"マグネットワイヤーの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MM-6971)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"マグネットワイヤーの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

‘’The magnet wire market is projected to register a CAGR of 4.1%, in terms of value, between 2019 and 2024’’ The magnet wire market size is estimated at USD 30.1 billion in 2019 and is projected to reach USD 36.8 billion by 2024, at a CAGR of 4.1% between 2019 and 2024. Magnet wires are used in different industries such as electrical & electronics, industrial, transportation, infrastructure, and others. Continuous demand from the electrical & electronics and transportation industries plays a major role in the growing consumption of magnet wire.
‘‘Copper magnet wire is estimated to dominate the overall market”
Copper magnet wire is more widely used in electrical motor, generator, reactor, and other applications. They have excellent heat shock resistance, excellent conductivity, high dielectric strength, and moisture resistance. Aluminum magnet wire is expected to grow at a higher rate during the forecasted period. Aluminum magnet wires are lightweight and inexpensive in nature. Hence, their demand is increasing in the transformer application.

“Magnet wire market is expected to witness the highest growth in electrical & electronics between 2019 and 2024’’
The electrical & electronics industry is projected to be the fastest-growing end-use industry of magnet wire during the forecast period, in terms of both value and volume. Magnet wire is widely used in consumer electronics and electrical products. The increasing usage of electronic products in APAC, Europe, and North America is bolstering the usage of magnet wire in the electrical & electronics industry.
‘’The magnet market in APAC is projected to register the highest CAGR”
The magnet wire market in APAC is projected to register the highest CAGR during the forecast period. High demand from countries such as China, Japan, and India is driving the demand in the APAC region. There is increasing demand for magnet wire from transportation and electrical & electronics industries in the region. China is the largest consumer of magnet wires and is expected to maintain its position in the coming years.
Breakdown of profiles of primary interviews:

• By Company: Tier 1 – 37%, Tier 2 – 42%, and Tier 3 – 21%
• By Designation: C level – 30%, Director level – 25%, and Others – 45%
• By Region: APAC – 40%, Europe – 27%, North America – 20%, Middle East & Africa – 7%, and Latin America – 6%
The magnet wire market comprises major manufacturers such as LS Cable & System (South Korea), Elektrisola (Germany), REA Magnet Wire (US), Sumitomo Electric Industries, Ltd. (Japan), Samdong Co., Ltd. (South Korea), LWW Group (Sweden), IRCE S.p.A. (Italy), Tongling Jingda Special Magnet Wire Co., Ltd. (China), Furukawa Electric Co., Ltd. (Japan), and Fujikura Ltd. (Japan). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage

This study on the magnet wire market aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments. Porter’s Five Forces analysis and the key market dynamics, such as drivers, restraints, challenges, and opportunities influencing the growth of the magnet wire market, have been discussed in the report. The report also provides company profiles and competitive benchmarking of major players operating in the market.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market players with information on the closest approximations of the revenue numbers of the overall magnet wire market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"マグネットワイヤーの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 15
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 15
1.2 MARKET DEFINITION 15
1.3 MARKET SCOPE 16
1.4 CURRENCY 17
1.5 UNIT CONSIDERED 17
1.6 LIMITATIONS 17
1.7 STAKEHOLDERS 17
2 RESEARCH METHODOLOGY 18
2.1 RESEARCH DATA 18
2.1.1 SECONDARY DATA 19
2.1.1.1 Key data from secondary sources 19
2.1.2 PRIMARY DATA 20
2.1.2.1 Key data from primary sources 20
2.1.2.2 Key industry insights 20
