"レポーター遺伝子アッセイの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT-6990)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"レポーター遺伝子アッセイの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The reporter gene assays market is projected to grow at a CAGR of 10.1%.”The reporter gene assays market is expected to reach USD 2.6 billion by 2024 from an estimated USD 1.6 billion in 2018, at a CAGR of 10.1%. Growth in this market is driven by increasing funding for cell-based research, the growing applications of gene expression, and a rising preference for cell-based assays. However, the high cost of cell biology research is expected to restrain the growth of this market to a certain extent during the forecast period.

By end user, the academic and research institutes segment is projected to have the largest market share during the forecast period (2019–2024).”
On the basis of end user, the reporter gene assays market is segmented into academic and research institutes, pharmaceutical and biotechnology companies, hospital and diagnostic laboratories, and contract research organizations. The academic and research institutes segment is expected to account for the largest share in 2019. The large share of this end-user segment can be attributed to the increasing government initiatives towards drug discovery and life science R&D activities.

“The cell signaling segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
On the basis of application, the reporter gene assays market is segmented into gene regulation, protein interaction, cell signaling pathways, and promotor structural & functional analysis. The cell signaling applications segment is expected to witness the highest CAGR owing to its importance in several cellular functionalities such as cell differentiation, cell fate determination, and cell growth, and advanced applications of cell signaling in life science sectors such as biotechnology, molecular biology, and microbiology.

“APAC is projected to witness the highest growth during the forecast period.”
North America is expected to account for the largest share of the global reporter gene assays market in 2019. On the other hand, the APAC region is expected to witness the highest CAGR during the forecast period, owing to the large population in China and India, rising geriatric population, and increasing incidence of chronic diseases. Also, owing to the high growth opportunities in the APAC region, many manufacturers are expanding their global manufacturing bases to this region. With their low-cost manufacturing advantage, China and India are regarded as the most profitable manufacturing and R&D locations by manufacturers.

The breakdown of primary participants was as mentioned below:
• By Company Type: Tier 1–35%, Tier 2–45%, and Tier 3–20%
• By Designation: C-level–35%, Director Level–25%, and Others–40%
• By Region: North America–45%, Europe–20%, Asia Pacific–30%, and RoW–5%

The prominent players in the global reporter gene assays market are Merck KGaA (Germany), Thermo Fisher Scientific (US), Promega Corporation (US), Abcam plc (UK), PerkinElmer (US), Danaher Corporation (US), Becton, Dickinson and Company (US), Bio-Rad Laboratories (US), Geno Technology (US), GeneCopoeia, Inc. (US), InvivoGen (France), PromoCell (Germany), and Biotium (US).

Research Coverage:
The report analyzes the various reporter gene assays products and their adoption pattern. It aims at estimating the market size and future growth potential of the global reporter gene assays market for different segments such as products, applications, end users, and regions. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one or any combination of the below-mentioned five strategies for strengthening the market.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the global reporter gene assays market
