"絶縁用マイカテープの世界市場:種類別(ガラスマイカテープ、ポリエステルマイカテープ)、用途別(3.3〜6kV、6〜10kV、10kV超)、地域別予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BZW9AP038)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"絶縁用マイカテープの世界市場:種類別(ガラスマイカテープ、ポリエステルマイカテープ)、用途別(3.3〜6kV、6〜10kV、10kV超)、地域別予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Mica Tape for Insulation Market to reach USD XX billion by 2025.

Global Mica Tape for Insulation Market valued approximately USD XX billion in 2017 is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than XX% over the forecast period 2018-2025. The Mica Tape for Insulation Market is continuously growing in the global scenario at significant pace. Mica is the name given to a group of minerals of related composition and similar physical properties, most notably perfect basal cleavage, which means they can be split readily in one plane into a great number of thin, tough laminates. Mica tape is an inorganic high dielectric tape manufactured with mica paper and laminated to various reinforcing substrates to enable ease of handling. Increasing adoption among end-user industries and rapid industrialization in all over the world are the substantial driving factors of the market during the forecast period. Moreover, growing demand from emerging economies is the factors that likely to create numerous opportunity in the near future. Further, The mica tape has numerous exceptional properties such as high temperature resistance, non-toxic, high pressure resistance, corrosion resistance, anti-aging and dielectric strength up to A-level, which make mica tape suitable for being adopted in electronic and electrical industries. These properties of mica tape also rising the demand across the world. However, availability of substitute is one of the major factors that limiting the market growth of Mica Tape for Insulation during the forecast period.
The regional analysis of Global Mica Tape for Insulation Market is considered for the key regions such as Asia Pacific, North America, Europe, Latin America and Rest of the World. North America is the leading/significant region across the world in terms of market share due to demand of mica tape is increasing along with decreasing prices in the region. Further, Europe is estimated to grow at stable growth rate in the global Mica Tape for Insulation market over the upcoming years. Asia-Pacific is also anticipated to exhibit higher growth rate/CAGR over the forecast period 2018-2025.
The major market player included in this report are:
• ISOVOLTA Group
• VonRoll
• Pamica
• Meifeng Mica
• Chhaperia
• Glory Mica
• Nippon Rika
• Spbsluda
• Haiying Insulation
• OKABE MICA
• Electrolock
• Jyoti
• Cogebi
• Sakti Mica
• Ruby Mica

The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Type:

 Mica Glass Tape
 Mica Polyester Tape

By Application:

 3.3 to 6 kV
 > 6 kV to 10 kV
 > 10 kV

By Regions:
 North America
o U.S.
o Canada
 Europe
o UK
o Germany
 Asia Pacific
o China
o India
o Japan
 Latin America
o Brazil
o Mexico
 Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2015, 2016
Base year – 2017
Forecast period – 2018 to 2025

Target Audience of the Global Mica Tape for Insulation Market in Market Study:

 Key Consulting Companies & Advisors
 Large, medium-sized, and small enterprises
 Venture capitalists
 Value-Added Resellers (VARs)
 Third-party knowledge providers
 Investment bankers
 Investors


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Bizwit Research & Consultingが"絶縁用マイカテープの世界市場:種類別(ガラスマイカテープ、ポリエステルマイカテープ)、用途別(3.3〜6kV、6〜10kV、10kV超)、地域別予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

