"ソリッドステートリレーの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-3675)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ソリッドステートリレーの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Solid state relay market to exhibit significant growth during 2019–2024”The solid state relay market is estimated to grow from USD 1.2 billion in 2019 to USD 1.6 billion by 2024, at a CAGR of 5.7%. The key factors driving the growth of the market include increasing digitization and automation in the consumer electronics industry; growing modernization of electric vehicles; robust features of SSR, such as high switching frequency and resistance to shock and vibration; and low noise while operating, long operating life, and low maintenance and compact size of SSR. However, the requirement of heat sink to manage thermal load, higher cost of SSR than EMR, and current leakage during switching OFF SSR are the key restraining factors for market growth.

“PCB-mount SSR to witness high growth potential during forecast period”
The market for PCB-mount SSR is expected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. The PCB-mount SSRs have comparatively smaller size and built-in heat sink with high surge capability, making them suitable for applications such as electromagnetic waves, electric machines, and filament lamp control. Further, a PCB-mount SSR is ideal to use in applications where a small, power-dense package is required as is the case with a lot of commercial and industrial equipment. Growing demand for miniaturization of electrical circuits is fuelling demand for PCB-mount SSRs in automotive owing to their smaller size and lightweight properties.

“Market for AC/DC SSR to grow at highest CAGR during forecast period“
The AC/DC SSR market is estimated to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. The AC/DC output relays are used for switching both AC and DC outputs. They consist of a DC–AC converter circuit. In case of a DC input signal, the DC–AC converter is used to convert the signal to AC and is then applied to the triggering switch. In case of an AC input signal, it is directly applied to the triggering switch. The low current ratings of AC/DC relays limit its scope of usage in various application segments; however, the adoption of AC/DC relays in automotive and transportation is expected to aid the growth of this market during the forecast period.


“Market for high current rating SSR to grow at highest CAGR during forecast period“
The high current rating SSR market is estimated to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. High current rating SSRs include relays from 50A to 200A. The high current rating SSRs are mainly used in building equipment, and energy and infrastructure. SSRs with high current ratings (150A and above) are expensive due to their power semiconductor and heat-sinking requirements. Increasing use of high current rating SSR in elevators, conveyor systems, and machine tools is fuelling the growth of this market.

“Solid state relay market for automotive & transportation to grow at highest rate during forecast period”
The solid state relay market for automotive and transportation is expected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. SSR has wide applications in automobiles such as battery electric vehicles, hybrid electric vehicles, charging stations, commercial trucks, and even combustion engine vehicles. The major use of SSR is in mobile HVAC system, which is used in various types of transportation systems, including rail, bus, aircraft, and truck. Growing demand for electric vehicles is supporting the high growth rate of SSR in automotive and transportation. SSRs offer exceptional performance in a panel-mounted industrial package, which has an efficient thermal design. SSRs offer superior solid state performance for high-power demanding applications and are also an ideal choice for automobiles as they offer variable load control.

“APAC to be largest market for solid state relay during forecast period”
APAC is expected to lead the solid state relay market, in terms of size, from 2019 to 2024. China and Japan are the countries driving the growth of the SSR market in APAC. APAC has huge growth potential for the SSR market. The market growth in this region can be attributed to the tremendous growth of automotive, food & beverages, building equipment, and manufacturing industries in emerging economies such as China, Japan, India, and South Korea. China is a key contributor to the growth of the SSR market in APAC owing to its huge industrial and manufacturing sectors. It is also the fastest-growing market for SSR in APAC. Japan is also witnessing a steady growth in the SSR market owing to the presence of key manufacturers of SSRs such as Omron and Fujitsu.

Profile break-up of primary participants for the report is given below:
• By Company Type – Tier 1 – 43%, Tier 2 – 32%, and Tier 3 – 25%
• By Designation – C level – 45%, Director level – 32%, and Manager level – 23%
• By Region – North America – 33%, Europe – 20%, APAC – 42%, and RoW – 5%
The key players in the market include Carlo Gavazzi (Switzerland), Omron Corporation (Japan), Vishay Intertechnology (US), Crydom (US), Omega Engineering (US), Broadcom (US), Fujitsu (Japan), Rockwell Automation (US), Anacon Electronic Sales (US), Celduc Relais (France), IXYS Integrated Circuits Division (US), Teledyne Relays (US), Ametek (US), Arico Technology (Taiwan), Connectwell Industries (India), Eaton (Ireland), Emtech Solutions (India), Panasonic (Japan), Phoenix Contact (Germany), and TE Connectivity (Switzerland).
