"ヘルスケアにおけるバーチャルアシスタントの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:HIT-6987)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ヘルスケアにおけるバーチャルアシスタントの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The healthcare virtual assistants market is projected to grow at a CAGR of 34.6% from 2019 to 2024”The healthcare virtual assistants market is projected to reach USD 1,729 million by 2024 from USD 391 million in 2019, at a CAGR of 34.6%. Growth in this market is driven by the growing number of smartphone users and the increasing use of healthcare applications, the growing demand for quality healthcare delivery, and the rising prevalence of chronic disorders. However, the lack of structured data in the healthcare industry and concerns regarding data privacy are expected to restrain the growth of this market to a certain extent during the forecast period.

“The smart speakers segment to witness the highest growth in the healthcare virtual assistant products market during the forecast period”
On the basis of product, the healthcare virtual assistants market is segmented into smart speakers and chatbots. The smart speakers segment is expected to register the highest CAGR during the forecast period. The growth of the smart speakers segment can be attributed to the increasing consumer preference for technologically advanced products. Smart speakers are multifunctional, fast, varied, and reliable solutions. This not only saves time but also offers increased comfort and greater convenience.

“The automatic speech recognition segment is expected to grow at the highest CAGR in the healthcare virtual assistants market, by user interface, during the forecast period”
On the basis of user interface, the healthcare virtual assistants market is segmented into automatic speech recognition, text-based, text-to-speech, and others. The automatic speech recognition segment is expected to witness the highest CAGR owing to its increasing use in smart speakers.

“The APAC market is projected to witness the highest growth between 2019 and 2024”
The APAC market is expected to witness the highest CAGR in the healthcare virtual assistants market during the forecast period. Growth in the Asia Pacific market is primarily driven by the rising aging population, high penetration of smartphones, technological advancements, the growing use of remote monitoring devices, and increasing healthcare costs.

The breakdown of primary participants is as mentioned below:
• By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 25%, and Tier 3: 40%
• By Designation: C-level: 40%, Director-level: 40%, and Others: 20%
• By Region: North America: 45%, Europe: 20%, Asia Pacific: 25%, Latin America: 5%, and the Middle East & Africa: 5%

Prominent players in the global healthcare virtual assistants market are Nuance Communications Inc. (US), Microsoft (US), Amazon (US), Infermedica (Poland), Sensly (US), eGain Corporation (US), Kognito Solutions LLC (US), Verint Systems Inc. (US), HealthTap Inc. (US), and Babylon Healthcare Services Ltd (UK).

Research Coverage:
The report analyzes the various healthcare virtual assistant products and their adoption patterns. It aims at estimating the market size and future growth potential of the healthcare virtual assistants market for different segments, such as product, user interface, application, end user, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one or any combination of the below-mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the healthcare virtual assistants market
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the healthcare virtual assistants market
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging regions by product, user interface, end user, and region
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the healthcare virtual assistants market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, and products of leading players in the healthcare virtual assistants market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ヘルスケアにおけるバーチャルアシスタントの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 16
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 16
1.2 MARKET DEFINITION 16
1.3 MARKET SCOPE 17
1.3.1 MARKETS COVERED 17