Chapter 1. Executive Summary
1.1. Market Snapshot
1.2. Key Trends
1.3. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
1.3.1. Mica Tape for Insulation Market, by Type, 2015-2025 (USD Billion)
1.3.2. Mica Tape for Insulation Market, by Application, 2015-2025 (USD Billion)
1.3.3. Mica Tape for Insulation Market, by Region, 2015-2025 (USD Billion)
1.4. Estimation Methodology
1.5. Research Assumption
Chapter 2. Mica Tape for Insulation Market Definition and Scope
2.1. Objective of the Study
2.2. Market Definition & Scope
2.2.1. Industry Evolution
2.2.2. Scope of the Study
2.3. Years Considered for the Study
2.4. Currency Conversion Rates
Chapter 3. Mica Tape for Insulation Market Dynamics
3.1. See Saw Analysis
3.1.1. Market Drivers
3.1.2. Market Challenges
3.1.3. Market Opportunities
Chapter 4. Mica Tape for Insulation Market Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Buyers
4.1.2. Bargaining Power of Suppliers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.1.6. Futuristic Approach to Porter’s 5 Force Model
4.2. PEST Analysis
4.2.1. Political Scenario
4.2.2. Economic Scenario
4.2.3. Social Scenario
4.2.4. Technological Scenario
4.3. Value Chain Analysis
4.3.1. Supplier
4.3.2. Manufacturers/Service Provider
4.3.3. Distributors
4.3.4. End-Users
4.4. Key Buying Criteria
4.5. Regulatory Framework
4.6. Cost Structure Analysis
4.6.1. Raw Material Cost Analysis
4.6.2. Manufacturing Cost Analysis
4.6.3. Labour Cost Analysis
4.7. Investment Vs Adoption Scenario
4.8. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Mica Tape for Insulation Market, by Type
5.1. Market Snapshot
5.2. Market Performance – Potential Model
5.3. Key Market Players
5.4. Mica Tape for Insulation Market, Sub Segment Analysis
5.4.1. Mica Glass Tape
5.4.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.4.1.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.4.2. Mica Polyester Tape
5.4.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.4.2.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
Chapter 6. Mica Tape for Insulation Market, by Application
6.1. Market Snapshot
6.2. Market Performance – Potential Model
6.3. Key Market Players
6.4. Mica Tape for Insulation Market, Sub Segment Analysis
6.4.1. 3.3 to 6 kV
6.4.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.1.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.2. > 6 kV to 10 kV
6.4.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.2.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.3. > 10 kV
6.4.3.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.3.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
Chapter 7. Mica Tape for Insulation Market, by Regional Analysis
7.1. Mica Tape for Insulation Market, Regional Market Snapshot (2015-2025)
7.2. North America Mica Tape for Insulation Market Snapshot
7.2.1. U.S.
7.2.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.1.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.2. Canada
7.2.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.2.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.2.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3. Europe Mica Tape for Insulation Market Snapshot
7.3.1. U.K.
7.3.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.1.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.2. Germany
7.3.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.2.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.2.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.3. France
7.3.3.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.3.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.3.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.4. Rest of Europe
7.3.4.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.4.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.4.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4. Asia Mica Tape for Insulation Market Snapshot
7.4.1. China
7.4.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.1.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.2. India
7.4.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.2.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.2.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.3. Japan
7.4.3.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.3.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.3.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.4. Rest of Asia Pacific
7.4.4.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.4.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.4.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5. Latin America Mica Tape for Insulation Market Snapshot
7.5.1. Brazil
7.5.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5.1.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5.2. Mexico
7.5.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5.2.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5.2.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6. Rest of The World
7.6.1. South America
7.6.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6.1.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6.2. Middle East and Africa
7.6.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6.2.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6.2.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
Chapter 8. Competitive Intelligence
8.1. Company Market Share (Subject to Data Availability)
8.2. Top Market Strategies
8.3. Company Profiles
8.3.1. ISOVOLTA Group
8.3.1.1. Overview
8.3.1.2. Financial (Subject to Data Availability)
8.3.1.3. Summary
8.3.1.4. Recent Developments
8.3.2. VonRoll
8.3.3. Pamica
8.3.4. Meifeng Mica
8.3.5. Chhaperia
8.3.6. Glory Mica
8.3.7. Nippon Rika
8.3.8. Spbsluda
8.3.9. Haiying Insulation
8.3.10. OKABE MICA
8.3.11. Electrolock
8.3.12. Jyoti
8.3.13. Cogebi
8.3.14. Sakti Mica
8.3.15. Ruby Mica
Chapter 9. Research Process
9.1. Research Process
9.1.1. Data Mining
9.1.2. Analysis
9.1.3. Market Estimation
9.1.4. Validation
9.1.5. Publishing
9.1.6. Research Assumption

