"遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-7000)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Far-Filed Speech and voice recognition market is expected to grow at CAGR of 23.89% from 2018 to 2024.”The far-field speech and voice recognition market is expected to grow from USD 969 million in 2018 to USD 3,505 million by 2024, at a CAGR of 23.89%. The growth of the far-field speech and voice recognition market can be attributed to the advancement of deep-learning-based far-field microphones, growing impact of front-end hardware components on the accuracy of speech and voice recognition, and growth in voice control–based smart speakers. However, growing privacy threat from voice-enabled smart home devices and lack of accuracy in far-field speech and voice recognition systems in noisy and harsh environments are restraining the market growth.
“Software expected to grow at highest CAGR during the forecast period.”
Software or deep learning plays a major role in voice pickup. It offers beamforming, spectral noise reduction, acoustic echo cancellation, and de-reverberation technologies to enhance speech recognition performance in far-field use cases and hence improve the quality of the input speech signal. Alango offers a voice enhancement package (VEP), a set of software technologies comprising a multi-microphone beamforming array and echo canceller, which support far-field speech recognition enhancement in smart home products, mobile phones, and automotive voice-controlled applications.
“Microphones expected to hold a largest market size of the far-field speech and voice recognition market throughout the forecast period.”
Far-field speech and voice recognition systems use multiple microphones in form of a linear or circular array to reduce the impact of noise and reverberation from the surrounding environment. In recent years the development of deep-learning-based trainable algorithm for far-field microphones has greatly reduced the limitation of signal distortion and loss of information. Microphones with machine learning, neural networks, and beamforming have improved front-end voice processing. Smart speaker from Google has been at the forefront in deploying deep learning-based microphones in their device. Using deep learning-based microphone, Google had reduced the number of microphones in their smart speakers to two microphones per device, whereas their arch-rival Amazon is using 7 microphones in a single smart speaker.

“Far-Field Speech and Voice Recognition market in RoW is expected to grow at highest CAGR during forecast period.”
The growing adoption of smart speakers and smart home devices in South America, Israel, and UAE is driving the growth of the far-field speech and voice recognition market in RoW. South Africa and Nigeria are also key revenue generators in the far-field speech and voice recognition market in RoW. IBM Watson and Google are progressively making strategic decisions to penetrate into the comparatively lesser tapped region. IBM Watson added the capability to understand the Arabic language, and this has increased the demand for IBM Watson in the MEA region. Furthermore, the falling price of smart speakers from Google and Amazon have also fueled the growth of smart home devices among middle class consumer in the Middle East & Africa.

Breakdown of profile of primary participants:
• By Company Type: Tier 1 – 27%, Tier 2 – 41%, and Tier 3 – 32%
• By Designation: C-Level Executives – 26%, Directors – 40%, and Others – 34%
• By Region: North America – 47%, Europe – 28%, APAC – 19%, and RoW – 6%
Synaptics (US), Texas Instruments (US), Qualcomm (US), Sensory (US), STMicroelectronics (Switzerland), Harman (US), Andrea Electronics (US), Cirrus Logic (US), Microsemi (US), and DSP Group (US) are a few key players in the far-field speech and voice recognition market.