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 17
1.4 LIMITATIONS 18
1.5 CURRENCY 18
1.6 STAKEHOLDERS 18
2 RESEARCH METHODOLOGY 19
2.1 RESEARCH APPROACH 19
2.1.1 SECONDARY DATA 20
2.1.1.1 Key data from secondary sources 20
2.1.2 PRIMARY DATA 20
2.1.2.1 Breakdown of primaries 21
2.1.2.2 Key data from primary sources 22
2.1.2.3 Key industry insights 22
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 23
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 25
2.4 ASSUMPTIONS FOR THE STUDY 26
3 EXECUTIVE SUMMARY 27
4 MARKET OVERVIEW 31
4.1 INTRODUCTION 31
4.2 MARKET DYNAMICS 31
4.2.1 MARKET DRIVERS 31
4.2.1.1 Growing smartphone users and increasing use of healthcare applications 31
4.2.1.2 Need to curtail growing healthcare costs and medical errors 32
4.2.1.3 Growing demand for quality healthcare delivery 32
4.2.1.4 Rising prevalence of chronic disorders 33
4.2.2 MARKET RESTRAINTS 33
4.2.2.1 Lack of structured data in the healthcare industry 33
4.2.2.2 Concerns regarding data privacy 34
4.2.3 MARKET OPPORTUNITIES 34
4.2.3.1 Increasing focus on developing conversational virtual assistant tools 34
4.2.3.2 Multi-language support in healthcare virtual assistant tools 34
4.2.4 MARKET CHALLENGES 35
4.2.4.1 Issues related to connectivity range and compatibility 35
4.2.4.2 Dearth of skilled personnel and uncertain regulatory framework for medical software 35
5 INDUSTRY INSIGHTS 36
5.1 INTRODUCTION 36
5.2 START-UP SCENARIO 36
5.3 USE CASES 37
5.3.1 NUANCE COMMUNICATIONS 37
5.3.2 TRUE IMAGE INTERACTIVE 37
5.3.3 CINCINNATI CHILDREN’S HOSPITAL MEDICAL CENTER 38
5.3.4 BOSTON CHILDREN’S HOSPITAL 38
5.3.5 PUBLIC HEALTH ENGLAND 38
6 HEALTHCARE VIRTUAL ASSISTANTS MARKET, BY PRODUCT 39
6.1 INTRODUCTION 40
6.2 SMART SPEAKERS 41
6.2.1 SMART SPEAKERS TO WITNESS THE HIGHEST GROWTH IN THE HEALTHCARE VIRTUAL ASSISTANTS MARKET DURING THE FORECAST PERIOD 41
6.3 CHATBOTS 43
6.3.1 HEALTHCARE CHATBOTS ACT AS A CONNECTING LINK BETWEEN PATIENTS AND CLINICIANS, HELPING THEM TO COMMUNICATE AND SHARE INFORMATION FOR DIAGNOSIS AND TREATMENT PURPOSES 43
7 HEALTHCARE VIRTUAL ASSISTANTS MARKET, BY USER INTERFACE 46
7.1 INTRODUCTION 47
7.2 AUTOMATIC SPEECH RECOGNITION 48
7.2.1 SPEECH RECOGNITION SOFTWARE CAN ENHANCE WORKFLOW, REDUCE RECORD ERRORS, AND IMPROVE COMMUNICATION 48
7.3 TEXT-BASED 49
7.3.1 TEXT-BASED MESSAGING SERVICES ARE COST-EFFECTIVE, QUICK, INDEPENDENT, AND POPULAR AMONG END USERS 49
7.4 TEXT-TO-SPEECH 51
7.4.1 TEXT-TO-SPEECH USER INTERFACES ARE COMMONLY USED TO RECEIVE INSTRUCTIONS WHILE PERFORMING A TASK 51
7.5 OTHERS 52
8 HEALTHCARE VIRTUAL ASSISTANTS MARKET, BY END USER 54
8.1 INTRODUCTION 55
8.2 HEALTHCARE PROVIDERS 56
8.2.1 VIRTUAL ASSISTANT TOOLS ARE USED TO PREDICT AND PREVENT READMISSIONS AND IMPROVE OPERATIONS AMONG HEALTHCARE PROVIDERS 56

8.3 HEALTHCARE PAYERS 58
8.3.1 VIRTUAL ASSISTANT TOOLS ARE A SECURE WAY FOR PAYERS TO AUTOMATE MANY NECESSARY YET TIME-CONSUMING PROCESSES 58
8.4 PATIENTS 59
8.4.1 SMARTPHONE APPLICATIONS TO DRIVE THE ADOPTION OF VIRTUAL ASSISTANT TOOLS AMONG PATIENTS 59
8.5 OTHER END USERS 61
9 HEALTHCARE VIRTUAL ASSISTANTS MARKET, BY REGION 63
9.1 INTRODUCTION 64
9.2 NORTH AMERICA 65
9.2.1 US 69
9.2.1.1 The US is the largest market for healthcare virtual assistants globally 69
9.2.2 CANADA 71
9.2.2.1 Drive to promote remote patient monitoring and homecare have supported the adoption of HCIT technologies 71
9.3 EUROPE 74
9.3.1 GERMANY 78
9.3.1.1 Germany holds the largest share in the European market for healthcare virtual assistants 78
9.3.2 UK 80
9.3.2.1 Mobile apps and wearable devices have been widely adopted
in the UK 80
9.3.3 FRANCE 83
9.3.3.1 France’s healthcare system is largely government-financed 83
9.3.4 ITALY 85
9.3.4.1 An aging population and rising healthcare costs have driven the adoption of virtual assistants in Italy 85
9.3.5 SPAIN 88
9.3.5.1 Approximately 90% of Spain’s population can access the internet 88
9.3.6 REST OF EUROPE 90
9.4 ASIA PACIFIC 92
9.4.1 JAPAN 96
9.4.1.1 Utilization of advanced HCIT solutions has risen to improve care quality in Japan 96
9.4.2 CHINA 98
9.4.2.1 Rising geriatric population and a spike in Internet and smartphone use indicate high growth opportunities 98
9.4.3 INDIA 100
9.4.3.1 The Indian market is among the fastest growing in APAC 100
