"バイオ農薬の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI-2716)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"バイオ農薬の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The biopesticides market is projected to grow at a CAGR of 15.99% from 2018 to 2023. The key drivers include advancements in integrated pest management solutions, and lower raw material and manufacturing costs.”
The biopesticides market is estimated at USD 3.0 billion in 2018 and is projected to grow at a CAGR of 15.99%, to reach USD 6.4 billion by 2023. The growth of the biopesticides market is driven by the advancements in integrated pest management solutions and increasing adoption of organic farming among farmers. The key drivers for market growth are the advancements in integrated pest management solutions. The continuous and extensive use of modern crop protection products to eliminate or reduce pest infestation has led to the development of resistance among pests to conventional crop protection products. This resistance can be classified into metabolic resistance, target-site resistance, penetration resistance, and behavioral resistance.
“The bioinsecticides segment, by type, is estimated to account for the largest share in 2018.”
Biopesticides are predominantly used in the form of bioinsecticides. Bioinsecticides include biocontrol agents—microbial and plant-based products, such as neem. Viruses, bacteria, fungi, protozoa, and mites are employed to control a variety of insects that affect both plants and animals. Although insects are attacked and affected by a large number of microorganisms, only a limited number of them have found commercial application.

“The fruits & vegetables segment held the dominant market share in the biopesticides market, based on crop application.”
Based on crop application, the fruits & vegetables segment is projected to hold the largest market share during the forecast period. Fruits & vegetables have emerged as a key application area for bionematicides and have become essential in their use in high-value fruits & vegetables to enhance their export quality and reduce chemical residue levels. Grapes, citrus fruits, and bananas are the main fruit crops; while tomatoes, potatoes, bell peppers, hot peppers, cucumbers, sweet potatoes, and eggplants are the main vegetable crops wherein bionematicides are used.
“High growth is projected in the Europe biopesticides market.”
The European market is projected to be the fastest-growing market for the period considered for this study, due to strong potential for growth, given the large-scale production and increase scrutiny and bans on chemical pesticides in the region. In addition, biopesticides consumption ranked second in the region which is driven by the strong demand for organic food products among consumers in the European region.
Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier I – 65 %, Tier II – 25%, and Tier III – 10%
 By Designation: C-Level – 20%, D-Level – 40%, and Others* – 40%
 By Region: Asia Pacific – 46%, North America – 19%, Europe – 12%, South America – 11% and RoW – 12%

*Others includes sales managers, marketing managers, and product managers.
Leading players profiled in this report:
• Bayer CropsScience (Germany)
• Syngenta (Switzerland)
• BASF (Germany)
• Marrone Bio Innovations (US)
• Isagro (Italy)
• Valent BioSciences Corporation (US)
• Certis (US)
• Koppert (The Netherlands)
• Bioworks (US)
• Stockton Group (Israel)
• FMC Corporation (US)
• UPL (India)

Research Coverage:
The report segments the biopesticides market on the basis of type, source, mode of application, crop application, formulation, and region. In terms of insights, this report has focused on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles, which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global biopesticides market, high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.
Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the biopesticides market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the biopesticides market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"バイオ農薬の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 20
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 20
1.2 MARKET DEFINITION 20
1.3 STUDY SCOPE 21
1.4 PERIODIZATION CONSIDERED 22
1.5 CURRENCY CONSIDERED 23
1.6 STAKEHOLDERS 23
2 RESEARCH METHODOLOGY 24
2.1 RESEARCH DATA 24
2.1.1 SECONDARY DATA 25
2.1.2 PRIMARY DATA 25
2.1.2.1 Key industry insights 25
2.1.2.2 Breakdown of primary interviews 26
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 26
2.3 DATA TRIANGULATION 28
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 29
2.5 LIMITATIONS 30
3 EXECUTIVE SUMMARY 31
4 PREMIUM INSIGHTS 36
4.1 OPPORTUNITIES IN THE BIOPESTICIDES MARKET 36
4.2 BIOPESTICIDES MARKET, BY TYPE, 2017 37
4.3 NORTH AMERICA: BIOPESTICIDES MARKET, BY SOURCE AND COUNTRY, 2017 38
4.4 BIOPESTICIDES MARKET, BY CROP TYPE AND REGION, 2017 39
4.5 BIOPESTICIDES MARKET, BY KEY COUNTRY 40
5 MARKET OVERVIEW 41
5.1 INTRODUCTION 41
5.2 MACROECONOMIC INDICATORS 41
5.2.1 NEED FOR SUSTAINABLE AGRICULTURE TO SUPPORT THE GROWING POPULATION 41
5.2.2 FOREIGN DIRECT INVESTMENTS 42
5.2.3 SIGNIFICANT GROWTH IN ORGANIC FOOD DEMAND 43
5.3 MARKET DYNAMICS 46
5.3.1 DRIVERS 47
5.3.1.1 Advancements in integrated pest management solutions 47
5.3.1.2 Crop losses due to pest attacks 47
5.3.1.3 Lower raw material costs and efficient regulatory approvals 49
5.3.2 RESTRAINTS 49
5.3.2.1 Short shelf life of biopesticides 49
5.3.3 OPPORTUNITIES 49
5.3.3.1 Rapid growth in bio-control seed treatment solutions 49
5.3.3.2 Providing customized solutions targeted toward specific pests 50
5.3.3.3 Growth opportunities in developing regions such as Asia Pacific and South America 51
5.3.4 CHALLENGES 52
5.3.4.1 Technological and environmental constraints 52
5.3.4.2 Lack of infrastructure 52
5.3.4.3 Counterfeit products in developing countries 53
5.3.4.4 Lack of awareness and low utilization of biopesticides 53
5.4 PATENT ANALYSIS 54
5.5 REGULATORY FRAMEWORK 56
5.5.1 US 56
5.5.1.1 Main statutes and legal requirements 56
5.5.1.1.1 The Federal Insecticide, Fungicide, and Rodenticide Act (FIFRA) 57
5.5.1.1.2 The Federal Food, Drug, and Cosmetic Act (FFDCA)and the Food Quality Protection Act (FQPA) 57
5.5.1.1.3 Pesticide Registration Improvement Extension Act (PRIA 3), 2012 57
5.5.1.1.4 Biopesticide Registration 58
5.5.2 EUROPE 58
5.5.2.1 Regulation (EC) No 1107/2009 of the European parliament and of the council of 21 October 2009 59
5.5.2.1.1 Scope 59
5.5.2.1.2 Active Substances: Requirements and Conditions for Approval 60
5.5.3 ASIA PACIFIC 61
5.5.3.1 India 61
5.5.3.2 China 61
5.5.4 BRAZIL 62
6 BIOPESTICIDES MARKET, BY TYPE 63
6.1 INTRODUCTION 64
6.2 BIOINSECTICIDES 65
6.2.1 BACILLUS THURINGIENSIS 67
6.2.1.1 Increase in the demand for biopesticides for high value commercial crops has led to the demand for Bacillus thuringiensis 67
6.2.2 BEAUVERIA BASSIANA 67
6.2.2.1 High availability of Beauveria Bassiana naturally in the soil is one of the major advantages for its simpler isolation process for production and also holds high demand as a bioinsecticide 67
6.2.3 VERTICILLIUM LECANII 67
6.2.3.1 Product launches based on Verticillium lecanii from many key players has increased in the recent years 67
6.2.4 METARHIZIUM ANISOPLIAE 68
6.2.4.1 Effect of Metarhizium anisopliae on a broad spectrum of insects has been a major interest for manufacturers 68
6.2.5 OTHERS 68
6.3 BIOFUNGICIDES 68
6.3.1 TRICHODERMA HARZIANUM 70
6.3.1.1 High adaptability of Trichoderma harzianum, to all types of soils, led to increased demand as a biofungicide 70
6.3.2 TRICHODERMA VIRIDE 70
6.3.2.1 In addition to improving root and shoot growth, Trichoderma viride also provides protection against pests 70
