"血漿分画の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:PH-4477)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"血漿分画の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Global plasma fractionation market is projected to grow at a CAGR of 6.6%.”The global plasma fractionation market is projected to reach USD 34.9 billion by 2024 from USD 25.4 billion in 2019, at a CAGR of 6.6% during the forecast period. Growth in the plasma fractionation market can largely be attributed to factors such as the growing use of immunoglobulins in various therapeutic areas, increase in plasma collection (and the number of plasma collection centers), and the increasing use of alpha-1-antitrypsin. However, the high cost of plasma products, limited reimbursements, and the emergence of recombinant alternatives are expected to restrain the growth of this market during the forecast period.
“By product, immunoglobulin market is expected to hold the largest share of the plasma fractionation market in 2019.”
The immunoglobulin segment is expected to dominate the plasma fractionation market during the forecast period. IVIg is the most extensively used plasma product across the globe, meant for the treatment of dermatomyositis, Guillain-Barre syndrome, chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy (CIDP), immune cytopenias, hypogammaglobinemia, primary antibody deficiency, vacuities, multiple sclerosis, asthma, and systemic lupus erythematosus, among other ailments. The growing prevalence of these and other target diseases, as a result, is the key driver of market growth.
“Factor VIII will dominate the coagulation factor concentrates market in 2019.”
The coagulation factor market is segmented into factor VIII, factor IX, Von Willebrand factor, prothrombin factor concentrates, fibrinogen concentrates, and factor XIII. Factor VIII segment is expected to hold the largest share in the coagulation factor concentrates market in 2019. This is attributed to the growth in geriatric population, rising number of hemophilic patients, increasing preference for prophylactic treatments for people suffering from hemophilia, and increasing diagnosis of hemophilia. In addition, the unavailability of advanced therapies for a majority of hemophilia patients in developing countries is also expected to drive this market.
“North America is expected to hold the largest share during the forecast period (2019–2024)”
North America is expected to dominate the plasma fractionation market during the forecast period. The demand for plasma products in North America is mainly driven by the increasing use of immunoglobulins in neurological and autoimmune diseases and the increasing use of prophylaxis treatments among diagnosed patients. The rising number of registered hemophilic patients (as illustrated in the table below) is also propelling the growth of this market. The growing number of hemophilic patients will increase the adoption of coagulation factors, which in turn will drive the market for plasma fractionation in North America.
A breakdown of supply-side primary participants is mentioned below:
• By Company Type: Tier 1–38%, Tier 2–21%, and Tier 3–41%
• By Designation: C-level–30%, Director Level–28%, Others–42%
• By Region: North America–35%, Europe–25%, Asia Pacific–20%, Latin America–12%, Middle East and Africa-8%
Major players in the global plasma fractionation market include CSL (Australia), Grifols (Spain), Shire (Ireland), Octapharma (Switzerland), Kedrion (Italy), BPL (UK), Sanquin (Netherlands), LFB (France), Biotest (Germany), Japan Blood Products Organization, China Biologic Products (China), Green Cross Corporation (South Korea), and Shanghai RAAS Blood Products (China).
Research Coverage:
The plasma fractionation market in this report is segmented by product, application, end user, and region. It provides detailed information regarding the major factors influencing the growth market (drivers, restraints, opportunities, and industry-specific challenges). The study tracks and analyzes competitive developments (such as partnerships, agreements, collaborations, mergers & acquisitions, product developments, geographical expansions, and R&D activities) and strategically profiles the key players and comprehensively analyzes their market shares and core competencies in the plasma fractionation market.
