"鉄道車両管理の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT-6998)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"鉄道車両管理の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The rising demand for efficient service technologies that offer optimized asset cost, component tracking, and monitoring are significant factors for the rolling stock management market, globally”The rolling stock management market is estimated to grow from USD 42.8 billion in 2019 to reach USD 58.4 billion by 2025, at a CAGR of 5.32%. Increased emphasis on time and cost optimization, component monitoring, asset management, downtime reduction, and live monitoring of asset health is expected to boost the rolling stock management market. However, changes in technology require innovation in rolling stock management as per the upcoming trends along with acquiring technical expertise capable of handling advanced machines, which can create a hurdle for the growth.
“Increased emphasis on safety, IoT adoption, and security is likely to propel the growth of the remote diagnostic management during the forecast period”
Remote diagnostic management provides complete information about components, controls, and the entire system of the train from a range or distance. This management processes wide data and provides a comprehensive analysis of the status. It helps save time in operations and maintenance. Remote diagnostic management helps in rail maintenance management for preventive and corrective maintenance planning. These solutions enable the proactive management and maintenance of all the rail assets. The technical capabilities of this solution include real-time remote diagnostics, component condition monitoring, and onboard condition monitoring. It also includes key monitoring and reporting features that help support the whole lifecycle management of rail assets. This helps in greatly improving maintenance strategies and planning.
“Middle East & Africa is expected to register the fastest growth during the forecast period”
The major motives for technological upgrade in rolling stock management include the need to improve the logistics infrastructure of Middle East & African countries, as they strive to diversify their economies from their current reliance on the oil & gas sector and make urban transport efficient in the rapidly growing cities. The rich availability of natural resources in the region is expected to drive the growth of the rolling stock management market. Most Middle East & African countries are focusing on either expanding the overall rail network or upgrading the rail network infrastructure.

“Europe is expected to be the largest market during the forecast period”
Europe accounted for 34.1% of the rolling stock management market in 2018. It is a major hub for several renowned OEMs including Bombardier (Germany), Alstom (France), Stadler (Switzerland), Talgo (Spain), Siemens (Germany), and Construcciones y Auxiliar de Ferrocarriles (Spain). The European rail supply industry is the largest in the world. It accounts for more than 45% of the total sales by the rail industry suppliers.
The EU Railway’s target is to build 31,000 km of high-speed rail track by 2030. Furthermore, projects such as the European Rail Research Advisory Council (ERRAC), FP7 projects, Horizon 2020, and SHIFT2RAIL will boost the growth of the European rolling stock market.
In-depth interviews were conducted with CEOs, marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the rolling stock management market.
• By Company Type: Tier I – 49%, Tier II – 41%, and Tier III – 10%,
• By Designation: C Level – 42%, D Level – 34%, and Others – 24%
• By Region: North America – 36%, Europe – 28%, Asia Pacific – 18%, Middle East & Africa – 16% and Rest of the World- 2%

The rolling stock management market comprises major manufacturers like Bombardier (Canada), Alstom (France), General Electric (US), Siemens (Germany), ABB (Switzerland), and others.
