"インターベンショナルオンコロジーの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD-6975)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"インターベンショナルオンコロジーの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global interventional oncology market is projected to grow at a CAGR of 6.8% during the forecast period”Interventional oncology refers to the use of minimally invasive procedures performed for the diagnosis, treatment, or palliative care of cancer. The global interventional oncology market is projected to reach USD 2.9 billion by 2024 from USD 2.0 billion in 2019, at a CAGR of 6.8% from 2019 to 2024. The growth of this market is primarily driven by the rising preference for minimally invasive procedures, expansion of the target patient population, increasing public-private funding and government support for cancer research, technological advancements in the field of interventional oncology, and increasing government investments and funding for interventional oncology and related cancer research. However, the dearth of well-trained and skilled radiologists and oncologists, high costs of interventional oncology procedures, and unfavorable regulations are expected to limit market growth to a certain extent.

“The transcatheter arterial radioembolization TARE or selective internal radiation therapy SIRT segment accounted for the largest share of the global interventional oncology market during the forecast period”
On the basis of procedure, the interventional oncology market is segmented into thermal tumor ablation, non-thermal tumor ablation, transcatheter arterial chemoembolization TACE, transcatheter arterial radioembolization TARE or selective internal radiation therapy SIRT, and transcatheter arterial embolization TAE or bland embolization procedures. In 2018, the TARE/SIRT procedures segment accounted for the largest share of this market majorly due to the rising prevalence of cancer, increasing demand for minimally invasive procedures, growing adoption of embolization procedures, and the clinical efficacy of Yttrium-90 radioembolic agents which are used in these procedures.

“The liver cancer segment accounted for the largest share of the interventional oncology market during the forecast period”
Based on cancer type, the interventional oncology market is segmented into liver cancer, lung cancer, kidney cancer, bone cancer, and other cancers. The other cancers segment includes pediatric cancer, prostate cancer, and breast cancer. The liver cancer segment accounted for the largest share in the interventional oncology market in 2018.

“Europe accounted for the second-largest share of the global market in 2018”
The interventional oncology market is segmented into five major regions, namely North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa. Europe accounted for the second-largest share in 2018. The rising incidence of cancer, coupled with the growing geriatric population in Europe, is a key factor propelling the demand for interventional oncology products in this region. Prominent market players are focusing on improving the quality of patient care across Europe by commercializing advanced products, investing in technological innovations, and partnering with other institutions and organizations for spreading cancer awareness. This is another major factor driving market growth.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-level – 26%, Director-level – 30%, and Others – 44%
• By Region: North America – 34%, Europe – 26%, APAC – 23%, and RoW – 17%

The major players in the market include Medtronic Ireland, Boston Scientific US, BTG plc UK, Merit Medical Systems US, and Terumo Japan. The other prominent players operating in the overall interventional oncology market include AngioDynamics US, Ethicon a part of J&J US, Teleflex US, Cook Medical US, HealthTronics US, MedWaves Medical US, Sanarus US, IMBiotechnologies Canada, Trod Medical US, IceCure Medical Israel, Mermaid Medicals Denmark, and Interface Biomaterials BV Netherlands, among others.