Reasons to buy this report:
From an insight perspective, this research report has focused on various levels of analysis—the market share analysis of top players in the global market, different product segments, as well on the regional levels, company profiles that comprise and discuss basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the plasma fractionation market; high-growth regions; and market drivers, restraints, and opportunities. The report provides the latest statistics and industry trends, allowing buyers to identify high-growth product segments and potential customers and suppliers, hence driving revenue growth and profitability. The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on products offered by the top players in the global plasma fractionation market

• Product Development/Innovation: Detailed insights on growth strategies, research & development activities, and product launches in the global plasma fractionation market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets–the report analyzes the markets for plasma fractionation across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the global plasma fractionation market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of the leading players in the global plasma fractionation market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"血漿分画の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 24
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 24
1.2 MARKET DEFINITION 24
1.3 SCOPE OF THE STUDY 25
1.3.1 MARKETS COVERED 25
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 26
1.4 CURRENCY 26
1.5 STAKEHOLDERS 26
2 RESEARCH METHODOLOGY 27
2.1 RESEARCH APPROACH 27
2.1.1 SECONDARY SOURCES 28
2.1.1.1 Key data from secondary sources 28
2.1.2 PRIMARY SOURCES 29
2.1.2.1 Primary sources 29
2.1.2.2 Key data from primary sources 30
2.1.2.3 Key industry insights 31
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 32
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 33
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 33
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 34
2.4 MARKET SHARE ESTIMATION 35
2.5 ASSUMPTIONS FOR THE STUDY 35
2.6 LIMITATIONS 35
3 EXECUTIVE SUMMARY 36
4 PREMIUM INSIGHTS 40
4.1 PLASMA FRACTIONATION MARKET OVERVIEW 40
4.2 GEOGRAPHICAL SNAPSHOT OF THE PLASMA FRACTIONATION MARKET 41
4.3 PLASMA FRACTIONATION MARKET: REGIONAL MIX 42
4.4 PLASMA FRACTIONATION MARKET, DEVELOPING COUNTRIES VS. DEVELOPED COUNTRIES 42

5 MARKET OVERVIEW 43
5.1 INTRODUCTION 43
5.2 MARKET DYNAMICS 43
5.2.1 MARKET DRIVERS 43
5.2.1.1 Growing use of immunoglobulins in various therapeutic areas 43
5.2.1.2 Rising geriatric population across the globe 46
5.2.1.3 Growing prevalence of respiratory diseases and AATD driving the uptake of alpha-1-antitrypsin 46
5.2.1.4 Increase in plasma collection 47
5.2.2 MARKET RESTRAINTS 49
5.2.2.1 High cost and limited reimbursement 49
5.2.2.2 Emergence of recombinant alternatives 50
5.2.3 MARKET OPPORTUNITIES 50
5.2.3.1 Rising prevalence of bleeding disorders 50
5.2.4 MARKET CHALLENGES 51
5.2.4.1 Stringent government regulations 51
6 INDUSTRY INSIGHTS 52
6.1 INTRODUCTION 52
6.2 KEY INDUSTRY TRENDS 52
6.2.1 FOCUS ON INCREASING FRACTIONATION CAPACITIES 53
6.2.2 NEW INDICATIONS FOR PLASMA PRODUCTS 54
6.2.3 RISING ADOPTION OF SCIG 55
6.2.4 INCREASING NUMBER OF FRACTIONATOR-OWNED PLASMA COLLECTION CENTERS 55
6.2.5 GROWING PLASMA PRODUCTS MARKET IN CHINA 55
6.2.6 INCREASING FOCUS OF PLASMA FRACTIONATORS TOWARDS MANUFACTURING AND DEVELOPING RECOMBINANT FACTORS 58
6.3 PORTER’S FIVE FORCES 59
6.3.1 THREAT OF NEW ENTRANTS 59
6.3.2 THREAT OF SUBSTITUTES 60
6.3.3 BARGAINING POWER OF SUPPLIERS 60
6.3.4 BARGAINING POWER OF BUYERS 61
6.3.5 INTENSITY OF COMPETITIVE RIVALRY 61
6.4 VENDOR BENCHMARKING 62
6.4.1 PRODUCT PORTFOLIO ANALYSIS: PLASMA FRACTIONATION MARKET 62
6.4.2 NO. OF PLASMA COLLECTION CENTERS AND FRACTIONATION CAPACITIES, BY KEY PLAYER 64
6.4.3 BUSINESS PRESENCE OF KEY PLAYERS IN THE VALUE CHAIN 64
6.5 PRICING ANALYSIS 65

7 PLASMA FRACTIONATION MARKET, BY PRODUCT 66
7.1 INTRODUCTION 67
7.2 IMMUNOGLOBULINS 68
7.2.1 INTRAVENOUS IMMUNOGLOBULINS 70
