"eVTOL航空機の世界市場予測(~2030年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AS-6984)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"eVTOL航空機の世界市場予測(~2030年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The demand for increased efficiency in commercial operations is the key factor influencing the growth of the eVTOL aircraft market.”The eVTOL aircraft market is estimated to be USD 162 million in 2025 and is projected to reach USD 411 million by 2030, at a CAGR of 20.42% during the forecast period. The demand for enhanced efficiency & human safety and increasing investment activities are expected to drive the market. However, the limited reliability of eVTOLs during transportation and the inability to predict the external environment are expected to hinder the market.
“The vectored thrust segment is expected to lead the market during the forecast period.”
Based on lift technology, the vectored thrust segment is expected to lead the eVTOL aircraft market during the forecast period. The vectored thrust technology provides better efficiency and endurance to the eVTOL aircraft for intercity and intracity operations. The demand for eVTOL aircraft is increasing due to the growing number of their applications in the commercial sector for activities such as air taxi, passenger air travel, air ambulance, and cargo transportation. Presently, these aircraft are in the development phase but are expected to commercialize in the coming years. Passenger drones can be piloted manually or flown autonomously. These drones have the capability to vertically take off and land, making it easier for them to land in crowded locations in cities.
“The optionally piloted segment is expected to grow at a higher CAGR than the piloted segment during the forecast period.”
Based on mode of operation, the optionally piloted segment is expected to lead the eVTOL aircraft market during the forecast period. Autonomous eVTOLs are more versatile and can be efficiently used to transport passengers and cargo without any human intervention, thus increasing their demand. The growth of the optionally piloted segment can be attributed to significant investments to develop cost-effective solutions for passenger and cargo transportation for intracity and intercity commute.
“Asia Pacific is the fastest-growing market for eVTOL aircraft.”
Based on region, Asia Pacific is estimated to lead the eVTOL aircraft market in 2025 and is projected to grow at the highest rate during the forecast period. The market growth in this region can be attributed to the increasing investment activities and growth in spending by the region’s countries on transportation operations. Increasingly autonomous aircraft such as UAVs are manufactured in the Asia Pacific region by the biggest drone player DJI. This company has captured over 50% market share since the past 3 years. EHang is another player working on a fully autonomous air vehicle that will be used for cargo and passenger transport. Many emerging startups in India, including VTOL Aviation India, Voyzon Aerospace, and Skylark Drones, have also been working on their concepts and prototypes for autonomous aircraft. Wing, a Google and Alphabet company, has already tested its autonomous delivery drone in Australia.
Break-up of profiles of primary participants in this report:
• By Company Type: Tier 1 – 18%, Tier 2 – 36% and Tier 3 – 46%
• By Designation: C level – 27%, Director level – 18%, Others – 55%
• By Region: North America – 9%, Europe – 36%, Asia Pacific – 55%

Some of the key players in the eVTOL aircraft market include Kitty Hawk (US), Lilium (Germany), EHang (China), Volocopter (Germany), and A3 by Airbus (US).

Research Coverage
The study segments the eVTOL aircraft market on the basis of Lift Technology (Vectored Thrust, Multirotor, Lift Plus Cruise), Application (Commercial, Military, Cargo), Type of Propulsion (Electric/Battery, Electric/Hybrid, Electric/Hydrogen), MTOW (<250 Kilograms, 250–500 Kilograms, 500–1,500 Kilograms, >1,500 Kilograms), Mode of Operation (Optionally Piloted, Piloted), and Range (0–200 Kilometers, 200–500 Kilometers), and maps these segments and subsegments across the major regions of the world, namely, North America, Europe, Asia Pacific, the Middle East, and Latin America. The report provides in-depth market intelligence regarding the market dynamics and the major factors influencing the growth of the eVTOL aircraft market (drivers, restraints, opportunities, and industry-specific challenges), along with an analysis of micromarkets with respect to individual growth trends, prospects, and their contribution to the market.
Reasons to Buy This Report:
From an insight perspective, this research report has focused on various levels of analyses—industry analysis (industry trends), market ranking analysis of top players, supply chain analysis, and company profiles, which together comprise and discuss basic views on the competitive landscape, emerging and high-growth segments of the eVTOL aircraft market, high-growth regions, and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.
