"自動列車制御装置(ATC)の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC-6974)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動列車制御装置(ATC)の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global automatic train control (ATC) market size to grow at a CAGR of 10.3% during the forecast periodThe global ATC market size is expected to grow from USD 2.2 billion in 2018 to USD 3.6 billion by 2023, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 10.3% during the forecast period. Major growth factors for the market include high population growth and hyper-urbanization, technological advancements targeting passenger convenience, and emerging trend of smart cities. However, high cost of deployment and operational inefficiency could restrain the market growth.
GoA 4 to grow at the highest CAGR during forecast period
GoA 4 is also termed as an Unattended Train Operation (UTO) system. Therefore, the safe departure of the train from a station, including door closing, must be done automatically. The UTO system can detect and manage the hazardous conditions and emergency conditions by introducing guideway intrusion detection, platform and onboard CCTV, etc. UTO is only possible for systems with GoA 4; however, in practice, not all GoA 4 systems are operated unattended. Based on the observations of automated metros, most of the GoA 4 systems are operated with attendants onboard every train. Hence, GoA 4 systems can be operated either unattended or with an attendant onboard.
.
Asia Pacific (APAC) to grow at the highest growth rate during the forecast period
APAC is estimated to be the fastest-growing region in the ATC market by region, due to the increase in the adoption of new technologies, higher investments for digital transformation, and increasing GDP in APAC countries. Singapore, China, Korea, Hong Kong, and India are rapidly investing in technological transformation. Additionally, with the rapid deployment of metros in Asian cities, the deployment of ATC solutions is on the rise. The high population growth rate in the region has intensified the need for transformation and expansion of the existing rail infrastructure. The presence of untapped potential markets, high penetration of advanced technologies, growing freight use in various industries, and economic developments and government regulations are expected to drive the ATC market growth.

.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the IoT platform marketplace.
The following list provides the breakup of primary respondents’ profiles:
 By company type: Tier 1: 35%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 20%
 By designation: C level Executives: 35%, Director Level: 25%, and Others: 40%
 By region: North America: 45%, Europe: 20%, APAC: 30%, and Rest of the World: 5%
Major vendors in the global ATC market include General Electric Company (GE), Toshiba Corporation (Toshiba), Alstom SA (Alstom), Tech Mahindra, WSP, Cisco Systems (Cisco), Hitachi, Bombardier, Siemens, Thales, Kyosan Electric Manufacturing Ltd (Kyosan), Mermec, Advantech, Mipro, and ADLINK Technology. These players have adopted product launches and partnership strategies to sustain their position in the global ATC market.

Research Coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the ATC market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the global ATC market by platform automation, train, services, and region.
Key Benefits of Buying the Report:
The report would help the market leaders/new entrants in the ATC market with the information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall ATC market and subsegments. The report would also help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動列車制御装置(ATC)の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 15