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】絶縁用マイカテープの世界市場:種類別(ガラスマイカテープ、ポリエステルマイカテープ)、用途別(3.3〜6kV、6〜10kV、10kV超)、地域別予測
【発行日】2019年3月7日
【調査会社】Bizwit Research & Consulting
【コード】BZW9AP038
【対象地域】グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】消費財・サービス
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
絶縁用マイカテープの世界市場:種類別(ガラスマイカテープ、ポリエステルマイカテープ)、用途別(3.3〜6kV、6〜10kV、10kV超)、地域別予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 成人下肢補綴 Prostheticsの世界市場予測2019-2024
    「成人下肢補綴 Prostheticsの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、脚、膝、足首、足など、用途別には、Hospitals、Prosthetic Clinics、Rehabilitation Centersなどに区分してまとめた調査レポートです。成人下肢補綴 Prostheticsのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・成人下肢補綴 Prostheticsの世界市場概要(サマリー) ・成人下肢補綴 Prostheticsの企業別販売量・売上 ・成人下肢補綴 Prostheticsの企業別市場シェア ・成人下肢補綴 Prostheticsの世界市場規模:種類別(脚、膝、足首、足) ・成人下肢補綴 Prostheticsの世界市場規模:用途別(Hospitals、Prosthetic Clinics、Rehabilitation Centers) ・成人下肢補綴 Prostheticsの米州市場規模(アメリカ、カ …
  • ドアクローザの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ドアクローザの世界市場について調査・分析し、ドアクローザの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ドアクローザシェア、市場規模推移、市場規模予測、ドアクローザ種類別分析(表面取り付け、隠し、フロアスプリング)、ドアクローザ用途別分析(商業用、家庭用 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ドアクローザの市場概観 ・ドアクローザのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ドアクローザのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ドアクローザの世界市場規模 ・ドアクローザの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ドアクローザのアメリカ市場規模推移 ・ドアクローザのカナダ市場規模推移 ・ドアクローザのメキシコ市場規模推移 ・ドアクローザのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ドアクローザのドイツ市場規模推移 ・ドアクローザのイギリス市場規模推移 ・ドアクローザのロシア市場規模推移 ・ドアクローザのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東 …
  • 世界の殺菌ボックス市場2015
    本調査レポートでは、世界の殺菌ボックス市場2015について調査・分析し、殺菌ボックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 核医学イメージング装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、核医学イメージング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、核医学イメージング装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は核医学イメージング装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.01%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• GE Healthcare, • Siemens Healthcare, • Koninklijke Philips,• Digirad • Mediso Medical Imaging Systems等です。
  • サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 容積式モーターの世界市場2019-2023
    容積式モーターは、掘削方向を制御する技術として使用されます。これらのモーターは、装置内の流体の流れを回転エネルギーに変換します。このエネルギーにより、ドリルビットは高rpmで動作します。容積式モーターの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率7.32%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Halliburton、MATRRIX Energy Technologies、Nabors Industries、Schlumberger、Weatherfordなどです。 当調査レポートでは、容積式モーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、容積式モーター市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・容積式モーターの世界市場概要 ・容積式モーターの世界市場環境 ・容積式モーターの世界市場動向 ・容積式モーターの世界市場規模 ・容積式モーターの世界市場:業界構造分析 ・容積式モーターの …
  • トランスフェクション試薬&装置の世界市場予測(~2021):方法別、用途別(生物医学、蛋白質製造)、需要先別
    当調査レポートでは、トランスフェクション試薬&装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、方法別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、トランスフェクション試薬&装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用化学品の世界市場:製品別(化学混和剤、鉱物質混和材、接着剤、シーラント、保護コーティング剤)、地域別予測