The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on eVTOL aircraft offered by top market players
• Market Sizing: The estimated size of the market in 2025 and its projection from 2025 to 2030
• Product Development/Innovation: Detailed insights on upcoming technologies, research & development activities, and new product launches in the eVTOL aircraft market
• Market Overview: Market dynamics and subsequent analysis of associated trends as well as drivers, restraints, opportunities, and challenges prevailing in the market
• Market Development: Comprehensive information about lucrative markets – the report analyzes the markets for eVTOL aircraft across regions
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the market
• Regional Analysis: Factors influencing the growth of the eVTOL aircraft market in North America, Europe, Asia Pacific, the Middle East, and Latin America
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the eVTOL aircraft market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"eVTOL航空機の世界市場予測(~2030年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 16
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 16
1.2 MARKET DEFINITION 16
1.3 MARKET SCOPE 17
1.3.1 REGIONAL SCOPE 17
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 18
1.4 CURRENCY 18
1.5 LIMITATIONS 19
1.6 STAKEHOLDERS 19
2 RESEARCH METHODOLOGY 20
2.1 RESEARCH DATA 20
2.1.1 SECONDARY DATA 21
2.1.1.1 Key data from secondary sources 22
2.1.2 PRIMARY DATA 23
2.1.2.1 Key data from primary sources 23
2.1.3 MARKET DEFINITION & SCOPE 24
2.1.4 EXCLUSIONS 24
2.2 RESEARCH APPROACH & METHODOLOGY 24
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 24
2.2.1.1 Research Methodology -1 25
2.2.1.1.1 Regional eVTOL aircraft market 25
2.2.1.1.2 eVTOL aircraft market size calculation 25
2.2.1.2 Research Methodology -2 25
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 26
2.3 TRIANGULATION & VALIDATION 27
2.3.1 TRIANGULATION THROUGH SECONDARY 27
2.3.2 TRIANGULATION THROUGH PRIMARIES 27
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 29
2.4.1 MARKET SIZING 29
2.4.2 MARKET FORECASTING 29
2.5 RISKS ANALYSIS 29
3 EXECUTIVE SUMMARY 30

4 PREMIUM INSIGHTS 33
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN THE EVTOL AIRCRAFT MARKET FROM 2025 TO 2030 33
4.2 EVTOL AIRCRAFT MARKET, BY APPLICATION 33
4.3 EVTOL AIRCRAFT MARKET, BY TYPE OF PROPULSION 34
4.4 EVTOL AIRCRAFT MARKET, BY COUNTRY 34
5 MARKET OVERVIEW 35
5.1 INTRODUCTION 35
5.2 MARKET DYNAMICS 36
5.2.1 DRIVERS 36
5.2.1.1 Increasing road traffic congestion in urban areas 36
5.2.1.2 Need for quick transportation 37
5.2.2 RESTRAINTS 37
5.2.2.1 Certification 37
5.2.3 OPPORTUNITIES 38
5.2.3.1 Need for MRO and charging stations at vertiports 38
5.2.3.2 Increasing number of eVTOL aircraft pilots 38
5.2.4 CHALLENGES 39
5.2.4.1 City infrastructure 39
5.2.4.2 Social acceptance by consumers 39
5.2.4.3 Design complexities 39
6 INDUSTRY TRENDS 40
6.1 INTRODUCTION 40
6.2 EVTOL AIRCRAFT TRENDS IN FUTURE 40
6.2.1 ARTIFICIAL INTELLIGENCE 40
6.2.2 BIG DATA ANALYTICS 41
6.2.3 INTERNET OF THINGS (IOT) 41
6.3 EVTOL AIRCRAFT CURRENTLY UNDER DEVELOPMENT PHASE 41
6.4 TOP FIVE COMPANIES OFFERING HIGH-CONFIGURATION EVTOL AIRCRAFT 42
6.5 EMERGING TECHNOLOGY TRENDS IN THE EVTOL INDUSTRY 42
6.5.1 DETECT & AVOID 42
6.5.2 INCREASINGLY AUTONOMOUS SYSTEM 42
6.5.3 DISTRIBUTED ELECTRIC PROPULSION (DEP) 43
6.5.4 ADVANCED AIR TRAFFIC MANAGEMENT SYSTEM FOR EVTOL AIRCRAFT 43
6.5.5 PREVENTION & RECOVERY SYSTEMS FOR EVTOL AIRCRAFT 43
6.5.6 HYDROGEN FUEL CELL 44
6.5.7 LEADING EDGE ASYNCHRONOUS PROPELLER TECHNOLOGY 44
6.5.8 ADVANCED BATTERY POWER 44
6.6 INNOVATIONS AND PATENT REGISTRATIONS, 2015-2018 45

7 EVTOL AIRCRAFT MARKET, BY LIFT TECHNOLOGY 47
7.1 INTRODUCTION 48
7.2 VECTORED THRUST 49
