"イメージインテンシファイアの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-6982)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"イメージインテンシファイアの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Image intensifier market to grow at 8.24% CAGR from 2018 to 2024”The global image intensifier market is expected to reach USD 1,320 million by 2024 from USD 912 million in 2019 at a CAGR of 7.66%. Image intensifiers are extensively used for increasing illumination of weak light in various applications. The increasing military expenditure worldwide and the growing demand for medical diagnostic systems with better visibility play a significant role in the growth of the image intensifier market. Low operational hours of image intensifier devices and increasing use of refurbished devices restrain the growth of this market. Further, the advantages of flat-panel detectors over image intensifiers pose a major challenge for the growth of the market players.

“X-ray detectors to hold largest share of image intensifier market during forecast period”
The image intensifiers are widely used in X-ray detectors and are cheaper than advanced flat-panel systems. Moreover, the repair and maintenance cost of image intensifier C-arms embedded in X-ray detectors is lower than the flat panel display (FPD) C-arms. Moreover, this cost can be typically five-times less than their technologically advanced counterparts. Low price and maintenance cost of these C-arms is driving the growth of the market for the image intensifiers meant for X-ray detectors.

“<18-mm image intensifier market to grow at highest CAGR from 2018 to 2023”
The image intensifiers with 18 mm diameter dominate the market for defense and surveillance sector. However, with the introduction of the image intensifier tubes with 16 mm diameter, the adoption for 16-mm image intensifiers has increased as they are compact and lighter in weight than the devices with 18 mm diameter.

“APAC to witness highest growth in overall market during forecast period”
The highest CAGR of the market in APAC is attributed to the increased investments in the development of new and advanced equipment integrated with image intensifiers by countries such as China and India to strengthen their defense capabilities and ensure better homeland security. Moreover, the increasing incidences of cross-border conflicts in many countries of this region are also leading to the increased procurement of image intensifiers. As a result, the market for image intensifier is quite competitive in APAC.
Break-up of the profiles of primary participants is as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 55%, Tier 2 – 25%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: Directors – 50%, Manager-20, Vice President- 25 and Others – 5%
• By Region: North America – 40%, Europe – 35%, APAC – 15%, and RoW – 10%
Harris Corporation (US), L3 technologies (US), Thales Group (France), Siemens AG (Germany), Canon Medical Systems (Japan), PHOTONIS Technologies SAS (France), FLIR Systems (Armasight) (US), Alpha optics systems Inc (Canada), JSC Katod (Russia), Photek Limited (UK), Argus Imaging BV (Netherlands) are a several of the players operating in the image intensifier ecosystem.
Research Coverage:
This research report segments the global image intensifier market based on offering, monitoring process, deployment, industry, and geography. The report discusses major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the image intensifier market and also includes value chain analysis of this industry. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.
Key Benefits of Buying Report
The report would help market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall image intensifier market and the subsegments. It is also likely to help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses as well as to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"イメージインテンシファイアの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 16
