ジェスチャー認識システムの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、自動車用ジェスチャー認識システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、構成品種類別分析、認証種類別分析、用途別分析、地域別分析、自動車用ジェスチャー認識システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データ管理プラットフォームの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、データ管理プラットフォームの世界市場について調査・分析し、データ管理プラットフォームの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・データ管理プラットフォームの世界市場規模:プラットフォーム別分析 ・データ管理プラットフォームの世界市場規模:データ種類別分析 ・データ管理プラットフォームの世界市場規模:データソース別分析 ・データ管理プラットフォームの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・データ管理プラットフォームの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(建物、市民インフラ、産業、石油およびガス)分析、エンドユーザー別(AEC、請負業者、施設管理者)分析、プロジェクト別分析、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場規模が2019年49億ドルから2024年89億ドルまで年平均12.7%成長すると予測しています。
  • 殺ダニ剤の世界市場:作物タイプ別(果物・野菜、シリアル・穀類、油糧種子・豆類)、適用法別(葉面散布、土壌処理)、由来別(生物学的、化学的)、形態別(乾燥剤、液体)、地域別予測
    本資料は、殺ダニ剤の世界市場について調べ、殺ダニ剤の世界規模、市場動向、市場環境、作物タイプ別(果物・野菜、シリアル・穀類、油糧種子・豆類)分析、適用法別(葉面散布、土壌処理)分析、由来別(生物学的、化学的)分析、形態別(乾燥剤、液体)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・殺ダニ剤の世界市場概要 ・殺ダニ剤の世界市場環境 ・殺ダニ剤の世界市場動向 ・殺ダニ剤の世界市場規模 ・殺ダニ剤の世界市場規模:作物タイプ別(果物・野菜、シリアル・穀類、油糧種子・豆類) ・殺ダニ剤の世界市場規模:適用法別(葉面散布、土壌処理) ・殺ダニ剤の世界市場規模:由来別(生物学的、化学的) ・殺ダニ剤の世界市場規模:形態別(乾燥剤、液体) ・殺ダニ剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・殺ダニ剤の北米市場規模・予測 ・殺ダニ剤のアメリカ市場規模・予測 ・殺ダニ剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・殺ダニ剤のアジア市場規模・予測 ・殺ダニ剤の日本市場規模・予測 ・殺ダニ剤の中 …
  • レーダー製造の世界市場:タイプ別(地上配備型、海軍用、航空用)、地域別予測
    本資料は、レーダー製造の世界市場について調べ、レーダー製造の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(地上配備型、海軍用、航空用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・レーダー製造の世界市場概要 ・レーダー製造の世界市場環境 ・レーダー製造の世界市場動向 ・レーダー製造の世界市場規模 ・レーダー製造の世界市場規模:タイプ別(地上配備型、海軍用、航空用) ・レーダー製造の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーダー製造の北米市場規模・予測 ・レーダー製造のアメリカ市場規模・予測 ・レーダー製造のヨーロッパ市場規模・予測 ・レーダー製造のアジア市場規模・予測 ・レーダー製造の日本市場規模・予測 ・レーダー製造の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界のグリチルリチン酸モノアンモニウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のグリチルリチン酸モノアンモニウム市場2015について調査・分析し、グリチルリチン酸モノアンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • GEOINTソリューションの世界市場
    当調査レポートでは、GEOINTソリューションの世界市場について調査・分析し、GEOINTソリューションの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・GEOINTソリューションの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・GEOINTソリューションの世界市場:セグメント別市場分析 ・GEOINTソリューションの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 物流の世界市場:2PL、3PL、4PL
    当調査レポートでは、物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、物流の世界市場規模及び予測、需要先別分析、方式別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のUV光安定剤市場2015
    本調査レポートでは、中国のUV光安定剤市場2015について調査・分析し、UV光安定剤の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 試験管内肺モデルの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、試験管内肺モデルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(2D、3D)別分析、用途別分析、地域別分析、試験管内肺モデルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 採血の世界市場予測(~2022年):血清チューブ、血漿チューブ、EDTA、ヘパリン、凝固、ブドウ糖、針、ランセット、ESR、注射器、血液バッグ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、採血の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、方式別分析、需要先別分析、地域別分析、採血の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用フィルムの世界市場分析:カラーフィルム、塗装保護フィルム、NVHフィルム、ラップフィルム
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、自動車用フィルムの世界市場について調査・分析し、自動車用フィルムの世界市場動向、自動車用フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ワイヤレスドアベルの世界市場2017-2021:ネット接続型、ネット非接続型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ワイヤレスドアベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワイヤレスドアベルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はワイヤレスドアベルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均44.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は1byone.com、August Home、Honeywell International、Ring、SadoTech、SkyBell Technologies等です。