Research Coverage:
The study covers the rolling stock management market across segments. It aims at estimating the market size and future growth potential of this market across different segments such as management type, rail management, infrastructure management, maintenance service, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of key players in the market along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and acquisitions.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help leaders/new entrants in this market with the information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall rolling stock management market. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"鉄道車両管理の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 16
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 16
1.2 MARKET DEFINITION 16
1.3 MARKET SCOPE 17
1.3.1 MARKETS COVERED 17
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 18
1.4 CURRENCY 18
1.5 LIMITATIONS 19
1.6 STAKEHOLDERS 19
2 RESEARCH METHODOLOGY 20
2.1 RESEARCH DATA 20
2.2 SECONDARY DATA 21
2.2.1 KEY SECONDARY SOURCES 21
2.2.2 KEY DATA FROM SECONDARY SOURCES 22
2.3 PRIMARY DATA 23
2.3.1 SAMPLING TECHNIQUES & DATA COLLECTION METHODS 23
2.3.2 PRIMARY PARTICIPANTS 24
2.3.3 KEY DATA FROM PRIMARY SOURCES 24
2.4 MARKET SIZE ESTIMATION 25
2.4.1 TOP-DOWN APPROACH 25
2.5 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 26
2.6 ASSUMPTIONS 27
3 EXECUTIVE SUMMARY 28
4 PREMIUM INSIGHTS 32
4.1 ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET TO GROW AT A SIGNIFICANT RATE DURING THE FORECAST PERIOD (2019–2025) 32
4.2 EUROPE TO LEAD THE GLOBAL ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET 33
4.3 GLOBAL ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, BY MANAGEMENT TYPE AND MAINTENANCE SERVICE 34
4.4 ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, BY MANAGEMENT TYPE 35
4.5 ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, BY MAINTENANCE SERVICE 35
4.6 ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, BY RAIL MANAGEMENT 36
4.7 ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, BY INFRASTRUCTURE MANAGEMENT 36

5 MARKET OVERVIEW 37
5.1 INTRODUCTION 37
5.2 MARKET DYNAMICS 38
5.2.1 DRIVERS 38
5.2.1.1 Delivering intelligent asset management 38
5.2.1.2 Growth in efficient technologies 38
5.2.1.3 IoT in data analytics and predictive analytics for rolling stock 39
5.2.2 RESTRAINTS 39
5.2.2.1 Slow pace in developing nations 39
5.2.3 OPPORTUNITIES 39
5.2.3.1 Cost reduction in IoT components and the need for asset optimization 39
5.2.3.2 Automatic monitoring 39
5.2.4 CHALLENGES 40
5.2.4.1 Technological changes offer new challenges 40
5.2.4.2 High cost of deployment 40
5.2.5 IMPACT OF MARKET DYNAMICS 40
6 INDUSTRY TRENDS 41
6.1 TECHNOLOGICAL OVERVIEW 41
6.1.1 IOT IN ROLLING STOCK MANAGEMENT 41
6.1.2 BIG DATA ANALYTICS AND CLOUD COMPUTING IN ROLLING STOCK 41
6.1.3 ASSET MANAGEMENT 42
6.2 VALUE CHAIN ANALYSIS 43
6.3 MACROINDICATOR ANALYSIS 44
6.3.1 GROWTH OF THE ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET 44
6.3.2 GDP (USD BILLION) 44
6.3.3 GNI PER CAPITA, ATLAS METHOD (USD) 44
6.3.4 GDP PER CAPITA PPP (USD) 44