Research Coverage:
 The study covers the far-field speech and voice recognition market. It aims at estimating the market size and growth potential of this market, across different segments, such as by component, application, microphone solution, and geography. The study also includes an in-depth competitive analysis of key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of revenue numbers for the overall far-field speech and voice recognition market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 15
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 15
1.2 DEFINITION 15
1.3 SCOPE OF THE STUDY 16
1.3.1 MARKETS COVERED 16
1.3.2 GEOGRAPHIC SCOPE 16
1.3.3 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 17
1.4 CURRENCY 17
1.5 LIMITATIONS 17
1.6 STAKEHOLDERS 18
2 RESEARCH METHODOLOGY 19
2.1 RESEARCH DATA 19
2.1.1 SECONDARY DATA 20
2.1.1.1 Secondary sources 21
2.1.2 PRIMARY DATA 21
2.1.2.1 Key data from primary sources 22
2.1.2.2 Key industry insights 22
2.1.2.3 Breakdown of primaries 23
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 23
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 23
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 24
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 25
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 26
3 EXECUTIVE SUMMARY 27
4 PREMIUM INSIGHTS 33
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET 33
4.2 FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET,
BY APPLICATION (MILLION UNITS) 34
4.3 FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET,
BY COMPONENT (USD MILLION) 34
4.4 FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION, BY MICROPHONE SOLUTION
(MILLION UNITS) 35
4.5 FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET (USD MILLION) 35
4.6 FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET, BY GEOGRAPHY (USD MILLION) 36

5 MARKET OVERVIEW 37
5.1 INTRODUCTION 37
5.2 MARKET DYNAMICS 37
5.2.1 DRIVERS 38
5.2.1.1 Growing impact of front-end hardware components on the accuracy of speech and voice recognition 38
5.2.1.2 Growth in voice control–based smart speakers 38
5.2.1.3 Technical advancement of deep-learning-based far-field microphones 39
5.2.2 RESTRAINTS 40
5.2.2.1 Growing privacy threat from voice enabled smart home devices 40
5.2.2.2 Lack of accuracy in far-field speech and voice recognition systems in noisy and harsh environments 40
5.2.3 OPPORTUNITIES 41
5.2.3.1 Deployment of far-field speech and voice recognition in smart
home devices 41
5.2.3.2 Application of speech and voice recognition in service robotics 41
5.2.4 CHALLENGES 42
5.2.4.1 Lack of standardization and power issues 42
6 MARKET, BY COMPONENT 43
6.1 INTRODUCTION 43
6.2 MICROPHONES 44
6.2.1 MICROPHONES IS EXPECTED TO ACCOUNT FOR THE LARGEST MARKET SIZE THROUGHOUT THE FORECAST PERIOD 44
6.3 DIGITAL SIGNAL PROCESSORS (DSP) 46
6.3.1 DSP IMPROVES THE ACCURACY AND RELIABILITY IN THE FIELD OF DIGITAL COMMUNICATION BY REDUCING NOISE AND DISTORTION WITH THE HELP
OF RELEVANT SIGNAL PROCESSING TECHNIQUES AND ALGORITHMS 46
6.4 SOFTWARE 48
6.4.1 SOFTWARE SEGMENT IS EXPECTED TO WITNESS HIGHEST GROWTH DURING THE FORECAST PERIOD 48
7 MARKET, BY MICROPHONE SOLUTION 51
7.1 INTRODUCTION 51
7.2 SINGLE MICROPHONE 53
7.2.1 SMART CAMERAS, SMART FRIDGE, AND SMART LIGHT ARE SOME OF
THE MAJOR APPLICATIONS FOR SINGLE MICROPHONES 53
7.3 LINEAR ARRAYS 53
7.3.1 LINEAR ARRAYS EXPECTED TO HOLD THE LARGEST SIZE OF FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET DURING THE FORECAST PERIOD 53
7.4 CIRCULAR ARRAYS 55
7.4.1 CIRCULAR ARRAYS OFFER A 360-DEGREE COVERAGE FOR THE ANGLE OF ARRIVAL OF THE SPEAKER. 55
8 FAR-FILED SPEECH AND VOICE RECOGNITION, BY APPLICATION 56
8.1 INTRODUCTION 56
8.2 AUTOMOTIVE 57
8.2.1 WITH INTEGRATED FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION, AUTOMOTIVE OEMS ARE ALSO ABLE TO PROVIDE CUSTOMIZABLE INFOTAINMENT SYSTEMS WITH SMART INTEGRATION OF CONTEXT,