Research Coverage
This report studies the interventional oncology market based on products, procedure, cancer type, and region. The report also studies factors such as drivers, restraints, opportunities, and challenges affecting market growth. It also provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions and the respective countries in these regions.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views. It also analyzes the competitive landscape; emerging segments of the interventional oncology market; and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"インターベンショナルオンコロジーの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 20
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 20
1.2 MARKET DEFINITION 20
1.3 MARKET SCOPE 21
1.3.1 MARKETS COVERED 21
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 22
1.4 CURRENCY 22
1.5 STAKEHOLDERS 22
2 RESEARCH METHODOLOGY 23
2.1 RESEARCH DATA 23
2.1.1 SECONDARY DATA 25
2.1.1.1 Key data from secondary sources 25
2.1.2 PRIMARY DATA 26
2.1.2.1 Key data from primary sources 27
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 29
2.2.1 PRODUCT-BASED MARKET ESTIMATION 29
2.2.2 PRIMARY RESEARCH VALIDATION 30
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 31
2.4 RESEARCH LIMITATIONS AND ASSUMPTIONS 32
2.4.1 LIMITATIONS 32
2.4.2 ASSUMPTIONS 32
3 EXECUTIVE SUMMARY 33
4 PREMIUM INSIGHTS 36
4.1 INTERVENTIONAL ONCOLOGY: MARKET OVERVIEW 36
4.2 GEOGRAPHIC ANALYSIS: INTERVENTIONAL ONCOLOGY MARKET, BY PRODUCT 37
4.3 ASIA PACIFIC: ABLATION DEVICES MARKET, BY TYPE (2018) 38
4.4 EUROPE: INTERVENTIONAL ONCOLOGY MARKET, BY CANCER TYPE (2018) 39
4.5 INTERVENTIONAL ONCOLOGY MARKET, BY PROCEDURE, 2019 VS. 2024 (USD MILLION) 40
4.6 GEOGRAPHICAL SNAPSHOT OF THE INTERVENTIONAL ONCOLOGY MARKET 41

5 MARKET OVERVIEW 42
5.1 INTRODUCTION 42
5.2 MARKET DYNAMICS 42
5.2.1 DRIVERS 43
5.2.1.1 Rising patient preference for minimally invasive procedures 43
5.2.1.2 Expansion of the target patient population 43
5.2.1.3 Increasing public-private funding and government support for interventional oncology 44
5.2.1.4 Technological advancements in interventional oncology 44
5.2.2 RESTRAINTS 45
5.2.2.1 Dearth of well-trained and skilled radiologists and oncologists 45
5.2.2.2 Unfavorable regulations 45
5.2.3 OPPORTUNITIES 46
5.2.3.1 Emerging economies offer high growth potential 46
5.2.3.2 Rising awareness about the benefits of interventional oncology 46
5.2.4 CHALLENGES 47
5.2.4.1 Limited clinical data to support therapeutic efficacy 47
5.2.4.2 Strong market positioning of alternative therapies 47
5.3 MARKET TRENDS 47
5.3.1 PERSONALIZED OR PRECISION INTERVENTIONAL ONCOLOGY 47
6 INTERVENTIONAL ONCOLOGY MARKET, BY PRODUCT 48
6.1 INTRODUCTION 49
6.2 EMBOLIZATION DEVICES 49
6.2.1 INTERVENTIONAL ONCOLOGY EMBOLIZATION DEVICES MARKET SPLIT,
BY PROCEDURE 51
6.2.2 INTERVENTIONAL ONCOLOGY EMBOLIZATION DEVICES MARKET SPLIT,
BY CANCER TYPE 52
6.2.3 RADIOEMBOLIC AGENTS 52
6.2.3.1 Radioembolic agents dominated the interventional oncology embolization devices market in 2018 52
6.2.3.1.1 Radioembolic agents market split, by procedure 53
6.2.3.1.2 Radioembolic agents market split, by cancer type 54
6.2.4 NON-RADIOACTIVE EMBOLIC AGENTS 54
6.2.4.1 Embolization procedures cannot be used to treat cancers in advanced stages, which is a major factor restraining market growth 54
6.2.4.1.1 Non-radioactive embolic agents market split, by procedure 56
6.2.4.1.2 Non-radioactive embolic agents market split, by cancer type 57
6.3 ABLATION DEVICES 57
6.3.1 TECHNOLOGICAL ADVANCEMENTS IN ABLATION DEVICES—A KEY DRIVER FOR MARKET GROWTH 57
6.3.1.1 Interventional oncology ablation devices market split, by procedure 59
6.3.1.2 Interventional oncology ablation devices market split, by cancer type 59
