"触媒コンバーターの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT-3133)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"触媒コンバーターの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The increasing vehicle production and stringency in emission norms will drive the catalytic converter market.”The catalytic converter market is projected to grow from USD 42.4 billion in 2018 to USD 73.1 billion by 2025, at a CAGR of 8.10%. The major driving factors for the catalytic converter market are stringent emission norms, fuel efficiency regulations, and increasing adoption rate of SCRs in diesel engines around the globe. The demand for catalytic converters is driven by the increasing vehicle production, stringency in emission norms, and technological partnership between OEMs and Tier I players. However, increasing sales of BEVs and the high cost of precious materials are acting as restrains for the catalytic converter market.
“Agricultural tractor is estimated to be the largest and fastest growing market for the off-highway vehicle segment.”
Agriculture tractors hold the maximum share in the overall off-highway vehicle segment. The demand for agricultural tractors is driven by increasing mechanization rate, rising global population, shortage of skilled farm labor, increasing labor cost, and the growing need for operational efficiency and profitability. With the rising demand for tractors, the demand for several aftertreatment devices will also grow simultaneously. DOC and DPF devices are fitted in most of the agricultural tractors to comply with off-highway vehicle emission norms. The deployment of these devices is more prominent in Europe and North America, and will eventually boost up in the Asian countries also. Alternatively, deployment of SCRs is dependent on the engine capacity. For instance, < 200 kW agricultural tractors are mostly equipped with DOC and DPF, whereas > 200 kW tractors are equipped with DOC, DPF, and SCR. Thus, the growing demand for agricultural tractors and the governments’ push toward lower emissions would drive the catalytic converter market in the coming years.
“Asia Oceania is estimated to be the largest catalytic converter market during the forecast period.”
The catalytic converter market in Asia Oceania is expected to be the largest during the forecast period. The major driving factors are huge vehicle production and upcoming emission norms in developing countries such as China and India. China and India are currently following China IV and BS IV respectively, and are planning to launch China VI and BS VI directly which will fuel the growth of catalytic converter. However, the adoption rate of aftertreatment devices is comparatively low against the European countries, the US, and Canada.
In-depth interviews were conducted with CEOs, marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the catalytic converter market place.
 By Company Type: Tier I – 45%, Tier II – 35%, and OEMs – 20%
 By Designation: C level – 40%, D level – 35%, Other – 25%
 By Region: North America – 48%, Europe – 30%, Asia Oceania — 22%

Note: Tier 1 (Exhaust system and catalytic converter manufacturer), Tier 2 (Material suppliers), others (OEM, Industry expert).
The catalytic converter market is dominated by the global players and comprises several regional players. Some of the key players in the catalytic converter market are Faurecia (France), Tenneco (US), Continental (Germany), Eberspächer (Germany), Johnson Maththey (UK), Umicore (Belgium), Futaba (Japan), BAEF (Germany), CDTI Materials (US), and Benteler International (Austria). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the catalytic converter market, with their company profiles, SWOT analysis of the top 5 companies, recent developments, and key market strategies.
Research Coverage
The catalytic converter market has been segmented on the basis of type of catalytic converter [three-way catalytic converter (TWCC), four-way catalytic converter (FWCC), diesel oxidation catalyst (DOC), selective catalytic reduction (SCR), and lean NOx trap (LNT)], vehicle type (passenger car, LCV, truck, and bus), material (palladium, platinum, rhodium, and others), off-highway vehicle (agricultural tractors, mining equipment, and construction equipment), aftermarket (passenger car, LCV, HCV), and region [Asia Oceania (China, Japan, India, South Korea, Thailand, and Rest of Asia Oceania), Europe (UK, Germany, France, Spain, Russia, Turkey, and Rest of Europe), North America (US, Canada, and Mexico), and Rest of the world (Brazil, Iran, and Rest of RoW).
Key Benefits of Buying the Report:
This report provides insights with reference to the following points:
 OE Market Size, by Catalytic Converter Type: The report offers in-depth market sizing and forecast up to 2025, by catalytic converter type, such as TWCC, FWCC, DOC, SCR, and LNT. The market sizing for catalytic converter type is covered at the country and regional levels considered under this study.
 OE Market Size, by Material: The report offers in-depth market sizing and forecast up to 2025, by material, such as palladium, platinum, rhodium, others. The market sizing for components is covered at vehicle types and regional levels considered in the study.
 OE Market Size, by Off-highway Vehicle: The report offers in-depth market sizing and forecast up to 2025, by off-highway vehicle, such as agricultural tractors, construction equipment, and mining equipment. The market sizing for off-highway vehicle is covered for regions considered in the study
 Aftermarket Size, by Vehicle Type: The report offers in-depth aftermarket sizing and forecast up to 2025, by vehicle type, at a regional level.
 The report provides “Market Share” of the leading players in the catalytic converter market.
 Market Development: The report provides comprehensive information about lucrative emerging markets for catalytic converter across regions.
 Product Development/Innovation: The report gives detailed insights into R&D activities, upcoming technologies, and new product launches in the catalytic converter market.