9.4.4 REST OF ASIA PACIFIC 102
9.5 LATIN AMERICA 104
9.5.1 THE GROWING NUMBER OF SMARTPHONE USERS AND INCREASING RELIANCE ON TELEMEDICINE HAS HELPED SUPPORT MARKET GROWTH 104

9.6 MIDDLE EAST & AFRICA 105
9.6.1 A NUMBER OF MIDDLE EASTERN COUNTRIES ARE INVESTING
IN THE MODERNIZATION OF THEIR HEALTHCARE SYSTEMS 105
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 108
10.1 OVERVIEW 108
10.2 HEALTHCARE VIRTUAL ASSISTANTS MARKET, COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING, 2018 109
10.2.1 VISIONARY LEADERS 110
10.2.2 INNOVATORS 110
10.2.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 110
10.2.4 EMERGING COMPANIES 110
10.3 MARKET RANKING ANALYSIS 111
10.4 COMPETITIVE SITUATION AND TRENDS 114
10.4.1 NEW PRODUCT LAUNCHES 115
10.4.2 AGREEMENTS, PARTNERSHIPS, AND COLLABORATIONS 116
10.4.3 EXPANSIONS 117
10.4.4 ACQUISITIONS 117
10.4.5 OTHER DEVELOPMENTS 118
11 COMPANY PROFILES 119
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 NUANCE COMMUNICATIONS, INC. 119
11.2 AMAZON 123
11.3 VERINT SYSTEMS INC. 126
11.4 INFERMEDICA 129
11.5 SENSELY, INC. 131
11.6 MICROSOFT CORPORATION 133
11.7 CSS CORPORATION 136
11.8 EGAIN CORPORATION 137
11.9 KOGNITO SOLUTIONS, LLC 139
11.10 HEALTHTAP, INC. 142
11.11 BABYLON HEALTHCARE SERVICES LIMITED 144
11.12 ADA DIGITAL HEALTH 146
11.13 OTHER COMPANY PROFILES 147
11.13.1 MEDRESPOND LLC. 147
11.13.2 FLOATBOT.IN 148
11.13.3 KORE.AI, INC. 149
11.13.4 DATALOG.AI 150
11.13.5 TRUE IMAGE INTERACTIVE, INC. 151
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 152
12.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 152
12.2 DISCUSSION GUIDE 153
12.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 156
12.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 158
12.5 RELATED REPORTS 158
12.6 AUTHOR DETAILS 159

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ヘルスケアにおけるバーチャルアシスタントの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】HIT-6987
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】ヘルスケアIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ヘルスケアにおけるバーチャルアシスタントの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 副鼻腔炎(Sinusitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、副鼻腔炎(Sinusitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・副鼻腔炎(Sinusitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・副鼻腔炎(Sinusitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・副鼻腔炎(Sinusitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・副鼻腔炎(Sinusitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・副鼻腔炎(Sinusitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の副鼻腔炎(Sinusitis)治療薬剤
  • CPVCパイプ・フィッティングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、CPVCパイプ・フィッティングの世界市場について調査・分析し、CPVCパイプ・フィッティングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別CPVCパイプ・フィッティングシェア、市場規模推移、市場規模予測、CPVCパイプ・フィッティング種類別分析(CPVCパイプ、CPVCフィッティング)、CPVCパイプ・フィッティング用途別分析(化学処理、工業生産、排水処理)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・CPVCパイプ・フィッティングの市場概観 ・CPVCパイプ・フィッティングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・CPVCパイプ・フィッティングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・CPVCパイプ・フィッティングの世界市場規模 ・CPVCパイプ・フィッティングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・CPVCパイプ・フィッティングのアメリカ市場規模推移 ・CPVCパイプ・フィッティングのカナダ市場規模推移 ・CPVCパイプ・フィッティングのメキシコ市場規模推移 ・CPV …
  • 大気造水(AWG)の世界市場分析:製品別(冷却凝縮、湿潤乾燥)、用途別(産業、商業、住居)、セグメント予測
    本調査レポートでは、大気造水(AWG)の世界市場について調査・分析し、大気造水(AWG)の世界市場動向、大気造水(AWG)の世界市場規模、市場予測、セグメント別大気造水(AWG)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 一方向テープ(UDテープ)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、一方向テープ(UDテープ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、繊維種類(ガラス、炭素)別分析、樹脂別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、一方向テープ(UDテープ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液処理装置および消耗品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血液処理装置および消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液処理装置および消耗品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ライフサイエンス産業における産業オートメーション市場規模、製品別(DCS、SCADA、PLC、MES)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, Emerson Electric, Honeywell, Rockwell Automation, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場概要 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場環境 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場動向 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場規模 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場:業界構造分析 ・ライフサイエンス産業における産業オートメーションの世界市場:製品別(DCS、SCADA、PLC、MES …