6.3.5 MACRO INDICATORS INFLUENCING THE ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, TOP 3 COUNTRIES 45
6.3.5.1 Germany 45
6.3.5.2 US 45
6.3.5.3 China 46
7 ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, BY MANAGEMENT TYPE 47
7.1 INTRODUCTION 48
7.2 RESEARCH METHODOLOGY 49
7.3 RAIL MANAGEMENT 49
7.3.1 RISING FOCUS ON REAL-TIME SOLUTIONS TO PREVENT FAILURES IS DRIVING THE OVERALL MARKET 50

7.4 INFRASTRUCTURE MANAGEMENT 50
7.4.1 HIGH FOCUS ON EFFICIENCY, OPTIMIZATION, AND COST EFFECTIVENESS WILL BOOST THE MARKET DURING THE FORECAST PERIOD 51
8 ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, BY RAIL MANAGEMENT 52
8.1 INTRODUCTION 53
8.2 RESEARCH METHODOLOGY 54
8.3 REMOTE DIAGNOSTIC MANAGEMENT 55
8.3.1 REAL-TIME REMOTE DIAGNOSTICS 55
8.3.1.1 Increasing number of rail projects in Middle East & Africa will boost the market 56
8.3.2 COMPONENT CONDITION MONITORING 56
8.3.2.1 Focus on advanced railway technologies in European countries will boost the rail management market 56
8.3.3 ONBOARD CONDITION MONITORING 57
8.3.3.1 Expansion of railway projects in UAE and Egypt is likely to drive the market 57
8.4 WAYSIDE MANAGEMENT 57
8.4.1 WHEEL TREAD AND SURFACE 58
8.4.2 BRAKES AND BRAKE COMPONENTS 58
8.4.3 BOGIE INSPECTION 58
8.4.4 COUPLER SECUREMENT INSPECTION 59
8.4.5 UNDERCARRIAGE INSPECTION 59
8.4.6 PANTOGRAPH MEASUREMENT AND INSPECTION 59
8.4.7 FULL-SCALE TRAIN IMAGING AND INSPECTION 59
8.4.8 AUTOMATIC TRAIN CONTROL 59
8.4.9 CENTRALIZED TRAFFIC CONTROL 60
8.4.10 INTERLOCKING 60
8.5 TRAIN MANAGEMENT 60
8.5.1 PASSENGER INFORMATION SYSTEM (PIS) 61
8.5.1.1 Increasing hold of private sector in the railway industry in Middle East & Africa will boost the market 61
8.5.2 IN-TRAIN SURVEILLANCE SYSTEM 61
8.5.2.1 Growth of rail supply industry in Europe will boost the market 62
8.5.3 OTHERS 62
8.5.3.1 Europe will boost the demand for the rail management market for others segment 62
8.6 ASSET MANAGEMENT 63
8.6.1 REDUCING OPERATIONAL COSTS FOR INFRASTRUCTURE ASSETS WILL FUEL THE MARKET 63
8.7 CAB ADVISORY 64
8.7.1 INCREASING INVESTMENT BY DEVELOPING COUNTRIES FOR THE WILL BOOST THE MARKET DURING THE FORECAST PERIOD 64

8.8 OTHERS 65
8.8.1 INCREASING INVESTMENTS BY DEVELOPING COUNTRIES WILL BOOST THE MARKET 65
9 ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, BY INFRASTRUCTURE MANAGEMENT 66
9.1 INTRODUCTION 67
9.2 RESEARCH METHODOLOGY 68
9.3 CONTROL ROOM MANAGEMENT 68
9.3.1 VIDEO WALL CONTROLLER SYSTEM 69
9.3.1.1 Need to enhance situational awareness will fuel the market for video wall controller system 69
9.3.2 PSCADA SYSTEM 70
9.3.2.1 Increased lifecycle of rolling stock through maintenance and operations will fuel the market for PSCADA systems 70
9.3.3 OTHERS 71
9.3.3.1 Rise in safety and security systems in railway industry is fueling the overall market growth 71
9.4 STATION MANAGEMENT 71
9.4.1 INTEGRATED SUPERVISORY CONTROL SYSTEM 72
9.4.1.1 Reliable hardware and software will boost the demand in the rolling stock industry 72
9.4.2 FIRE ALARM SYSTEM 73
9.4.2.1 Growing investments in infrastructure will boost demand 73
9.4.3 BUILDING AUTOMATION SYSTEM 74
9.4.3.1 Well-maintained escalators and room temperature to drive the building automation system market 74