 Market Diversification: The report offers detailed information about untapped markets, investments, new products, and recent developments in the catalytic converter market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"触媒コンバーターの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 19
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 19
1.2 MARKET DEFINITION 19
1.3 MARKET SCOPE 20
1.3.1 MARKETS COVERED 20
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 21
1.4 CURRENCY 21
1.5 LIMITATIONS 22
1.6 PACKAGE SIZE 22
1.7 STAKEHOLDERS 22
2 RESEARCH METHODOLOGY 23
2.1 RESEARCH DATA 23
2.2 SECONDARY DATA 24
2.2.1 KEY SECONDARY SOURCES FOR VEHICLE PRODUCTION 24
2.2.2 KEY SECONDARY SOURCES FOR MARKET SIZING 25
2.2.3 KEY DATA FROM SECONDARY SOURCES 25
2.3 PRIMARY DATA 26
2.3.1 SAMPLING TECHNIQUES & DATA COLLECTION METHODS 26
2.3.2 PRIMARY PARTICIPANTS 27
2.4 MARKET SIZE ESTIMATION 27
2.4.1 BOTTOM-UP APPROACH: CATALYTIC CONVERTER OE MARKET 28
2.4.2 BOTTOM-UP APPROACH: CATALYTIC CONVERTER MATERIAL MARKET 28
2.4.3 BOTTOM-UP APPROACH: CATALYTIC CONVERTER AFTERMARKET 29
2.5 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 30
2.6 ASSUMPTIONS 31
2.6.1 GLOBAL ASSUMPTIONS 31
3 EXECUTIVE SUMMARY 33
4 PREMIUM INSIGHTS 36
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN CATALYTIC CONVERTER MARKET 36
4.2 CATALYTIC CONVERTER MARKET IN ASIA OCEANIA, BY TYPE AND COUNTRY 37
4.3 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY COUNTRY 38
4.4 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY TYPE 39
4.5 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY VEHICLE TYPE 40
4.6 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY OFF-HIGHWAY VEHICLE 41
4.7 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY REGION 42
4.8 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY MATERIAL 43
5 MARKET OVERVIEW 44
5.1 INTRODUCTION 44
5.2 MARKET DYNAMICS 45
5.2.1 DRIVERS 45
5.2.1.1 Stringent emission and fuel efficiency regulations around the globe to fuel the demand for catalytic converters 45
5.2.1.1.1 Region-wise emission and fuel efficiency targets 47
5.2.1.1.2 Tier 4/stage 4 emission regulations for off-highway engines 49
5.2.1.1.3 Role of catalytic converters in emission control 50
5.2.1.2 Increasing aftermarket for catalytic converters 51
5.2.1.2.1 Increasing average age and miles driven of vehicles 51
5.2.1.2.2 Catalytic converter theft 52
5.2.1.3 Increasing demand for SCR in heavy diesel engines 52
5.2.2 RESTRAINTS 53
5.2.2.1 Increasing sales of battery electric vehicles 53
5.2.3 OPPORTUNITIES 54
5.2.3.1 Nanoparticles for Catalytic Reduction 54
5.2.3.2 Introduction of Real Drive Emission (RDE) tests 54
5.2.3.3 Recycling of automotive catalysts 54
5.2.4 CHALLENGES 55
5.2.4.1 Fluctuating price of precious group metals 55
5.2.4.2 Controlling Adulteration in DEF 56
6 INDUSTRY TRENDS 58
6.1 TECHNOLOGY OVERVIEW 58
6.1.1 MAJOR COMPONENTS AND THEIR FUNCTIONS IN AN AUTOMOTIVE EXHAUST SYSTEM 58
6.1.1.1 Exhaust manifold 59
6.1.1.2 Catalytic converter 60
6.1.1.2.1 Substrate 60
6.1.1.2.2 Wash-coat 60
6.1.1.2.3 Catalyst 60
6.1.1.3 Muffler 61
6.1.1.4 Tail-pipe 61
6.1.2 ADVANCED CATALYTIC CONVERTER TYPES 61
6.1.2.1 Three-way catalytic converter 61
6.1.2.2 Four-way catalytic converter 62
6.1.2.3 Selective catalytic reduction 63
6.1.2.4 Diesel oxidation catalyst 64
6.1.2.5 Lean NOx trap 64
6.1.2.6 Catalytic converter product life cycle 65
6.1.3 AUTOMOTIVE CATALYST MATERIALS 65
6.1.3.1 Platinum 66
6.1.3.2 Palladium 66
6.1.3.3 Rhodium 66
6.2 EMISSION AND FUEL ECONOMY NORMS 66
6.2.1 EMISSION REGULATIONS 67
6.2.2 CO2 AND FUEL ECONOMY REGULATIONS 69
6.2.3 FUEL SULPHUR REGULATIONS 70
6.3 REVENUE IMPACT ANALYSIS 72
7 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY TYPE 73
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional Level and Considered Regions are Asia Oceania, Europe, North America and RoW
7.1 INTRODUCTION 74
7.1.1 RESEARCH METHODOLOGY 74
7.1.2 ASSUMPTIONS AND DEFINITIONS 75
7.1.3 INDUSTRY INSIGHTS 76
7.2 THREE WAY CATALYTIC CONVERTER (TWCC) 77
7.2.1 TWCC LEADS THE CATALYTIC CONVERTER MARKET OWING TO DOMINANT PRESENCE OF GASOLINE VEHICLES 77
7.3 FOUR-WAY CATALYTIC CONVERTER (FWCC) 78
7.3.1 FWCC TO SHOW FASTEST GROWTH FOR GASOLINE VEHICLES CATALYTIC CONVERTER 78
7.4 DIESEL OXIDATION CATALYST (DOC) 80
7.4.1 DOC IS ESTIMATED TO HAVE THE LARGEST MARKET FOR DIESEL VEHICLES OWING TO ITS STRINGENT USAGE IN EUROPE AND NORTH AMERICA 80