  • 試験・測定装置の世界市場予測(~2024年)
    試験・測定装置の世界市場は、2018年の257億米ドルから2024年には323億米ドルに達し、3.90%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、自動車・輸送、航空宇宙・防衛、IT・テレコム、教育・政府、半導体・電子機器、工業、ならびにヘルスケアなどの最終用途分野におけるこの機器の需要の増加が考えられます。特にヘルスケア分野は、新しいヘルスケア機器、患者モニタリングシステム、個人用緊急通報システムの開発などにより、最高の年平均成長率で成長すると予想されます。当調査レポートでは、試験・測定装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品(汎用試験装置、機械式試験装置)分析、サービスタイプ(校正サービス、修理サービス・アフターサービス)分析、最終用途部門分析、試験・測定装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Anti-CD274 (PD-L1)抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD274 (PD-L1)抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD274 (PD-L1)抗体の概要 ・Anti-CD274 (PD-L1)抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD274 (PD-L1)抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD274 (PD-L1)抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD274 (PD-L1)抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン阻害剤の概要 ・インターロイキン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ソーシャルメディア分析の世界市場:顧客セグメンテーション、ターゲッティング、マルチチャンネル・キャンペーン管理、競合企業ベンチマーキング、顧客行動分析、マーケティング測定
    当調査レポートでは、ソーシャルメディア分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、アプリケーション別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業オートメーション制御の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業オートメーション制御の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業オートメーション制御市場規模、製品別(センサー、DCS、ドライブ、SCADA、PLC)分析、最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業オートメーション制御の世界市場概要 ・産業オートメーション制御の世界市場環境 ・産業オートメーション制御の世界市場動向 ・産業オートメーション制御の世界市場規模 ・産業オートメーション制御の世界市場:業界構造分析 ・産業オートメーション制御の世界市場:製品別(センサー、DCS、ドライブ、SCADA、PLC) ・産業オートメーション制御の世界市場:最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・産業オートメーション制御の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業オートメーション制御のアメリカ市場規模・予測 ・産業オートメーション制御のヨーロッパ市場規模・予測 ・産業オー …
  • テレコムアナリティクスの世界市場
    当調査レポートでは、テレコムアナリティクスの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・テレコムアナリティクスの世界市場:装置別分析/市場規模 ・テレコムアナリティクスの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・テレコムアナリティクスの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・テレコムアナリティクスの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・テレコムアナリティクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・テレコムアナリティクスのアメリカ市場規模予測 ・テレコムアナリティクスのヨーロッパ市場規模予測 ・テレコムアナリティクスのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • MRI(磁気共鳴画像法)の世界市場:アーキテクチャ別(オープンシステム、クローズドシステム)、磁場強度別(低磁場、中磁場、高磁場)、アプリケーション別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、MRI(磁気共鳴画像法)の世界市場について調査・分析し、MRI(磁気共鳴画像法)の世界市場動向、MRI(磁気共鳴画像法)の世界市場規模、市場予測、セグメント別MRI(磁気共鳴画像法)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場動向・予測(~2021年):ポリエステル繊維、エポキシ樹脂、炭素繊維、ガラス繊維
    当調査レポートでは、繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、繊維種類別分析、用途別分析、地域別分析、繊維強化プラスチック(FRP)タンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤の概要 ・オロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のオロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オロチン酸ホスホソボシルトランスフェラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 消化不良(Dyspepsia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における消化不良(Dyspepsia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、消化不良(Dyspepsia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・消化不良(Dyspepsia)の概要 ・消化不良(Dyspepsia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の消化不良(Dyspepsia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・消化不良(Dyspepsia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・消化不良(Dyspepsi …
  • ゲーミフィケーションの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ゲーミフィケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲーミフィケーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品パッケージングの世界市場2016-2026
  • 太陽光発電ガラスの世界市場:種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他)、最終用途産業別(住宅、商業、実用規模)