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 15
1.2 MARKET DEFINITION 15
1.3 MARKET SEGMENTATION 16
1.4 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 16
1.5 CURRENCY CONSIDERED 16
1.6 STAKEHOLDERS 17
2 RESEARCH METHODOLOGY 18
2.1 RESEARCH DATA 18
2.1.1 SECONDARY DATA 19
2.1.2 PRIMARY DATA 19
2.1.2.1 Breakup of primaries 20
2.1.2.2 Key industry insights 20
2.2 MARKET BREAKUP AND DATA TRIANGULATION 21
2.3 MARKET SIZE ESTIMATION 22
2.3.1 BOTTOM-UP APPROACH 23
2.3.2 TOP-DOWN APPROACH 23
2.4 MARKET FORECAST 24
2.5 ASSUMPTIONS FOR THE STUDY 25
2.6 LIMITATIONS OF THE STUDY 25
3 EXECUTIVE SUMMARY 26
4 PREMIUM INSIGHTS 29
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN THE AUTOMATIC TRAIN CONTROL MARKET 29
4.2 AUTOMATIC TRAIN CONTROL MARKET, BY TRAIN TYPE AND REGION 30
4.3 AUTOMATIC TRAIN CONTROL MARKET, BY REGION 30
4.4 AUTOMATIC TRAIN CONTROL MARKET: INVESTMENT SCENARIO 31
5 MARKET OVERVIEW AND INDUSTRY TRENDS 32
5.1 INTRODUCTION 32
5.2 MARKET DYNAMICS 32
5.2.1 DRIVERS 33
5.2.1.1 High demographic growth and hyper-urbanization 33
5.2.1.2 Technological advancement targeted toward passenger convenience 34
5.2.1.3 Emerging trend of smart cities 34

5.2.2 RESTRAINTS 34
5.2.2.1 Inefficiency of train operations 34
5.2.2.2 High deployment cost of ATC solutions 34
5.2.3 OPPORTUNITIES 35
5.2.3.1 Development of semi-autonomous and autonomous trains 35
5.2.4 CHALLENGES 35
5.2.4.1 Complexities in integrating ATC solutions with legacy systems 35
5.3 USE CASES 35
6 AUTOMATIC TRAIN CONTROL MARKET, BY AUTOMATION 37
6.1 INTRODUCTION 38
6.2 GOA 1 39
6.2.1 NEED FOR AUTOMATION TO FUEL THE GROWTH OF THE ATC MARKET 39
6.3 GOA 2 40
6.3.1 RISING ADOPTION OF ATP AND ATO IN TRAINS TO DRIVE THE GROWTH OF GOA 2-BASED SYSTEMS 40
6.4 GOA 3 41
6.4.1 HIGH ADOPTION OF GOA 3 TO FUEL THE GROWTH OF THE ATC MARKET 41
6.5 GOA 4 42
6.5.1 GROWING NEED FOR FASTER SERVICES, ENERGY EFFICIENCY, AND SAFETY TO FUEL THE GROWTH OF GOA 4 42
7 AUTOMATIC TRAIN CONTROL MARKET, BY SERVICE 43
7.1 INTRODUCTION 44
7.2 CONSULTING 45
7.2.1 WITH THE ATC TECHNOLOGY AT A MATURE STAGE, THE CONSULTING SERVICES ARE EXPECTED TO BE IN DEMAND 45
7.3 INTEGRATION AND DEPLOYMENT 46
7.3.1 INTEGRATION AND DEPLOYMENT SERVICES TO HELP DEPLOY THE BEST-IN-CLASS SOLUTIONS 46
7.4 SUPPORT AND MAINTENANCE 47
7.4.1 WIDE ADOPTION OF SUPPORT AND MAINTENANCE SERVICES BY ORGANIZATIONS TO AVOID BUSINESS THREATS AND SAFEGUARD DEVICES 47
8 AUTOMATIC TRAIN CONTROL MARKET, BY TRAIN TYPE 48
8.1 INTRODUCTION 49
8.2 URBAN 50
8.2.1 METRO TRAIN 51
8.2.1.1 Rapid urbanization and increasing metro lines to drive the growth of ATC in urban railways 51
8.2.2 HIGH-SPEED TRAIN 52
8.2.2.1 Increasing number of high-speed trains worldwide to fuel the growth of the ATC market 52

8.3 MAINLINE 53
8.3.1 PASSENGER TRAIN 54
8.3.1.1 Increasing traveling population to enforce railway operators to adopt ATC in passenger trains 54
8.3.2 FREIGHT TRAIN 54
8.3.2.1 Need for efficient freight trains to fuel the growth of the ATC market 54
9 AUTOMATIC TRAIN CONTROL MARKET, BY REGION 56
9.1 INTRODUCTION 57
9.2 NORTH AMERICA 58
9.2.1 UNITED STATES 60
9.2.1.1 With the implementation of PTC solutions, the US to see a steady rise in the deployment of ATC solutions and services 60
9.2.2 CANADA 60
9.2.2.1 Commitment to infrastructure and railway spending to drive the ATC market in Canada 60
9.3 EUROPE 61
9.3.1 GERMANY 64
9.3.1.1 Adoption of 2030 FTIP to drive the ATC market in Germany 64
9.3.2 FRANCE 64
9.3.2.1 Focus on rail infrastructure and spend toward the maintenance and improvement of existing lines to fuel the market growth in France 64
9.3.3 UNITED KINGDOM 64
9.3.3.1 UK to emerge as a lucrative ATC market due to government regulations and mandates on rail infrastructures 64
