"ブロックチェーンIoTの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-6994)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ブロックチェーンIoTの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Blockchain market in IoT to grow at CAGR of 92.92% from 2019 to 2024”The blockchain IoT market is projected to be valued at USD 3,021 million by 2024 from USD 113.1 million in 2019; it is expected to grow at a CAGR of 92.92%. Major factors driving the market growth are increasing adoption of IoT, growing need for IoT security, simplifying business processes and affording transparency and immutability, and increasing focus on operational efficiency. Further, underlying opportunities for the blockchain IoT market include higher adoption of blockchain solutions for smart contracts and digital identity and rising government initiatives. Major restraints for the market are uncertain regulatory status and higher latency with an increase in the number of nodes. The lack of awareness about blockchain technology and lack of standards pose major challenges to the blockchain IoT market.
Infrastructure provider segment is expected to hold largest share of blockchain IoT market during forecast period
The infrastructure provider segment is expected to hold the largest share of the blockchain IoT market during the forecast period. Infrastructure providers offer commutable infrastructure for developing, deploying, and managing enterprise-grade blockchain applications. These providers help enterprises implement blockchain technology and develop solutions to fulfill the increasing need for customer services. Blockchain can synchronize data across multiple entities, thereby building trust and encouraging customers to collaborate. Hence, companies are adopting coexistence as an approach to combine their infrastructure with emerging technologies.
Among all applications, data security application is expected to hold largest size of blockchain IoT market from 2018 to 2024
Data security is the major application in the blockchain IoT market; therefore, this application is expected to hold the largest market share during the forecast period. Blockchain can help to overcome the problem of managing and securing data of industrial IoT and operational technology (OT) devices. Using blockchain with IoT stands to benefit applications enormously. Current applications rely on the client–server model to function. The blockchain model would prevent attacks from happening. Since a decentralized database would remove any one point of weakness, attackers would have to target individual nodes on the network instead.
Blockchain IoT market in APAC is projected to grow at highest CAGR during forecast period.
APAC is expected to be the largest blockchain IoT market during the forecast period. This market is further divided into China, Japan, South Korea, India, and the Rest of APAC. Rest of APAC mainly includes Singapore, Malaysia, Thailand, Australia, and New Zealand. China is the largest market among all APAC countries. China, Japan, South Korea, and India are witnessing growth in blockchain IoT and blockchain start-ups. Blockchain adoption in developing countries of APAC helps organizations transform their business processes. Blockchain applications with IoT help create transparent and decentralized business processes. The key financial and shipping and trading hubs such as Hong Kong and Singapore provide huge opportunities for the adoption of blockchain in various industry verticals.
Breakdown of primary participants’ profile:
• By Company Type: Tier 1 – 30%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 40%
• By Designation: C-Level Executives – 45%, Directors – 30%, and Others – 25%
• By Region: North America – 30%, Europe – 40%, APAC – 25%, and RoW – 5%

IBM Corporation (US), Microsoft Corporation (US), Intel Corporation (US), Amazon.com, Inc. (US), Cisco Systems (US), Ethereum Foundation (Switzerland), The Linux Foundation (US), R3 (US), Filament (Nevada), and KrypC (India) are a few major players in the blockchain IoT market.
Research Coverage:
Various market segments have been covered in this report. These include offering, application, end user, and geography. It also gives a detailed view of the market across 4 main regions: North America, Europe, APAC, and RoW.
Reasons to Buy the Report:
• This report includes statistics pertaining to the blockchain IoT market in terms of offering, application, end user, and region, along with their respective market sizes.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the blockchain IoT market have been provided in detail in this report.