HISTORY, AND DRIVER PREFERENCES 57
8.3 SMART TV/STB 60
8.3.1 CHINESE SMART TV MANUFACTURERS ARE THE EARLY MOVERS IN
THIS SMART TV/STB APPLICATION OF FAR-FIELD SPEECH AND
VOICE RECOGNITION. 60
8.4 SMART SPEAKERS 63
8.4.1 INCREASING NEED TO ENHANCE CONSUMER CONVENIENCE IS FUELING
THE DEMAND FOR FAR-FIELD BASED SMART SPEAKERS, ESPECIALLY IN SMART HOMES. 63
8.5 ROBOTICS 66
8.5.1 SEAMLESS TWO-WAY COMMUNICATIONS BETWEEN HUMAN BEINGS AND ROBOTS ARE EXPECTED TO BE THE NEXT MAJOR REVOLUTION IN
THE COMING FEW YEARS. 66
8.6 OTHERS 69
9 MARKET, BY GEOGRAPHY 72
9.1 INTRODUCTION 72
9.2 NORTH AMERICA 73
9.2.1 US 77
9.2.1.1 High adoption of smart devices with advanced technologies such as IoT and AI drives the market for far-field speech and voice
recognition market in the US 77
9.2.2 CANADA 77
9.2.2.1 Continuous research on NLP and machine learning across research institutions and universities in Canada are expected to drive
the growth of the market 77
9.2.3 MEXICO 78
9.2.3.1 Increasing market for electronic and automotive application provides opportunities for the growth of the far-field speech and voice recognition market 78
9.3 EUROPE 78
9.3.1 UK 83
9.3.1.1 Growing demand for in-vehicle connectivity is propelling the market for far-field speech and voice recognition. 83
9.3.2 GERMANY 83
9.3.2.1 Greater dependence on AI and cognitive technologies in enterprises 83
9.3.3 FRANCE 83
9.3.3.1 Increasing demand for smart audio products for home entertainment applications 83

9.3.4 ITALY 84
9.3.4.1 Increasing demand for enhancing driving experience, and comfort and convenience in luxury vehicles are driving the growth of
the market 84
9.3.5 REST OF EUROPE 84
9.3.5.1 Strong sales figures for smart devices are expected to generate demand for smart home devices 84
9.4 APAC 85
9.4.1 JAPAN 88
9.4.1.1 Consumer electronics, finance, and healthcare are some of the major applications driving the growth of the speech and voice
recognition industry 88
9.4.2 CHINA 89
9.4.2.1 Demand for smart devices enabled with AI is expected to be
the major driver for the industry. 89
9.4.3 SOUTH KOREA 89
9.4.3.1 Rising technological advancements and tech-savvy population, are expected to drive the market in the country in the coming years. 89
9.4.4 REST OF APAC 89
9.4.4.1 Increasing internet penetration, growing use of smartphones, and increasing consumer spending power will likely drive far-field
speech and voice recognition market 89
9.5 ROW 90
9.5.1 SOUTH AMERICA 92
9.5.1.1 Smart home and consumer applications will propel the far-field speech and voice recognition market in South America 92
9.5.2 MIDDLE EAST & AFRICA 93
9.5.2.1 The far-field speech and voice recognition market for smart home and automotive applications is expected to witness growth
in Saudi Arabia in the coming years 93
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 94
10.1 INTRODUCTION 94
10.2 MARKET RANKING ANALYSIS: FAR-FIELD SPEECH & VOICE RECOGNITION MARKET 95
10.3 COMPETITIVE SITUATIONS AND TRENDS 96
10.3.1 PRODUCT LAUNCHES AND DEVELOPMENTS 96
10.3.2 PARTNERSHIPS AND COLLABORATIONS 97
10.3.3 ACQUISITIONS 98
10.4 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 98
10.4.1 VISIONARY LEADERS 98
10.4.2 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 98
10.4.3 INNOVATORS 98
10.4.4 EMERGING COMPANIES 98
10.5 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO 100
10.6 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE 101
11 COMPANY PROFILES 102
11.1 KEY PLAYERS 102
(Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis)*
11.1.1 SYNAPTICS 102
11.1.2 TEXAS INSTRUMENTS 106
11.1.3 ANDREA ELECTRONICS 109
11.1.4 CIRRUS LOGIC 111
11.1.5 MICROSEMI 114
11.1.6 DSP GROUP 117
11.1.7 QUALCOMM 120
11.1.8 SENSORY 122
11.1.9 STMICROELECTRONICS 124
11.1.10 HARMAN 127
11.2 OTHER COMPANIES 129
11.2.1 MEEAMI TECHNOLOGIES 129
