"血漿分画の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:PH-4477)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"血漿分画の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Global plasma fractionation market is projected to grow at a CAGR of 6.6%.”The global plasma fractionation market is projected to reach USD 34.9 billion by 2024 from USD 25.4 billion in 2019, at a CAGR of 6.6% during the forecast period. Growth in the plasma fractionation market can largely be attributed to factors such as the growing use of immunoglobulins in various therapeutic areas, increase in plasma collection (and the number of plasma collection centers), and the increasing use of alpha-1-antitrypsin. However, the high cost of plasma products, limited reimbursements, and the emergence of recombinant alternatives are expected to restrain the growth of this market during the forecast period.
“By product, immunoglobulin market is expected to hold the largest share of the plasma fractionation market in 2019.”
The immunoglobulin segment is expected to dominate the plasma fractionation market during the forecast period. IVIg is the most extensively used plasma product across the globe, meant for the treatment of dermatomyositis, Guillain-Barre syndrome, chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy (CIDP), immune cytopenias, hypogammaglobinemia, primary antibody deficiency, vacuities, multiple sclerosis, asthma, and systemic lupus erythematosus, among other ailments. The growing prevalence of these and other target diseases, as a result, is the key driver of market growth.
“Factor VIII will dominate the coagulation factor concentrates market in 2019.”
The coagulation factor market is segmented into factor VIII, factor IX, Von Willebrand factor, prothrombin factor concentrates, fibrinogen concentrates, and factor XIII. Factor VIII segment is expected to hold the largest share in the coagulation factor concentrates market in 2019. This is attributed to the growth in geriatric population, rising number of hemophilic patients, increasing preference for prophylactic treatments for people suffering from hemophilia, and increasing diagnosis of hemophilia. In addition, the unavailability of advanced therapies for a majority of hemophilia patients in developing countries is also expected to drive this market.
“North America is expected to hold the largest share during the forecast period (2019–2024)”
North America is expected to dominate the plasma fractionation market during the forecast period. The demand for plasma products in North America is mainly driven by the increasing use of immunoglobulins in neurological and autoimmune diseases and the increasing use of prophylaxis treatments among diagnosed patients. The rising number of registered hemophilic patients (as illustrated in the table below) is also propelling the growth of this market. The growing number of hemophilic patients will increase the adoption of coagulation factors, which in turn will drive the market for plasma fractionation in North America.
A breakdown of supply-side primary participants is mentioned below:
• By Company Type: Tier 1–38%, Tier 2–21%, and Tier 3–41%
• By Designation: C-level–30%, Director Level–28%, Others–42%
• By Region: North America–35%, Europe–25%, Asia Pacific–20%, Latin America–12%, Middle East and Africa-8%
Major players in the global plasma fractionation market include CSL (Australia), Grifols (Spain), Shire (Ireland), Octapharma (Switzerland), Kedrion (Italy), BPL (UK), Sanquin (Netherlands), LFB (France), Biotest (Germany), Japan Blood Products Organization, China Biologic Products (China), Green Cross Corporation (South Korea), and Shanghai RAAS Blood Products (China).
Research Coverage:
The plasma fractionation market in this report is segmented by product, application, end user, and region. It provides detailed information regarding the major factors influencing the growth market (drivers, restraints, opportunities, and industry-specific challenges). The study tracks and analyzes competitive developments (such as partnerships, agreements, collaborations, mergers & acquisitions, product developments, geographical expansions, and R&D activities) and strategically profiles the key players and comprehensively analyzes their market shares and core competencies in the plasma fractionation market.