7.2.1.1 IVIg holds the largest share of the immunoglobulins market 70
7.2.2 SUBCUTANEOUS IMMUNOGLOBULINS 73
7.2.2.1 Benefit of self-administration and lower incidence of non-serious systemic adverse reactions will drive the growth of the SCIg market 73
7.2.3 OTHER IMMUNOGLOBULINS 75
7.3 COAGULATION FACTOR CONCENTRATES 79
7.3.1 FACTOR VIII 82
7.3.1.1 Factor VIII holds the largest share of the coagulation factor concentrates market 82
7.3.2 FACTOR IX 85
7.3.2.1 Growth in the aging population and the rise in the number of hemophilic patients is expected to drive the growth in this market 85
7.3.3 VON WILLEBRAND FACTOR 88
7.3.3.1 Market growth is primarily driven by the increasing prevalence and diagnosis of Von Willebrand disease and hemophilia 88
7.3.4 PROTHROMBIN COMPLEX CONCENTRATE 90
7.3.4.1 Advantages of PCC over fresh frozen plasma will support market growth in this segment 90
7.3.5 FIBRINOGEN CONCENTRATES 92
7.3.5.1 Safety profile, accuracy, and speed of administration have supported the growth of the fibrinogen concentrates market 92
7.3.6 FACTOR XIII 93
7.3.6.1 Applications in treating rare bleeding disorders will contribute to the demand for Factor XIII 93
7.4 ALBUMIN 95
7.4.1 WIDE DEMAND FOR ALBUMIN AS AN ANTIOXIDANT AND VOLUME EXPANDER WILL DRIVER MARKET GROWTH 95
7.5 PROTEASE INHIBITORS 98
7.5.1 INCREASING GLOBAL DISEASE BURDEN WILL DRIVE DEMAND FOR PROTEASE INHIBITORS 98
7.6 OTHER PRODUCTS 100
8 PLASMA FRACTIONATION MARKET, BY APPLICATION 102
8.1 INTRODUCTION 103
8.2 NEUROLOGY 104
8.2.1 RISING PREVALENCE OF MAJOR AGE-RELATED NEUROLOGICAL DISORDERS TO DRIVE THIS MARKET 104
8.3 IMMUNOLOGY 107
8.3.1 INCREASING PREVALENCE OF IMMUNODEFICIENCY DISORDERS AMONG CHILDREN AND ADULTS TO DRIVE THE GROWTH OF THIS MARKET 107

8.4 HEMATOLOGY 110
8.4.1 GROWTH IN THE NUMBER OF HEMOPHILIA PATIENTS TO DRIVE THE DEMAND FOR COAGULATION FACTOR CONCENTRATES AND IMMUNOGLOBULINS 110
8.5 CRITICAL CARE 113
8.5.1 INCREASING OFF-LABEL USE OF ALBUMIN AND RISING USE OF ANTICOAGULANTS TO DRIVE THE DEMAND FOR PLASMA-DERIVED CRITICAL CARE PRODUCTS 113
8.6 PULMONOLOGY 115
8.6.1 RISING PREVALENCE OF ALPHA-1 ANTITRYPSIN DEFICIENCY AND COPD TO DRIVE THE PLASMA FRACTIONATION MARKET FOR PULMONOLOGY 115
8.7 HEMATO-ONCOLOGY 117
8.7.1 RISING NUMBER OF BLOOD CANCER PATIENTS TO DRIVE THE DEMAND FOR PLASMA-DERIVED PRODUCTS IN HEMATO-ONCOLOGY 117
8.8 RHEUMATOLOGY 119
8.8.1 INCREASING PREVALENCE OF RHEUMATIC CONDITIONS TO DRIVE THE PLASMA FRACTIONATION MARKET FOR RHEUMATOLOGY 119
8.9 OTHER APPLICATIONS 120
9 PLASMA FRACTIONATION MARKET, BY END USER 122
9.1 INTRODUCTION 123
9.2 HOSPITALS & CLINICS 124
9.2.1 IMPROVING HEALTHCARE INFRASTRUCTURE AND GROWTH IN THE NUMBER OF HOSPITALS & CLINICS—KEY FACTORS DRIVING GROWTH 124
9.3 CLINICAL RESEARCH LABORATORIES 126
9.3.1 INCREASING NUMBER OF CLINICAL STUDIES ON NEW THERAPEUTIC INDICATIONS FOR PLASMA-DERIVED PRODUCTS TO DRIVE THE MARKET FOR CLINICAL RESEARCH LABORATORIES 126
9.4 ACADEMIC INSTITUTES 128
9.4.1 INCREASING BASIC MEDICAL RESEARCH ACTIVITIES AND GROWING DEMAND FOR NEW DRUG MOLECULES TO DRIVE THE DEMAND FOR PLASMA PRODUCTS IN ACADEMIC INSTITUTES 128
10 PLASMA FRACTIONATION MARKET, BY REGION 130
10.1 INTRODUCTION 131
10.2 NORTH AMERICA 134
10.2.1 US 138
10.2.1.1 The US dominates the global plasma fractionation market 138
10.2.2 CANADA 142
10.2.2.1 Canada is one of the world’s highest per capita users of IVIg 142
10.3 EUROPE 146
10.3.1 GERMANY 152
10.3.1.1 Germany has the highest plasma fractionation capacity in Europe 152
10.3.2 FRANCE 156
10.3.2.1 High prevalence of bleeding disorders to drive the market for plasma fractionation in France 156

10.3.3 ITALY 159
10.3.3.1 Growth in the country’s geriatric population to drive the market for plasma fractionation 159
10.3.4 SPAIN 163
10.3.4.1 Growing demand for plasma products for the treatment of chronic diseases in the elderly is the key factor driving market growth 163
10.3.5 UK 166
10.3.5.1 Increasing incidence of hemophilia and the growing consumption of coagulation factors to drive market growth in the UK 166
10.3.6 REST OF EUROPE 170
10.4 ASIA PACIFIC 173
10.4.1 CHINA 178
