"ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-2966)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“BAS market is expected to grow at CAGR of 10.12% from 2019 to 2024”
The BAS market is expected to grow from USD 75.0 billion in 2019 to USD 121.5 billion by 2024—growing at a CAGR of 10.12%. The growth of this market is mainly driven by the rise in the adoption of automated security systems in buildings, a high focus on designing and establishing energy-efficient and eco-friendly buildings and several benefits of BAS, rapid penetration of IoT in building automation systems, and rapid infrastructure growth in developing nations. Favorable government initiatives and incentives, and advancements of building technologies and automation with data analytics provide lucrative opportunities for players in the BAS market. However, technical difficulties and a dearth of skilled experts restraint the BAS market growth.
“Security and access control systems to hold largest size of BAS market during the forecast period”
Security and access control systems accounted for the largest share of the BAS market in 2018. Security and access control systems have become an integral part of the safety and security of buildings and their occupants. These systems have revolutionized the building security and removed human intervention. These are installed in buildings to increase the security level, monitor activities, and keep a record of people entering and exiting the building. Several businesses make use of these systems for the protection of assets, staff, and information; monitoring of activities; and controlling the access to the building. Worldwide governments are also investing heavily to develop reliable and robust security systems for safeguarding their citizens from terrorist attacks.
“Commercial application is expected to hold significantly large share of BAS market by 2024”
The commercial application accounted for the largest share of the BAS market in 2018, and a similar trend is likely to continue in the near future. The growing deployment of BAS in large shopping complexes, office buildings, and public transport areas, such as airports and railway stations, drives the growth of the BAS market for commercial applications. HVAC, lighting, and security and access control systems are the major products used in commercial applications. Of these, security and access control systems have become an integral part of commercial buildings because of the rising security concerns in this sector.

“Market in APAC is likely to grow at highest CAGR during forecast period”
The BAS market in APAC is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. APAC is expected to provide ample opportunities to BAS market players during the forecast period due to the influx of global players, along with the emergence of native players in this region. The expected rise is attributed to the high economic growth and surge in the construction and industrial activities witnessed by major countries in this region. The region houses a large proportion of the population in the world, and consumers are actively deploying BAS in residential and commercial areas owing to the improvements in economic conditions in this region. The prime objective of consumers is to achieve energy savings with the implementation of BAS, which directly translates to monetary savings. Countries such as China and India have aggressively started developing smart cities. BAS is acting as a key enabler in achieving these objectives by the respective countries.

Breakdown of the profiles of primary participants:
• By Company Type: Tier 1 – 30%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 30%
• By Designation: C-Level Executives – 30%, Directors – 35%, and Others – 35%
• By Region: North America – 40%, Europe – 20%, APAC – 30%, and RoW – 10%
Major players profiled in this report are as follows:
• Honeywell International (US)
• Siemens AG (Germany)
• Johnson Controls International (Ireland)
• Schneider Electric (France)
• United Technologies Corp. (US)
• Robert Bosch (Germany)
• Legrand (France)
• Hubbell (US)
• ABB (Switzerland)
• Ingersoll-Rand (Ireland)

Research Coverage
In this report, the BAS market has been segmented on the basis of communication technology, offering, application, and region. Based on communication technology, the market has been segmented into wired technology and wireless technology. The BAS market based on offering has been segmented into facility management systems, security & access control systems, fire protection systems, building energy management software, BAS services, and others. The market for application has been segmented into residential, commercial, and industrial. The study also forecasts the size of the market in 4 main regions—North America, Europe, APAC, and RoW.
Reasons to Buy the Report
The report would help market leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the BAS market comprehensively and provides the closest approximation of the overall market size and subsegments that include communication technology, offering, application, and region.
