"高機能性流体(フッ素オイル)の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH-6979)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"高機能性流体(フッ素オイル)の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Versatility and superior properties of engineered fluids (fluorinated fluids) are expected to drive the global engineered fluids (fluorinated fluids) market during the forecast period.”The engineered fluids (fluorinated fluids) market is estimated at USD 854 million in 2018 and is projected to reach USD 1,304 million by 2023, at a CAGR of 8.8% between 2018 and 2023. The market is driven by various factors such as increased thermal management issues in industries such as electronics & semiconductor, automotive, and aerospace. These properties enable fluorinated to perform under extreme conditions such as high pressure, oxidation-prone environment, and high temperature operating conditions. Engineered fluids (fluorinated fluids) are used in various end-use industries such as electronics & semiconductor, automotive, chemical processing, oil & gas, power generation, and aerospace, to reduce friction between the machine parts.
“Electronics & semiconductor end-use industry is expected to register the highest CAGR in the global engineered fluids (fluorinated fluids) market during the forecast period.”
The semiconductor industry is expected to increase its revenue mainly by diversification into new technologies such as the Internet of things (IoT) and artificial intelligence (AI). A lot of companies are also investing in R&D to develop cutting edge technologies. Engineered fluids (fluorinated fluids) are used in applications such as electronics cooling, heating, testing, chamber cleaning, connectors, process chamber, and wafer handling.
“Heat transfer fluids segment is expected to register the highest CAGR in the global engineered fluids (fluorinated fluids) market during the forecast period.”
Heat transfer fluids maintain the temperature of a system and enhance energy savings by transferring heat from one system to another. They store heat to prevent the overheating of thermal devices by circulating the fluid through its mechanical parts. Important heat transfer fluid properties include low toxicity, low viscosity at low temperatures, high specific heat, thermal conductivity, and a high flash point. Increasing emphasis on energy savings due to awareness about energy conservation is expected to benefit the heat transfer fluids market. This is expected to provide growth opportunities for the heat transfer fluids market.
“APAC is projected to record the highest growth rate during the forecast period.”
APAC is the largest engineered fluids (fluorinated fluids) market and is expected to continue until 2023. China is the key market in the region. India is expected to witness the fastest growth rate, in terms of consumption, between 2018 and 2023. Currently, the global electronic chips market is dominated by China, Japan, and South Korea, in terms of production and revenues. The low manufacturing cost has encouraged electronics-producing companies to establish their presence in the countries of APAC. This has increased electronics production in APAC, which is projected to increase the demand for engineered fluids (fluorinated fluids) in the region between 2018 and 2023.
Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size for several segments and subsegments and information gathered through secondary research.
The breakup of primary interviews is given below.
• By Company Type – Tier 1 – 25%, Tier 2 – 42%, and Tier 3 – 33%
• By Designation – C level – 20%, Director level – 30%, and Others – 50%
• By Region – Europe – 20%, APAC – 50%, North America – 10%, South America – 10%. Middle East & Africa – 10%

The leading players in the engineered fluids (fluorinated fluids) market are Daikin Industries (Japan), Solvay SA (Belgium), The Chemours Company (US), 3M (US), Asahi Glass Company (Japan), Halocarbon Products Corporation (US), Halopolymer (Russia), F2 Chemicals (UK), IKV Tribology (UK), Lubrilog Lubrication Engineering (France), Nye lubricants (US), and Interflon (Netherlands).

Research Coverage:
This research report categorizes the global engineered fluids (fluorinated fluids) market on the basis type, end-use industry, and region. The report includes detailed information regarding the major factors influencing the growth of the market, such as drivers, restraints, and opportunities. Detailed analysis of the key market players provides insights into business overviews, services, key strategies, and recent developments associated with the market.