6.3.3 OTHERS 70
6.4 BIONEMATICIDES 70
6.4.1 PAECILOMYCES LILACINUS 71
6.4.1.1 Increased need for biological nematicide control has increased the demand for Paecilomyces lilacinus-based agents 71
6.4.2 BACILLUS FIRMUS 71
6.4.2.1 Use of Bacillus firmus as an effective bionematicide for different crop types has improved its demand 71
6.4.3 OTHERS 71
6.5 OTHERS 72
7 BIOPESTICIDES MARKET, BY SOURCE 73
7.1 INTRODUCTION 74
7.2 MICROBIALS 75
7.2.1 TARGET-SPECIFIC ACTION ON CROP DAMAGING PESTS HAS BEEN A MAJOR ATTRIBUTE FOR MICROBIAL APPLICATION 75
7.3 PLANT EXTRACTS 76
7.3.1 COMBINED BENEFITS OF PLANT HEALTH AND PROTECTION HAS BEEN SIGNIFICANT FACTOR FOR THE STRONG INTERESTS AMONG MANUFACTURERS TO DEVELOP THESE PRODUCTS 76
7.4 BENEFICIAL INSECTS 77
7.4.1 BENEFICIAL INSECTS ARE GAINING INTEREST IN EUROPE FOR ITS EFFECTIVE RESISTANCE MANAGEMENT 77
8 BIOPESTICIDES MARKET, BY MODE OF APPLICATION 78
8.1 INTRODUCTION 79
8.2 FOLIAR SPRAY 80
8.2.1 FOLIAR SPRAY HAS BEEN THE PREFERRED APPLICATION FOR FRUITS & VEGETABLES CROPS 80
8.3 SOIL TREATMENT 81
8.3.1 APPLICATION OF BIOFUNGICIDES HAS GAINED INTEREST THROUGH SOIL TREATMENT METHODS 81
8.4 SEED TREATMENT 82
8.4.1 EVEN THOUGH SEED TREATMENTS ARE EXPENSIVE, IT HOLDS STRONG GROWTH IN DEVELOPED MARKETS 82
8.5 POST-HARVEST 83
8.5.1 GROWTH WITNESSED FOR POST-HARVEST APPLICATION OF BIOFUNGICIDES FOR FRUITS & VEGETABLES CROPS 83
9 BIOPESTICIDES MARKET, BY FORMULATION 85
9.1 INTRODUCTION 86
9.2 LIQUID FORMULATION 87
9.2.1 SUSPENSION CONCENTRATES 88
9.2.1.1 Ease of use and effectiveness of suspension concentrates as compared to other types of liquid formulations 88
9.2.2 SOLUBLE LIQUID CONCENTRATES 89
9.2.2.1 Various key players have introduced biopesticides in soluble liquid concentrate (SC) forms 89
9.2.3 EMULSIFIABLE CONCENTRATES 89
9.2.3.1 Emulsifiable concentrates allows uniform and accurate application of active ingredients on the crop 89
9.3 DRY FORMULATION 89
9.3.1 DRY GRANULES 90
9.3.1.1 Dry granules, used for slurry preparations, would release lesser dust as compared to other dust formulations 90
9.3.2 WATER-DISPERSIBLE GRANULES 91
9.3.2.1 Water-dispersible granule (WDG) formulations are of much importance for seed treatment applications 91
9.3.3 WETTABLE POWDERS 91
9.3.3.1 Wettable powders holds significant demand for its good shelf life and low cost but can also cause occupational hazard for the farmers 91
10 BIOPESTICIDES MARKET, BY CROP APPLICATION 93
10.1 INTRODUCTION 94
10.2 CEREALS & GRAINS 96
10.2.1 CORN 97
10.2.1.1 Growing corn demand for industrial applications has allowed producers to adopt both conventional and biological pesticides to gain better market price and reduce pesticide resistance 97
10.2.2 WHEAT 97
10.2.2.1 Increased demand for organic wheat in Europe led to the adoption of biopesticides for wheat 97
10.2.3 OTHER CEREALS & GRAINS 97
10.3 OILSEEDS & PULSES 98
10.3.1 SOYBEAN 99
10.3.1.1 Significant growth in the application of bionematicides for soybean crops 99

10.3.2 SUNFLOWER 99
10.3.2.1 Organic farm industry has been a factor for the adoption of biopesticides for sunflower crops in Eastern Europe 99
10.3.3 OTHER OILSEEDS & PULSES 99
10.4 FRUITS & VEGETABLES 99
10.4.1 ROOT & TUBER VEGETABLES 101
10.4.1.1 Trichoderma Spp. Is one of the most commonly used biopesticides for root & tuber vegetables 101
10.4.2 LEAFY VEGETABLES 101
10.4.2.1 Biopesticides have been significant for the protection of leafy vegetables against soilborne pathogens such as Pythium Spp. and Rhizoctonia Spp 101
10.4.3 POME FRUITS 102
10.4.3.1 Trichoderma harzianum is one of the most commonly used biopesticides on pome fruits 102
10.4.4 BERRIES 102
10.4.4.1 Adoption of IPM and organic practices for the export of berries, especially in the European region, increased the demand for biopesticides 102