The global solid state relay market is segmented into mounting type, output voltage, current rating, application, and geography. The market based on mounting type is segmented into panel, PCB, DIN Rail, and others. Based on output voltage, the solid state relay market has been split into AC, DC, and AC/DC. Based on current rating, the solid state relay market has been split into low (0A–20A), medium (20A–50A), and high (50A & above). The applications that are included in the study of the solid state relay market include industrial automation, building equipment, industrial OEM, energy & infrastructure, automotive & transportation, medical, and food & beverages. The solid state relay market is segmented into 4 regions, namely, North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World (RoW).

Reasons to buy the report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast for markets based on mounting type, output voltage, current rating, application, and region have been conducted to give an overall view of the solid state relay market.
• The value chain analysis has been performed to provide an in-depth insight into the solid state relay market.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the solid state relay market have been detailed in this report.
• The report includes a detailed competitive landscape along with key players, in-depth analysis, and revenue of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ソリッドステートリレーの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 19
1.1 STUDY OBJECTIVES 19
1.2 DEFINITION 19
1.3 SCOPE OF THE STUDY 20
1.3.1 MARKET COVERED 20
1.3.2 YEARS CONSIDERED 20
1.4 CURRENCY 21
1.5 LIMITATIONS 21
1.6 STAKEHOLDERS 21
2 RESEARCH METHODOLOGY 22
2.1 RESEARCH DATA 22
2.1.1 SECONDARY DATA 23
2.1.1.1 List of major secondary sources 23
2.1.1.2 Key data from secondary sources 24
2.1.2 PRIMARY DATA 24
2.1.2.1 Primary interviews with experts 24
2.1.2.2 Key data from primary sources 25
2.1.3 SECONDARY & PRIMARY RESEARCH 26
2.1.3.1 Key industry insights 27
2.1.3.2 Breakdown of primaries 27
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 28
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 28
2.2.1.1 Approach for arriving at market share by bottom-up analysis
(demand side) 28
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 29
2.2.2.1 Approach for capturing market share by top-down analysis
(supply side) 29
2.3 MARKET BREAKDOWN & DATA TRIANGULATION 30
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 31
3 EXECUTIVE SUMMARY 32
4 PREMIUM INSIGHTS 37
4.1 SOLID STATE RELAY MARKET, 2019–2024 (USD BILLION) 37
4.2 SOLID STATE RELAY MARKET, BY MOUNTING TYPE 37
4.3 SOLID STATE RELAY MARKET, BY OUTPUT VOLTAGE 38
4.4 SOLID STATE RELAY MARKET, BY CURRENT RATING 38
4.5 SOLID STATE RELAY MARKET, BY APPLICATION 39
4.6 SOLID STATE RELAY MARKET, BY GEOGRAPHY 40
5 MARKET OVERVIEW 41
5.1 INTRODUCTION 41
5.2 MARKET DYNAMICS 41
5.2.1 DRIVERS 42
5.2.1.1 Increasing digitization and automation in consumer electronics industry 42
5.2.1.2 Growing modernization of electric vehicles to drive solid state relay market 42
5.2.1.3 Robust features of SSR such as high switching frequency and resistance to shock and vibration 43
5.2.1.4 Long operating life, low noise while operating, small size, and less maintenance of SSR 43
5.2.2 RESTRAINTS 44
5.2.2.1 Requirement of heat sink to manage thermal load 44
5.2.2.2 Higher cost price of SSR than EMR 44
5.2.2.3 Current leakage during switching OFF SSR 44
5.2.3 OPPORTUNITIES 45
5.2.3.1 Rise in start-up companies develop market opportunities for SSR 45
5.2.3.2 Increase in demand for semiconductors in APAC 45
5.2.4 CHALLENGES 45
5.2.4.1 Stringent quality standards of industries 45
5.3 VALUE CHAIN ANALYSIS 46
5.4 FUNCTIONS OF SSR 47
5.4.1 CONTROL 47
5.4.2 TIMING 47
5.4.3 SWITCHING 47
5.4.4 MONITORING 47
5.4.5 SAFETY 47
6 SOLID STATE RELAY MARKET, BY MOUNTING TYPE 48
6.1 INTRODUCTION 49
6.2 PANEL MOUNT 50