2.1.2.3 Breakdown of primary interviews 21
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 22
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 22
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 23
2.3 DATA TRIANGULATION 24
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 25
2.5 LIMITATIONS 25
3 EXECUTIVE SUMMARY 26
4 PREMIUM INSIGHTS 30
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN THE MAGNET WIRE MARKET 30
4.2 MAGNET WIRE MARKET, BY END-USE INDUSTRY 30
4.3 MAGNET WIRE MARKET, BY TYPE 31
4.4 MAGNET WIRE MARKET, BY COUNTRY 32
5 MARKET OVERVIEW 33
5.1 INTRODUCTION 33
5.1.1 DRIVERS 33
5.1.1.1 Growing market of electric vehicles 33
5.1.1.2 High demand from the power sector 34
5.1.2 RESTRAINTS 34
5.1.2.1 Shift towards compact motors 34
5.1.3 OPPORTUNITIES 34
5.1.3.1 Growing demand from the APAC region 34
5.1.4 CHALLENGES 35
5.1.4.1 Cracking and bulging of insulation 35
5.1.4.2 Non-uniformity in insulation 35
5.2 PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS 36
5.2.1 THREAT OF NEW ENTRANTS 37
5.2.2 THREAT OF SUBSTITUTES 37
5.2.3 BARGAINING POWER OF SUPPLIERS 37
5.2.4 BARGAINING POWER OF BUYERS 37
5.2.5 INTENSITY OF COMPETITIVE RIVALRY 37
6 MAGNET WIRE MARKET, BY TYPE 38
6.1 INTRODUCTION 39
6.2 COPPER 40
6.2.1 COPPER SEGMENT DOMINATES OVERALL MAGNET WIRE MARKET 40
6.3 ALUMINUM 41
6.3.1 THE MARKET FOR ALUMINUM MAGNET WIRE IS DRIVEN BY DEMAND IN TRANSFORMER APPLICATION 41
7 MAGNET WIRE MARKET, BY SHAPE 42
7.1 INTRODUCTION 43
7.2 ROUND MAGNET WIRE 44
7.2.1 ROUND MAGNET WIRE IS THE MOST-WIDELY USED MAGNET WIRE 44
7.3 RECTANGLE MAGNET WIRE 45
7.3.1 HIGH DEMAND IN TRANSFORMERS IS DRIVING THE MARKET FOR RECTANGULAR MAGNET WIRE 45
7.4 SQUARE MAGNET WIRE 46
7.4.1 DEMAND FOR COMPACT COILS IS RESPONSIBLE FOR THE GROWTH OF SQUARE MAGNET WIRE 46
8 MAGNET WIRE MARKET, BY APPLICATION 48
8.1 INTRODUCTION 49
8.2 MOTOR 50
8.2.1 AUTOMOTIVE INDUSTRY IS DRIVING THE DEMAND FOR MAGNET WIRE IN MOTOR APPLICATION 50
8.3 HOME APPLIANCE 51
8.3.1 APAC IS THE LARGEST MAGNET WIRE MARKET IN HOME APPLIANCE APPLICATION 51
8.4 TRANSFORMER 52
8.4.1 GROWTH OF POWER SECTOR IS DRIVING THE CONSUMPTION OF MAGNET WIRE IN TRANSFORMERS 52
8.5 OTHERS 53
9 MAGNET WIRE MARKET, BY END-USE INDUSTRY 55
9.1 INTRODUCTION 56
9.2 ELECTRICAL & ELECTRONICS 57
9.2.1 ELECTRICAL & ELECTRONICS IS THE MAJOR END-USE INDUSTRY OF MAGNET WIRE 57
9.3 INDUSTRIAL 59
9.3.1 INCREASING DEMAND FROM TRANSFORMERS WILL DRIVE THE MARKET IN THE INDUSTRIAL SECTOR 59
9.4 TRANSPORTATION 60
9.4.1 GROWING DEMAND FOR ELECTRIC VEHICLE IS DRIVING THE CONSUMPTION OF MAGNET WIRE IN TRANSPORTATION INDUSTRY 60
9.5 INFRASTRUCTURE 61
9.5.1 APAC IS THE BIGGEST CONSUMER OF MAGNET WIRE IN THE INFRASTRUCTURE INDUSTRY 61
9.6 OTHERS 62
10 MAGNET WIRE MARKET, BY REGION 63
10.1 INTRODUCTION 64
10.2 NORTH AMERICA 66
10.2.1 US 68
10.2.1.1 High demand from motor application is driving the market in the US 68
10.2.2 CANADA 68
10.2.2.1 Electrical & electronics industry is boosting the demand in Canada 68
10.3 EUROPE 69
10.3.1 GERMANY 72
10.3.1.1 Germany is the leading consumer of magnet wire in Europe 72
10.3.2 UK 72
10.3.2.1 Growing demand for magnet wire from electric vehicles 72
10.3.3 FRANCE 72
10.3.3.1 Transportation industry is driving the market in France 72
10.3.4 ITALY 72
10.3.4.1 Transportation is one of the major end-use industries of magnet wire in Italy 72
10.3.5 REST OF EUROPE 72
10.4 APAC 73
10.4.1 CHINA 76
10.4.1.1 China is the largest consumer of magnet wire 76
10.4.2 JAPAN 76
10.4.2.1 Presence of major magnet wire manufacturers in the country contributes to market growth 76
10.4.3 SOUTH KOREA 76
10.4.3.1 Consumption of magnet wire in electrical & electronics industry is increasing in the country 76
10.4.4 INDIA 76
10.4.4.1 Demand for copper magnet wire is growing from motor and transformer applications 76
10.4.5 REST OF APAC 76
10.5 LATIN AMERICA 77
10.5.1 MEXICO 79
10.5.1.1 Mexico is the largest market in Latin America 79
10.5.2 BRAZIL 79
10.5.2.1 Growing consumption from transportation industry is driving the demand for magnet wire in Brazil 79