10.4.5 CITRUS FRUITS 102
10.4.5.1 Biopesticides application through foliar spray has been acquiring significant traction among citrus fruit growers in tropical regions 102
10.4.6 OTHER FRUITS & VEGETABLES 102
10.5 OTHER CROP TYPES 103
11 BIOPESTICIDES MARKET, BY REGION 104
11.1 INTRODUCTION 105
11.2 NORTH AMERICA 107
11.2.1 US 112
11.2.1.1 Health and environmental concerns surrounding the use of synthetic pesticides to drive the US market 112
11.2.2 CANADA 115
11.2.2.1 Canada’s strong research system and proximity to the US facilitate research collaboration and advancements for biopesticides 115
11.2.3 MEXICO 118
11.2.3.1 Strict prohibition of chemicals to control hypoxia in the Gulf of Mexico led to the growing demand for biopesticides 118
11.3 EUROPE 120
11.3.1 GERMANY 125
11.3.1.1 Government initiatives for promoting the use of biopesticides has led to an increased demand for biopesticides in Germany 125
11.3.2 UK 126
11.3.2.1 Increasing exports of organic fruits and vegetables have led to a surge in demand for organic crop protection products 126

11.3.3 FRANCE 128
11.3.3.1 Government initiatives such as providing tax credit to organic farmers encouraged farmers in France to use biopesticides 128
11.3.4 ITALY 129
11.3.4.1 Consumer preferences for enhancing the agricultural produce has led to a surge in demand for biopesticides products 129
11.3.5 SPAIN 131
11.3.5.1 Spain is one of the leading countries with high organic agriculture area; this has led to an increase in the use of biopesticides in the country 131
11.3.6 THE NETHERLANDS 132
11.3.6.1 The Netherlands has strict regulations against pesticide use and is considering a blanket ban on chemical products by 2020, thus leading to increased use of biopesticides during the forecast period 132
11.3.7 REST OF EUROPE 134
11.4 ASIA PACIFIC 135
11.4.1 AUSTRALIA 140
11.4.1.1 To increase the exports of organic products and strict standards for organic production has led to increased demand for biopesticides in Australia 140
11.4.2 CHINA 141
11.4.2.1 Government initiatives such as “zero growth of the pesticide consumption by 2020” would boost the market for biopesticides in China 141
11.4.3 INDIA 143
11.4.3.1 Government initiatives have led to 100% adoption rate of organic farming in some states across the country 143
11.4.4 JAPAN 144
11.4.4.1 High regulations on agrochemicals to control pesticide residue, led to an increase in adoption of biopesticides 144
11.4.5 INDONESIA 146
11.4.5.1 Increase in organic agricultural land has led to an increase in demand for biopesticides in Indonesia 146
11.4.6 REST OF ASIA PACIFIC 147
11.5 SOUTH AMERICA 149
11.5.1 BRAZIL 152
11.5.1.1 Increase in pest resistance and industry participation improves market growth in brazil 152
11.5.2 ARGENTINA 154
11.5.2.1 Increase in government initiatives to support exports would drive biopesticides market 154
11.5.3 REST OF SOUTH AMERICA 155
11.6 REST OF THE WORLD 157
11.6.1 SOUTH AFRICA 160
11.6.1.1 Favorable government initiatives to drive adoption for biopesticides in South Africa 160

11.6.2 OTHERS IN ROW 161
12 COMPETITIVE LANDSCAPE 163
12.1 OVERVIEW 163
12.2 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 164
12.2.1 TERMINOLOGY/NOMENCLATURE 164
12.2.1.1 Visionary Leaders 164
12.2.1.2 Innovators 164
12.2.1.3 Dynamic Differentiators 164
12.2.1.4 Emerging Companies 164
12.2.2 COMPETITIVE BENCHMARKING 166
12.2.2.1 Strength of Product Portfolio 166
12.2.2.2 Business strategy excellence 167
12.3 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING (START-UP/SMSE) 168
12.3.1 TERMINOLOGY/NOMENCLATURE 168
12.3.1.1 Progressive Companies 168
12.3.1.2 Starting Blocks 168
12.3.1.3 Responsive Companies 168
12.3.1.4 Dynamic Companies 168
12.3.2 COMPETITIVE BENCHMARKING 170
12.3.2.1 Strength of Product Portfolio 170
12.3.2.2 Business strategy excellence 170