Reasons to buy this report:
From an insight perspective, this research report has focused on various levels of analysis—the market share analysis of top players in the global market, different product segments, as well on the regional levels, company profiles that comprise and discuss basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the plasma fractionation market; high-growth regions; and market drivers, restraints, and opportunities. The report provides the latest statistics and industry trends, allowing buyers to identify high-growth product segments and potential customers and suppliers, hence driving revenue growth and profitability. The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on products offered by the top players in the global plasma fractionation market

• Product Development/Innovation: Detailed insights on growth strategies, research & development activities, and product launches in the global plasma fractionation market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets–the report analyzes the markets for plasma fractionation across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the global plasma fractionation market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of the leading players in the global plasma fractionation market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"血漿分画の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 24
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 24
1.2 MARKET DEFINITION 24
1.3 SCOPE OF THE STUDY 25
1.3.1 MARKETS COVERED 25
1.3.2 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 26
1.4 CURRENCY 26
1.5 STAKEHOLDERS 26
2 RESEARCH METHODOLOGY 27
2.1 RESEARCH APPROACH 27
2.1.1 SECONDARY SOURCES 28
2.1.1.1 Key data from secondary sources 28
2.1.2 PRIMARY SOURCES 29
2.1.2.1 Primary sources 29
2.1.2.2 Key data from primary sources 30
2.1.2.3 Key industry insights 31
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 32
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 33
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 33
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 34
2.4 MARKET SHARE ESTIMATION 35
2.5 ASSUMPTIONS FOR THE STUDY 35
2.6 LIMITATIONS 35
3 EXECUTIVE SUMMARY 36
4 PREMIUM INSIGHTS 40
4.1 PLASMA FRACTIONATION MARKET OVERVIEW 40
4.2 GEOGRAPHICAL SNAPSHOT OF THE PLASMA FRACTIONATION MARKET 41
4.3 PLASMA FRACTIONATION MARKET: REGIONAL MIX 42
4.4 PLASMA FRACTIONATION MARKET, DEVELOPING COUNTRIES VS. DEVELOPED COUNTRIES 42

5 MARKET OVERVIEW 43
5.1 INTRODUCTION 43
5.2 MARKET DYNAMICS 43
5.2.1 MARKET DRIVERS 43
5.2.1.1 Growing use of immunoglobulins in various therapeutic areas 43
5.2.1.2 Rising geriatric population across the globe 46
5.2.1.3 Growing prevalence of respiratory diseases and AATD driving the uptake of alpha-1-antitrypsin 46
5.2.1.4 Increase in plasma collection 47
5.2.2 MARKET RESTRAINTS 49
5.2.2.1 High cost and limited reimbursement 49
5.2.2.2 Emergence of recombinant alternatives 50
5.2.3 MARKET OPPORTUNITIES 50
5.2.3.1 Rising prevalence of bleeding disorders 50
5.2.4 MARKET CHALLENGES 51
5.2.4.1 Stringent government regulations 51
6 INDUSTRY INSIGHTS 52
6.1 INTRODUCTION 52
6.2 KEY INDUSTRY TRENDS 52
6.2.1 FOCUS ON INCREASING FRACTIONATION CAPACITIES 53
6.2.2 NEW INDICATIONS FOR PLASMA PRODUCTS 54
6.2.3 RISING ADOPTION OF SCIG 55
6.2.4 INCREASING NUMBER OF FRACTIONATOR-OWNED PLASMA COLLECTION CENTERS 55
6.2.5 GROWING PLASMA PRODUCTS MARKET IN CHINA 55
6.2.6 INCREASING FOCUS OF PLASMA FRACTIONATORS TOWARDS MANUFACTURING AND DEVELOPING RECOMBINANT FACTORS 58
6.3 PORTER’S FIVE FORCES 59
6.3.1 THREAT OF NEW ENTRANTS 59
6.3.2 THREAT OF SUBSTITUTES 60
6.3.3 BARGAINING POWER OF SUPPLIERS 60
6.3.4 BARGAINING POWER OF BUYERS 61
6.3.5 INTENSITY OF COMPETITIVE RIVALRY 61
6.4 VENDOR BENCHMARKING 62
6.4.1 PRODUCT PORTFOLIO ANALYSIS: PLASMA FRACTIONATION MARKET 62
6.4.2 NO. OF PLASMA COLLECTION CENTERS AND FRACTIONATION CAPACITIES, BY KEY PLAYER 64
6.4.3 BUSINESS PRESENCE OF KEY PLAYERS IN THE VALUE CHAIN 64
