"抗菌プラスチックの世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH-3315)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"抗菌プラスチックの世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Consumer awareness pertaining to the importance of antimicrobial plastics is driving the overall antimicrobial plastics market”The antimicrobial plastics market size is estimated to grow from USD 29.6 billion in 2018 to USD 43.1 billion by 2023, at a CAGR of 7.8%. Consumer awareness about health-related issues is growing due to the increasing number of cases of nosocomial infections and epidemic outbreaks of life-threatening diseases such as H5N1 Avian influenza and H1N1 Swine flu in re times. This has resulted in increasing demand from various sectors such as healthcare and medical for antimicrobial plastics due to their high antimicrobial activity, hardness, durability, and transparency. They are also used in non-toxic plastic equipment. The growing demand for medical devices is likely to augment the market of antimicrobial plastics in the healthcare sector. However, volatile prices of raw materials and government regulations on the usage of plastics in certain applications are hindering the growth of the market.

The high performance plastics segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period
The high performance plastics market is growing rapidly and is expected to continue to grow in the future owing to its increasing demand from various applications such as medical and healthcare, electronics, and automotive. The current market is backed by the high demand from APAC as well as improved regulations by regional environment associations and optimized performance of high performance plastics.
The medical and healthcare application segment is expected to hold the largest market share, in terms of volume and value, between 2018 and 2023
The medical and healthcare application leads the antimicrobial plastics market owing to consumer awareness pertaining to the use of antimicrobial plastics and incidences life-threatening diseases such as H1N1 and nosocomial infections in the recent past. Owing to the awareness, the importance of antimicrobial plastics in medical and healthcare application is expected to increase during the forecast period. Moreover, innovation in the medical and healthcare application, for instance, the development of non-toxic plastic equipment is anticipated to fuel the growth of the antimicrobial plastics market. Other application areas of antimicrobial plastics in medical and healthcare application include surgical and medical devices such as catheters, cubicle curtains, beds, and dental implants.

APAC is expected to record the highest growth rate in the antimicrobial plastics market during the forecast period
APAC is the fastest-growing antimicrobial plastics market due to the rapid industrialization coupled with the growing plastics industry. The rising disposable income of consumers along with the changing lifestyle plays a significant role in boosting the growth of the antimicrobial plastics market. APAC consists of approximately 60.0% of the global population, which is expected to increase the demand for packaging, consumer goods, and electronic products. Growing industrialization, backed by infrastructure development in the region, has offered enormous opportunities for the use of antimicrobial plastics in APAC. The increasing middle-class population in the region drives the antimicrobial plastics market. The growing demand and policies, such as emission control and use of environmentally-friendly products, have led to innovation in the plastics industry of the region, making it a plastics hub, globally. The growing population, along with industry alliances, is expected to lead to significant growth of the antimicrobial plastics market in the region.
In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments identified through secondary research, extensive primary interviews were conducted. A breakdown of the primary interviewees are as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-Level – 46%, Director Level – 25%, and Others – 29%
• By Region: North America – 27%, Europe – 27%, APAC – 33%, South America – 7%, and Middle East & Africa – 6%,

The key market players profiled in the report include DowDuPont (US), BASF SE (Germany), Bayer Material Science (Germany), Clariant AG (Switzerland), Lonza Group (Switzerland), PolyOne Corporation (US), Microban International Ltd. (US), Parx Plastics N.V. (Netherlands), King Plastic Corporation (US), BioCote (UK), and Sanitized AG (Switzerland).
Research Coverage
The market study covers the antimicrobial plastics market across segments. It aims at estimating the size and the growth potential of this market, across different segments, such as type, application, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.
Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall antimicrobial plastics in various segments and subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"抗菌プラスチックの世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 18
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 18
1.2 MARKET DEFINITION 18
1.3 MARKET SCOPE 19
1.3.1 MARKET SEGMENTATION 19
1.3.2 REGIONS COVERED 19
1.3.3 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 20
1.4 CURRENCY 20
1.5 UNIT CONSIDERED 20
1.6 LIMITATIONS 20
1.7 STAKEHOLDERS 20
2 RESEARCH METHODOLOGY 21
2.1 RESEARCH DATA 21
2.2 SECONDARY DATA 22
2.2.1 KEY DATA FROM SECONDARY SOURCES 22
2.3 PRIMARY DATA 23
2.3.1 KEY DATA FROM PRIMARY SOURCES 23
2.3.1.1 Key industry insights 24
2.3.1.2 Breakdown of primary interviews 24
2.4 MARKET SIZE ESTIMATION 25
2.4.1 BOTTOM-UP APPROACH 25
2.4.2 TOP-DOWN APPROACH 26
2.5 DATA TRIANGULATION 27
2.6 ASSUMPTIONS 28
3 EXECUTIVE SUMMARY 29
4 PREMIUM INSIGHTS 33
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN THE ANTIMICROBIAL PLASTICS MARKET 33
4.2 ANTIMICROBIAL PLASTICS MARKET, BY APPLICATION 34
4.3 ANTIMICROBIAL PLASTICS MARKET, BY REGION 34
4.4 APAC ANTIMICROBIAL PLASTICS MARKET, BY TYPE AND COUNTRY 35
4.5 ANTIMICROBIAL PLASTICS MARKET, BY KEY COUNTRIES 35

5 MARKET OVERVIEW 36
5.1 INTRODUCTION 36
5.2 MARKET DYNAMICS 36
5.2.1 DRIVERS 37
5.2.1.1 Consumer awareness pertaining to the importance of antimicrobial plastics 37
5.2.1.2 Increasing demand from applications 37
5.2.2 RESTRAINTS 39
5.2.2.1 Volatility in raw material prices 39
5.2.2.2 Government regulations on the usage of plastics in certain applications 40
5.2.3 OPPORTUNITIES 40
5.2.3.1 Growth of the textile industry 40
5.3 PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS 41
5.3.1 THREAT OF SUBSTITUTES 41
5.3.2 THREAT OF NEW ENTRANTS 42
5.3.3 BARGAINING POWER OF SUPPLIERS 42
5.3.4 BARGAINING POWER OF BUYERS 42
5.3.5 INTENSITY OF COMPETITIVE RIVALRY 42
5.4 MACROECONOMIC INDICATORS 43
5.4.1 CONSTRUCTION INDUSTRY 43
6 ANTIMICROBIAL PLASTICS MARKET, BY ADDITIVE 45
6.1 INTRODUCTION 45
6.1.1 INORGANIC 45
6.1.1.1 Silver 45
6.1.1.2 Zinc 45
6.1.1.3 Copper 45
6.1.2 ORGANIC 46
6.1.2.1 Oxybisphenoxarsine 46
6.1.2.2 Triclosan 46
7 ANTIMICROBIAL PLASTICS MARKET, BY TYPE 47
7.1 INTRODUCTION 48
7.2 COMMODITY PLASTICS 49
7.2.1 PE 49
7.2.1.1 APAC is the largest PE market due to its use in various building & construction applications 49
7.2.2 PP 50
7.2.2.1 The rising demand for PP in the packaging, building & construction, and automotive applications is driving the market 50

7.2.3 PS 51
7.2.3.1 Packaging, building & construction, and consumer goods are the major applications of PS 51
7.2.4 PVC 52
7.2.4.1 APAC is likely to fuel the demand for the PVC type of antimicrobial plastics 52
7.2.5 PMMA 53
7.2.5.1 The electronics, automotive, and construction industries are supporting the growth of the PMMA market in APAC 53
7.2.6 PET 54
7.2.6.1 The large manufacturing base of PET-based products in APAC is likely to increase its demand 54
7.2.7 PUR 55
7.2.7.1 China and India are boosting the PUR market in APAC 55
7.3 ENGINEERING PLASTICS 56
7.3.1 ABS 56
7.3.1.1 APAC is driving the demand for ABS owing to its large electronics industry 56
7.3.2 PA 57
7.3.2.1 The rising demand for engineering plastics in APAC is increasing the demand for PA 57
7.3.3 PC 58
7.3.3.1 PC finds use in a wide range of applications due to its lightweight, flexibility, and toughness 58
7.3.4 POM 59
7.3.4.1 Superior properties of POM make it suitable for applications in the construction, automotive, and medical industries 59