    本市場調査レポートでは太陽光発電ガラスの代替品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他)分析、最終用途産業別(住宅、商業、実用規模)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・太陽光発電ガラスの世界市場:種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他) ・太陽光発電ガラスの世界市場:最終用途産業別(住宅、商業、実用規模) ・太陽光発電ガラスの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 文書管理システム(DMS)の世界市場予測(~2023年):DMSソリューション、DMSサービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、文書管理システム(DMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、提供方式別分析、導入方式別分析、企業規模別分析、地域別分析、文書管理システム(DMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフッ化バリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のフッ化バリウム市場2016について調査・分析し、フッ化バリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 亜鉛の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、亜鉛の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、亜鉛の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス産業向けドリルビットの世界市場2017-2021:フィックストカッタービット、ローラーコーンカッタービット
    当調査レポートでは、石油・ガス産業向けドリルビットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業向けドリルビットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 出張・経費管理ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、出張・経費管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、出張・経費管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの脊椎手術処置動向(~2021)
  • ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、エンドユーザー別(小売、小売以外)
    本資料は、ビーコン管理ソフトウェアの世界市場について調べ、ビーコン管理ソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場概要 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場環境 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場動向 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場規模 ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別(小売、小売以外) ・ビーコン管理ソフトウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ビーコン管理ソフトウェアの北米市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのアメリカ市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアのアジア市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェアの日本市場規模・予測 ・ビーコン管理ソフトウェア …
  • 自動車V2X(車車間/路車間通信)の世界市場予測(~2022):V2V、V2I、V2P、V2G、V2H、V2N
    当調査レポートでは、自動車V2X(車車間/路車間通信)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、提供形態別分析、種類別分析、接続種類別分析、車種別分析、自動車V2X(車車間/路車間通信)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の光アイソレータ市場2015
    本調査レポートでは、世界の光アイソレータ市場2015について調査・分析し、光アイソレータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハウチワマメの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハウチワマメの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハウチワマメ市場規模、用途別(飼料、飲食料品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハウチワマメの世界市場概要 ・ハウチワマメの世界市場環境 ・ハウチワマメの世界市場動向 ・ハウチワマメの世界市場規模 ・ハウチワマメの世界市場:業界構造分析 ・ハウチワマメの世界市場:用途別(飼料、飲食料品、その他) ・ハウチワマメの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ハウチワマメのアメリカ市場規模・予測 ・ハウチワマメのヨーロッパ市場規模・予測 ・ハウチワマメのアジア市場規模・予測 ・ハウチワマメの主要国分析 ・ハウチワマメの世界市場:意思決定フレームワーク ・ハウチワマメの世界市場:成長要因、課題 ・ハウチワマメの世界市場:競争環境 ・ハウチワマメの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ピレトリンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ピレトリンの世界市場について調査・分析し、ピレトリンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ピレトリンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ピレトリン種類別分析(0.5、0.2、その他)、ピレトリン用途別分析(家庭用品、公衆衛生(表面・場所)、動物衛生、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ピレトリンの市場概観 ・ピレトリンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ピレトリンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ピレトリンの世界市場規模 ・ピレトリンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ピレトリンのアメリカ市場規模推移 ・ピレトリンのカナダ市場規模推移 ・ピレトリンのメキシコ市場規模推移 ・ピレトリンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ピレトリンのドイツ市場規模推移 ・ピレトリンのイギリス市場規模推移 ・ピレトリンのロシア市場規模推移 ・ピレトリンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • コーティング織物の世界市場分析:製品別(ポリマー、ゴム、布張り壁コーティング)、用途別(輸送、防護服、工業用、家具)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、コーティング織物の世界市場について調査・分析し、コーティング織物の世界市場動向、コーティング織物の世界市場規模、市場予測、セグメント別コーティング織物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高圧処理装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高圧処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高圧処理装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高圧処理装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Hiperbaric, • Avure Technologies, • MULTIVAC, • Kobe Steel, • Bao Tou KeFA High Pressure Technology等です。