6.5 PRICING ANALYSIS 65

7 PLASMA FRACTIONATION MARKET, BY PRODUCT 66
7.1 INTRODUCTION 67
7.2 IMMUNOGLOBULINS 68
7.2.1 INTRAVENOUS IMMUNOGLOBULINS 70
7.2.1.1 IVIg holds the largest share of the immunoglobulins market 70
7.2.2 SUBCUTANEOUS IMMUNOGLOBULINS 73
7.2.2.1 Benefit of self-administration and lower incidence of non-serious systemic adverse reactions will drive the growth of the SCIg market 73
7.2.3 OTHER IMMUNOGLOBULINS 75
7.3 COAGULATION FACTOR CONCENTRATES 79
7.3.1 FACTOR VIII 82
7.3.1.1 Factor VIII holds the largest share of the coagulation factor concentrates market 82
7.3.2 FACTOR IX 85
7.3.2.1 Growth in the aging population and the rise in the number of hemophilic patients is expected to drive the growth in this market 85
7.3.3 VON WILLEBRAND FACTOR 88
7.3.3.1 Market growth is primarily driven by the increasing prevalence and diagnosis of Von Willebrand disease and hemophilia 88
7.3.4 PROTHROMBIN COMPLEX CONCENTRATE 90
7.3.4.1 Advantages of PCC over fresh frozen plasma will support market growth in this segment 90
7.3.5 FIBRINOGEN CONCENTRATES 92
7.3.5.1 Safety profile, accuracy, and speed of administration have supported the growth of the fibrinogen concentrates market 92
7.3.6 FACTOR XIII 93
7.3.6.1 Applications in treating rare bleeding disorders will contribute to the demand for Factor XIII 93
7.4 ALBUMIN 95
7.4.1 WIDE DEMAND FOR ALBUMIN AS AN ANTIOXIDANT AND VOLUME EXPANDER WILL DRIVER MARKET GROWTH 95
7.5 PROTEASE INHIBITORS 98
7.5.1 INCREASING GLOBAL DISEASE BURDEN WILL DRIVE DEMAND FOR PROTEASE INHIBITORS 98
7.6 OTHER PRODUCTS 100
8 PLASMA FRACTIONATION MARKET, BY APPLICATION 102
8.1 INTRODUCTION 103
8.2 NEUROLOGY 104
8.2.1 RISING PREVALENCE OF MAJOR AGE-RELATED NEUROLOGICAL DISORDERS TO DRIVE THIS MARKET 104
8.3 IMMUNOLOGY 107
8.3.1 INCREASING PREVALENCE OF IMMUNODEFICIENCY DISORDERS AMONG CHILDREN AND ADULTS TO DRIVE THE GROWTH OF THIS MARKET 107

8.4 HEMATOLOGY 110
8.4.1 GROWTH IN THE NUMBER OF HEMOPHILIA PATIENTS TO DRIVE THE DEMAND FOR COAGULATION FACTOR CONCENTRATES AND IMMUNOGLOBULINS 110
8.5 CRITICAL CARE 113
8.5.1 INCREASING OFF-LABEL USE OF ALBUMIN AND RISING USE OF ANTICOAGULANTS TO DRIVE THE DEMAND FOR PLASMA-DERIVED CRITICAL CARE PRODUCTS 113
8.6 PULMONOLOGY 115
8.6.1 RISING PREVALENCE OF ALPHA-1 ANTITRYPSIN DEFICIENCY AND COPD TO DRIVE THE PLASMA FRACTIONATION MARKET FOR PULMONOLOGY 115
8.7 HEMATO-ONCOLOGY 117
8.7.1 RISING NUMBER OF BLOOD CANCER PATIENTS TO DRIVE THE DEMAND FOR PLASMA-DERIVED PRODUCTS IN HEMATO-ONCOLOGY 117
8.8 RHEUMATOLOGY 119
8.8.1 INCREASING PREVALENCE OF RHEUMATIC CONDITIONS TO DRIVE THE PLASMA FRACTIONATION MARKET FOR RHEUMATOLOGY 119
8.9 OTHER APPLICATIONS 120
9 PLASMA FRACTIONATION MARKET, BY END USER 122
9.1 INTRODUCTION 123
9.2 HOSPITALS & CLINICS 124
9.2.1 IMPROVING HEALTHCARE INFRASTRUCTURE AND GROWTH IN THE NUMBER OF HOSPITALS & CLINICS—KEY FACTORS DRIVING GROWTH 124
9.3 CLINICAL RESEARCH LABORATORIES 126
9.3.1 INCREASING NUMBER OF CLINICAL STUDIES ON NEW THERAPEUTIC INDICATIONS FOR PLASMA-DERIVED PRODUCTS TO DRIVE THE MARKET FOR CLINICAL RESEARCH LABORATORIES 126
9.4 ACADEMIC INSTITUTES 128
9.4.1 INCREASING BASIC MEDICAL RESEARCH ACTIVITIES AND GROWING DEMAND FOR NEW DRUG MOLECULES TO DRIVE THE DEMAND FOR PLASMA PRODUCTS IN ACADEMIC INSTITUTES 128
10 PLASMA FRACTIONATION MARKET, BY REGION 130
10.1 INTRODUCTION 131
10.2 NORTH AMERICA 134
10.2.1 US 138
10.2.1.1 The US dominates the global plasma fractionation market 138
10.2.2 CANADA 142
10.2.2.1 Canada is one of the world’s highest per capita users of IVIg 142
10.3 EUROPE 146
10.3.1 GERMANY 152
10.3.1.1 Germany has the highest plasma fractionation capacity in Europe 152
10.3.2 FRANCE 156
10.3.2.1 High prevalence of bleeding disorders to drive the market for plasma fractionation in France 156

10.3.3 ITALY 159
10.3.3.1 Growth in the country’s geriatric population to drive the market for plasma fractionation 159
10.3.4 SPAIN 163
10.3.4.1 Growing demand for plasma products for the treatment of chronic diseases in the elderly is the key factor driving market growth 163
