"ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-2966)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“BAS market is expected to grow at CAGR of 10.12% from 2019 to 2024”
The BAS market is expected to grow from USD 75.0 billion in 2019 to USD 121.5 billion by 2024—growing at a CAGR of 10.12%. The growth of this market is mainly driven by the rise in the adoption of automated security systems in buildings, a high focus on designing and establishing energy-efficient and eco-friendly buildings and several benefits of BAS, rapid penetration of IoT in building automation systems, and rapid infrastructure growth in developing nations. Favorable government initiatives and incentives, and advancements of building technologies and automation with data analytics provide lucrative opportunities for players in the BAS market. However, technical difficulties and a dearth of skilled experts restraint the BAS market growth.
“Security and access control systems to hold largest size of BAS market during the forecast period”
Security and access control systems accounted for the largest share of the BAS market in 2018. Security and access control systems have become an integral part of the safety and security of buildings and their occupants. These systems have revolutionized the building security and removed human intervention. These are installed in buildings to increase the security level, monitor activities, and keep a record of people entering and exiting the building. Several businesses make use of these systems for the protection of assets, staff, and information; monitoring of activities; and controlling the access to the building. Worldwide governments are also investing heavily to develop reliable and robust security systems for safeguarding their citizens from terrorist attacks.
“Commercial application is expected to hold significantly large share of BAS market by 2024”
The commercial application accounted for the largest share of the BAS market in 2018, and a similar trend is likely to continue in the near future. The growing deployment of BAS in large shopping complexes, office buildings, and public transport areas, such as airports and railway stations, drives the growth of the BAS market for commercial applications. HVAC, lighting, and security and access control systems are the major products used in commercial applications. Of these, security and access control systems have become an integral part of commercial buildings because of the rising security concerns in this sector.

“Market in APAC is likely to grow at highest CAGR during forecast period”
The BAS market in APAC is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. APAC is expected to provide ample opportunities to BAS market players during the forecast period due to the influx of global players, along with the emergence of native players in this region. The expected rise is attributed to the high economic growth and surge in the construction and industrial activities witnessed by major countries in this region. The region houses a large proportion of the population in the world, and consumers are actively deploying BAS in residential and commercial areas owing to the improvements in economic conditions in this region. The prime objective of consumers is to achieve energy savings with the implementation of BAS, which directly translates to monetary savings. Countries such as China and India have aggressively started developing smart cities. BAS is acting as a key enabler in achieving these objectives by the respective countries.

Breakdown of the profiles of primary participants:
• By Company Type: Tier 1 – 30%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 30%
• By Designation: C-Level Executives – 30%, Directors – 35%, and Others – 35%
• By Region: North America – 40%, Europe – 20%, APAC – 30%, and RoW – 10%
Major players profiled in this report are as follows:
• Honeywell International (US)
• Siemens AG (Germany)
• Johnson Controls International (Ireland)
• Schneider Electric (France)
• United Technologies Corp. (US)
• Robert Bosch (Germany)
• Legrand (France)
• Hubbell (US)
• ABB (Switzerland)
• Ingersoll-Rand (Ireland)

Research Coverage
In this report, the BAS market has been segmented on the basis of communication technology, offering, application, and region. Based on communication technology, the market has been segmented into wired technology and wireless technology. The BAS market based on offering has been segmented into facility management systems, security & access control systems, fire protection systems, building energy management software, BAS services, and others. The market for application has been segmented into residential, commercial, and industrial. The study also forecasts the size of the market in 4 main regions—North America, Europe, APAC, and RoW.
Reasons to Buy the Report
The report would help market leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the BAS market comprehensively and provides the closest approximation of the overall market size and subsegments that include communication technology, offering, application, and region.