7.2.1 DESIGNED TO SUPPORT LONG DISTANCE OPERATIONS 49
7.3 MULTIROTOR 49
7.3.1 MULTIROTOR EVTOLS WILL BE USED MOSTLY FOR COMMERCIAL APPLICATIONS 49
7.4 LIFT PLUS CRUISE 49
7.4.1 LIFT PLUS CRUISE DESIGN HAS BEEN USED BY LEADING EVTOL MANUFACTURERS 49
7.5 OTHERS (ELECTRIC ROTORCRAFT AND HOVERBIKES) 49
7.5.1 ELECTRIC ROTORCRAFT 49
7.5.1.1 Electric rotorcraft is an ultralight helicopter 49
7.5.2 HOVERBIKES 50
7.5.2.1 Hoverbikes would initially be used by recreational and homeland security sectors 50
8 EVTOL AIRCRAFT MARKET, BY APPLICATION 51
8.1 INTRODUCTION 52
8.2 COMMERCIAL 53
8.2.1 BY PROPULSION 53
8.2.1.1 Fully electric eVTOLs will be majorly used for commercial transportation operations 53
8.2.2 BY LIFT TECHNOLOGY 53
8.2.2.1 Driven by requirement for quick intracity transportation 53
8.2.3 BY MTOW 54
8.2.3.1 Commercial eVTOL are being developed to carry more than 1500kg 54
8.3 MILITARY 54
8.3.1 BY PROPULSION 54
8.3.1.1 In military sector fully electric and hybrid eVTOL are used for the foremost operations 54
8.3.2 BY LIFT TECHNOLOGY 55
8.3.2.1 Adoption of vectored thrust eVTOLs is higher in military operations 55
8.3.3 BY MTOW 55
8.3.3.1 eVTOL carrying 0-250 Kgs are mostly used by military sector 55
8.4 CARGO 55
8.4.1 BY PROPULSION 56
8.4.1.1 Huge investments by venture capitalists in drone logistics 56
8.4.2 BY LIFT TECHNOLOGY 56
8.4.2.1 Multirotor eVTOLs will be majorly used for cargo operations 56
8.4.3 BY MTOW 56
8.4.3.1 The rising interest in eVTOL aircraft for the delivery of packages 56
9 EVTOL AIRCRAFT MARKET, BY TYPE OF PROPULSION 57
9.1 INTRODUCTION 58
9.2 FULLY ELECTRIC 59
9.2.1 INCREASING DEMAND FOR FULLY ELECTRIC AIRCRAFT 59
9.3 HYBRID 59
9.3.1 ELECTRIC HYBRID BATTERY SUPPORTS LONG DISTANCE TRAVEL 59
9.4 ELECTRIC HYDROGEN 59
9.4.1 EVTOL MANUFACTURERS ARE DEVELOPING BETTER STORAGE FACILITIES FOR THE HYDROGEN BATTERIES 59
10 EVTOL AIRCRAFT MARKET, BY MTOW 60
10.1 INTRODUCTION 61
10.2 <250 KILOGRAMS 62
10.2.1 SMALL EVTOL AIRCRAFT THAT ARE MAJORLY USED IN COMMERCIAL APPLICATIONS 62
10.3 250-500 KILOGRAMS 62
10.3.1 CLOSE-RANGE (CR) EVTOL AIRCRAFT AND SHORT-RANGE (SR) EVTOL AIRCRAFT 62
10.4 500-1,500 KILOGRAMS 62
10.4.1 EVTOL AIRCRAFT ARE USED FOR MILITARY AND COMMERCIAL APPLICATIONS 62
10.5 1,500 KILOGRAMS AND ABOVE 62
10.5.1 MAJOR EVTOL MANUFACTURERS ARE DEVELOPING THIS MODEL 62
11 EVTOL AIRCRAFT MARKET, BY MODE OF OPERATION 63
11.1 INTRODUCTION 64
11.2 OPTIONALLY PILOTED 65
11.2.1 INCREASING INVESTMENTS BY MANUFACTURERS AND GOVERNMENT BODIES IN THE DEVELOPMENT OF OPTIONALLY PILOTED EVTOL AIRCRAFT 65
11.3 PILOTED 65
11.3.1 DEPENDANCY ON PILOTS TO ENSURE SAFETY DURING FLIGHT OPERATIONS 65
12 EVTOL AIRCRAFT MARKET, BY RANGE 66
12.1 INTRODUCTION 67
12.2 0-200 KM 68
12.2.1 INTRACITY COMMUTE FOR PASSENGERS OPTING URBAN AIR MOBILITY SERVICES 68
12.3 200–500 KM 68
12.3.1 EVTOL WILL MOSTLY BE USED FOR INTERCITY COMMUTE 68

13 EVTOL AIRCRAFT MARKET, BY REGION 69
13.1 INTRODUCTION 70
13.2 NORTH AMERICA 72
13.2.1 US 73
13.2.1.1 Presence of major eVTOL Manufactures, resulting in increasing adoption of eVTOL in commercial and military sector 73
13.3 EUROPE 74
13.3.1 GERMANY 77
13.3.1.1 Germany exploring the use of eVTOL aircraft for emergency services in public safety applications 77
13.3.2 FRANCE 78
13.3.2.1 France has long term plans for sustainable integration of eVTOL for UAM 78
13.3.3 SWITZERLAND 78
13.3.3.1 Capital of the republic of Switzerland will aid in the promotion and development of eVTOL aircraft in the country 78
13.3.4 BELGIUM 79
13.3.4.1 Belgium holds a promising future for the development of eVTOL aircraft 79
13.3.5 BULGARIA 80
13.3.5.1 Bulgaria is among the countries supported by the European Union’s EVTOL Aircraft Initiative 80
13.3.6 FINLAND 81
13.3.6.1 Finland will start drone delivery service shortly 81