9.4.4 OTHERS 75
9.4.4.1 Increased focus on efficiency, optimization, and cost effectiveness will boost the market 75
9.5 AUTOMATIC FARE COLLECTION MANAGEMENT 76
9.5.1 AUTOMATIC GATE MACHINE SYSTEM 77
9.5.1.1 Need for automatic data collection and management of passengers will drive the automatic gate machine system market 77
9.5.2 TICKET VENDING MACHINE 78
9.5.2.1 Adoption of new technologies will drive the ticket vending machine market 78
9.5.3 TICKET KIOSK AND CHECKING MACHINE 79
9.5.3.1 Cost effectiveness will drive the ticket kiosk and checking machine market 79
9.6 OTHERS 80
9.6.1 DEMAND FOR ADVANCED SYSTEMS TO DRIVE THE INFRASTRUCTURE MANAGEMENT MARKET FOR OTHER SERVICES 80

10 ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, BY MAINTENANCE SERVICE 81
10.1 INTRODUCTION 82
10.2 RESEARCH METHODOLOGY 83
10.3 CORRECTIVE MAINTENANCE 83
10.3.1 INVESTMENTS IN RAILWAY LINE PROJECTS WILL BOOST THE DEMAND FOR CORRECTIVE MAINTENANCE 84
10.4 PREVENTIVE MAINTENANCE 85
10.4.1 INVESTMENTS IN INFRASTRUCTURE WILL BOOST THE DEMAND FOR PREVENTIVE MAINTENANCE 85
10.5 PREDICTIVE MAINTENANCE 86
10.5.1 IOT IN RAILWAYS WILL BOOST THE DEMAND FOR PREDICTIVE MAINTENANCE 86
11 ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET, BY REGION 88
11.1 INTRODUCTION 89
11.2 ASIA PACIFIC 91
11.2.1 CHINA 93
11.2.2 INDIA 94
11.2.3 JAPAN 94
11.2.4 SOUTH KOREA 94
11.3 EUROPE 95
11.3.1 FRANCE 96
11.3.2 GERMANY 96
11.3.3 SPAIN 97
11.3.4 ITALY 97
11.3.5 UNITED KINGDOM 97
11.4 NORTH AMERICA 97
11.4.1 CANADA 98
11.4.2 MEXICO 99
11.4.3 US 99
11.5 MIDDLE EAST & AFRICA 99
11.5.1 SOUTH AFRICA 100
11.5.2 UAE 101
11.5.3 IRAN 101
11.5.4 EGYPT 101
11.6 REST OF THE WORLD (ROW) 101
11.6.1 BRAZIL 102
11.6.2 RUSSIA 102

12 COMPETITIVE LANDSCAPE 103
12.1 OVERVIEW 103
12.2 MARKET RANKING ANALYSIS 104
12.3 COMPETITIVE SCENARIO 105
12.3.1 NEW PRODUCT DEVELOPMENTS 105
12.3.2 COLLABORATIONS/JOINT VENTURES/SUPPLY CONTRACTS/PARTNERSHIPS/AGREEMENTS 107
12.3.3 EXPANSIONS, 2015–2018 117
12.4 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 118
12.4.1 VISIONARY LEADERS 118
12.4.2 INNOVATORS 119
12.4.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 119
12.4.4 EMERGING COMPANIES 119
13 COMPANY PROFILES 120
(Business overview, Products offered, Recent developments & SWOT analysis)*
13.1 BOMBARDIER 120
13.2 ALSTOM 125
13.3 GENERAL ELECTRIC (GE) 129
13.4 SIEMENS 133
13.5 ABB 138
13.6 HITACHI 141
13.7 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES 144
13.8 TALGO 146
13.9 CONSTRUCCIONES Y AUXILIAR DE FERROCARRILES 149
13.10 THALES GROUP 152
13.11 TRIMBLE 154
13.12 TECH MAHINDRA 155
13.13 TRANSMASHHOLDING 157
13.14 OTHER KEY PLAYERS 161
13.14.1 ASIA OCEANIA 161
13.14.1.1 Toshiba 161
13.14.1.2 Advantech 161
13.14.1.3 CRRC 161
13.14.2 EUROPE 162
13.14.2.1 Indra Sistemas 162
13.14.2.2 Eurotech 162
13.14.2.3 Ansaldo 162
13.14.2.4 EKE-Electronics 163
13.14.2.5 DANOBAT GROUP 163

13.14.3 NORTH AMERICA 163
13.14.3.1 Bentley Systems 163
13.14.3.2 Stadler 164
13.14.4 REST OF THE WORLD 164
13.14.4.1 UGL 164
13.14.4.2 Randon 164
13.14.4.3 Alucast Iran 164
*Details on Business overview, Products offered, Recent developments & SWOT analysis might not be captured in case of unlisted companies.