• The report includes illustrative segmentation, analysis, and forecast for the blockchain IoT market based on its segments and subsegments.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ブロックチェーンIoTの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 15
1.1 STUDY OBJECTIVES 15
1.2 DEFINITION 15
1.3 STUDY SCOPE 16
1.3.1 MARKETS COVERED 16
1.3.2 YEARS CONSIDERED 16
1.4 CURRENCY 17
1.5 LIMITATIONS 17
1.6 STAKEHOLDERS 17
2 RESEARCH METHODOLOGY 18
2.1 RESEARCH DATA 18
2.1.1 SECONDARY AND PRIMARY RESEARCH 19
2.1.1.1 Key industry insights 20
2.1.2 SECONDARY DATA 20
2.1.2.1 List of major secondary sources 20
2.1.2.2 Secondary sources 21
2.1.3 PRIMARY DATA 21
2.1.3.1 Breakdown of primaries 21
2.1.3.2 Primary sources 22
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 22
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 23
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 24
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 25
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 26
3 EXECUTIVE SUMMARY 27
4 PREMIUM INSIGHTS 31
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN BLOCKCHAIN IOT MARKET 31
4.2 BLOCKCHAIN IOT MARKET FOR SOFTWARE, BY APPLICATION 31
4.3 BLOCKCHAIN IOT MARKET FOR SMART CITY, BY REGION 32
4.4 BLOCKCHAIN IOT MARKET IN APAC, BY APPLICATION AND COUNTRY 32
4.5 BLOCKCHAIN IOT MARKET, BY GEOGRAPHY 33

5 MARKET OVERVIEW 34
5.1 INTRODUCTION 34
5.2 MARKET DYNAMICS 34
5.2.1 DRIVERS 35
5.2.1.1 Increasing adoption of IoT 35
5.2.1.2 Growing need for IoT security 35
5.2.1.3 Simplifying business processes and affording transparency and immutability 35
5.2.1.4 Increasing focus on operational efficiency 36
5.2.2 RESTRAINTS 36
5.2.2.1 Uncertain regulatory status 36
5.2.2.2 Higher latency with increase in number of nodes 36
5.2.3 OPPORTUNITIES 37
5.2.3.1 Higher adoption of blockchain solutions for smart contracts and digital identity 37
5.2.3.2 Rising government initiatives 37
5.2.4 CHALLENGES 37
5.2.4.1 Lack of awareness about blockchain technology 37
5.2.4.2 Lack of standards 38
6 BLOCKCHAIN IOT MARKET, BY OFFERING 39
6.1 INTRODUCTION 40
6.2 HARDWARE 41
6.2.1 HARDWARE TO GROW AT THE FASTEST RATE IN BLOCKCHAIN IOT MARKET 41
6.3 SOFTWARE 42
6.3.1 BLOCKCHAIN SOLUTIONS ARE MOVING FROM PROOF OF CONCEPT TO PRODUCTION STAGE 42
6.4 INFRASTRUCTURE PROVIDER 44
6.4.1 INFRASTRUCTURE PROVIDERS OFFER COMMUTABLE INFRASTRUCTURE FOR DEVELOPING, DEPLOYING, AND MANAGING BLOCKCHAIN APPLICATIONS 44
7 BLOCKCHAIN IOT MARKET, BY APPLICATION 45
7.1 INTRODUCTION 46
7.2 SMART CONTRACTS 47
7.2.1 SMART CONTRACTS CAN VALIDATE AND ENFORCE THE NEGOTIATION OF A CONTRACT WITHIN AN IOT ECOSYSTEM 47
7.3 DATA SECURITY 49
7.3.1 DATA SECURITY TO BE THE LARGEST APPLICATION IN BLOCKCHAIN IOT MARKET 49
7.4 DATA SHARING/COMMUNICATION 50
7.4.1 BLOCKCHAIN IN DATA SHARING PROVIDES POINT-TO-POINT CONSENT SOLUTION 50

7.5 ASSET TRACKING AND MANAGEMENT 52
7.5.1 ASSET TRACKING AND MANAGEMENT IS THE FASTEST GROWING APPLICATION IN BLOCKCHAIN IOT MARKET 52
7.6 OTHERS 54
7.6.1 REAL-TIME WORKFORCE TRACKING AND WORKFORCE MANAGEMENT ARE OTHER MAJOR APPLICATIONS OF BLOCKCHAIN IOT 54
8 BLOCKCHAIN IOT MARKET, BY END USER 57
8.1 INTRODUCTION 58
8.2 ENERGY & UTILITY 59
8.2.1 BLOCKCHAIN TO IMPROVE PROCESS EFFICIENCIES AND REDUCE IT COSTS IN ENERGY & UTILITY 59
8.3 TRANSPORTATION & LOGISTICS 60