10.3.5 UK 166
10.3.5.1 Increasing incidence of hemophilia and the growing consumption of coagulation factors to drive market growth in the UK 166
10.3.6 REST OF EUROPE 170
10.4 ASIA PACIFIC 173
10.4.1 CHINA 178
10.4.1.1 Significant growth in the incidence of diseases such as hypoalbuminemia, liver cancer, and hepatitis B are driving the growth of plasma-derived products market in China 178
10.4.2 JAPAN 182
10.4.2.1 The rising geriatric population is expected to increase the prevalence of neurological disorders and hematological diseases in Japan in the coming years 182
10.4.3 AUSTRALIA 186
10.4.3.1 High production of plasma products and the growing demand for plasma products for the treatment of chronic disease to drive market growth 186
10.4.4 INDIA 191
10.4.4.1 Growing healthcare awareness, availability of better diagnostic tools, and the rising geriatric population to drive market growth 191
10.4.5 VIETNAM 194
10.4.5.1 Growing pool of patients suffering from COPD, PID, and bleeding disorders to drive market growth 194
10.4.6 INDONESIA 198
10.4.6.1 Growing government initiatives to drive market growth 198
10.4.7 MALAYSIA 202
10.4.7.1 Growing healthcare awareness, increasing prevalence of bleeding disorders, and the rising geriatric population are the major factors driving market growth 202
10.4.8 REST OF ASIA PACIFIC 206
10.5 LATIN AMERICA 209
10.5.1 IMPLEMENTATION OF GOVERNMENT INITIATIVES TO PROMOTE HEALTHCARE SERVICES, RISING GERIATRIC POPULATION, AND INCREASING INCIDENCE OF BLEEDING DISORDERS TO DRIVE MARKET GROWTH IN LATIN AMERICA 209
10.6 MIDDLE EAST & AFRICA 212
10.6.1 TURKEY 216
10.6.1.1 Turkey dominated the plasma fractionation market in the Middle East and Africa 216
10.6.2 SAUDI ARABIA 220
10.6.2.1 Rising use of immunoglobulins in neurology and immunology and the strengthening of healthcare infrastructure to drive market growth 220
10.6.3 EGYPT 224
10.6.3.1 Growing research on plasma and plasma derivatives and the increasing adoption of plasma products to drive market growth 224
10.6.4 UAE 228
10.6.4.1 Increasing incidence of bleeding disorders and growing government initiatives for healthcare infrastructure development to drive market growth 228
10.6.5 REST OF MIDDLE EAST AND AFRICA 231
11 COMPETITIVE LANDSCAPE 234
11.1 OVERVIEW 234
11.2 MARKET SHARE ANALYSIS 236
11.2.1 MARKET SHARE ANALYSIS, BY PRODUCT,2018 238
11.2.1.1 Immunoglobulin market, by key players 238
11.2.1.1.1 IVIG market, by key players 238
11.2.1.2 Coagulation factor market, by key players 239
11.2.1.2.1 Factor VIII market, by key players 239
11.2.1.3 Albumin market, by key players 240
11.2.2 MARKET SHARE ANALYSIS, BY REGION,2018 240
11.2.2.1 North America plasma fractionation market, by key players 240
11.2.2.1.1 US plasma fractionation market, by key players 241
11.2.2.2 Europe plasma fractionation market, by key players 241
11.3 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 242
11.3.1 VISIONARY LEADERS 242
11.3.2 INNOVATORS 242
11.3.3 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 242
11.3.4 EMERGING COMPANIES 242
11.4 COMPETITIVE SCENARIO AND TRENDS 244
11.4.1 PRODUCT LAUNCHES/APPROVALS 244
11.4.2 EXPANSIONS 244
11.4.3 ACQUISITIONS 245
11.4.4 AGREEMENTS, COLLABORATIONS, JOINT VENTURES, AND PARTNERSHIPS 246

12 COMPANY PROFILES 247
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 CSL 247
12.2 GRIFOLS 251
12.3 SHIRE 256
12.4 OCTAPHARMA 260
12.5 KEDRION 263
12.6 LFB 267
12.7 BIOTEST 270
12.8 SANQUIN 274
12.9 CHINA BIOLOGIC PRODUCTS 276
12.10 BIO PRODUCTS LABORATORY (BPL) 279
12.11 JAPAN BLOOD PRODUCTS ORGANIZATION 281
12.12 GC PHARMA (GREEN CROSS CORPORATION) 283
12.13 SHANGHAI RAAS BLOOD PRODUCTS 286
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
13 APPENDIX 288
13.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 288
13.2 DISCUSSION GUIDE 289
13.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 293
13.4 AVAILABLE CUSTOMIZATION 295
13.5 RELATED REPORT 295