7.5 SELECTIVE CATALYTIC REDUCTION (SCR) 81
7.5.1 SCR IS ESTIMATED TO HAVE FASTEST GROWTH OWING TO THE ONGOING AND UPCOMING STRINGENT EMISSION NORMS IN DEVELOPING COUNTRIES 81
7.6 LEAN NOX TRAP (LNT) 82
7.6.1 LNT IS ESTIMATED TO SHOW STAGNANT GROWTH OWING TO DECREASING DEMAND FOR DIESEL VEHICLES IN EUROPE AND NORTH AMERICA 82
8 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY VEHICLE TYPE 84
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional Level and Considered Regions are Asia Oceania, Europe, North America and RoW
8.1 INTRODUCTION 85
8.1.1 RESEARCH METHODOLOGY 86
8.1.2 ASSUMPTIONS AND DEFINITIONS 86
8.1.3 INDUSTRY INSIGHTS 87
8.2 PASSENGER CAR 88
8.2.1 PASSENGER CAR LEADS THE CATALYTIC CONVERTER MARKET OWING TO ITS LARGE USAGE COMPARED TO OTHER VEHICLES 88

8.3 LIGHT COMMERCIAL VEHICLE (LCV) 90
8.3.1 LCV HAS THE PROMINENT MARKET SHARE AS IT HAS FOUND INCREASING USAGE IN US, CHINA, AND INDIA 90
8.4 TRUCK 91
8.4.1 TRUCK IS THE FASTEST GROWING SEGMENT FOR CATALYTIC CONVERTERS AS IT IS WITNESSING INCREASING USAGE OF SCR TECHNOLOGY 91
8.5 BUS 92
8.5.1 BUS HAS THE LOWEST MARKET FOR CATALYTIC CONVERTERS AS IT HAS LOWEST VEHICLE PRODUCTION SHARE AMONG OTHER VEHICLES 92
9 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY MATERIAL 94
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional Level (Asia Oceania, Europe, North America and RoW) and Vehicle type (Passenger car, LCV, Truck, Bus)
9.1 INTRODUCTION 95
9.1.1 RESEARCH METHODOLOGY 96
9.1.2 ASSUMPTIONS AND DEFINITIONS 96
9.1.3 INDUSTRY INSIGHTS 97
9.2 PALLADIUM 98
9.2.1 PALLADIUM LEADS THE CATALYTIC CONVERTER MARKET OWING TO ITS GROWING USAGE IN GASOLINE VEHICLES 98
9.3 PLATINUM 100
9.3.1 PLATINUM HAS THE SECOND LARGEST MARKET AS IT HAS THE CAPABILITY OF BOTH OXIDATION AND REDUCTION 100
9.4 RHODIUM 102
9.4.1 RHODIUM IS SEEING INCREASING USAGE OWING TO ITS CAPABILITY OF REMOVING NOX EMISSIONS 102
9.5 OTHERS 104
9.5.1 OTHER MATERIALS MARKET IS ESTIMATED TO SHOW FASTEST GROWTH OWING TO INVESTMENTS IN LESS COSTLY PRECIOUS MATERIALS 104
10 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY OFF-HIGHWAY VEHICLE 106
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional Level and Considered Regions are Asia Oceania, Europe, North America and RoW
10.1 INTRODUCTION 107
10.1.1 RESEARCH METHODOLOGY 107
10.1.2 ASSUMPTIONS AND DEFINITIONS 108
10.1.3 INDUSTRY INSIGHTS 108
10.2 AGRICULTURE TRACTORS 110
10.2.1 AGRICULTURE TRACTORS LEAD THE CATALYTIC CONVERTER MARKET FOR OFF-HIGHWAY VEHICLES 110
10.3 CONSTRUCTION EQUIPMENT 111
10.3.1 CONSTRUCTION EQUIPMENT HAS THE SECOND LARGEST SHARE IN THE CATALYTIC CONVERTER MARKET OWING TO INCREASING INDUSTRIALIZATION 111
10.4 MINING EQUIPMENT 112
10.4.1 MINING EQUIPMENT ALSO HAS PROMINENT MARKET SHARE 112
11 CATALYTIC CONVERTER AFTERMARKET, BY VEHICLE TYPE 114
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional Level and Considered Regions are Asia Oceania, Europe, North America and RoW
11.1 INTRODUCTION 115
11.1.1 RESEARCH METHODOLOGY 115
11.1.2 ASSUMPTIONS AND DEFINITIONS 116
11.1.3 INDUSTRY INSIGHTS 116
11.2 PASSENGER CAR 118
11.2.1 PASSENGER CAR LEADS THE CATALYTIC CONVERTER AFTERMARKET OWING TO HIGH VEHICLE PARC 118
11.3 LIGHT COMMERCIAL VEHICLE (LCV) 119
11.3.1 LIGHT COMMERCIAL VEHICLES ARE HAVE A PROMINET SHARE IN THE CATALYTIC CONVERTER AFTERMARKET 119
11.4 HEAVY COMMERCIAL VEHICLE (HCV) 120
11.4.1 HEAVY COMMERCIAL VEHICLE HAS THE SECOND LARGEST AFTERMARKET AS THESE VEHICLES RUN FOR LONGER TRIPS 120
12 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY REGION 121
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional and Country Level By catalytic converter type and Considered catalytic converter type are Diesel oxidation catalyst, Four-way catalytic converter, Three-way catalytic converter, Selective catalytic reduction, and Lean NOx Trap
12.1 INTRODUCTION 122
12.1.1 RESEARCH METHODOLOGY 123
12.1.2 ASSUMPTIONS 123
12.1.3 INDUSTRY INSIGHTS 124
12.2 ASIA OCEANIA 127
12.2.1 CHINA 129
12.2.1.1 TWCC is the prominent catalytic converter market in China 129
12.2.2 INDIA 130
12.2.2.1 India is estimated to be the fastest market in Asia Oceania 130
12.2.3 JAPAN 131
12.2.3.1 Japan is the second largest market for catalytic converters in Asia Oceania 131
12.2.4 SOUTH KOREA 132
12.2.4.1 SCR is estimated to be the largest market in South Korea as of 2018 132
12.2.5 THAILAND 133
12.2.5.1 DOC is estimated to be the largest market during the forecast period 133