    本資料は、建設用化学品の世界市場について調べ、建設用化学品の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(化学混和剤、鉱物質混和材、接着剤、シーラント、保護コーティング剤)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・建設用化学品の世界市場概要 ・建設用化学品の世界市場環境 ・建設用化学品の世界市場動向 ・建設用化学品の世界市場規模 ・建設用化学品の世界市場規模:製品別(化学混和剤、鉱物質混和材、接着剤、シーラント、保護コーティング剤) ・建設用化学品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・建設用化学品の北米市場規模・予測 ・建設用化学品のアメリカ市場規模・予測 ・建設用化学品のヨーロッパ市場規模・予測 ・建設用化学品のアジア市場規模・予測 ・建設用化学品の日本市場規模・予測 ・建設用化学品の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 創薬スクリーニングの世界市場:製品・サービス別、サンプル別、需要先別、地域別予測
    本資料は、創薬スクリーニングの世界市場について調べ、創薬スクリーニングの世界規模、市場動向、市場環境、製品・サービス別分析、サンプル別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・創薬スクリーニングの世界市場概要 ・創薬スクリーニングの世界市場環境 ・創薬スクリーニングの世界市場動向 ・創薬スクリーニングの世界市場規模 ・創薬スクリーニングの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・創薬スクリーニングの世界市場規模:製品・サービス別 ・創薬スクリーニングの世界市場規模:サンプル別 ・創薬スクリーニングの世界市場規模:需要先別 ・創薬スクリーニングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・創薬スクリーニングの北米市場規模・予測 ・創薬スクリーニングのアメリカ市場規模・予測 ・創薬スクリーニングのヨーロッパ市場規模・予測 ・創薬スクリーニングのアジア市場規模・予測 ・創薬スクリーニン …
  • 世界の圧力リリーフ装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の圧力リリーフ装置市場2015について調査・分析し、圧力リリーフ装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のリグノスルホン酸塩系コンクリート混和剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のリグノスルホン酸塩系コンクリート混和剤市場2015について調査・分析し、リグノスルホン酸塩系コンクリート混和剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 周波数カウンターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、周波数カウンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、周波数カウンターの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・用途別市場分類 ・地域別市場分類 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・主要企業分析 ・付録
  • 導電性塗料の世界市場予測:エポキシ塗料、ポリエステル塗料、アクリル塗料、ポリウレタン塗料
    当調査レポートでは、導電性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、導電性塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発泡ポリプロピレンの世界市場予測(~2021):種類別(EPP、XPP)、用途別(自動車、包装、 消費者製品)、地域別
    当調査レポートでは、発泡ポリプロピレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、発泡ポリプロピレンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 光ファイバコネクタの世界市場分析:製品別(SCコネクタ、LCコネクタ、FCコネクタ、STコネクタ、MTP / MPOコネクタ)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、光ファイバコネクタの世界市場について調査・分析し、光ファイバコネクタの世界市場動向、光ファイバコネクタの世界市場規模、市場予測、セグメント別光ファイバコネクタ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis)の概要 ・若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の若年性関節リウマチ(Juvenile Rheumatoid Arthritis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 工場自動化ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、工場自動化ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工場自動化ソリューションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • テトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるテトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・テトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼの概要 ・テトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼのパイプライン概要 ・企業別開発中のテトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼ ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・テトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・テトラヒドロ葉酸塩デヒドロゲナーゼ開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の水酸化リチウム一水和物市場2016
    本調査レポートでは、世界の水酸化リチウム一水和物市場2016について調査・分析し、水酸化リチウム一水和物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 地理空間解析の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、地理空間解析の世界市場について調査・分析し、地理空間解析の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・地理空間解析の世界市場規模:技術別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:用途別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:種類別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・地理空間解析の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 水腎症治療の世界市場2019-2023