11.2.2 ALANGO 129
11.2.3 XMOS 130
11.2.4 MIGHTYWORKS 130
11.2.5 MATRIX LABS 130
11.2.6 FORTEMEDIA 131
11.2.7 RETUNE-DSP 131
11.2.8 KNOWLES 131
11.2.9 VOCAL TECHNOLOGIES 132
11.2.10 VESPER TECHNOLOGIES 132
*Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 133
12.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 133
12.2 DISCUSSION GUIDE 134
12.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 137
12.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 139
12.5 RELATED REPORTS 139
12.6 AUTHOR DETAILS 140

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-7000
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ブラジルの股関節置換処置動向(~2021)
  • 成形材料の世界市場:フェノール樹脂、エポキシ樹脂、ポリエステル樹脂
    当調査レポートでは、成形材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スウェーデンの装具市場見通し
  • 胎児および新生児ケア装置の世界市場:超音波装置、ドプラ血流計、胎児モニター、新生児保温器、保育器、パルスオキシメータ、光線療法装置、黄疸治療機器
    当調査レポートでは、胎児および新生児ケア装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、装置種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 薄膜薬剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、薄膜薬剤の世界市場について調査・分析し、薄膜薬剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別薄膜薬剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、薄膜薬剤種類別分析(経皮薄膜、経口薄膜、その他)、薄膜薬剤用途別分析(病院、薬局、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・薄膜薬剤の市場概観 ・薄膜薬剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・薄膜薬剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・薄膜薬剤の世界市場規模 ・薄膜薬剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・薄膜薬剤のアメリカ市場規模推移 ・薄膜薬剤のカナダ市場規模推移 ・薄膜薬剤のメキシコ市場規模推移 ・薄膜薬剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・薄膜薬剤のドイツ市場規模推移 ・薄膜薬剤のイギリス市場規模推移 ・薄膜薬剤のロシア市場規模推移 ・薄膜薬剤のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・薄膜薬剤の日本市場規模推移 ・薄膜薬剤の中国市場規模推移 ・薄膜 …
  • ジクリセリドアシルトランスフェラーゼ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるジクリセリドアシルトランスフェラーゼ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ジクリセリドアシルトランスフェラーゼ1阻害剤の概要 ・ジクリセリドアシルトランスフェラーゼ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のジクリセリドアシルトランスフェラーゼ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジクリセリドアシルトランスフェラーゼ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジクリセリドアシルトランスフェラーゼ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 耐熱グリースおよび潤滑剤の世界市場:石鹸増粘剤、非石鹸増粘剤
    当調査レポートでは、耐熱グリースおよび潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのアイルランド市場
  • オゾン発生技術の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、オゾン発生技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オゾン発生技術市場規模、技術別(コロナ放電、コールドプラズマ、電気分解、紫外線)分析、用途別(養殖、研究所装置、医療、飲料水処理、廃水処理、スイミングプール、その他)分析、容量別(>5kg/hr、1kg/hr-5kg/hr、100gm/hr-1kg/hr、5gm/hr-100gm/hr、50mg/hr-5gm/hr)分析、エンドユーザー別(繊維、半導体、医薬品・ヘルスケア、紙・パルプ、食品・飲料、建設、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ オゾン発生技術の世界市場:市場動向分析 ・ オゾン発生技術の世界市場:競争要因分析 ・ オゾン発生技術の世界市場:技術別(コロナ放電、コールドプラズマ、電気分解、紫外線) ・ オゾン発生技術の世界市場:用途別(養殖、研究所装置、医療、飲料水処理、廃水処理、スイミングプール、その他) ・ オゾン発生技術の世界市場: …
  • ガスエンジンの世界市場予測(~2022年):天然ガス、特殊ガス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガスエンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、燃料別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ガスエンジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療向けマイクロ流体の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療向けマイクロ流体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療向けマイクロ流体の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 血管ステントの世界市場:冠動脈ステント、末梢血管ステント
    当調査レポートでは、血管ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤の概要 ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のPI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PI3K-AKTシグナル伝達経路阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 中国の空気入りタイヤ市場2015
