"がん患者登録ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:HIT-6993)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"がん患者登録ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Cancer patient registry software market projected to grow at a CAGR of 10.4%”
The cancer patient registry software market is projected to reach USD 91 million by 2024 from USD 55 million in 2019, at a CAGR of 10.4%. Factors such as the growing prevalence of cancer, favorable government initiatives, rising adoption of EHRs, growing use of cancer patient registry data for post-marketing surveillance, and rising pressure to improve the quality of care and reduce healthcare costs are driving the growth of this market. However, privacy and data security-related concerns may restrain the growth of this market to a certain extent.

“The on-premise model segment accounted for the largest share of the cancer patient registry software market, by deployment model, in 2018”

Based on deployment model, the cancer patient registry software market is segmented into on-premise and cloud-based models. The on-premise model segment dominated this market in 2018 primarily due to the higher adoption of on-premise solutions among end users as a result of advantages such as high security, low risk of external attacks and data breaches, and control over software upgrades. Also, this model enables flexibility of the connection bandwidth—a very important feature in cases where a client is dealing with heavy data file transfers.

“Commercial databases accounted for the largest share of the cancer patient registry software market, by database type, in 2018”

Based on the type of database, the cancer patient registry software market is segmented into commercial and public databases. The commercial databases segment dominated this market in 2018 owing to the ease of expansion of these databases, which allows a large user base to access, add, or modify information simultaneously. Also, owing to the advantages offered by commercial databases, a large number of pharmaceutical and medical device companies are opting for these databases.

“The medical research & clinical studies segment to witness the highest growth in the cancer patient registry software market, by functionality, during the forecast period”

Based on functionality, the cancer patient registry software market is segmented into cancer reporting to meet state and federal regulations, patient care management, product outcome evaluation, and medical research & clinical studies. The ability of cancer registries to provide data complementary to that obtained from trials for supporting medical research and clinical studies is one of the major factors driving the demand for cancer patient registry software for medical research and clinical studies.

“North American market to witness high growth during the forecast period”

In 2018, North America was the largest regional market for cancer patient registry software. This market is also estimated to grow at a higher CAGR during the forecast period. The high growth of this regional market can be attributed to the high burden of cancer, government funding initiatives to encourage the development of cancer registries, high investments in healthcare IT, presence of major cancer registry software-developing players, and the high adoption rate of these solutions in the region.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 28%; Tier 2 – 19%; and Tier 3 – 53%
• By Designation: C-level – 51%; D-level – 28%; and Others – 21%
• By Region: North America – 70%; Europe – 30%
List of companies profiled in the report
• Elekta (Sweden)
• Electronic Registry Systems, Inc. (US)
• Onco, Inc. (US)
• C/NET Solutions (US)
• Rocky Mountain Cancer Data Systems (US)
• McKesson Corporation (US)
Research Coverage
This report aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments, such as type, deployment model, database, functionality, end user, and region. Furthermore, the report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.
Key Benefits of Buying the Report
This report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall cancer patient registry software market and its subsegments. Also, this report will help stakeholders to better understand the competitive landscape and gain more insights to better position their business and make suitable go-to-market strategies. It will also enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"がん患者登録ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 15
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 15
1.2 MARKET DEFINITION 15
1.3 MARKET SCOPE 15
1.3.1 MARKETS COVERED 16
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 16
1.4 CURRENCY 17
1.5 LIMITATIONS 17
1.6 STAKEHOLDERS 17
2 RESEARCH METHODOLOGY 18
2.1 RESEARCH DATA 18
2.1.1 SECONDARY SOURCES 19
2.1.1.1 Key data from secondary sources 19
2.1.2 PRIMARY SOURCES 20
2.1.2.1 Key data from primary sources 21
2.1.2.2 Key industry insights 22
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 23
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 25
2.4 ASSUMPTIONS FOR THE STUDY 26
3 EXECUTIVE SUMMARY 27
4 PREMIUM INSIGHT 31
4.1 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE: MARKET OVERVIEW 31
4.2 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY TYPE 32
4.3 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY DEPLOYMENT MODEL 32
4.4 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY DATABASE TYPE 33
4.5 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY FUNCTIONALITY 33
4.6 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY END USER 34