2. The report would help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the BAS market.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their position in the business. The Competitive Landscape section includes the competitor ecosystem, as well as growth strategies such as product launches, acquisitions, and expansions carried out by major market players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 18
1.1 STUDY OBJECTIVES 18
1.2 DEFINITION 18
1.3 MARKET SCOPE 19
1.3.1 MARKETS COVERED 19
1.3.2 GEOGRAPHIC SCOPE 19
1.3.3 YEARS CONSIDERED 20
1.4 CURRENCY 20
1.5 LIMITATIONS 20
1.6 STAKEHOLDERS 21
2 RESEARCH METHODOLOGY 22
2.1 RESEARCH DATA 22
2.1.1 SECONDARY DATA 23
2.1.1.1 Secondary sources 23
2.1.2 PRIMARY DATA 24
2.1.2.1 Breakdown of primary interviews 24
2.1.2.2 Sampling techniques and data collection methods 24
2.1.2.3 Primary sources 25
2.1.2.4 Key industry insights 25
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 26
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 26
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 26
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 27
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 28
3 EXECUTIVE SUMMARY 29
4 PREMIUM INSIGHTS 33
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN BAS MARKET 33
4.2 BAS MARKET, BY OFFERING AND REGION 33
4.3 BAS MARKET, BY APPLICATION 34
4.4 BAS MARKET IN APAC, BY OFFERING AND COUNTRY 34
4.5 BAS MARKET, BY REGION 35

5 MARKET OVERVIEW 36
5.1 INTRODUCTION 36
5.2 VALUE CHAIN ANALYSIS 36
5.3 MARKET DYNAMICS 38
5.3.1 DRIVERS 38
5.3.1.1 High focus on designing and establishing energy-efficient and
eco-friendly buildings and several benefits of BAS 38
5.3.1.2 Rise in adoption of automated security systems in buildings 39
5.3.1.3 Rapid penetration of IoT in building automation systems 39
5.3.1.4 Development of wireless protocols and wireless sensor network technology for BAS 40
5.3.1.5 Rapid infrastructure growth in developing nations 40
5.3.2 RESTRAINTS 40
5.3.2.1 False notion about installation cost of BAS 40
5.3.2.2 Technical difficulties and dearth of skilled experts 40
5.3.3 OPPORTUNITIES 41
5.3.3.1 Favorable government initiatives and incentives 41
5.3.3.2 Advancement of building technologies and automation with
data analytics 41
5.3.4 CHALLENGES 42
5.3.4.1 Presence of different communication protocols 42
6 BUILDING AUTOMATION SYSTEM MARKET, BY COMMUNICATION TECHNOLOGY 43
6.1 INTRODUCTION 44
6.2 TRENDS IN BAS MARKET 45
6.3 COMMUNICATION TECHNOLOGY 46
6.3.1 WIRELESS TECHNOLOGIES 46
6.3.1.1 ZigBee 46
6.3.1.2 EnOcean 47
6.3.1.3 Z–Wave 48
6.3.1.4 Wi-Fi 48
6.3.1.5 Bluetooth 48
6.3.1.6 Thread 49
6.3.1.7 Infrared 49
6.3.2 WIRED TECHNOLOGIES 49
6.3.2.1 Digital Addressable Lighting Interface (DALI) 49
6.3.2.2 KNX 50
6.3.2.3 LonWorks 50
6.3.2.4 Building Automation and Control Network (BACnet) 51
6.3.2.5 Modbus 51

7 BUILDING AUTOMATION SYSTEM MARKET, BY OFFERING 52
7.1 INTRODUCTION 53
7.2 FACILITY MANAGEMENT SYSTEMS 55
7.2.1 LIGHTING CONTROL SYSTEMS 56
7.2.1.1 Occupancy sensors 58
7.2.1.1.1 Occupancy sensors help in optimizing lighting usage 58
7.2.1.2 Daylight sensors 59
7.2.1.2.1 Daylight sensors continuously measure daylight levels
and transmit this information to lighting systems 59
7.2.1.3 Relays 59
7.2.1.3.1 Relays are used as switch to turn light on or off 59
7.2.1.4 Timers 60
7.2.1.4.1 Timers are used in staircases, underground parking areas, corridors, and entrances 60
7.2.1.5 Dimming actuators 61
7.2.1.5.1 Dimming actuator is used to control intensity of light output from different light sources 61
7.2.1.6 Switch actuators 62
7.2.1.6.1 Switch actuator requires no additional power supply for operations 62
7.2.1.7 Blind/shutter actuators 62
7.2.1.7.1 Blind/shutter actuators are used to adjust sunlight intensity 62
7.2.1.8 Transmitters 63
7.2.1.8.1 Transmitters is used in lighting control systems to facilitate communication between different electronic devices 63
7.2.1.9 Receivers 64