9.3.4 REST OF EUROPE 64
9.4 ASIA PACIFIC 65
9.4.1 CHINA 68
9.4.1.1 Strategic rail projects for improving rail infrastructure to increase the deployment of ATC solutions in China 68
9.4.2 AUSTRALIA 68
9.4.2.1 Deployment of ATC solutions in metros to drive the market in Australia 68
9.4.3 INDIA 68
9.4.3.1 Heavy investments in metros to fuel the growth of the ATC market in India 68
9.4.4 REST OF ASIA PACIFIC 68
9.5 MIDDLE EAST AND AFRICA 69
9.5.1 UNITED ARAB EMIRATES 71
9.5.1.1 Technological advancements and the growing economy to result in ATC solution adoption in UAE 71
9.5.2 QATAR 71
9.5.2.1 Increase in demand for logistics management to act as a major driver for the adoption of ATC solutions 71
9.5.3 REST OF MIDDLE EAST AND AFRICA 71
9.6 LATIN AMERICA 72
9.6.1 BRAZIL 74
9.6.1.1 Major investments in metros to drive the ATC market growth in Brazil 74
9.6.2 MEXICO 74
9.6.2.1 Geographic and strategic location of Mexico plays an important role in the growth of the ATC market 74
9.6.3 REST OF LATIN AMERICA 74
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 75
10.1 OVERVIEW 75
10.2 MARKET RANKING 75
10.3 COMPETITIVE SCENARIO 75
10.3.1 NEW PRODUCT LAUNCHES AND PRODUCT ENHANCEMENTS 77
10.3.2 PARTNERSHIPS, COLLABORATIONS, AND AGREEMENTS 77
10.4 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 78
10.4.1 VISIONARY LEADERS 78
10.4.2 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 78
10.4.3 INNOVATORS 78
10.4.4 EMERGING COMPANIES 78
11 COMPANY PROFILES 80
(Business Overview, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 SIEMENS 80
11.2 THALES 83
11.3 BOMBARDIER 86
11.4 CISCO 89
11.5 HITACHI 91
11.6 GE 94
11.7 TOSHIBA 96
11.8 ALSTOM 98
11.9 TECH MAHINDRA 100
11.10 WSP 102
11.11 KYOSAN 104
11.12 MERMEC 104
11.13 ADVANTECH 105
11.14 MIPRO 105
11.15 ADLINK TECHNOLOGY 106
*Details on Business Overview, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View might not be captured in case of unlisted companies.

12 APPENDIX 107
12.1 DISCUSSION GUIDE 107
12.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 109
12.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 111
12.4 RELATED REPORTS 111
12.5 AUTHOR DETAILS 112

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動列車制御装置(ATC)の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2019年3月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC-6974
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】テレコム・IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動列車制御装置(ATC)の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • IBS-C薬の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、IBS-C薬の世界市場について調査・分析し、IBS-C薬の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 脂肪族メチルエステルスルホネート(FMES)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、脂肪族メチルエステルスルホネート(FMES)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脂肪族メチルエステルスルホネート(FMES)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は脂肪族メチルエステルスルホネート(FMES)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.70%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Chemithon、Kuala Lumpur Kepong Berhad、Lion、Stepan、Wilmar International等です。
  • 自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ステアリング・バイ・ワイヤ(SBW)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の動物医療産業2016-2020
  • 家族/屋内エンターテイメントセンターの中東市場
  • 天然・オーガニックタンポンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、天然・オーガニックタンポンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、天然・オーガニックタンポンの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスの肩関節置換処置動向(~2021)