5 MARKET OVERVIEW 35
5.1 INTRODUCTION 35
5.2 MARKET DYNAMICS 35
5.2.1 MARKET DRIVERS 36
5.2.1.1 Growing prevalence of cancer and favorable government initiatives 36
5.2.1.2 Rising pressure to improve the quality of care and reduce healthcare costs 36
5.2.1.3 Rising adoption of EHRs 37
5.2.1.4 Growing use of cancer patient registry data for post-marketing surveillance 37
5.2.2 MARKET RESTRAINTS 37
5.2.2.1 Privacy and data security-related concerns 37
5.2.3 MARKET OPPORTUNITIES 38
5.2.3.1 Rising number of accountable care organizations 38
5.2.3.2 Growth of cloud-based cancer patient registry solutions 38
5.2.4 MARKET CHALLENGES 38
5.2.4.1 Lack of interoperability and integration 38
5.2.4.2 Reluctance to adopt advanced solutions 39
5.2.4.3 Lack of awareness 39
6 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY TYPE 40
6.1 INTRODUCTION 41
6.2 STANDALONE SOFTWARE 42
6.2.1 STANDALONE SOFTWARE ACCOUNTS FOR THE LARGEST SHARE OF THE MARKET 42
6.3 INTEGRATED SOFTWARE 44
6.3.1 ADVANTAGES SUCH AS FLEXIBILITY AND SAFETY ARE DRIVING THE ADOPTION OF INTEGRATED SOFTWARE 44
7 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY DEPLOYMENT MODEL 46
7.1 INTRODUCTION 47
7.2 ON-PREMISE MODELS 48
7.2.1 ON-PREMISE MODELS SEGMENT ACCOUNTED FOR THE LARGEST SHARE OF THE MARKET IN 2018 48
7.3 CLOUD-BASED MODELS 50
7.3.1 COST-EFFECTIVENESS AND FLEXIBILITY HAVE ENSURED THE GROWTH OF CLOUD-BASED MODELS 50

8 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY DATABASE TYPE 52
8.1 INTRODUCTION 53
8.2 COMMERCIAL DATABASES 54
8.2.1 COMMERCIAL DATABASES SEGMENT HOLD THE LARGEST SHARE IN THE CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET 54
8.3 PUBLIC DATABASES 56
8.3.1 PUBLIC DATABASES ARE USED FOR DATA COLLECTION FOR A SPECIFIC RESEARCH AGENDA 56
9 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY FUNCTIONALITY 58
9.1 INTRODUCTION 59
9.2 CANCER REPORTING TO MEET STATE AND FEDERAL REGULATIONS 60
9.2.1 STRINGENT AND RAPIDLY CHANGING STATE AND FEDERAL REGULATIONS FOR CANCER REPORTING TO DRIVE THE GROWTH OF THIS SEGMENT 60
9.3 PATIENT CARE MANAGEMENT 62
9.3.1 MARKET PLAYERS ARE EXPECTED TO FOCUS ON DEVELOPING SOLUTIONS DESIGNED WITH AUTOMATED PATIENT OUTREACH FACILITY FOR OPTIMUM PATIENT CARE MANAGEMENT 62
9.4 MEDICAL RESEARCH & CLINICAL STUDIES 64
9.4.1 SEVERAL RESEARCH ORGANIZATIONS ARE EXPECTED TO SUPPORT AND ENCOURAGE THE CREATION OF REGISTRIES FOR CLINICAL RESEARCH 64
9.5 PRODUCT OUTCOME EVALUATION 66
9.5.1 PRODUCT OUTCOME EVALUATION FUNCTIONALITY HAS MAJOR APPLICATIONS IN POST-MARKETING SURVEILLANCE IN THE PHARMACEUTICAL INDUSTRY 66