12.2.6 REST OF ASIA OCEANIA 134
12.2.6.1 SCR is estimated to be the largest market by 2025 134

12.3 EUROPE 135
12.3.1 GERMANY 139
12.3.1.1 Germany is estimated to be the largest market for catalytic converters in the region 139
12.3.2 FRANCE 140
12.3.2.1 SCR is estimated to be the largest market by 2025 140
12.3.3 RUSSIA 141
12.3.3.1 TWCC is estimated to be the largest market by volume in 2018 141
12.3.4 SPAIN 142
12.3.4.1 DOC is estimated to be the largest market by volume 142
12.3.5 UK 143
12.3.5.1 SCR is estimated to be the largest market in the UK as of 2018 143
12.3.6 TURKEY 144
12.3.6.1 SCR is estimated to be the largest market during the forecast period 144
12.3.7 REST OF EUROPE 145
12.3.7.1 SCR is projected to be the fastest market 145
12.4 NORTH AMERICA 146
12.4.1 CANADA 148
12.4.1.1 SCR is estimated to be the largest market by 2025 148
12.4.2 MEXICO 149
12.4.2.1 Mexico is estimated to be the fastest growing market in North America 149
12.4.3 US 150
12.4.3.1 Catalytic converters such as DOC have almost 100% adoption rate for diesel vehicles in the US 150
12.5 REST OF THE WORLD (ROW) 151
12.5.1 BRAZIL 152
12.5.1.1 TWCC is estimated to be the largest market by volume as of 2018 152
12.5.2 IRAN 153
12.5.2.1 Iran is the fastest growing market in RoW 153
12.5.3 REST OF ROW 154
12.5.3.1 SCR is estimated to be the largest market by 2025 154
13 COMPETITIVE LANDSCAPE 156
13.1 OVERVIEW 156
13.2 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 158
13.2.1 VISIONARY LEADERS 158
13.2.2 INNOVATORS 158
13.2.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 158
13.2.4 EMERGING COMPANIES 158

13.3 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING: CATALYTIC CONVERTER MANUFACTURERS 159
13.3.1 COMPETITIVE BENCHMARKING 160
13.3.1.1 Company-wise business strategy analysis 160
13.3.1.2 Company-wise product offering analysis 161
13.3.2 CATALYTIC CONVERTER MATERIAL MANUFACTURERS 162
13.3.3 COMPETITIVE BENCHMARKING 163
13.3.3.1 Company-wise business strategy analysis 163
13.3.3.2 Company-wise product offering analysis 164
13.4 CATALYTIC CONVERTER MARKET: MARKET SHARE ANALYSIS 165
13.5 COMPETITIVE SCENARIO 165
13.5.1 EXPANSIONS 166
13.5.2 NEW PRODUCT LAUNCHES/NEW PRODUCT DEVELOPMENTS 168
13.5.3 SUPPLY CONTRACTS 169
13.5.4 MERGERS & ACQUISITIONS 169
13.5.5 PARTNERSHIPS/JOINT VENTURES 170
14 COMPANY PROFILES 171
(Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT analysis, MNM view)*
14.1 FAURECIA 171
14.2 TENNECO 174
14.3 JOHNSON MATTHEY 178
14.4 EBERSPÄCHER 181
14.5 UMICORE 184
14.6 BENTELER 187
14.7 FUTABA 189
14.8 BASF 191
14.9 CONTINENTAL 193
14.10 CDTI MATERIALS 195
14.11 ADDITIONAL CPS 197
14.11.1 NORTH AMERICA 197
14.11.1.1 Nett Technologies 197
14.11.1.2 Katcon 197
14.11.1.3 Cummins 197
14.11.1.4 CRI Catalyst 197
14.11.2 EUROPE 198
14.11.2.1 Bosal 198
14.11.2.2 Boysen 198
14.11.2.3 Magneti Marelli 198
14.11.2.4 Heraeus 198

14.11.3 ASIA OCEANIA 199
14.11.3.1 SANGO 199
14.11.3.2 Calsonic Kansei 199
14.11.3.3 IBIDEN 199
14.11.3.4 Yutaka Giken 199
*Details on Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT analysis, MNM view might not be captured in case of unlisted companies
15 APPENDIX 200
15.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 200
15.2 DISCUSSION GUIDE 201
15.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 207
15.4 AVAILABLE CUSTOMIZATION 209
15.4.1 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY VEHICLE TYPE, BY COUNTRY 209
15.4.1.1 Passenger Cars 209
15.4.1.2 LCV 209
15.4.1.3 Trucks 209
15.4.1.4 Buses 209
15.4.2 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY FUEL TYPE, BY COUNTRY 209
15.4.2.1 Gasoline 209
15.4.2.2 Diesel 209
15.4.3 CATALYTIC CONVERTER MARKET, BY FUEL TYPE, BY TECHNOLOGY 209
15.4.3.1 Gasoline 209
15.4.3.2 Diesel 209
15.5 RELATED REPORTS 210
15.6 AUTHOR DETAILS 211

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】触媒コンバーターの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年3月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT-3133
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
触媒コンバーターの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 航空機用油圧装置の世界市場予測(~2021年):リザーバー、フィルター、ポンプ、アキュムレータ、アクチュエータ、油圧作動油