6.3.2 RADIOFREQUENCY (RF) ABLATION DEVICES 60
6.3.2.1 Growing competition among different technologies offered by key players, backed by long-term clinical efficacy data, to drive the RF ablation devices market 60
6.3.2.1.1 Radiofrequency ablation devices market split, by procedure 61
6.3.2.1.2 Radiofrequency ablation devices market split, by cancer type 62
6.3.3 MICROWAVE ABLATION DEVICES 62
6.3.3.1 Microwave ablation enables the simultaneous treatment of multiple lesions—A key factor driving market growth 62
6.3.3.1.1 Microwave ablation devices market split, by procedure 63
6.3.3.1.2 Microwave ablation devices market split, by cancer type 63
6.3.4 CRYOABLATION DEVICES 64
6.3.4.1 Advantages of cryoablation over other thermal ablation techniques to drive market growth in the coming years 64
6.3.4.1.1 Cryoablation devices market split, by procedure 65
6.3.4.1.2 Cryoablation devices market split, by cancer type 65
6.3.5 OTHER ABLATION DEVICES 65
6.3.5.1 Other ablation devices market split, by procedure 66
6.3.5.2 Other ablation devices market split, by cancer type 67
6.4 SUPPORT DEVICES 67
6.4.1 INTERVENTIONAL ONCOLOGY SUPPORT DEVICES MARKET SPLIT,
BY PROCEDURE 68
6.4.2 INTERVENTIONAL ONCOLOGY SUPPORT DEVICES MARKET SPLIT,
BY CANCER TYPE 69
6.4.3 MICROCATHETERS 69
6.4.3.1 Regulatory approvals driving the growth of the microcatheters market 69
6.4.3.1.1 Microcatheters market split, by procedure 70
6.4.3.1.2 Microcatheters market split, by cancer type 70
6.4.4 GUIDEWIRES 71
6.4.4.1 Advancements in guidewire construction and the launch of new and advanced products are the major factors driving the growth of this market 71
6.4.4.1.1 Guidewires market split, by procedure 71
6.4.4.1.2 Guidewires market split, by cancer type 72
7 INTERVENTIONAL ONCOLOGY MARKET, BY PROCEDURE 73
7.1 INTRODUCTION 74
7.2 THERMAL TUMOR ABLATION 75
7.2.1 INCREASING CLINICAL EVIDENCE IS A MAJOR FACTOR DRIVING MARKET GROWTH 75
7.3 NON-THERMAL TUMOR ABLATION 76
7.3.1 NANOKNIFE HAS EMERGED AS A POTENTIAL ALTERNATIVE TO THERMAL TUMOR ABLATION TECHNIQUES 76

7.4 TRANSCATHETER ARTERIAL CHEMOEMBOLIZATION 77
7.4.1 ABILITY TO TREAT SMALL AND LARGE-SIZED TUMORS – A MAJOR FACTOR DRIVING THE DEMAND FOR TACE PROCEDURES 77
7.5 TRANSCATHETER ARTERIAL RADIOEMBOLIZATION/SELECTIVE INTERNAL RADIATION THERAPY 79
7.5.1 TARE SHOWS GREATER CLINICAL EFFICACY AS COMPARED TO TACE 79
7.6 TRANSCATHETER ARTERIAL EMBOLIZATION/BLAND EMBOLIZATION 80
7.6.1 INCREASING CLINICAL EVIDENCE FOR TARE AND TACE TO RESTRAIN GROWTH OF THIS MARKET 80
8 INTERVENTIONAL ONCOLOGY MARKET, BY CANCER TYPE 82
8.1 INTRODUCTION 83
8.1.1 LIVER CANCER 84
8.1.1.1 Increasing disease prevalence and rising research activity are driving market growth 84
8.1.2 LUNG CANCER 85
8.1.2.1 Increasing number of cancer cases will drive the demand for interventional oncology procedures 85
8.1.3 BONE CANCER 86
8.1.3.1 Interventional oncology procedures can eliminate tumors directly and relieve pain 86
8.1.4 KIDNEY CANCER 87
8.1.4.1 Interventional oncology procedures are appropriate for patients with a genetic disposition for multiple tumors 87
8.1.5 OTHER CANCERS 88
9 INTERVENTIONAL ONCOLOGY MARKET, BY REGION 89
9.1 INTRODUCTION 90
9.2 NORTH AMERICA 92
9.2.1 US 96
9.2.1.1 US to dominate the North American interventional oncology market 96
9.2.2 CANADA 98
9.2.2.1 Public-private initiatives to support the adoption of interventional oncology procedures in Canada 98
9.3 EUROPE 100
9.3.1 GERMANY 103
9.3.1.1 Germany is the fastest-growing market in Europe 103
9.3.2 UK 105
9.3.2.1 Increasing awareness and support for cancer-related activities to drive market growth in the UK 105
9.3.3 FRANCE 107
9.3.3.1 Radiofrequency ablation dominated the ablation devices market in France 107
9.3.4 REST OF EUROPE 109