12.4 COMPANY SHARE ANALYSIS 172
12.5 COMPETITIVE SCENARIO 173
12.5.1 NEW PRODUCT LAUNCHES AND APPROVALS 173
12.5.2 EXPANSIONS & INVESTMENTS 175
12.5.3 ACQUISITIONS AND DIVESTMENTS 176
12.5.4 AGREEMENTS, COLLABORATIONS,AND PARTNERSHIPS 178

13 COMPANY PROFILES 181
(Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT analysis, MNM view)*
13.1 BAYER CROPSCIENCE 181
13.2 BASF 185
13.3 SYNGENTA AG 189
13.4 UPL LTD. 193
13.5 FMC CORPORATION 195
13.6 ISAGRO 197
13.7 VALENT BIOSCIENCES 200
13.8 CERTIS 202
13.9 KOPPERT B.V. 205
13.10 BIOWORKS 209
13.11 STOCKTON GROUP 212
13.12 MARRONE BIO INNOVATIONS 214
*Details on Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT analysis, MNM view might not be captured in case of unlisted companies
14 APPENDIX 220
14.1 DISCUSSION GUIDE 220
14.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 224
14.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 226
14.4 RELATED REPORTS 227
14.5 AUTHOR DETAILS 228

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】バイオ農薬の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI-2716
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業産業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
バイオ農薬の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 熱可塑性ポリウレタンフィルム(TPU)の世界市場:用途別(自動車、鉄道、レジャー、エネルギー、家具、航空宇宙)、地域別(北米、APAC)
    本調査レポートでは、熱可塑性ポリウレタンフィルム(TPU)の世界市場について調査・分析し、熱可塑性ポリウレタンフィルム(TPU)の世界市場動向、熱可塑性ポリウレタンフィルム(TPU)の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱可塑性ポリウレタンフィルム(TPU)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場:処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈)、地域別予測
    本資料は、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場について調べ、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界規模、市場動向、市場環境、処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場概要 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場環境 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場動向 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場規模 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場規模:処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈) ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の北米市場規模・予測 ・ …
  • 電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電気自動車(EV)用バッテリーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均41.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、SAMSUNG SDI、BYD Company、LG Chem、A123 Systems、Panasonic Automotive and Industrial systems等です。
  • 実験室用キャビネットの世界市場:バイオセイフティーキャビネット、ラミナーフローキャビネット
    当調査レポートでは、実験室用キャビネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用キャビネットの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ラタノプロストの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ラタノプロストの世界市場について調査・分析し、ラタノプロストの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ラタノプロストシェア、市場規模推移、市場規模予測、ラタノプロスト種類別分析(ブランド医薬品、ジェネリック医薬品)、ラタノプロスト用途別分析(開放角緑内障)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ラタノプロストの市場概観 ・ラタノプロストのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ラタノプロストのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ラタノプロストの世界市場規模 ・ラタノプロストの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ラタノプロストのアメリカ市場規模推移 ・ラタノプロストのカナダ市場規模推移 ・ラタノプロストのメキシコ市場規模推移 ・ラタノプロストのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ラタノプロストのドイツ市場規模推移 ・ラタノプロストのイギリス市場規模推移 ・ラタノプロストのロシア市場規模推移 ・ラタノプロストのアジア市場分析 …
  • 集積型パッシブデバイスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、集積型パッシブデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別(シリコン、ガラス)分析、パッシブデバイス別分析、用途別(ESD・EMI、RF IPD、デジタル・ミックスドシグナル)分析、無線技術別(WLAN、Bluetooth、GPS、セルラー)分析、集積型パッシブデバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 製品エンジニアリングサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、製品エンジニアリングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、製品エンジニアリングサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインクジェットヘッド市場2015