  • 世界の真空包装材料市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空包装材料市場2015について調査・分析し、真空包装材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブロックチェーンアイデンティティ管理の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ブロックチェーンアイデンティティ管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、プロバイダー別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、ブロックチェーンアイデンティティ管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ライブセルイメージングの世界市場分析:用途別、技術別(時間経過顕微鏡法、光退色後の蛍光回復、蛍光共鳴エネルギー移動、高含有量スクリーニング)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ライブセルイメージングの世界市場について調査・分析し、ライブセルイメージングの世界市場動向、ライブセルイメージングの世界市場規模、市場予測、セグメント別ライブセルイメージング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 荷処理設備の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、荷処理設備の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(コンベヤ、フォークリフト、航空用ドリー、パレットジャック、AGV、クレーン、RTG、ローダー、スタッカー、ストラドルキャリア、ターミナルトラクター)別分析、推進別分析、荷処理設備の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電磁両立性(EMC)フィルターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電磁両立性(EMC)フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電磁両立性(EMC)フィルターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルコール依存症(Alcohol Addiction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアルコール依存症(Alcohol Addiction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)の概要 ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 世界のスポンジチタン市場2015
    本調査レポートでは、世界のスポンジチタン市場2015について調査・分析し、スポンジチタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトウプリプレグ市場:繊維種類別(炭素、ガラス)、樹脂種類別(エポキシ、フェノール)、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ)、エンドユーズ産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、トウプリプレグの世界市場規模が2019年305百万ドルから2024年492百万ドルまで年平均10.0%成長すると予測しています。当資料では、世界のトウプリプレグ市場を統合的に調査・分析し、市場概要、樹脂種類別(エポキシ樹脂、フェノール樹脂、その他)分析、ファイバー種類別(炭素繊維、ガラス、その他)分析、用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ、その他)分析、エンドユーズ産業別(航空宇宙および防衛、航空宇宙産業の動向、自動車および輸送、スポーツおよびレクリエーション、石油およびガス、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のトウプリプレグ市場:樹脂種類別(エポキシ樹脂、フェノール樹脂、その他) ・世界のトウプリプレグ市場:ファイバー種類別(炭素繊維、ガラス、その他) ・世界のトウプリプレグ市場:用途別(圧力容器、スキューバタンク、酸素ボンベ、その他) ・世界のトウプリプレグ市場:エンドユーズ産業別(航空宇宙およ …
  • 自動車補修用塗料の世界市場2016-2020:溶剤型塗料、水性塗料
    当調査レポートでは、自動車補修用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車補修用塗料の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの医療市場展望
  • パーソナルケア産業における紫外線フィルターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パーソナルケア産業における紫外線フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、パーソナルケア産業における紫外線フィルターの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ムアリングシステム(係留装置)の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、ムアリングシステム(係留装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ムアリングシステム(係留装置)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はムアリングシステム(係留装置)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.64%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Balltec、Delmar Systems、MODEC、Offspring International、SBM Offshore等です。
  • デジタルパソロジーの世界市場:製品別(スキャナー、ソフトウェア、通信システム、ストレージシステム)、種類別(病理病態学、獣医病態)、用途別、エンドユーザー別、地域別予測
    本資料は、デジタルパソロジーの世界市場について調べ、デジタルパソロジーの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(スキャナー、ソフトウェア、通信システム、ストレージシステム)分析、種類別(病理病態学、獣医病態)分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルパソロジーの世界市場概要 ・デジタルパソロジーの世界市場環境 ・デジタルパソロジーの世界市場動向 ・デジタルパソロジーの世界市場規模 ・デジタルパソロジーの世界市場規模:製品別(スキャナー、ソフトウェア、通信システム、ストレージシステム) ・デジタルパソロジーの世界市場規模:種類別(病理病態学、獣医病態) ・デジタルパソロジーの世界市場規模:用途別 ・デジタルパソロジーの世界市場規模:エンドユーザー別 ・デジタルパソロジーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルパソロジーの北米市場規模・予測 ・デジタルパソロジーのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルパソロジー …
  • ミルクパウダーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ミルクパウダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ミルクパウダーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はミルクパウダーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.73%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Danone、Fonterra Co-operative Group、FrieslandCampina、Lactalis、Nestlé等です。
  • 日本の外傷固定市場動向(~2021)
  • インターロイキン-5阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-5阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-5阻害剤の概要 ・インターロイキン-5阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-5阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-5阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-5阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の半導体変圧器(スマート変圧器)市場規模・予測2017-2025:商品別、構成要素別(変圧器、高周波変圧器・スイッチ)、用途別、エンドユーズ別、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の半導体変圧器(スマート変圧器)市場について調査・分析し、世界の半導体変圧器(スマート変圧器)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の半導体変圧器(スマート変圧器)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"