1.1 STUDY OBJECTIVES 16
1.2 DEFINITION 16
1.3 STUDY SCOPE 17
1.3.1 MARKETS COVERED 17
1.3.2 GEOGRAPHIC SCOPE 17
1.3.3 YEARS CONSIDERED 18
1.4 CURRENCY 18
1.5 LIMITATIONS 18
1.6 STAKEHOLDERS 18
2 RESEARCH METHODOLOGY 19
2.1 RESEARCH DATA 19
2.1.1 SECONDARY DATA 20
2.1.1.1 Major secondary sources 20
2.1.1.2 Key data from secondary sources 21
2.1.2 PRIMARY DATA 21
2.1.2.1 Primary interviews with experts 21
2.1.3 BREAKDOWN OF PRIMARIES 22
2.1.3.1 Key data from primary sources 22
2.1.4 SECONDARY AND PRIMARY RESEARCH 23
2.1.4.1 Key industry insights 24
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 24
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 24
2.2.1.1 Approach for capturing market share by bottom-up analysis
(demand side) 24
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 25
2.2.2.1 Approach for capturing market share by top-down analysis
(supply side) 25
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 26
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 27
3 EXECUTIVE SUMMARY 28
4 PREMIUM INSIGHTS 32
4.1 IMAGE INTENSIFIER MARKET, 2015–2024 (USD MILLION) 32
4.2 IMAGE INTENSIFIER MARKET, BY END-USE APPLICATION 32
4.3 IMAGE INTENSIFIER MARKET, BY VERTICAL AND COUNTRY IN APAC 33
4.4 IMAGE INTENSIFIER MARKET, BY REGION 33
4.5 IMAGE INTENSIFIER MARKET, BY VERTICAL 34
5 MARKET OVERVIEW 35
5.1 INTRODUCTION 35
5.2 MARKET DYNAMICS 35
5.2.1 DRIVERS 36
5.2.1.1 Growing demand for medical diagnostic systems with better visibility 36
5.2.1.2 Increasing military expenditure worldwide 36
5.2.2 RESTRAINTS 37
5.2.2.1 Low operational hours of image intensifier devices 37
5.2.2.2 Increasing use of refurbished devices 37
5.2.3 OPPORTUNITIES 37
5.2.3.1 Growing demand for night vision devices 37
5.2.3.2 Innovation by OEMs in nondestructive testing and machine vision 38
5.2.4 CHALLENGES 38
5.2.4.1 Advantages of flat-panel detectors over image intensifiers 38
5.3 VALUE CHAIN ANALYSIS 39
6 IMAGE INTENSIFIER MARKET, BY DIAMETER 40
6.1 INTRODUCTION 41
6.2 <18 MM 42
6.2.1 PHOTONIS IS LEADING <18 MM DIAMETER SEGMENT WITH 16MM DIAMETER TUBES 42
6.3 18 MM 43
6.3.1 IMAGE INTENSIFIERS WITH 18 MM DIAMETER ARE MAINLY USED IN DEFENSE-RELATED PRODUCTS 43
6.4 25 MM 44
6.4.1 25-MM IMAGE INTENSIFIERS FIND MAJOR APPLICATIONS IN CAMERAS 44
6.5 >25 MM 44
6.5.1 IMAGE INTENSIFIERS WITH >25 MM DIAMETER HAVE MAJOR DEMAND IN SCIENTIFIC APPLICATIONS 44
6.6 <6 INCH 45
6.6.1 IMAGE INTENSIFIERS WITH <6-INCH DIAMETER ARE USED IN FLUOROSCOPY APPLICATIONS 45
6.7 6 INCH 46
6.7.1 6-INCH IMAGE INTENSIFIERS ARE MAINLY USED IN DENTAL APPLICATIONS 46
6.8 9 INCH 46
6.8.1 9-INCH DIAMETER IS PREFERRED IN GENERAL SURGERY APPLICATIONS 46
6.9 12 INCH 47
6.9.1 12-INCH IMAGE INTENSIFIERS ARE PREFERRED IN VASCULAR PROCEDURES 47

6.10 16 INCH 48
6.10.1 IMAGE INTENSIFIERS WITH 16-INCH DIAMETER PROVIDE COMPREHENSIVE IMAGING 48
7 IMAGE INTENSIFIER MARKET, BY END-USE APPLICATION 49
7.1 INTRODUCTION 50
7.2 CAMERAS 51
7.2.1 AS PART OF SOLDIER MODERNIZATION PROGRAMS, HELMETS ARE BEING INTEGRATED WITH CAMERAS WORLDWIDE. 51
7.3 SCOPES 51
7.3.1 INCREASING INVESTMENTS IN DEFENCE SECTOR BOOSTING THE MARKET FOR SCOPES 51
7.4 GOGGLES 52
7.4.1 IMAGE INTENSIFIER-INTEGRATED NIGHT VISION GOGGLES PLAY A KEY ROLE IN THE DEFENSE SEGMENT. 52
7.5 X-RAY DETECTORS 53
7.5.1 THE IMAGE INTENSIFIERS ARE WIDELY USED IN X-RAY DETECTORS AND ARE CHEAPER THAN ADVANCED FLAT PANEL SYSTEMS 53
8 IMAGE INTENSIFIER MARKET, BY VERTICAL 54
8.1 INTRODUCTION 55
8.2 DEFENSE AND SURVEILLANCE 56
8.2.1 LAW ENFORCEMENT 56
8.2.1.1 Image intensifier-integrated night devices play crucial role in law enforcement 56
8.2.2 BATTLEFIELD 56
8.2.2.1 Goggles play key role in Battlefield 56
8.3 MEDICAL 59
8.3.1 ORTHOPEDIC SURGERY 59