2. The report would help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the BAS market.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their position in the business. The Competitive Landscape section includes the competitor ecosystem, as well as growth strategies such as product launches, acquisitions, and expansions carried out by major market players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 18
1.1 STUDY OBJECTIVES 18
1.2 DEFINITION 18
1.3 MARKET SCOPE 19
1.3.1 MARKETS COVERED 19
1.3.2 GEOGRAPHIC SCOPE 19
1.3.3 YEARS CONSIDERED 20
1.4 CURRENCY 20
1.5 LIMITATIONS 20
1.6 STAKEHOLDERS 21
2 RESEARCH METHODOLOGY 22
2.1 RESEARCH DATA 22
2.1.1 SECONDARY DATA 23
2.1.1.1 Secondary sources 23
2.1.2 PRIMARY DATA 24
2.1.2.1 Breakdown of primary interviews 24
2.1.2.2 Sampling techniques and data collection methods 24
2.1.2.3 Primary sources 25
2.1.2.4 Key industry insights 25
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 26
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 26
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 26
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 27
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 28
3 EXECUTIVE SUMMARY 29
4 PREMIUM INSIGHTS 33
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN BAS MARKET 33
4.2 BAS MARKET, BY OFFERING AND REGION 33
4.3 BAS MARKET, BY APPLICATION 34
4.4 BAS MARKET IN APAC, BY OFFERING AND COUNTRY 34
4.5 BAS MARKET, BY REGION 35

5 MARKET OVERVIEW 36
5.1 INTRODUCTION 36
5.2 VALUE CHAIN ANALYSIS 36
5.3 MARKET DYNAMICS 38
5.3.1 DRIVERS 38
5.3.1.1 High focus on designing and establishing energy-efficient and
eco-friendly buildings and several benefits of BAS 38
5.3.1.2 Rise in adoption of automated security systems in buildings 39
5.3.1.3 Rapid penetration of IoT in building automation systems 39
5.3.1.4 Development of wireless protocols and wireless sensor network technology for BAS 40
5.3.1.5 Rapid infrastructure growth in developing nations 40
5.3.2 RESTRAINTS 40
5.3.2.1 False notion about installation cost of BAS 40
5.3.2.2 Technical difficulties and dearth of skilled experts 40
5.3.3 OPPORTUNITIES 41
5.3.3.1 Favorable government initiatives and incentives 41
5.3.3.2 Advancement of building technologies and automation with
data analytics 41
5.3.4 CHALLENGES 42
5.3.4.1 Presence of different communication protocols 42
6 BUILDING AUTOMATION SYSTEM MARKET, BY COMMUNICATION TECHNOLOGY 43
6.1 INTRODUCTION 44
6.2 TRENDS IN BAS MARKET 45
6.3 COMMUNICATION TECHNOLOGY 46
6.3.1 WIRELESS TECHNOLOGIES 46
6.3.1.1 ZigBee 46
6.3.1.2 EnOcean 47
6.3.1.3 Z–Wave 48
6.3.1.4 Wi-Fi 48
6.3.1.5 Bluetooth 48
6.3.1.6 Thread 49
6.3.1.7 Infrared 49
6.3.2 WIRED TECHNOLOGIES 49
6.3.2.1 Digital Addressable Lighting Interface (DALI) 49
6.3.2.2 KNX 50
6.3.2.3 LonWorks 50
6.3.2.4 Building Automation and Control Network (BACnet) 51
6.3.2.5 Modbus 51

7 BUILDING AUTOMATION SYSTEM MARKET, BY OFFERING 52
7.1 INTRODUCTION 53
7.2 FACILITY MANAGEMENT SYSTEMS 55
7.2.1 LIGHTING CONTROL SYSTEMS 56
7.2.1.1 Occupancy sensors 58
7.2.1.1.1 Occupancy sensors help in optimizing lighting usage 58
7.2.1.2 Daylight sensors 59
7.2.1.2.1 Daylight sensors continuously measure daylight levels
and transmit this information to lighting systems 59
7.2.1.3 Relays 59
7.2.1.3.1 Relays are used as switch to turn light on or off 59
7.2.1.4 Timers 60
7.2.1.4.1 Timers are used in staircases, underground parking areas, corridors, and entrances 60
7.2.1.5 Dimming actuators 61
7.2.1.5.1 Dimming actuator is used to control intensity of light output from different light sources 61
7.2.1.6 Switch actuators 62
7.2.1.6.1 Switch actuator requires no additional power supply for operations 62
7.2.1.7 Blind/shutter actuators 62
7.2.1.7.1 Blind/shutter actuators are used to adjust sunlight intensity 62
7.2.1.8 Transmitters 63
7.2.1.8.1 Transmitters is used in lighting control systems to facilitate communication between different electronic devices 63
7.2.1.9 Receivers 64
7.2.1.9.1 Receivers’ main function is to receive signals emitted
by transmitters 64
7.2.2 HVAC CONTROL SYSTEMS 64
7.2.2.1 Sensors 66