    当調査レポートでは、航空機用油圧装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、航空機用油圧装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 牧草用・飼料用機械の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、牧草用・飼料用機械の世界市場規模が2017年から2026年まで年平均5.27%成長すると予測しています。当調査レポートでは、牧草用・飼料用機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、牧草用・飼料用機械市場規模、種類別(テッダー・熊手、飼料収穫機、ベーラー、芝刈り機)分析、用途別(中小農場、大農場)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:市場動向分析 ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:競争要因分析 ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:種類別(テッダー・熊手、飼料収穫機、ベーラー、芝刈り機) ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:用途別(中小農場、大農場) ・ 牧草用・飼料用機械の世界市場:主要地域別分析 ・ 牧草用・飼料用機械の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 牧草用・飼料用機械のヨーロッパ市場規模 ・ 牧草用・飼料用機械のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・牧 …
  • カプリル酸の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、カプリル酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カプリル酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はカプリル酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Forchem Oyj、IOI Corporation、Kuala Lumpur Kepong、Oleon、Wilmar International等です。
  • 自動車用インフォテインメントOSの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用インフォテインメントOSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用インフォテインメントOSの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のスクリーン・クリーナー・キット市場2015
    本調査レポートでは、中国のスクリーン・クリーナー・キット市場2015について調査・分析し、スクリーン・クリーナー・キットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トルコのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 世界のシリコマンガン市場2015
    本調査レポートでは、世界のシリコマンガン市場2015について調査・分析し、シリコマンガンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ポリマー複合材の世界市場2014-2025:樹脂別(エポキシ、ポリウレタン、ポリアミド、ポリプロピレン、ポリエチレン)、用途別、製品別、エンドユーズ別、製造別
    本調査レポートでは、自動車用ポリマー複合材の世界市場について調査・分析し、自動車用ポリマー複合材の世界市場動向、自動車用ポリマー複合材の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用ポリマー複合材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自己輸血デバイスの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、自己輸血デバイスの世界市場について調べ、自己輸血デバイスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自己輸血デバイスの市場規模をセグメンテーション別(製品別(システム、アクセサリー)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自己輸血デバイスの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自己輸血デバイスの市場状況 ・自己輸血デバイスの市場規模 ・自己輸血デバイスの市場予測 ・自己輸血デバイスの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(システム、アクセサリー) ・自己輸血デバイスの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 中国のCOPD治療薬市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のCOPD治療薬市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のCOPD治療薬市場規模及び予測、薬剤種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ファンシーヤーンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ファンシーヤーンの世界市場について調査・分析し、ファンシーヤーンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ファンシーヤーンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ファンシーヤーン種類別分析(シェニール糸、ささべり糸、輪奈糸、星糸、スラブヤーン、その他)、ファンシーヤーン用途別分析(縫製産業、服飾用付属品、カーペット、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ファンシーヤーンの市場概観 ・ファンシーヤーンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ファンシーヤーンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ファンシーヤーンの世界市場規模 ・ファンシーヤーンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ファンシーヤーンのアメリカ市場規模推移 ・ファンシーヤーンのカナダ市場規模推移 ・ファンシーヤーンのメキシコ市場規模推移 ・ファンシーヤーンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ファンシーヤーンのドイツ市場規模推移 ・ファンシーヤーンのイギ …
  • テレカーディオロジー(心臓病遠隔診断)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テレカーディオロジー(心臓病遠隔診断)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレカーディオロジー(心臓病遠隔診断)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の乾燥酵母市場2016
    本調査レポートでは、世界の乾燥酵母市場2016について調査・分析し、乾燥酵母の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 4-1BBアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における4-1BBアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・4-1BBアゴニストの概要 ・4-1BBアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の4-1BBアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・4-1BBアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・4-1BBアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のL-バリン市場2015
    本調査レポートでは、世界のL-バリン市場2015について調査・分析し、L-バリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティテストの世界市場見通し2016-2022:ネットワークセキュリティテスト、アプリケーションセキュリティテスト、デバイスセキュリティテスト
    当調査レポートでは、セキュリティテストの世界市場について調査・分析し、セキュリティテストの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・セキュリティテストの世界市場:市場動向分析 ・セキュリティテストの世界市場:競争要因分析 ・セキュリティテストの世界市場:テスト別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:ツール別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:導入別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:地域別分析/市場規模 ・セキュリティテストの北米市場規模 ・セキュリティテストの欧州市場規模 ・セキュリティテストのアジア市場規模 ・セキュリティテストの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 地上基盤無線(TETRA)システムの世界市場2017-2021:公共安全、交通、工業、公益事業、軍事・防衛、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、地上基盤無線(TETRA)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、地上基盤無線(TETRA)システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は地上基盤無線(TETRA)システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Airbus Group、JVCKENWOOD、Motorola Solutions、Sepura等です。