Reasons to Buy the Report
The report will help market leaders/new entrants in this market in the following ways:

1. This report segments the global engineered fluids (fluorinated fluids) market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes expansions, acquisitions, and agreements.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"高機能性流体(フッ素オイル)の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 17
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 17
1.2 MARKET DEFINITION 17
1.3 MARKET SCOPE 18
1.3.1 REGIONS COVERED 18
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 19
1.4 CURRENCY 19
1.5 UNIT CONSIDERED 19
1.6 LIMITATIONS 19
1.7 STAKEHOLDERS 20
2 RESEARCH METHODOLOGY 21
2.1 RESEARCH DATA 21
2.1.1 SECONDARY DATA 22
2.1.1.1 Key data from secondary sources 22
2.1.2 PRIMARY DATA 22
2.1.2.1 Key data from primary sources 23
2.1.2.2 Key industry insights 24
2.1.2.3 Breakdown of primary interviews 24
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 25
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 25
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 26
2.3 DATA TRIANGULATION 27
2.4 ASSUMPTIONS 28
3 EXECUTIVE SUMMARY 29
4 PREMIUM INSIGHTS 32
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES INTHE FLUORINATED FLUIDS MARKET 32
4.2 APAC FLUORINATED FLUIDS MARKET, BY TYPE AND COUNTRY 33
4.3 FLUORINATED FLUIDS MARKET, BY TYPE 33
4.4 FLUORINATED FLUIDS MARKET, BY END-USE INDUSTRY 34
4.5 FLUORINATED FLUIDS MARKET, BY REGION 34

5 MARKET OVERVIEW 35
5.1 INTRODUCTION 35
5.2 MARKET DYNAMICS 35
5.2.1 DRIVERS 35
5.2.1.1 Superior properties of fluorinated fluids 35
5.2.1.2 Environment-friendly properties of fluorinated fluids 36
5.2.1.3 High demand in APAC 36
5.2.1.4 Growth of end-use industries 36
5.2.2 RESTRAINTS 37
5.2.2.1 High cost of technology development and manufacturing of fluorinated fluids 37
5.2.3 OPPORTUNITIES 37
5.2.3.1 Growing demand for heat exchangers 37
5.2.3.2 Replacement of petroleum-based lubricants with fluorinated lubricants 37
5.3 PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS 38
5.3.1 THREAT OF NEW ENTRANTS 38
5.3.2 BARGAINING POWER OF SUPPLIERS 39
5.3.3 THREAT OF SUBSTITUTES 39
5.3.4 BARGAINING POWER OF BUYERS 39
5.3.5 INTENSITY OF COMPETITIVE RIVALRY 40
6 FLUORINATED FLUIDS MARKET, BY TYPE 41
6.1 INTRODUCTION 42
6.2 LUBRICANTS 42
6.2.1 SUPERIOR PROPERTIES OF FLUORINATED LUBRICANTS IN COMPARISON TO PETROLEUM-BASED LUBRICANTS ARE DRIVING THIS SEGMENT OF THE MARKET 42
6.3 SOLVENTS 44
6.3.1 ENVIRONMENTAL-FRIENDLY PROPERTIES OF FLUORINATED SOLVENTS ARE BOOSTING THE MARKET 44
6.4 HEAT TRANSFER FLUIDS 45
6.4.1 LOW TOXICITY AND ENERGY-SAVING PROPERTIES OF HEAT TRANSFER FLUIDS ARE THE KEY GOVERNING FACTORS FOR THE MARKET 45
7 FLUORINATED FLUIDS MARKET, BY END-USE INDUSTRY 46
7.1 INTRODUCTION 47
7.2 AEROSPACE 48
7.2.1 INCREASING DEMAND IN OXYGEN SYSTEMS, ACTUATORS, AND MECHANICAL COMPONENTS IS PROJECTED TO DRIVE THE FLUORINATED FLUIDS MARKET IN THE AEROSPACE INDUSTRY 48
7.3 AUTOMOTIVE 51
7.3.1 PROPERTIES SUCH AS STRONG WEATHERABILITY AND HIGH RESISTANCE TO FUEL MAKE FLUORINATED FLUIDS SUITABLE FOR USE IN THE AUTOMOTIVE INDUSTRY 51
7.4 ELECTRONICS & SEMICONDUCTOR 52