10.5.3 ARGENTINA 79
10.5.3.1 High demand for magnet wire witnessed from the electrical & electronics industry 79
10.5.4 REST OF LATIN AMERICA 79
10.6 MEA 80
10.6.1 SAUDI ARABIA 82
10.6.1.1 Saudi Arabia is the largest market in the MEA 82
10.6.2 UAE 82
10.6.2.1 Increasing demand from industrial application is driving the market in the UAE 82
10.6.3 REST OF MEA 82
11 COMPETITIVE LANDSCAPE 83
11.1 INTRODUCTION 83
11.2 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 84
11.2.1 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 84
11.2.2 INNOVATORS 84
11.2.3 VISIONARY LEADERS 84
11.2.4 EMERGING COMPANIES 85
11.3 COMPETITIVE BENCHMARKING 86
11.3.1 PRODUCT OFFERING 86
11.3.2 BUSINESS STRATEGY 87
11.4 MARKET RANKING 88
11.5 COMPETITIVE SCENARIO 89
11.5.1 NEW PRODUCT LAUNCHES 89
11.5.2 EXPANSIONS & INVESTMENTS 89
11.5.3 MERGERS & ACQUISITIONS 90

12 COMPANY PROFILES 91
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 LS CABLE & SYSTEM LTD. 91
12.2 REA MAGNET WIRE 94
12.3 IRCE S.P.A. 96
12.4 ELEKTRISOLA 98
12.5 TONGLING JINGDA SPECIAL MAGNET WIRE CO., LTD. 100
12.6 FURUKAWA ELECTRIC CO., LTD. 102
12.7 SAMDONG CO., LTD. 105
12.8 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. 107
12.9 FUJIKURA LTD. 109
12.10 LWW GROUP 111
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
12.11 OTHER KEY PLAYERS 112
12.11.1 HITACHI METALS, LTD. 112
12.11.2 MAGNEKON 112
12.11.3 VON ROLL HOLDING AG 112
12.11.4 CONDUMEX INC. 112
12.11.5 PRECISION WIRES INDIA LIMITED 112
12.11.6 ROSHOW TECHNOLOGY CO., LTD. 112
12.11.7 EDERFIL-BECKER 113
12.11.8 SCHWERING & HASSE ELEKTRODRAHT GMBH 113
12.11.9 AISLANTES, CONDUCTORES ESMALTADOS Y BARNICES S.A 113
12.11.10 ZML INDUSTRIES S.P.A. 113
13 APPENDIX 114
13.1 DISCUSSION GUIDE 114
13.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 116
13.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 118
13.4 RELATED REPORTS 118
13.5 AUTHOR DETAILS 119

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】マグネットワイヤーの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MM-6971
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】採鉱・鉱物・金属
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
マグネットワイヤーの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 台湾の体外式除細動器市場見通し
  • 栄養補助食品の世界市場
    当調査レポートでは、栄養補助食品の世界市場について調査・分析し、栄養補助食品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 流量計校正の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、流量計校正の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、流量計校正市場規模、製品別(OEMサービスプロバイダ―、サードパーティーサービスプロバイダ―)分析、最終用途別(石油・ガス、上下水道、鉱業、化学工業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・流量計校正の世界市場概要 ・流量計校正の世界市場環境 ・流量計校正の世界市場動向 ・流量計校正の世界市場規模 ・流量計校正の世界市場:業界構造分析 ・流量計校正の世界市場:製品別(OEMサービスプロバイダ―、サードパーティーサービスプロバイダ―) ・流量計校正の世界市場:最終用途別(石油・ガス、上下水道、鉱業、化学工業、その他) ・流量計校正の世界市場:地域別市場規模・分析 ・流量計校正のアメリカ市場規模・予測 ・流量計校正のヨーロッパ市場規模・予測 ・流量計校正のアジア市場規模・予測 ・流量計校正の主要国分析 ・流量計校正の世界市場:意思決定フレームワーク ・流量計 …
  • AR及びVRディスプレイの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、AR及びVRディスプレイの世界市場規模が2019年16億ドルから2024年44億ドルまで年平均221.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、AR及びVRディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向,技術別(AR、VR)分析、デバイス別(Hmd、Hud、プロジェクター)分析、用途別(消費者、企業、商業、ヘルスケア、航空宇宙&防衛)分析、地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界動向 ・AR及びVRディスプレイの世界市場:技術別(AR、VR) ・AR及びVRディスプレイの世界市場:デバイス別(Hmd、Hud、プロジェクター) ・AR及びVRディスプレイの世界市場:用途別(消費者、企業、商業、ヘルスケア、航空宇宙&防衛) ・AR及びVRディスプレイの世界市場:地域別(アジア太平洋、北米、ヨーロッパなど) ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 改質デンプンの世界市場:製品別(デンプンエステル・デンプンエーテル、抵抗性デンプン、カチオン性デンプン、アルファ化デンプン)、用途別、セグメント予測