8.3.1.1 Mobile C-arm integrated with image intensifiers enable better control over placement of screws, plates, and nails under successive X-rays 59
8.3.2 VASCULAR STUDIES 60
8.3.2.1 12-inch image intensifiers are mainly used in vascular surgery and related applications 60
8.4 INDUSTRIAL 63
8.4.1 MACHINE VISION SYSTEMS 63
8.4.1.1 Cameras are eyes of machine vision systems 63
8.4.2 NONDESTRUCTIVE TESTING SYSTEMS 63
8.4.2.1 X-ray image intensifier have major applications in radiographic testing 63
8.5 OTHERS 66
8.5.1 NIGHT VISION SCOPES INTEGRATED WITH IMAGE INTENSIFIERS ARE POPULARLY USED IN HUNTING APPLICATIONS 66

9 GEOGRAPHIC ANALYSIS 70
9.1 INTRODUCTION 71
9.2 NORTH AMERICA 73
9.2.1 US 75
9.2.1.1 Growing investment on modernization of defense equipment boosts image intensifier market 75
9.2.2 CANADA 75
9.2.2.1 Increasing number of minimally invasive procedures using image intensifier C-arms 75
9.2.3 MEXICO 76
9.2.3.1 Growing industrialization is expected to boost image intensifier market 76
9.3 EUROPE 77
9.3.1 RUSSIA 79
9.3.1.1 Russia is third-largest defense spender in world 79
9.3.2 UK 79
9.3.2.1 Increasing prevalence of lifestyle diseases in the UK 79
9.3.3 FRANCE 80
9.3.3.1 Rise in number of terrorist attacks leads France to increase its defense budget 80
9.3.4 GERMANY 81
9.3.4.1 Increased need for monitoring borders for illegal immigrants from Syria is fueling adoption of new technologies in defense sector 81
9.3.5 ITALY 82
9.3.5.1 Rising number of orthopedic surgeries in Italy 82
9.3.6 REST OF THE EUROPE 82
9.3.6.1 Growing need for NDT and machine vision systems fueling demand for image intensifiers 82
9.4 APAC 84
9.4.1 CHINA 85
9.4.1.1 China is second-largest defense spender in world 85
9.4.2 INDIA 86
9.4.2.1 Increasing year-on-year defense expenditure likely to increase spending on night devices 86
9.4.3 SOUTH KOREA 87
9.4.3.1 Growing spending on Force Improvement Plan (FIP) supporting growth of image intensifiers 87
9.4.4 JAPAN 87
9.4.4.1 Rapid growth in geriatric population 87
9.4.5 REST OF APAC 88
9.4.5.1 Rising number of orthopedic and cardiovascular disease interventions in Australia 88

9.5 ROW 89
9.5.1 MIDDLE EAST 90
9.5.1.1 Rising incidences of conflicts, sectarian violence, and unrest in the Middle East have severely affected defense spending 90
9.5.2 AFRICA 90
9.5.2.1 Growing industrialization in Africa would increase demand for X-ray image intensifiers in NDT systems 90
9.5.3 SOUTH AMERICA 91
9.5.3.1 Improving healthcare infrastructure in South America to be a major growth enabler 91
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 93
10.1 OVERVIEW 93
10.2 KEY PLAYERS IN IMAGE INTENSIFIER MARKET (2018) 95
10.3 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 96
10.3.1 VISIONARY LEADERS 96
10.3.2 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 96
10.3.3 INNOVATORS 96
10.3.4 EMERGING COMPANIES 96
10.4 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO (25 COMPANIES) 98
10.5 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE (25 COMPANIES) 99
10.6 COMPETITIVE SCENARIO 100
10.6.1 PRODUCT LAUNCHES/DEVELOPMENTS 101
10.6.2 AGREEMENTS/CONTRACTS/PARTNERSHIPS 101
10.6.3 MERGERS/ACQUISITIONS 102
11 COMPANY PROFILE 103
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 KEY PLAYERS 103
11.1.1 L3 TECHNOLOGIES 103
11.1.2 THALES 106
11.1.3 FLIR SYSTEMS (ARMASIGHT) 109
11.1.4 PHOTONIS 112
11.1.5 HARRIS 114
11.1.6 CANON MEDICAL SYSTEMS 117
11.1.7 SIEMENS 118
11.1.8 ALPHA OPTICS SYSTEMS 120
11.1.9 KATOD 121
11.1.10 PHOTEK 122
11.1.11 ARGUS IMAGING 123
11.1.12 MEOMED 124

11.2 OTHER KEY PLAYERS 125
11.2.1 ASELSAN 125
11.2.2 HARDER DIGITAL 125
11.2.3 DANTEC DYNAMICS 126
11.2.4 LAMBERT INSTRUMENTS 126
11.2.5 YUKON ADVANCED OPTICS 127
11.2.6 PROXIVISION 127
11.3 STARTUP ECOSYSTEM (KEY INNOVATORS) 128
11.3.1 DEP TECHNOLOGIES 128
11.3.2 TAK TECHNOLOGIES 128