  • 不溶解性食物繊維の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、不溶解性食物繊維の世界市場について調査・分析し、不溶解性食物繊維の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 不溶解性食物繊維の世界市場:市場動向分析 - 不溶解性食物繊維の世界市場:競争要因分析 - 不溶解性食物繊維の世界市場: 起源別 果物 穀物 野菜 その他の起源 - 不溶解性食物繊維の世界市場:機能別 水結合剤 質感剤 膨張剤 固結防止剤 脂肪代替品 - 不溶解性食物繊維の世界市場:種類別 ヘミセルロース リグニン セルロース 難消化澱粉 キチン及びキトサン 繊維/ふすま その他の種類 - 不溶解性食物繊維の世界市場:エンドユーザー別 動物用飼料 薬品 ペットフード 食料品産業 その他のエンドユーザー - 不溶解性食物繊維の世界市場:主要地域別分析 - 不溶解性食物繊維の北米市場規模(アメリカ市場等) - 不溶解性食物繊維のヨーロッパ市場規模 - 不溶解性食物繊維のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・不溶解性食物繊維の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 食道がん(Esophageal Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、食道がん(Esophageal Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・食道がん(Esophageal Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・食道がん(Esophageal Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・食道がん(Esophageal Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・食道がん(Esophageal Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・食道がん(Esophageal Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の食道がん(Esophageal Cancer)治療薬剤
  • 加入者データ管理の世界市場予測(~2021):ソリューション別(方針管理、加入者データ提携、ID管理、利用者データ貯蔵)、ネットワーク種類別、用途種類別、組織規模別、配置種類別、地域別
    当調査レポートでは、加入者データ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、ネットワーク種類別分析、用途別分析、地域別分析、加入者データ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ケミカルタンカー輸送の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ケミカルタンカー輸送の世界市場について調査・分析し、ケミカルタンカー輸送の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ケミカルタンカー輸送の世界市場規模:製品別分析 ・ケミカルタンカー輸送の世界市場規模:コーティング種類別分析 ・ケミカルタンカー輸送の世界市場規模:荷物種類別分析 ・ケミカルタンカー輸送の世界市場規模:輸送ルート別分析 ・ケミカルタンカー輸送の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 過酢酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、過酢酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、過酢酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコーンビームコンピューター断層撮影(CBCT)システム市場:製品別、地域別
    本調査レポートはコーンビームコンピューター断層撮影(CBCT)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(定置型CBCTシステム、移動型CBCTシステム)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・コーンビームコンピューター断層撮影(CBCT)システムの世界市場:製品別(定置型CBCTシステム、移動型CBCTシステム) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • アイウェアの世界市場2017-2021:眼鏡、サングラス、コンタクトレンズ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アイウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイウェアの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアイウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.49%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEssilior、Johnson & Johnson Vision Care、Novartis、Safilo Group等です。
  • 水素生成の世界市場予測(~2023年)
    水素生成の世界市場は、2018年の1,355億米ドルから2023年には1,991億米ドルに達し、8.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、米国、中国、日本などの国々で燃料電池車の採用が増えたこと、よりクリーンな燃料を製造するための石油およびガス精製における水素需要が増加したことなどが考えれられます。一方で、電池技術への投資の増加および水素技術を取り巻く安全性への懸念により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、水素生成の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(石油精製、アンモニア製造、メタノール製造、輸送、発電)分析、技術(水蒸気改質、水電解、その他)分析、貯蔵分析、水素生成の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本脳炎(Japanese Encephalitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における日本脳炎(Japanese Encephalitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、日本脳炎(Japanese Encephalitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・日本脳炎(Japanese Encephalitis)の概要 ・日本脳炎(Japanese Encephalitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の日本脳炎(Japanese Encephalitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・日本脳炎(Japanese Encephalitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 自動車用ハイマウントストップランプの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ハイマウントストップランプの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ハイマウントストップランプの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、HELLA、KOITO MANUFACTURING、Magneti Marelli、OSRAM等です。