14 APPENDIX 165
14.1 DISCUSSION GUIDE – ROLLING STOCK MANAGEMENT MARKET 165
14.2 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 168
14.3 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 170
14.4 RELATED REPORTS 170
14.5 AUTHOR DETAILS 171

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】鉄道車両管理の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT-6998
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
鉄道車両管理の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の石油化学製品市場:容量および投資見通し
  • 欧州の授乳用品市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州の授乳用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州の授乳用品市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジオテキスタイル市場規模・予測2017-2025:材料の種類別(合成、天然)、商品タイプ別(不織、織布、ニット)、用途別(道路建設・舗装修繕、浸食制御、排水・廃棄物処理、鉄道、農業)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のジオテキスタイル市場について調査・分析し、世界のジオテキスタイル市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のジオテキスタイル関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 化学療法誘発性末梢神経障害:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における化学療法誘発性末梢神経障害の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、化学療法誘発性末梢神経障害治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・化学療法誘発性末梢神経障害の概要 ・化学療法誘発性末梢神経障害の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の化学療法誘発性末梢神経障害治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・化学療法誘発性末梢神経障害治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・化学療法誘発性末梢神経障害治療薬開発に取り組んでい …
  • マイクロリアクター技術の世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、マイクロリアクター技術の世界市場について調査・分析し、マイクロリアクター技術の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • インドのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のビール市場:流通経路別、地域別
    本調査レポートはビールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ビールの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 緊急停止(ESD)装置の世界市場:スイッチ、センサー、プログラム制御式安全システム、安全バルブ、アクチュエーター
    当調査レポートでは、緊急停止(ESD)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、構成品別分析、制御方式別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 溶解阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における溶解阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・溶解阻害剤の概要 ・溶解阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の溶解阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・溶解阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・溶解阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 評価サービスの世界市場:種類別(オンライン、オフライン)、用途別(入学における評価サービス、採用・昇進における評価サービス、認可における評価サービス)、地域別予測
    本資料は、評価サービスの世界市場について調べ、評価サービスの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オンライン、オフライン)分析、用途別(入学における評価サービス、採用・昇進における評価サービス、認可における評価サービス)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはMeritTrac Services、Mettl Inline Assessment、Aspiring Minds、Sify Technologies、CoCubes、eLitmus Evaluation、Tata Consultancy Services、EdCIL 、Prometric Testing、Pearson India Education Servicesなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・評価サービスの世界市場概要 ・評価サービスの世界市場環境 ・評価サービスの世界市場動向 ・評価サービスの世界市場規模 ・評価サービスの世界市場規模:種類別(オンライン、オフライン) ・評価サ …
  • ドローン・ペイロードの世界市場:EO/IR、カメラ、SAR、Sigint、Elint、Comint、MPR、レーザーセンサー、CBRNセンサー、オプトロニクス
    当調査レポートでは、ドローン・ペイロードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、ドローン・ペイロードの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・胃酸過多/胸やけ/呑酸(Acid Indigestion / Heartburn/ Pyrosis)のフェーズ3治 …
  • ナースコールシステムの世界市場
    当調査レポートでは、ナースコールシステムの世界市場について調査・分析し、ナースコールシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • フィルムコンデンサの世界市場:製品別(AC、DC)、種類別(紙フィルムコンデンサ、プラスチックフィルムコンデンサ)、業種別(自動車、電力&ユーティリティ、家電、通信、その他)
    本調査レポートでは、フィルムコンデンサの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(AC、DC)分析、種類別(紙フィルムコンデンサ、プラスチックフィルムコンデンサ)分析、業種別(自動車、電力&ユーティリティ、家電、通信、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フィルムコンデンサの世界市場:製品別(AC、DC) ・フィルムコンデンサの世界市場:種類別(紙フィルムコンデンサ、プラスチックフィルムコンデンサ) ・フィルムコンデンサの世界市場:業種別(自動車、電力&ユーティリティ、家電、通信、その他) ・フィルムコンデンサの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • スプレーポリウレタンフォームの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スプレーポリウレタンフォームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スプレーポリウレタンフォーム市場規模、用途別(住宅用、商業用、その他)分析、種類別(オープンタイプ、クローズドタイプ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場概要 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場環境 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場動向 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場規模 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場:業界構造分析 ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場:用途別(住宅用、商業用、その他) ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場:種類別(オープンタイプ、クローズドタイプ、その他) ・スプレーポリウレタンフォームの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スプレーポリウレタンフォームの北米市場規模・予測 ・スプレーポリウレタンフォームのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • 世界のプロフェノホス市場2016