6.2.1 PANEL-MOUNT SSR TO HOLD LARGEST MARKET DURING FORECAST PERIOD 50
6.3 PCB MOUNT 52
6.3.1 MINIATURIZATION OF ELECTRICAL EQUIPMENT IS FUELLING THE MARKET FOR PCB-MOUNT SSRS 52
6.4 DIN RAIL MOUNT 55
6.4.1 DIN RAIL-MOUNT SSR TO GROW AT HIGHEST RATE DURING FORECAST PERIOD 55
6.5 OTHERS 57

7 SOLID STATE RELAY MARKET, BY OUTPUT VOLTAGE 59
7.1 INTRODUCTION 60
7.2 AC SSR 61
7.2.1 AC SSR TO HOLD LARGEST MARKET DURING FORECAST PERIOD 61
7.3 DC SSR 63
7.3.1 INCREASING ADOPTION OF DC SSRS IN CONTROL SYSTEM APPLICATIONS 63
7.4 AC/DC SSR 64
7.4.1 AC/DC SSR TO GROW AT HIGHEST RATE DURING FORECAST PERIOD 64
8 SOLID STATE RELAY MARKET, BY CURRENT RATING 66
8.1 INTRODUCTION 67
8.2 LOW (0–20A) 68
8.2.1 LOW CURRENT RATING SSR TO GROW AT HIGHEST RATE DURING FORECAST PERIOD 68
8.3 MEDIUM (20–50A) 70
8.3.1 MEDIUM CURRENT RATING SSR TO HOLD LARGEST SIZE OF THE MARKET DURING FORECAST PERIOD 70
8.4 HIGH (50A & ABOVE) 72
8.4.1 INCREASING USAGE OF HIGH CURRENT RATING SSRS IN BUILDING EQUIPMENT AND ENERGY & INFRASTRUCTURE 72
9 SOLID STATE RELAY MARKET, BY APPLICATION 75
9.1 INTRODUCTION 76
9.2 INDUSTRIAL AUTOMATION 78
9.2.1 MACHINE TOOLS 78
9.2.1.1 Machine tools to have maximum share of SSR market for industrial automation 78
9.2.2 ELEVATORS 78
9.2.2.1 SSR used for controlling electric motor and hoist movement in elevators 78
9.2.3 CONVEYOR SYSTEMS 79
9.2.3.1 SSR safeguards electric motor in conveyor system from overheating 79
9.2.4 INDUSTRIAL ROBOTICS 79
9.2.4.1 SSR market for industrial robotics to grow at highest rate during forecast period 79
9.2.5 MATERIAL HANDLING EQUIPMENT 79
9.2.5.1 SSR used for monitoring highly repetitive operations during material handling 79
9.2.6 OTHERS 79
9.3 BUILDING EQUIPMENT 82
9.3.1 LIGHTING SYSTEMS 82
9.3.1.1 Office lighting systems 82
9.3.1.1.1 SSRs used in office lighting system for reliable switching operations 82
9.3.1.2 Warehouse/theatrical lighting systems 82
9.3.1.2.1 Warehouse/theatrical lighting system requires SSRs for protection against change in voltage 82
9.3.2 SECURITY AND ACCESS CONTROL SYSTEMS 83
9.3.2.1 SSR used in security and access control for overvoltage protection 83
9.3.3 HVAC SYSTEMS 83
9.3.3.1 HVAC system includes heating coils and motorized dampers that use SSR 83
9.3.4 OTHERS 83
9.4 INDUSTRIAL OEM 86
9.4.1 ELECTRONICS EQUIPMENT 86
9.4.1.1 SSR protects electronic equipment from overcurrent, undercurrent, and reverse currents 86
9.4.2 PACKAGING DEVICES 86
9.4.2.1 Growing demand for packaged food is driving the growth of SSR in packaging devices 86
9.4.3 PLASTIC AND PRINTING DEVICES 86
9.4.3.1 High frequency switching fuels demand for SSR 86
9.4.4 OTHERS 87
9.5 ENERGY AND INFRASTRUCTURE 90
9.5.1 POWER DISTRIBUTION 90
9.5.1.1 SSR acts as a protective device in power distribution 90
9.5.2 SOLAR TRACKING SYSTEMS 90
9.5.2.1 SSR implemented in rotary motors control movement of solar panels 90
9.5.3 WIND TURBINES 90
9.5.3.1 SSR delivers surplus DC power from wind turbine 90
9.5.4 OTHERS 91
9.6 AUTOMOTIVE & TRANSPORTATION 93
9.6.1 TRAIN CONTROL SYSTEMS 93
9.6.1.1 Train control system to have largest share of SSR market for automotive & transportation 93
9.6.2 ELECTRIC VEHICLES 94
9.6.2.1 SSR market for electric vehicles to grow at highest rate during forecast period 94
9.6.3 OTHERS 94
9.7 MEDICAL 97
9.7.1 DIALYSIS MACHINES 97
9.7.1.1 Growth of portable dialysis machines to fuel demand for SSR 97
9.7.2 MEDICAL STERILIZERS 97
9.7.2.1 SSR helps medical sterilizers to protect against irregularities in temperature and pressure 97
9.7.3 INCUBATORS 97
9.7.3.1 SSR market for incubators to grow at highest rate in medical 97

9.7.4 OTHERS 97
9.8 FOOD & BEVERAGES 100
9.8.1 OVENS 100
9.8.1.1 SSR provides protection to ovens against uncontrolled transients and overvoltage 100
9.8.2 COFFEE MAKERS & VENDING MACHINES 100
9.8.2.1 SSR provides protection against voltage fluctuation 100
9.8.3 OTHERS 100
10 GEOGRAPHIC ANALYSIS 104
10.1 INTRODUCTION 105
10.2 NORTH AMERICA 106
10.2.1 US 108