7.3.5 OTHERS 60
7.4 HIGH PERFORMANCE PLASTICS 61
7.4.1 MEDICAL AND HEALTHCARE, ELECTRONICS, AND AUTOMOTIVE APPLICATIONS TO INFLUENCE THE GROWTH OF THE MARKET 61
8 ANTIMICROBIAL PLASTICS MARKET, BY APPLICATION 63
8.1 INTRODUCTION 64
8.1.1 PACKAGING 65
8.1.1.1 Growing awareness about health and hygiene is expected to drive the market in the packaging segment 65
8.1.2 AUTOMOTIVE 66
8.1.2.1 Rising production activities in the automotive industry in APAC will fuel the demand 66
8.1.3 CONSUMER GOODS 67
8.1.3.1 Growing population and rapid urbanization in APAC are driving the market in this segment 67
8.1.4 MEDICAL AND HEALTHCARE 68
8.1.4.1 Increasing consumer awareness about personal hygiene and quality of medical equipment are boosting the demand 68
8.1.5 BUILDING & CONSTRUCTION 69
8.1.5.1 Increasing investment in APAC’s construction industry is increasing the demand 69
8.1.6 OTHERS 70
9 ANTIMICROBIAL PLASTICS MARKET, BY REGION 71
9.1 INTRODUCTION 72
9.2 APAC 74
9.2.1 CHINA 78
9.2.1.1 The increasing investments in the automotive, medical, healthcare, building & construction, and consumer goods industries are driving the demand for antimicrobial plastics 78
9.2.2 JAPAN 79
9.2.2.1 The growth of the medical and healthcare industries is boosting the demand for antimicrobial plastics 79
9.2.3 INDIA 79
9.2.3.1 The growing population, improving economic growth, increasing industrialization, and rising infrastructure development are factors contributing to the growth of the market 79
9.2.4 SOUTH KOREA 80
9.2.4.1 Increasing usage of engineering and high performance plastics in the electronics and automotive industries will drive the demand for antimicrobial plastics 80
9.2.5 INDONESIA 81
9.2.5.1 Rising applications of antimicrobial plastics in various industries are positively impacting the market 81
9.2.6 THAILAND 82
9.2.6.1 Growing usage of commodity plastics in the packaging industry is supporting the growth of the antimicrobial plastics market 82
9.2.7 AUSTRALIA & NEW ZEALAND 83
9.2.7.1 Increasing demand for commodity plastics from the consumer goods and packaging industries is supporting the market growth 83
9.2.8 MALAYSIA 83
9.2.8.1 Rising income level and increasing self-awareness are driving the antimicrobial plastics market 83
9.3 EUROPE 85
9.3.1 GERMANY 89
9.3.1.1 Growth in the plastics and packaging industries is driving the antimicrobial plastics market 89
9.3.2 RUSSIA 90
9.3.2.1 The rising automotive industry will support the antimicrobial plastics market 90
9.3.3 ITALY 90
9.3.3.1 The medical and healthcare and automotive industries will support the growth of the antimicrobial plastics market 90

9.3.4 FRANCE 91
9.3.4.1 Applications such as building & construction and medical and healthcare are driving the demand for antimicrobial plastics 91
9.3.5 UK 92
9.3.5.1 Increasing demand for antimicrobial plastics from the building & construction industry to support market growth 92
9.3.6 SPAIN 93
9.3.6.1 Medical and healthcare is the major application of antimicrobial plastics in Spain 93
9.4 NORTH AMERICA 94
9.4.1 US 97
9.4.1.1 Higher per capita spending on plastics to drive the demand for antimicrobial plastics 97
9.4.2 CANADA 98
9.4.2.1 Growth in the automotive and food & beverage industries will support the growth of the antimicrobial plastics market 98
9.4.3 MEXICO 99
9.4.3.1 The building & construction industry is positively influencing the growth of the antimicrobial plastics market 99
9.5 MIDDLE EAST & AFRICA 100
9.5.1 IRAN 103
9.5.1.1 Growing population, rising life expectancies, and rapid urbanization will drive the market 103