  • 埋め込み型バイオマテリアルの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、埋め込み型バイオマテリアルの世界市場について調査・分析し、埋め込み型バイオマテリアルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:市場動向分析 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:競争要因分析 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:材料別分析/市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:用途別分析/市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルの北米市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルの欧州市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルのアジア市場規模 ・埋め込み型バイオマテリアルの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場2018-2022
    タンパク質の結晶化プロセスでは、タンパク質液体試料を過飽和溶液にさらして純度の高い結晶を得ます。タンパク質の結晶構造解析では、この精製された結晶の構造を原子レベルおよび分子レベルで評価します。タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率9.68%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Jena Bioscience、Merck KGaA、PerkinElmer、Rigakuなどです。 当調査レポートでは、タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タンパク質の結晶化および結晶構造解析市場規模、製品別(試薬、器具)分析、エンドユーザー別(製薬、バイオテクノロジー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場概要 ・タンパク質の結晶化および結晶構造解析の世界市場環境 ・タンパク質の結晶化および結晶構造解 …
  • 包装済スグリの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装済スグリの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装済スグリ市場規模、製品別(クロフサスグリ、アカフサスグリ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装済スグリの世界市場概要 ・包装済スグリの世界市場環境 ・包装済スグリの世界市場動向 ・包装済スグリの世界市場規模 ・包装済スグリの世界市場:業界構造分析 ・包装済スグリの世界市場:製品別(クロフサスグリ、アカフサスグリ) ・包装済スグリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装済スグリのアメリカ市場規模・予測 ・包装済スグリのヨーロッパ市場規模・予測 ・包装済スグリのアジア市場規模・予測 ・包装済スグリの主要国分析 ・包装済スグリの世界市場:意思決定フレームワーク ・包装済スグリの世界市場:成長要因、課題 ・包装済スグリの世界市場:競争環境 ・包装済スグリの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 経腸栄養用デバイスの世界市場:経腸栄養ポンプ、経鼻胃管、胃管用栄養チューブ
    当調査レポートでは、経腸栄養用デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、経腸栄養用デバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オーソバイオロジクスの世界市場
    本調査レポートでは、オーソバイオロジクスの世界市場について調査・分析し、オーソバイオロジクスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 工業用潤滑剤の世界市場2016-2020:鉱油系潤滑剤、合成油系潤滑剤、バイオベース潤滑剤
    当調査レポートでは、工業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用潤滑剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の二ホウ化チタン市場2016
    本調査レポートでは、世界の二ホウ化チタン市場2016について調査・分析し、二ホウ化チタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 院外における細菌感染性肺炎:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における院外における細菌感染性肺炎の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、院外における細菌感染性肺炎治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・院外における細菌感染性肺炎の概要 ・院外における細菌感染性肺炎の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の院外における細菌感染性肺炎治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・院外における細菌感染性肺炎治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・院外における細菌感染性肺炎治療薬開発に取り組んでい …
  • 軽攻撃偵察機の世界市場2017-2021:固定翼、回転翼
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、軽攻撃偵察機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軽攻撃偵察機の世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軽攻撃偵察機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AIR TRACTOR、Embraer、IOMAX USA、Textron等です。
  • 世界の整形外科用デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の整形外科用デバイス市場2015について調査・分析し、整形外科用デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 光線療法の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、光線療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光線療法の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は光線療法の世界市場が2016-2020年期間中に年平均4.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Beurer• Koninklijke Philips• Lumie• Verilux等です。