    改質デンプンの世界市場は2024年には153億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、アジア太平洋地域からの大きな需要に伴うインスタント食品の普及が考えられます。健康や栄養に関する消費者意識の高まりと健康食品の選好の高まりもこの市場を拡大する要因とされています。エナジードリンクや非炭酸飲料に使用される天然甘味料の需要が急増することも考えられ、これにより、予測される期間にわたって改質デンプンの普及率もさらに向上するでしょう。本調査レポートでは、改質デンプンの世界市場について調査・分析し、改質デンプンの世界市場動向、改質デンプンの世界市場規模、市場予測、セグメント別改質デンプン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ガラス添加物の世界市場分析:製品別(金属酸化物、ナノ粒子、希土類金属)、エンドユーザー別(包装、ビルディング・包装、電子機器)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ガラス添加物の世界市場について調査・分析し、ガラス添加物の世界市場動向、ガラス添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別ガラス添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 副甲状腺ホルモン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における副甲状腺ホルモン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・副甲状腺ホルモン受容体アゴニストの概要 ・副甲状腺ホルモン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の副甲状腺ホルモン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・副甲状腺ホルモン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・副甲状腺ホルモン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • エラストマー膜の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エラストマー膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、エラストマー膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プロセス油の世界市場:アロマ系、パラフィン系、ナフテン系、その他
    当調査レポートでは、プロセス油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血圧異常治療薬の世界市場:開発パイプラインレビュー2018
  • GEOINTソリューションの世界市場
    当調査レポートでは、GEOINTソリューションの世界市場について調査・分析し、GEOINTソリューションの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・GEOINTソリューションの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・GEOINTソリューションの世界市場:セグメント別市場分析 ・GEOINTソリューションの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 甲状腺未分化がん(Anaplastic Thyroid Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における甲状腺未分化がん(Anaplastic Thyroid Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、甲状腺未分化がん(Anaplastic Thyroid Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・甲状腺未分化がん(Anaplastic Thyroid Cancer)の概要 ・甲状腺未分化がん(Anaplastic Thyroid Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の甲状腺未分化がん(Anaplastic Thyroid Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・甲状腺未分化がん(Anapl …
  • 着床前遺伝子検査(PFT)(PGS/PGD) の世界市場:PGD/PGS別、類型別(胎芽検査、異数性スクリーニング)、用途別
    本調査レポートでは、着床前遺伝子検査(PFT)(PGS/PGD) の世界市場について調査・分析し、着床前遺伝子検査(PFT)(PGS/PGD) の世界市場動向、着床前遺伝子検査(PFT)(PGS/PGD) の世界市場規模、市場予測、セグメント別着床前遺伝子検査(PFT)(PGS/PGD) 市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の心調律管理装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、心調律管理装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・心調律管理装置の概要 ・心調律管理装置の開発動向:開発段階別分析 ・心調律管理装置の開発動向:セグメント別分析 ・心調律管理装置の開発動向:領域別分析 ・心調律管理装置の開発動向:規制Path別分析 ・心調律管理装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別心調律管理装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・心調律管理装置の最近動向
  • 世界の創傷治療用生体材料市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷治療用生体材料市場2015について調査・分析し、創傷治療用生体材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • TVホワイトスペース(TVWS)周波数帯の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、TVホワイトスペース(TVWS)周波数帯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、需要先別分析、デバイス別分析、構成要素別分析、地域別分析、TVホワイトスペース(TVWS)周波数帯の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の直鎖アルキルベンゼン(LAB)市場2016
    本調査レポートでは、世界の直鎖アルキルベンゼン(LAB)市場2016について調査・分析し、直鎖アルキルベンゼン(LAB)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 表面実装(SMT)配置装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、表面実装(SMT)配置装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、表面実装(SMT)配置装置の世界市場規模及び予測、エンドユーザー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 創傷ケア用生物製剤の世界市場:創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷)、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック)、地域別予測
    本資料は、創傷ケア用生物製剤の世界市場について調べ、創傷ケア用生物製剤の世界規模、市場動向、市場環境、創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷)分析、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・創傷ケア用生物製剤の世界市場概要 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場環境 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場動向 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模 ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模:創傷タイプ別(潰瘍、外科的・外傷性創傷、火傷) ・創傷ケア用生物製剤の世界市場規模:エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、熱傷センター、創傷治療専門クリニック) ・創傷ケア用生物製剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・創傷ケア用生物製剤の北米市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のアメリカ市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・創傷ケア用生物製剤のアジア市場規模・予測 ・創傷ケ …
  • デジタル・オイルフィールドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デジタル・オイルフィールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル・オイルフィールドの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 埋込用樹脂の世界市場:エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂、シリコーン樹脂、ポリエステル、ポリアミド