9.5.2 SAUDI ARABIA 104
9.5.2.1 Increasing investments for infrastructural development are expected to drive the demand for antimicrobial plastics 104
9.5.3 SOUTH AFRICA 105
9.5.3.1 Growing demand from the packaging industry to fuel the growth of the antimicrobial plastics market 105
9.5.4 UAE 105
9.5.4.1 Rising investments on real estate will drive the demand for antimicrobial plastics 105
9.6 SOUTH AMERICA 107
9.6.1 BRAZIL 110
9.6.1.1 Rising economic growth will drive the demand for antimicrobial plastics across various industries 110
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 111
10.1 INTRODUCTION 111
10.2 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING (TIER 1/TIER 2) 111
10.2.1 TERMINOLOGY/NOMENCLATURE 111
10.2.1.1 Visionary Leaders 111
10.2.1.2 Innovators 111
10.2.2 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO 113
10.2.3 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE 113
10.3 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING (START-UP/SMSE) 114
10.3.1 TERMINOLOGY/NOMENCLATURE 114
10.3.1.1 Progressive companies 114
10.3.1.2 Responsive companies 114
10.3.1.3 Dynamic companies 114
10.3.1.4 Starting blocks 114
10.3.2 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO 116
10.3.3 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE 117
10.4 MARKET SHARE ANALYSIS 118
10.5 COMPETITIVE SCENARIO 119
10.5.1 NEW PRODUCT LAUNCH/DEVELOPMENT 119
10.5.2 CONTRACT & AGREEMENT 120
10.5.3 PARTNERSHIP & COLLABORATION 121
10.5.4 JOINT VENTURE 122
10.5.5 EXPANSION 122
11 COMPANY PROFILES 123
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 DOWDUPONT 123
11.2 BASF SE 126
11.3 BAYER MATERIAL SCIENCE AG 129
11.4 CLARIANT AG 132
11.5 LONZA GROUP AG 135
11.6 POLYONE CORPORATION 138
11.7 MICROBAN INTERNATIONAL LTD. 140
11.8 PARX PLASTICS N.V. 142
11.9 KING PLASTIC CORPORATION 144
11.10 BIOCOTE 146
11.11 MILLIKEN CHEMICAL 147
11.12 SANITIZED AG 148
11.13 OTHER COMPANIES 150
11.13.1 AMERICHEM INC. 150
11.13.2 TEKNOR APEX COMPANY 150
11.13.3 ADDMASTER LIMITED 150
11.13.4 AGION TECHNOLOGIES INC. 150
11.13.5 AKCROS CHEMICAL 150
11.13.6 BIOSAFE INC. 150
11.13.7 DOEFLEX VITAPOL 150
11.13.8 POLYCHEM ALLOY INC. 150
11.13.9 AMERICAN POLYFILM INC. 150
11.13.10 RTP COMPANY 150
11.13.11 HIGHLAND PLASTICS INC. 150
11.13.12 POREX TECHNOLOGIES 151
11.13.13 PLASTICS COLOR CORPORATION 151
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 152
12.1 DISCUSSION GUIDE 152
12.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 156
12.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 158
12.4 RELATED REPORTS 158
12.5 AUTHOR DETAILS 159

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】抗菌プラスチックの世界市場予測(~2023年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH-3315
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
抗菌プラスチックの世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 腸ステントの世界市場
    当調査レポートでは、腸ステントの世界市場について調査・分析し、腸ステントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 腸ステントの世界市場:市場動向分析 - 腸ステントの世界市場:競争要因分析 - 腸ステントの世界市場:製品の種類別 ・自己拡張型金属ステント(SEMS) ・自己拡張型プラスチックステント(SEPS) - 腸ステントの世界市場:ステントの種類別 ・結腸ステント ・食道ステント ・胃十二指腸ステント - 腸ステントの世界市場:エンドユーザー別 ・外来センター ・病院 ・研究センター ・専門科のクリニック - 腸ステントの世界市場:主要地域別分析 - 腸ステントの北米市場規模(アメリカ市場等) - 腸ステントのヨーロッパ市場規模 - 腸ステントのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・腸ステントの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • カゼインタンパク質の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、カゼインタンパク質の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カゼインタンパク質市場規模、製品別(食用カゼイン、工業用カゼイン)分析、種類別(羊乳カゼイン、牛乳カゼイン、その他)分析、機能別(安定化、乳化、発泡、その他)分析、アプリケーション別(食糧生産、農業/飼料、栄養補助食品、化粧品、製薬、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ カゼインタンパク質の世界市場:市場動向分析 ・ カゼインタンパク質の世界市場:競争要因分析 ・ カゼインタンパク質の世界市場:製品別(食用カゼイン、工業用カゼイン) ・ カゼインタンパク質の世界市場:種類別(羊乳カゼイン、牛乳カゼイン、その他) ・ カゼインタンパク質の世界市場:機能別(安定化、乳化、発泡、その他) ・ カゼインタンパク質の世界市場:アプリケーション別(食糧生産、農業/飼料、栄養補助食品、化粧品、製薬、その他) ・ カゼインタンパク質の世界市場:主要地域別分析 ・ カゼ …