13.3.7 POLAND 81
13.3.7.1 Poland is ahead in the adoption of unmanned systems in civil and commercial applications, such as passenger and cargo transportation 81
13.3.8 THE NETHERLANDS 82
13.3.8.1 The Netherlands going to use eVTOL for field of emergency services 82
13.3.9 ESTONIA 83
13.3.9.1 Estonia going to use eVTOL for parcel delivery 83
13.4 ASIA PACIFIC 84
13.4.1 JAPAN 86
13.4.1.1 Japan has ambitious plans to develop the unmanned ecosystem for civil and commercial 86
13.4.2 AUSTRALIA 87
13.4.2.1 Australia selected by UberAir to have an operational air taxi service 87
13.4.3 INDIA 87
13.4.3.1 India is estimated to be one of the most challenging markets for commercialization of eVTOLs 87
13.4.4 NEW ZEALAND 88
13.4.4.1 New Zealand to develop a sophisticated UTM network for eVTOL 88
13.4.5 CHINA 89
13.4.5.1 China to use eVTOL for quicker travel within city and intercity 89
13.4.6 SOUTH KOREA 90
13.4.6.1 South Korea to invest more than billion for R&D of passenger drones 90
13.4.7 SINGAPORE 90
13.4.7.1 CAAS has started testing operations of eVTOL aircraft in Singapore 90
13.5 MIDDLE EAST 91
13.5.1 UAE 92
13.5.1.1 UAE is planning to launch first operational drone taxi in the world 92
13.6 LATIN AMERICA 93
13.6.1 BRAZIL 93
13.6.1.1 Brazil is promising market for eVTOL aircraft due to presence of huge network of already existing heliports 93
14 COMPETITIVE LANDSCAPE 95
14.1 INTRODUCTION 95
14.2 STARTUPS COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 96
14.2.1 VISIONARY LEADERS 96
14.2.2 INNOVATORS 96
14.2.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 96
14.2.4 EMERGING COMPANIES 96
14.3 RANKING OF KEY PLAYERS, 2022 97
14.4 COMPETITIVE SCENARIO 99
14.4.1 NEW PRODUCT LAUNCHES 99
14.4.2 EXPANSIONS 99
14.4.3 PARTNERSHIPS AND AGREEMENTS 100
15 COMPANY PROFILE 101
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
15.1 INTRODUCTION 101
15.2 A³ BY AIRBUS 101
15.3 AURORA FLIGHT SCIENCES 102
15.4 LILIUM 103
15.5 EMBRAER 104
15.6 EHANG 106
15.7 VOLOCOPTER 107
15.8 WORKHORSE 108
15.9 PIPISTREL 110
15.10 BELL HELICOPTER 112
15.11 NEVA AEROSPACE 113
15.12 OPENER 114
15.13 KITTY HAWK 115
15.14 JOBY AVIATION 116
15.15 KAREM AIRCRAFT 117
15.16 LIFT AIRCRAFT 118
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
16 APPENDIX 119
16.1 DISCUSSION GUIDE 119
16.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 120
16.3 AVAILABLE CUSTOMIZATION 122
16.4 RELATED REPORTS 122
16.5 AUTHOR DETAILS 123

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】eVTOL航空機の世界市場予測(~2030年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AS-6984
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙・防衛
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
eVTOL航空機の世界市場予測(~2030年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 使用時水処理システムの世界市場2014-2025:技術別(RO、蒸留、殺菌、濾過)、装置別(ピッチャー、蛇口フィルター、カウンター)、地域別
    本調査レポートでは、使用時水処理システムの世界市場について調査・分析し、使用時水処理システムの世界市場動向、使用時水処理システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別使用時水処理システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の光モジュール市場2015
    本調査レポートでは、世界の光モジュール市場2015について調査・分析し、光モジュールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • システムトレードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、システムトレードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、システムトレードの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 静脈瘤治療装置の世界市場:種類別(静脈内切除、硬化療法、外科的結紮・剥離)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、静脈瘤治療装置の世界市場について調査・分析し、静脈瘤治療装置の世界市場動向、静脈瘤治療装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別静脈瘤治療装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘルスケア用拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)の世界市場分析:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(拡張現実、バーチャルリアリティ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ヘルスケア用拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)の世界市場について調査・分析し、ヘルスケア用拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)の世界市場動向、ヘルスケア用拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケア用拡張現実(AR)とバーチャルリアリティ(VR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベータ受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータ受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータ受容体アゴニストの概要 ・ベータ受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のベータ受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータ受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータ受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用高性能トルクコンバーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用高性能トルクコンバーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用高性能トルクコンバーター市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用高性能トルクコンバーターの世界市場概要 ・自動車用高性能トルクコンバーターの世界市場環境 ・自動車用高性能トルクコンバーターの世界市場動向 ・自動車用高性能トルクコンバーターの世界市場規模 ・自動車用高性能トルクコンバーターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用高性能トルクコンバーターの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用高性能トルクコンバーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用高性能トルクコンバーターのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用高性能トルクコンバーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用高性能トルクコンバーターのアジア市場規模・予測 ・自動車用高性能トルクコンバーターの主要国分析 ・自動車用高性能ト …
  • バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場分析:用途別(ボトル、技術系、消費財)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場について調査・分析し、バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場動向、バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオ系ポリエチレンテレフタレート(PET)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 幹細胞の世界市場分析:成体幹細胞、hESC、iPS細胞
    本調査レポートでは、幹細胞の世界市場について調査・分析し、幹細胞の世界市場動向、幹細胞の世界市場規模、市場予測、セグメント別幹細胞市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 指関節用インプラントの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、指関節用インプラントの世界市場について調べ、指関節用インプラントの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、指関節用インプラントの市場規模をセグメンテーション別(製品別(MCPおよびPIP関節インプラント、菱形中手骨関節インプラント、つま先インプラント、その他)、種類別(足、手)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は指関節用インプラントの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・指関節用インプラントの市場状況 ・指関節用インプラントの市場規模 ・指関節用インプラントの市場予測 ・指関節用インプラントの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(MCPおよびPIP関節インプラント、菱形中手骨関節インプラント、つま先インプラント、その他) ・市場セグメンテーション:種類別(足、手) ・指関節用インプラントの顧客状況 ・主要地域別市場規 …
  • UAEの末梢血管用装置市場見通し
  • 金属添加物製造の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、金属添加物製造の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属添加物製造市場規模、用途別(航空宇宙、医療、工具・金型、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、EOS, ExOne, GENERAL ELECTRIC, Renishaw, SLM Solutions, Stratasysなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・金属添加物製造の世界市場概要 ・金属添加物製造の世界市場環境 ・金属添加物製造の世界市場動向 ・金属添加物製造の世界市場規模 ・金属添加物製造の世界市場:業界構造分析 ・金属添加物製造の世界市場:用途別(航空宇宙、医療、工具・金型、自動車、その他) ・金属添加物製造の世界市場:地域別市場規模・分析 ・金属添加物製造の北米市場規模・予測 ・金属添加物製造のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・金属添加物製造のアジア太平洋市場規模・予測 ・金属添加物製造の主要国分析 ・金属添加物製造の世界市 …
  • RTLS(リアルタイム位置測位システム)の世界市場2017-2021:輸送・物流、ヘルスケア、政府、小売、その他
    当調査レポートでは、RTLS(リアルタイム位置測位システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RTLS(リアルタイム位置測位システム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 燻煙液の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、燻煙液の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、燻煙液市場規模、製品別(メスキート、リンゴの木、カエデ、ヒッコリー、その他)分析、流通経路別(コンビニエンスストア、ディスカウントストア、食品・飲料専門店、大型スーパーマーケット・スーパーマーケット、その他)分析、用途別(パン・菓子、乳製品、ソース、肉・魚介類、ペットフード、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 燻煙液の世界市場:市場動向分析 ・ 燻煙液の世界市場:競争要因分析 ・ 燻煙液の世界市場:製品別(メスキート、リンゴの木、カエデ、ヒッコリー、その他) ・ 燻煙液の世界市場:流通経路別(コンビニエンスストア、ディスカウントストア、食品・飲料専門店、大型スーパーマーケット・スーパーマーケット、その他) ・ 燻煙液の世界市場:用途別(パン・菓子、乳製品、ソース、肉・魚介類、ペットフード、その他) ・ 燻煙液の世界市場:主要地域別分析 ・ 燻煙液の北米市場規模( …