    当調査レポートでは、埋込用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 出版の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、出版の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、出版市場規模、プラットフォーム別(従来型、デジタル型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・出版の世界市場概要 ・出版の世界市場環境 ・出版の世界市場動向 ・出版の世界市場規模 ・出版の世界市場:業界構造分析 ・出版の世界市場:プラットフォーム別(従来型、デジタル型) ・出版の世界市場:地域別市場規模・分析 ・出版のアメリカ市場規模・予測 ・出版のヨーロッパ市場規模・予測 ・出版のアジア市場規模・予測 ・出版の主要国分析 ・出版の世界市場:意思決定フレームワーク ・出版の世界市場:成長要因、課題 ・出版の世界市場:競争環境 ・出版の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界のリチウム電池陰極材料市場2016
    本調査レポートでは、世界のリチウム電池陰極材料市場2016について調査・分析し、リチウム電池陰極材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • RFデュプレクサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFデュプレクサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFデュプレクサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のメタタングステン酸アンモニウム(AMT)市場2016
    本調査レポートでは、世界のメタタングステン酸アンモニウム(AMT)市場2016について調査・分析し、メタタングステン酸アンモニウム(AMT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 結腸ステントのアメリカ市場:ニチノール自己拡張型金属ステント(SEMS)、エルジロイ(自己拡張型金属ステント(SEMS))
  • 金属顔料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、金属顔料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属顔料市場規模、製品別(ステンレス鋼、銅、アルミニウム、亜鉛、その他)分析、エンドユーザー別(化粧品、印刷インク、塗料、プラスチック、パーソナルケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 金属顔料の世界市場:市場動向分析 ・ 金属顔料の世界市場:競争要因分析 ・ 金属顔料の世界市場:製品別(ステンレス鋼、銅、アルミニウム、亜鉛、その他) ・ 金属顔料の世界市場:エンドユーザー別(化粧品、印刷インク、塗料、プラスチック、パーソナルケア、その他) ・ 金属顔料の世界市場:主要地域別分析 ・ 金属顔料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 金属顔料のヨーロッパ市場規模 ・ 金属顔料のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・金属顔料の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • Eコンパスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、Eコンパスの世界市場について調査・分析し、Eコンパスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・Eコンパスの世界市場規模:センサ別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:技術別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:製品別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:用途別分析 ・Eコンパスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 尿流動態検査装置・消耗品の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、尿流動態検査装置・消耗品の世界市場について調査・分析し、尿流動態検査装置・消耗品の世界市場動向、尿流動態検査装置・消耗品の世界市場規模、市場予測、セグメント別尿流動態検査装置・消耗品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスプリンクラーポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスプリンクラーポンプ市場2015について調査・分析し、スプリンクラーポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の手術用顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術用顕微鏡市場2015について調査・分析し、手術用顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリフェノールの世界市場:製品別(グレープシード、緑茶、リンゴ、モモ、ベリー類、ココア)、用途別(飲料、食品、飼料、栄養補助食品、化粧品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリフェノールの世界市場について調査・分析し、ポリフェノールの世界市場動向、ポリフェノールの世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリフェノール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場分析:用途別(股関節総置換、膝置換、肩置換、足首置換、小関節)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場について調査・分析し、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場動向、医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療グレード超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場について調査・分析し、複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模:射程別分析 ・複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模:補助タンク容量別分析 ・複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模:内径幅別分析 ・複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模:打ち上げ用ロケット別分析 ・複合発射ロケットシステム(MLRS)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 石油・ガス産業向け発電機レンタルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向け発電機レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業向け発電機レンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオエタノールの世界市場予測(~2022年):でん粉系、砂糖系、セルロース系
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、バイオエタノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、需要先別分析、種類別分析、地域別分析、バイオエタノールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