7.2.2.1.1 Varieties of sensors including resistance, voltage, and current sensors are used in HVAC 66
7.2.2.2 Smart thermostats 67
7.2.2.2.1 Smart thermostats are used to sense system temperature and maintain it to desired level 67
7.2.2.3 Control valves 68
7.2.2.3.1 Two-way valves 68
7.2.2.3.1.1 Two-way valve uses throttle mechanism to control fluid flow 68
7.2.2.3.2 Three-way valves 68
7.2.2.3.2.1 Three-way valves control fluid flow by mixing and diverting 68

7.2.2.4 Heating and cooling coils 69
7.2.2.4.1 Johnson Controls International (Ireland) is major manufacturer and supplier of heating and cooling coils 69
7.2.2.5 Dampers 69
7.2.2.5.1 Low-leakage dampers 69
7.2.2.5.1.1 Low-leakage damper is fully closed, resulting in very low level of leakage 69
7.2.2.5.2 Parallel and opposed blade dampers 70
7.2.2.5.2.1 Blades in parallel blade dampers rotate in same direction and blades of opposed blade dampers
rotate in opposite directions 70
7.2.2.5.3 Round dampers 70
7.2.2.5.3.1 Round dampers are typically used to control airflow in duct having high static pressure and velocity 70
7.2.2.6 Actuators 71
7.2.2.6.1 Hydraulic actuators 71
7.2.2.6.1.1 Hydraulic actuator contains cylinder or fluid motor that uses hydraulic power for carrying out mechanical operations 71
7.2.2.6.2 Pneumatic actuators 71
7.2.2.6.2.1 Pneumatic actuators utilize vacuum or compressed air under high pressure to convert generated energy into mechanical motion 71
7.2.2.6.3 Electric actuators 71
7.2.2.6.3.1 Electric actuators contain motor that converts electrical energy into mechanical energy 71
7.2.2.7 Pumps and fans 72
7.2.2.7.1 Pumps and fans are responsible for keeping climate in building comfortable 72
7.2.2.8 Smart vents 73
7.2.2.8.1 Smart vents transform air vents into smart devices 73
7.3 SECURITY AND ACCESS CONTROL SYSTEMS 73
7.3.1 VIDEO SURVEILLANCE SYSTEMS 75
7.3.1.1 Hardware 76
7.3.1.1.1 Cameras 77
7.3.1.1.1.1 Camera captures video footage of places under surveillance and can operate nonstop 77
7.3.1.1.2 Monitors 77
7.3.1.1.2.1 Monitors project data obtained by cameras as output of surveillance system 77
7.3.1.1.3 Storage systems 77
7.3.1.1.3.1 Demand for IP-based surveillance storage systems and technologies has increased significantly with introduction of IP cameras 77
7.3.1.1.4 Accessories 77
7.3.1.1.4.1 Accessories are used for connecting various devices and enhancing video surveillance capabilities 77

7.3.1.2 Software/video analytics 78
7.3.1.2.1 Video analytic solutions automatically monitor cameras and alert about unusual or suspicious events 78
7.3.1.3 Services 78
7.3.1.3.1 Cloud services include video recording, remote viewing, storage, management of alerts, and cybersecurity 78
7.3.2 BIOMETRIC SYSTEMS 78
7.3.2.1 Biometric systems use behavioral and biological characteristics of individuals for recognition 78
7.4 FIRE PROTECTION SYSTEMS 79
7.4.1 SENSORS AND DETECTORS 81
7.4.1.1 Smoke detectors 81
7.4.1.1.1 Smoke detectors detect smoke and warn occupants about fire much before flame and heat detectors 81
7.4.1.2 Flame detectors 81
7.4.1.2.1 Flame detectors identify flames by detecting intensity of these radiations through electromagnetic radiation receivers 81
7.4.1.3 Others 81
7.4.2 FIRE SPRINKLERS 82
7.4.2.1 Fire sprinklers start sprinkling water as soon as they receives alerts from fire detecting system 82
7.4.3 FIRE ALARMS 82
7.4.3.1 Fire alarms are installed in buildings to warn people about fire occurrence 82
7.4.4 EMERGENCY LIGHTING, VOICE EVACUATION, AND PUBLIC ALERT DEVICES 83
7.4.4.1 Emergency lighting, voice evacuation, and public alert devices are effective and safe means of informing and evacuating occupants during emergency situations 83
7.5 BUILDING ENERGY MANAGEMENT SOFTWARE 84
7.5.1 BUILDING ENERGY MANAGEMENT SOFTWARE HELPS BUILDING OPERATORS OR HOMEOWNERS TO CONTINUOUSLY MONITOR AND ANALYZE ENERGY USED BY BUILDING 84
7.6 BAS SERVICES 86
7.6.1 INSTALLATION AND MAINTENANCE 87
7.6.1.1 Maintenance services are necessary to ensure work efficiency and long working life of BAS 87
7.6.2 TRAINING 87
7.6.2.1 Training services troubleshoot problems related to BAS functioning 87