7.2.1.9.1 Receivers’ main function is to receive signals emitted
by transmitters 64
7.2.2 HVAC CONTROL SYSTEMS 64
7.2.2.1 Sensors 66
7.2.2.1.1 Varieties of sensors including resistance, voltage, and current sensors are used in HVAC 66
7.2.2.2 Smart thermostats 67
7.2.2.2.1 Smart thermostats are used to sense system temperature and maintain it to desired level 67
7.2.2.3 Control valves 68
7.2.2.3.1 Two-way valves 68
7.2.2.3.1.1 Two-way valve uses throttle mechanism to control fluid flow 68
7.2.2.3.2 Three-way valves 68
7.2.2.3.2.1 Three-way valves control fluid flow by mixing and diverting 68

7.2.2.4 Heating and cooling coils 69
7.2.2.4.1 Johnson Controls International (Ireland) is major manufacturer and supplier of heating and cooling coils 69
7.2.2.5 Dampers 69
7.2.2.5.1 Low-leakage dampers 69
7.2.2.5.1.1 Low-leakage damper is fully closed, resulting in very low level of leakage 69
7.2.2.5.2 Parallel and opposed blade dampers 70
7.2.2.5.2.1 Blades in parallel blade dampers rotate in same direction and blades of opposed blade dampers
rotate in opposite directions 70
7.2.2.5.3 Round dampers 70
7.2.2.5.3.1 Round dampers are typically used to control airflow in duct having high static pressure and velocity 70
7.2.2.6 Actuators 71
7.2.2.6.1 Hydraulic actuators 71
7.2.2.6.1.1 Hydraulic actuator contains cylinder or fluid motor that uses hydraulic power for carrying out mechanical operations 71
7.2.2.6.2 Pneumatic actuators 71
7.2.2.6.2.1 Pneumatic actuators utilize vacuum or compressed air under high pressure to convert generated energy into mechanical motion 71
7.2.2.6.3 Electric actuators 71
7.2.2.6.3.1 Electric actuators contain motor that converts electrical energy into mechanical energy 71
7.2.2.7 Pumps and fans 72
7.2.2.7.1 Pumps and fans are responsible for keeping climate in building comfortable 72
7.2.2.8 Smart vents 73
7.2.2.8.1 Smart vents transform air vents into smart devices 73
7.3 SECURITY AND ACCESS CONTROL SYSTEMS 73
7.3.1 VIDEO SURVEILLANCE SYSTEMS 75
7.3.1.1 Hardware 76
7.3.1.1.1 Cameras 77
7.3.1.1.1.1 Camera captures video footage of places under surveillance and can operate nonstop 77
7.3.1.1.2 Monitors 77
7.3.1.1.2.1 Monitors project data obtained by cameras as output of surveillance system 77
7.3.1.1.3 Storage systems 77
7.3.1.1.3.1 Demand for IP-based surveillance storage systems and technologies has increased significantly with introduction of IP cameras 77
7.3.1.1.4 Accessories 77
7.3.1.1.4.1 Accessories are used for connecting various devices and enhancing video surveillance capabilities 77

7.3.1.2 Software/video analytics 78
7.3.1.2.1 Video analytic solutions automatically monitor cameras and alert about unusual or suspicious events 78
7.3.1.3 Services 78
7.3.1.3.1 Cloud services include video recording, remote viewing, storage, management of alerts, and cybersecurity 78
7.3.2 BIOMETRIC SYSTEMS 78
7.3.2.1 Biometric systems use behavioral and biological characteristics of individuals for recognition 78
7.4 FIRE PROTECTION SYSTEMS 79
7.4.1 SENSORS AND DETECTORS 81
7.4.1.1 Smoke detectors 81
7.4.1.1.1 Smoke detectors detect smoke and warn occupants about fire much before flame and heat detectors 81
7.4.1.2 Flame detectors 81
7.4.1.2.1 Flame detectors identify flames by detecting intensity of these radiations through electromagnetic radiation receivers 81
7.4.1.3 Others 81
7.4.2 FIRE SPRINKLERS 82
7.4.2.1 Fire sprinklers start sprinkling water as soon as they receives alerts from fire detecting system 82
7.4.3 FIRE ALARMS 82
7.4.3.1 Fire alarms are installed in buildings to warn people about fire occurrence 82
7.4.4 EMERGENCY LIGHTING, VOICE EVACUATION, AND PUBLIC ALERT DEVICES 83
7.4.4.1 Emergency lighting, voice evacuation, and public alert devices are effective and safe means of informing and evacuating occupants during emergency situations 83
7.5 BUILDING ENERGY MANAGEMENT SOFTWARE 84
7.5.1 BUILDING ENERGY MANAGEMENT SOFTWARE HELPS BUILDING OPERATORS OR HOMEOWNERS TO CONTINUOUSLY MONITOR AND ANALYZE ENERGY USED BY BUILDING 84
