"遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-7000)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Far-Filed Speech and voice recognition market is expected to grow at CAGR of 23.89% from 2018 to 2024.”The far-field speech and voice recognition market is expected to grow from USD 969 million in 2018 to USD 3,505 million by 2024, at a CAGR of 23.89%. The growth of the far-field speech and voice recognition market can be attributed to the advancement of deep-learning-based far-field microphones, growing impact of front-end hardware components on the accuracy of speech and voice recognition, and growth in voice control–based smart speakers. However, growing privacy threat from voice-enabled smart home devices and lack of accuracy in far-field speech and voice recognition systems in noisy and harsh environments are restraining the market growth.
“Software expected to grow at highest CAGR during the forecast period.”
Software or deep learning plays a major role in voice pickup. It offers beamforming, spectral noise reduction, acoustic echo cancellation, and de-reverberation technologies to enhance speech recognition performance in far-field use cases and hence improve the quality of the input speech signal. Alango offers a voice enhancement package (VEP), a set of software technologies comprising a multi-microphone beamforming array and echo canceller, which support far-field speech recognition enhancement in smart home products, mobile phones, and automotive voice-controlled applications.
“Microphones expected to hold a largest market size of the far-field speech and voice recognition market throughout the forecast period.”
Far-field speech and voice recognition systems use multiple microphones in form of a linear or circular array to reduce the impact of noise and reverberation from the surrounding environment. In recent years the development of deep-learning-based trainable algorithm for far-field microphones has greatly reduced the limitation of signal distortion and loss of information. Microphones with machine learning, neural networks, and beamforming have improved front-end voice processing. Smart speaker from Google has been at the forefront in deploying deep learning-based microphones in their device. Using deep learning-based microphone, Google had reduced the number of microphones in their smart speakers to two microphones per device, whereas their arch-rival Amazon is using 7 microphones in a single smart speaker.

“Far-Field Speech and Voice Recognition market in RoW is expected to grow at highest CAGR during forecast period.”
The growing adoption of smart speakers and smart home devices in South America, Israel, and UAE is driving the growth of the far-field speech and voice recognition market in RoW. South Africa and Nigeria are also key revenue generators in the far-field speech and voice recognition market in RoW. IBM Watson and Google are progressively making strategic decisions to penetrate into the comparatively lesser tapped region. IBM Watson added the capability to understand the Arabic language, and this has increased the demand for IBM Watson in the MEA region. Furthermore, the falling price of smart speakers from Google and Amazon have also fueled the growth of smart home devices among middle class consumer in the Middle East & Africa.

Breakdown of profile of primary participants:
• By Company Type: Tier 1 – 27%, Tier 2 – 41%, and Tier 3 – 32%
• By Designation: C-Level Executives – 26%, Directors – 40%, and Others – 34%
• By Region: North America – 47%, Europe – 28%, APAC – 19%, and RoW – 6%
Synaptics (US), Texas Instruments (US), Qualcomm (US), Sensory (US), STMicroelectronics (Switzerland), Harman (US), Andrea Electronics (US), Cirrus Logic (US), Microsemi (US), and DSP Group (US) are a few key players in the far-field speech and voice recognition market.