7.7 OTHERS 87

8 BUILDING AUTOMATION SYSTEM MARKET, BY APPLICATION 89
8.1 INTRODUCTION 90
8.2 RESIDENTIAL APPLICATIONS 91
8.2.1 DIY HOME AUTOMATION 91
8.2.1.1 Low cost of DIY products, along with the need for improved safety and security in homes, driving demand for DIY home automation products 91
8.3 COMMERCIAL APPLICATIONS 92
8.3.1 OFFICE BUILDINGS 92
8.3.1.1 Office buildings are among prominent end users of BAS 92
8.3.2 RETAIL AND PUBLIC ASSEMBLY BUILDINGS 93
8.3.2.1 Security and access control systems are crucial in this sector to avoid theft and inventory losses 93
8.3.3 HOSPITALS AND HEALTHCARE FACILITIES 93
8.3.3.1 Continuous use of HVAC, lighting, and security systems in hospitals provides opportunity for BAS market growth 93
8.3.4 AIRPORTS AND RAILWAY STATIONS 93
8.3.4.1 Airports and railway stations are large-sized buildings and complexes that require continuous functioning of HVAC and lighting systems 93
8.4 INDUSTRIAL APPLICATION 95
8.4.1 INDUSTRIES EXPECTED TO ADOPT SMART BUILDING SOLUTIONS TO ACHIEVE ENERGY AND COST SAVINGS 95
9 BUILDING AUTOMATION SYSTEM MARKET, BY REGION 97
9.1 INTRODUCTION 98
9.2 NORTH AMERICA 99
9.2.1 US 101
9.2.1.1 US is largest market for BAS in North America 101
9.2.2 CANADA 103
9.2.2.1 To respond to international commitments and take action on climate changes, Pan-Canadian Framework was adopted by Canadian First Ministers in December 2016 103
9.2.3 MEXICO 104
9.2.3.1 Mexico is expected to be lucrative market for BAS 104
9.3 EUROPE 106
9.3.1 UK 108
9.3.1.1 Several building owners in UK prefer to install BAS for energy and cost savings 108
9.3.2 GERMANY 108
9.3.2.1 Rising demand for HVAC and lighting control systems drive BAS market growth in Germany 108
9.3.3 FRANCE 109
9.3.3.1 France is expected to have huge potential for BAS market growth 109
9.3.4 ITALY 110
9.3.4.1 Italian government has taken various steps to promote energy efficiency in buildings 110
9.3.5 REST OF EUROPE 111
9.4 ASIA PACIFIC 112
9.4.1 CHINA 114
9.4.1.1 China holds immense potential for growth of infrastructure industry 114
9.4.2 JAPAN 114
9.4.2.1 Demand for high energy savings drives BAS market growth in Japan 114
9.4.3 INDIA 115
9.4.3.1 Indian BAS market is primarily driven by commercial and industrial applications 115
9.4.4 SOUTH KOREA 117
9.4.4.1 Increasing concern for energy saving and supportive government programs in South Korea drive demand for BAS 117
9.4.5 REST OF APAC 117
9.5 REST OF THE WORLD 118
9.5.1 SOUTH AMERICA 120
9.5.1.1 Growing industrialization has opened new opportunities for construction in residential and commercial sectors 120
9.5.2 MIDDLE EAST AND AFRICA 120
9.5.2.1 HVAC control systems market is expected to grow in Middle east and Africa due to hot and dry climate, which will increase demand for BAS 120
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 122
10.1 INTRODUCTION 122
10.2 MARKET PLAYER RANKING ANALYSIS 124
10.3 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 125
10.3.1 VISIONARY LEADERS 125
10.3.2 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 125
10.3.3 INNOVATORS 126
10.3.4 EMERGING COMPANIES 126
10.4 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO (25 COMPANIES) 127
10.5 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE (25 COMPANIES) 128
10.6 COMPETITIVE SCENARIO 129
10.6.1 PRODUCT LAUNCHES AND DEVELOPMENTS 129
10.6.2 PARTNERSHIPS, COLLABORATIONS, CONTRACTS, AND AGREEMENTS 131
10.6.3 MERGERS AND ACQUISITIONS 132
10.6.4 EXPANSIONS 134

11 COMPANY PROFILES 135
11.1 KEY PLAYERS 135
(Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis)*
11.1.1 HONEYWELL INTERNATIONAL 135
11.1.2 SIEMENS AG 139
11.1.3 JOHNSON CONTROLS INTERNATIONAL 143
11.1.4 SCHNEIDER ELECTRIC 146
11.1.5 UNITED TECHNOLOGIES CORP. 149
11.1.6 ROBERT BOSCH 153
11.1.7 LEGRAND 156
11.1.8 HUBBELL 159
11.1.9 ABB 162
11.1.10 INGERSOLL-RAND 165
11.2 OTHER KEY COMPANIES 168
11.2.1 LUTRON ELECTRONICS CO. 168
11.2.2 CRESTRON ELECTRONICS, INC. 169
11.2.3 BUILDINGIQ 170
11.2.4 HITACHI, LTD. 171
11.2.5 DELTA CONTROLS 171
11.2.6 BECKHOFF AUTOMATION GMBH 172
11.2.7 CONTROL4 173
11.2.8 LENNOX INTERNATIONAL 174