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the global reporter gene assays market
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging regions by product, application, end user, and region
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the global reporter gene assays market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, and products of leading players in the global reporter gene assays market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"レポーター遺伝子アッセイの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 17
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 17
1.2 MARKET DEFINITION 17
1.3 MARKET SCOPE 17
1.3.1 MARKETS COVERED 18
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 19
1.4 CURRENCY 19
1.5 LIMITATIONS 19
1.6 STAKEHOLDERS 20
2 RESEARCH METHODOLOGY 21
2.1 RESEARCH DATA 21
2.1.1 SECONDARY DATA 21
2.1.1.1 Key data from secondary sources 22
2.1.2 PRIMARY DATA 22
2.1.2.1 Key data from primary sources 24
2.1.2.2 Break down of primary sources 24
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 25
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 26
2.4 MARKET SHARE ESTIMATION 27
2.5 ASSUMPTIONS FOR THE STUDY 27
3 EXECUTIVE SUMMARY 28
4 PREMIUM INSIGHTS 32
4.1 REPORTER GENE ASSAYS: MARKET OVERVIEW 32
4.2 REPORTER GENE ASSAYS MARKET: GEOGRAPHIC OVERVIEW (2018) 33
4.3 REGIONAL MIX: REPORTER GENE ASSAYS MARKET (2019–2024) 34
4.4 REPORTER GENE ASSAYS MARKET: DEVELOPED VS. DEVELOPING MARKETS 34
5 MARKET OVERVIEW 35
5.1 INTRODUCTION 35
5.2 MARKET DYNAMICS 35
5.2.1 DRIVERS 36
5.2.1.1 Increasing funding for cell-based research 36
5.2.1.2 Growing applications of gene expression 36
5.2.1.3 Rising preference for cell-based assays 37

5.2.2 RESTRAINT 37
5.2.2.1 High cost of cell biology research 37
5.2.3 OPPORTUNITIES 38
5.2.3.1 Emerging countries 38
5.2.3.2 Increasing demand for personalized medicine 38
6 REPORTER GENE ASSAYS MARKET, BY PRODUCT 40
6.1 INTRODUCTION 41
6.2 ASSAY KITS 42
6.2.1 LUCIFERASE ASSAY KITS 43
6.2.1.1 Luciferase assays dominate the assay kits market 43
6.2.2 FLUORESCENT PROTEIN-RELATED ASSAY KITS 45
6.2.2.1 Fluorescent reporter proteins are useful in studying cellular events 45
6.2.3 SECRETED EMBRYONIC ALKALINE PHOSPHATASE ASSAY KITS 46
6.2.3.1 Advantages of SEAP assays over luciferase and CAT counterparts have supported the growth of this segment 46
6.2.4 CHLORAMPHENICOL ACETYLTRANSFERASE ASSAY KITS 47
6.2.4.1 A CAT assay is a standard method for assessing promotor expression in transfected cell lines 47
6.2.5 BETA-GALACTOSIDASE ASSAY KITS 48
6.2.5.1 Ease of use and rapidity of these assays have contributed to their overall demand 48
6.2.6 BETA-GLUCURONIDASE ASSAY KITS 49
6.2.6.1 GUS reporter assays are mainly used for plant gene expression research 49
6.2.7 OTHER ASSAY KITS 50
6.3 REAGENTS 51
6.3.1 INCREASING DEMAND FOR HIGH-QUALITY REAGENTS IN BIOSCIENCES AND BIOTECHNOLOGY HAS DRIVEN REAGENT USE 51
7 REPORTER GENE ASSAYS MARKET, BY APPLICATION 52
7.1 INTRODUCTION 53
7.2 CELL SIGNALING PATHWAYS 54
7.2.1 CELL SIGNALING PATHWAYS IS THE LARGEST APPLICATION SEGMENT OF THE REPORTER GENE ASSAYS MARKET 54
7.3 PROMOTER STRUCTURAL AND FUNCTIONAL ANALYSIS 55
7.3.1 REPORTER GENE ASSAYS ALLOW FOR THE FUNCTIONAL IDENTIFICATION AND CHARACTERIZATION OF PROMOTER AND ENHANCER ELEMENTS 55
7.4 GENE REGULATION 56
7.4.1 REPORTER GENE ASSAYS ACTS AS POWERFUL TOOLS IN ANALYZING GENE REGULATIONS 56
7.5 PROTEIN INTERACTION 58
7.5.1 REPORTER GENE ASSAYS ARE USED FOR THE IDENTIFICATION AND QUANTITATIVE ANALYSIS OF PROTEIN-PROTEIN INTERACTION 58
8 REPORTER GENE ASSAYS MARKET, BY END USER 60
8.1 INTRODUCTION 61
8.2 ACADEMIC & RESEARCH INSTITUTES 62