Research Coverage:
 The study covers the far-field speech and voice recognition market. It aims at estimating the market size and growth potential of this market, across different segments, such as by component, application, microphone solution, and geography. The study also includes an in-depth competitive analysis of key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of revenue numbers for the overall far-field speech and voice recognition market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION 15
1.1 OBJECTIVES OF THE STUDY 15
1.2 DEFINITION 15
1.3 SCOPE OF THE STUDY 16
1.3.1 MARKETS COVERED 16
1.3.2 GEOGRAPHIC SCOPE 16
1.3.3 YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY 17
1.4 CURRENCY 17
1.5 LIMITATIONS 17
1.6 STAKEHOLDERS 18
2 RESEARCH METHODOLOGY 19
2.1 RESEARCH DATA 19
2.1.1 SECONDARY DATA 20
2.1.1.1 Secondary sources 21
2.1.2 PRIMARY DATA 21
2.1.2.1 Key data from primary sources 22
2.1.2.2 Key industry insights 22
2.1.2.3 Breakdown of primaries 23
2.2 MARKET SIZE ESTIMATION 23
2.2.1 BOTTOM-UP APPROACH 23
2.2.2 TOP-DOWN APPROACH 24
2.3 MARKET BREAKDOWN AND DATA TRIANGULATION 25
2.4 RESEARCH ASSUMPTIONS 26
3 EXECUTIVE SUMMARY 27
4 PREMIUM INSIGHTS 33
4.1 ATTRACTIVE OPPORTUNITIES IN FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET 33
4.2 FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET,
BY APPLICATION (MILLION UNITS) 34
4.3 FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET,
BY COMPONENT (USD MILLION) 34
4.4 FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION, BY MICROPHONE SOLUTION
(MILLION UNITS) 35
4.5 FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET (USD MILLION) 35
4.6 FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET, BY GEOGRAPHY (USD MILLION) 36

5 MARKET OVERVIEW 37
5.1 INTRODUCTION 37
5.2 MARKET DYNAMICS 37
5.2.1 DRIVERS 38
5.2.1.1 Growing impact of front-end hardware components on the accuracy of speech and voice recognition 38
5.2.1.2 Growth in voice control–based smart speakers 38
5.2.1.3 Technical advancement of deep-learning-based far-field microphones 39
5.2.2 RESTRAINTS 40
5.2.2.1 Growing privacy threat from voice enabled smart home devices 40
5.2.2.2 Lack of accuracy in far-field speech and voice recognition systems in noisy and harsh environments 40
5.2.3 OPPORTUNITIES 41
5.2.3.1 Deployment of far-field speech and voice recognition in smart
home devices 41
5.2.3.2 Application of speech and voice recognition in service robotics 41
5.2.4 CHALLENGES 42
5.2.4.1 Lack of standardization and power issues 42
6 MARKET, BY COMPONENT 43
6.1 INTRODUCTION 43
6.2 MICROPHONES 44
6.2.1 MICROPHONES IS EXPECTED TO ACCOUNT FOR THE LARGEST MARKET SIZE THROUGHOUT THE FORECAST PERIOD 44
6.3 DIGITAL SIGNAL PROCESSORS (DSP) 46
6.3.1 DSP IMPROVES THE ACCURACY AND RELIABILITY IN THE FIELD OF DIGITAL COMMUNICATION BY REDUCING NOISE AND DISTORTION WITH THE HELP
OF RELEVANT SIGNAL PROCESSING TECHNIQUES AND ALGORITHMS 46
6.4 SOFTWARE 48
6.4.1 SOFTWARE SEGMENT IS EXPECTED TO WITNESS HIGHEST GROWTH DURING THE FORECAST PERIOD 48
7 MARKET, BY MICROPHONE SOLUTION 51
7.1 INTRODUCTION 51
7.2 SINGLE MICROPHONE 53
7.2.1 SMART CAMERAS, SMART FRIDGE, AND SMART LIGHT ARE SOME OF
THE MAJOR APPLICATIONS FOR SINGLE MICROPHONES 53
7.3 LINEAR ARRAYS 53
7.3.1 LINEAR ARRAYS EXPECTED TO HOLD THE LARGEST SIZE OF FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION MARKET DURING THE FORECAST PERIOD 53
7.4 CIRCULAR ARRAYS 55
7.4.1 CIRCULAR ARRAYS OFFER A 360-DEGREE COVERAGE FOR THE ANGLE OF ARRIVAL OF THE SPEAKER. 55
8 FAR-FILED SPEECH AND VOICE RECOGNITION, BY APPLICATION 56
8.1 INTRODUCTION 56
8.2 AUTOMOTIVE 57
8.2.1 WITH INTEGRATED FAR-FIELD SPEECH AND VOICE RECOGNITION, AUTOMOTIVE OEMS ARE ALSO ABLE TO PROVIDE CUSTOMIZABLE INFOTAINMENT SYSTEMS WITH SMART INTEGRATION OF CONTEXT,
HISTORY, AND DRIVER PREFERENCES 57
8.3 SMART TV/STB 60
8.3.1 CHINESE SMART TV MANUFACTURERS ARE THE EARLY MOVERS IN