  • デンマークの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • 世界の海底ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の海底ケーブル市場2015について調査・分析し、海底ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 蜂窩織炎(Cellulitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、蜂窩織炎(Cellulitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・蜂窩織炎(Cellulitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・蜂窩織炎(Cellulitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・蜂窩織炎(Cellulitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・蜂窩織炎(Cellulitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・蜂窩織炎(Cellulitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の蜂窩織炎(Cellulitis)治療薬剤
  • 異文化トレーニングコースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、異文化トレーニングコースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、異文化トレーニングコースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 異文化トレーニングとは、人々が新しい文化を理解・順応できるように知識・スキルを向上させるサービスです。この20年間でグローバル化や技術進歩を背景に、教育・企業研修の分野では市場環境が大幅に変化しました。特に、PCなどの情報機器の進歩に合わせて、ゲーミフィケーションや各種アプリ、ソーシャルネットワークなど 新たな学習方法が登場し、従業員の学習機会が大きく広がっていますTechnavio社は異文化トレーニングコースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Babel Language and Cross Cultural Training• Global Integration• GROV …
  • 歯科用縫合糸の世界市場動向および予測:吸収性、非吸収性
  • 皮膚糸状菌爪真菌症治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、皮膚糸状菌爪真菌症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、皮膚糸状菌爪真菌症治療薬の世界市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のX線マンモグラフィイメージングシステム市場2019
    本調査レポートでは、世界のX線マンモグラフィイメージングシステム市場2019について調査・分析し、X線マンモグラフィイメージングシステムの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、X線マンモグラフィイメージングシステムのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、X線マンモグラフィイメージングシステムメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・X線マンモグラフィイメージングシステムの市場概要 ・X線マンモグラフィイメージングシステムの上流・下流市場分析 ・X線マンモグラフィイメージングシステムのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・X線マンモグラフィイメージングシステムのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・X線マンモグラフィイメージングシステムのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・X線マンモグラフィイメージングシステムのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・X線マンモグラフィイメー …
  • フォーミングクリームの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フォーミングクリームの世界市場について調査・分析し、フォーミングクリームの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フォーミングクリームシェア、市場規模推移、市場規模予測、フォーミングクリーム種類別分析(ココナッツベース製品、ヤシベース製品)、フォーミングクリーム用途別分析(コーヒー(カプチーノ、ラテ等)、チョコレートドリンク、ミルクティ、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フォーミングクリームの市場概観 ・フォーミングクリームのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フォーミングクリームのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フォーミングクリームの世界市場規模 ・フォーミングクリームの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フォーミングクリームのアメリカ市場規模推移 ・フォーミングクリームのカナダ市場規模推移 ・フォーミングクリームのメキシコ市場規模推移 ・フォーミングクリームのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ …
  • 対話型システムの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、対話型システムの世界市場について調べ、対話型システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、対話型システムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(テキスト、音声)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は対話型システムの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均29%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・対話型システムの市場状況 ・対話型システムの市場規模 ・対話型システムの市場予測 ・対話型システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(テキスト、音声) ・対話型システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 全身スキャナーの世界市場:地上設置型スキャナー、車載スキャナー