7.6 BAS SERVICES 86
7.6.1 INSTALLATION AND MAINTENANCE 87
7.6.1.1 Maintenance services are necessary to ensure work efficiency and long working life of BAS 87
7.6.2 TRAINING 87
7.6.2.1 Training services troubleshoot problems related to BAS functioning 87
7.7 OTHERS 87

8 BUILDING AUTOMATION SYSTEM MARKET, BY APPLICATION 89
8.1 INTRODUCTION 90
8.2 RESIDENTIAL APPLICATIONS 91
8.2.1 DIY HOME AUTOMATION 91
8.2.1.1 Low cost of DIY products, along with the need for improved safety and security in homes, driving demand for DIY home automation products 91
8.3 COMMERCIAL APPLICATIONS 92
8.3.1 OFFICE BUILDINGS 92
8.3.1.1 Office buildings are among prominent end users of BAS 92
8.3.2 RETAIL AND PUBLIC ASSEMBLY BUILDINGS 93
8.3.2.1 Security and access control systems are crucial in this sector to avoid theft and inventory losses 93
8.3.3 HOSPITALS AND HEALTHCARE FACILITIES 93
8.3.3.1 Continuous use of HVAC, lighting, and security systems in hospitals provides opportunity for BAS market growth 93
8.3.4 AIRPORTS AND RAILWAY STATIONS 93
8.3.4.1 Airports and railway stations are large-sized buildings and complexes that require continuous functioning of HVAC and lighting systems 93
8.4 INDUSTRIAL APPLICATION 95
8.4.1 INDUSTRIES EXPECTED TO ADOPT SMART BUILDING SOLUTIONS TO ACHIEVE ENERGY AND COST SAVINGS 95
9 BUILDING AUTOMATION SYSTEM MARKET, BY REGION 97
9.1 INTRODUCTION 98
9.2 NORTH AMERICA 99
9.2.1 US 101
9.2.1.1 US is largest market for BAS in North America 101
9.2.2 CANADA 103
9.2.2.1 To respond to international commitments and take action on climate changes, Pan-Canadian Framework was adopted by Canadian First Ministers in December 2016 103
9.2.3 MEXICO 104
9.2.3.1 Mexico is expected to be lucrative market for BAS 104
9.3 EUROPE 106
9.3.1 UK 108
9.3.1.1 Several building owners in UK prefer to install BAS for energy and cost savings 108
9.3.2 GERMANY 108
9.3.2.1 Rising demand for HVAC and lighting control systems drive BAS market growth in Germany 108
9.3.3 FRANCE 109
9.3.3.1 France is expected to have huge potential for BAS market growth 109
9.3.4 ITALY 110
9.3.4.1 Italian government has taken various steps to promote energy efficiency in buildings 110
9.3.5 REST OF EUROPE 111
9.4 ASIA PACIFIC 112
9.4.1 CHINA 114
9.4.1.1 China holds immense potential for growth of infrastructure industry 114
9.4.2 JAPAN 114
9.4.2.1 Demand for high energy savings drives BAS market growth in Japan 114
9.4.3 INDIA 115
9.4.3.1 Indian BAS market is primarily driven by commercial and industrial applications 115
9.4.4 SOUTH KOREA 117
9.4.4.1 Increasing concern for energy saving and supportive government programs in South Korea drive demand for BAS 117
9.4.5 REST OF APAC 117
9.5 REST OF THE WORLD 118
9.5.1 SOUTH AMERICA 120
9.5.1.1 Growing industrialization has opened new opportunities for construction in residential and commercial sectors 120
9.5.2 MIDDLE EAST AND AFRICA 120
9.5.2.1 HVAC control systems market is expected to grow in Middle east and Africa due to hot and dry climate, which will increase demand for BAS 120
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 122
10.1 INTRODUCTION 122
10.2 MARKET PLAYER RANKING ANALYSIS 124
10.3 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 125
10.3.1 VISIONARY LEADERS 125
10.3.2 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 125
10.3.3 INNOVATORS 126
10.3.4 EMERGING COMPANIES 126
10.4 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO (25 COMPANIES) 127
10.5 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE (25 COMPANIES) 128
10.6 COMPETITIVE SCENARIO 129
10.6.1 PRODUCT LAUNCHES AND DEVELOPMENTS 129
10.6.2 PARTNERSHIPS, COLLABORATIONS, CONTRACTS, AND AGREEMENTS 131
10.6.3 MERGERS AND ACQUISITIONS 132
10.6.4 EXPANSIONS 134

11 COMPANY PROFILES 135
11.1 KEY PLAYERS 135
(Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis)*
11.1.1 HONEYWELL INTERNATIONAL 135
11.1.2 SIEMENS AG 139
11.1.3 JOHNSON CONTROLS INTERNATIONAL 143
11.1.4 SCHNEIDER ELECTRIC 146