8.2.1 ACADEMIC & RESEARCH INSTITUTES ARE THE LARGEST END USERS OF THE REPORTER GENE ASSAYS MARKET 62
8.3 PHARMACEUTICAL & BIOTECHNOLOGY COMPANIES 63
8.3.1 INCREASING NUMBER OF R&D ACTIVITIES TO DRIVE THE MARKET GROWTH FOR PHARMACEUTICAL & BIOTECHNOLOGY COMPANIES 63
8.4 CONTRACT RESEARCH ORGANIZATIONS (CROS) 64
8.4.1 CROS TO PROVIDE AFFORDABLE OUTLETS FOR COMPANIES AND ACADEMIA TO PURSUE NEW MEDICINES 64
8.5 HOSPITAL & DIAGNOSTIC LABORATORIES 65
8.5.1 HIGH PREVALENCE OF CHRONIC DISEASES TO DRIVE THE MARKET GROWTH AMONG HOSPITAL & DIAGNOSTIC LABORATORIES 65
9 REPORTER GENE ASSAYS MARKET, BY REGION 67
9.1 INTRODUCTION 68
9.2 NORTH AMERICA 69
9.2.1 US 73
9.2.1.1 US dominates the North American reporter gene assays market 73
9.2.2 CANADA 76
9.2.2.1 Canada to witness the highest growth in the North American market primarily due to the increasing research activities 76
9.3 EUROPE 79
9.3.1 GERMANY 83
9.3.1.1 Favorable funding scenario to support market growth in Germany 83
9.3.2 FRANCE 86
9.3.2.1 Increasing government investments in proteomics & genomics research to drive market growth 86
9.3.3 UK 88
9.3.3.1 Surge in the prevalence of cancer and neurological disorders is driving the adoption of reporter gene assays 88
9.3.4 ITALY 91
9.3.4.1 Growing proteomics and genomics research to drive the growth of the reporter gene assays market in Italy 91
9.3.5 SPAIN 93
9.3.5.1 Increasing private and public funding for cell-based research and the presence of a strong R&D infrastructure to drive market growth 93
9.3.6 REST OF EUROPE 96

9.4 ASIA PACIFIC 98
9.4.1 CHINA 102
9.4.1.1 China to register the highest growth in the global reporter gene assays market, primarily due to the large R&D investments in the country 102
9.4.2 JAPAN 105
9.4.2.1 Increasing incidence of chronic diseases and growing geriatric population to drive market growth 105
9.4.3 INDIA 107
9.4.3.1 Expansion of pharmaceutical companies 107
9.4.4 REST OF ASIA PACIFIC 109
9.5 LATIN AMERICA 112
9.5.1 INCREASING NUMBER OF PROTEOMICS AND GENOMICS RESEARCH ACTIVITIES TO SUPPORT MARKET GROWTH IN THE REGION 112
9.6 MIDDLE EAST & AFRICA 114
9.6.1 SEVERAL LEADING GLOBAL PLAYERS ARE FOCUSING ON EXPANDING THEIR PRESENCE IN THE MEA REGION 114
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 117
10.1 OVERVIEW 117
10.2 MARKET SHARE ANALYSIS 117
10.2.1 MARKET SHARE ANALYSIS: REPORTER GENE ASSAYS MARKET 117
10.3 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 119
10.3.1 VISIONARY LEADERS 119
10.3.2 INNOVATORS 119
10.3.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 119
10.3.4 EMERGING COMPANIES 120
10.4 COMPETITIVE SITUATION AND TRENDS 121
10.4.1 EXPANSIONS 121
10.4.2 ACQUISITIONS 121
11 COMPANY PROFILES 123
(Introduction, Products & Services, Strategy, & Analyst Insights, Developments, MnM View)*
11.1 MERCK KGAA 123
11.2 THERMO FISHER SCIENTIFIC, INC. 127
11.3 PROMEGA CORPORATION 131
11.4 PERKINELMER 133
11.5 ABCAM PLC 136
11.6 BECTON, DICKINSON AND COMPANY 138
11.7 BIO-RAD LABORATORIES 140
11.8 DANAHER CORPORATION 142
11.9 BIOTIUM 144
11.10 PROMOCELL 146
11.11 INVIVOGEN 148
11.12 GENO TECHNOLOGY, INC. 149
11.13 GENECOPOEIA, INC. 150

*Details on MarketsandMarkets view, Introduction, Product & Services, Strategy, & Analyst Insights, New Developments might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 151
12.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 151
12.2 DISCUSSION GUIDE 152
12.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 156
12.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 158
12.5 RELATED REPORTS 159
12.6 AUTHOR DETAILS 160

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】レポーター遺伝子アッセイの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT-6990
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