  • 粉末射出成形の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、粉末射出成形の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、粉末射出成形市場規模、最終用途別(消費者製品、医療・歯列矯正、自動車、航空宇宙・防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・粉末射出成形の世界市場概要 ・粉末射出成形の世界市場環境 ・粉末射出成形の世界市場動向 ・粉末射出成形の世界市場規模 ・粉末射出成形の世界市場:業界構造分析 ・粉末射出成形の世界市場:最終用途別(消費者製品、医療・歯列矯正、自動車、航空宇宙・防衛) ・粉末射出成形の世界市場:地域別市場規模・分析 ・粉末射出成形のアメリカ市場規模・予測 ・粉末射出成形のヨーロッパ市場規模・予測 ・粉末射出成形のアジア市場規模・予測 ・粉末射出成形の主要国分析 ・粉末射出成形の世界市場:意思決定フレームワーク ・粉末射出成形の世界市場:成長要因、課題 ・粉末射出成形の世界市場:競争環境 ・粉末射出成形の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • スマート変圧器の北米市場
  • 世界の蓄熱装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の蓄熱装置市場2015について調査・分析し、蓄熱装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 煙警報器(煙探知器)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、煙警報器(煙探知器)の世界市場について調査・分析し、煙警報器(煙探知器)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別煙警報器(煙探知器)シェア、市場規模推移、市場規模予測、煙警報器(煙探知器)種類別分析()、煙警報器(煙探知器)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・煙警報器(煙探知器)の市場概観 ・煙警報器(煙探知器)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・煙警報器(煙探知器)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・煙警報器(煙探知器)の世界市場規模 ・煙警報器(煙探知器)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・煙警報器(煙探知器)のアメリカ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のカナダ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のメキシコ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・煙警報器(煙探知器)のドイツ市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器)のイギリス市場規模推移 ・煙警報器(煙探知器 …
  • 世界の魚類タンパク質市場2015
    本調査レポートでは、世界の魚類タンパク質市場2015について調査・分析し、魚類タンパク質の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペットフード用包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ペットフード用包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ペットフード用包装市場規模、包装種類別(軟質包装、硬質包装、カップ、缶、タブ、その他)分析、材料種類別(金属、プラスチック、紙・板紙、その他)分析、ペットフード種類別(セミウェット・ペットフード、ペット用おやつ・ビスケット、高水分型ペットフード、乾燥ペレット、冷蔵・冷凍ペットフード、その他)分析、動物別(ドッグフード、キャットフード、魚餌、鳥用餌、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ペットフード用包装の世界市場:市場動向分析 ・ ペットフード用包装の世界市場:競争要因分析 ・ ペットフード用包装の世界市場:包装種類別(軟質包装、硬質包装、カップ、缶、タブ、その他) ・ ペットフード用包装の世界市場:材料種類別(金属、プラスチック、紙・板紙、その他) ・ ペットフード用包装の世界市場:ペットフード種類別(セミウェット・ペットフード、ペット用おやつ・ビス …
  • PPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストの概要 ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のPPAR-ベータ/デルタアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PPAR-ベータ/デルタアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PPAR-ベータ/デルタアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 気管支炎治療薬の世界市場:抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬
    当調査レポートでは、気管支炎治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、気管支炎治療薬市場規模、薬剤種類別(抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬)分析、用途別(急性気管支炎、慢性気管支炎)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・気管支炎治療薬の世界市場概要 ・気管支炎治療薬の世界市場環境 ・気管支炎治療薬の世界市場動向 ・気管支炎治療薬の世界市場規模 ・気管支炎治療薬の世界市場:業界構造分析 ・気管支炎治療薬の世界市場:薬剤種類別(抗生剤、抗炎症薬、気管支拡張薬、粘液溶解薬) ・気管支炎治療薬の世界市場:用途別(急性気管支炎、慢性気管支炎) ・気管支炎治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・気管支炎治療薬の北米市場規模・予測 ・気管支炎治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・気管支炎治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・気管支炎治療薬の主要国分析 ・気管支炎治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・気管支炎治療 …
  • 自動車用エンドポイント認証の世界市場予測(~2022年):ウェアラブル、スマートフォンアプリ、生体認証