7.4.1 INCREASING THERMAL MANAGEMENT ISSUES IN THE ELECTRONICS INDUSTRY ARE BOOSTING THE DEMAND FOR FLUORINATED FLUIDS 52
7.5 OIL & GAS 54
7.5.1 SPECIAL PROPERTIES SUCH AS NON-FLAMMABILITY, NON-TOXICITY, AND EXTENDED EQUIPMENT LIFE ARE THE FACTORS GOVERNING THE MARKET GROWTH IN THIS END-USE SEGMENT 54
7.6 CHEMICAL PROCESSING 55
7.6.1 INCREASE IN CHEMICAL PRODUCTION IN APAC IS DRIVING THE DEMAND FOR FLUORINATED FLUIDS IN THE CHEMICAL PROCESSING INDUSTRY 55
7.7 POWER GENERATION 57
7.7.1 LONG LASTING LUBRICATION IN THE POWER GENERATION INDUSTRY IS EXPECTED TO DRIVE THE MARKET. 57
7.8 OTHERS 58
8 FLUORINATED FLUIDS MARKET, BY REGION 59
8.1 INTRODUCTION 60
8.2 NORTH AMERICA 63
8.2.1 US 66
8.2.1.1 Increasing demand for high-performance machines and growing investments in the electronics & semiconductor industry is projected to drive the market 66
8.2.2 CANADA 67
8.2.2.1 Increasing focus on manufacturing technology-driven products is spurring the demand for fluorinated fluids 67
8.2.3 MEXICO 69
8.2.3.1 Low operational cost for manufacturing in the country is expected to boost the demand for fluorinated fluids 69
8.3 EUROPE 71
8.3.1 GERMANY 73
8.3.1.1 Improved price competitiveness, innovation in the manufacturing sector, and focus on developing advanced automotive and industrial electronics are expected to drive the demand for fluorinated fluids 73
8.3.2 UK 75
8.3.2.1 Strong hold on the production of high-end consumer electronics is significantly increasing the demand for fluorinated fluids 75
8.3.3 FRANCE 77
8.3.3.1 Opportunities in the electronics industry and increasing manufacturing activities are contributing to the market growth 77
8.3.4 RUSSIA 78
8.3.4.1 Increasing investments in chemical and petrochemical industries are boosting the demand for fluorinated fluids 78
8.3.5 ITALY 80
8.3.5.1 Increasing focus on aerospace and industrial sectors is spurring the demand for fluorinated fluids 80
8.3.6 REST OF EUROPE 82
8.4 APAC 84
8.4.1 CHINA 87
8.4.1.1 Low manufacturing cost and presence of component manufacturers are fueling the market 87
8.4.2 INDIA 89
8.4.2.1 Increase in FDI, supportive government policies, and low manufacturing cost are expected to impact the market growth positively 89
8.4.3 JAPAN 91
8.4.3.1 Presence of a strong electronics industry is increasing the demand for fluorinated fluids 91
8.4.4 SOUTH KOREA 92
8.4.4.1 The country’s focus on increasing electronics chip manufacturing is driving the market 92
8.4.5 INDONESIA 94
8.4.5.1 Competitive labor cost and revision of tax allowance and tax holidays to investors are driving the demand for fluorinated fluids 94
8.4.6 VIETNAM 96
8.4.6.1 Growing economy and government initiatives are fueling the market growth 96
8.4.7 REST OF APAC 97
8.5 SOUTH AMERICA 99
8.5.1 BRAZIL 101
8.5.1.1 New government policies on FDI and high tax on imported products are likely to have a significant impact on the market 101
8.5.2 ARGENTINA 103
8.5.2.1 Increasing investment in the electronics & semiconductor industry and growing production activities in the chemical processing and oil & gas industries to drive the demand for fluorinated fluids 103
8.5.3 REST OF SOUTH AMERICA 105
8.6 MIDDLE EAST & AFRICA 106
8.6.1 SOUTH AFRICA 108
8.6.1.1 Increasing focus on electronics and automotive components manufacturing are the factors governing the market growth 108