THIS SMART TV/STB APPLICATION OF FAR-FIELD SPEECH AND
VOICE RECOGNITION. 60
8.4 SMART SPEAKERS 63
8.4.1 INCREASING NEED TO ENHANCE CONSUMER CONVENIENCE IS FUELING
THE DEMAND FOR FAR-FIELD BASED SMART SPEAKERS, ESPECIALLY IN SMART HOMES. 63
8.5 ROBOTICS 66
8.5.1 SEAMLESS TWO-WAY COMMUNICATIONS BETWEEN HUMAN BEINGS AND ROBOTS ARE EXPECTED TO BE THE NEXT MAJOR REVOLUTION IN
THE COMING FEW YEARS. 66
8.6 OTHERS 69
9 MARKET, BY GEOGRAPHY 72
9.1 INTRODUCTION 72
9.2 NORTH AMERICA 73
9.2.1 US 77
9.2.1.1 High adoption of smart devices with advanced technologies such as IoT and AI drives the market for far-field speech and voice
recognition market in the US 77
9.2.2 CANADA 77
9.2.2.1 Continuous research on NLP and machine learning across research institutions and universities in Canada are expected to drive
the growth of the market 77
9.2.3 MEXICO 78
9.2.3.1 Increasing market for electronic and automotive application provides opportunities for the growth of the far-field speech and voice recognition market 78
9.3 EUROPE 78
9.3.1 UK 83
9.3.1.1 Growing demand for in-vehicle connectivity is propelling the market for far-field speech and voice recognition. 83
9.3.2 GERMANY 83
9.3.2.1 Greater dependence on AI and cognitive technologies in enterprises 83
9.3.3 FRANCE 83
9.3.3.1 Increasing demand for smart audio products for home entertainment applications 83

9.3.4 ITALY 84
9.3.4.1 Increasing demand for enhancing driving experience, and comfort and convenience in luxury vehicles are driving the growth of
the market 84
9.3.5 REST OF EUROPE 84
9.3.5.1 Strong sales figures for smart devices are expected to generate demand for smart home devices 84
9.4 APAC 85
9.4.1 JAPAN 88
9.4.1.1 Consumer electronics, finance, and healthcare are some of the major applications driving the growth of the speech and voice
recognition industry 88
9.4.2 CHINA 89
9.4.2.1 Demand for smart devices enabled with AI is expected to be
the major driver for the industry. 89
9.4.3 SOUTH KOREA 89
9.4.3.1 Rising technological advancements and tech-savvy population, are expected to drive the market in the country in the coming years. 89
9.4.4 REST OF APAC 89
9.4.4.1 Increasing internet penetration, growing use of smartphones, and increasing consumer spending power will likely drive far-field
speech and voice recognition market 89
9.5 ROW 90
9.5.1 SOUTH AMERICA 92
9.5.1.1 Smart home and consumer applications will propel the far-field speech and voice recognition market in South America 92
9.5.2 MIDDLE EAST & AFRICA 93
9.5.2.1 The far-field speech and voice recognition market for smart home and automotive applications is expected to witness growth
in Saudi Arabia in the coming years 93
10 COMPETITIVE LANDSCAPE 94
10.1 INTRODUCTION 94
10.2 MARKET RANKING ANALYSIS: FAR-FIELD SPEECH & VOICE RECOGNITION MARKET 95
10.3 COMPETITIVE SITUATIONS AND TRENDS 96
10.3.1 PRODUCT LAUNCHES AND DEVELOPMENTS 96
10.3.2 PARTNERSHIPS AND COLLABORATIONS 97
10.3.3 ACQUISITIONS 98
10.4 COMPETITIVE LEADERSHIP MAPPING 98
10.4.1 VISIONARY LEADERS 98
10.4.2 DYNAMIC DIFFERENTIATORS 98
10.4.3 INNOVATORS 98
10.4.4 EMERGING COMPANIES 98
10.5 STRENGTH OF PRODUCT PORTFOLIO 100
10.6 BUSINESS STRATEGY EXCELLENCE 101
11 COMPANY PROFILES 102
11.1 KEY PLAYERS 102
(Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis)*
11.1.1 SYNAPTICS 102
11.1.2 TEXAS INSTRUMENTS 106
11.1.3 ANDREA ELECTRONICS 109
11.1.4 CIRRUS LOGIC 111
11.1.5 MICROSEMI 114
11.1.6 DSP GROUP 117
11.1.7 QUALCOMM 120
11.1.8 SENSORY 122
11.1.9 STMICROELECTRONICS 124
11.1.10 HARMAN 127
11.2 OTHER COMPANIES 129
11.2.1 MEEAMI TECHNOLOGIES 129
11.2.2 ALANGO 129
11.2.3 XMOS 130
11.2.4 MIGHTYWORKS 130
11.2.5 MATRIX LABS 130
11.2.6 FORTEMEDIA 131
11.2.7 RETUNE-DSP 131
11.2.8 KNOWLES 131
11.2.9 VOCAL TECHNOLOGIES 132
11.2.10 VESPER TECHNOLOGIES 132
*Business overview, Products offered, Recent developments, MNM view, SWOT analysis might not be captured in case of unlisted companies.