    本調査レポートでは、中国の空気入りタイヤ市場2015について調査・分析し、空気入りタイヤの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自律型潜水艇の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自律型潜水艇の世界市場について調査・分析し、自律型潜水艇の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・自律型潜水艇の世界市場規模:技術別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:ペイロード別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:種類別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:用途別分析 ・自律型潜水艇の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 海洋由来医薬品の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、海洋由来医薬品の世界市場について調査・分析し、海洋由来医薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・海洋由来医薬品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・海洋由来医薬品の世界市場:セグメント別市場分析 ・海洋由来医薬品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 電子戦の世界市場2017-2021:EPシステム、ESシステム、EAシステム
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電子戦の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、電子戦の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は電子戦の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.07%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBAE Systems、Elbit Systems、Lockheed Martin、Northrop Grumman、Raytheon Company等です。
  • アセチルシステインの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アセチルシステイン の世界市場について調査・分析し、アセチルシステイン の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アセチルシステイン シェア、市場規模推移、市場規模予測、アセチルシステイン 種類別分析(タイプ1、タイプ2)、アセチルシステイン 用途別分析(医薬品、栄養補助食品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アセチルシステイン の市場概観 ・アセチルシステイン のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アセチルシステイン のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アセチルシステイン の世界市場規模 ・アセチルシステイン の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アセチルシステイン のアメリカ市場規模推移 ・アセチルシステイン のカナダ市場規模推移 ・アセチルシステイン のメキシコ市場規模推移 ・アセチルシステイン のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アセチルシステイン のドイツ市場規模推移 ・アセチルシステイン …
  • LED蛍光体の世界市場
    当調査レポートでは、LED蛍光体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED蛍光体の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • モジュール工法の世界市場:種類別(常設、再配置可能)、材料別(プレキャストコンクリート、鋼鉄、木材、プラスチック)、モジュール別、最終用途別(住宅、商業、教育、医療、工業)、地域別予測
    本資料は、モジュール工法の世界市場について調べ、モジュール工法の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(常設、再配置可能)分析、材料別(プレキャストコンクリート、鋼鉄、木材、プラスチック)分析、モジュール別分析、最終用途別(住宅、商業、教育、医療、工業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・モジュール工法の世界市場概要 ・モジュール工法の世界市場環境 ・モジュール工法の世界市場動向 ・モジュール工法の世界市場規模 ・モジュール工法の世界市場規模:タイプ別(常設、再配置可能) ・モジュール工法の世界市場規模:材料別(プレキャストコンクリート、鋼鉄、木材、プラスチック) ・モジュール工法の世界市場規模:モジュール別 ・モジュール工法の世界市場規模:最終用途別(住宅、商業、教育、医療、工業) ・モジュール工法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・モジュール工法の北米市場規模・予測 ・モジュール工法のアメリカ市場規模・予測 ・モジュール工法のヨーロッパ …
  • プロセス分析計(液体&ガス)、ガスクロマトグラフィーおよび分光法の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、プロセス分析計(液体&ガス)、ガスクロマトグラフィーおよび分光法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機用照明の世界市場
    当調査レポートでは、民間航空機用照明の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・民間航空機用照明の世界市場:航空機種類別分析/市場規模 ・民間航空機用照明の世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・民間航空機用照明の世界市場:技術別分析/市場規模 ・民間航空機用照明の世界市場:地域別分析/市場規模 ・民間航空機用照明のアメリカ市場規模予測 ・民間航空機用照明のヨーロッパ市場規模予測 ・民間航空機用照明のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ロボット産業における研究開発(R&D)支出の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ロボット産業における研究開発(R&D)支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット産業における研究開発(R&D)支出の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • RFIDロックの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、RFIDロックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFIDロックの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CMOSカメラモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、CMOSカメラモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CMOSカメラモジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アンジオテンシンⅡ受容体阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオテンシンⅡ受容体阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオテンシンⅡ受容体阻害剤の概要 ・アンジオテンシンⅡ受容体阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオテンシンⅡ受容体阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオテンシンⅡ受容体阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオテンシンⅡ受容体阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のスマートドアベルカメラ市場:製品別、地域別