11.1.5 UNITED TECHNOLOGIES CORP. 149
11.1.6 ROBERT BOSCH 153
11.1.7 LEGRAND 156
11.1.8 HUBBELL 159
11.1.9 ABB 162
11.1.10 INGERSOLL-RAND 165
11.2 OTHER KEY COMPANIES 168
11.2.1 LUTRON ELECTRONICS CO. 168
11.2.2 CRESTRON ELECTRONICS, INC. 169
11.2.3 BUILDINGIQ 170
11.2.4 HITACHI, LTD. 171
11.2.5 DELTA CONTROLS 171
11.2.6 BECKHOFF AUTOMATION GMBH 172
11.2.7 CONTROL4 173
11.2.8 LENNOX INTERNATIONAL 174
11.2.9 GENERAL ELECTRIC 174
11.2.10 DISTECH CONTROLS 175
*Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 176
12.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 176
12.2 DISCUSSION GUIDE 177
12.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 179
12.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 181
12.5 RELATED REPORTS 181
12.6 AUTHOR DETAILS 182

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-2966
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • バイオPETの世界市場予測
    本調査レポートでは、バイオPETの世界市場について調査・分析し、バイオPETの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アジアの精製石油市場2015
    本調査レポートでは、アジアの精製石油市場2015について調査・分析し、精製石油のアジア市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動テープディスペンサーの世界市場予測2019-2024
    「自動テープディスペンサーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、標準テープ、多目的テープ/ラベルなど、用途別には、Food and Beverage、General Industrial、Consumer Goods、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。自動テープディスペンサーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動テープディスペンサーの世界市場概要(サマリー) ・自動テープディスペンサーの企業別販売量・売上 ・自動テープディスペンサーの企業別市場シェア ・自動テープディスペンサーの世界市場規模:種類別(標準テープ、多目的テープ/ラベル) ・自動テープディスペンサーの世界市場規模:用途別(Food and Beverage、General Industrial、Consumer Goods、Others) ・自動テープディスペンサーの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動テープデ …
  • 心臓アブレーション治療の世界市場
    当調査レポートでは、心臓アブレーション治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓アブレーション治療の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのルーマニア市場
  • 世界の家庭用除湿器市場2015
    本調査レポートでは、世界の家庭用除湿器市場2015について調査・分析し、家庭用除湿器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品保存剤の世界市場
    当調査レポートでは、食品保存剤の世界市場について調査・分析し、食品保存剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ブリスター包装の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ブリスター包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別分析、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、ブリスター包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 4K2Kテレビの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、4K2Kテレビの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、4K2Kテレビの世界市場規模及び予測、ディスプレイ別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの血栓管理装置市場見通し
  • 大麻の世界市場予測(~2023年)
    大麻の世界市場は、2018年の103億米ドルから2023年には394億米ドルに達し、30.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、大麻の医薬品用途の拡大や合法化の推進などが考えれられます。一方で、大麻使用にかかわる複雑な規制構造により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、大麻の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品タイプ(花、濃縮物)分析、化合物(THC優勢、CBD優勢、THC・CBDが均衡)分析、用途(医療、娯楽)分析、大麻の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 分路リアクトルの世界市場予測(~2022年):油入式分路リアクトル、空心式分路リアクトル、可変リアクトル、固定リアクトル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、分路リアクトルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、分路リアクトルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キルギスの抵抗器市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 豚の健康管理の世界市場
    当調査レポートでは、豚の健康管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、豚の健康管理の世界市場規模及び予測、製品別分析、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動推進式人工衛星の世界市場
    当調査レポートでは、電動推進式人工衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動推進式人工衛星の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 農業用生物学的製剤の世界市場2017-2027:種類別(バイオ農薬、バイオスティミュラント、バイオ肥料)、作物別
    当調査レポートでは、農業用生物学的製剤の世界市場について調査・分析し、農業用生物学的製剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)の概要 ・糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Edema)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糖尿病性黄斑浮腫(Diabetic Macular Ede …
  • 好中球減少症治療薬の世界市場