  • 猫アレルギー(Cat Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における猫アレルギー(Cat Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、猫アレルギー(Cat Allergy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・猫アレルギー(Cat Allergy)の概要 ・猫アレルギー(Cat Allergy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の猫アレルギー(Cat Allergy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・猫アレルギー(Cat Allergy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • デジタルパソロジーの世界市場分析:製品別(低電力、中電力、高電力)、エンドユーザー別(住宅、商業、工業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、デジタルパソロジーの世界市場について調査・分析し、デジタルパソロジーの世界市場動向、デジタルパソロジーの世界市場規模、市場予測、セグメント別デジタルパソロジー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)のフェーズ3治験薬の状況 ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)治療薬の市場規模(販売予測) ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の膵内分泌腫瘍(Pancreatic Endocrine Tumor)治療薬剤
  • 世界の生体吸収性ステント市場規模・予測2017-2025:材料別(生体吸収性ポリマー系ステント、生体吸収性金属製ステント)、吸収速度別(低速ステント、高速ステント)、用途別、エンドユーザー別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の生体吸収性ステント市場について調査・分析し、世界の生体吸収性ステント市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の生体吸収性ステント関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アスコルビン酸の世界市場2020-2024
    「アスコルビン酸の世界市場2020-2024」は、アスコルビン酸について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(医薬品、食品&飲料、パーソナルケア、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・アスコルビン酸の世界市場:エンドユーザー別(医薬品、食品&飲料、パーソナルケア、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • マレーシアのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • グルテンフリー食品の世界市場:ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品
    当調査レポートでは、グルテンフリー食品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、グルテンフリー食品市場規模、製品別(ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、FREEDOM FOODS, General Mills, GRUMA, Hain Celestial, THE HERSHEY COMPANYなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・グルテンフリー食品の世界市場概要 ・グルテンフリー食品の世界市場環境 ・グルテンフリー食品の世界市場動向 ・グルテンフリー食品の世界市場規模 ・グルテンフリー食品の世界市場:業界構造分析 ・グルテンフリー食品の世界市場:製品別(ベーカリー製品・菓子、穀物・スナック、その他食品) ・グルテンフリー食品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・グルテンフリー食品の北米市場規模・予測 ・グルテンフリー食品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・グルテンフリー食品のアジア …
  • 肝炎診断の世界市場2014–2025:診断検査別{血液検査(肝機能検査、免疫検査・核酸検査)、イメージ検査・肝生検}、地域別
    本調査レポートでは、肝炎診断の世界市場について調査・分析し、肝炎診断の世界市場動向、肝炎診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別肝炎診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動認識およびデータ取得(AIDC)の世界市場予測(~2023年):バーコード、磁気ストライプカード、スマートカード、OCRシステム、RFID製品、生体認証システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動認識およびデータ取得(AIDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(バーコード、磁気ストライプカード、スマートカード、OCRシステム、RFID製品、生体認証システム)別分析、提供方式別分析、産業別分析、地域別分析、自動認識およびデータ取得(AIDC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの組織検査/細胞検査市場動向(~2021)
  • シリコーンの世界市場:タイプ別(エラストマー、流体、樹脂、ゲル、その他)、エンドユーザー別(建築、建設、輸送、パーソナルケア、消費財、エネルギー、電気、電子、紙、繊維、その他)
    当調査レポートでは、シリコーンの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・シリコーンの世界市場:タイプ別(エラストマー、流体、樹脂、ゲル、その他) ・シリコーンの世界市場:エンドユーザー別(建築、建設、輸送、パーソナルケア、消費財、エネルギー、電気、電子、紙、繊維、その他) ・シリコーンの世界市場:地域別 ・競合分析 ・企業概要
  • 電気ユーティリティビークルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気ユーティリティビークルの世界市場について調査・分析し、電気ユーティリティビークルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気ユーティリティビークルシェア、市場規模推移、市場規模予測、電気ユーティリティビークル種類別分析(鉛酸型、ゲル鉛型)、電気ユーティリティビークル用途別分析(商業用途、工業用途、個人用途、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気ユーティリティビークルの市場概観 ・電気ユーティリティビークルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気ユーティリティビークルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気ユーティリティビークルの世界市場規模 ・電気ユーティリティビークルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気ユーティリティビークルのアメリカ市場規模推移 ・電気ユーティリティビークルのカナダ市場規模推移 ・電気ユーティリティビークルのメキシコ市場規模推移 ・電気ユーティリティビークルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア …
  • 世界主要国におけるIoT(モノのインターネット)セキュリティ市場2018-2023