12 APPENDIX 133
12.1 INSIGHTS OF INDUSTRY EXPERTS 133
12.2 DISCUSSION GUIDE 134
12.3 KNOWLEDGE STORE: MARKETSANDMARKETS’ SUBSCRIPTION PORTAL 137
12.4 AVAILABLE CUSTOMIZATIONS 139
12.5 RELATED REPORTS 139
12.6 AUTHOR DETAILS 140

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年3月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-7000
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
遠距離音声認識の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • チタン薄板の世界市場
    本資料は、チタン薄板の世界市場について調べ、チタン薄板の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(チタン合金タイプ1、チタン合金タイプ2、その他)分析、用途別(航空産業、化学産業、海洋工学、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはJohnson & Johnson、Novartis AG、GlaxoSmithKline Plc.、Pfizer Inc.、Reckitt Benckiser Group Plc、Sanofi S.A.、Tropical Bio Medics、AdvaCare Pharma、Sun Pharmaceutical Industries Ltd. 、Nestle S.A. 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・チタン薄板の世界市場概要 ・チタン薄板の世界市場環境 ・チタン薄板の世界市場動向 ・チタン薄板の世界市場規模 ・チタン薄板の世界市場規模:種類別(チタン合金タイプ1、チタン合金タイプ2、その他) ・チタン薄板の世 …
  • モノのインターネット(IoT)の世界市場                 
    当調査レポートでは、モノのインターネット(IoT)の世界市場について調査・分析し、モノのインターネット(IoT)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:市場動向分析 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:競争要因分析 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:サービスの種類別 ・管理的 ・専門的 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:試験の種類別 ・互換性試験 ・ネットワーク試験 ・機能試験 ・使用性試験 ・性能試験 ・セキュリティ試験 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:用途別 ・ハイテクなヘルスケア ・乗り物のテレマティックス ・キャピラリーネットワークの管理 ・ハイテクなビル・オートメーションおよびホーム・オートメーション ・ハイテクな製造 ・ハイテクな公益事業 - モノのインターネット(IoT)の世界市場:主要地域別分析 - モノのインターネット(IoT)の北米市場規模(アメリカ市場等) - モノのインターネット(IoT)の …
  • 心房細動治療薬の世界市場予測・分析
    当調査レポートでは、心房細動治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・心房細動の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・心房細動の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・心房細動治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・心房細動治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・心房細動治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・心房細動治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • 世界のストリーミングメディアプレイヤー市場2015
    本調査レポートでは、世界のストリーミングメディアプレイヤー市場2015について調査・分析し、ストリーミングメディアプレイヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗真菌薬のアジア太平洋市場
  • 仮想通貨ATMの世界市場:種類別(1ウェイ、2ウェイ)、ATMハードウェア別(ディスプレイ、プリンター、QRスキャナー、その他)、地域別予測
    本資料は、仮想通貨ATMの世界市場について調べ、仮想通貨ATMの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(1ウェイ、2ウェイ)分析、ATMハードウェア別(ディスプレイ、プリンター、QRスキャナー、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・仮想通貨ATMの世界市場概要 ・仮想通貨ATMの世界市場環境 ・仮想通貨ATMの世界市場動向 ・仮想通貨ATMの世界市場規模 ・仮想通貨ATMの世界市場規模:タイプ別(1ウェイ、2ウェイ) ・仮想通貨ATMの世界市場規模:ATMハードウェア別(ディスプレイ、プリンター、QRスキャナー、その他) ・仮想通貨ATMの世界市場:地域別市場規模・分析 ・仮想通貨ATMの北米市場規模・予測 ・仮想通貨ATMのアメリカ市場規模・予測 ・仮想通貨ATMのヨーロッパ市場規模・予測 ・仮想通貨ATMのアジア市場規模・予測 ・仮想通貨ATMの日本市場規模・予測 ・仮想通貨ATMの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 蒸気トラップの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、蒸気トラップの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、蒸気トラップ市場規模、エンドユーザー別(石油、火力、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・蒸気トラップの世界市場概要 ・蒸気トラップの世界市場環境 ・蒸気トラップの世界市場動向 ・蒸気トラップの世界市場規模 ・蒸気トラップの世界市場:業界構造分析 ・蒸気トラップの世界市場:エンドユーザー別(石油、火力、その他) ・蒸気トラップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・蒸気トラップの北米市場規模・予測 ・蒸気トラップのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・蒸気トラップのアジア太平洋市場規模・予測 ・蒸気トラップの主要国分析 ・蒸気トラップの世界市場:意思決定フレームワーク ・蒸気トラップの世界市場:成長要因、課題 ・蒸気トラップの世界市場:競争環境 ・蒸気トラップの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • フラクトオリゴ糖(FOS)の世界市場分析:由来別(イヌリン、スクロース)、用途別(食品・飲料、乳児用調製粉乳、栄養補助食品、動物飼料、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、フラクトオリゴ糖(FOS)の世界市場について調査・分析し、フラクトオリゴ糖(FOS)の世界市場動向、フラクトオリゴ糖(FOS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別フラクトオリゴ糖(FOS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • WiFiアンテナの世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、WiFiアンテナの世界市場について調査・分析し、WiFiアンテナのメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(タイプⅠ、タイプⅡ)、用途別販売分析(携帯機器、IoT、自動車)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、WiFiアンテナ産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・WiFiアンテナ市場概要 ・WiFiアンテナのメーカー別販売量・メーカー別シェア ・WiFiアンテナの世界市場:種類別販売量(タイプⅠ、タイプⅡ) ・WiFiアンテナの世界市場:用途別販売量(携帯機器、IoT、自動車) ・WiFiアンテナの世界市場:地域別販売量・市場シェア ・WiFiアンテナの米国市場規模 ・WiFiアンテナの中国市場規模 ・WiFiアンテナの欧州市場規模 ・WiFiアンテナの日本市場規模 ・WiFiアンテナの東南アジア市場規模 ・WiFiアンテナのインド市場規模 ・WiFiアンテナのメーカー別分析(企業概要、事業概要、製品概要、収益、価格等) ・WiFiアンテナのコスト分析・価格動向 ・WiF …
  • サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 石鹸素地の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石鹸素地の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石鹸素地の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維薬品の世界市場分析:製品別(コーティング・サイジング、着色剤および助剤、仕上げ剤、界面活性剤、脱サイジング剤、漂白剤、精練剤、糸潤滑剤)、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、繊維薬品の世界市場について調査・分析し、繊維薬品の世界市場動向、繊維薬品の世界市場規模、市場予測、セグメント別繊維薬品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • NVRサーバーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、NVRサーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、NVRサーバーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はNVRサーバーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.52%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Axis Communications、Bosch security systems、Hangzhou Hikvision Digital Technology、Honeywell security、Tyco等です。
  • マイクロロケーション技術の世界市場予測(~2024年)
    マイクロロケーション技術の世界市場は、2019年の141億米ドルから2024年には341億米ドルに達し、この期間中19.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、さまざまな業界において資産管理の重要性が増していること、位置情報に基づくモバイル広告の利用が増加していること、投資収益率が高いこと、モバイル機器の採用が増加していること、屋内施設においてGPSが非効率であること、そして、小売業・ホスピタリティ産業において独自の顧客体験を提供する必要性があることが考えられます。一方で、セキュリティとプライバシーに関する懸念、および小売業界での電子商取引の増加により、市場の成長は抑制されています。当調査レポートでは、マイクロロケーション技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(資産管理、近接マーケティング)分析、技術別(BLE、UWB、Wi-Fi、RFID)分析、提供別分析、産業別(小売・ホスピタリティ、ヘルスケア、工業、輸送、スポーツ)分析、マイクロロケーション技術の世界市場規模及び予測、市場動 …
  • 世界のナノファイバー市場2015
    本調査レポートでは、世界のナノファイバー市場2015について調査・分析し、ナノファイバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ラジエーターファンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ラジエーターファンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ラジエーターファンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ラジエーターファンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.09%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Delphi、DENSO、Johnson Electric等です。
  • 植物表現型の世界市場:製品別(機器、ソフトウェア、センサー)、サービス別(測定値回収・データ解析、統計解析)、地域別予測