13.6 AUTHOR DETAILS 296

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】血漿分画の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】PH-4477
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
血漿分画の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ホームオフィス家具の世界市場:種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他)、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、一般小売店、オンライン、その他)、地域別予測
    本資料は、ホームオフィス家具の世界市場について調べ、ホームオフィス家具の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他)分析、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、一般小売店、オンライン、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはKnoll、Inter IKEA Group、Herman Miller、Ashley Furniture Industries、Poltrona Frau、Steelcase、Kimball International 、Sears Holdings、HNI、Mascoなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホームオフィス家具の世界市場概要 ・ホームオフィス家具の世界市場環境 ・ホームオフィス家具の世界市場動向 ・ホームオフィス家具の世界市場規模 ・ホームオフィス家具の世界市場規模:種類別(イス類、テーブル、収納ユニット、その他) ・ホームオフィス家具の世界市場規模:販 …
  • 金属射出成形(MIM)の世界市場分析:エンドユーザー別(自動車、消費者製品、医療、産業、防衛)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、金属射出成形(MIM)の世界市場について調査・分析し、金属射出成形(MIM)の世界市場動向、金属射出成形(MIM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別金属射出成形(MIM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 発電ボイラーの世界市場2017-2021:石炭ボイラー、ガスボイラー、石油ボイラー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、発電ボイラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、発電ボイラーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は発電ボイラーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAmec Foster Wheeler、Babcock & Wilcox Enterprises、DONGFANG BOILER GROUP、General Electric、Harbin Electric、MITSUBISHI HITACHI POWER SYSTEMS等です。
  • チョコレートビールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、チョコレートビールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チョコレートビールの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はチョコレートビールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、The Boston Beer Company、D.G. Yeungling & Sons 、Anheuser-Busch InBev、New Belgium Brewing Company、Sierra Nevada Brewing等です。
  • 建設用リフトの世界市場
    当調査レポートでは、建設用リフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用リフトの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • L型カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるL型カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・L型カルシウムチャンネル遮断剤の概要 ・L型カルシウムチャンネル遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のL型カルシウムチャンネル遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・L型カルシウムチャンネル遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・L型カルシウムチャンネル遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 鉄道推進システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、鉄道推進システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、鉄道推進システム市場規模、用途別(ディーゼル機関車、電気機関車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, ALSTOM, Bombardier, CRRC, GENERAL ELECTRIC, Hitachiなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・鉄道推進システムの世界市場概要 ・鉄道推進システムの世界市場環境 ・鉄道推進システムの世界市場動向 ・鉄道推進システムの世界市場規模 ・鉄道推進システムの世界市場:業界構造分析 ・鉄道推進システムの世界市場:用途別(ディーゼル機関車、電気機関車) ・鉄道推進システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉄道推進システムの北米市場規模・予測 ・鉄道推進システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・鉄道推進システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・鉄道推進システムの主要国分析 ・鉄道推進システムの世界市場:意思決定フレ …
  • ボート・ヨット輸送の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ボート・ヨット輸送の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ボート・ヨット輸送市場規模、製品別(ボート・ヨット)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Boat Shipping USA, Joule Yacht Transport, ONE WORLD SHIPPING NETWORK, Peters & May, Spliethoff Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ボート・ヨット輸送の世界市場概要 ・ボート・ヨット輸送の世界市場環境 ・ボート・ヨット輸送の世界市場動向 ・ボート・ヨット輸送の世界市場規模 ・ボート・ヨット輸送の世界市場:業界構造分析 ・ボート・ヨット輸送の世界市場:製品別(ボート・ヨット) ・ボート・ヨット輸送の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ボート・ヨット輸送の北米市場規模・予測 ・ボート・ヨット輸送のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ボート・ヨット輸送のアジア太平洋市場規 …
  • ワイヤレスヘッドフォンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ワイヤレスヘッドフォンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイヤレスヘッドフォン市場規模、種類別(インイヤー、オンイヤー、オーバーイヤー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場概要 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場環境 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場動向 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場規模 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:業界構造分析 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:種類別(インイヤー、オンイヤー、オーバーイヤー) ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ワイヤレスヘッドフォンのアメリカ市場規模・予測 ・ワイヤレスヘッドフォンのヨーロッパ市場規模・予測 ・ワイヤレスヘッドフォンのアジア市場規模・予測 ・ワイヤレスヘッドフォンの主要国分析 ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:意思決定フレームワーク ・ワイヤレスヘッドフォンの世界市場:成長 …
  • 売買管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、展開方法別、最終用途別(輸送、小売、製造)、セグメント予測
    本調査レポートでは、売買管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、売買管理ソフトウェアの世界市場動向、売買管理ソフトウェアの世界市場規模、市場予測、セグメント別売買管理ソフトウェア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス)、垂直産業別(教育、行政、ヘルスケア、IT・テレコム、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場について調べ、エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス)分析、垂直産業別(教育、行政、ヘルスケア、IT・テレコム、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場概要 ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場環境 ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場動向 ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場規模 ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場規模:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場規模:導入タイプ別(クラウド、オンプレミス) ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場規模:垂直産 …
  • エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場
    当調査レポートでは、エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場について調査・分析し、エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場:市場動向分析 - エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場:競争要因分析 - エレクトロクロミックガラスと機器の世界市場:材料別 ・ポリマー ・遷移金属酸化物 ・反射性のある水素化物 ・ビオロゲン ・ナノ結晶 ・分子染料 - エレクトロクロミックガラスと機器の世界市場:製品別 ・窓 ・ディスプレイ ・鏡 ・その他 - エレクトロクロミックガラスと機器の世界市場:用途別 ・ヘルスケア ・住居用 ・商業用 ・運送 ・サービス業 ・小売 ・その他 - エレクトロクロミックガラスと機器の世界市場:動作モード別 ・反射 ・透過 - エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場:主要地域別分析 - エレクトロクロミックガラスおよび機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - エレクトロクロミックガラスお …
  • コンピュータ生物学の世界市場:用途別(細胞・生物学的シミュレーション、創薬・疾患モデリング)、サービス別、エンドユーズ別
    本調査レポートでは、コンピュータ生物学の世界市場について調査・分析し、コンピュータ生物学の世界市場動向、コンピュータ生物学の世界市場規模、市場予測、セグメント別コンピュータ生物学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 生鮮食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、生鮮食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生鮮食品の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気薬学/生体電気療法の世界市場分析:製品別(植込み型除細動器、心臓ペースメーカ、人工内耳)、用途別(不整脈、疼痛管理、感音神経障害)、タイプ別、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、電気薬学/生体電気療法の世界市場について調査・分析し、電気薬学/生体電気療法の世界市場動向、電気薬学/生体電気療法の世界市場規模、市場予測、セグメント別電気薬学/生体電気療法市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の航海データ記録装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の航海データ記録装置市場2015について調査・分析し、航海データ記録装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 尿失禁(Urinary Incontinence):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における尿失禁(Urinary Incontinence)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、尿失禁(Urinary Incontinence)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・尿失禁(Urinary Incontinence)の概要 ・尿失禁(Urinary Incontinence)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の尿失禁(Urinary Incontinence)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・尿失禁(Urinary Incontinence)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • ヨーグルトの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ヨーグルトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヨーグルト市場規模、製品別(スプーナブルヨーグルト、飲むヨーグルト)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヨーグルトの世界市場概要 ・ヨーグルトの世界市場環境 ・ヨーグルトの世界市場動向 ・ヨーグルトの世界市場規模 ・ヨーグルトの世界市場:業界構造分析 ・ヨーグルトの世界市場:製品別(スプーナブルヨーグルト、飲むヨーグルト) ・ヨーグルトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヨーグルトの北米市場規模・予測 ・ヨーグルトのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヨーグルトのアジア太平洋市場規模・予測 ・ヨーグルトの主要国分析 ・ヨーグルトの世界市場:意思決定フレームワーク ・ヨーグルトの世界市場:成長要因、課題 ・ヨーグルトの世界市場:競争環境 ・ヨーグルトの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • スウェーデンの心臓血管手術装置市場見通し