10.4.1.1 Significant growth in the incidence of diseases such as hypoalbuminemia, liver cancer, and hepatitis B are driving the growth of plasma-derived products market in China 178
10.4.2 JAPAN 182
10.4.2.1 The rising geriatric population is expected to increase the prevalence of neurological disorders and hematological diseases in Japan in the coming years 182
10.4.3 AUSTRALIA 186
10.4.3.1 High production of plasma products and the growing demand for plasma products for the treatment of chronic disease to drive market growth 186
10.4.4 INDIA 191
10.4.4.1 Growing healthcare awareness, availability of better diagnostic tools, and the rising geriatric population to drive market growth 191
10.4.5 VIETNAM 194
10.4.5.1 Growing pool of patients suffering from COPD, PID, and bleeding disorders to drive market growth 194
10.4.6 INDONESIA 198
10.4.6.1 Growing government initiatives to drive market growth 198
10.4.7 MALAYSIA 202
10.4.7.1 Growing healthcare awareness, increasing prevalence of bleeding disorders, and the rising geriatric population are the major factors driving market growth 202
10.4.8 REST OF ASIA PACIFIC 206
10.5 LATIN AMERICA 209
10.5.1 IMPLEMENTATION OF GOVERNMENT INITIATIVES TO PROMOTE HEALTHCARE SERVICES, RISING GERIATRIC POPULATION, AND INCREASING INCIDENCE OF BLEEDING DISORDERS TO DRIVE MARKET GROWTH IN LATIN AMERICA 209
10.6 MIDDLE EAST & AFRICA 212
10.6.1 TURKEY 216
10.6.1.1 Turkey dominated the plasma fractionation market in the Middle East and Africa 216
10.6.2 SAUDI ARABIA 220
10.6.2.1 Rising use of immunoglobulins in neurology and immunology and the strengthening of healthcare infrastructure to drive market growth 220
10.6.3 EGYPT 224
10.6.3.1 Growing research on plasma and plasma derivatives and the increasing adoption of plasma products to drive market growth 224
10.6.4 UAE 228
10.6.4.1 Increasing incidence of bleeding disorders and growing government initiatives for healthcare infrastructure development to drive market growth 228
10.6.5 REST OF MIDDLE EAST AND AFRICA 231
11 COMPETITIVE LANDSCAPE 234
11.1 OVERVIEW 234
11.2 MARKET SHARE ANALYSIS 236
11.2.1 MARKET SHARE ANALYSIS, BY PRODUCT,2018 238
11.2.1.1 Immunoglobulin market, by key players 238
11.2.1.1.1 IVIG market, by key players 238
11.2.1.2 Coagulation factor market, by key players 239
11.2.1.2.1 Factor VIII market, by key players 239
11.2.1.3 Albumin market, by key players 240
11.2.2 MARKET SHARE ANALYSIS, BY REGION,2018 240
11.2.2.1 North America plasma fractionation market, by key players 240
11.2.2.1.1 US plasma fractionation market, by key players 241
11.2.2.2 Europe plasma fractionation market, by key players 241
11.3 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 242
11.3.1 VISIONARY LEADERS 242
11.3.2 INNOVATORS 242
11.3.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 242
11.3.4 EMERGING COMPANIES 242
11.4 COMPETITIVE SCENARIO AND TRENDS 244
11.4.1 PRODUCT LAUNCHES/APPROVALS 244
11.4.2 EXPANSIONS 244
11.4.3 ACQUISITIONS 245
11.4.4 AGREEMENTS, COLLABORATIONS, JOINT VENTURES, AND PARTNERSHIPS 246

12 COMPANY PROFILES 247
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 CSL 247
12.2 GRIFOLS 251
12.3 SHIRE 256
12.4 OCTAPHARMA 260
12.5 KEDRION 263
12.6 LFB 267
12.7 BIOTEST 270
12.8 SANQUIN 274
12.9 CHINA BIOLOGIC PRODUCTS 276
12.10 BIO PRODUCTS LABORATORY (BPL) 279
12.11 JAPAN BLOOD PRODUCTS ORGANIZATION 281
12.12 GC PHARMA (GREEN CROSS CORPORATION) 283
12.13 SHANGHAI RAAS BLOOD PRODUCTS 286
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
13 APPENDIX 288
13.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 288
13.2 DISCUSSION GUIDE 289
13.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 293
13.4 AVAILABLE CUSTOMIZATION 295
13.5 RELATED REPORT 295
13.6 AUTHOR DETAILS 296

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】血漿分画の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】PH-4477
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
血漿分画の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のDEGDMA市場2016
    本調査レポートでは、世界のDEGDMA市場2016について調査・分析し、DEGDMAの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カプリル酸の世界市場