    本調査レポートでは、世界のインクジェットヘッド市場2015について調査・分析し、インクジェットヘッドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 光ファイバプリフォームの世界市場:プロセス別(OVD、VAD、MCVD)、製品別(マルチモード、プラスチック光ファイバ)、エンドユーザ別(電気通信、石油・ガス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光ファイバプリフォームの世界市場について調査・分析し、光ファイバプリフォームの世界市場動向、光ファイバプリフォームの世界市場規模、市場予測、セグメント別光ファイバプリフォーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • デジタルツインの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、デジタルツインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、種類別(製品、プロセス、およびシステム)分析、産業別(航空宇宙&防衛、自動車&輸送、ホーム&コマーシャル、ヘルスケア、エネルギー&ユーティリティ、石油&ガス)分析、デジタルツインの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、デジタルツインの世界市場規模が2019年38億ドルから2025年358億ドルまで年平均37.8%成長すると予測しています。
  • 生物肥料の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • X線セキュリティスキャナの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、X線セキュリティスキャナの世界市場について調査・分析し、X線セキュリティスキャナの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別X線セキュリティスキャナシェア、市場規模推移、市場規模予測、X線セキュリティスキャナ種類別分析(鞄・小包検査、貨物・車両検査、ポータブルスクリーニング、その他)、X線セキュリティスキャナ用途別分析(輸送業、商用、公共用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・X線セキュリティスキャナの市場概観 ・X線セキュリティスキャナのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・X線セキュリティスキャナのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・X線セキュリティスキャナの世界市場規模 ・X線セキュリティスキャナの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・X線セキュリティスキャナのアメリカ市場規模推移 ・X線セキュリティスキャナのカナダ市場規模推移 ・X線セキュリティスキャナのメキシコ市場規模推移 ・X線セキュリティスキャナのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシ …
  • Eラーニングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、Eラーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Eラーニング市場規模、ベンダー別(コンテンツプロバイダ、教員支援、サービスプロバイダ)分析、学習モード別(インストラクター指導型、自己ペース学習型)分析、種類別(試験、訓練)分析、技術別(ポッドキャスト、学習コンテンツ管理システム、学習管理システム(LMS)/SaaS、ナレッジマネジメントシステム、応用シミュレーションツール、モバイルEラーニング、速習Eラーニング、バーチャルクラスルーム、オンラインEラーニング、ゲーム型学習、MOOCs(ネット上公開講義)・ウェアラブル端末・その他、パッケージ化コンテンツ、その他)分析、用途別(学究用Eラーニング、企業用Eラーニング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ Eラーニングの世界市場:市場動向分析 ・ Eラーニングの世界市場:競争要因分析 ・ Eラーニングの世界市場:ベンダー別(コンテンツプロバイダ、教員支援、サービスプロ …
  • パワードスマートカードの世界市場:タイプ別(接触型スマートカード、非接触型スマートカード、ハイブリッド・デュアルインターフェイススマートカード)、コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード)、用途別(テレコム、政府機関・ヘルスケア、金融サービス、小売・ロイヤルティ、有料テレビ、運輸)、地域別予測
    本資料は、パワードスマートカードの世界市場について調べ、パワードスマートカードの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(接触型スマートカード、非接触型スマートカード、ハイブリッド・デュアルインターフェイススマートカード)分析、コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード)分析、用途別(テレコム、政府機関・ヘルスケア、金融サービス、小売・ロイヤルティ、有料テレビ、運輸)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・パワードスマートカードの世界市場概要 ・パワードスマートカードの世界市場環境 ・パワードスマートカードの世界市場動向 ・パワードスマートカードの世界市場規模 ・パワードスマートカードの世界市場規模:タイプ別(接触型スマートカード、非接触型スマートカード、ハイブリッド・デュアルインターフェイススマートカード) ・パワードスマートカードの世界市場規模:コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード) ・パワードスマートカ …
  • アジア太平洋の移動式クレーン市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の移動式クレーン市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の移動式クレーン市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 神経血管装置の世界市場:治療用途別(脳卒中、脳動脈狭窄、脳動脈瘤)装置種類別、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、神経血管装置の世界市場について調査・分析し、神経血管装置の世界市場動向、神経血管装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経血管装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 水性UV硬化樹脂の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、水性UV硬化樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼吸器疾患治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、呼吸器疾患治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、呼吸器疾患治療薬市場規模、呼吸器疾患種類別(喘息、COPD、アレルギー性鼻炎、嚢胞性線維症、特発性肺線維症、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・呼吸器疾患治療薬の世界市場概要 ・呼吸器疾患治療薬の世界市場環境 ・呼吸器疾患治療薬の世界市場動向 ・呼吸器疾患治療薬の世界市場規模 ・呼吸器疾患治療薬の世界市場:業界構造分析 ・呼吸器疾患治療薬の世界市場:呼吸器疾患種類別(喘息、COPD、アレルギー性鼻炎、嚢胞性線維症、特発性肺線維症、その他) ・呼吸器疾患治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・呼吸器疾患治療薬の北米市場規模・予測 ・呼吸器疾患治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・呼吸器疾患治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・呼吸器疾患治療薬の主要国分析 ・呼吸器疾患治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・呼吸器疾患治療薬の世界市 …