    本資料は、植物表現型の世界市場について調べ、植物表現型の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(機器、ソフトウェア、センサー)分析、サービス別(測定値回収・データ解析、統計解析)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・植物表現型の世界市場概要 ・植物表現型の世界市場環境 ・植物表現型の世界市場動向 ・植物表現型の世界市場規模 ・植物表現型の世界市場規模:製品別(機器、ソフトウェア、センサー) ・植物表現型の世界市場規模:サービス別(測定値回収・データ解析、統計解析) ・植物表現型の世界市場:地域別市場規模・分析 ・植物表現型の北米市場規模・予測 ・植物表現型のアメリカ市場規模・予測 ・植物表現型のヨーロッパ市場規模・予測 ・植物表現型のアジア市場規模・予測 ・植物表現型の日本市場規模・予測 ・植物表現型の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ロシアの小関節処置動向(~2021)
  • 世界のペルオキソ二硫酸ジナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のペルオキソ二硫酸ジナトリウム市場2015について調査・分析し、ペルオキソ二硫酸ジナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建築用石材の世界市場:建設用骨材、天然石
    当調査レポートでは、建築用石材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建築用石材の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業オートメーション制御の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業オートメーション制御の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業オートメーション制御市場規模、製品別(センサー、DCS、ドライブ、SCADA、PLC)分析、最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業オートメーション制御の世界市場概要 ・産業オートメーション制御の世界市場環境 ・産業オートメーション制御の世界市場動向 ・産業オートメーション制御の世界市場規模 ・産業オートメーション制御の世界市場:業界構造分析 ・産業オートメーション制御の世界市場:製品別(センサー、DCS、ドライブ、SCADA、PLC) ・産業オートメーション制御の世界市場:最終用途別(プロセス産業、ディスクリート産業) ・産業オートメーション制御の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業オートメーション制御のアメリカ市場規模・予測 ・産業オートメーション制御のヨーロッパ市場規模・予測 ・産業オー …
  • ステビアの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ステビアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、ステビアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 選択的レーザー焼結装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、選択的レーザー焼結装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、材料別(金属、ナイロン)分析、用途別(工具、重機・機械、ロボティクス)分析、産業別(消費財、自動車、医療装置)分析、レーザータイプ別分析、選択的レーザー焼結装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビー用食品・飲料の世界市場2016-2026
  • 学校用家具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学校用家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校用家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の滴定装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の滴定装置市場2015について調査・分析し、滴定装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの血漿交換療法(TPE)市場予測(~2021)
  • 風力発電用風速計の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、風力発電用風速計の世界市場について調査・分析し、風力発電用風速計の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 風力発電用風速計の世界市場:市場動向分析 - 風力発電用風速計の世界市場:競争要因分析 - 風力発電風速計の世界市場:用途別 ・オフショア ・オンショア - 風力発電風速計の世界市場:製品別 ・半自動 ・自動 - 風力発電用風速計の世界市場:主要地域別分析 - 風力発電用風速計の北米市場規模(アメリカ市場等) - 風力発電用風速計のヨーロッパ市場規模 - 風力発電用風速計のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・風力発電用風速計の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 産業用エンコーダーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用エンコーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用エンコーダーの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 エンコーダーとは、各種の機械部品の位置情報を捕捉し、そのデータを他のデバイスへ転送するためのセンサーです。工業用エンコーダーの場合、機械部品の位置や速度、移動方向などを探知して、機械の精密制御ができるようにしています。ロータリーエンコーダーとリニアエンコーダーの2種類があり、ロータリーエンコーダーは回転運動する物体の角度を探知し、リニアエンコーダーは直線移動する部品の位置を探知します。Technavio社は産業用エンコーダーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Baumer• BEI Sensors• Dynapar• OMRON• Rockwell Automatio …