レポーター遺伝子アッセイの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 地上型レーザスキャナの世界市場
    当調査レポートでは、地上型レーザスキャナの世界市場について調査・分析し、地上型レーザスキャナの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 幹細胞治療の世界市場:自己幹細胞治療、アロジェネイック幹細胞治療
  • 油田用特殊化学品の世界市場予測(~2023年):解乳化剤、阻害剤、捕捉剤、摩擦低減剤、レオロジーコントロール剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、油田用特殊化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(解乳化剤、阻害剤、捕捉剤、摩擦低減剤、レオロジーコントロール剤)別分析、用途別分析、地域別分析、油田用特殊化学品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラシレスDCモータの世界市場予測(~2021):種類別(インナーローター&アウターローター)、速度別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、ブラシレスDCモータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、速度別分析、需要先別分析、地域別分析、ブラシレスDCモータの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の有機過酸化物市場2015
    本調査レポートでは、世界の有機過酸化物市場2015について調査・分析し、有機過酸化物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のストーカボイラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のストーカボイラ市場2015について調査・分析し、ストーカボイラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の培養肉市場:製品別、地域別
    本調査レポートは培養肉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(牛肉、豚肉及び子羊、鳥肉)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・培養肉の世界市場:製品別(牛肉、豚肉及び子羊、鳥肉) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 航空宇宙用塗料の世界市場2017-2021:商用航空機、軍用航空機、一般航空機
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空宇宙用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空宇宙用塗料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は航空宇宙用塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Akzo Nobel、Hentzen Coatings、PPG Industries、Sherwin-Williams等です。
  • 殺虫剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、殺虫剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、殺虫剤市場規模、作物別(青果、穀物、その他)分析、ソース別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Bayer, DowDuPont, FMC Corporation, Syngentaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・殺虫剤の世界市場概要 ・殺虫剤の世界市場環境 ・殺虫剤の世界市場動向 ・殺虫剤の世界市場規模 ・殺虫剤の世界市場:業界構造分析 ・殺虫剤の世界市場:作物別(青果、穀物、その他) ・殺虫剤の世界市場:ソース別 ・殺虫剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・殺虫剤の北米市場規模・予測 ・殺虫剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・殺虫剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・殺虫剤の主要国分析 ・殺虫剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・殺虫剤の世界市場:成長要因、課題 ・殺虫剤の世界市場:競争環境 ・殺虫剤の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の自動車用エアフィルター市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用エアフィルター市場2016について調査・分析し、自動車用エアフィルターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:産業別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアの世界市場:地域別分析/市場規模 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアのアメリカ市場規模予測 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアのヨーロッパ市場規模予測 ・クラウドセキュリティ用ソフトウェアのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 商業用HVACの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商業用HVACの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商業用HVAC市場規模、用途別(機器、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、DAIKIN INDUSTRIES, Ingersoll-Rand, Johnson Controls, Lennox International, LG Electronics, United Technologies (Carrier)などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商業用HVACの世界市場概要 ・商業用HVACの世界市場環境 ・商業用HVACの世界市場動向 ・商業用HVACの世界市場規模 ・商業用HVACの世界市場:業界構造分析 ・商業用HVACの世界市場:用途別(機器、サービス) ・商業用HVACの世界市場:地域別市場規模・分析 ・商業用HVACの北米市場規模・予測 ・商業用HVACのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・商業用HVACのアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)の概要 ・悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・悪性中皮腫(Malignant Mesothelioma)治療薬の評価   - 単剤治療 …
  • 洗濯機の世界市場分析:製品別(全自動、半自動、乾燥機)、技術別(スマートコネクト、従来型)、容量別、エンドユーザー別、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、洗濯機の世界市場について調査・分析し、洗濯機の世界市場動向、洗濯機の世界市場規模、市場予測、セグメント別洗濯機市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の歯科用ソフトウェア市場予測2013-2027