8.3.1 TRANSPORTATION & LOGISTICS EXPECTED TO BE THE LARGEST INDUSTRY FOR BLOCKCHAIN IOT 60
8.4 MANUFACTURING 61
8.4.1 SECURITY TO BE THE MAJOR APPLICATION FOR BLOCKCHAIN IOT IN MANUFACTURING INDUSTRY 61
8.5 BUILDING MANAGEMENT 62
8.5.1 BLOCKCHAIN IOT TO MAKE SMART HOME DEVICE IMMUTABLE AND SECURE FROM CYBER-SECURITY 62
8.6 HEALTHCARE 63
8.6.1 BLOCKCHAIN IOT TO ADDRESS MEDICAL RECORD INTEROPERABILITY, DATA SECURITY, AND PREVENTING COUNTERFEIT DRUGS IN HEALTHCARE 63
8.7 RETAIL 64
8.7.1 BLOCKCHAIN IOT TO ELEVATE CUSTOMER EXPERIENCE IN RETAIL 64
8.8 WEARABLE AND MOBILE DEVICES 66
8.8.1 BLOCKCHAIN IOT TO ENABLE INTEGRITY AND SECURITY OF DATA IN MOBILE DEVICE 66
8.9 SMART CITY 67
8.9.1 BLOCKCHAIN IOT TO TRACK DATA, ELIMINATE SECURITY BREACHES, PROVIDE SEAMLESS TRANSACTIONS, AND OFFER REASSURING TRANSPARENCY FOR PUBLIC SERVICES 67
8.10 OTHERS 68
9 GEOGRAPHIC ANALYSIS 70
9.1 INTRODUCTION 71
9.2 NORTH AMERICA 72
9.2.1 US 75
9.2.1.1 US a major contributor of blockchain market in North America 75
9.2.2 CANADA 75
9.2.2.1 Canada holds significant growth opportunities for blockchain IoT market in North America 75
9.2.3 MEXICO 76
9.2.3.1 Mexico to evolve as a major contributor to the blockchain IoT market in North America 76
9.3 EUROPE 76
9.3.1 GERMANY 79
9.3.1.1 Germany is the fastest growing market blockchain IoT in Europe 79
9.3.2 UK 79
9.3.2.1 UK to account for the largest share of blockchain IoT market in Europe 79
9.3.3 FRANCE 80
9.3.3.1 Company initiatives to drive blockchain IoT market in France 80
9.3.4 REST OF EUROPE 80
9.4 APAC 80
9.4.1 CHINA 83
9.4.1.1 China held largest share of blockchain IoT market in APAC 83
9.4.2 JAPAN 83
9.4.2.1 Japan to provide attractive opportunities for blockchain IoT 83
9.4.3 SOUTH KOREA 84
9.4.3.1 Government initiative to drive blockchain IoT market in South Korea 84
9.4.4 INDIA 84
9.4.4.1 Government initiated blockchain projects to drive blockchain IoT market in India 84
9.4.5 REST OF APAC 84
9.5 ROW 84
9.5.1 SOUTH AMERICA 86
9.5.1.1 South America to be one of the fastest growing regions for blockchain IoT 86
9.5.2 MIDDLE EAST AND AFRICA 87
9.5.2.1 Saudi Arabia, Israel and South Africa are expected to be the major contributors of blockchain IoT market in MEA 87
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 88
10.1 OVERVIEW 88
10.2 RANKING ANALYSIS OF KEY PLAYERS IN BLOCKCHAIN IOT MARKET 89
10.3 COMPETITIVE SITUATIONS AND TRENDS 90
10.3.1 PRODUCT LAUNCHES 90
10.3.2 AGREEMENTS, PARTNERSHIPS, COLLABORATIONS, & CONTRACTS 91
10.3.3 EXPANSION 91
10.4 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING, 2018 92
10.4.1 VISIONARY LEADERS 92
10.4.2 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 92
10.4.3 INNOVATORS 92
10.4.4 EMERGING COMPANIES 92

11 COMPANY PROFILES 94
11.1 KEY PLAYERS 94
(Business overview, Products offered, Recent Developments, Other recent developments, SWOT analysis, MNM view)*
11.1.1 IBM 94
11.1.2 MICROSOFT 101
11.1.3 INTEL 105
11.1.4 AMAZON 108
11.1.5 CISCO SYSTEMS 112
11.1.6 ETHEREUM FOUNDATION 114
11.1.7 THE LINUX FOUNDATION 115
11.1.8 R3 116
11.1.9 FILAMENT 118
11.1.10 KRYPC 120
11.1.11 IOTEX 121
11.1.12 FACTOM 123
*Details on Business overview, Products offered, Recent Developments, Other recent developments, SWOT analysis, MNM view might not be captured in case of unlisted companies.