9.4 ASIA PACIFIC 112
9.4.1 JAPAN 116
9.4.1.1 Rising geriatric population and universal healthcare reimbursement are the major driving factors 116
9.4.2 CHINA 118
9.4.2.1 Increasing cancer incidence and growing patient population to drive market growth in China 118
9.4.3 INDIA 120
9.4.3.1 Improving research capabilities coupled with the expansion of key players to drive market growth in India 120
9.4.4 REST OF ASIA PACIFIC 122
9.5 LATIN AMERICA 124
9.5.1 BRAZIL 127
9.5.1.1 Brazil to account for the largest share of the Latin American interventional oncology market 127
9.5.2 MEXICO 129
9.5.2.1 Growing awareness campaigns and rising incidence of cancer to drive market growth in Mexico 129
9.5.3 REST OF LATIN AMERICA 132
9.6 MIDDLE EAST AND AFRICA 134
9.6.1 IMPROVING HEALTHCARE INFRASTRUCTURE AND RISING INCIDENCE OF CANCER ARE DRIVING GROWTH IN THE MIDDLE EAST AND AFRICA 134
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 137
10.1 OVERVIEW 137
10.2 GLOBAL MARKET SHARE ANALYSIS, 2017 138
10.3 COMPETITIVE SCENARIO (2015 – 2019) 139
10.3.1 KEY PRODUCT LAUNCHES 139
10.3.2 KEY ACQUISITIONS 139
10.3.3 KEY AGREEMENTS AND COLLABORATIONS 140
10.4 VENDOR DIVE OVERVIEW 140
10.5 VENDOR INCLUSION CRITERIA 140
10.6 VENDOR DIVE 140
10.6.1 VANGUARDS 140
10.6.2 INNOVATORS 141
10.6.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 141
10.6.4 EMERGING COMPANIES 141

11 COMPANY PROFILES 142
(Introduction, Products & Services, Strategy, & Analyst Insights, Developments, MnM View)*
11.1 HEALTHTRONICS, INC. 142
11.2 TROD MEDICAL 144
11.3 SANARUS TECHNOLOGIES, INC. 145
11.4 TELEFLEX, INC. 146
11.5 IMBIOTECHNOLOGIES LTD. 148
11.6 MEDWAVES, INC. 149
11.7 ICECURE MEDICAL 150
11.8 TERUMO CORPORATION 151
11.9 MEDTRONIC PLC 154
11.10 BTG PLC 158
11.11 JOHNSON & JOHNSON 161
11.12 MERIT MEDICAL SYSTEMS, INC. 163
11.13 BOSTON SCIENTIFIC CORPORATION 166
11.14 ANGIODYNAMICS, INC. 169
11.15 COOK MEDICAL 171

*Details on MarketsandMarkets view, Introduction, Product & Services, Strategy, & Analyst Insights, New Developments might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 172
12.1 DISCUSSION GUIDE 172
12.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 177
12.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 179
12.4 RELATED REPORTS 179
12.5 AUTHOR DETAILS 180

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】インターベンショナルオンコロジーの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD-6975
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
インターベンショナルオンコロジーの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 医薬品用 賦形剤の世界市場
    当調査レポートでは、医薬品用 賦形剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・医薬品用 賦形剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・医薬品用 賦形剤の世界市場:機能別分析/市場規模 ・医薬品用 賦形剤の世界市場:投与経路別分析/市場規模 ・医薬品用 賦形剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・医薬品用 賦形剤のアメリカ市場規模予測 ・医薬品用 賦形剤のヨーロッパ市場規模予測 ・医薬品用 賦形剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • フレキシブルプラスチック包装の世界市場予測(~2022年):ポーチ、袋、ラップ、ロールストック、プレスチックフィルム、紙、アルミ箔、 バイオプラスチック
    当調査レポートでは、フレキシブルプラスチック包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、印刷技術別分析、用途別分析、フレキシブルプラスチック包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用ARヘッドギアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事用ARヘッドギアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用ARヘッドギアの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍事用ARヘッドギアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Applied Research Associates (ARA)• BAE Systems• Elbit Systems• Rockwell Collins• Thales Group等です。
  • パルスオキシメーターの世界市場:種類別(指先型、ハンドヘルド型)、最終用途(病院・医療施設、在宅医療)、地域別、セグメント予測
  • がん診断の世界市場分析:タイプ別(臨床検査、遺伝検査、画像検査、内視鏡検査)、用途別(乳房、肺、肝臓、子宮頸、結腸直腸、皮膚)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、がん診断の世界市場について調査・分析し、がん診断の世界市場動向、がん診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別がん診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の流動パラフィン市場2015