    当調査レポートでは、自動車用エンドポイント認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、ネットワーク別分析、機能別分析、地域別分析、自動車用エンドポイント認証の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 閉経後膣萎縮(PVA)治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、閉経後膣萎縮(PVA)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、閉経後膣萎縮(PVA)治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リキッドバイオプシーの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、リキッドバイオプシーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、癌種類別分析、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • HVAC(空調)装置用バルブの世界市場:ボール弁、グローブ弁、バタフライ弁
    当調査レポートでは、HVAC(空調)装置用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVAC(空調)装置用バルブの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 短腸症候群(Short Bowel Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における短腸症候群(Short Bowel Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、短腸症候群(Short Bowel Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome)の概要 ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の短腸症候群(Short Bowel Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • クリプトスポリジウム検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • PHM(集団健康管理)の世界市場:製品別(ソフトウェア、サービス)、最終用途別(納税者、プロバイダ―、雇用者グループ)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、PHM(集団健康管理)の世界市場について調査・分析し、PHM(集団健康管理)の世界市場動向、PHM(集団健康管理)の世界市場規模、市場予測、セグメント別PHM(集団健康管理)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 有機食品・飲料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、有機食品・飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、有機食品・飲料市場規模、製品別(有機食品、有機飲料)分析、タイプ別(生鮮商品(果物・野菜)、袋詰食料品(果物・野菜)、穀物)分析、消費別(加工済み有機食品、新鮮な有機食品)分析、販売チャネル別(小売、卸売業者・代理店)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 有機食品・飲料の世界市場:市場動向分析 ・ 有機食品・飲料の世界市場:競争要因分析 ・ 有機食品・飲料の世界市場:製品別(有機食品、有機飲料) ・ 有機食品・飲料の世界市場:タイプ別(生鮮商品(果物・野菜)、袋詰食料品(果物・野菜)、穀物) ・ 有機食品・飲料の世界市場:消費別(加工済み有機食品、新鮮な有機食品) ・ 有機食品・飲料の世界市場:販売チャネル別(小売、卸売業者・代理店) ・ 有機食品・飲料の世界市場:主要地域別分析 ・ 有機食品・飲料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 有機食品・飲料のヨーロッパ市 …
  • マイクロディスプレイの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクロディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロディスプレイの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 有機とうもろこしの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、有機とうもろこしの世界市場について調査・分析し、有機とうもろこしの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別有機とうもろこしシェア、市場規模推移、市場規模予測、有機とうもろこし種類別分析()、有機とうもろこし用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・有機とうもろこしの市場概観 ・有機とうもろこしのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・有機とうもろこしのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・有機とうもろこしの世界市場規模 ・有機とうもろこしの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・有機とうもろこしのアメリカ市場規模推移 ・有機とうもろこしのカナダ市場規模推移 ・有機とうもろこしのメキシコ市場規模推移 ・有機とうもろこしのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・有機とうもろこしのドイツ市場規模推移 ・有機とうもろこしのイギリス市場規模推移 ・有機とうもろこしのロシア市場規模推移 ・有機とうもろこしのアジア市場分析(日本、中 …
  • ケニアの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • サーマルインターフェイスの世界市場分析:製品別(テープ・フィルム、エラストマーパッド、グリース・接着剤、相変化材料、金属ベース)、用途別(電気通信、コンピュータ、医療機器、自動車電子部品)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、サーマルインターフェイスの世界市場について調査・分析し、サーマルインターフェイスの世界市場動向、サーマルインターフェイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別サーマルインターフェイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用スマートアンテナの世界市場予測(~2025年)
    自動車用スマートアンテナの市場は、2018年の23億米ドルから2025年には59億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は14.2%と予測されています。コネクテッドビークル向け携帯電話アプリケーションの増大およびコネクティビティベースの安全機能の増加は、この市場の成長を促す重要な原動力となっています。当調査レポートでは、自動車用スマートアンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、車両別(小型商用車、商用車)分析、周波数別(短波、超短波、極超短波)分析、コンポーネント別(トランシーバー、ECU、その他)分析、電気自動車別(BEV、HEV、PHEV)分析、自動車用スマートアンテナの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Corian製アクリル系固体表面の世界市場:種類別(鋳造成形、押出成形)、用途別(商業用、住宅用)、地域別予測