    当調査レポートでは、カプリル酸の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・カプリル酸の世界市場:用途別分析/市場規模 ・カプリル酸の世界市場:地域別分析/市場規模 ・カプリル酸のアメリカ市場規模予測 ・カプリル酸のヨーロッパ市場規模予測 ・カプリル酸のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • パドルスポーツ用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パドルスポーツ用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パドルスポーツ用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ツーリングの世界市場:ダイ&金型、鍛造、ジグ&治具、工作機械、ゲージ
    当調査レポートでは、ツーリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(金型、金型、鍛造、治具、治具、工作機械、ゲージ)分析、エンドユーザー産業別(自動車、電子、電気、航空宇宙、海洋、防衛、プラスチック、建設、鉱業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ツーリングの世界市場:製品種類別(金型、金型、鍛造、治具、治具、工作機械、ゲージ) ・ツーリングの世界市場:エンドユーザー産業別(自動車、電子、電気、航空宇宙、海洋、防衛、プラスチック、建設、鉱業、その他) ・ツーリングの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 医療用ロボットの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、医療用ロボットの世界市場について調査・分析し、医療用ロボットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・医療用ロボットの世界市場:市場動向分析 ・医療用ロボットの世界市場:競争要因分析 ・医療用ロボットの世界市場:用途別分析/市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:製品別分析/市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:地域別分析/市場規模 ・医療用ロボットの北米市場規模・分析 ・医療用ロボットの欧州市場・分析 ・医療用ロボットのアジア市場・分析 ・医療用ロボットの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 胚培養培地の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、胚培養培地の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、胚培養培地の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アイウェアの世界市場:タイプ別(コンタクトレンズ、眼鏡、サングラス)、用途別(子供用、大人用、高齢者用)、地域別予測
    本資料は、アイウェアの世界市場について調べ、アイウェアの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(コンタクトレンズ、眼鏡、サングラス)分析、用途別(子供用、大人用、高齢者用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBausch & Lomb、Marchon Eyewear、Signature Eyewear、De Rigo、Luxottica、Marcolin Eyewear、Saffilo、Essilor International、Fielmann、Hoya Corporation、Johnson & Johnson、Rodenstock、Seiko corp.、Shamir、Carl Zeissなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・アイウェアの世界市場概要 ・アイウェアの世界市場環境 ・アイウェアの世界市場動向 ・アイウェアの世界市場規模 ・アイウェアの世界市場規模:タイプ別(コンタクトレンズ、眼鏡、サングラス) ・アイウェアの世界市場規模:用 …
  • 世界のポリプロピレン系ランダム共重合体市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリプロピレン系ランダム共重合体市場2015について調査・分析し、ポリプロピレン系ランダム共重合体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フットウェア(履物)の世界市場
    当調査レポートでは、フットウェア(履物)の世界市場について調査・分析し、フットウェア(履物)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の熱間圧延リブ付きバー市場2019
    本調査レポートでは、世界の熱間圧延リブ付きバー市場2019について調査・分析し、熱間圧延リブ付きバーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、熱間圧延リブ付きバーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、熱間圧延リブ付きバーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・熱間圧延リブ付きバーの市場概要 ・熱間圧延リブ付きバーの上流・下流市場分析 ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・熱間圧延リブ付きバーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延リブ付きバーの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・熱間圧延リブ付きバーの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・熱間圧延リブ付きバーの北米市 …
  • ポルトガルの電気生理装置市場見通し
  • 副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)のフェーズ3治験薬の状況 ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)治療薬の市場規模(販売予測) ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の副甲状腺機能亢進症(Hyperparathyroidism)治療薬剤
  • 太陽熱温水器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、太陽熱温水器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、太陽熱温水器の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイル付加価値サービス(VAS)の世界市場:製品別(モバイルコマース、モバイルマネー、モバイルLBS ・広告、Eメール・IM、モバイル音楽、モバイルゲーム、モバイルビデオ、モバイル出版・ラーニング、モバイルイメージ、その他)、地域別予測
    本資料は、モバイル付加価値サービス(VAS)の世界市場について調べ、モバイル付加価値サービス(VAS)の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(モバイルコマース、モバイルマネー、モバイルLBS ・広告、Eメール・IM、モバイル音楽、モバイルゲーム、モバイルビデオ、モバイル出版・ラーニング、モバイルイメージ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・モバイル付加価値サービス(VAS)の世界市場概要 ・モバイル付加価値サービス(VAS)の世界市場環境 ・モバイル付加価値サービス(VAS)の世界市場動向 ・モバイル付加価値サービス(VAS)の世界市場規模 ・モバイル付加価値サービス(VAS)の世界市場規模:製品別(モバイルコマース、モバイルマネー、モバイルLBS ・広告、Eメール・IM、モバイル音楽、モバイルゲーム、モバイルビデオ、モバイル出版・ラーニング、モバイルイメージ、その他) ・モバイル付加価値サービス(VAS)の世界市場:地域別市場規模 …
  • フェロマンガンの世界市場:種類別(電気炉、溶鉱炉、その他)、用途別(冶金、軽工業、化学、その他)、地域別予測