  • 胃腸疾患の治療薬開発パイプライン分析2018
  • 油脂類の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、油脂類の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、油脂類市場規模、タイプ別(植物油、動物性油脂)分析、形態別(固体、液体) 分析、用途別(工業用途、食品用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 油脂類の世界市場:市場動向分析 ・ 油脂類の世界市場:競争要因分析 ・ 油脂類の世界市場:タイプ別(植物油、動物性油脂) ・ 油脂類の世界市場:形態別(固体、液体) ・ 油脂類の世界市場:用途別(工業用途、食品用途) ・ 油脂類の世界市場:主要地域別分析 ・ 油脂類の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 油脂類のヨーロッパ市場規模 ・ 油脂類のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・油脂類の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • メキシコの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • 世界のステンレスキッチン用品市場2015
    本調査レポートでは、世界のステンレスキッチン用品市場2015について調査・分析し、ステンレスキッチン用品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 警告ラベルおよびシールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、警告ラベルおよびシールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、警告ラベルおよびシールの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データ統合の世界市場予測(~2022年):データ統合ツール、データ統合サービス
    当調査レポートでは、データ統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、ビジネス用途別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、データ統合の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用バルブおよびアクチュエーターの世界市場:最終用途別(石油・ガス、化学、エネルギー・電力、パルプ・製紙)、製品別、システム別、セグメント予測
    産業用バルブおよびアクチュエーターの世界市場は2025年には1,458億7,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.14%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、産業部門での需要の高まり、スマートバルブとアクチュエーターの使用を促進する技術的進歩、厳しい政府規制などが考えられます。産業用バルブおよびアクチュエーターは、温度および圧力を制御する際にさまざまな利点を提供するため、下流、中流および上流の活動全体にわたって継続して採用されています。このように、石油・ガスの探査活動が活発になり、産業用バルブおよびアクチュエーターの需要が高まっています。本調査レポートでは、産業用バルブおよびアクチュエーターの世界市場について調査・分析し、産業用バルブおよびアクチュエーターの世界市場動向、産業用バルブおよびアクチュエーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別産業用バルブおよびアクチュエーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場
    当調査レポートでは、電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場:リサイクル種類別分析/市場規模 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場:物質回収別分析/市場規模 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場:ソース別分析/市場規模 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理の世界市場:地域別分析/市場規模 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理のアメリカ市場規模予測 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理のヨーロッパ市場規模予測 ・電気電子機器廃棄物(E-Waste)管理のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • サイレージフィルムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、サイレージフィルムの世界市場について調査・分析し、サイレージフィルムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別サイレージフィルムシェア、市場規模推移、市場規模予測、サイレージフィルム種類別分析()、サイレージフィルム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・サイレージフィルムの市場概観 ・サイレージフィルムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・サイレージフィルムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・サイレージフィルムの世界市場規模 ・サイレージフィルムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・サイレージフィルムのアメリカ市場規模推移 ・サイレージフィルムのカナダ市場規模推移 ・サイレージフィルムのメキシコ市場規模推移 ・サイレージフィルムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・サイレージフィルムのドイツ市場規模推移 ・サイレージフィルムのイギリス市場規模推移 ・サイレージフィルムのロシア市場規模推移 ・サイレー …
  • IGBTの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、IGBTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IGBTの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はIGBTの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Fuji Electric• Infineon Technologies• Mitsubishi Corporation• SEMIKRON等です。
  • 世界のエタノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のエタノール市場2015について調査・分析し、エタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"