    Technavio社の本調査レポートでは、全身スキャナーの世界市場について調べ、全身スキャナーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、全身スキャナーの市場規模をセグメンテーション別(製品別(地上設置型スキャナー、車載スキャナー)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は全身スキャナーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・全身スキャナーの市場状況 ・全身スキャナーの市場規模 ・全身スキャナーの市場予測 ・全身スキャナーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(地上設置型スキャナー、車載スキャナー) ・全身スキャナーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ポルフィリン症(Porphyria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるポルフィリン症(Porphyria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ポルフィリン症(Porphyria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ポルフィリン症(Porphyria)の概要 ・ポルフィリン症(Porphyria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のポルフィリン症(Porphyria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ポルフィリン症(Porphyria)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 世界の紙製包装材料市場2015
    本調査レポートでは、世界の紙製包装材料市場2015について調査・分析し、紙製包装材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の虫除け市場2015
    本調査レポートでは、世界の虫除け市場2015について調査・分析し、虫除けの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 特殊ポリマーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、特殊ポリマーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊ポリマー市場規模、製品別(ET、HPT、SF)分析、最終用途別(自動車、電子、工業、消費財、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・特殊ポリマーの世界市場概要 ・特殊ポリマーの世界市場環境 ・特殊ポリマーの世界市場動向 ・特殊ポリマーの世界市場規模 ・特殊ポリマーの世界市場:業界構造分析 ・特殊ポリマーの世界市場:製品別(ET、HPT、SF) ・特殊ポリマーの世界市場:最終用途別(自動車、電子、工業、消費財、その他) ・特殊ポリマーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・特殊ポリマーのアメリカ市場規模・予測 ・特殊ポリマーのヨーロッパ市場規模・予測 ・特殊ポリマーのアジア市場規模・予測 ・特殊ポリマーの主要国分析 ・特殊ポリマーの世界市場:意思決定フレームワーク ・特殊ポリマーの世界市場:成長要因、課題 ・特殊ポリマーの世界市場:競争環境 ・特殊ポリマ …
  • トップ30 CMO市場分析
  • 世界及び米国の矯正コンタクトレンズ市場2017-2022
  • 食用油脂の世界市場予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、食用油脂の世界市場について調査・分析し、食用油脂の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工市場規模、生産プロセス別(メタノール - ガソリン(MTG)プロセス、ガソリンプラスプロセス、フィッシャー・トロプシュ法)分析、サイズ別(大規模、小規模)分析、製品別(ディーゼル、エタン、LPG、パラフィン、ベースオイル、ナフサ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工の世界市場:市場動向分析 ・ 化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工の世界市場:競争要因分析 ・ 化学品・エネルギーのGas-to-Liquid(GTL)加工の世界市場:生産プロセス別(メタノール - ガソリン(MTG)プロセス、ガソリンプラスプロセス、フィッシャー・トロプシュ法) ・ 化学品・エネルギーのGas-t …
  • ジストニア(Dystonia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるジストニア(Dystonia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ジストニア(Dystonia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ジストニア(Dystonia)の概要 ・ジストニア(Dystonia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のジストニア(Dystonia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジストニア(Dystonia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジストニア(Dystoni …
  • 荷敷用エアバッグの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、荷敷用エアバッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、荷敷用エアバッグ市場規模、原料種類別(クラフト紙、プラスチック、その他)分析、包装種類別(ラミネート加工、織物製、紙製)分析、バッグ種類別(2層、4層、6層、8層以上)分析、エンドユーザー別(鉄道、トラック、船舶、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:市場動向分析 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:競争要因分析 ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:原料種類別(クラフト紙、プラスチック、その他) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:包装種類別(ラミネート加工、織物製、紙製) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:バッグ種類別(2層、4層、6層、8層以上) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:エンドユーザー別(鉄道、トラック、船舶、その他) ・ 荷敷用エアバッグの世界市場:主要地域別分析 ・ 荷敷用エアバッグの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 荷敷 …
  • 種子の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(遺伝子組み換え、従来型)分析、特性別(除草剤耐性、耐虫性)分析、作物種類別(シリアル及び穀物、油糧種子及び豆類、果物及び野菜)分析、種子の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、種子の世界市場規模が2019年554億ドルから2025年860億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。
  • 世界の新生児モニタ市場2015
    本調査レポートでは、世界の新生児モニタ市場2015について調査・分析し、新生児モニタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカのベビー食品・ミルク市場