    本資料は、Corian製アクリル系固体表面の世界市場について調べ、Corian製アクリル系固体表面の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(鋳造成形、押出成形)分析、用途別(商業用、住宅用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはDuPont、Lion Chemtech 、LG Hausys、 Lottechem、Hanwha、DURASEIN、ARISTECH SURFACES、Swan、Wilsonart、Monerte Surfaces Materials、Gelandi、KingKonree International、SYSTEMPOOLなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・Corian製アクリル系固体表面の世界市場概要 ・Corian製アクリル系固体表面の世界市場環境 ・Corian製アクリル系固体表面の世界市場動向 ・Corian製アクリル系固体表面の世界市場規模 ・Corian製アクリル系固体表面の世界市場規模:種類別(鋳造成形、押出 …
  • 歯科用診断・手術装置の世界市場
    本調査レポートでは、歯科用診断・手術装置の世界市場について調査・分析し、歯科用診断・手術装置の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用複合材の世界市場:金属基複合材料、高分子基複合材料、セラミック基複合材料
    当調査レポートでは、自動車用複合材の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車用複合材の世界市場:製造方式別分析/市場規模 ・自動車用複合材の世界市場:種類別分析/市場規模 ・自動車用複合材の世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車用複合材の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車用複合材のアメリカ市場規模予測 ・自動車用複合材のヨーロッパ市場規模予測 ・自動車用複合材のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 水ベースの顔料の世界市場分析:用途別(塗料・コーティング、インキ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、水ベースの顔料の世界市場について調査・分析し、水ベースの顔料の世界市場動向、水ベースの顔料の世界市場規模、市場予測、セグメント別水ベースの顔料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の燃料用酸化防止剤市場
  • 偽造防止包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、偽造防止包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、偽造防止包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レーダーセキュリティの世界市場:地上監視レーダー(GSR)、対空監視レーダー(ASR)、海上監視レーダー(MSR)
    当調査レポートでは、レーダーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、監視種類別分析、範囲別分析、用途別分析、地域別分析、レーダーセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアミドチオりん酸O,O-ジメチル(DMPAT)市場2016
    本調査レポートでは、世界のアミドチオりん酸O,O-ジメチル(DMPAT)市場2016について調査・分析し、アミドチオりん酸O,O-ジメチル(DMPAT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷凍・冷蔵倉庫の北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、冷凍・冷蔵倉庫の北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷凍・冷蔵倉庫の北米市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 Technavio社は冷凍・冷蔵倉庫の北米市場が2017-2021年期間中に年平均13.39%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Americold• Lineage Logistics• Preferred Freezer Services• John Swire & Sons Pty等です。
  • ディスクリート産業におけるI/Oモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ディスクリート産業におけるI/Oモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディスクリート産業におけるI/Oモジュールの世界市場規模及び予測、コントローラー別分析、地域別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドカー用機器の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、コネクテッドカー用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、通信種類別分析、ネットワーク種類別分析、製品種類別分析、車両種類別分析、コネクテッドカー用機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オンラインプロジェクト管理ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オンラインプロジェクト管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンラインプロジェクト管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の実験室用ろ過市場:製品別(フィルターアセンブリ、フィルターメディアアクセサリー)、技術別(限外ろ過、精密ろ過、ナノろ過、RO)、エンドユーザー別(医薬品、バイオ医薬品会社、飲食店)、地域別
    MarketsandMarkets社は、実験室用ろ過の世界市場規模が2019年25億ドルから2025年41億ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の実験室用ろ過市場を広く調査・分析し、市場概要、業界インサイト、製品別(ろ過媒体、ろ過アセンブリ、ろ過アクセサリー)分析、技術別(精密ろ過、限外ろ過、逆浸透、真空ろ過、ナノろ過)分析、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品会社、学術研究機関、食品および飲料会社、病院および診断研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界インサイト ・世界の実験室用ろ過市場:製品別(ろ過媒体、ろ過アセンブリ、ろ過アクセサリー) ・世界の実験室用ろ過市場:技術別(精密ろ過、限外ろ過、逆浸透、真空ろ過、ナノろ過) ・世界の実験室用ろ過市場:エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品会社、学術研究機関、食品および飲料会社、病院および診断研究所) ・世界の実験室用ろ過市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 接着剤およびシーラントの世界市場予測(~2023年):水溶性、油溶性、ホットメルト型、反応型、その他