    本調査レポートでは、世界のプロフェノホス市場2016について調査・分析し、プロフェノホスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国におけるリップスティックパッケージング市場2018-2023
    本調査レポートでは、リップスティックパッケージングの世界市場について調査・分析し、リップスティックパッケージングの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(プラスチックパッケージ、金属パッケージ、その他)、用途別市場規模(高級品、一般的な商品)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、リップスティックパッケージングの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・リップスティックパッケージングの世界市場概要 ・リップスティックパッケージングの企業別市場シェア ・リップスティックパッケージングの地域別市場規模 ・リップスティックパッケージングの種類別市場規模(プラスチックパッケージ、金属パッケージ、その他) ・リップスティックパッケージングの用途別市場規模(高級品、一般的な商品) ・リップスティックパッケージングの主要企業分析 ・リップスティッ …
  • 海底システムの世界市場予測(~2021):海底アンビリカル、ライザー、フローライン(SURF)、ツリー、マニホールド、制御システム
    当調査レポートでは、海底システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、海底生産別分析、海底加工別分析、地域別分析、海底システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キーボードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キーボードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キーボードの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の末梢冠動脈形成バルーン市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、末梢冠動脈形成バルーンのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・末梢冠動脈形成バルーンの概要 ・末梢冠動脈形成バルーンの開発動向:開発段階別分析 ・末梢冠動脈形成バルーンの開発動向:セグメント別分析 ・末梢冠動脈形成バルーンの開発動向:領域別分析 ・末梢冠動脈形成バルーンの開発動向:規制Path別分析 ・末梢冠動脈形成バルーンの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別末梢冠動脈形成バルーンの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・末梢冠動脈形成バルーンの最近動向
  • 世界の生体弁(心臓弁)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、生体弁(心臓弁)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・生体弁(心臓弁)の概要 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:開発段階別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:セグメント別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:領域別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:規制Path別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別生体弁(心臓弁)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・生体弁(心臓弁)の最近動向
  • 直接メタノール燃料電池(DMFC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、直接メタノール燃料電池(DMFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、直接メタノール燃料電池(DMFC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気活性ポリマー(EAP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気活性ポリマー(EAP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気活性ポリマー(EAP)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フォークリフトの世界市場:製品タイプ別(カウンターバランス型、倉庫用)、技術別(電動式、ICエンジン駆動式)、エンドユーザー別(自動車、物流、食品産業、小売・卸売、その他)、地域別予測
    本資料は、フォークリフトの世界市場について調べ、フォークリフトの世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(カウンターバランス型、倉庫用)分析、技術別(電動式、ICエンジン駆動式)分析、エンドユーザー別(自動車、物流、食品産業、小売・卸売、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAnhui Heli Co. Ltd (China)、Crown Equipment Corporation、Clark Material Handling Co. Ltd、Doosan Industrial Vehicle、EP Equipment、 Godrej & Boyce Manufacturing、Hyundai Heavy Industries、Hangcha Group Co. Ltd、Hyster-Yale Materials Handling Inc.、Komatsu Limited、Mitsubishi Nichiyu Forklift Co. Ltd、Toyota …
  • データセンター・コロケーションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンター・コロケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター・コロケーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 データセンターコロケーションは、データセンターの提供するサービスの一種であり、サービスプロバイダーが外部の組織にデータセンターのスペースを提供することです。データセンターのスペースには、ラック、プライベートスイート、その他本格的な設備が備えられています。Technavio社はデータセンター・コロケーションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• China Telecom• Equinix• Digital Realty Trust• NTT Communications• CenturyLink等です。
  • 世界の眼科用チャートプロジェクター市場2015