  • ポルトガルの心臓人工弁市場見通し
  • ベビーモニターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ベビーモニターの世界市場について調査・分析し、ベビーモニターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ベビーモニターシェア、市場規模推移、市場規模予測、ベビーモニター種類別分析(音声モニター、ビデオモニター、インターネットベビーモニター)、ベビーモニター用途別分析(家庭用、商業用(病院・幼稚園等))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ベビーモニターの市場概観 ・ベビーモニターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ベビーモニターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ベビーモニターの世界市場規模 ・ベビーモニターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ベビーモニターのアメリカ市場規模推移 ・ベビーモニターのカナダ市場規模推移 ・ベビーモニターのメキシコ市場規模推移 ・ベビーモニターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ベビーモニターのドイツ市場規模推移 ・ベビーモニターのイギリス市場規模推移 ・ベビーモニターのロシア市 …
  • 炭酸清涼飲料の世界市場:流通経路別、市場勢力図、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、炭酸清涼飲料の世界市場について調査・分析し、炭酸清涼飲料の世界市場動向、炭酸清涼飲料の世界市場規模、市場予測、セグメント別炭酸清涼飲料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の鋼製ワイヤロープ市場2016
    本調査レポートでは、世界の鋼製ワイヤロープ市場2016について調査・分析し、鋼製ワイヤロープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動力式芝刈り機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、動力式芝刈り機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、動力式芝刈り機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場について調査・分析し、リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リアルタイム位置測位システム(RTLS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、リアルタイム位置測位システム(RTLS)種類別分析(RFID、Wi-Fi、超音波、赤外線、ZigBee、超広帯域(UWB)、その他(GPS、Bluetooth・その混合))、リアルタイム位置測位システム(RTLS)用途別分析(医療、交通・ロジスティックス、工業生産、加工産業、政府・防衛、小売、教育、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リアルタイム位置測位システム(RTLS)の市場概観 ・リアルタイム位置測位システム(RTLS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リアルタイム位置測位システム(RTLS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場規模 ・リアルタイム位置測位システム( …
  • 分散型音響センシング(DAS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、分散型音響センシング(DAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、分散型音響センシング(DAS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の透明導電膜(TCF)市場2015
    本調査レポートでは、世界の透明導電膜(TCF)市場2015について調査・分析し、透明導電膜(TCF)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のプラスチック加工機械市場2015
    本調査レポートでは、中国のプラスチック加工機械市場2015について調査・分析し、プラスチック加工機械の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)利用パターン及び交換トレンド
  • ラテラルフローアッセイの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ラテラルフローアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、ラテラルフローアッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場分析:タイプ別(8輪車、16輪車)、電源別(ディーゼル、電気、ハイブリッド)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場について調査・分析し、ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場動向、ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ゴムタイヤ式門型(RTG)クレーン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車ブレーキブースターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ブレーキブースターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車ブレーキブースターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 動脈瘤性くも膜下出血(SAH):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における動脈瘤性くも膜下出血(SAH)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、動脈瘤性くも膜下出血(SAH)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・動脈瘤性くも膜下出血(SAH)の概要 ・動脈瘤性くも膜下出血(SAH)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の動脈瘤性くも膜下出血(SAH)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・動脈瘤性くも膜下出血(SAH)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・動脈瘤性くも膜下出血(SA …
  • ニシンの世界市場:大西洋ニシン、太平洋ニシン、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、ニシンの世界市場について調べ、ニシンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ニシンの市場規模をセグメンテーション別(種類別(大西洋ニシン、太平洋ニシン、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はニシンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ニシンの市場状況 ・ニシンの市場規模 ・ニシンの市場予測 ・ニシンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(大西洋ニシン、太平洋ニシン、その他) ・ニシンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ハプティック技術の世界市場