    本調査レポートでは、世界の流動パラフィン市場2015について調査・分析し、流動パラフィンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のペンディメタリン市場2015
    本調査レポートでは、中国のペンディメタリン市場2015について調査・分析し、ペンディメタリンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマート冷蔵庫市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート冷蔵庫市場2015について調査・分析し、スマート冷蔵庫の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • WiFiアンテナの世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、WiFiアンテナの世界市場について調査・分析し、WiFiアンテナのメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(タイプⅠ、タイプⅡ)、用途別販売分析(携帯機器、IoT、自動車)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、WiFiアンテナ産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・WiFiアンテナ市場概要 ・WiFiアンテナのメーカー別販売量・メーカー別シェア ・WiFiアンテナの世界市場:種類別販売量(タイプⅠ、タイプⅡ) ・WiFiアンテナの世界市場:用途別販売量(携帯機器、IoT、自動車) ・WiFiアンテナの世界市場:地域別販売量・市場シェア ・WiFiアンテナの米国市場規模 ・WiFiアンテナの中国市場規模 ・WiFiアンテナの欧州市場規模 ・WiFiアンテナの日本市場規模 ・WiFiアンテナの東南アジア市場規模 ・WiFiアンテナのインド市場規模 ・WiFiアンテナのメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等) ・WiFiアンテナのコスト分析・価格動向 ・WiF …
  • 世界の硫黄被覆尿素市場2016
    本調査レポートでは、世界の硫黄被覆尿素市場2016について調査・分析し、硫黄被覆尿素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの肩関節置換処置動向(~2021)
  • 世界の三酸化モリブデン市場2015
    本調査レポートでは、世界の三酸化モリブデン市場2015について調査・分析し、三酸化モリブデンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 大型LCDディスプレイの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、大型LCDディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大型LCDディスプレイの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 温度キャリブレータ―の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、温度キャリブレータ―の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、温度キャリブレータ―市場規模、製品別(卓上型、ポータブル型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・温度キャリブレータ―の世界市場概要 ・温度キャリブレータ―の世界市場環境 ・温度キャリブレータ―の世界市場動向 ・温度キャリブレータ―の世界市場規模 ・温度キャリブレータ―の世界市場:業界構造分析 ・温度キャリブレータ―の世界市場:製品別(卓上型、ポータブル型) ・温度キャリブレータ―の世界市場:地域別市場規模・分析 ・温度キャリブレータ―のアメリカ市場規模・予測 ・温度キャリブレータ―のヨーロッパ市場規模・予測 ・温度キャリブレータ―のアジア市場規模・予測 ・温度キャリブレータ―の主要国分析 ・温度キャリブレータ―の世界市場:意思決定フレームワーク ・温度キャリブレータ―の世界市場:成長要因、課題 ・温度キャリブレータ―の世界市場:競争環境 ・温度キャ …
  • 世界のイソオクタノール市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソオクタノール市場2015について調査・分析し、イソオクタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヒドロキシプロピルメチルセルロース市場2016
    本調査レポートでは、世界のヒドロキシプロピルメチルセルロース市場2016について調査・分析し、ヒドロキシプロピルメチルセルロースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サードパーティー・ロジスティクス(3PL)の世界市場分析:輸送別(道路、鉄道、水路、航空路)、エンドユーザー別(製造、小売、ヘルスケア、自動車)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、サードパーティー・ロジスティクス(3PL)の世界市場について調査・分析し、サードパーティー・ロジスティクス(3PL)の世界市場動向、サードパーティー・ロジスティクス(3PL)の世界市場規模、市場予測、セグメント別サードパーティー・ロジスティクス(3PL)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の舶用低速ディーゼルエンジン市場2015
    本調査レポートでは、中国の舶用低速ディーゼルエンジン市場2015について調査・分析し、舶用低速ディーゼルエンジンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートグリッドT&D(送電・配電)装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートグリッドT&D(送電・配電)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートグリッドT&D(送電・配電)装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用Vベルトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用Vベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用Vベルトの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 大豆食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、大豆食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、大豆食品の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 統合失調症の疫学的予測
    当調査レポートでは、統合失調症の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・統合失調症の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・統合失調症の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • 中国の光学パターン付きウエハー検査装置市場2015