10 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY END USER 68
10.1 INTRODUCTION 69
10.2 GOVERNMENT ORGANIZATIONS & THIRD-PARTY ADMINISTRATORS 70
10.2.1 GROWING GOVERNMENT INITIATIVES TO DRIVE THE DEMAND FOR CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE IN THIS END-USER SEGMENT 70
10.3 HOSPITALS & MEDICAL PRACTICES 72
10.3.1 IMPROVED PATIENT CARE MANAGEMENT OFFERED BY CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE TO DRIVE ITS DEMAND IN HOSPITALS AND MEDICAL PRACTICES 72
10.4 PRIVATE PAYERS 74
10.4.1 ROLE OF CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE IN THE EFFECTIVE DETERMINATION OF HEALTHCARE COVERAGE POLICIES TO DRIVE ITS DEMAND AMONG PAYERS 74
10.5 PHARMACEUTICAL, BIOTECHNOLOGY, AND MEDICAL DEVICE COMPANIES 76
10.5.1 INCREASED NEED FOR POST-MARKETING SURVEILLANCE DRIVING THE DEMAND FOR CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE IN THIS END-USER SEGMENT 76
10.6 RESEARCH CENTERS 78
10.6.1 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MAKES IT EASIER FOR RESEARCH CENTERS TO GATHER RELEVANT INFORMATION ON CANCER PATIENTS 78
11 CANCER PATIENT REGISTRY SOFTWARE MARKET, BY REGION 80
11.1 INTRODUCTION 81
11.2 NORTH AMERICA 81
11.2.1 US 85
11.2.1.1 Rising adoption of EHRs and increased government funding to build cancer registries—key drivers for market growth 85
11.2.2 CANADA 88
11.2.2.1 Government initiatives to encourage cancer research and support data collection for cancer registries to contribute to market growth 88
11.3 EUROPE 91
11.3.1 UK 95
11.3.1.1 Initiatives to promote and develop cancer registration in the UK to drive the growth of this market 95
11.3.2 GERMANY 98
11.3.2.1 Growing incidence of cancer and ongoing research activities to drive demand for registry software 98
11.3.3 FRANCE 100
11.3.3.1 Growing emphasis on healthcare interoperability to drive the market for integrated cancer patient registry software in France 100
11.3.4 REST OF EUROPE (ROE) 103
12 COMPETITIVE LANDSCAPE 106
12.1 OVERVIEW 106
12.2 MARKET PLAYER RANKING 107
12.3 COMPETITIVE SITUATION AND TRENDS 108
12.3.1 PRODUCT ENHANCEMENTS 108
12.3.2 ACQUISITIONS 108
12.3.3 COLLABORATIONS 109
13 COMPANY PROFILES 110
(Introduction, Products & Services, Strategy, & Analyst Insights, Developments, MnM View)*
13.1 ONCO, INC. 110
13.2 C/NET SOLUTIONS 111
13.3 ELEKTA AB (PUB) 112
13.4 ROCKY MOUNTAIN CANCER DATA SYSTEMS 114
13.5 ELECTRONIC REGISTRY SYSTEMS, INC. 115
13.6 MCKESSON CORPORATION 116