11.2 OTHER COMPANIES 124
11.2.1 DISCOVERY 124
11.2.2 IOTA 124
11.2.3 ATONOMI 125
11.2.4 XAGE, INC. 125
11.2.5 AMBROSUS 125
11.2.6 WALTONCHAIN 126
12 APPENDIX 127
12.1 INSIGHTS FROM INDUSTRY EXPERTS 127
12.2 DISCUSSION GUIDE 128
12.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 132
12.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 134
12.5 RELATED REPORTS 134
12.6 AUTHOR DETAILS 135

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ブロックチェーンIoTの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-6994
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ブロックチェーンIoTの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • エナジードリンクの世界市場2015
  • 光波長サービス(OWS)の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、光波長サービス(OWS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、バンド幅別(10Gbps以下、40、100、100以上)分析、用途別(SONET、イーサネット、OTN)分析、インターフェース別 (短距離、メトロ、長距離)分析、組織規模別分析、光波長サービス(OWS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 光インターコネクトの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、光インターコネクトの世界市場について調査・分析し、光インターコネクトの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・光インターコネクトの世界市場規模:インターコネクトレベル別分析 ・光インターコネクトの世界市場規模:ファイバーモード別分析 ・光インターコネクトの世界市場規模:製品別分析 ・光インターコネクトの世界市場規模:用途別分析 ・光インターコネクトの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • スマート電力メーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマート電力メーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート電力メーターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリフェニレンエーテル(PPE)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリフェニレンエーテル(PPE)市場2016について調査・分析し、ポリフェニレンエーテル(PPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビタミンD3の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビタミンD3の世界市場について調査・分析し、ビタミンD3の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビタミンD3シェア、市場規模推移、市場規模予測、ビタミンD3種類別分析(オイル、粉末、結晶)、ビタミンD3用途別分析(食品業界、医薬品業界)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビタミンD3の市場概観 ・ビタミンD3のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビタミンD3のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビタミンD3の世界市場規模 ・ビタミンD3の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビタミンD3のアメリカ市場規模推移 ・ビタミンD3のカナダ市場規模推移 ・ビタミンD3のメキシコ市場規模推移 ・ビタミンD3のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ビタミンD3のドイツ市場規模推移 ・ビタミンD3のイギリス市場規模推移 ・ビタミンD3のロシア市場規模推移 ・ビタミンD3のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • 3Dプリンティング技術の世界市場
    当調査レポートでは、3Dプリンティング技術の世界市場について調査・分析し、3Dプリンティング技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・3Dプリンティング技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・3Dプリンティング技術の世界市場:セグメント別市場分析 ・3Dプリンティング技術の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、熱変色性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別(ロイコ染料、液晶、顔料)分析、エンドユーズ産業別(包装、印刷およびコーティング、医療、繊維)分析、熱変色性材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、熱変色性材料の世界市場規模が2019年13億ドルから2024年21億ドルまで年平均9.5%成長すると予測しています。
  • グルタミン酸塩受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルタミン酸塩受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニストの概要 ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグルタミン酸塩受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルタミン酸塩受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 弾薬取扱装置の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、弾薬取扱装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、武器種類別分析、仕組み別分析、地域別分析、弾薬取扱装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン共重合体)市場(~2019)
  • ビジネスエチケット研修のアジア太平洋市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビジネスエチケット研修のアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビジネスエチケット研修のアジア太平洋市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術部位感染管理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、手術部位感染管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、手術部位感染管理市場規模、感染種類別(深部切開手術部位感染症(SSI)、臓器/腔手術部位感染症(SSI)、表層切開手術部位感染症(SSI))分析、手術別(帝王切開、胃バイパス、白内障手術、歯科修復、その他)分析、製品別(外科用スクラブ、外科用潅注、バリカン、皮膚用製品ソリューション、手術用手袋、その他)分析、エンドユーザー別(外来外科センター、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 手術部位感染管理の世界市場:市場動向分析 ・ 手術部位感染管理の世界市場:競争要因分析 ・ 手術部位感染管理の世界市場:感染種類別(深部切開手術部位感染症(SSI)、臓器/腔手術部位感染症(SSI)、表層切開手術部位感染症(SSI)) ・ 手術部位感染管理の世界市場:手術別(帝王切開、胃バイパス、白内障手術、歯科修復、その他) ・ 手術部位感染管理の世界市場:製品別(外科用スクラ …