    本資料は、フェロマンガンの世界市場について調べ、フェロマンガンの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(電気炉、溶鉱炉、その他)分析、用途別(冶金、軽工業、化学、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはWestbrook Resource Ltd.、Russian Ferro Alloys Inc.、Elkem、Mechel、Jinsheng 、Hengxing 、Hofs Lund Company、Fenfu Mayor Smeltingなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フェロマンガンの世界市場概要 ・フェロマンガンの世界市場環境 ・フェロマンガンの世界市場動向 ・フェロマンガンの世界市場規模 ・フェロマンガンの世界市場規模:種類別(電気炉、溶鉱炉、その他) ・フェロマンガンの世界市場規模:用途別(冶金、軽工業、化学、その他) ・フェロマンガンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・フェロマンガンの北米市場規模・予測 ・フェロマンガンのアメ …
  • ブラジルの心臓人工弁市場(~2021)
  • 医療用外骨格の世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、医療用外骨格の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、モビリティタイプ別(モバイル外骨格、ステーショナリー外骨格)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・医療用外骨格の世界市場:モビリティタイプ別(モバイル外骨格、ステーショナリー外骨格) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • オフロード高性能車の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、オフロード高性能車の世界市場について調査・分析し、オフロード高性能車の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・オフロード高性能車の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・オフロード高性能車の世界市場規模:車両種類別分析 ・オフロード高性能車の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ポールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポールの世界市場について調査・分析し、ポールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポールシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポール種類別分析(ウォーキング用、トラッキング用)、ポール用途別分析(登山用、ハイキング用、日常用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポールの市場概観 ・ポールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポールの世界市場規模 ・ポールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポールのアメリカ市場規模推移 ・ポールのカナダ市場規模推移 ・ポールのメキシコ市場規模推移 ・ポールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ポールのドイツ市場規模推移 ・ポールのイギリス市場規模推移 ・ポールのロシア市場規模推移 ・ポールのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ポールの日本市場規模推移 ・ポールの中国市場規模推移 ・ポールの韓国市場規模推移 ・ポ …
  • パッケージ入りバスマティ米の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パッケージ入りバスマティ米の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パッケージ入りバスマティ米市場規模、製品別(乾燥米、パーボイルド米、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場概要 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場環境 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場動向 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場規模 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場:業界構造分析 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場:製品別(乾燥米、パーボイルド米、その他) ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場:地域別市場規模・分析 ・パッケージ入りバスマティ米のアメリカ市場規模・予測 ・パッケージ入りバスマティ米のヨーロッパ市場規模・予測 ・パッケージ入りバスマティ米のアジア市場規模・予測 ・パッケージ入りバスマティ米の主要国分析 ・パッケージ入りバスマティ米の世界市場:意思決定フレームワーク …
  • オフグリッド・リモートセンシング電力システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オフグリッド・リモートセンシング電力システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オフグリッド・リモートセンシング電力システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CNC立形マシニングセンターの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、CNC立形マシニングセンターの世界市場について調べ、CNC立形マシニングセンターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、CNC立形マシニングセンターの市場規模をセグメンテーション別(製品別(5軸未満CNC垂直マシニングセンター、5軸以上CNC立形マシニングセンター)、エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、金属加工、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はCNC立形マシニングセンターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・CNC立形マシニングセンターの市場状況 ・CNC立形マシニングセンターの市場規模 ・CNC立形マシニングセンターの市場予測 ・CNC立形マシニングセンターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(5軸未満CNC垂直マシニングセンター、5軸以上CNC立形マシニングセンター) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、金属 …
  • ロケット及びミサイルの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ロケット及びミサイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、推進方式別分析、地域別分析、ロケット及びミサイルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの心臓血管手術装置市場見通し
  • 抗菌性ガラスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、抗菌性ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、抗菌性ガラスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 硫酸ナトリウムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、硫酸ナトリウム の世界市場について調査・分析し、硫酸ナトリウム の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別硫酸ナトリウム シェア、市場規模推移、市場規模予測、硫酸ナトリウム 種類別分析()、硫酸ナトリウム 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・硫酸ナトリウム の市場概観 ・硫酸ナトリウム のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・硫酸ナトリウム のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・硫酸ナトリウム の世界市場規模 ・硫酸ナトリウム の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・硫酸ナトリウム のアメリカ市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のカナダ市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のメキシコ市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・硫酸ナトリウム のドイツ市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のイギリス市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のロシア市場規模推移 ・硫酸ナトリウム のアジア市場分析(日本、中 …