10.2.1.1 US expected to lead the market for SSR during forecast period 108
10.2.2 CANADA 108
10.2.2.1 Automotive in Canada to aid SSR market growth 108
10.2.3 MEXICO 109
10.2.3.1 SSR market in Mexico to grow at highest rate in North America 109
10.3 EUROPE 110
10.3.1 GERMANY 112
10.3.1.1 Germany to hold largest market size of SSR in Europe 112
10.3.2 UK 112
10.3.2.1 Industrial automation in UK to fuel SSR market 112
10.3.3 FRANCE 112
10.3.3.1 Energy & infrastructure in France to play major role in SSR market growth 112
10.3.4 REST OF EUROPE 113
10.4 APAC 114
10.4.1 CHINA 116
10.4.1.1 China to hold largest size of SSR market in APAC 116
10.4.2 JAPAN 116
10.4.2.1 Robotics in Japan to support SSR market growth 116
10.4.3 REST OF APAC 117
10.5 ROW 117
10.5.1 SOUTH AMERICA 119
10.5.1.1 South America to lead SSR market in RoW 119
10.5.2 MIDDLE EAST 119
10.5.2.1 Building equipment in Middle East to support SSR market growth 119

11 COMPETITIVE LANDSCAPE 120
11.1 OVERVIEW 120
11.2 RANKING OF PLAYERS IN SOLID STATE RELAY MARKET 121
11.3 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 122
11.3.1 VISIONARIES 122
11.3.2 INNOVATORS 122
11.3.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 122
11.3.4 EMERGING COMPANIES 122
11.4 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO 124
11.5 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE 125
11.6 COMPETITIVE SITUATIONS & TRENDS 126
11.6.1 PRODUCT LAUNCHES 127
11.6.2 ACQUISITIONS 128
11.6.3 AGREEMENTS 128
11.6.4 EXPANSIONS 128
12 COMPANY PROFILES 129
(Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1 KEY PLAYERS 129
12.1.1 CARLO GAVAZZI 129
12.1.2 OMRON CORPORATION 132
12.1.3 VISHAY INTERTECHNOLOGY 135
12.1.4 CRYDOM 138
12.1.5 OMEGA ENGINEERING 140
12.1.6 BROADCOM 142
12.1.7 FUJITSU 145
12.1.8 ROCKWELL AUTOMATION 147
12.1.9 ANACON ELECTRONIC SALES 149
12.1.10 CELDUC RELAIS 150
12.1.11 IXYS INTEGRATED CIRCUITS DIVISION 152
12.1.12 TELEDYNE RELAYS 154
12.2 OTHER KEY PLAYERS 155
12.2.1 AMETEK 155
12.2.2 ARICO TECHNOLOGY 155
12.2.3 CONNECTWELL INDUSTRIES 156
12.2.4 EATON 156
12.2.5 EMTECH SOLUTIONS 157
12.2.6 PANASONIC 157
12.2.7 PHOENIX CONTACT 158
12.2.8 TE CONNECTIVITY 158
*Details on Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
13 APPENDIX 159
13.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 159
13.2 DISCUSSION GUIDE 159
13.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 162
13.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 164
13.5 RELATED REPORTS 164
13.6 AUTHOR DETAILS 165

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ソリッドステートリレーの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-3675
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ソリッドステートリレーの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スマート空港システムの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、スマート空港システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート空港システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血栓症(Thrombosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血栓症(Thrombosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血栓症(Thrombosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血栓症(Thrombosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・血栓症(Thrombosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・血栓症(Thrombosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血栓症(Thrombosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血栓症(Thrombosis)治療薬剤
  • 関節鏡検査の世界市場分析:製品別(電動シェーバーシステム、視覚化システム、流体管理システム、アブレーションシステム、関節鏡、関節鏡インプラント、アクセサリー、使い捨て製品)、用途別(臀部、膝、肩、足と足首、手と手首、肘、スポーツ傷害)、セグメント予測
    本調査レポートでは、関節鏡検査の世界市場について調査・分析し、関節鏡検査の世界市場動向、関節鏡検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別関節鏡検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))の概要 ・爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の爪真菌症(爪白癬)(Onychomycosis (Tinea Unguium))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • ナノ ワイヤー電池の世界市場予測(~2026年)