    本調査レポートでは、中国の光学パターン付きウエハー検査装置市場2015について調査・分析し、光学パターン付きウエハー検査装置の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビデオ喉頭鏡の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ビデオ喉頭鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビデオ喉頭鏡市場規模、用途別(使い捨て型、再利用型)分析、製品別(剛性型、フレキシブル型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ビデオ喉頭鏡の世界市場概要 ・ビデオ喉頭鏡の世界市場環境 ・ビデオ喉頭鏡の世界市場動向 ・ビデオ喉頭鏡の世界市場規模 ・ビデオ喉頭鏡の世界市場:業界構造分析 ・ビデオ喉頭鏡の世界市場:用途別(使い捨て型、再利用型) ・ビデオ喉頭鏡の世界市場:製品別(剛性型、フレキシブル型) ・ビデオ喉頭鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビデオ喉頭鏡のアメリカ市場規模・予測 ・ビデオ喉頭鏡のヨーロッパ市場規模・予測 ・ビデオ喉頭鏡のアジア市場規模・予測 ・ビデオ喉頭鏡の主要国分析 ・ビデオ喉頭鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・ビデオ喉頭鏡の世界市場:成長要因、課題 ・ビデオ喉頭鏡の世界市場:競争環境 ・ビデオ喉頭鏡の世界市場:関連企業情報( …
  • ブラジルの鉱業2015-2019
  • クラウドDVRの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウドDVRの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドDVRの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 結腸がん(Colon Carcinoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における結腸がん(Colon Carcinoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、結腸がん(Colon Carcinoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・結腸がん(Colon Carcinoma)の概要 ・結腸がん(Colon Carcinoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の結腸がん(Colon Carcinoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・結腸がん(Colon Carcinoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 韓国の疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • ソーラールーフの世界市場:種類別(オングリッドタイプ、オフグリッドタイプ、ハイブリッド、グリッドインタラクティブ)、用途別(商業、工業、住宅、エネルギー消費者)、地域別予測
    本資料は、ソーラールーフの世界市場について調べ、ソーラールーフの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オングリッドタイプ、オフグリッドタイプ、ハイブリッド、グリッドインタラクティブ)分析、用途別(商業、工業、住宅、エネルギー消費者)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTata power solar systems、CleanMax solar、Jaksons engineers 、Thermax、Hero future energies、KEC International、RelyOn Solar、SOLON India、Fourth partner energy、SunTegra Solar Roof Systems、Atlantis energy systemsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ソーラールーフの世界市場概要 ・ソーラールーフの世界市場環境 ・ソーラールーフの世界市場動向 ・ソーラールーフの世界市場規模 ・ソーラールーフ …
  • マルチモーダル生体認証の世界市場:指紋認証、顔認証、虹彩認証、音声認証、静脈認証
    当調査レポートでは、マルチモーダル生体認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライフスタイル分析、マルチモーダル生体認証の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パッケージング塗料用添加剤の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、パッケージング塗料用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、機能別(スリップ剤、帯電防止剤、防曇剤、アンチブロッキング剤、抗菌剤)分析、剤形別(水溶性、油溶性、パウダーベース)分析、用途別(食品、工業、ヘルスケア、消費財)分析、パッケージング塗料用添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 酸素供給装置・システムの世界市場2014–2025:製品別(登山用酸素補給器、電気パルス装置、経気管カテーテル)、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、酸素供給装置・システムの世界市場について調査・分析し、酸素供給装置・システムの世界市場動向、酸素供給装置・システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別酸素供給装置・システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の精密濾過膜市場2016
    本調査レポートでは、世界の精密濾過膜市場2016について調査・分析し、精密濾過膜の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレフルノミド市場2016
    本調査レポートでは、世界のレフルノミド市場2016について調査・分析し、レフルノミドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アンモニア水溶液の世界市場:種類別(工業グレード、電子工業グレード、製薬グレード)、用途別(農業、ゴム、皮革、製薬、製紙・パルプ、その他)、地域別予測
    本資料は、アンモニア水溶液の世界市場について調べ、アンモニア水溶液の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(工業グレード、電子工業グレード、製薬グレード)分析、用途別(農業、ゴム、皮革、製薬、製紙・パルプ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはLonza、GAC、FCI、KMG Chemicals、Hainan Zhongharian 、Thatcher Group、Malanadu Ammoniaなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・アンモニア水溶液の世界市場概要 ・アンモニア水溶液の世界市場環境 ・アンモニア水溶液の世界市場動向 ・アンモニア水溶液の世界市場規模 ・アンモニア水溶液の世界市場規模:種類別(工業グレード、電子工業グレード、製薬グレード) ・アンモニア水溶液の世界市場規模:用途別(農業、ゴム、皮革、製薬、製紙・パルプ、その他) ・アンモニア水溶液の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アンモニア水溶液の北米市場規模・予測 ・アン …