8.6.2 SAUDI ARABIA 110
8.6.2.1 Increasing focus on the non-oil sector is driving the demand for fluorinated fluids 110
8.6.3 REST OF MIDDLE EAST & AFRICA 112
9 COMPETITIVE LANDSCAPE 114
9.1 INTRODUCTION 114
9.2 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING, 2017 115
9.2.1 TERMINOLOGY/NOMENCLATURE 115
9.2.1.1 Visionary Leaders 115
9.2.1.2 Dynamic Differentiators 115
9.2.1.3 Emerging Companies 115
9.2.1.4 Innovators 115
9.2.2 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO 117
9.2.3 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE 118
9.3 COMPETITIVE SCENARIO 119
9.3.1 EXPANSION 119
9.3.2 AGREEMENT 119
9.3.3 ACQUISITION 119
10 COMPANY PROFILES 120
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 THE CHEMOURS COMPANY 120
10.2 DAIKIN INDUSTRIES 123
10.3 SOLVAY SA 125
10.4 THE 3M COMPANY 128
10.5 ASAHI GLASS COMPANY 130
10.6 HALOCARBON PRODUCTS CORPORATION 132
10.7 ENGINEERED CUSTOM LUBRICANTS 133
10.8 HALOPOLYMER KIROVO-CHEPETSK 134
10.9 F2 CHEMICALS LTD. 135
10.10 IKV TRIBOLOGY 136
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
10.11 OTHER PLAYERS 137
10.11.1 LUBRILOG LUBRICATION ENGINEERING 137
10.11.2 NYE LUBRICANTS 137
10.11.3 INTERFLON 137
10.11.4 FINISH LINE 137
10.11.5 HARVES CO. LTD. 137
10.11.6 HONEYWELL INTERNATIONAL INC. 137
10.11.7 FRONTIER PERFORMANCE LUBRICANTS, INC. 137
10.11.8 CONDAT LUBRICANTS 138
10.11.9 KLUBER LUBRICANTS 138
10.11.10 PERFORMANCE FLUIDS LIMITED 138
11 APPENDIX 139
11.1 DISCUSSION GUIDE 139
11.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 142
11.3 RELATED REPORTS 144
11.4 AUTHOR DETAILS 145

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】高機能性流体(フッ素オイル)の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2019年3月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH-6979
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
高機能性流体(フッ素オイル)の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • チェコのオーソバイオロジクス市場見通し
  • PTFEテープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PTFEテープの世界市場について調査・分析し、PTFEテープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PTFEテープシェア、市場規模推移、市場規模予測、PTFEテープ種類別分析(低密度、中密度、高密度)、PTFEテープ用途別分析(航空宇宙、家電、自動車、化学、電子・電気、配管・管、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PTFEテープの市場概観 ・PTFEテープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PTFEテープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PTFEテープの世界市場規模 ・PTFEテープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PTFEテープのアメリカ市場規模推移 ・PTFEテープのカナダ市場規模推移 ・PTFEテープのメキシコ市場規模推移 ・PTFEテープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PTFEテープのドイツ市場規模推移 ・PTFEテープのイギリス市場規模推移 ・PTFEテープのロシア市場規模推移 …
  • 中国の無線式警報器市場2015
    本調査レポートでは、中国の無線式警報器市場2015について調査・分析し、無線式警報器の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • DIY製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、DIY製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DIY製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 栄養補助食品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、栄養補助食品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、栄養補助食品市場規模、製品別(ビタミン、タンパク質、ミネラル、脂肪酸、アミノ酸、酵素、植物、その他)分析、機能性食品別(スナック、乳製品、シリアル、ベーカリー製品・菓子、その他)分析、機能性飲料別(乳製品・乳製品代替飲料、エナジードリンク、栄養強化ジュース、スポーツドリンク、その他)分析、用途別(健康全般、美容・アンチエイジング、体重管理、消化器、スポーツ・エネルギー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 栄養補助食品の世界市場:市場動向分析 ・ 栄養補助食品の世界市場:競争要因分析 ・ 栄養補助食品の世界市場:製品別(ビタミン、タンパク質、ミネラル、脂肪酸、アミノ酸、酵素、植物、その他) ・ 栄養補助食品の世界市場:機能性食品別(スナック、乳製品、シリアル、ベーカリー製品・菓子、その他) ・ 栄養補助食品の世界市場:機能性飲料別(乳製品・乳製品代替飲料、エナジード …