    当調査レポートでは、ナノ ワイヤー電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、材料種類別(シリコン、ゲルマニウム、遷移金属酸化物、金)分析、産業別(家電、自動車、航空、エネルギー、医療機器)分析、ナノ ワイヤー電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ナノ ワイヤーの世界市場規模が2019年53百万ドルから2026年243百万ドルまで年平均35.7%成長すると予測しています。
  • 遺伝子治療の世界市場:研究開発および売上予測2016-2026
    当調査レポートでは、遺伝子治療の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・遺伝子治療の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・遺伝子治療の世界市場:疾患別市場分析 ・遺伝子治療の研究開発パイプライン分析・予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • イースト成分の世界市場:種類別(抽出物、自己融解物、ベータグルカン、誘導体)、用途別(食品、餌)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、イースト成分の世界市場について調査・分析し、イースト成分の世界市場動向、イースト成分の世界市場規模、市場予測、セグメント別イースト成分市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ギリシャの外傷固定装置市場見通し
  • 再生ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場:製品別(透明、着色)、最終用途別(繊維、シート・フィルム、梱包材、飲食料品用容器・ボトル)、セグメント別予測
    本調査レポートでは、再生ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場について調査・分析し、再生ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場動向、再生ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場規模、市場予測、セグメント別再生ポリエチレンテレフタレート(PET)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 光学イメージングの世界市場:OCT(光干渉断層撮影)、NIRS(近赤外分光法)、HSI(ハイパースペクトルイメージング)、PAT(光音響トモグラフィー)
    当調査レポートでは、光学イメージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、製品別分析、治療分野別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スパ向けマスレンジ・ミッドレンジ家具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スパ向けマスレンジ・ミッドレンジ家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパ向けマスレンジ・ミッドレンジ家具の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 分散型制御システム(DCS)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、分散型制御システム(DCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、産業別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの体外式除細動器市場(~2021)
  • 硫化亜鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、硫化亜鉛 の世界市場について調査・分析し、硫化亜鉛 の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別硫化亜鉛 シェア、市場規模推移、市場規模予測、硫化亜鉛 種類別分析()、硫化亜鉛 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・硫化亜鉛 の市場概観 ・硫化亜鉛 のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・硫化亜鉛 のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・硫化亜鉛 の世界市場規模 ・硫化亜鉛 の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・硫化亜鉛 のアメリカ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のカナダ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のメキシコ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・硫化亜鉛 のドイツ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のイギリス市場規模推移 ・硫化亜鉛 のロシア市場規模推移 ・硫化亜鉛 のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・硫化亜鉛 の日本市場規模推移 ・硫化亜鉛 の中国市場規模推移 ・硫化亜鉛 …
  • 熱可塑性エラストマー(TPE)の世界市場2017-2021:スチレン系、ポリオレフィンブレンド・合金、TPU、TPV、熱可塑性コポリエステル、熱可塑性ポリアミド
    当調査レポートでは、熱可塑性エラストマー(TPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、熱可塑性エラストマー(TPE)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)のフェーズ3治験薬の状況 ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)治療薬の市場規模(販売予測) ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)治療薬剤
  • 造影剤の世界市場予測(~2022年):ヨード造影剤、ガドリニウム、バリウム、マイクロバブル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、造影剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、造影剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ケータリングサービスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ケータリングサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケータリングサービス市場規模、サービス型別(契約型ケータリングサービス、コンセッション型ケータリングサービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ケータリングサービスの世界市場概要 ・ケータリングサービスの世界市場環境 ・ケータリングサービスの世界市場動向 ・ケータリングサービスの世界市場規模 ・ケータリングサービスの世界市場:業界構造分析 ・ケータリングサービスの世界市場:サービス型別(契約型ケータリングサービス、コンセッション型ケータリングサービス) ・ケータリングサービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ケータリングサービスの北米市場規模・予測 ・ケータリングサービスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ケータリングサービスのアジア太平洋市場規模・予測 ・ケータリングサービスの主要国分析 ・ケータリングサービスの世界市場:意思決定フレー …
  • 嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場予測
  • 食品保存剤の世界市場
    当調査レポートでは、食品保存剤の世界市場について調査・分析し、食品保存剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 配電変圧器の世界市場2016:市場規模、競争状況、主要国分析、予測