  • パジェット病(Paget’s Disease):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、パジェット病(Paget's Disease)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・パジェット病(Paget's Disease):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・パジェット病(Paget's Disease)のフェーズ3治験薬の状況 ・パジェット病(Paget's Disease)治療薬の市場規模(販売予測) ・パジェット病(Paget's Disease)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・パジェット病(Paget's Disease)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のパジェット病(Paget's Disease)治療薬剤
  • 電子産業におけるコンフォーマルコーティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電子産業におけるコンフォーマルコーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子産業におけるコンフォーマルコーティングの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 高圧直流送電(HVDC)の世界市場:CCC(コンデンサ整流コンバータ)、VSC(電圧源コンバータ)、LCC(ライン整流コンバータ)、UHVDC
    当調査レポートでは、高圧直流送電(HVDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成要素別分析、プロジェクト種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポータブル超音波システム市場2015
    本調査レポートでは、世界のポータブル超音波システム市場2015について調査・分析し、ポータブル超音波システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 暗号通貨の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、暗号通貨の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、プロセス別(マイニング、トランザクション)分析、タイプ別分析、用途別(取引、送金、決済、電子商取引、小売)分析、暗号通貨の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 甲状腺疾患治療の世界市場
    当調査レポートでは、甲状腺疾患治療の世界市場について調査・分析し、甲状腺疾患治療の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 補聴器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、補聴器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、補聴器市場規模、製品別(補聴器、人工内耳)分析、患者タイプ別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・補聴器の世界市場概要 ・補聴器の世界市場環境 ・補聴器の世界市場動向 ・補聴器の世界市場規模 ・補聴器の世界市場:業界構造分析 ・補聴器の世界市場:製品別(補聴器、人工内耳) ・補聴器の世界市場:患者タイプ別 ・補聴器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・補聴器のアメリカ市場規模・予測 ・補聴器のヨーロッパ市場規模・予測 ・補聴器のアジア市場規模・予測 ・補聴器の主要国分析 ・補聴器の世界市場:意思決定フレームワーク ・補聴器の世界市場:成長要因、課題 ・補聴器の世界市場:競争環境 ・補聴器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • モバイル広告の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、モバイル広告の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、モバイル広告市場規模、ソリューション別(レポート・アナリティクス、位置情報連動、統合、コンテンツ配信、広告キャンペーン、その他)分析、カテゴリ別(趣味、アート・エンターテイメント、その他)分析、広告タイプ別(オーディオ広告、アプリ内広告、メッセージ広告、モバイルデジタルクーポン広告、検索広告、ビジュアル広告、ゲーム内広告、リッチメディア、その他)分析、用途別(ヘルスケア、製造・サプライチェーン、IT・テレコム、防衛・政府、輸送・物流、銀行・保険、メディア・エンターテイメント、エネルギー・電力・ユーティリティ、日用消費財(FMCG)、その他)分析、デバイス別(スマートフォン、デスクトップ・ラップトップ・ノートブック、タブレット、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ モバイル広告の世界市場:市場動向分析 ・ モバイル広告の世界市場:競争要因分析 ・ モバイル広告 …
  • 世界の中型および大型商用車(MHCV)市場2015
    本調査レポートでは、世界の中型および大型商用車(MHCV)市場2015について調査・分析し、中型および大型商用車(MHCV)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水処理用添加剤市場:スケール抑制剤、腐食抑制剤、有機ポリマー
  • 化膿阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における化膿阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・化膿阻害剤の概要 ・化膿阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の化膿阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・化膿阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・化膿阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 中毒(Poisoning):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における中毒(Poisoning)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、中毒(Poisoning)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・中毒(Poisoning)の概要 ・中毒(Poisoning)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の中毒(Poisoning)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・中毒(Poisoning)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・中毒(Poisoning)治療薬開発に取り組んでい …
  • ダイカストの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ダイカストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイカストの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はダイカストの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alcoa、Dynacast、Precision Castparts等です。
  • ブルガリアの風力発電市場2015
  • 屋根断熱材の世界市場:用途、種類、材料(グラスウール、ストーンウール、プラスチックフォーム)、地域別分析
    当調査レポートでは、屋根断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、材料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"