  • ミネラル除去同種移植片の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ミネラル除去同種移植片の世界市場について調査・分析し、ミネラル除去同種移植片の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ミネラル除去同種移植片シェア、市場規模推移、市場規模予測、ミネラル除去同種移植片種類別分析(ゲル、パテ、チップとパテ、その他)、ミネラル除去同種移植片用途別分析(歯科、脊椎手術、外傷手術)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ミネラル除去同種移植片の市場概観 ・ミネラル除去同種移植片のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ミネラル除去同種移植片のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ミネラル除去同種移植片の世界市場規模 ・ミネラル除去同種移植片の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ミネラル除去同種移植片のアメリカ市場規模推移 ・ミネラル除去同種移植片のカナダ市場規模推移 ・ミネラル除去同種移植片のメキシコ市場規模推移 ・ミネラル除去同種移植片のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ミネラル除去同種移植片の …
  • Eコマースパッケージングの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、Eコマースパッケージングの世界市場について調べ、Eコマースパッケージングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、Eコマースパッケージングの市場規模をセグメンテーション別(種類別(段ボール箱、保護包装、ポリ袋)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はEコマースパッケージングの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・Eコマースパッケージングの市場状況 ・Eコマースパッケージングの市場規模 ・Eコマースパッケージングの市場予測 ・Eコマースパッケージングの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(段ボール箱、保護包装、ポリ袋) ・Eコマースパッケージングの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ブラジルの股関節置換処置動向(~2021)
  • 潰瘍性大腸炎(UC)治療薬の世界市場予測・分析
  • 暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、暗号通貨マイニングハードウェア市場規模、製品別(ASIC、GPU)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場概要 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場環境 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場動向 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場規模 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場:業界構造分析 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場:製品別(ASIC、GPU) ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・暗号通貨マイニングハードウェアのアメリカ市場規模・予測 ・暗号通貨マイニングハードウェアのヨーロッパ市場規模・予測 ・暗号通貨マイニングハードウェアのアジア市場規模・予測 ・暗号通貨マイニングハードウェアの主要国分析 ・暗号通貨マイニングハードウェアの世界市 …
  • 聴覚装置の世界市場2017-2021:補聴器、人工内耳、診断装置、BAHA
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、聴覚装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、聴覚装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は聴覚装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はMedtronic、Sonova、Starkey Hearing Technologies、William Demant等です。
  • 世界のトリメリット酸トリオクチル(TOTM)市場2016
    本調査レポートでは、世界のトリメリット酸トリオクチル(TOTM)市場2016について調査・分析し、トリメリット酸トリオクチル(TOTM)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルマップの世界市場:構成要素別、ソリューション別、サービス別、産業別、地域別予測
    本資料は、デジタルマップの世界市場について調べ、デジタルマップの世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルマップの世界市場概要 ・デジタルマップの世界市場環境 ・デジタルマップの世界市場動向 ・デジタルマップの世界市場規模 ・デジタルマップの世界市場規模:構成要素別 ・デジタルマップの世界市場規模:ソリューション別 ・デジタルマップの世界市場規模:サービス別 ・デジタルマップの世界市場規模:産業別 ・デジタルマップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルマップの北米市場規模・予測 ・デジタルマップのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルマップのヨーロッパ市場規模・予測 ・デジタルマップのアジア市場規模・予測 ・デジタルマップの日本市場規模・予測 ・デジタルマップの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 肉腫治療の世界市場:治療タイプ別(化学療法、標的療法)、セグメント予測
    肉腫の治療の世界市場は2023年には12億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、主に新規治療薬の発売および新しい治療法採用の増加、目標母集団の増加などが考えられます。本調査レポートでは、肉腫治療の世界市場について調査・分析し、肉腫治療の世界市場動向、肉腫治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別肉腫治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のリハビリテーション装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のリハビリテーション装置市場2015について調査・分析し、リハビリテーション装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CCR2阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCCR2阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CCR2阻害薬の概要 ・CCR2阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCCR2阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CCR2阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CCR2阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インドネシアのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、車両種類別分析、構成要素別分析、材料別分析、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バーチャルスクールの北米市場2017-2021