  • ヒートポンプの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヒートポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヒートポンプ市場規模、製品別(ASHP、GSHP、EAHP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヒートポンプの世界市場概要 ・ヒートポンプの世界市場環境 ・ヒートポンプの世界市場動向 ・ヒートポンプの世界市場規模 ・ヒートポンプの世界市場:業界構造分析 ・ヒートポンプの世界市場:製品別(ASHP、GSHP、EAHP) ・ヒートポンプの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヒートポンプのアメリカ市場規模・予測 ・ヒートポンプのヨーロッパ市場規模・予測 ・ヒートポンプのアジア市場規模・予測 ・ヒートポンプの主要国分析 ・ヒートポンプの世界市場:意思決定フレームワーク ・ヒートポンプの世界市場:成長要因、課題 ・ヒートポンプの世界市場:競争環境 ・ヒートポンプの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 水力/油圧装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、水力/油圧装置の世界市場について調査・分析し、水力/油圧装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 水力/油圧装置の世界市場:市場動向分析 - 水力/油圧装置の世界市場:競争要因分析 - 水力/油圧装置の世界市場:用途別 産業用 自動車市場 その他の用途 - 水力/油圧装置の世界市場:圧力段階別 750-2000 PSI 2000-3000 PSI 0-750 PSI >3000 PSI - 水力/油圧装置の世界市場:主要地域別分析 - 水力/油圧装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - 水力/油圧装置のヨーロッパ市場規模 - 水力/油圧装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・水力/油圧装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 手術用縫合糸の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、手術用縫合糸の世界市場について調査・分析し、手術用縫合糸の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 手術用縫合糸の世界市場:市場動向分析 - 手術用縫合糸の世界市場:競争要因分析 - 手術用縫合糸の世界市場:製品別 自動化縫合機器 非融解縫合糸 融解縫合糸 - 手術用縫合糸の世界市場:材料別 単一繊維 複数繊維 - 手術用縫合糸の世界市場:用途別 産婦人科手術 眼科手術 一般手術 整形外科手術 心臓血管系手術 その他の用途 - 手術用縫合糸の世界市場:エンドユーザー別 救急手術センター 病院 専門医院 その他のエンドユーザー - 手術用縫合糸の世界市場:主要地域別分析 - 手術用縫合糸の北米市場規模(アメリカ市場等) - 手術用縫合糸のヨーロッパ市場規模 - 手術用縫合糸のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・手術用縫合糸の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 膜式空気乾燥機の世界市場:製品(多孔質膜、非多孔質膜)、産業別(食品・飲料、医療、工業、エレクトロニクス・半導体、テレコム、その他)、地域別予測
    本資料は、膜式空気乾燥機の世界市場について調べ、膜式空気乾燥機の世界規模、市場動向、市場環境、製品(多孔質膜、非多孔質膜)分析、産業別(食品・飲料、医療、工業、エレクトロニクス・半導体、テレコム、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・膜式空気乾燥機の世界市場概要 ・膜式空気乾燥機の世界市場環境 ・膜式空気乾燥機の世界市場動向 ・膜式空気乾燥機の世界市場規模 ・膜式空気乾燥機の世界市場規模:製品(多孔質膜、非多孔質膜) ・膜式空気乾燥機の世界市場規模:産業別(食品・飲料、医療、工業、エレクトロニクス・半導体、テレコム、その他) ・膜式空気乾燥機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・膜式空気乾燥機の北米市場規模・予測 ・膜式空気乾燥機のアメリカ市場規模・予測 ・膜式空気乾燥機のヨーロッパ市場規模・予測 ・膜式空気乾燥機のアジア市場規模・予測 ・膜式空気乾燥機の日本市場規模・予測 ・膜式空気乾燥機の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の世界市場予測2019-2024
    「7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、5 TBなど、用途別には、Desktop Computer、Notebookなどに区分してまとめた調査レポートです。7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の世界市場概要(サマリー) ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の企業別販売量・売上 ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の企業別市場シェア ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の世界市場規模:種類別(5 TB) ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の世界市場規模:用途別(Desktop Computer、Notebook) ・7.2k RPMハードディスクドライブ (HDD)の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メ …
  • 世界の通信産業におけるテスト・計測市場2016-2020
    当調査レポートでは、世界の通信産業におけるテスト・計測市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の通信産業におけるテスト・計測市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 水・廃水処理設備の世界市場分析:製品別(膜分離、消毒、スラッジ)、技術別(一次治療、二次治療、三次治療)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、水・廃水処理設備の世界市場について調査・分析し、水・廃水処理設備の世界市場動向、水・廃水処理設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別水・廃水処理設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 洗浄システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、洗浄システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、洗浄システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の膝関節置換処置動向(~2021)
  • 世界の大腸癌診断・検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、大腸癌診断・検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・大腸癌診断・検査装置の概要 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:領域別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・大腸癌診断・検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別大腸癌診断・検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・大腸癌診断・検査装置の最近動向