11.2.9 GENERAL ELECTRIC 174
11.2.10 DISTECH CONTROLS 175
*Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 176
12.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 176
12.2 DISCUSSION GUIDE 177
12.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 179
12.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 181
12.5 RELATED REPORTS 181
12.6 AUTHOR DETAILS 182

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-2966
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ディーゼル発電機の世界市場2016:市場規模、競争状況、主要国分析、市場予測
  • 中国の太陽光発電(PV)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の血液検査市場動向(~2021)
  • ハブモーターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ハブモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハブモーター市場規模、モーター別(ギアレスハブモーター、ギヤードハブモーター)分析、出力別(3000W以上、1000~3000W、1000W以下)分析、設置別(リアハブモーター、フロントハブモーター、全ドライブ)分析、販売チャネル別(OEM、アフターマーケット)分析、冷却方法別(空気冷却、水冷)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ハブモーターの世界市場:市場動向分析 ・ ハブモーターの世界市場:競争要因分析 ・ ハブモーターの世界市場:モーター別(ギアレスハブモーター、ギヤードハブモーター) ・ ハブモーターの世界市場:出力別(3000W以上、1000~3000W、1000W以下) ・ ハブモーターの世界市場:設置別(リアハブモーター、フロントハブモーター、全ドライブ) ・ ハブモーターの世界市場:販売チャネル別(OEM、アフターマーケット) ・ ハブモーターの世 …
  • 同軸スイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、同軸スイッチの世界市場について調査・分析し、同軸スイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別同軸スイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、同軸スイッチ種類別分析(DPDT、SPDT、SPnT、その他)、同軸スイッチ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・同軸スイッチの市場概観 ・同軸スイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・同軸スイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・同軸スイッチの世界市場規模 ・同軸スイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・同軸スイッチのアメリカ市場規模推移 ・同軸スイッチのカナダ市場規模推移 ・同軸スイッチのメキシコ市場規模推移 ・同軸スイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・同軸スイッチのドイツ市場規模推移 ・同軸スイッチのイギリス市場規模推移 ・同軸スイッチのロシア市場規模推移 ・同軸スイッチのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 硫酸の世界市場の規模・予測2014-2025:原材料別(単体硫黄、卑金属製錬、黄鉄鉱)、用途別(肥料、化学薬品製造、精製、繊維)
    本調査レポートでは、硫酸の世界市場について調査・分析し、硫酸の世界市場動向、硫酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別硫酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のセルフチェックアウト端末市場2015
    本調査レポートでは、世界のセルフチェックアウト端末市場2015について調査・分析し、セルフチェックアウト端末の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの装具市場見通し
  • ランニング用時計の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ランニング用時計の世界市場について調査・分析し、ランニング用時計の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ランニング用時計シェア、市場規模推移、市場規模予測、ランニング用時計種類別分析(歩数計付腕時計、GPS付腕時計、心拍系付腕時計、、GPS+HRM付腕時計)、ランニング用時計用途別分析(ランニング、自転車に乗るとき、登山、有酸素運動、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ランニング用時計の市場概観 ・ランニング用時計のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ランニング用時計のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ランニング用時計の世界市場規模 ・ランニング用時計の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ランニング用時計のアメリカ市場規模推移 ・ランニング用時計のカナダ市場規模推移 ・ランニング用時計のメキシコ市場規模推移 ・ランニング用時計のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ランニング用時計のドイツ市場規模推移 …
  • 自動車用電動パワーステアリング(EPS)装置の世界市場動向・予測
  • 電池マネージメントシステムの世界市場
    当調査レポートでは、電池マネージメントシステムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・電池マネージメントシステムの世界市場:種類別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムの世界市場:構成品別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・電池マネージメントシステムのアメリカ市場規模予測 ・電池マネージメントシステムのヨーロッパ市場規模予測 ・電池マネージメントシステムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 自動車用サラウンドビューシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用サラウンドビューシステムの世界市場について調査・分析し、自動車用サラウンドビューシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用サラウンドビューシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用サラウンドビューシステム種類別分析(4カメラ型、6カメラ型、その他)、自動車用サラウンドビューシステム用途別分析(OEM、アフターマーケット)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用サラウンドビューシステムの市場概観 ・自動車用サラウンドビューシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用サラウンドビューシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用サラウンドビューシステムの世界市場規模 ・自動車用サラウンドビューシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用サラウンドビューシステムのアメリカ市場規模推移 ・自動車用サラウンドビューシステムのカナダ市場規模推移 ・自動車用サラウンドビューシステムのメキシコ市場規 …
  • 世界の麦芽粉市場2015
    本調査レポートでは、世界の麦芽粉市場2015について調査・分析し、麦芽粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシャット・オフ・バルブ(遮断弁)市場2015