  • テトラキス (ヒドロキシメチル) ホスホニウムスルファート(THPS)の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、テトラキス (ヒドロキシメチル) ホスホニウムスルファート(THPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(石油&ガス、水処理、レザー、テキスタイル)分析、機能別(殺生物剤、硫化鉄スカベンジャー、難燃剤、日焼け剤)分析、テトラキス (ヒドロキシメチル) ホスホニウムスルファート(THPS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、テトラキス (ヒドロキシメチル) ホスホニウムスルファート(THPS)の世界市場規模が2019年202百万ドルから2025年279百万ドルまで年平均5.5%成長すると予測しています。
  • 乾式製粉の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、乾式製粉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乾式製粉市場規模、製品別(DDGS(トウモロコシ蒸留粕)、コーンミール、エタノール、コーンフラワー、コーングリッツ、その他)分析、原料別(ホワイトコーン、イエローコーン)分析、用途別(飼料、食品・飲料、燃料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 乾式製粉の世界市場:市場動向分析 ・ 乾式製粉の世界市場:競争要因分析 ・ 乾式製粉の世界市場:製品別(DDGS(トウモロコシ蒸留粕)、コーンミール、エタノール、コーンフラワー、コーングリッツ、その他) ・ 乾式製粉の世界市場:原料別(ホワイトコーン、イエローコーン) ・ 乾式製粉の世界市場:用途別(飼料、食品・飲料、燃料) ・ 乾式製粉の世界市場:主要地域別分析 ・ 乾式製粉の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 乾式製粉のヨーロッパ市場規模 ・ 乾式製粉のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乾式製粉の世界市場 …
  • モバイル及びウェブイベント分析の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル及びウェブイベント分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル及びウェブイベント分析の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セルベースアッセイの世界市場予測(~2024年)
    セルベースアッセイの世界市場は、2019年の139億米ドルから2024年には189億米ドルに達し、この期間中6.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、研究資金の増加と創薬活動の活発化が考えられます。研究開発費の増加が見込まれる新興経済国もまた、市場の成長に貢献すると期待されています。当調査レポートでは、セルベースアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(試薬、マイクロプレート、細胞株、アッセイキット、機器、サービス)分析、用途別(創薬、研究)分析、エンドユーザー別(CRO、バイオ医薬品会社、研究機関)分析、セルベースアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気商用車の世界市場予測(~2027年)
    MarketsandMarkets社は、電気商用車の世界市場規模が2020年26万1千台から2027年1,890千台まで年平均32.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電気商用車の世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向、コンポーネント別(電気モーター、EVバッテリー、水素燃料電池スタック)分析、自動運転車別(電動トラック、電動バス)分析、バッテリー種類別(リチウム-ニッケル-マンガン-コバルト酸化物、リチウム-鉄-リン酸塩、その他)分析、バッテリー容量別(50 kWh未満、50-250 kWh、250 kWh以上)分析、バスの長さ別(9 M未満、9-14 M、14 M以上)分析、電力出力別(100 Kw未満、100-250 Kw、250 Kw以上)分析、推進タイプ別(BEV、Fcev、PHEV)分析、範囲別(150マイル未満、150-300マイル、300マイル以上)分析、車両種類別(電動バス、電動ピックアップトラック、電動トラック、電動バン)分析、地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米など)分析、競合環境、企業概要、推薦事項、付録などを含め次の構成でお届け致しま …
  • カナダの心臓補助装置市場(~2021)
  • サファイアガラスの世界市場
    当調査レポートでは、サファイアガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サファイアガラスの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟体動物駆除剤の世界市場予測(~2023年):化学的軟体動物駆除剤、生物的軟体動物駆除剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、軟体動物駆除剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ別(化学的軟体動物駆除剤、生物的軟体動物駆除剤)分析、用途別(農業、非農業)分析、形態別(ペレット、液体・ゲル)分析、軟体動物駆除剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 飼料用香味料と甘味料の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、飼料用香味料と甘味料の世界市場について調査・分析し、飼料用香味料と甘味料の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:由来別分析 ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:形状別分析 ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:家畜別分析 ・飼料用香味料と甘味料の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 特殊ガスの世界市場2017-2021:炭素系ガス、希ガス、ハロゲンガス、大気ガス
    当調査レポートでは、特殊ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊ガスの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 消泡剤の世界市場分析:製品別(水ベース、油ベース、シリコンベース)、用途別(パルプ・紙、コーティング、農薬、水処理、食品・飲料)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、消泡剤の世界市場について調査・分析し、消泡剤の世界市場動向、消泡剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別消泡剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車テレマティクスの世界市場:車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車)、アプリケーション別、地域別予測
    本資料は、自動車テレマティクスの世界市場について調べ、自動車テレマティクスの世界規模、市場動向、市場環境、車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、アプリケーション別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車テレマティクスの世界市場概要 ・自動車テレマティクスの世界市場環境 ・自動車テレマティクスの世界市場動向 ・自動車テレマティクスの世界市場規模 ・自動車テレマティクスの世界市場規模:車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車) ・自動車テレマティクスの世界市場規模:アプリケーション別 ・自動車テレマティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車テレマティクスの北米市場規模・予測 ・自動車テレマティクスのアメリカ市場規模・予測 ・自動車テレマティクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車テレマティクスのアジア市場規模・予測 ・自動車テレマティクスの日本市場規模・予測 ・自動車テレマティクスの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • インドの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の半導体製造装置市場:フロントエンド装置別(リソグラフィー、ウェーハ表面調整、堆積)、バックエンド装置別、製造施設機器別、製品種類別、寸法別、サプライチェーン参加者別、地域別
    MarketsandMarkets社は、半導体製造装置の世界市場規模が2020年661億ドルから2025年1035億ドルまで年平均9.4%成長すると予測しています。当資料では、世界の半導体製造装置市場を統合的に調査・分析し、市場概要、フロントエンド装置別(リソグラフィ、ウェーハ表面調整、ウェーハ洗浄、堆積、その他のフロントエンド機器)分析、バックエンド装置別(組立およびパッケージング、ダイシング、メトロロジー、ボンディング、ウェーハ試験)分析、ファブ施設別(自動化、化学制御、ガス制御、その他)分析、製品別(メモリ、ファウンドリ、ロジック、MPU、ディスクリート、アナログ、メモリ、その他)分析、寸法別(2D、2.5D、3D)分析、サプライチェーン参加者別(IDM事務所、Osat企業、鋳造工場)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の半導体製造装置市場:フロントエンド装置別(リソグラフィ、ウェーハ表面調整、ウェーハ洗浄、堆積、その他のフロントエンド機器) ・世界の …