*Details on MarketsandMarkets view, Introduction, Product & Services, Strategy, & Analyst Insights, New Developments might not be captured in case of unlisted companies.

14 APPENDIX 118
14.1 DISCUSSION GUIDE 118
14.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 121
14.3 RELATED REPORTS 123
14.4 AUTHOR DETAILS 124

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】がん患者登録ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】HIT-6993
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】ヘルスケアIT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
がん患者登録ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 窒化アルミニウムの世界市場
    当調査レポートでは、窒化アルミニウムの世界市場について調査・分析し、窒化アルミニウムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 窒化アルミニウムの世界市場:市場動向分析 - 窒化アルミニウムの世界市場:競争要因分析 - 窒化アルミニウムの世界市場:分類別 ・分析的な分類 ・技術的な分類 - 窒化アルミニウムの世界市場:用途別 ・航空システム ・防衛 ・排出制御 ・マイクロエレクトロニクス ・Naval Radio ・パワーエレクトロニクス ・その他 - 窒化アルミニウムの世界市場:種類別 ・直接窒化法 ・炭素熱還元法および窒化物形成法 - 窒化アルミニウムの世界市場:主要地域別分析 - 窒化アルミニウムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 窒化アルミニウムのヨーロッパ市場規模 - 窒化アルミニウムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・窒化アルミニウムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 家庭用電化製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、家庭用電化製品の世界市場について調査・分析し、家庭用電化製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別家庭用電化製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、家庭用電化製品種類別分析()、家庭用電化製品用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・家庭用電化製品の市場概観 ・家庭用電化製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・家庭用電化製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・家庭用電化製品の世界市場規模 ・家庭用電化製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・家庭用電化製品のアメリカ市場規模推移 ・家庭用電化製品のカナダ市場規模推移 ・家庭用電化製品のメキシコ市場規模推移 ・家庭用電化製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・家庭用電化製品のドイツ市場規模推移 ・家庭用電化製品のイギリス市場規模推移 ・家庭用電化製品のロシア市場規模推移 ・家庭用電化製品のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • ドイツの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 植物性ハンバーガーパティの世界市場2020-2024
    「植物性ハンバーガーパティの世界市場2020-2024」は、植物性ハンバーガーパティについて市場概要、市場規模、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・植物性ハンバーガーパティの世界市場:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 低電圧・中電圧スイッチギヤの世界市場2017-2021:GIS、AIS
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、低電圧・中電圧スイッチギヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低電圧・中電圧スイッチギヤの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は低電圧・中電圧スイッチギヤの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はABB、GE、Mitsubishi Electric、Schneider Electric、Siemens等です。
  • E系グリコールエーテルの世界市場予測:EGPE、EGBE、EGBEA
    当調査レポートでは、E系グリコールエーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、E系グリコールエーテルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Beta-1受容体作動薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるBeta-1受容体作動薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Beta-1受容体作動薬の概要 ・Beta-1受容体作動薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のBeta-1受容体作動薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Beta-1受容体作動薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Beta-1受容体作動薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • コミュニティカレッジのアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、コミュニティカレッジのアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コミュニティカレッジのアメリカ市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の超音波スケーラー市場2015
    本調査レポートでは、中国の超音波スケーラー市場2015について調査・分析し、超音波スケーラーの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場予測(~2022年):単層カーボンナノチューブ、多層カーボンナノチューブ
    当調査レポートでは、カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、方法別分析、用途別分析、地域別分析、カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の概要 ・急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の急性細菌性副鼻腔炎(Acute Bacterial Sinusitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・急性細菌性副鼻腔炎 …
  • 三相UPS(無停電電源装置)の世界市場:タイプ別(フライホイール、バッテリーシステム)、エンドユーザー別(工業部門、データセンター)、地域別予測
    本資料は、三相UPS(無停電電源装置)の世界市場について調べ、三相UPS(無停電電源装置)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(フライホイール、バッテリーシステム)分析、エンドユーザー別(工業部門、データセンター)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはABB、Eaton、General Electric、Schneider Electric、Vertiv、Active Power、AEG power Solution、BENNING POWER SOLUTIONS、Borri、Caterpillar、Cyber Power Systems、Falcon Electric、Fuji Electric、Gamatronic、Mitsubishi Electric、NUMERIC、Riello Power India、Uninterruptible Power Supplies (UPS)などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・三相UPS(無停電電源 …
  • ソーシャルメディア分析の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ソーシャルメディア分析の世界市場について調査・分析し、ソーシャルメディア分析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ソーシャルメディア分析の世界市場:市場動向分析 - ソーシャルメディア分析の世界市場:競争要因分析 - ソーシャルメディア分析の世界市場:分析タイプ別 ・診断的分析 ・予測分析 ・記述的分析 ・処方的分析 - ソーシャルメディア分析の世界市場: 導入形態別 ・クラウド ・オンプレミス - ソーシャルメディア分析の世界市場:コンポーネント別 ・サービス ・ソフトウェア - ソーシャルメディア分析の世界市場:用途別 ・顧客経験管理 ・競合情報分析 ・販売・マーケティング管理 ・公衆安全、法執行機関 ・リスク管理、不正検出 ・その他の用途 - ソーシャルメディア分析の世界市場:ソリューション別 ・意味抽出 ・データ集約 ・スマートフィルタリング ・コンシューマブル分析 ・ストリーム処理 ・プロセスオーケストレーション ・その他のソリューション - ソーシャルメディア分析の世界 …