    本調査レポートでは、IoT(モノのインターネット)セキュリティの世界市場について調査・分析し、IoT(モノのインターネット)セキュリティの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(ネットワークセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、クラウドセキュリティ、その他)、用途別市場規模(ウェアラブル、建築・ホームオートメーション、サプライチェーン管理、患者情報管理、エネルギー・ユーティリティ管理、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、IoT(モノのインターネット)セキュリティの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・IoT(モノのインターネット)セキュリティの世界市場概要 ・IoT(モノのインターネット)セキュリティの企業別市場シェア ・IoT(モノのインターネット)セキュリティの地域別市場規模 ・ …
  • 耐火ガラスの世界市場:合わせガラス、セラミックガラス、強化ガラス、網入りガラス
    当調査レポートでは、耐火ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、耐火ガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 保護包装の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、保護包装の世界市場について調査・分析し、保護包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 保護包装の世界市場:市場動向分析 - 保護包装の世界市場:競争要因分析 - 保護包装の世界市場:材料別 ・紙・板紙 ・発泡プラスチック ・プラスチック ・その他 - 保護包装の世界市場:製品別 ・発泡保護包装 ・フレキシブル保護包装 ・硬式保護包装 - 保護包装の世界市場:機能別 ・遮断・押さえ ・絶縁 ・包装 ・緩衝 ・空隙充填 - 保護包装の世界市場:用途別 ・家電 ・家庭用器具 ・食品・飲料 ・工業製品 ・医療 ・自動車 ・その他 - 保護包装の世界市場:主要地域別分析 - 保護包装の北米市場規模(アメリカ市場等) - 保護包装のヨーロッパ市場規模 - 保護包装のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・保護包装の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アンゴラの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • フードサービス用消耗品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フードサービス用消耗品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フードサービス用消耗品市場規模、原材料別(プラスチック、紙、アルミニウム、その他)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フードサービス用消耗品の世界市場概要 ・フードサービス用消耗品の世界市場環境 ・フードサービス用消耗品の世界市場動向 ・フードサービス用消耗品の世界市場規模 ・フードサービス用消耗品の世界市場:業界構造分析 ・フードサービス用消耗品の世界市場:原材料別(プラスチック、紙、アルミニウム、その他) ・フードサービス用消耗品の世界市場:製品別 ・フードサービス用消耗品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・フードサービス用消耗品のアメリカ市場規模・予測 ・フードサービス用消耗品のヨーロッパ市場規模・予測 ・フードサービス用消耗品のアジア市場規模・予測 ・フードサービス用消耗品の主要国分析 ・フードサービス用消耗品の世界市場:意思 …
  • 世界のタンパク質アッセイ市場規模・予測2017-2025:商品別(試薬、キット、機器)、種類別(色素結合、試験紙、銅イオン)、用途別(創薬&開発、病状診断)、技術別(蛍光ベース、比色分析)、エンドユーザー別(医薬品、臨床ラボ、病院、学術研究機関)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のタンパク質アッセイ市場について調査・分析し、世界のタンパク質アッセイ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のタンパク質アッセイ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • データマスキングの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データマスキングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、マスキングタイプ別分析、構成要素別分析、導入方式別分析、業務機能別分析、データマスキングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サイクリン依存性キナーゼ4阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ4阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ4阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ4阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ4阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ4阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ4阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の眼科用ナイフ市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼科用ナイフ市場2015について調査・分析し、眼科用ナイフの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場規模が2017年4434.2億ドルから2026年1兆1074.2億ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)市場規模、エンドユーザー別(化学薬品・石油化学製品、製薬、食品・飲料、エネルギー・電力、繊維)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:市場動向分析 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:競争要因分析 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:エンドユーザー別(化学薬品・石油化学製品、製薬、食品・飲料、エネルギー・電力、繊維) ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の世界市場:主要地域別分析 ・ ゼロリキッドディスチャージ(ZLD)の北米市場規 …
  • リン酸亜鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リン酸亜鉛の世界市場について調査・分析し、リン酸亜鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リン酸亜鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、リン酸亜鉛種類別分析(高含有、低含有)、リン酸亜鉛用途別分析(水性防食塗料、溶剤系防食塗料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リン酸亜鉛の市場概観 ・リン酸亜鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リン酸亜鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リン酸亜鉛の世界市場規模 ・リン酸亜鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・リン酸亜鉛のアメリカ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のカナダ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のメキシコ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・リン酸亜鉛のドイツ市場規模推移 ・リン酸亜鉛のイギリス市場規模推移 ・リン酸亜鉛のロシア市場規模推移 ・リン酸亜鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・リン酸亜鉛の日本市場規 …