  • 世界の計測用ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の計測用ケーブル市場2015について調査・分析し、計測用ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鋸刃の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鋸刃の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鋸刃の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 鋸刃とは、木材、金属、石材、タイル、コンクリート等の材料を切断したり形成するために使われる工具です。鋸刃は、刃、チェーン、歯のある刃先で構成され、スムーズに切断を行うことが出来ます。鋸刃は、木材、家具。建築、自動車、鉱業などの産業で使用されています。Technavio社は鋸刃の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AKE• Freud• LEUCO• PILANA等です。
  • 中小企業(SMB)IT支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、中小企業(SMB)IT支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中小企業(SMB)IT支出の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車排気システムの世界市場:技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルター(GPF)、その他)、燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル)、車両タイプ別(乗用車&商用車)
    本調査レポートでは、自動車排気システムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルタ(GPF)、その他)分析、燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル)分析、車両タイプ別(乗用車&商用車)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車排気システムの世界市場:技術別(ディーゼル酸化触媒(DOC)、ディーゼル微粒子フィルター(DPF)、選択的触媒還元(SCR)、排気ガス再循環(EGR)、ガソリン微粒子フィルター(GPF)、その他) ・自動車排気システムの世界市場:燃料タイプ別(ガソリン&ディーゼル) ・自動車排気システムの世界市場:車両タイプ別(乗用車&商用車) ・自動車排気システムの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 自動車外装用化学薬品の世界市場2014-2025:製品別(ワックス、研磨剤、保護剤、ホイール・タイヤクリーナー、ワイパー液)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、自動車外装用化学薬品の世界市場について調査・分析し、自動車外装用化学薬品の世界市場動向、自動車外装用化学薬品の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車外装用化学薬品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床化学用分析装置の世界市場
    当調査レポートでは、臨床化学用分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臨床化学用分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ホジキンリンパ腫(Hodgkin Lymphoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ホジキンリンパ腫(Hodgkin Lymphoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホジキンリンパ腫(Hodgkin Lymphoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ホジキンリンパ腫(Hodgkin Lymphoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・ホジキンリンパ腫(Hodgkin Lymphoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・ホジキンリンパ腫(Hodgkin Lymphoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ホジキンリンパ腫(Hodgkin Lymphoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のホジキンリンパ腫(Hodgkin Lymphoma)治療薬剤
  • 自動車用パワーステアリングギヤの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用パワーステアリングギヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用パワーステアリングギヤの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プラスチック酸化防止剤の世界市場:タイプ別(フェノール、アミン、亜リン酸塩、有機硫化物、酸化防止剤ブレンド、その他)、形態別(液体&固体)、ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、その他)
    本調査レポートでは、プラスチック酸化防止剤の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別(フェノール、アミン、亜リン酸塩、有機硫化物、酸化防止剤ブレンド、その他)分析、形態別(液体&固体)分析、ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:タイプ別(フェノール、アミン、亜リン酸塩、有機硫化物、酸化防止剤ブレンド、その他) ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:形態別(液体&固体) ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:ポリマー樹脂別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリスチレン、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)、その他) ・プラスチック酸化防止剤の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 自動車用熱交換器のアジア市場
    本調査レポートでは、自動車用熱交換器のアジア市場について調査・分析し、自動車用熱交換器のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 環境モニタリング装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、環境モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、環境モニタリング装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別環境モニタリング装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、環境モニタリング装置種類別分析(ポータブル型、固定型)、環境モニタリング装置用途別分析(空気、水、土壌、騒音)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・環境モニタリング装置の市場概観 ・環境モニタリング装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・環境モニタリング装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・環境モニタリング装置の世界市場規模 ・環境モニタリング装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・環境モニタリング装置のアメリカ市場規模推移 ・環境モニタリング装置のカナダ市場規模推移 ・環境モニタリング装置のメキシコ市場規模推移 ・環境モニタリング装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・環境モニタリング装置のドイツ市場規模推移 ・環境モニタリング装置のイ …
  • 世界の給水車市場2015
    本調査レポートでは、世界の給水車市場2015について調査・分析し、給水車の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"