  • 男性性腺機能低下症(Male Hypogonadism):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における男性性腺機能低下症(Male Hypogonadism)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、男性性腺機能低下症(Male Hypogonadism)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・男性性腺機能低下症(Male Hypogonadism)の概要 ・男性性腺機能低下症(Male Hypogonadism)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の男性性腺機能低下症(Male Hypogonadism)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・男性性腺機能低下症(Male Hypogonadism)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 細胞培養タンパク質表面被膜の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、細胞培養タンパク質表面被膜の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・細胞培養タンパク質表面被膜の世界市場:イントロダクション ・細胞培養タンパク質表面被膜の世界市場:市場概観 ・細胞培養タンパク質表面被膜の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・細胞培養タンパク質表面被膜の世界市場:セグメント別市場分析 ・細胞培養タンパク質表面被膜の世界市場:タンパク質材料別分析/市場規模 ・細胞培養タンパク質表面被膜の世界市場:コーティング種類別分析/市場規模 ・細胞培養タンパク質表面被膜の世界市場:主要地域別市場分析 ・細胞培養タンパク質表面被膜の世界市場:関連企業分析
  • 自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用クラッチアクチュエーター市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場概要 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場環境 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場動向 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場規模 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用クラッチアクチュエーターの北米市場規模・予測 ・自動車用クラッチアクチュエーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用クラッチアクチュエーターのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用クラッチアクチュエーターの主要国分析 ・自 …
  • インターベンショナルオンコロジーの世界市場予測(~2024年)
    インターベンショナルオンコロジーとは、がんの診断、治療、または緩和ケアのために用いられる低侵襲的手段を意味します。インターベンショナルオンコロジーの世界市場は、2019年の20億米ドルから2024年には29億米ドルに達し、この期間中6.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、低侵襲的手段への選好の高まり、対象患者人口の拡大、官民の資金援助やがん研究に対する政府の支援、インターベンショナルオンコロジー分野における技術的進歩、そしてインターベンショナルオンコロジーと関連するがんの研究に対する政府の投資と支援の増加が考えられます。一方で、十分に熟練した放射線科医や腫瘍医の不足、低侵襲的手術の高コスト、そして不利な規制により、市場の成長は抑制されると予測されます。当調査レポートでは、インターベンショナルオンコロジーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(高周波、マイクロ波、冷凍アブレーション、塞栓術、ガイドワイヤー)分析、処置(サーマルアブレーション、非サーマルアブレーシ …
  • 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙用抗菌コーティング市場規模、原料別(銅、銀、その他)分析、適合別(アフターマーケット、OEM)分析、プラットフォーム別(宇宙、航空)分析、用途別(航空、宇宙)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:市場動向分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:競争要因分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:原料別(銅、銀、その他) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:適合別(アフターマーケット、OEM) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:プラットフォーム別(宇宙、航空) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:用途別(航空、宇宙) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの世界市場:主要地域別分析 ・ 航空宇宙用抗菌コーティングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 航空宇宙用抗菌コーティングのヨーロッ …
  • GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)複合材の世界市場予測:ポリエステル、ビニルエステル、ポリウレタン、エポキシ
    当調査レポートでは、GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、プロセス別分析、用途別分析、地域別分析、GFRP(ガラス繊維強化プラスチック)複合材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミック管の世界市場予測(~2022年):アルミナ、ジルコニア
    当調査レポートでは、セラミック管の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料種類別分析、用途別分析、地域別分析、セラミック管の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 動物用消毒剤の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、動物用消毒剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ヨウ素、乳酸、過酸化水素、フェノール酸)分析、用途別(乳製品洗浄、豚、家禽、馬、乳製品、反すう動物、養殖)分析、フォーム別(液体、乾燥)分析、動物用消毒剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、動物用消毒剤の世界市場規模が2019年29億ドルから2025年44億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。
  • プラスチック射出成形機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、プラスチック射出成形機の世界市場について調査・分析し、プラスチック射出成形機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別プラスチック射出成形機シェア、市場規模推移、市場規模予測、プラスチック射出成形機種類別分析(電動型、油圧型、ハイブリッド型)、プラスチック射出成形機用途別分析(自動車、医療業界、飲食料品、消費財、電子・遠距離通信、建設、靴、家電、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・プラスチック射出成形機の市場概観 ・プラスチック射出成形機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・プラスチック射出成形機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・プラスチック射出成形機の世界市場規模 ・プラスチック射出成形機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・プラスチック射出成形機のアメリカ市場規模推移 ・プラスチック射出成形機のカナダ市場規模推移 ・プラスチック射出成形機のメキシコ市場規模推移 ・プラスチック射出成形機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"