11.3.3 OPTEXIM JSC 129
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 130
12.1 DISCUSSION GUIDE 130
12.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 132
12.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 134
12.4 RELATED REPORTS 134
12.5 AUTHOR DETAILS 135

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】イメージインテンシファイアの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-6982
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
イメージインテンシファイアの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ラボ&携帯型ラマン装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ラボ&携帯型ラマン装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラボ&携帯型ラマン装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 集光型太陽光発電の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、集光型太陽光発電の世界市場について調査・分析し、集光型太陽光発電の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・集光型太陽光発電の世界市場:市場動向分析 ・集光型太陽光発電の世界市場:競争要因分析 ・集光型太陽光発電の世界市場:集光レベル別分析/市場規模 ・集光型太陽光発電の世界市場:技術別分析/市場規模 ・集光型太陽光発電の世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・集光型太陽光発電の世界市場:用途別分析/市場規模 ・集光型太陽光発電の世界市場:地域別分析/市場規模 ・集光型太陽光発電の北米市場規模・分析 ・集光型太陽光発電の欧州市場・分析 ・集光型太陽光発電のアジア市場・分析 ・集光型太陽光発電の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 果物・野菜成分の世界市場予測(~2022年):濃縮果、ペースト&ピューレ、NFCジュース、ピース&パウダー
    当調査レポートでは、果物・野菜成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、分類別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、果物・野菜成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用冷凍装置の世界市場予測(~2025)
  • 中国の神経モニター市場2015
    本調査レポートでは、中国の神経モニター市場2015について調査・分析し、神経モニターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • LED材料の世界市場予測(~2021年):基板材料(炭化ケイ素、シリコン、サファイア)、ウェハー材料(ガリウムヒ素、窒化ガリウム)、エピタキシー(トリメチルガリウム、トリメチルアルミニウム)、蛍光体
    当調査レポートでは、LED材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料種類別分析、用途別分析、地域別分析、LED材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低ナトリウム血症(Hyponatremia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬の状況 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の市場規模(販売予測) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬剤
  • 在宅医療の世界市場予測(~2022年):製品、ソフトウェア、サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、在宅医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、ソフトウェア・サービス別分析、地域別分析、在宅医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の工業用チョコレート市場2015
    本調査レポートでは、世界の工業用チョコレート市場2015について調査・分析し、工業用チョコレートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動力工具の世界市場
    当調査レポートでは、動力工具の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・動力工具の世界市場:カテゴリー別分析/市場規模 ・動力工具の世界市場:工具種類別分析/市場規模 ・動力工具の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・動力工具の世界市場:地域別分析/市場規模 ・動力工具のアメリカ市場規模予測 ・動力工具のヨーロッパ市場規模予測 ・動力工具のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 脂肪酸合成阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における脂肪酸合成阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脂肪酸合成阻害剤の概要 ・脂肪酸合成阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の脂肪酸合成阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脂肪酸合成阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脂肪酸合成阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • レンタカーの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、レンタカーの世界市場について調べ、レンタカーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、レンタカーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(エコノミーカー、エグゼクティブカー、高級車、SUV、MUV)、予約法別(オフライン、オンライン)、レンタルカテゴリー別(空港輸送、ローカル輸送、駅外輸送、その他の輸送))と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はレンタカーの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均17%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・レンタカーの市場状況 ・レンタカーの市場規模 ・レンタカーの市場予測 ・レンタカーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(エコノミーカー、エグゼクティブカー、高級車、SUV、MUV) ・市場セグメンテーション:予約法別(オフライン、オンライン) ・市場セグメンテーション:レンタルカテゴリー別(空港輸送、ローカル輸送、駅外輸送、その他の輸送) ・レンタカーの顧客状況 ・主要 …
  • 体育技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、体育技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、体育技術の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの肩関節および小関節再建市場動向(~2021)