  • 指揮統制システムの世界市場:プラットフォーム別(陸軍、空軍、海軍)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、指揮統制システムの世界市場について調査・分析し、指揮統制システムの世界市場動向、指揮統制システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別指揮統制システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 皮膚美容の世界市場:ボトックス、ダーマルフィラー(皮膚充填剤)
    当調査レポートでは、皮膚美容の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、皮膚美容の世界市場規模及び予測、製品別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の光複合架空地線(OPGW)市場2016
    本調査レポートでは、世界の光複合架空地線(OPGW)市場2016について調査・分析し、光複合架空地線(OPGW)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル技術の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ウェアラブル技術の世界市場について調査・分析し、ウェアラブル技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ウェアラブル技術の世界市場:市場動向分析 ・ウェアラブル技術の世界市場:競争要因分析 ・ウェアラブル技術の世界市場:技術別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の世界市場:製品別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の世界市場:スマートテキスタイル別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ウェアラブル技術の北米市場規模・分析 ・ウェアラブル技術の欧州市場・分析 ・ウェアラブル技術のアジア市場・分析 ・ウェアラブル技術の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 商用車用ターボチャージャーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用車用ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用ターボチャージャーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 飲料パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、飲料パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・飲料パッケージングの世界市場:材料別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・飲料パッケージングのアメリカ市場規模予測 ・飲料パッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・飲料パッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の創傷閉鎖用ストリップ市場2015
    本調査レポートでは、世界の創傷閉鎖用ストリップ市場2015について調査・分析し、創傷閉鎖用ストリップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 病院用ベッドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、病院用ベッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、病院用ベッドの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • D2アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるD2アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・D2アゴニスト(作動薬)の概要 ・D2アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のD2アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D2アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D2アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 高性能電動オートバイの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、高性能電動オートバイの世界市場について調べ、高性能電動オートバイの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、高性能電動オートバイの市場規模をセグメンテーション別(種類別(ストリート、オフロード)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は高性能電動オートバイの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均35%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・高性能電動オートバイの市場状況 ・高性能電動オートバイの市場規模 ・高性能電動オートバイの市場予測 ・高性能電動オートバイの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(ストリート、オフロード) ・高性能電動オートバイの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界の湿度センサ市場2016
    本調査レポートでは、世界の湿度センサ市場2016について調査・分析し、湿度センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスタービンMRO(メンテナンス・修理・オーバーホール)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ガスタービンMRO(メンテナンス・修理・オーバーホール)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガスタービンMRO(メンテナンス・修理・オーバーホール)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はガスタービンMRO(メンテナンス・修理・オーバーホール)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAnsaldo Energia、GE、KHI、MHPS、Siemens等です。
  • 対話型システムの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、対話型システムの世界市場について調べ、対話型システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、対話型システムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(テキスト、音声)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は対話型システムの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均29%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・対話型システムの市場状況 ・対話型システムの市場規模 ・対話型システムの市場予測 ・対話型システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(テキスト、音声) ・対話型システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • コンタクト・プローバの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コンタクト・プローバの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンタクト・プローバの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用コンビネーションスチームオーブンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、家庭用コンビネーションスチームオーブンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用コンビネーションスチームオーブンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ソマトスタチン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるソマトスタチン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ソマトスタチン受容体アゴニストの概要 ・ソマトスタチン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のソマトスタチン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ソマトスタチン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ソマトスタチン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高温超伝導(HTS)ワイヤの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 土壌水分センサーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、土壌水分センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、土壌水分センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 卵管がん治療法の世界市場:標的療法、化学療法
    Technavio社の本調査レポートでは、卵管がん治療法の世界市場について調べ、卵管がん治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、卵管がん治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は卵管がん治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・卵管がん治療法の市場状況 ・卵管がん治療法の市場規模 ・卵管がん治療法の市場予測 ・卵管がん治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(標的療法、化学療法) ・卵管がん治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ガラス状タイルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ガラス状タイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラス状タイルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシティの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートシティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートシティ市場規模、用途別(スマートガバナンス(行政)・教育、スマートエネルギー、スマート医療、スマートセキュリティ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, Alphabet, Cisco Systems, IBM, Microsoft, Oracleなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートシティの世界市場概要 ・スマートシティの世界市場環境 ・スマートシティの世界市場動向 ・スマートシティの世界市場規模 ・スマートシティの世界市場:業界構造分析 ・スマートシティの世界市場:用途別(スマートガバナンス(行政)・教育、スマートエネルギー、スマート医療、スマートセキュリティ、その他) ・スマートシティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートシティの北米市場規模・予測 ・スマートシティのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スマートシティ …
  • 中国の高級自動車市場2015
    本調査レポートでは、中国の高級自動車市場2015について調査・分析し、高級自動車の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベータ2受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータ2受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータ2受容体アンタゴニストの概要 ・ベータ2受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のベータ2受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータ2受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータ2受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 光ファイバ通信用コリメーターレンズアセンブリの世界市場予測2015-2021
  • 3Dバイオプリンティングの世界市場予測(~2021):技術別(マイクロ押出し、インクジェット、レーザー、磁気)、材料別(細胞、ヒドロゲル、細胞外基質、生体材料)、用途別(臨床(骨、軟骨、皮膚)、研究(再生医学))
    当調査レポートでは、3Dバイオプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、3Dバイオプリンティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の細胞分離市場:エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートは細胞分離の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(学術機関及び研究所、製薬及びバイオテクノロジー企業、病院及び臨床検査室)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・細胞分離の世界市場:エンドユーザー別(学術機関及び研究所、製薬及びバイオテクノロジー企業、病院及び臨床検査室) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場について調べ、発光ダイオード(LED)グローライトの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、発光ダイオード(LED)グローライトの市場規模をセグメンテーション別(用途別(商業温室、垂直農業、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は発光ダイオード(LED)グローライトの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均25%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場状況 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場規模 ・発光ダイオード(LED)グローライトの市場予測 ・発光ダイオード(LED)グローライトの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(商業温室、垂直農業、その他) ・発光ダイオード(LED)グローライトの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • データセンター用電源の世界市場2016-2020:UPS、PDU、エネルギーストレージ、切換スイッチ・スイッチギア、発電機
    当調査レポートでは、データセンター用電源の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター用電源の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 日本の微生物培養市場動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"