  • アルゼンチンの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • 世界のプラスチック加工機械市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラスチック加工機械市場2015について調査・分析し、プラスチック加工機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 窒化アルミニウムパウダーの世界市場予測2019-2024
    「窒化アルミニウムパウダーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、直接窒化法、炭素熱還元・窒化法など、用途別には、Electrical Component、Thermal Conductive Material、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。窒化アルミニウムパウダーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・窒化アルミニウムパウダーの世界市場概要(サマリー) ・窒化アルミニウムパウダーの企業別販売量・売上 ・窒化アルミニウムパウダーの企業別市場シェア ・窒化アルミニウムパウダーの世界市場規模:種類別(直接窒化法、炭素熱還元・窒化法) ・窒化アルミニウムパウダーの世界市場規模:用途別(Electrical Component、Thermal Conductive Material、Others) ・窒化アルミニウムパウダーの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・窒化アルミニウムパウダーのア …
  • 四輪駆動(4WD)自動車の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、四輪駆動(4WD)自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、四輪駆動(4WD)自動車の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 輸送機関用バッテリーの世界市場:二輪車用、自動車用、船舶用、航空用
    当調査レポートでは、輸送機関用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、輸送機関種類別分析、バッテリー種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性粉末の世界市場:原材料別(大豆、小麦、米、トウモロコシ、豆類、その他)、種類別(特殊粉、調理済み粉末)、製品物(添加物含有粉末、遺伝子組み換え粉末)、用途別(ベーカリー製品、スープ ・ソース、ヌードル・パスタ、レディトゥイート製品)、地域別予測
    本資料は、機能性粉末の世界市場について調べ、機能性粉末の世界規模、市場動向、市場環境、原材料別(大豆、小麦、米、トウモロコシ、豆類、その他)分析、種類別(特殊粉、調理済み粉末)分析、製品物(添加物含有粉末、遺伝子組み換え粉末)分析、用途別(ベーカリー製品、スープ ・ソース、ヌードル・パスタ、レディトゥイート製品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・機能性粉末の世界市場概要 ・機能性粉末の世界市場環境 ・機能性粉末の世界市場動向 ・機能性粉末の世界市場規模 ・機能性粉末の世界市場規模:原材料別(大豆、小麦、米、トウモロコシ、豆類、その他) ・機能性粉末の世界市場規模:種類別(特殊粉、調理済み粉末) ・機能性粉末の世界市場規模:製品物(添加物含有粉末、遺伝子組み換え粉末) ・機能性粉末の世界市場規模:用途別(ベーカリー製品、スープ ・ソース、ヌードル・パスタ、レディトゥイート製品) ・機能性粉末の世界市場:地域別市場規模・分析 ・機能性粉末の北 …
  • タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤の概要 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 磁性プラスチックの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、磁性プラスチックの世界市場について調べ、磁性プラスチックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、磁性プラスチックの市場規模をセグメンテーション別(用途別(電気および電子機器、食品包装、ヘルスケアおよび医療、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は磁性プラスチックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・磁性プラスチックの市場状況 ・磁性プラスチックの市場規模 ・磁性プラスチックの市場予測 ・磁性プラスチックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(電気および電子機器、食品包装、ヘルスケアおよび医療、その他) ・磁性プラスチックの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 無菌試験の世界市場予測(~2021):装置、サービス、キット、試薬
    当調査レポートでは、無菌試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、試験種類別分析、用途別分析、地域別分析、無菌試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のワックス市場2015について調査・分析し、ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 便座の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、便座の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、便座の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 微小電気機械システム(MEMS)の世界市場分析:用途別(自動車、家電、産業、ヘルスケア)、地域別(NA、ヨーロッパ、APAC、MEA、LA)、セグメント予測、2014 – 2024