  • バイオ除草剤の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、バイオ除草剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオ除草剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイオ除草剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BHA (BioHerbicides Australia)、Certified Organics Australia、Emery Oleochemicals、Hindustan Bio-Tech Chemicals & Fertilizers、MycoLogic等です。
  • 心房細動(AF)の疫学的予測
    当調査レポートでは、心房細動(AF)の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・心房細動(AF)の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・心房細動(AF)の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • フィンテックソフトウェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フィンテックソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フィンテックソフトウェア市場規模、最終用途別(銀行、保険、セキュリティ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フィンテックソフトウェアの世界市場概要 ・フィンテックソフトウェアの世界市場環境 ・フィンテックソフトウェアの世界市場動向 ・フィンテックソフトウェアの世界市場規模 ・フィンテックソフトウェアの世界市場:業界構造分析 ・フィンテックソフトウェアの世界市場:最終用途別(銀行、保険、セキュリティ) ・フィンテックソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フィンテックソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・フィンテックソフトウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・フィンテックソフトウェアのアジア市場規模・予測 ・フィンテックソフトウェアの主要国分析 ・フィンテックソフトウェアの世界市場:意思決定フレームワーク ・フィンテックソフトウェアの世界 …
  • デフェラシロクスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デフェラシロクスの世界市場について調査・分析し、デフェラシロクスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デフェラシロクスシェア、市場規模推移、市場規模予測、デフェラシロクス種類別分析(500 mg/錠剤、250 mg/錠剤、125 mg/錠剤、その他)、デフェラシロクス用途別分析(輸血鉄過剰症、NTDTによる鉄過剰症)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デフェラシロクスの市場概観 ・デフェラシロクスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デフェラシロクスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デフェラシロクスの世界市場規模 ・デフェラシロクスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デフェラシロクスのアメリカ市場規模推移 ・デフェラシロクスのカナダ市場規模推移 ・デフェラシロクスのメキシコ市場規模推移 ・デフェラシロクスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・デフェラシロクスのドイツ市場規模推移 ・デフェラシロクスのイギ …
  • カナダの股関節置換処置動向(~2021)
  • 遺伝子パネルの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、遺伝子パネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品・サービス別分析、技術(アンプリコン、ハイブリダイゼーション)別分析、デザイン別分析、用途別分析、遺伝子パネルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリビニルブチラール樹脂市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリビニルブチラール樹脂市場2015について調査・分析し、ポリビニルブチラール樹脂の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンジローマ(Condyloma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるコンジローマ(Condyloma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、コンジローマ(Condyloma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・コンジローマ(Condyloma)の概要 ・コンジローマ(Condyloma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のコンジローマ(Condyloma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コンジローマ(Condyloma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コ …
  • 液状冷却版の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、液状冷却版の世界市場について調査・分析し、液状冷却版の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別液状冷却版シェア、市場規模推移、市場規模予測、液状冷却版種類別分析(成形管、深部掘削、機械加工チャネル、ポケット収納式フィン付、その他)、液状冷却版用途別分析(高出力電子機器、レーザー機器、電力変換機器、医療機器、防衛・航空宇宙、LED、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・液状冷却版の市場概観 ・液状冷却版のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・液状冷却版のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・液状冷却版の世界市場規模 ・液状冷却版の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・液状冷却版のアメリカ市場規模推移 ・液状冷却版のカナダ市場規模推移 ・液状冷却版のメキシコ市場規模推移 ・液状冷却版のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・液状冷却版のドイツ市場規模推移 ・液状冷却版のイギリス市場規模推移 ・液状冷却版のロシア市場規模推 …
  • 中国のテラヘルツ波システム市場2015
    本調査レポートでは、中国のテラヘルツ波システム市場2015について調査・分析し、テラヘルツ波システムの中国市場概要、市場規模、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界のホルムアルデヒド検知器市場2016