    本調査レポートでは、世界の眼科用チャートプロジェクター市場2015について調査・分析し、眼科用チャートプロジェクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コグニティブコラボレーションの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、コグニティブコラボレーションの世界市場規模が2019年983百万ドルから2024年1160百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、コグニティブコラボレーションの世界市場について調査・分析し、市場概要&業界動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、応用分野別(データ分析、顔認識、ソーシャルメディア支援)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(IT&テレコム、エネルギー&ユーティリティ、銀行、金融サービス、保険、教育、ヘルスケア、小売、その他)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界動向 ・コグニティブコラボレーションの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・コグニティブコラボレーションの世界市場:応用分野別(データ分析、顔認識、ソーシャルメディア支援) ・ …
  • ビタミンD試験の世界市場分析:試験タイプ別(25-ヒドロキシビタミンD試験; 1,25-ジヒドロキシビタミンD試験)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ビタミンD試験の世界市場について調査・分析し、ビタミンD試験の世界市場動向、ビタミンD試験の世界市場規模、市場予測、セグメント別ビタミンD試験市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アタパルジャイトの世界市場予測2019-2024
    「アタパルジャイトの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、コロイド状、吸着など、用途別には、Oil and Gas、Food and Pharmaceutical、Agriculture, forestry and animal husbandry、Chemical、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アタパルジャイトのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アタパルジャイトの世界市場概要(サマリー) ・アタパルジャイトの企業別販売量・売上 ・アタパルジャイトの企業別市場シェア ・アタパルジャイトの世界市場規模:種類別(コロイド状、吸着) ・アタパルジャイトの世界市場規模:用途別(Oil and Gas、Food and Pharmaceutical、Agriculture, forestry and animal husbandry、Chemical、Others) ・アタパルジャイトの米州市場規模( …
  • 病理学用機器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、病理学用機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、病理学用機器市場規模、用途別(診断、創薬、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・病理学用機器の世界市場概要 ・病理学用機器の世界市場環境 ・病理学用機器の世界市場動向 ・病理学用機器の世界市場規模 ・病理学用機器の世界市場:業界構造分析 ・病理学用機器の世界市場:用途別(診断、創薬、その他) ・病理学用機器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・病理学用機器のアメリカ市場規模・予測 ・病理学用機器のヨーロッパ市場規模・予測 ・病理学用機器のアジア市場規模・予測 ・病理学用機器の主要国分析 ・病理学用機器の世界市場:意思決定フレームワーク ・病理学用機器の世界市場:成長要因、課題 ・病理学用機器の世界市場:競争環境 ・病理学用機器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ロボット予防保全の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ロボット予防保全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット予防保全の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アジアの大腸がん治療薬市場
    当調査レポートでは、アジアの大腸がん治療薬市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、アジアの大腸がん治療薬市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア情報システムの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、ヘルスケア情報システムの世界市場について調査・分析し、ヘルスケア情報システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ヘルスケア情報システムの世界市場:市場動向分析 ・ヘルスケア情報システムの世界市場:競争要因分析 ・ヘルスケア情報システムの世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・ヘルスケア情報システムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ヘルスケア情報システムの世界市場:配信方法別分析/市場規模 ・ヘルスケア情報システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ヘルスケア情報システムの北米市場規模・分析 ・ヘルスケア情報システムの欧州市場・分析 ・ヘルスケア情報システムのアジア市場・分析 ・ヘルスケア情報システムの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • コンクリートソーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コンクリートソーの世界市場について調査・分析し、コンクリートソーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コンクリートソーシェア、市場規模推移、市場規模予測、コンクリートソー種類別分析(手持ち型、ウォークビハインド型)、コンクリートソー用途別分析(建築工学、ダム工学、炭鉱・油井工学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コンクリートソーの市場概観 ・コンクリートソーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コンクリートソーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コンクリートソーの世界市場規模 ・コンクリートソーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コンクリートソーのアメリカ市場規模推移 ・コンクリートソーのカナダ市場規模推移 ・コンクリートソーのメキシコ市場規模推移 ・コンクリートソーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・コンクリートソーのドイツ市場規模推移 ・コンクリートソーのイギリス市場規模推移 ・コンクリー …
  • 世界のソーラーポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のソーラーポンプ市場2015について調査・分析し、ソーラーポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • PEG化タンパク質の世界市場予測:PEG化キット、PEG化試薬
    当調査レポートでは、PEG化タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、消耗品別分析、タンパク質種類別分析、用途別分析、需要先別分析、PEG化タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベネズエラの発電市場2016
  • 世界のスイッチトリラクタンスモータ(SRモータ)市場2015