    本調査レポートでは、世界のシャット・オフ・バルブ(遮断弁)市場2015について調査・分析し、シャット・オフ・バルブ(遮断弁)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノテクノロジーの世界市場:種類別(ナノデバイス、ナノセンサー)、用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙・防衛、ヘルスケア、その他)
    本資料は、ナノテクノロジーの世界市場について調べ、ナノテクノロジーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、種類別(ナノデバイス、ナノセンサー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ナノテクノロジーの世界市場概要 ・ナノテクノロジーの世界市場環境 ・ナノテクノロジーの世界市場動向 ・ナノテクノロジーの世界市場規模 ・ナノテクノロジーの世界市場:市場シェア ・ナノテクノロジーの世界市場:種類別(ナノデバイス、ナノセンサー) ・ナノテクノロジーの世界市場:用途別(電子、エネルギー、化学製造、航空宇宙・防衛、ヘルスケア、その他) ・ナノテクノロジーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ナノテクノロジーの北米市場規模・予測 ・ナノテクノロジーのアメリカ市場規模・予測 ・ナノテクノロジーのヨーロッパ市場規模・予測 ・ナノテクノロジーのアジア市場規模・予測 ・ナノテクノロジーの日本市場規模・予測 ・ナノテクノロジーの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 世界の自動グレージング市場規模・予測2017-2025:、商品別(ポリカーボネート、強化ガラス・ラミネートグラス)、用途別(サイドライト、フロントガラス・リアガラス、サンルーフ)、エンドユーズ別(LCV、HCV、乗用車)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の自動グレージング市場について調査・分析し、世界の自動グレージング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の自動グレージング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動指紋照合システムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動指紋照合システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動指紋照合システム市場規模、検索方式別(遺留指紋照合検索、テンプリント照合検索、その他)分析、市場構成要素別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア)分析、製品別(シングル型自動指紋照合システム、マルチ型自動指紋照合システム)分析、エンドユーザー別(行政、銀行・金融サービス・保険(BFSI)、家庭用電子機器、防衛・安全保障、教育、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動指紋照合システムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動指紋照合システムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動指紋照合システムの世界市場:検索方式別(遺留指紋照合検索、テンプリント照合検索、その他) ・ 自動指紋照合システムの世界市場:市場構成要素別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア) ・ 自動指紋照合システムの世界市場:製品別(シングル型自動指紋照合システム、マルチ型自動指紋照合システム …
  • センサフュージョンシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、センサフュージョンシステムの世界市場について調査・分析し、センサフュージョンシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別センサフュージョンシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、センサフュージョンシステム種類別分析()、センサフュージョンシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・センサフュージョンシステムの市場概観 ・センサフュージョンシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・センサフュージョンシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・センサフュージョンシステムの世界市場規模 ・センサフュージョンシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・センサフュージョンシステムのアメリカ市場規模推移 ・センサフュージョンシステムのカナダ市場規模推移 ・センサフュージョンシステムのメキシコ市場規模推移 ・センサフュージョンシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・センサフュージョンシステ …
  • CMOSイメージセンサの世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、CMOSイメージセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CMOSイメージセンサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 心臓インターベンション機器の世界市場
    当調査レポートでは、心臓インターベンション機器の世界市場について調査・分析し、心臓インターベンション機器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 麻酔ビデオ喉頭鏡の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、麻酔ビデオ喉頭鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、麻酔ビデオ喉頭鏡の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 体重減量および体重管理の世界市場予測(~2022年):フィットネス機器(ルームランナー、エリプティカル・マシン、階段ステッパー)、手術機器、ダイエット、体重減量サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、体重減量および体重管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置種類別分析、サービス別分析、地域別分析、体重減量および体重管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ケーブルアセンブリの世界市場2017-2021:自動車、コンピュータ、コンピュータ周辺機器、テレコム、工業、防衛・航空宇宙
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ケーブルアセンブリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブルアセンブリの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はケーブルアセンブリの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmphenol、Bizlink Holding、Copartner Tech、Molex、TE Connectivity等です。
  • 軟質エラストマー発泡体の世界市場予測(~2023年)
    軟質エラストマー発泡体の世界市場は、2018年の22億米ドルから2023年には27億米ドルに達し、この期間中4.72%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、HVACや自動車・輸送といった最終用途産業からの需要の高まりが考えられます。一方で、断熱材の利点に対する関心は一般に高くないことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、軟質エラストマー発泡体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ(天然ゴム、NBR・PVC、EPDM、CR)分析、機能(断熱、防音)分析、最終用途産業(HVAC、自動車・輸送)分析、軟質エラストマー発泡体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 性感染症(STD)検査の世界市場:疾患種類別(クラミジア、梅毒、淋病、単純ヘルペスウイルス、ヒト乳頭腫ウイルス、ヒト免疫不全ウイルスなど)、検査場所別(実験室テスト、POCテスト)