  • 医療用ガス装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、医療用ガス装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用ガス装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 医療用ガスとは、医療機関や同類の分野で使用されるガスの事です。近年、喘息やPOCD (慢性閉塞性肺疾患)、睡眠時無呼吸などの治療のために、在宅治療でも医療用ガスの利用が増加しており、それに伴い家庭向けの医療用ガス装置の市場機会が拡大しています。他にも、医薬品の製造現場や研究機関、品質管理、創薬といった分野で医療用ガス装置の需要が増大しています。Technavio社は医療用ガス装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Air Liquide• Air Products and Chemicals• Praxair• Linde Gas等です。
  • 世界のサイバー戦争市場規模・予測2017-2025:用途別(航空宇宙、企業、政府、国土保障、防衛)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のサイバー戦争市場について調査・分析し、世界のサイバー戦争市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のサイバー戦争関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 濃縮フィブリノゲンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、濃縮フィブリノゲンの世界市場について調査・分析し、濃縮フィブリノゲンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別濃縮フィブリノゲンシェア、市場規模推移、市場規模予測、濃縮フィブリノゲン種類別分析(動物性、ヒト)、濃縮フィブリノゲン用途別分析(フェブリノゲン欠乏症、外科手術)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・濃縮フィブリノゲンの市場概観 ・濃縮フィブリノゲンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・濃縮フィブリノゲンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・濃縮フィブリノゲンの世界市場規模 ・濃縮フィブリノゲンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・濃縮フィブリノゲンのアメリカ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのカナダ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのメキシコ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・濃縮フィブリノゲンのドイツ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのイギリス市場規模推移 ・濃縮フィ …
  • フィルター付きウォーターボトルの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、フィルター付きウォーターボトルの世界市場について調べ、フィルター付きウォーターボトルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フィルター付きウォーターボトルの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフィルター付きウォーターボトルの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均15%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フィルター付きウォーターボトルの市場状況 ・フィルター付きウォーターボトルの市場規模 ・フィルター付きウォーターボトルの市場予測 ・フィルター付きウォーターボトルの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・フィルター付きウォーターボトルの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク …
  • グルクロノラクトンの世界市場分析:エンドユーザー別(食品・飲料、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、グルクロノラクトンの世界市場について調査・分析し、グルクロノラクトンの世界市場動向、グルクロノラクトンの世界市場規模、市場予測、セグメント別グルクロノラクトン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エリスロポエチン(EPO)薬の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の獣医迅速検査市場:動物種類別、地域別
    本調査レポートは獣医迅速検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、動物種類別(伴侶動物、家畜)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・顧客状況 ・地域別状況 ・獣医迅速検査の世界市場:動物種類別(伴侶動物、家畜) ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 外部コントローラーベース(ECB)ディスクストレージの世界市場2017-2021:FC、iSCSI
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、外部コントローラーベース(ECB)ディスクストレージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、外部コントローラーベース(ECB)ディスクストレージの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は外部コントローラーベース(ECB)ディスクストレージの世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.03%成長すると予測しています。
  • 庭・芝用ツールの世界市場:芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー
    Technavio社の本調査レポートでは、庭・芝用ツールの世界市場について調べ、庭・芝用ツールの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、庭・芝用ツールの市場規模をセグメンテーション別(製品別(芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー)、エンドユーザ別(家庭用、商業用)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン))と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は庭・芝用ツールの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・庭・芝用ツールの市場状況 ・庭・芝用ツールの市場規模 ・庭・芝用ツールの市場予測 ・庭・芝用ツールの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(芝刈り機、パワーツール、ハンドツール、ガーデンアクセサリー) ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭用、商業用) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・庭・芝用ツールの …