    当調査レポートでは、アメリカのベビー食品・ミルク市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのベビー食品・ミルク市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • H 2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるH 2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・H 2アンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・H 2アンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のH 2アンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・H 2アンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・H 2アンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 接触皮膚炎(Contact Dermatitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、接触皮膚炎(Contact Dermatitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・接触皮膚炎(Contact Dermatitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・接触皮膚炎(Contact Dermatitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・接触皮膚炎(Contact Dermatitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・接触皮膚炎(Contact Dermatitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・接触皮膚炎(Contact Dermatitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の接触皮膚炎(Contact Dermatitis)治療薬剤
  • 後処理プロセスの世界市場予測(~2021):クロマトグラフィーカラム・樹脂、フィルター、シングルユース
    当調査レポートでは、後処理プロセスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、後処理プロセスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力レンタルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電力レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電力レンタルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ぶどう膜炎(Uveitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ぶどう膜炎(Uveitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ぶどう膜炎(Uveitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・ぶどう膜炎(Uveitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ぶどう膜炎(Uveitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のぶどう膜炎(Uveitis)治療薬剤
  • 世界のACモーター(交流電動機)市場規模・予測2017-2025:種類別(誘導、同期)、電圧別(分数、整数)、エンドユーズ別(輸送機器、産業用、HVAC、モーター車、家庭用)、地域別、
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のACモーター(交流電動機)市場について調査・分析し、世界のACモーター(交流電動機)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のACモーター(交流電動機)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アルキルポリグルコシドの世界市場予測2019-2024
    「アルキルポリグルコシドの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、C8APG、C10APG、C12APG、その他など、用途別には、Domestic Detergent、Cosmetics、Industrial Cleaning Agents、Plastics, Building Materials Additives、Pesticide Synergist Agent、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アルキルポリグルコシドのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルキルポリグルコシドの世界市場概要(サマリー) ・アルキルポリグルコシドの企業別販売量・売上 ・アルキルポリグルコシドの企業別市場シェア ・アルキルポリグルコシドの世界市場規模:種類別(C8APG、C10APG、C12APG、その他) ・アルキルポリグルコシドの世界市場規模:用途別(Domestic Detergent、Cosmetics、 …
  • 10%ガラス繊維入りナイロンの世界市場予測2019-2024
    「10%ガラス繊維入りナイロンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、射出成形、押出成形など、用途別には、Automotive、Electrical & Electronics、Industrial、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。10%ガラス繊維入りナイロンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・10%ガラス繊維入りナイロンの世界市場概要(サマリー) ・10%ガラス繊維入りナイロンの企業別販売量・売上 ・10%ガラス繊維入りナイロンの企業別市場シェア ・10%ガラス繊維入りナイロンの世界市場規模:種類別(射出成形、押出成形) ・10%ガラス繊維入りナイロンの世界市場規模:用途別(Automotive、Electrical & Electronics、Industrial、Others) ・10%ガラス繊維入りナイロンの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・10%ガラス繊維入りナイロン …
  • MEMSマイク(超小型マイク)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、MEMSマイク(超小型マイク)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MEMSマイク(超小型マイク)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車アクチュエーターの世界市場
    当調査レポートでは、自動車アクチュエーターの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車アクチュエーターの世界市場:アクチュエーター種類別分析/市場規模 ・自動車アクチュエーターの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車アクチュエーターの世界市場:モータ種類別分析/市場規模 ・自動車アクチュエーターの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車アクチュエーターのアメリカ市場規模予測 ・自動車アクチュエーターのヨーロッパ市場規模予測 ・自動車アクチュエーターのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ボトルウォーターの世界市場2015
  • 世界の手術衣市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術衣市場2015について調査・分析し、手術衣の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の概要 ・季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"