    本調査レポートでは、微小電気機械システム(MEMS)の世界市場について調査・分析し、微小電気機械システム(MEMS)の世界市場動向、微小電気機械システム(MEMS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別微小電気機械システム(MEMS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 信用修復サービスの世界市場:種類別(AOCC、DCS)、用途別(民間空港、商用空港)、地域別予測
    本資料は、信用修復サービスの世界市場について調べ、信用修復サービスの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(AOCC、DCS)分析、用途別(民間空港、商用空港)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはLexington Law、Creditrepair、Sky Blue Credit Repair、The Credit People、Ovation、My Credit Group、Veracity Credit Consultants、MSI Credit Solutionsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・信用修復サービスの世界市場概要 ・信用修復サービスの世界市場環境 ・信用修復サービスの世界市場動向 ・信用修復サービスの世界市場規模 ・信用修復サービスの世界市場規模:種類別(AOCC、DCS) ・信用修復サービスの世界市場規模:用途別(民間空港、商用空港) ・信用修復サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・信用修復サービスの北米市場規模 …
  • タワークレーンの世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、タワークレーンの世界市場について調べ、タワークレーンの世界規模、市場動向、市場環境、デザイン別分析、製品別分析、吊上げ能力別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・タワークレーンの世界市場概要 ・タワークレーンの世界市場環境 ・タワークレーンの世界市場動向 ・タワークレーンの世界市場規模 ・タワークレーンの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・タワークレーンの世界市場規模:デザイン別 ・タワークレーンの世界市場規模:製品別 ・タワークレーンの世界市場規模:吊上げ能力別 ・タワークレーンの世界市場規模:用途別 ・タワークレーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・タワークレーンの北米市場規模・予測 ・タワークレーンのアメリカ市場規模・予測 ・タワークレーンのヨーロッパ市場規模・予測 ・タワークレーンのアジア市場規模・予測 ・タワークレーンの日本市場規模・予測 …
  • 爆発物探知機(ETD)の世界市場:製品別(携帯式、車載式)、用途別(軍事・防衛、公安、輸送)、セグメント予測
    本調査レポートでは、爆発物探知機(ETD)の世界市場について調査・分析し、爆発物探知機(ETD)の世界市場動向、爆発物探知機(ETD)の世界市場規模、市場予測、セグメント別爆発物探知機(ETD)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 韓国の外傷固定市場動向(~2021)
  • 自動車用シリコーンの世界市場予測(~2023年):エラストマー、樹脂、ゲル、液体
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用シリコーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、タイプ別(エラストマー、樹脂、ゲル、液体)分析、用途別(内装・外装、エンジン、電機系)分析、自動車用シリコーンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 窒素肥料の世界市場予測(~2022年):尿素、硝酸アンモニウム、硫酸アンモニウム、カルシウム硝酸アンモニウム
    当調査レポートでは、窒素肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、形状別分析、用途別分析、作物別分析、窒素肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用スーパースワンパータイヤの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • C4ISR(指揮、統制、通信、コンピュータ、情報、監視、偵察)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、C4ISR(指揮、統制、通信、コンピュータ、情報、監視、偵察)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、プラットフォーム別分析、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒステロスコピーの世界市場予測(~2022年):鉗子、はさみ、子宮鏡、切除鏡
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ヒステロスコピーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、ヒステロスコピーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水中カメラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水中カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水中カメラの世界市場規模及び予測、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • データセンタースイッチの世界市場:ポート速度別(10G以下、10G~25G、25G~40G、40G~100G、100G以上)、技術別(イーサネット、インフィニバンド、その他)、スイッチタイプ別(コア、ToRスイッチ、その他)、産業別(IT&テレコム、政府&防衛、金融、小売、製造、メディア&エンターテイメント、その他)
    本資料は、データセンタースイッチの世界市場について調べ、データセンタースイッチの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、ポート速度別(10G以下、10G~25G、25G~40G、40G~100G、100G以上)分析、スイッチタイプ別(コア、ToRスイッチ、その他)分析、産業別(IT&テレコム、政府&防衛、金融、小売、製造、メディア&エンターテイメント、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・データセンタースイッチの世界市場概要 ・データセンタースイッチの世界市場環境 ・データセンタースイッチの世界市場動向 ・データセンタースイッチの世界市場規模 ・データセンタースイッチの世界市場:市場シェア ・データセンタースイッチの世界市場:ポート速度別(10G以下、10G~25G、25G~40G、40G~100G、100G以上) ・データセンタースイッチの世界市場:技術別(イーサネット、インフィニバンド、その他) ・データセンタースイッチの世界市 …
  • ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場:最終用途別、製品・サービス別(解剖模型、ウェブベースシミュレータ、シミュレーションソフトウェア)、セグメント予測
    ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場は2026年には52億5000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率16.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、急速な技術進歩、低侵襲治療法への要望の高まり、患者の安全への関心の高まりが考えられます。本調査レポートでは、ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場について調査・分析し、ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場動向、ヘルスケア・医療用シミュレーションの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケア・医療用シミュレーション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 不正の検出および防止(FDP) の世界市場予測(~2023年)
    不正の検出および防止(FDP)の世界市場は、2018年の195億米ドルから2023年には635億米ドルに達し、この期間中26.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、不正な攻撃の増加、業種を超えた電子取引の利用の増加、および高度なサイバー攻撃の増加による組織の収益損失増大が考えれられます。一方で、熟練したセキュリティ専門家の不足と統合機能の欠如により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、不正の検出および防止(FDP) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション(不正分析、認証、ガバナンス)分析、サービス分析、用途分野(IDの盗難、不正支出、マネーロンダリング)分析、組織サイズ分析、不正の検出および防止(FDP) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨てIV製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、使い捨てIV製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、使い捨てIV製品市場規模、エンドユーザー別(病院、在宅医療、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Baxter, BD, Fresenius, ICU Medical, Smiths Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・使い捨てIV製品の世界市場概要 ・使い捨てIV製品の世界市場環境 ・使い捨てIV製品の世界市場動向 ・使い捨てIV製品の世界市場規模 ・使い捨てIV製品の世界市場:業界構造分析 ・使い捨てIV製品の世界市場:エンドユーザー別(病院、在宅医療、その他) ・使い捨てIV製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・使い捨てIV製品の北米市場規模・予測 ・使い捨てIV製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・使い捨てIV製品のアジア太平洋市場規模・予測 ・使い捨てIV製品の主要国分析 ・使い捨てIV製品の世界市場:意思決定フレ …
  • MEMS圧力センサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、MEMS圧力センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MEMS圧力センサーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボンナノチューブの北米市場
  • 特大貨物輸送の世界市場
    当調査レポートでは、特大貨物輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特大貨物輸送の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 米国の事務用家具リサイクル市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国の事務用家具リサイクル市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国の事務用家具リサイクル市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管ステントの世界市場2017-2021:冠動脈ステント、末梢血管ステント
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、血管ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は血管ステントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbott、Boston Scientific、Cardinal Health、Cook Medical、Medtronic等です。
  • 生物刺激剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、生物刺激剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生物刺激剤市場規模、穀物別(穀物、果物・野菜、油糧種子、耕作物、芝・装飾用、その他)分析、種類別(生合成生物刺激剤、天然生物刺激物質)分析、原料別(微生物系改質物質、タンパク質加水分解物、海藻エキス、微量ミネラル、ビタミン・アミノ酸)分析、形態別(液状、ドライ)分析、用途別(土壌散布、種子散布、葉面散布)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 生物刺激剤の世界市場:市場動向分析 ・ 生物刺激剤の世界市場:競争要因分析 ・ 生物刺激剤の世界市場:穀物別(穀物、果物・野菜、油糧種子、耕作物、芝・装飾用、その他) ・ 生物刺激剤の世界市場:種類別(生合成生物刺激剤、天然生物刺激物質) ・ 生物刺激剤の世界市場:原料別(微生物系改質物質、タンパク質加水分解物、海藻エキス、微量ミネラル、ビタミン・アミノ酸) ・ 生物刺激剤の世界市場:形態別(液状、ドライ) ・ 生物刺激剤の世界市 …