  • 工業用ワックスの世界市場予測:化石ベース、合成ベース、バイオベース
    当調査レポートでは、工業用ワックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、工業用ワックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水痘生ワクチンの世界市場:製品別(一価水痘生ワクチン、水痘生ワクチンの組み合わせ)、用途別(帯状疱疹予防接種、MMRV予防接種)、プロバイダー別(公共プロバイダー、民間プロバイダー)
    当調査レポートでは、水痘生ワクチンの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品別分析、用途別分析、プロバイダー別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・水痘生ワクチンの世界市場:製品別(一価水痘生ワクチン、水痘生ワクチンの組み合わせ) ・水痘生ワクチンの世界市場:用途別(帯状疱疹予防接種、MMRV予防接種) ・水痘生ワクチンの世界市場:プロバイダー別(公共プロバイダー、民間プロバイダー) ・水痘生ワクチンの世界市場:地域別 ・企業概要
  • コンテンツ分析アプリケーションの世界市場:音声分析、テキスト分析、ウェブ分析、ソーシャルメディア分析
    当調査レポートでは、コンテンツ分析アプリケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、導入方式別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗がん剤上位10種類の世界市場:地域別(ヨーロッパ、アジア太平洋、LAMEA)
    本市場調査レポートでは抗がん剤上位10種類について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・抗がん剤上位10種類の世界市場:地域別 ・企業概要
  • 自動車産業用ロボットの世界市場:マテリアルハンドリングロボット、組み立てロボット、溶接ロボット、塗装ロボット
    当調査レポートでは、自動車産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の金属加工油剤市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、世界の金属加工油剤市場について調査・分析し、世界の金属加工油剤市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場について調査・分析し、自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場:市場動向分析 - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場:競争要因分析 - 自動車用環境発電・エネルギー回生の世界市場:エネルギー種類別 ・熱エネルギー ・運動エネルギー ・太陽エネルギー ・その他 - 自動車用環境発電・エネルギー回生の世界市場:車種別 ・プラグインハイブリッド車 ・ハイブリッド電気自動車 ・バッテリー電気自動車 ・電気自動車 - 自動車用環境発電・エネルギー回生の世界市場:熱回収システム種類別 ・ターボチャージャー ・回生ブレーキシステム ・排ガス再循環システム - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の世界市場:主要地域別分析 - 自動車用環境発電・ エネルギー回生の北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用環境発電・ エネルギー回生のヨーロッパ市場規模 - 自動車用環境発 …
  • アーティストグレードアクリル塗料の世界市場予測2019-2024
    「アーティストグレードアクリル塗料の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、流体、ヘビーボディ、遅乾剤など、用途別には、Online、Offlineなどに区分してまとめた調査レポートです。アーティストグレードアクリル塗料のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アーティストグレードアクリル塗料の世界市場概要(サマリー) ・アーティストグレードアクリル塗料の企業別販売量・売上 ・アーティストグレードアクリル塗料の企業別市場シェア ・アーティストグレードアクリル塗料の世界市場規模:種類別(流体、ヘビーボディ、遅乾剤) ・アーティストグレードアクリル塗料の世界市場規模:用途別(Online、Offline) ・アーティストグレードアクリル塗料の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アーティストグレードアクリル塗料のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アーティストグレードアクリル塗料の欧州市 …
  • バナナペーパーの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、バナナペーパーの世界市場について調べ、バナナペーパーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、バナナペーパーの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はバナナペーパーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・バナナペーパーの市場状況 ・バナナペーパーの市場規模 ・バナナペーパーの市場予測 ・バナナペーパーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・バナナペーパーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • グルカゴン様ペプチド2アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルカゴン様ペプチド2アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルカゴン様ペプチド2アゴニストの概要 ・グルカゴン様ペプチド2アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグルカゴン様ペプチド2アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルカゴン様ペプチド2アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルカゴン様ペプチド2アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • AMPKベータ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAMPKベータ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・AMPKベータ阻害剤の概要 ・AMPKベータ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のAMPKベータ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・AMPKベータ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・AMPKベータ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 産業ロボット用センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業ロボット用センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業ロボット用センサーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 熱交換器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、熱交換器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 