    本調査レポートでは、世界のホルムアルデヒド検知器市場2016について調査・分析し、ホルムアルデヒド検知器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キムチの世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、キムチの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(従来品、オーガニック)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・キムチの世界市場:製品別(従来品、オーガニック) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 産業用冷凍設備の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、産業用冷凍設備の世界市場について調査・分析し、産業用冷凍設備の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別産業用冷凍設備シェア、市場規模推移、市場規模予測、産業用冷凍設備種類別分析(冷凍圧縮機、蒸発ユニット、工業用ラック、熱交換器、その他)、産業用冷凍設備用途別分析(飲食料品製造、化学製品・医薬品、エネルギー、ロジスティックス、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・産業用冷凍設備の市場概観 ・産業用冷凍設備のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・産業用冷凍設備のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・産業用冷凍設備の世界市場規模 ・産業用冷凍設備の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・産業用冷凍設備のアメリカ市場規模推移 ・産業用冷凍設備のカナダ市場規模推移 ・産業用冷凍設備のメキシコ市場規模推移 ・産業用冷凍設備のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・産業用冷凍設備のドイツ市場規模推移 ・産業用冷凍設備のイギリス市場規 …
  • バイオマーカー技術の世界市場:製品別(消耗品、機器)、技術別(ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、次世代シーケンシング(NGS)、イムノアッセイなど)、用途別(創薬、診断、個別化医療)、疾患別(がん、感染症、自己免疫疾患、心血管疾患、その他)
    本資料は、バイオマーカー技術の世界市場について調べ、バイオマーカー技術の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(消耗品、機器)分析、用途別(創薬、診断、個別化医療)分析、疾患別(がん、感染症、自己免疫疾患、心血管疾患、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオマーカー技術の世界市場概要 ・バイオマーカー技術の世界市場環境 ・バイオマーカー技術の世界市場動向 ・バイオマーカー技術の世界市場規模 ・バイオマーカー技術の世界市場:市場シェア ・バイオマーカー技術の世界市場:製品別(消耗品、機器) ・バイオマーカー技術の世界市場:技術別(ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、次世代シーケンシング(NGS)、イムノアッセイなど) ・バイオマーカー技術の世界市場:用途別(創薬、診断、個別化医療) ・バイオマーカー技術の世界市場:疾患別(がん、感染症、自己免疫疾患、心血管疾患、その他) ・バイオマーカー技術の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ …
  • ぜんそく(Asthma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ぜんそく(Asthma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ぜんそく(Asthma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ぜんそく(Asthma)のフェーズ3治験薬の状況 ・ぜんそく(Asthma)治療薬の市場規模(販売予測) ・ぜんそく(Asthma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ぜんそく(Asthma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のぜんそく(Asthma)治療薬剤
  • ECG装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • サース(SaaS)の世界市場
    当調査レポートでは、サース (SaaS) の世界市場について調査・分析し、サース (SaaS) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • タルクの世界市場予測(~2021年):タルククロライト、タルクカーボネート
    当調査レポートでは、タルクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、タルクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場予測(~2023年)
    カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場は、2018年の45億5,000万米ドルから2023年には98億4,000万米ドルに達し、16.70%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、先進材料、電子装置・半導体、化学品・ポリマー、電池・コンデンサー、エネルギー、航空宇宙・防衛、医療などの用途からの需要の高まりが考えれられます。カーボンナノチューブの固有の機械的性質は上記の用途に適しています。また剛性、強度、および靱性においても、通常ほかの繊維素材はこれらの特性のうちの1つ以上を欠きますが、カーボンナノチューブは独自の組み合わせを有しています。一方で、市場の成長は、カーボンナノチューブのコスト構造、加工の難しさ、および炭化ケイ素ナノチューブ(SiCNT)といった代替品の入手可能性の影響を受けます。当調査レポートでは、カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ(単層、多層)分析、手法(化学気相成長法、触媒化学気相成長法、高圧 …
  • 韓国のプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のイムモビライザー市場2015
    本調査レポートでは、世界のイムモビライザー市場2015について調査・分析し、イムモビライザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 注射ペンの世界市場:製品別(使い捨て、再利用可能)、用量別(固定、可変)、用途別、セグメント予測
    注射ペンの世界市場は2025年には679億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまな慢性疾患および急性疾患を管理するために使用する注射ペンに対する高い需要、および発展途上地域における意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、注射ペンの世界市場について調査・分析し、注射ペンの世界市場動向、注射ペンの世界市場規模、市場予測、セグメント別注射ペン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アルミナるつぼの世界市場予測2019-2024
    「アルミナるつぼの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、長方形、円筒形、その他など、用途別には、Academic Laboratories、Industrial Laboratoriesなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミナるつぼのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミナるつぼの世界市場概要(サマリー) ・アルミナるつぼの企業別販売量・売上 ・アルミナるつぼの企業別市場シェア ・アルミナるつぼの世界市場規模:種類別(長方形、円筒形、その他) ・アルミナるつぼの世界市場規模:用途別(Academic Laboratories、Industrial Laboratories) ・アルミナるつぼの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミナるつぼのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アルミナるつぼの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・ア …