    本調査レポートでは、世界の歯科用ソフトウェア市場について調査・分析し、世界の歯科用ソフトウェア市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 医療情報交換(HIE)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、医療情報交換(HIE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、導入方式別分析、アプリケーション別分析、ソリューション別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の液体包装用カートン市場2015
    本調査レポートでは、中国の液体包装用カートン市場2015について調査・分析し、液体包装用カートンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イオン交換クロマトグラフィーの世界市場:装置、試薬
    当調査レポートでは、イオン交換クロマトグラフィーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、イオン交換クロマトグラフィーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマルチメディアチップセット市場2015
    本調査レポートでは、世界のマルチメディアチップセット市場2015について調査・分析し、マルチメディアチップセットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Beta-1受容体作動薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBeta-1受容体作動薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Beta-1受容体作動薬の概要 ・Beta-1受容体作動薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のBeta-1受容体作動薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Beta-1受容体作動薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Beta-1受容体作動薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ソリッドステートクーリングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ソリッドステートクーリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(冷凍システムおよび冷却システム)分析、種類別(シングルステージ、マルチステージ、およびサーモサイクラー)分析、エンドユーザー産業別(自動車、半導体および電子機器、ヘルスケア、消費者)分析、ソリッドステートクーリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ソリッドステートクーリングの世界市場規模が2019年395百万ドルから2024年641百万ドルまで年平均10.2%成長すると予測しています。
  • 装甲材の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、装甲材の世界市場について調査・分析し、装甲材の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 装甲材の世界市場:市場動向分析 - 装甲材の世界市場:競争要因分析 - 装甲材の世界市場:用途別 ・一般市民用 ・航空宇宙用 ・艦艇用 ・車両用 ・ボディ用 ・その他 - 装甲材の世界市場:製品タイプ別 ・超高分子量ポリエチレン ・セラミック ・パラアミド繊維 ・金属・合金 ・ガラス繊維 ・複合材 ・その他 - 装甲材の世界市場:主要地域別分析 - 装甲材の北米市場規模(アメリカ市場等) - 装甲材のヨーロッパ市場規模 - 装甲材のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・装甲材の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • インキ用添加剤の世界市場予測(~2021年):レオロジー調整剤、スリップ剤/ラブ剤、消泡剤、分散剤
    当調査レポートでは、インキ用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、インキ用添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進航空宇宙材料の世界市場予測2019-2024
    「先進航空宇宙材料の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、プライマー、溶媒、セラミックス塗装など、用途別には、Commercial、General Business、Militaryなどに区分してまとめた調査レポートです。先進航空宇宙材料のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・先進航空宇宙材料の世界市場概要(サマリー) ・先進航空宇宙材料の企業別販売量・売上 ・先進航空宇宙材料の企業別市場シェア ・先進航空宇宙材料の世界市場規模:種類別(プライマー、溶媒、セラミックス塗装) ・先進航空宇宙材料の世界市場規模:用途別(Commercial、General Business、Military) ・先進航空宇宙材料の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・先進航空宇宙材料のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・先進航空宇宙材料の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど …
  • 機能性食品の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、機能性食品の世界市場について調査・分析し、機能性食品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 機能性食品市場の概要および「スーパーフード」の動向 3. 機能性食品の世界市場予測 2016-2026 4. 主要な機能性食品2次市場予測 2016-2026 5. 地域別機能性食品市場予測 2016-2026 6. 主要国の機能性食品市場予測 2016-2026 7. 主要機能性食品企業 8. 専門家の意見 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • 赤痢菌検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 企業用モバイルアプリケーションの世界市場予測:会計&ファイナンス、ERP、コミュニケーション&コラボレーション、CRM