黒鉛(グラファイト)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、黒鉛(グラファイト)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、黒鉛(グラファイト)市場規模、用途別(耐火物、ファウンドリー、L・C、電池、その他)分析、製品別(合成、天然)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場概要 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場環境 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場動向 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場規模 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場:業界構造分析 ・黒鉛(グラファイト)の世界市場:用途別(耐火物、ファウンドリー、L・C、電池、その他) ・黒鉛(グラファイト)の世界市場: 製品別(合成、天然) ・黒鉛(グラファイト)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・黒鉛(グラファイト)のアメリカ市場規模・予測 ・黒鉛(グラファイト)のヨーロッパ市場規模・予測 ・黒鉛(グラファイト)のアジア市場規模・予測 ・黒鉛(グラファイト)の主要国分析 ・黒鉛(グラファイト)の世界市 …
  • サラセミア(Thalassemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるサラセミア(Thalassemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、サラセミア(Thalassemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・サラセミア(Thalassemia)の概要 ・サラセミア(Thalassemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のサラセミア(Thalassemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サラセミア(Thalassemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 外科用ロボットの世界市場分析:製品別(システム、機器およびアクセサリ、サービス)、ブランド別(ダ・ヴィンチ・サージカル・システム、サイバー・ナイフ、ローザ、マコ、ルネサンス)、用途別(泌尿器科、整形外科、脳神経外科、心臓血管、婦人科、放射線科、移植、胃腸)、市場規模別、用途の分析、競争戦略と予測、2016-2024
    本調査レポートでは、外科用ロボットの世界市場について調査・分析し、外科用ロボットの世界市場動向、外科用ロボットの世界市場規模、市場予測、セグメント別外科用ロボット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ブラジルの股関節再建市場動向(~2021)
  • オンハイウェイ車向け照明の世界市場:車両タイプ別(乗用車、バス)、用途別(ヘッドライト、内装照明)、製品タイプ別(LED、レーザー)、セグメント予測
    オンハイウェイ車向け照明の世界市場は2025年には420億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.4%で成長すると予測されています。視界の向上とエネルギー効率の高い光源の普及を目指した政府の規制により、この市場の成長は支えられています。LEDランプの採用が増加し、技術革新が重視されることで、市場はさらに拡大すると見込まれています。自動車メーカーは、レーザーや発光ダイオード(LED)など、エネルギー効率の高い高度な照明技術をますます採用しています。本調査レポートでは、オンハイウェイ車向け照明の世界市場について調査・分析し、オンハイウェイ車向け照明の世界市場動向、オンハイウェイ車向け照明の世界市場規模、市場予測、セグメント別オンハイウェイ車向け照明市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の臨床化学分析装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、臨床化学分析装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・臨床化学分析装置の概要 ・臨床化学分析装置の開発動向:開発段階別分析 ・臨床化学分析装置の開発動向:セグメント別分析 ・臨床化学分析装置の開発動向:領域別分析 ・臨床化学分析装置の開発動向:規制Path別分析 ・臨床化学分析装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別臨床化学分析装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・臨床化学分析装置の最近動向
  • フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別
    当調査レポートでは、フレキシブル電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、充電性別分析、用途別分析、地域別分析、フレキシブル電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨形態形成タンパク質受容体活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における骨形態形成タンパク質受容体活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨形態形成タンパク質受容体活性因子の概要 ・骨形態形成タンパク質受容体活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中の骨形態形成タンパク質受容体活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・骨形態形成タンパク質受容体活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・骨形態形成タンパク質受容体活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 学校用家具の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、学校用家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校用家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 咽頭炎(Pharyngitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、咽頭炎(Pharyngitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・咽頭炎(Pharyngitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・咽頭炎(Pharyngitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・咽頭炎(Pharyngitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・咽頭炎(Pharyngitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・咽頭炎(Pharyngitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の咽頭炎(Pharyngitis)治療薬剤