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、ハプティック技術の世界市場について調査・分析し、ハプティック技術の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • クリーンルーム用使い捨て手袋の中国・日本・韓国市場:材料別(天然ゴム、ビニール、ニトリル、ネオプレン、その他)、エンドユーザー別(航空宇宙産業、ディスクドライブ産業、フラットパネル産業、食品産業、バイオテクノロジー、医療機器産業、製薬産業、電子および半導体産業、その他)
  • 超音波装置の世界市場予測(~2023年)
    超音波装置の世界市場は、2018年の63億米ドルから2023年には84億米ドルに達し、5.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、標的疾患の罹患率の増加、低侵襲手術に対する選好の高まり、技術の進歩、診断センターと病院の数の増加、公共および民間の投資、資金調達、助成金の増加などが考えれられます。一方で、厳しい政府規制により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、超音波装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術(診断、FUS、SWL)分析、ディスプレイ(カラー、白黒)分析、ポータビリティ(トロリー、小型、ポータブル、POC)分析、用途(放射線科、OB・GYN、泌尿器科、循環器科、整形外科)分析、超音波装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 形質転換増殖因子ベータ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における形質転換増殖因子ベータ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・形質転換増殖因子ベータ1阻害剤の概要 ・形質転換増殖因子ベータ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の形質転換増殖因子ベータ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・形質転換増殖因子ベータ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・形質転換増殖因子ベータ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるバンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症の概要 ・バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のバンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・バンコマイシン耐性エンテロコッカス・フェシウム感染症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • マイクロPLC及びナノPLCの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、マイクロPLC及びナノPLCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、提供商品別分析、産業別分析、地域別分析、マイクロPLC及びナノPLCの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の半導体製造装置市場:フロントエンド装置別(リソグラフィー、ウェーハ表面調整、堆積)、バックエンド装置別、製造施設機器別、製品種類別、寸法別、サプライチェーン参加者別、地域別
    MarketsandMarkets社は、半導体製造装置の世界市場規模が2020年661億ドルから2025年1035億ドルまで年平均9.4%成長すると予測しています。当資料では、世界の半導体製造装置市場を統合的に調査・分析し、市場概要、フロントエンド装置別(リソグラフィ、ウェーハ表面調整、ウェーハ洗浄、堆積、その他のフロントエンド機器)分析、バックエンド装置別(組立およびパッケージング、ダイシング、メトロロジー、ボンディング、ウェーハ試験)分析、ファブ施設別(自動化、化学制御、ガス制御、その他)分析、製品別(メモリ、ファウンドリ、ロジック、MPU、ディスクリート、アナログ、メモリ、その他)分析、寸法別(2D、2.5D、3D)分析、サプライチェーン参加者別(IDM事務所、Osat企業、鋳造工場)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の半導体製造装置市場:フロントエンド装置別(リソグラフィ、ウェーハ表面調整、ウェーハ洗浄、堆積、その他のフロントエンド機器) ・世界の …
  • 一般Eラーニングコースのアメリカ市場2016-2020
    当調査レポートでは、一般Eラーニングコースのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、一般Eラーニングコースのアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車、電気自動車部品・電気自動車インフラ基盤の世界市場予測(~2021):政府・レギュレーション別、車種別、部品別(バッテリ、車載充電器、インフォテイメントシステム、コンビネーション計器)、推進別(バッテリー式電動輸送機器BEV、プラグインハイブリッドカーPHEV、ハイブリッド電気自動車HEV、燃料電池自動車FCEV)、充電ステーション別、地域別
    当調査レポートでは、電気自動車、電気自動車部品・電気自動車インフラ基盤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、政府・レギュレーション別分析、車種別分析、部品別分析、推進方式別分析、電気自動車、電気自動車部品・電気自動車インフラ基盤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミニウム導体の世界市場2017-2021:AAC、AAAC、ACSR
    当調査レポートでは、アルミニウム導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルミニウム導体の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 洗浄用化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 靴乾燥機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、靴乾燥機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、靴乾燥機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アイメイクアップ(化粧品)の世界市場:マスカラ、アイライナー・ペンシル、アイシャドー
    当調査レポートでは、アイメイクアップ(化粧品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイメイクアップ(化粧品)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の蓄熱装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の蓄熱装置市場2015について調査・分析し、蓄熱装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • MRSA検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、MRSA検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MRSA検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クリーンルーム用使い捨て手袋のアジア太平洋市場
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"