    当調査レポートでは、好中球減少症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、好中球減少症治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無菌試験の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、無菌試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無菌試験市場規模、製品別(キット・試薬、検査機器、サービス)分析、検査別(抗菌有効性検査、容器密封完全性検査、直接接種、膜濾過、迅速ミクロ検査、直接移植)分析、用途別(生物汚染度検査、医療機器製造、医薬品・生物製剤製造、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 無菌試験の世界市場:市場動向分析 ・ 無菌試験の世界市場:競争要因分析 ・ 無菌試験の世界市場:製品別(キット・試薬、検査機器、サービス) ・ 無菌試験の世界市場:検査別(抗菌有効性検査、容器密封完全性検査、直接接種、膜濾過、迅速ミクロ検査、直接移植) ・ 無菌試験の世界市場:用途別(生物汚染度検査、医療機器製造、医薬品・生物製剤製造、その他) ・ 無菌試験の世界市場:主要地域別分析 ・ 無菌試験の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 無菌試験のヨーロッパ市場規模 ・ 無菌試験のアジア市場規模(日本市場、中国市 …
  • 整形外科用副子の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、整形外科用副子の世界市場について調査・分析し、整形外科用副子の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別整形外科用副子シェア、市場規模推移、市場規模予測、整形外科用副子種類別分析(繊維ガラス、ポリエステル、その他)、整形外科用副子用途別分析(病院、整形外科クリニック)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・整形外科用副子の市場概観 ・整形外科用副子のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・整形外科用副子のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・整形外科用副子の世界市場規模 ・整形外科用副子の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・整形外科用副子のアメリカ市場規模推移 ・整形外科用副子のカナダ市場規模推移 ・整形外科用副子のメキシコ市場規模推移 ・整形外科用副子のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・整形外科用副子のドイツ市場規模推移 ・整形外科用副子のイギリス市場規模推移 ・整形外科用副子のロシア市場規模推移 ・整形外科用副子のアジ …
  • 世界のフローサイトメトリー市場:技術別(セルベース、ビーズベース)、製品別(分析装置、選別機、試薬、消耗品、ソフトウェア)、エンドユーザー別(アカデミア、研究所、病院、臨床研究所、Pharma-Biotech Cos)、用途別
    MarketsandMarkets社は、フローサイトメトリーの世界市場規模が2019年40億ドルから2025年64億ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のフローサイトメトリー市場を広く調査・分析し、市場概要、技術別(セルベースフローサイトメトリー、ビーズベースフローサイトメトリー)分析、製品&サービス別(試薬&消耗品、フローサイトメトリー機器、サービス、ソフトウェア、アクセサリー)分析、用途別(研究用途、臨床用途、産業用途)分析、エンドユーザー別(学術研究所、病院および臨床検査研究所、製薬会社およびバイオテクノロジー会社)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のフローサイトメトリー市場:技術別(セルベースフローサイトメトリー、ビーズベースフローサイトメトリー) ・世界のフローサイトメトリー市場:製品&サービス別(試薬&消耗品、フローサイトメトリー機器、サービス、ソフトウェア、アクセサリー) ・世界のフローサイトメトリー市場 …
  • 自動車用バックミラーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用バックミラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、製品別分析、機能別分析、種類別分析、車両種類別分析、自動車用バックミラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業用フローリングの世界市場分析:製品別(ソフトカバー、弾力性、非弾力性、シームレス、木材・ラミネート)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、商業用フローリングの世界市場について調査・分析し、商業用フローリングの世界市場動向、商業用フローリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別商業用フローリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脳波記録装置の世界市場:製品別(EEG機器、EEGアクセサリー)、用途別(疾患診断、睡眠モニタリング、麻酔モニタリング外傷&手術、その他)、エンドユーザー別(病院、診断センター、外来手術センター、研究所、その他)
    本調査レポートでは、脳波記録装置の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(EEG機器、EEGアクセサリー)分析、用途別(疾患診断、睡眠モニタリング、麻酔モニタリング外傷&手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院、診断センター、外来手術センター、研究所、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・脳波記録装置の世界市場:製品別(EEG機器、EEGアクセサリー) ・脳波記録装置の世界市場:用途別(疾患診断、睡眠モニタリング、麻酔モニタリング外傷&手術、その他) ・脳波記録装置の世界市場:エンドユーザー別(病院、診断センター、外来手術センター、研究所、その他) ・脳波記録装置の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 変性ビチューメン(歴青)の世界市場
    当調査レポートでは、変性ビチューメン(歴青)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、変性ビチューメン(歴青)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 低出力電動バイクおよびスクーターの世界市場:車両別、地域別
    本レポートは、低出力電動バイクおよびスクーターの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、車両別(電動スクーター、電動バイク)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・低出力電動バイクおよびスクーターの世界市場:車両別(電動スクーター、電動バイク) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の上流石油・ガススタートアップトラッカー市場2019
    本調査レポートでは、世界の上流石油・ガススタートアップトラッカー市場2019について調査・分析し、上流石油・ガススタートアップトラッカーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、上流石油・ガススタートアップトラッカーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、上流石油・ガススタートアップトラッカーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・上流石油・ガススタートアップトラッカーの市場概要 ・上流石油・ガススタートアップトラッカーの上流・下流市場分析 ・上流石油・ガススタートアップトラッカーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・上流石油・ガススタートアップトラッカーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・上流石油・ガススタートアップトラッカーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・上流石油・ガススタートアップトラッカーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・上流石油・ガススタートア …