    本調査レポートでは、世界のスイッチトリラクタンスモータ(SRモータ)市場2015について調査・分析し、スイッチトリラクタンスモータ(SRモータ)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 光伝達網(OTN)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、光伝達網(OTN)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・光伝達網(OTN)の世界市場:イントロダクション ・光伝達網(OTN)の世界市場:市場概観 ・光伝達網(OTN)の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・光伝達網(OTN)の世界市場:セグメント別市場分析 ・光伝達網(OTN)の世界市場:技術別分析/市場規模 ・光伝達網(OTN)の世界市場:コンポーネント別分析/市場規模 ・光伝達網(OTN)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・光伝達網(OTN)の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・光伝達網(OTN)の世界市場:主要地域別市場分析 ・光伝達網(OTN)の世界市場:関連企業分析
  • ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)の概要 ・ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヘルペス性角膜炎(Herpetic Keratitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 世界の音楽制作ソフトウェア市場:種類別、エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートは音楽制作ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(エディット、ミキシング、レコーディング)分析、顧客状況、エンドユーザー別(専門家用、非専門家用)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・音楽制作ソフトウェアの世界市場:種類別(エディット、ミキシング、レコーディング) ・顧客状況 ・音楽制作ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別(専門家用、非専門家用) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 泌尿器科用手術機器の世界市場:内視鏡、内視システム、周辺機器、消耗品、付属品
    当調査レポートでは、泌尿器科用手術機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、用途別分析、地域別分析、泌尿器科用手術機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムの世界市場
    当調査レポートでは、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムの世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムの世界市場:技術別分析/市場規模 ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムのアメリカ市場規模予測 ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムのヨーロッパ市場規模予測 ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)システムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • スマートファクトリーの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、スマートファクトリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、構成要素別分析、需要先別分析、地域別分析、スマートファクトリーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のパーティクルカウンター市場:種類別(空中、液体)、用途別(クリーンルーム監視、液体汚染監視、IAQM)、エンドユーザー別(ライフサイエンスおよび医療機器、半導体、自動車)、地域別
    MarketsandMarkets社は、パーティクルカウンターの世界市場規模が2019年340百万ドルから2024年580百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のパーティクルカウンター市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(浮遊粒子カウンター、液体粒子カウンター)分析、用途別(クリーンルームモニタリング、液体の汚染モニタリング、室内空気質モニタリング、エアロゾルモニタリングおよび研究、化学汚染モニタリング、飲料水汚染モニタリング、その他の用途)分析、エンドユーザー別(ライフサイエンスおよび医療機器産業、半導体産業、自動車産業、航空宇宙産業、食品および飲料産業、その他のエンドユーザー)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のパーティクルカウンター市場:種類別(浮遊粒子カウンター、液体粒子カウンター) ・世界のパーティクルカウンター市場:用途別(クリーンルームモニタリング、液体の汚染モニタリング、室内空気質モニタリング、 …
  • ケミカルタンカー輸送の世界市場2014-2025:製品別(無機、有機、植物油・脂肪)、輸送ルート別(内陸、沿岸、深海)、貨物タイプ別、地域別
    本調査レポートでは、ケミカルタンカー輸送の世界市場について調査・分析し、ケミカルタンカー輸送の世界市場動向、ケミカルタンカー輸送の世界市場規模、市場予測、セグメント別ケミカルタンカー輸送市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プロジェクト・ロジスティクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プロジェクト・ロジスティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクト・ロジスティクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ロジスティックスとは、製品や材料の全ての流れを計画、企画、管理、処理、コントロールするプロセス、また顧客の要求を満たすための出荷地から消費現場間の情報を指します。ロジスティックにより、現在の生産と流通プロセスの効率性・競争力が最適化されます。Technavio社はプロジェクト・ロジスティクスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CEVA Logistics• C.H.Robinson• DB Schenker• Deutsche Post DHL Group• Kuehne+Nagel等です。
  • 二酸化チタン(TiO2)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、二酸化チタン(TiO2)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、二酸化チタン(TiO2)市場規模、用途別(塗料、プラスチック、紙、その他)分析、工程別(塩化物、硫酸塩)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場概要 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場環境 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場動向 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場規模 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:業界構造分析 ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:用途別(塗料、プラスチック、紙、その他) ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:工程別(塩化物、硫酸塩) ・二酸化チタン(TiO2)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・二酸化チタン(TiO2)のアメリカ市場規模・予測 ・二酸化チタン(TiO2)のヨーロッパ市場規模・予測 ・二酸化チタン(TiO2)のアジア市場規模・予測 ・二酸化チタン(TiO2)の主要国分 …
  • エポキシ樹脂の世界市場
    本調査レポートでは、エポキシ樹脂の世界市場について調査・分析し、エポキシ樹脂の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 乾癬市場:日本の治療薬市場
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"