  • セルフサービス式キヨスクの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、セルフサービス式キヨスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルフサービス式キヨスクの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 抹茶の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、抹茶の世界市場について調査・分析し、抹茶の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別抹茶シェア、市場規模推移、市場規模予測、抹茶種類別分析()、抹茶用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・抹茶の市場概観 ・抹茶のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・抹茶のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・抹茶の世界市場規模 ・抹茶の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・抹茶のアメリカ市場規模推移 ・抹茶のカナダ市場規模推移 ・抹茶のメキシコ市場規模推移 ・抹茶のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・抹茶のドイツ市場規模推移 ・抹茶のイギリス市場規模推移 ・抹茶のロシア市場規模推移 ・抹茶のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・抹茶の日本市場規模推移 ・抹茶の中国市場規模推移 ・抹茶の韓国市場規模推移 ・抹茶のインド市場規模推移 ・抹茶の東南アジア市場規模推移 ・抹茶の南米・中東・アフリカ市場分析 ・抹茶 …
  • 世界のn-ブチルアルデヒド市場2016
    本調査レポートでは、世界のn-ブチルアルデヒド市場2016について調査・分析し、n-ブチルアルデヒドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインダストリー4.0市場:技術別(IoT、人工知能、産業計測、産業ロボティクス、AR&VR、ブロックチェーン、3Dプリンティング、デジタルツイン、5G –提供、アプリケーション、エンドユーザー)、地域別
    MarketsandMarkets社は、インダストリー4.0の世界市場規模が2019年717億ドルから2024年1566億ドルまで年平均16.9%成長すると予測しています。本書は、世界のインダストリー4.0市場について調査・分析し、市場概要、技術別(3Dプリント、産業ロボティクス、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、産業計測、デジタルツイン、拡張現実&バーチャルリアリティ、5G)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のインダストリー4.0市場:技術別(3Dプリント、産業ロボティクス、ブロックチェーン、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、産業計測、デジタルツイン、拡張現実&バーチャルリアリティ、5G) ・世界のインダストリー4.0市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 不織濾過媒体の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、不織濾過媒体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、不織濾過媒体の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床試験の世界市場:フェーズ別(I/II/III/IV)、試験デザイン別(インターベンション、利用範囲拡大)、適応別(腫瘍、糖尿病、肥満)、セグメント予測
    本調査レポートでは、臨床試験の世界市場について調査・分析し、臨床試験の世界市場動向、臨床試験の世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床試験市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の半導体市場予測2017-2024
    本調査レポートでは、世界の半導体市場について調査・分析し、世界の半導体市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 薄ウェハの世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、薄ウェハの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、ウェハサイズ別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビッグデータの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ビッグデータの世界市場について調査・分析し、ビッグデータの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ビッグデータの世界市場:市場動向分析 - ビッグデータの世界市場:競争要因分析 - ビッグデータの世界市場:ソフトウェア別 ・システムソフトウェア ・Hadoopディストリビューション製品とツール ・発見・可視化ツール ・データベース ・ビッグデータ分析 ・その他 - ビッグデータの世界市場:ハードウェア別 ・ネットワーク装置 ・サーバー ・ストレージ - ビッグデータの世界市場:サービス別 ・サービスとしてのHadoop(HAAS) ・サービスとしての視覚化・分析 ・サービスとしてのデータ ・訓練・外注サービス ・展開・統合サービス ・コンサルティングサービス - ビッグデータの世界市場:展開モデル別 ・オンデマンド ・オンプレミス - ビッグデータの世界市場:データの種類別 ・半構造データ ・非構造化データ ・構造化データ - ビッグデータの世界市場:エンドユーザー別 ・生命情報学 ・ …
  • 潤滑油添加剤の世界市場:添加剤タイプ別(洗剤、摩耗防止剤、抗酸化剤、乳化剤、その他)、用途別(エンジンオイル、ギアオイル、プロセスオイル、工業用オイル、油圧オイル、金属加工用油剤)、最終用途別(自動車、工業)、地域別予測
    本資料は、潤滑油添加剤の世界市場について調べ、潤滑油添加剤の世界規模、市場動向、市場環境、添加剤タイプ別(洗剤、摩耗防止剤、抗酸化剤、乳化剤、その他)分析、用途別(エンジンオイル、ギアオイル、プロセスオイル、工業用オイル、油圧オイル、金属加工用油剤)分析、最終用途別(自動車、工業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・潤滑油添加剤の世界市場概要 ・潤滑油添加剤の世界市場環境 ・潤滑油添加剤の世界市場動向 ・潤滑油添加剤の世界市場規模 ・潤滑油添加剤の世界市場規模:添加剤タイプ別(洗剤、摩耗防止剤、抗酸化剤、乳化剤、その他) ・潤滑油添加剤の世界市場規模:用途別(エンジンオイル、ギアオイル、プロセスオイル、工業用オイル、油圧オイル、金属加工用油剤) ・潤滑油添加剤の世界市場規模:最終用途別(自動車、工業) ・潤滑油添加剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・潤滑油添加剤の北米市場規模・予測 ・潤滑油添加剤のアメリカ市場規模・予測 ・潤滑油添加剤の …