  • ポリシリコンの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ポリシリコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、産業別分析、地域別分析、ポリシリコンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペットフードの世界市場
    当調査レポートでは、ペットフードの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ペットフードの世界市場:ペット種類別分析/市場規模 ・ペットフードの世界市場:食品種類別分析/市場規模 ・ペットフードの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ペットフードのアメリカ市場規模予測 ・ペットフードのヨーロッパ市場規模予測 ・ペットフードのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の食品添加物市場:着色料、保存料、乳化剤、調味料、甘味料
  • ホルモン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるホルモン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホルモン・アゴニスト(作動薬)の概要 ・ホルモン・アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のホルモン・アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ホルモン・アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ホルモン・アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 走査型電子顕微鏡の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、走査型電子顕微鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、走査型電子顕微鏡市場規模、最終用途別(半導体、ライフサイエンス、物質科学、ナノテクノロジー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・走査型電子顕微鏡の世界市場概要 ・走査型電子顕微鏡の世界市場環境 ・走査型電子顕微鏡の世界市場動向 ・走査型電子顕微鏡の世界市場規模 ・走査型電子顕微鏡の世界市場:業界構造分析 ・走査型電子顕微鏡の世界市場:最終用途別(半導体、ライフサイエンス、物質科学、ナノテクノロジー) ・走査型電子顕微鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・走査型電子顕微鏡のアメリカ市場規模・予測 ・走査型電子顕微鏡のヨーロッパ市場規模・予測 ・走査型電子顕微鏡のアジア市場規模・予測 ・走査型電子顕微鏡の主要国分析 ・走査型電子顕微鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・走査型電子顕微鏡の世界市場:成長要因、課題 ・走査型電子顕微鏡の世界市場:競争環境 ・ …
  • アメリカのレーザ切断機市場2017-2021
    当調査レポートでは、アメリカのレーザ切断機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのレーザ切断機市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルコール飲料用包装(パッケージング)市場規模、原材料別(ガラス、金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場概要 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場環境 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場動向 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場規模 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:業界構造分析 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:原材料別(ガラス、金属、その他) ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)のアメリカ市場規模・予測 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)のヨーロッパ市場規模・予測 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の …
  • 世界のノートパソコン用ケース市場2015
    本調査レポートでは、世界のノートパソコン用ケース市場2015について調査・分析し、ノートパソコン用ケースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 会計における人工知能(AI)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、会計における人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、展開モード別分析、技術別分析、組織規模別分析、会計における人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、会計における人工知能(AI)の世界市場規模が2019年666百万ドルから2024年4791百万ドルまで年平均48.4%成長すると予測しています。
  • 更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)の概要 ・更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・更年期顔面紅潮(Menopausal Hot Flashes)治療薬 …
  • フィンランドの心臓律動管理装置市場見通し
  • 屋上緑化の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、屋上緑化の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋上緑化市場規模、用途別分析、製品別(大規模型、集約型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屋上緑化の世界市場概要 ・屋上緑化の世界市場環境 ・屋上緑化の世界市場動向 ・屋上緑化の世界市場規模 ・屋上緑化の世界市場:業界構造分析 ・屋上緑化の世界市場:用途別 ・屋上緑化の世界市場:製品別(大規模型、集約型) ・屋上緑化の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屋上緑化の北米市場規模・予測 ・屋上緑化のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・屋上緑化のアジア太平洋市場規模・予測 ・屋上緑化の主要国分析 ・屋上緑化の世界市場:意思決定フレームワーク ・屋上緑化の世界市場:成長要因、課題 ・屋上緑化の世界市場:競争環境 ・屋上緑化の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の眼内レンズ(IOL)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、眼内レンズ(IOL)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・眼内レンズ(IOL)の概要 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:開発段階別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:セグメント別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:領域別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:規制Path別分析 ・眼内レンズ(IOL)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別眼内レンズ(IOL)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・眼内レンズ(IOL)の最近動向