    本調査レポートはスマートドアベルカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(独立型、統合型)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマートドアベルカメラの世界市場:製品別(独立型、統合型) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • コネクテッドカーM2Mの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コネクテッドカーM2Mの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コネクテッドカーM2Mの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フィードスルーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、フィードスルーの世界市場について調査・分析し、フィードスルーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別フィードスルーシェア、市場規模推移、市場規模予測、フィードスルー種類別分析(電力、機械、流体)、フィードスルー用途別分析(半・真空コーティング 、真空、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・フィードスルーの市場概観 ・フィードスルーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・フィードスルーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・フィードスルーの世界市場規模 ・フィードスルーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・フィードスルーのアメリカ市場規模推移 ・フィードスルーのカナダ市場規模推移 ・フィードスルーのメキシコ市場規模推移 ・フィードスルーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・フィードスルーのドイツ市場規模推移 ・フィードスルーのイギリス市場規模推移 ・フィードスルーのロシア市場規模推移 ・フィードスルーのアジア市 …
  • 自動車用ドライブシャフトの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ドライブシャフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ドライブシャフトの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用脱気装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品用脱気装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品用脱気装置市場規模、機能別(芳香・風味維持、給湯、酸素除去、その他)分析、種類別(真空式脱気器、スプレー式脱気器、スプレートレイ式脱気器)分析、用途別(食品、飲料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品用脱気装置の世界市場:市場動向分析 ・ 食品用脱気装置の世界市場:競争要因分析 ・ 食品用脱気装置の世界市場:機能別(芳香・風味維持、給湯、酸素除去、その他) ・ 食品用脱気装置の世界市場:種類別(真空式脱気器、スプレー式脱気器、スプレートレイ式脱気器) ・ 食品用脱気装置の世界市場:用途別(食品、飲料) ・ 食品用脱気装置の世界市場:主要地域別分析 ・ 食品用脱気装置の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 食品用脱気装置のヨーロッパ市場規模 ・ 食品用脱気装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品用脱気装置の世界市場:主な市場開拓 ・ …
  • アメリカの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • アジアの膝関節置換処置動向(~2021)
  • 廃棄物利用エネルギー(WTE)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、廃棄物利用エネルギー(WTE)の世界市場について調査・分析し、廃棄物利用エネルギー(WTE)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別廃棄物利用エネルギー(WTE)シェア、市場規模推移、市場規模予測、廃棄物利用エネルギー(WTE)種類別分析()、廃棄物利用エネルギー(WTE)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)の市場概観 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)の世界市場規模 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のアメリカ市場規模推移 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のカナダ市場規模推移 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のメキシコ市場規模推移 ・廃棄物利用エネルギー(WTE)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • 世界の電解質分析装置市場2016
    本調査レポートでは、世界の電解質分析装置市場2016について調査・分析し、電解質分析装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シリコ−ンゲルの世界市場予測(~2026):需要先別(電気&電子、医療&製薬、化粧品&パーソナルケア)、地域別
    当調査レポートでは、シリコ−ンゲルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、需要先別分析、地域別分析、シリコ−ンゲルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低ナトリウム血症(Hyponatremia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬の状況 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の市場規模(販売予測) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬剤
  • メイク落としの北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • スマートオーブンの世界市場2017-2021:オフライン、オンライン
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートオーブンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートオーブンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートオーブンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.55%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Electrolux、GE Appliances、LG Electronics、Robert Bosch等です。
  • ニュージーランドの脊椎手術装置市場見通し
  • 殺生物剤・殺菌剤の世界市場2017-2021:酸化性、非酸化性、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、殺生物剤・殺菌剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、殺生物剤・殺菌剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は殺生物剤・殺菌剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.38%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAkzo Nobel、BASF、Clariant、Kemira、The Dow Chemical Company等です。