  • クラウド型イベント管理(Event Management as a Service)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウド型イベント管理(Event Management as a Service)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウド型イベント管理(Event Management as a Service)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の概要 ・腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腸内細菌科感染症(Enterobacteriaceae Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • ガレージ装置の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、ガレージ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(OEM、独立)分析、用途別(ボディショップ、診断及びテスト、排出、リフティング、ホイール&タイヤ、洗浄)分析、設置別(モバイル、固定)分析、機能別(機械、電子)分析、ガレージ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ガレージ装置の世界市場規模が2019年61億万ドルから2027年107億万ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • 二輪車用触媒コンバーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、二輪車用触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用触媒コンバーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 非鉄金属の世界市場:アルミニウム、銅、鉛、スズ、ニッケル、チタン、亜鉛
    当調査レポートでは、非鉄金属の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非鉄金属の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ノコギリヤシエキスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ノコギリヤシエキスの世界市場について調査・分析し、ノコギリヤシエキスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ノコギリヤシエキスシェア、市場規模推移、市場規模予測、ノコギリヤシエキス種類別分析(液状製品(脂肪酸85-95%)、粉末製品(脂肪酸25-45%))、ノコギリヤシエキス用途別分析(製薬業、栄養補助食品)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ノコギリヤシエキスの市場概観 ・ノコギリヤシエキスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ノコギリヤシエキスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ノコギリヤシエキスの世界市場規模 ・ノコギリヤシエキスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ノコギリヤシエキスのアメリカ市場規模推移 ・ノコギリヤシエキスのカナダ市場規模推移 ・ノコギリヤシエキスのメキシコ市場規模推移 ・ノコギリヤシエキスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ノコギリヤシエキスのドイツ市場規模推移 ・ノコギリヤシ …
  • 3Dプリンティング素材の世界市場
    当調査レポートでは、3Dプリンティング素材の世界市場について調査・分析し、3Dプリンティング素材の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • インターヴェンショナル腫瘍学の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インターヴェンショナル腫瘍学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インターヴェンショナル腫瘍学の世界市場規模及び予測、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子組み換え食品(GMフード)安全性試験の世界市場:スタックド(複数形質)、除草剤耐性、虫害抵抗性
    当調査レポートでは、遺伝子組み換え食品(GMフード)安全性試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、特性別分析、技術別分析、作物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 単極誘導心電図用器具の世界市場:最終用途別(病院・診療所、在宅看護、外来外科センター)、表示別(不整脈、卒倒)、セグメント予測
    本調査レポートでは、単極誘導心電図用器具の世界市場について調査・分析し、単極誘導心電図用器具の世界市場動向、単極誘導心電図用器具の世界市場規模、市場予測、セグメント別単極誘導心電図用器具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • Lckチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるLckチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Lckチロシンキナーゼ阻害剤の概要 ・Lckチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のLckチロシンキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Lckチロシンキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Lckチロシンキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 二次電池の世界市場:鉛電池、リチウムイオン電池、NiCd電池、NiMH電池
    当調査レポートでは、二次電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二次電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の動物医療市場2016-2020:動向、予測、企業戦略
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"