  • ウェアラブルカメラの世界市場:タイプ別(ヘッドマウント、ボディマウント、イヤーマウント・スマートグラス)、製品別、地域別予測
    本資料は、ウェアラブルカメラの世界市場について調べ、ウェアラブルカメラの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ヘッドマウント、ボディマウント、イヤーマウント・スマートグラス)分析、製品別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウェアラブルカメラの世界市場概要 ・ウェアラブルカメラの世界市場環境 ・ウェアラブルカメラの世界市場動向 ・ウェアラブルカメラの世界市場規模 ・ウェアラブルカメラの世界市場規模:タイプ別(ヘッドマウント、ボディマウント、イヤーマウント・スマートグラス) ・ウェアラブルカメラの世界市場規模:製品別 ・ウェアラブルカメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウェアラブルカメラの北米市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラのアメリカ市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラのヨーロッパ市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラのアジア市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラの日本市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラの中国市場規模・予測 ・関連企業情 …
  • 自動車用ラベルの世界市場:警告ラベル、ドーム型ラベル、資産ラベル
    当調査レポートでは、自動車用ラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、材料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、宇宙航空用DC-DCコンバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、用途別分析、出力電圧別分析、出力電力別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の歯科用骨移植片代用品市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、歯科用骨移植片代用品のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・歯科用骨移植片代用品の概要 ・歯科用骨移植片代用品の開発動向:開発段階別分析 ・歯科用骨移植片代用品の開発動向:セグメント別分析 ・歯科用骨移植片代用品の開発動向:領域別分析 ・歯科用骨移植片代用品の開発動向:規制Path別分析 ・歯科用骨移植片代用品の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別歯科用骨移植片代用品の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・歯科用骨移植片代用品の最近動向
  • 世界のエアフローメータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のエアフローメータ市場2015について調査・分析し、エアフローメータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の携帯型ガス検知器市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯型ガス検知器市場2015について調査・分析し、携帯型ガス検知器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 産業用ヒアラブル機器の世界市場:種類別(インイヤー、オーバーイヤー)、接続技術別(Bluetooth、DECT、Wi-Fi、およびその他)、用途別(産業用ワイヤレスオーディオ/音声アプリケーション、産業用ノイズキャンセルアプリケーション)、エンドユーザー別(製造、鉱業、建設、その他)
    本資料は、産業用ヒアラブル機器の世界市場について調べ、産業用ヒアラブル機器の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(インイヤー、オーバーイヤー)分析、用途別(産業用ワイヤレスオーディオ/音声アプリケーション、産業用ノイズキャンセルアプリケーション)分析、エンドユーザー別(製造、鉱業、建設、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・産業用ヒアラブル機器の世界市場概要 ・産業用ヒアラブル機器の世界市場環境 ・産業用ヒアラブル機器の世界市場動向 ・産業用ヒアラブル機器の世界市場規模 ・産業用ヒアラブル機器の世界市場:種類別(インイヤー、オーバーイヤー) ・産業用ヒアラブル機器の世界市場:接続技術別(Bluetooth、DECT、Wi-Fi、およびその他) ・産業用ヒアラブル機器の世界市場:用途別(産業用ワイヤレスオーディオ/音声アプリケーション、産業用ノイズキャンセルアプリケーション) ・産業用ヒアラブル機器の世界市場:エンドユーザー別(製造、鉱 …
  • 世界の動物医療市場2016-2020:動向、予測、企業戦略
  • 感情検知・認識の世界市場予測(~2021):技術別(バイオセンサー、NLP、機械学習)、ソフトウェアツール別(表情、音声認識)、サービス別、用途分野別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、感情検知・認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、ソフトウェアツール別分析、サービス別分析、用途分野別分析、感情検知・認識の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ドッキングステーションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ドッキングステーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドッキングステーションの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場ドライバー、市場の課題、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"