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、接着剤およびシーラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別(水溶性、油溶性、ホットメルト型、反応型、その他)分析、シーラントの樹脂別(シリコーン、ポリウレタン、プラスチゾル、エマルジョン、ブチル、ポリスルフィド)分析、接着剤およびシーラントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脂肪酸メチルエステルスルホネート(FMES)の世界市場分析:エンドユーザー別(パーソナルケア、洗剤)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、競争戦略、セグメント予測
    本調査レポートでは、脂肪酸メチルエステルスルホネート(FMES)の世界市場について調査・分析し、脂肪酸メチルエステルスルホネート(FMES)の世界市場動向、脂肪酸メチルエステルスルホネート(FMES)の世界市場規模、市場予測、セグメント別脂肪酸メチルエステルスルホネート(FMES)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • UV安定剤の世界市場2017-2021:光安定剤(HALS)、紫外線吸収剤(UVA)、消光剤
    当調査レポートでは、UV安定剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UV安定剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界におけるベビー用品のネット通販市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界におけるベビー用品のネット通販市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界におけるベビー用品のネット通販市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場規模及び予測、ギア種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用オルタネーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用オルタネーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用オルタネーターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 除菌の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、除菌の世界市場について調査・分析し、除菌の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・除菌の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・除菌の世界市場規模:膜の細孔サイズ別分析 ・除菌の世界市場規模:用途別分析 ・除菌の世界市場規模:製品別分析 ・除菌の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 展開式軍用シェルターシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、展開式軍用シェルターシステムの世界市場について調査・分析し、展開式軍用シェルターシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別展開式軍用シェルターシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、展開式軍用シェルターシステム種類別分析(小型(長さ6メートル以下)、大型(長さ6メートル以上))、展開式軍用シェルターシステム用途別分析(司令所、医療施設ベース、航空機・車両整備、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・展開式軍用シェルターシステムの市場概観 ・展開式軍用シェルターシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・展開式軍用シェルターシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・展開式軍用シェルターシステムの世界市場規模 ・展開式軍用シェルターシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・展開式軍用シェルターシステムのアメリカ市場規模推移 ・展開式軍用シェルターシステムのカナダ市場規模推移 ・展開式軍用シェルターシステムのメキシコ市場規模推移 …
  • 医療用セラミックスの世界市場:生体不活性セラミックス、生体活性セラミックス、合成吸収性セラミックス
    当調査レポートでは、医療用セラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用セラミックスの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シャンプーの世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 髄膜炎菌ワクチンの世界市場
    当調査レポートでは、髄膜炎菌ワクチンの世界市場について調査・分析し、髄膜炎菌ワクチンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気配線相互接続システム(EWIS)市場規模、コンポーネント別(保護材料、コネクター・コネクターアクセサリー、クランプ、ワイヤー・ケーブル、電気スプライス、その他)分析、航空タイプ別(ビジネス・一般用、軍用、商用)分析、用途別(インテリア、アビオニクス、機体、推進装置、発電所、その他)分析、エンドユーザー別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場:市場動向分析 ・ 電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場:競争要因分析 ・ 電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場:コンポーネント別(保護材料、コネクター・コネクターアクセサリー、クランプ、ワイヤー・ケーブル、電気スプライス、その他) ・ 電気配線相互接続システム(EWIS)の世界市場:航空タイプ別(ビジネス・ …
  • グリッドスケール電池の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、グリッドスケール電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、所有権別分析、用途別分析、地域別分析、グリッドスケール電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯切り盤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、歯切り盤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯切り盤の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"