  • 糖尿病食品の世界市場:菓子類、パン類、スプレッド
    当調査レポートでは、糖尿病食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、糖尿病食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 鴨肉の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鴨肉の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鴨肉市場規模、製品別(生鮮、加工)分析、流通経路別(スーパーマーケット・ハイパーマーケット、専門小売店、コンビニエンスストア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AJC International, Charoen Pokphand Foods, Maple Leaf Farms, New Hope Liuhe, Pepe's ducksなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鴨肉の世界市場概要 ・鴨肉の世界市場環境 ・鴨肉の世界市場動向 ・鴨肉の世界市場規模 ・鴨肉の世界市場:業界構造分析 ・鴨肉の世界市場:製品別(生鮮、加工) ・鴨肉の世界市場:流通経路別(スーパーマーケット・ハイパーマーケット、専門小売店、コンビニエンスストア、その他) ・鴨肉の世界市場:地域別市場規模・分析 ・鴨肉の北米市場規模・予測 ・鴨肉のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・鴨肉のア …
  • POC診断の世界市場
    当調査レポートでは、POC診断の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・POC診断の世界市場:技術別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:製品別分析/市場規模 ・POC診断の世界市場:地域別分析/市場規模 ・POC診断のアメリカ市場規模予測 ・POC診断のヨーロッパ市場規模予測 ・POC診断のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 外科手術用封止剤・接着剤の世界市場予測(~2021年):天然、合成、フィブリン、コラーゲン、ゼラチン、シアノアクリル酸、アルブミン、人血
    当調査レポートでは、外科手術用封止剤・接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、疾患別分析、用途別分析、地域別分析、外科手術用封止剤・接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 暗号資産管理の世界市場予測(~2023年)
    暗号資産管理の市場規模は、2018年の9400万ドルから2023年には207百万ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は17.1%と予測されています。暗号資産管理プラットフォームは、Bitcoin、Ripple、Ethereum、Altcoinなどの暗号資産を管理および保護する上で有益です。セキュリティの問題が高まる中、デジタル資産を管理、保存、保護する暗号資産管理プラットフォームを導入する金融機関は急速に増えています。ソリューションプロバイダーは、機関投資家向けにエンドツーエンドのターンキーソリューションを提供しています。企業が暗号資産に関連するリスクを軽減し、スケーラビリティ、柔軟性、透明性といった利点を提供するのに役立つカストディアンサービスもベンダーから提供されています。当調査レポートでは、暗号資産管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、プラットフォーム別分析、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、エンドユーザー別(機関、小売・電子商取引)分析、暗号資産管理の世界市場規模及び予測、市場動向、 …
  • 世界の生体吸収性ステント市場規模・予測2017-2025:材料別(生体吸収性ポリマー系ステント、生体吸収性金属製ステント)、吸収速度別(低速ステント、高速ステント)、用途別、エンドユーザー別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の生体吸収性ステント市場について調査・分析し、世界の生体吸収性ステント市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の生体吸収性ステント関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 臨床ワークフローソリューションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、臨床ワークフローソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、臨床ワークフローソリューション市場規模、種類別(エンタプライズレポーティング(ER)・分析ソリューション、データ統合ソリューション、ケアコラボレーションソリューション、ワークフロー自動化ソリューション、リアルタイム通信ソリューション)分析、エンドユーザー別(介護施設、外来治療センター、病院)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 臨床ワークフローソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ 臨床ワークフローソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ 臨床ワークフローソリューションの世界市場:種類別(エンタプライズレポーティング(ER)・分析ソリューション、データ統合ソリューション、ケアコラボレーションソリューション、ワークフロー自動化ソリューション、リアルタイム通信ソリューション) ・ 臨床ワークフローソリューションの世界市場:エンドユーザー別(介護施 …
  • マッサージ機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マッサージ機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マッサージ機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 膵癌・胆管癌治療薬の世界市場:開発パイプラインレビュー2018
  • アジア太平洋のエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場
    当調査レポートでは、アジア太平洋のエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のエンジニアリング・サービス・アウトソーシング市場規模及び予測、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小規模LNG基地の世界市場
    当調査レポートでは、小規模LNG基地の世界市場について調査・分析し、小規模LNG基地の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 人工心臓弁の世界市場:機械式心臓弁、経カテーテル心臓弁、組織心臓弁
    当調査レポートでは、人工心臓弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用鉛蓄電池の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用鉛蓄電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用鉛蓄電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リアルタイム位置情報管理システム(RTLS)の世界市場予測(~2022):提供形態別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(RFID、W-Fi、UWB、BLE、赤外線)、用途別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、リアルタイム位置情報管理システム(RTLS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、提供形態別分析、技術別分析、用途別分析、産業別分析、リアルタイム位置情報管理システム(RTLS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"