    本資料は、性感染症(STD)検査の世界市場について調べ、性感染症(STD)検査の世界規模、市場動向、市場環境、疾患種類別(クラミジア、梅毒、淋病、単純ヘルペスウイルス、ヒト乳頭腫ウイルス、ヒト免疫不全ウイルスなど)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・性感染症(STD)検査の世界市場概要 ・性感染症(STD)検査の世界市場環境 ・性感染症(STD)検査の世界市場動向 ・性感染症(STD)検査の世界市場規模 ・性感染症(STD)検査の世界市場:疾患種類別(クラミジア、梅毒、淋病、単純ヘルペスウイルス、ヒト乳頭腫ウイルス、ヒト免疫不全ウイルスなど) ・性感染症(STD)検査の世界市場:検査場所別(実験室テスト、POCテスト) ・性感染症(STD)検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・性感染症(STD)検査の北米市場規模・予測 ・性感染症(STD)検査のアメリカ市場規模・予測 ・性感染症(STD)検査のヨーロッパ市場規模・予測 ・性感染症(STD)検査のアジア市場規模・予測 …
  • 業務用電気フライヤーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用電気フライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用電気フライヤーの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ライフジャケットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ライフジャケットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ライフジャケット市場規模、製品別(標準型、空気注入式)分析、エンドユーザー別(商業、プロフェッショナル、急流救助活動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ライフジャケットの世界市場概要 ・ライフジャケットの世界市場環境 ・ライフジャケットの世界市場動向 ・ライフジャケットの世界市場規模 ・ライフジャケットの世界市場:業界構造分析 ・ライフジャケットの世界市場:製品別(標準型、空気注入式) ・ライフジャケットの世界市場:エンドユーザー別(商業、プロフェッショナル、急流救助活動) ・ライフジャケットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ライフジャケットの北米市場規模・予測 ・ライフジャケットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ライフジャケットのアジア太平洋市場規模・予測 ・ライフジャケットの主要国分析 ・ライフジャケットの世界市場:意思決定フレームワー …
  • 世界のデータセンタークーリング市場予測2017-2025:ソリューションタイプ別(エアコンユニット、冷房装置、クーリングタワー、節炭器、液体クーリングシステム、その他)、データセンターサイズ別(小、中、大)地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータセンタークーリング市場について調査・分析し、世界のデータセンタークーリング市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータセンタークーリング関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 飲料用安定剤の世界市場予測(~2023年):キサンタンガム、カラギーナン、アラビアガム、CMC
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、飲料用安定剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(キサンタンガム、カラギーナン、アラビアガム、CMC)分析、機能(安定化、組織化、粘性化)分析、用途(フルーツ飲料、乳製品、ソフトドリンク)分析、飲料用安定剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 実験室(ラボ)オートメーションの世界市場予測(~2021年):ロボティックアーム、マイクロプレートリーダー、LIMS、自動液体取扱い機
    当調査レポートでは、実験室(ラボ)オートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置別分析、用途別分析、種類別分析、需要先別分析、実験室(ラボ)オートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポテトチップスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ポテトチップスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポテトチップスの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 5-HT1Bアゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-HT1Bアゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-HT1Bアゴニスト(作動薬)の概要 ・5-HT1Bアゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-HT1Bアゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-HT1Bアゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-HT1Bアゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 消費者向けドローンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消費者向けドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者向けドローンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデジタル・フォレンジック市場
  • 商用車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商用車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用車市場規模、車両別(乗用車、LCV、M&HCV)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商用車の世界市場概要 ・商用車の世界市場環境 ・商用車の世界市場動向 ・商用車の世界市場規模 ・商用車の世界市場:業界構造分析 ・商用車の世界市場:車両別(乗用車、LCV、M&HCV) ・商用車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・商用車のアメリカ市場規模・予測 ・商用車のヨーロッパ市場規模・予測 ・商用車のアジア市場規模・予測 ・商用車の主要国分析 ・商用車の世界市場:意思決定フレームワーク ・商用車の世界市場:成長要因、課題 ・商用車の世界市場:競争環境 ・商用車の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • UAEの股関節再建装置市場見通し
  • ファシリティマネジメントの世界市場2019-2023
    様々な技術革命によって、スマートファシリティマネジメントソリューションの需要が高まっています。その結果、ファシリティマネジメント市場においてIoT及びインダストリー4.0導入も増加しています。 IoTネットワークは、インターネット上で相互接続しているセンサー、アクチュエーター、サーモスタットで構成されており、タスクを行うために必要なエネルギーを削減させるためのデータを収集し、評価します。 また、IoTネットワークは運用コストを削減し、生産力を上げる予知保全にも使用されています。 照明、冷却、セキュリティ、警報装置、消化などのシステムは、IoTを使用して自動化できる機能の一部です。 主な分析対象企業は、Aramark、Interserve、ISS、OCS Group、Serco Groupなどです。 当調査レポートでは、ファシリティマネジメントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ファシリティマネジメント市場規模、エンドユーザー別(商用部門、政府部門、住宅部門)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成で …