  • 転写因子活性因子タンパク質1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における転写因子活性因子タンパク質1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・転写因子活性因子タンパク質1阻害剤の概要 ・転写因子活性因子タンパク質1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の転写因子活性因子タンパク質1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・転写因子活性因子タンパク質1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・転写因子活性因子タンパク質1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 熱成形プラスチックの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、熱成形プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、プラスチック種類別(PP、PS、PET、PE、PVC、バイオプラスチック、ABS)分析、熱成形タイプ別(真空成形、圧力成形、機械成形)分析、品目別(薄いゲージ、厚いゲージ)分析、エンドユーズ産業別分析、熱成形プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、熱成形プラスチックの世界市場規模が2019年348億ドルから2024年459億ドルまで年平均5.7%成長すると予測しています。
  • UAEの外傷固定装置市場見通し
  • 高圧洗浄機の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、高圧洗浄機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高圧洗浄機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高圧洗浄機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Alfred Kärcher、Briggs & Stratton、FNA Group、Generac Power Systems、Nilfisk Group等です。
  • パーソナルファイナンスソフトウェアのアメリカ市場
  • エアスタータの世界市場:ベーンエアスタータ、タービンエアスタータ
    当調査レポートでは、エアスタータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ用保護具の世界市場
    当調査レポートでは、スポーツ用保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツ用保護具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品押出成形装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品押出成形装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、プロセス別分析、食品別分析、地域別分析、食品押出成形装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用スチールホイールの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用スチールホイールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用スチールホイールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レベルセンサーの世界市場:接触式レベルセンサー、非接触式レベルセンサー
    当調査レポートでは、レベルセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、需要先別分析、モニタリングタイプ別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 麻酔気化器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻酔気化器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻酔気化器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 糖尿病食の世界市場
    当調査レポートでは、糖尿病食の世界市場について調査・分析し、糖尿病食の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 樹脂カプセルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、樹脂カプセルの世界市場について調査・分析し、樹脂カプセルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 樹脂カプセルの世界市場:市場動向分析 - 樹脂カプセルの世界市場:競争要因分析 - 樹脂カプセルの世界市場:樹脂タイプ別 ・エポキシ ・アクリル ・ポリエステル ・その他 - 樹脂カプセルの世界市場:触媒タイプ別 ・油性 ・水性 ・有機過酸化物 - 樹脂カプセルの世界市場:エンドユーザー別 ・製造 ・鉱業 ・建設 ・その他 - 樹脂カプセルの世界市場:主要地域別分析 - 樹脂カプセルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 樹脂カプセルのヨーロッパ市場規模 - 樹脂カプセルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・樹脂カプセルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 大人用おむつの世界市場:製品種類別(パンツタイプ、パッドタイプ、テープタイプ、その他)、流通経路別(オフライン&オンライン)
    本調査レポートでは、大人用おむつの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(パンツタイプ、パッドタイプ、テープタイプ、その他)分析、流通経路別(オフライン&オンライン)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・大人用おむつの世界市場:製品種類別(パンツタイプ、パッドタイプ、テープタイプ、その他) ・大人用おむつの世界市場:流通経路別(オフライン&オンライン) ・大人用おむつの世界市場:地域別 ・企業概要
  • バイオ化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 経肺動脈弁の世界市場分析:用途別(心臓異常、肺閉塞、肺狭窄、肺動脈閉塞、冠動脈閉塞、虚血性四肢麻痺、動脈硬化症)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、経肺動脈弁の世界市場について調査・分析し、経肺動脈弁の世界市場動向、経肺動脈弁の世界市場規模、市場予測、セグメント別経肺動脈弁市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリマー製軸受の世界市場予測:フェノール樹脂、アセタール、ナイロン、テフロン、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)
    当調査レポートでは、ポリマー製軸受の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、需要先別分析、材料種類別分析、地域別分析、ポリマー製軸受の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 試験・検査・認証(TIC)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、試験・検査・認証(TIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サービス種類別分析、ソーシングタイプ別分析、用途別分析、地域別分析、試験・検査・認証(TIC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シトクロムP450上科阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるシトクロムP450上科阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・シトクロムP450上科阻害剤の概要 ・シトクロムP450上科阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のシトクロムP450上科阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シトクロムP450上科阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シトクロムP450上科阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 抗アクネクレンザーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、抗アクネクレンザーの世界市場について調査・分析し、抗アクネクレンザーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別抗アクネクレンザーシェア、市場規模推移、市場規模予測、抗アクネクレンザー種類別分析(マスク、乳液、クレンザー、その他)、抗アクネクレンザー用途別分析(女性用、男性用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・抗アクネクレンザーの市場概観 ・抗アクネクレンザーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・抗アクネクレンザーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・抗アクネクレンザーの世界市場規模 ・抗アクネクレンザーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・抗アクネクレンザーのアメリカ市場規模推移 ・抗アクネクレンザーのカナダ市場規模推移 ・抗アクネクレンザーのメキシコ市場規模推移 ・抗アクネクレンザーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・抗アクネクレンザーのドイツ市場規模推移 ・抗アクネクレンザーのイギリス市場規模推移 ・抗ア …
  • ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:構成要素別(ソフトウェア&サービス)、展開モデル別(オンプレミス&クラウド)、分析ツール別(ダッシュボード&データ可視化、セルフサービスツール、データマイニング&ウェアハウジング、レポート、その他)、用途別(顧客分析、サプライチェーン分析、マーケティング分析、価格分析、空間分析、労働力分析、リスク&信用分析、輸送分析)、産業別(製造、BFSI、ヘルスケア、政府、エネルギー&ユーティリティ、輸送、小売&消費財、IT&通信、教育、その他)
    本調査レポートでは、ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソフトウェア&サービス)分析、展開モデル別(オンプレミス&クラウド)分析、分析ツール別(ダッシュボード&データ可視化、セルフサービスツール、データマイニング&ウェアハウジング、レポート、その他)分析、用途別(顧客分析、サプライチェーン分析、マーケティング分析、価格分析、空間分析、労働力分析、リスク&信用分析、輸送分析)分析、産業別(製造、BFSI、ヘルスケア、政府、エネルギー&ユーティリティ、輸送、小売&消費財、IT&通信、教育、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:構成要素別(ソフトウェア&サービス) ・ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:展開モデル別(オンプレミス&クラウド) ・ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:分析ツール別(ダッシュボード&データ可視化、セルフサービスツール、データマイニング&ウ …
  • 耐熱樹脂の世界市場予測(~2026):種類別(エポキシ、シリコーン、アクリル、ポリエステル、 ポリエーテルスルホン、アルキド、ポリウレタン、フェノール類、ポリエーテルアミド)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、耐熱樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、耐熱樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの装具市場動向(~2021)
  • 中国のホイールトラクター市場2015
    本調査レポートでは、中国のホイールトラクター市場2015について調査・分析し、ホイールトラクターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 油田サービスの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、油田サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、サービス別分析、地域別分析、油田サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 流体移送システムの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、流体移送システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ブレーキ、燃料、AC、エアサスペンション、DPF、SCR、トランスミッションオイル、ターボクーラント)分析、材料別(Al、ゴム、ナイロン、スチール、ステンレス)分析、車両タイプ別(PC、LCV、HCV、OHV、BEV、HEV、PHEV)分析、流体移送システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、流体移送システムの世界市場規模が2019年175億ドルから2027年296億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。
  • 世界の医療用接着テープ市場:詳細分析レポート2017-2022
  • CRISPRの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • モバイルおよび無線バックホールの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、モバイルおよび無線バックホールの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:イントロダクション ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:市場概観 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:セグメント別市場分析 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:機器別分析/市場規模 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:主要地域別市場分析 ・モバイルおよび無線バックホールの世界市場:関連企業分析
  • FRP(ガラス繊維強化プラスチック)筋の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)筋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、繊維種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水溶性肥料の世界市場予測(~2022年):窒素肥料、リン酸肥料、カリ肥料、微量栄養素
    当調査レポートでは、水溶性肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、作物種類別分析、地域別分析、水溶性肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • APT攻撃対策のアジア市場
    本調査レポートでは、APT攻撃対策のアジア市場について調査・分析し、APT攻撃対策のアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 陽子治療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、陽子治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、陽子治療市場規模、製品別(機器、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・陽子治療の世界市場概要 ・陽子治療の世界市場環境 ・陽子治療の世界市場動向 ・陽子治療の世界市場規模 ・陽子治療の世界市場:業界構造分析 ・陽子治療の世界市場:製品別(機器、サービス) ・陽子治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・陽子治療の北米市場規模・予測 ・陽子治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・陽子治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・陽子治療の主要国分析 ・陽子治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・陽子治療の世界市場:成長要因、課題 ・陽子治療の世界市場:競争環境 ・陽子治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の ネブライザー市場規模・予測2017-2025:商品別(呼吸作動型、空気噴霧式ネブライザー、超音波式ネブライザー、ポータブル、スタンドアロン、ベント、マッシュ、スタティックマッシュ、バイブレーティングマッシュ)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の ネブライザー市場について調査・分析し、世界の ネブライザー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の ネブライザー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ポリスチレンフォームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリスチレンフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ポリスチレンフォームの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パワーエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パワーエレクトロニクス市場規模、製品別(IC、ディスクリート、モジュール)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パワーエレクトロニクスの世界市場概要 ・パワーエレクトロニクスの世界市場環境 ・パワーエレクトロニクスの世界市場動向 ・パワーエレクトロニクスの世界市場規模 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:業界構造分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:製品別(IC、ディスクリート、モジュール) ・パワーエレクトロニクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パワーエレクトロニクスのアメリカ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのアジア市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスの主要国分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:意思決定フレームワーク ・パワーエレクトロニクスの世界市場:成長要因、課題 …
  • 日本のオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"