  • 炭疽病治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、炭疽病治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、炭疽病治療市場規模、製品別(ワクチン、薬物療法)分析、種類別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・炭疽病治療の世界市場概要 ・炭疽病治療の世界市場環境 ・炭疽病治療の世界市場動向 ・炭疽病治療の世界市場規模 ・炭疽病治療の世界市場:業界構造分析 ・炭疽病治療の世界市場:製品別(ワクチン、薬物療法) ・炭疽病治療の世界市場:種類別 ・炭疽病治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・炭疽病治療の北米市場規模・予測 ・炭疽病治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・炭疽病治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・炭疽病治療の主要国分析 ・炭疽病治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・炭疽病治療の世界市場:成長要因、課題 ・炭疽病治療の世界市場:競争環境 ・炭疽病治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • チタン鉱採鉱の世界市場:チタン鉄鉱、ルチル
    当調査レポートでは、チタン鉱採鉱の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チタン鉱採鉱の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 密閉金型用複合材料の世界市場予測(~2021年):炭素繊維、ガラス繊維、アラミド繊維、天然繊維
    当調査レポートでは、密閉金型用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、プロセス別分析、地域別分析、密閉金型用複合材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 凍結治療の世界市場2019-2023
    凍結療法は寒冷療法であり、神経因性疼痛を取り除くために身体の局所に凍結温度を使用し、痛みの治療を行います。 異常皮膚細胞の治療のため、皮膚科での使用も増えてきています。。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年にかけて、冷凍療法の世界市場が8.45%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Brymill Cryogenic Systems、CryoConcepts、Impact Cryotherapy、Medtronic、Metrum Cryoflex、Zimmer Medizinsystemeなどです。 当調査レポートでは、凍結治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、凍結治療市場規模、製品別(凍結手術装置、局所用凍結治療装置、クライオチャンバー/クライオサウナ)分析、用途別(手術用途、疼痛管理、回復・健康・美容)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・凍結治療の世界市場概要 ・凍結治療の世 …
  • フラットベッドセミトレーラーの世界市場:コンボフラットベッドセミトレーラー、スチール製フラットベッドセミトレーラー、アルミ製フラットベッドセミトレーラー
    Technavio社の本調査レポートでは、フラットベッドセミトレーラーの世界市場について調べ、フラットベッドセミトレーラーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フラットベッドセミトレーラーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(コンボフラットベッドセミトレーラー、スチール製フラットベッドセミトレーラー、アルミ製フラットベッドセミトレーラー)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はフラットベッドセミトレーラーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・フラットベッドセミトレーラーの市場状況 ・フラットベッドセミトレーラーの市場規模 ・フラットベッドセミトレーラーの市場予測 ・フラットベッドセミトレーラーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(コンボフラットベッドセミトレーラー、スチール製フラットベッドセミトレーラー、アルミ製フラットベッドセミトレーラー) ・フ …
  • カーボンナノチューブの北米市場
  • 研磨剤の世界市場2019-2023
    研磨材は、被加工物を研削、研磨、清掃し、目的の形状・仕上げのために使われます。研磨剤は、表面の研磨、バフ研磨、ホーニング、サンディングに使用します。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年にかけて、研磨剤の世界市場が 5.65%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、3M、Asahi Diamond Industrial、Fujimi、Henkel、Robert Bosch、Saint-Gobainなどです。 当調査レポートでは、研磨剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研磨剤市場規模、エンドユーザー別(一般工学・工具、制作、自動車、電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・研磨剤の世界市場概要 ・研磨剤の世界市場環境 ・研磨剤の世界市場動向 ・研磨剤の世界市場規模 ・研磨剤の世界市場:業界構造分析 ・研磨剤の世界市場:エンドユーザー別(一般工学・工具、制作、自動車、電子、その他 …
  • グルタミン酸塩受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルタミン酸塩受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニストの概要 ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグルタミン酸塩受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アジア太平洋のエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場
    当調査レポートでは、アジア太平洋のエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オートクレーブ養生気泡コンクリート(AAC)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートクレーブ養生気泡コンクリート(AAC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートクレーブ養生気泡コンクリート(AAC)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"