    当調査レポートでは、バーチャルスクールの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バーチャルスクールの北米市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサイクラミン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のサイクラミン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、サイクラミン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 創薬サービスの世界市場予測(~2022年):医薬品化学、生物学サービス、DMPK
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、創薬サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、プロセス別分析、種類別分析、薬品タイプ別分析、治療分野別分析、創薬サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガイドワイヤーの世界市場
    当調査レポートでは、ガイドワイヤーの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ガイドワイヤーの世界市場:原材料別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーの世界市場:製品別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ガイドワイヤーのアメリカ市場規模予測 ・ガイドワイヤーのヨーロッパ市場規模予測 ・ガイドワイヤーのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 掘削廃棄物管理の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、掘削廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、掘削廃棄物管理の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CMOSイメージセンサーの世界市場:用途別、地域別
    本レポートは、CMOSイメージセンサーの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(家電、自動車、セキュリティと監視、産業、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・CMOSイメージセンサーの世界市場:用途別(家電、自動車、セキュリティと監視、産業、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • イギリスの股関節置換処置動向(~2021)
  • セキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、セキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はセキュリティ用自動化e-ゲートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.70%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ARJO Systems、Gemalto、Josanti Infoimaging、OT-Morpho等です。
  • 深層学習の世界市場2020-2024
    「深層学習の世界市場2020-2024」は、深層学習について市場概要、市場規模、種類別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・深層学習の世界市場:種類別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 医療用布類の世界市場分析:原材料(不織布、編上、織物)、用途別(埋め込み可能な製品、非植込み型製品、ヘルスケア・衛生製品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、医療用布類の世界市場について調査・分析し、医療用布類の世界市場動向、医療用布類の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用布類市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 光干渉断層撮影(OCT)の世界市場分析:技術別(時間領域ベース、周波数領域ベース、空間符号化周波数領域ベース)、タイプ別(カテーテル、ドップラーOCT、ハンドヘルド、テーブルトップ)、用途別(眼科、心臓血管、腫瘍学、皮膚科)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光干渉断層撮影(OCT)の世界市場について調査・分析し、光干渉断層撮影(OCT)の世界市場動向、光干渉断層撮影(OCT)の世界市場規模、市場予測、セグメント別光干渉断層撮影(OCT)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 日本の関節鏡検査処置動向(~2021)
  • 世界の農業用噴霧器市場規模・予測2017-2025:種類別(携帯、自走、トラクター用、トレイラー用、空中)、動力源別(燃料、電動・電池式、ソーラー、手動)、容量別(超小容量、小容量、大容量)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の農業用噴霧器市場について調査・分析し、世界の農業用噴霧器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の農業用噴霧器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 炭酸カルシウムの世界市場2014–2025:用途別(紙、塗料・コーティング剤、プラスチック、接着剤・シーラント)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、MEA、CSA)
    本調査レポートでは、炭酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、炭酸カルシウムの世界市場動向、炭酸カルシウムの世界市場規模、市場予測、セグメント別炭酸カルシウム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車シートの中国市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車シートの中国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車シートの中国市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車シートの中国市場が2017-2021年期間中に年平均5.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Hubei Aviation Precision Machinery (HAPM) and Magna、Faurecia-GSK (Wuhan) Automotive Seating、Shanghai SIIC Transportation Electric、Yanfeng Adient Seating等です。
  • タンパク質の検出・定量の世界市場分析:免疫学的方法、クロマトグラフィー、質量分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、タンパク質の検出・定量の世界市場について調査・分析し、タンパク質の検出・定量の世界市場動向、タンパク質の検出・定量の世界市場規模、市場予測、セグメント別タンパク質の検出・定量市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 銅管の欧州・中東・アフリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、銅管の欧州・中東・アフリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、銅管の欧州・中東・アフリカ市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 無菌包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"