  • 世界の次世代癌診断診断市場規模・予測2017-2025:技術別(NGS、LOAC・RT-PCR)、用途別(CTC、バイオマーカー、プロテオミック)、がんの部位別(肺、胸)、機能別コンパニオン診断)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の次世代癌診断診断市場について調査・分析し、世界の次世代癌診断診断市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の次世代癌診断診断関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 分散型光ファイバセンサ/センシング(DFOS)の世界市場規模及び予測:用途別(温度センシング、聴覚/振動センシング)、技術別、業界別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、分散型光ファイバセンサ/センシング(DFOS)の世界市場について調査・分析し、分散型光ファイバセンサ/センシング(DFOS)の世界市場動向、分散型光ファイバセンサ/センシング(DFOS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別分散型光ファイバセンサ/センシング(DFOS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療用電源装置の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、医療用電源装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電流種類別分析、用途別分析、地域別分析、医療用電源装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器レンタルの世界市場:最終用途別(個人、機関、病院)、製品別(保管・輸送、耐久、手術)、セグメント予測
    医療機器レンタルの世界市場は2025年には640億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.4%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者や障害者人口の増加や在宅医療機器の需要増加が考えられます。本調査レポートでは、医療機器レンタルの世界市場について調査・分析し、医療機器レンタルの世界市場動向、医療機器レンタルの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器レンタル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のピリジン市場2015
    本調査レポートでは、世界のピリジン市場2015について調査・分析し、ピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • レーダーセンサーの世界市場2017-2021:自動車、航空宇宙・防衛、工業、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、レーダーセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーダーセンサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はレーダーセンサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均15.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はContinental、NXP Semiconductors、Robert Bosch、ZF Friedrichshafen等です。
  • ボールバルブの世界市場予測(~2024年)
    ボールバルブの世界市場は、2019年の126億米ドルから2024年には152億米ドルに達し、この期間中3.75%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ボールバルブの交換、エネルギー消費の増加、工業化・都市化・スマートシティへの取り組みの強化、予想外のダウンタイムを回避するためのIIoT対応ボールバルブの統合、製造ラインでの3Dプリンターの使用、製油所・石油化学製品と化学製品工場の数の増加などが考えられます。一方で、認証やポリシーの標準化が進まないことにより、この市場の成長は妨げられる可能性があります。当調査レポートでは、ボールバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サイズ(1 インチ未満、1~6インチ、6~25インチ、25~50インチ、50インチ以上)分析、種類(トラニオン型、フローティング型、ライジングステム型)分析、材質(ステンレス鋼、鋳鉄、合金、低温用)分析、産業分析、ボールバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤の概要 ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タンパク質-チロシンフォスファターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマートカードの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、スマートカードの世界市場について調査・分析し、スマートカードの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スマートカードの世界市場:市場動向分析 - スマートカードの世界市場:競争要因分析 - スマートカードの世界市場:構成要素別 ・マイクロコントローラーカード ・メモリーカード - スマートカードの世界市場:用途別 ・医療 ・輸送 ・電気通信 ・銀行・金融サービス・保険(BFSI) ・小売 ・行政ID ・有料テレビ ・その他 - スマートカードの世界市場:種類別 ・接触式スマートカード ・非接触式スマートカード ・ハイブリッド式スマートカード ・デュアルインターフェイススマートカード ・その他 - スマートカードの世界市場:主要地域別分析 - スマートカードの北米市場規模(アメリカ市場等) - スマートカードのヨーロッパ市場規模 - スマートカードのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スマートカードの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 通信分野におけるGISの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、通信分野におけるGISの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、通信分野におけるGIS市場規模、製品別(ソフトウェア、データ、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・通信分野におけるGISの世界市場概要 ・通信分野におけるGISの世界市場環境 ・通信分野におけるGISの世界市場動向 ・通信分野におけるGISの世界市場規模 ・通信分野におけるGISの世界市場:業界構造分析 ・通信分野におけるGISの世界市場:製品別(ソフトウェア、データ、サービス) ・通信分野におけるGISの世界市場:地域別市場規模・分析 ・通信分野におけるGISのアメリカ市場規模・予測 ・通信分野におけるGISのヨーロッパ市場規模・予測 ・通信分野におけるGISのアジア市場規模・予測 ・通信分野におけるGISの主要国分析 ・通信分野におけるGISの世界市場:意思決定フレームワーク ・通信分野におけるGISの世界市場:成長要因、課題 ・通 …
  • 欧州の弓用具市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州の弓用具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州の弓用具市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の倒立型顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の倒立型顕微鏡市場2015について調査・分析し、倒立型顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 心血管修復術及び再建術装置の世界市場:製品別(心臓弁修復、移植組織、パッチ)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、心血管修復術及び再建術装置の世界市場について調査・分析し、心血管修復術及び再建術装置の世界市場動向、心血管修復術及び再建術装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別心血管修復術及び再建術装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"