    当調査レポートでは、企業用モバイルアプリケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア別分析、オペレーティングシステム別分析、アプリケーション種類別分析、企業規模別分析、企業用モバイルアプリケーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 狙撃探知システムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、狙撃探知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(商業、防衛)分析、設置別(固定施設、車載、軍人装着)分析、システム別(室内、室外)分析、ソリューション別(システム、 SaaS)分析、狙撃探知システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • DIY製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、DIY製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、DIY製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用通信システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、航空機用通信システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機用通信システム市場規模、製品別(VHF/UHF/L帯域、短波通信、データリンク、衛星通信(SATCOM)、その他)分析、航空機別(軍用機、ヘリコプター、宇宙船、商用機)分析、コンポーネント別(応答装置、トランシーバー、アンテナ、送信機、受信機、ディスプレイ・処理装置、その他)分析、流通経路別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 航空機用通信システムの世界市場:市場動向分析 ・ 航空機用通信システムの世界市場:競争要因分析 ・ 航空機用通信システムの世界市場:製品別(VHF/UHF/L帯域、短波通信、データリンク、衛星通信(SATCOM)、その他) ・ 航空機用通信システムの世界市場:航空機別(軍用機、ヘリコプター、宇宙船、商用機) ・ 航空機用通信システムの世界市場:コンポーネント別(応答装置、トランシーバー、アンテナ、送 …
  • トルコの心臓律動管理装置市場見通し
  • 高級車用アンビエント照明システムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、高級車用アンビエント照明システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高級車用アンビエント照明システム市場規模、用途別(役員用高級車、超高級車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高級車用アンビエント照明システムの世界市場概要 ・高級車用アンビエント照明システムの世界市場環境 ・高級車用アンビエント照明システムの世界市場動向 ・高級車用アンビエント照明システムの世界市場規模 ・高級車用アンビエント照明システムの世界市場:業界構造分析 ・高級車用アンビエント照明システムの世界市場:用途別(役員用高級車、超高級車) ・高級車用アンビエント照明システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・高級車用アンビエント照明システムの北米市場規模・予測 ・高級車用アンビエント照明システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高級車用アンビエント照明システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・高級車用アンビエント照明システムの …
  • 世界の家庭用除湿器市場2015
    本調査レポートでは、世界の家庭用除湿器市場2015について調査・分析し、家庭用除湿器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グルコン酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、グルコン酸の世界市場について調査・分析し、グルコン酸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別グルコン酸シェア、市場規模推移、市場規模予測、グルコン酸種類別分析()、グルコン酸用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・グルコン酸の市場概観 ・グルコン酸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・グルコン酸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・グルコン酸の世界市場規模 ・グルコン酸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・グルコン酸のアメリカ市場規模推移 ・グルコン酸のカナダ市場規模推移 ・グルコン酸のメキシコ市場規模推移 ・グルコン酸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・グルコン酸のドイツ市場規模推移 ・グルコン酸のイギリス市場規模推移 ・グルコン酸のロシア市場規模推移 ・グルコン酸のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・グルコン酸の日本市場規模推移 ・グルコン酸の中国市場規模推移 ・グルコン …
  • 航空交通管理(ATM)の世界市場
    当調査レポートでは、航空交通管理(ATM)の世界市場について調査・分析し、航空交通管理(ATM)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 航空交通管理(ATM)の世界市場:市場動向分析 - 航空交通管理(ATM)の世界市場:競争要因分析 - 航空交通管理(ATM)の世界市場:システム別 ・ソフトウェア ・ハードウェア - 航空交通管理(ATM)の世界市場:用途別 ・自動化&シミュレーション ・通信 ・ナビゲーション ・監視 - 航空交通管理(ATM)の世界市場:投資の種類別 ・グリーンフィールド ・ブラウンフィールド - 航空交通管理(ATM)の世界市場:領域別 ・航空情報管理(AIM) ・航空交通管制(ATC) ・航空交通流管理(ATFM) - 航空交通管理(ATM)の世界市場:空港のクラス別 ・クラスA ・クラスB ・クラスC ・クラスD ・その他 - 航空交通管理(ATM)の世界市場:主要地域別分析 - 航空交通管理(ATM)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 航空交通管理(ATM)のヨーロッパ市 …
  • 緑内障治療薬の世界市場2017-2021:プロスタグランジン類似体、ベータ遮断薬、アルファ作動薬、炭酸脱水酵素阻害薬、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、緑内障治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、緑内障治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は緑内障治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.81%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Allergan、Pfizer、Novartis、Merck等です。
  • 歯科用診断・手術装置のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、歯科用診断・手術装置のヨーロッパ市場について調査・分析し、歯科用診断・手術装置のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • トランプ&ボードゲームの中国市場:トランプ、ボードゲーム
  • プラスチック製パレットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プラスチック製パレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック製パレットの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の課題、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 心臓バイオマーカーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、心臓バイオマーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓バイオマーカーの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は心臓バイオマーカーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.97%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、Alere、F. Hoffmann-La Roche等です。