  • 膜分離技術の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、膜分離技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、技術別分析、地域別分析、膜分離技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド型インサイトサービスの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、クラウド型インサイトサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、アプリケーション別分析、種類別分析、導入方式別分析、産業別分析、クラウド型インサイトサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電力ケーブルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電力ケーブルの世界市場について調査・分析し、電力ケーブルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電力ケーブルシェア、市場規模推移、市場規模予測、電力ケーブル種類別分析(高圧、中圧、低圧)、電力ケーブル用途別分析(陸上、地下、海底)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電力ケーブルの市場概観 ・電力ケーブルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電力ケーブルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電力ケーブルの世界市場規模 ・電力ケーブルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電力ケーブルのアメリカ市場規模推移 ・電力ケーブルのカナダ市場規模推移 ・電力ケーブルのメキシコ市場規模推移 ・電力ケーブルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電力ケーブルのドイツ市場規模推移 ・電力ケーブルのイギリス市場規模推移 ・電力ケーブルのロシア市場規模推移 ・電力ケーブルのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・電力 …
  • ハイブリッド電気舶用推進エンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハイブリッド電気舶用推進エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド電気舶用推進エンジンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 長鎖ジカルボン酸の世界市場分析:用途別(ナイロン・その他のポリアミド、粉体塗料、潤滑剤、接着剤、医薬品、腐食防止剤)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、RoW)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、長鎖ジカルボン酸の世界市場について調査・分析し、長鎖ジカルボン酸の世界市場動向、長鎖ジカルボン酸の世界市場規模、市場予測、セグメント別長鎖ジカルボン酸市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マレーシアのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 脳卒中の診断および治療の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、脳卒中の診断および治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脳卒中の診断および治療市場規模、タイプ別(診断、治療)分析、用途別(出血性脳卒中、虚血性脳卒中分析、用途別(出血性脳卒中、虚血性脳卒中)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:市場動向分析 ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:競争要因分析 ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:タイプ別(診断、治療) ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:用途別(出血性脳卒中、虚血性脳卒中 ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:用途別(出血性脳卒中、虚血性脳卒中) ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:主要地域別分析 ・ 脳卒中の診断および治療の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 脳卒中の診断および治療のヨーロッパ市場規模 ・ 脳卒中の診断および治療のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・脳卒中の診断および治療の世界市場:主 …
  • 南アフリカの膝関節再建装置市場見通し
  • 除湿機の世界市場:製品別(換気、化学吸収剤)、技術別(収着、再熱)、用途別、セグメント予測
    除湿機の世界市場は2025年には103億2160万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、湿度による食品の傷みを最小限に抑えることを目的とした、ホテル、レストラン、および保冷庫における除湿機の需要増加が考えられます。本調査レポートでは、除湿機の世界市場について調査・分析し、除湿機の世界市場動向、除湿機の世界市場規模、市場予測、セグメント別除湿機市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • D2アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるD2アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・D2アゴニスト(作動薬)の概要 ・D2アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のD2アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D2アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D2アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の刺繍ミシン市場2016
    本調査レポートでは、世界の刺繍ミシン市場2016について調査・分析し、刺繍ミシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるB型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)の概要 ・B型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のB型インフルエンザウイルス感染症(Influenza B Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • キセノンフラッシュランプの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、キセノンフラッシュランプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、キセノンフラッシュランプ市場規模、用途別(工業、レーザー、その他)分析、ランプ形状別(直線、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Excelitas Technologies, Hamamatsu Photonics K.K., Heraeus Holding, PerkinElmer, Sugawara Laboratoriesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・キセノンフラッシュランプの世界市場概要 ・キセノンフラッシュランプの世界市場環境 ・キセノンフラッシュランプの世界市場動向 ・キセノンフラッシュランプの世界市場規模 ・キセノンフラッシュランプの世界市場:業界構造分析 ・キセノンフラッシュランプの世界市場:用途別(工業、レーザー、その他) ・キセノンフラッシュランプの世界市場:ランプ形状別(直線、その他) ・キセノンフラッシュランプの世界 …
  • 衛星型衛星航法補強システム(SBAS)の世界市場
    当調査レポートでは、衛星型衛星航法補強システム(SBAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衛星型衛星航法補強システム(SBAS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、サプライチェーン分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"