  • 消化酵素サプリメントの世界市場分析:タイプ別(ソリューション、サービス)、展開別(ホステッド、オンプレミス)、企業規模別(大企業、中小企業)、エンドユーザー別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、消化酵素サプリメントの世界市場について調査・分析し、消化酵素サプリメントの世界市場動向、消化酵素サプリメントの世界市場規模、市場予測、セグメント別消化酵素サプリメント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ハニカムボード包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハニカムボード包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハニカムボード包装の世界市場規模及び予測、包装種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 低床式トレーラー(LBT)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、低床式トレーラー(LBT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低床式トレーラー(LBT)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 劇場管理システム(TMS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、劇場管理システム(TMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、劇場管理システム(TMS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パッチ管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、パッチ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(パッチ管理ソフトウェアおよびサービス)分析、サービス別(コンサルティング、サポート、統合)分析、展開別(クラウドおよびオンプレミス)分析、業種別(金融、政府および防衛、ITおよび通信)分析、パッチ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、パッチ管理の世界市場規模が2019年589百万ドルから2024年979百万ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。
  • 動力器具付属品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、動力器具付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動力器具付属品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーの心臓補助装置市場見通し
  • ポリエチレンの世界市場2017-2021:高密度ポリエチレン(HDPE)、低密度ポリエチレン(LDPE)、直鎖低密度ポリエチレン(LLDPE)
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ポリエチレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリエチレンの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はポリエチレンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.78%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBASF、China Petrochemical、DuPont、Exxon Mobil、LyondellBasell Industries Holdings、SABIC、Sumitomo Chemical、The Dow Chemical Company等です。
  • 衛星ペイロードの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、衛星ペイロードの世界市場について調査・分析し、衛星ペイロードの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・衛星ペイロードの世界市場規模:周波数帯域別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:軌道種類別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:車両種類別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:ペイロード重量別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:ペイロード種類別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:用途別分析 ・衛星ペイロードの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 患者用温度管理の世界市場:加温システム、クーリングシステム
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、患者用温度管理の世界市場について調査・分析し、患者用温度管理の世界市場動向、患者用温度管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別患者用温度管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • データディスカバリの世界市場予測(~2021):種類別、サービス別、用途別(リスク管理、販売&マーケティング最適化、コスト最適化)、導入別、企業規模別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、データディスカバリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、サービス別分析、用途別分析、導入別分析、データディスカバリの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 救急車ベッドの世界市場予測2019-2024
    「救急車ベッドの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、リトラクタブルヘッド、非リトラクタブルヘッドなど、用途別には、Hospital、Fire Department、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。救急車ベッドのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・救急車ベッドの世界市場概要(サマリー) ・救急車ベッドの企業別販売量・売上 ・救急車ベッドの企業別市場シェア ・救急車ベッドの世界市場規模:種類別(リトラクタブルヘッド、非リトラクタブルヘッド) ・救急車ベッドの世界市場規模:用途別(Hospital、Fire Department、Others) ・救急車ベッドの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・救急車ベッドのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・救急車ベッドの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・救急車ベッドの中東・アフリカ市場( …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"