  • 世界のヒドロキシプロピルセルロース(HPC)市場2016
    本調査レポートでは、世界のヒドロキシプロピルセルロース(HPC)市場2016について調査・分析し、ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床試験所サービスの世界市場: サービスプロバイダー別、(病院に拠点を置く、独立型)、テスト類型別(医学微生物学・細胞学、臨床化学)
    本調査レポートでは、臨床試験所サービスの世界市場について調査・分析し、臨床試験所サービスの世界市場動向、臨床試験所サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床試験所サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 着床前遺伝子診断(PGD)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、着床前遺伝子診断(PGD)の世界市場について調べ、着床前遺伝子診断(PGD)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、着床前遺伝子診断(PGD)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(不妊治療クリニック及び産科センター、病院および診断研究所、研究機関)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は着床前遺伝子診断(PGD)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・着床前遺伝子診断(PGD)の市場状況 ・着床前遺伝子診断(PGD)の市場規模 ・着床前遺伝子診断(PGD)の市場予測 ・着床前遺伝子診断(PGD)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(不妊治療クリニック及び産科センター、病院および診断研究所、研究機関) ・着床前遺伝子診断(PGD)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関 …
  • アクリルエラストマーの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アクリルエラストマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、タイプ(アクリルコモノマーエラストマー・ACM、エチレンアクリルエラストマー・AEM)別分析、最終用途産業(自動車、建設、工業)別分析、アクリルエラストマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タイル接着剤および石材接着剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、タイル接着剤および石材接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、化学成分別分析、用途別分析、建設種類別分析、地域別分析、タイル接着剤および石材接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の不妊治療市場規模・予測2017-2025:方法別(生殖補助医療(ART)・人工授精・体外受精(IVF)・代理出産・不妊症手術)、商品別(機械、メディア、付属品)、種類別(男性、女性)、エンドユーザー別(不妊クリニック、病院、精子バンク)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の不妊治療市場について調査・分析し、世界の不妊治療市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の不妊治療関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • アルミ溶接ワイヤの世界市場予測2019-2024
    「アルミ溶接ワイヤの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、純アルミニウム、アルミニウム-マグネシウム合金、アルミニウム-ケイ素合金など、用途別には、Automobile Industry、Shipbuilding Industry、Appliance Industry、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミ溶接ワイヤのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミ溶接ワイヤの世界市場概要(サマリー) ・アルミ溶接ワイヤの企業別販売量・売上 ・アルミ溶接ワイヤの企業別市場シェア ・アルミ溶接ワイヤの世界市場規模:種類別(純アルミニウム、アルミニウム-マグネシウム合金、アルミニウム-ケイ素合金) ・アルミ溶接ワイヤの世界市場規模:用途別(Automobile Industry、Shipbuilding Industry、Appliance Industry、Others) ・アルミ溶接ワイヤの米州市場規 …
  • 電気商用車の世界市場予測(~2027年)
    MarketsandMarkets社は、電気商用車の世界市場規模が2020年26万1千台から2027年1,890千台まで年平均32.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電気商用車の世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向、コンポーネント別(電気モーター、EVバッテリー、水素燃料電池スタック)分析、自動運転車別(電動トラック、電動バス)分析、バッテリー種類別(リチウム-ニッケル-マンガン-コバルト酸化物、リチウム-鉄-リン酸塩、その他)分析、バッテリー容量別(50 kWh未満、50-250 kWh、250 kWh以上)分析、バスの長さ別(9 M未満、9-14 M、14 M以上)分析、電力出力別(100 Kw未満、100-250 Kw、250 Kw以上)分析、推進タイプ別(BEV、Fcev、PHEV)分析、範囲別(150マイル未満、150-300マイル、300マイル以上)分析、車両種類別(電動バス、電動ピックアップトラック、電動トラック、電動バン)分析、地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米など)分析、競合環境、企業概要、推薦事項、付録などを含め次の構成でお届け致しま …
  • Akt3阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAkt3阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Akt3阻害剤の概要 ・Akt3阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のAkt3阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Akt3阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Akt3阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オーディオ アナライザの世界市場予測2019-2024
    「オーディオ アナライザの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、デュアルチャンネル、フォーチャンネル、モジュラーなど、用途別には、Industrial、Commercialなどに区分してまとめた調査レポートです。オーディオ アナライザのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・オーディオ アナライザの世界市場概要(サマリー) ・オーディオ アナライザの企業別販売量・売上 ・オーディオ アナライザの企業別市場シェア ・オーディオ アナライザの世界市場規模:種類別(デュアルチャンネル、フォーチャンネル、モジュラー) ・オーディオ アナライザの世界市場規模:用途別(Industrial、Commercial) ・オーディオ アナライザの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・オーディオ アナライザのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・オーディオ アナライザの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"