  • 消化薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、消化薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、消化薬市場規模、用途別(IHR、下痢止め、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・消化薬の世界市場概要 ・消化薬の世界市場環境 ・消化薬の世界市場動向 ・消化薬の世界市場規模 ・消化薬の世界市場:業界構造分析 ・消化薬の世界市場:用途別(IHR、下痢止め、その他) ・消化薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・消化薬のアメリカ市場規模・予測 ・消化薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・消化薬のアジア市場規模・予測 ・消化薬の主要国分析 ・消化薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・消化薬の世界市場:成長要因、課題 ・消化薬の世界市場:競争環境 ・消化薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • レーザーマーキング装置の世界市場2017-2021:ファイバーレーザー、炭酸ガスレーザー、半導体レーザー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、レーザーマーキング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザーマーキング装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はレーザーマーキング装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.93%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCoherent、IPG Photonics、TRUMPF等です。
  • 無煙たばこの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、無煙たばこの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無煙たばこ市場規模、用途別(ディッピングたばこ、噛みたばこ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Altria Group, British American Tobacco, Imperial Brands, Japan Tobacco, PHILIP MORRIS INTERNATIONAL MANAGEMENT, Swedish Matchなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・無煙たばこの世界市場概要 ・無煙たばこの世界市場環境 ・無煙たばこの世界市場動向 ・無煙たばこの世界市場規模 ・無煙たばこの世界市場:業界構造分析 ・無煙たばこの世界市場:用途別(ディッピングたばこ、噛みたばこ、その他) ・無煙たばこの世界市場:地域別市場規模・分析 ・無煙たばこの北米市場規模・予測 ・無煙たばこのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・無煙たばこのアジア太平洋市場 …
  • 電線の世界市場:低圧電線、中圧電線、高圧電線
    当調査レポートでは、電線の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電線の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • キセノンライトの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キセノンライトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キセノンライトの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジャガイモ粉市場2016
    本調査レポートでは、世界のジャガイモ粉市場2016について調査・分析し、ジャガイモ粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IL-17受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-17受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-17受容体拮抗薬の概要 ・IL-17受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-17受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-17受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-17受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の赤外線式モーションセンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線式モーションセンサ市場2015について調査・分析し、赤外線式モーションセンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場:製品の種類別(窓用・ポータブルエアコン、セパレート式ミニエアコン、パッケージ式エアコン、チラー、エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット、マルチ空調システム(可変冷媒流量制御))、地域別予測
    本資料は、暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場について調べ、暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界規模、市場動向、市場環境、製品の種類別(窓用・ポータブルエアコン、セパレート式ミニエアコン、パッケージ式エアコン、チラー、エアハンドリングユニット・ファンコイルユニット、マルチ空調システム(可変冷媒流量制御))分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSamsung Electronics Co Ltd、Carrier、Johnson Controls International Plc、Lennox International Inc.、Daikin Industries Ltd.、Trane、LG Electronicsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場概要 ・暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場環境 ・暖房、換気、空調システム(HVAC)の世界市場動向 ・暖房、換気、空調シス …
  • 冷凍・冷蔵倉庫の北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、冷凍・冷蔵倉庫の北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷凍・冷蔵倉庫の北米市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 Technavio社は冷凍・冷蔵倉庫の北米市場が2017-2021年期間中に年平均13.39%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Americold• Lineage Logistics• Preferred Freezer Services• John Swire & Sons Pty等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"