  • スマートグリッド向け電池電力貯蔵システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートグリッド向け電池電力貯蔵システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートグリッド向け電池電力貯蔵システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモデルベース企業市場2019
    本調査レポートでは、世界のモデルベース企業市場2019について調査・分析し、モデルベース企業の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、モデルベース企業のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、モデルベース企業メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・モデルベース企業の市場概要 ・モデルベース企業の上流・下流市場分析 ・モデルベース企業のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・モデルベース企業のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モデルベース企業のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・モデルベース企業のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モデルベース企業の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・モデルベース企業の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モデルベース企業の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • ポーチの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ポーチの世界市場について調べ、ポーチの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ポーチの市場規模をセグメンテーション別(種類別(フラットポーチ、スタンドアップポーチ、スパウトポーチ、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はポーチの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ポーチの市場状況 ・ポーチの市場規模 ・ポーチの市場予測 ・ポーチの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(フラットポーチ、スタンドアップポーチ、スパウトポーチ、その他) ・ポーチの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 産業用冷凍装置の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用冷凍装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター)分析、冷媒タイプ(アンモニア、CO2、HFC)分析、産業(果物・野菜加工、飲料、冷凍倉庫)分析、産業用冷凍装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テレラジオロジーの世界市場:イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他)、技術別(ハードウェア、ソフトウェア、通信・ネットワーク)、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、診断センター、その他)
    本資料は、テレラジオロジーの世界市場について調べ、テレラジオロジーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、診断センター、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テレラジオロジーの世界市場概要 ・テレラジオロジーの世界市場環境 ・テレラジオロジーの世界市場動向 ・テレラジオロジーの世界市場規模 ・テレラジオロジーの世界市場:市場シェア ・テレラジオロジーの世界市場:イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他) ・テレラジオロジーの世界市場:技術別(ハードウェア、ソフトウェア、通信・ネットワーク) ・テレラジオロジーの世界市場:エンド …
  • モバイルEMV対応POS端末の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルEMV対応POS端末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルEMV対応POS端末の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軽量鉄骨造の世界市場:最終用途別(商業、住宅、工業)、タイプ別(骨組み、耐力壁、大スパン)、セグメント予測
    軽量鉄骨造の世界市場は2025年には436億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、安全性と堅牢性を備えた先進的な構造用支持材の開発が考えられます。軽量鉄骨造は、設置が容易で、既成構造のため、プロジェクト完了までの累積期間を短縮します。これは、今後数年間で市場の成長を著しく促進すると期待されています。本調査レポートでは、軽量鉄骨造の世界市場について調査・分析し、軽量鉄骨造の世界市場動向、軽量鉄骨造の世界市場規模、市場予測、セグメント別軽量鉄骨造市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セルロース繊維の世界市場2017-2021:衣料品、工業、衛生、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、セルロース繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルロース繊維の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はセルロース繊維の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.70%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はFulida Group Holding、Aditya Birla Management、LENZING、Jiangsu Aoyang Technology、TangShan SanYou Chemical Industries等です。
  • スティック包装の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、スティック包装の世界市場について調べ、スティック包装の世界規模、市場動向、市場環境、素材別(ポリエステル、ポリエチレン、紙、金属化フィルム、その他)分析、内容物別(粉末、液体、錠剤)分析、容量別(0~5ml、5ml~10ml、10ml~15ml、15ml~20ml、20ml超)分析、用途別(化粧品・パーソナルケア、食品・飲料、工業、医薬品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・スティック包装の世界市場動向 ・スティック包装の世界市場環境 ・スティック包装の世界市場規模 ・スティック包装の世界市場規模:素材別(ポリエステル、ポリエチレン、紙、金属化フィルム、その他) ・スティック包装の世界市場規模:内容物別(粉末、液体、錠剤) ・スティック包装の世界市場規模:容量別(0~5ml、5ml~10ml、10ml~15ml、15ml~20ml、20ml超) ・スティ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"