    水腎症とは、腎臓の内部が拡張もしくは伸長している症状であり、通常、腎臓結石用鎮痛剤や薬剤が水腎症治療薬として使われています。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に、世界の水腎症治療市場が9.14%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Allergan、F. Hoffmann-La Roche、Novartis、Pfizer、Teva Pharmaceutical Industriesなどです。 当調査レポートでは、水腎症治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水腎症治療市場規模、製品別(抗生物質療法、他の療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水腎症治療の世界市場概要 ・水腎症治療の世界市場環境 ・水腎症治療の世界市場動向 ・水腎症治療の世界市場規模 ・水腎症治療の世界市場:業界構造分析 ・水腎症治療の世界市場:製品別(抗生物質療法、他の療法) ・水腎症治療の世界市場:地域別市 …
  • 非小細胞肺癌治療薬の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、非小細胞肺癌治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非小細胞肺癌治療薬市場規模、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場概要 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場環境 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場動向 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場規模 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:業界構造分析 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・非小細胞肺癌治療薬の北米市場規模・予測 ・非小細胞肺癌治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・非小細胞肺癌治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・非小細胞肺癌治療薬の主要国分析 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:競争環境 ・非小細胞肺癌治療薬の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 水産養殖ワクチンの世界市場予測2019-2024
    「水産養殖ワクチンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、経口、注射、浸せきなど、用途別には、Bacterial Infection、Viral Infection、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。水産養殖ワクチンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・水産養殖ワクチンの世界市場概要(サマリー) ・水産養殖ワクチンの企業別販売量・売上 ・水産養殖ワクチンの企業別市場シェア ・水産養殖ワクチンの世界市場規模:種類別(経口、注射、浸せき) ・水産養殖ワクチンの世界市場規模:用途別(Bacterial Infection、Viral Infection、Others) ・水産養殖ワクチンの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・水産養殖ワクチンのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・水産養殖ワクチンの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・水 …
  • コンパクトカメラモジュールの世界市場:コンポーネント別(レンズ、画像センサー、ボイスコイルモーター、組立部品)、用途別(民生機器、自動車、セキュリティ・監視、その他)
    本資料は、コンパクトカメラモジュールの世界市場について調べ、コンパクトカメラモジュールの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、コンポーネント別(レンズ、画像センサー、ボイスコイルモーター、組立部品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コンパクトカメラモジュールの世界市場概要 ・コンパクトカメラモジュールの世界市場環境 ・コンパクトカメラモジュールの世界市場動向 ・コンパクトカメラモジュールの世界市場規模 ・コンパクトカメラモジュールの世界市場:市場シェア ・コンパクトカメラモジュールの世界市場:コンポーネント別(レンズ、画像センサー、ボイスコイルモーター、組立部品) ・コンパクトカメラモジュールの世界市場:用途別(民生機器、自動車、セキュリティ・監視、その他) ・コンパクトカメラモジュールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンパクトカメラモジュールの北米市場規模・予測 ・コンパクトカメラモジュールのアメリカ市場規模・予測 ・コンパクト …
  • 世界のエア・クーラ(空気冷却器)市場2016
    本調査レポートでは、世界のエア・クーラ(空気冷却器)市場2016について調査・分析し、エア・クーラ(空気冷却器)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場:ソーシングパッド・スクラバー・スポンジ、モップ・箒、クリーニングブラシ、ワイプ、手袋、石鹸ディスペンサー、バケツ・ちりとり
    当調査レポートでは、家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭用洗浄用具・消耗品市場規模、製品別(ソーシングパッド・スクラバー・スポンジ、モップ・箒、クリーニングブラシ、ワイプ、手袋、石鹸ディスペンサー、バケツ・ちりとり)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Bradshaw Home, Freudenberg, Greenwood Mop and Broom, Libmanなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場概要 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場環境 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場動向 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場規模 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場:業界構造分析 ・家庭用洗浄用具・消耗品の世界市場:製品別(ソーシングパッド・スクラバー・スポンジ、モップ・箒、クリーニングブラシ、ワイプ、手袋、石鹸ディスペンサー、バケツ・ちりとり) ・家庭用洗浄用具・消耗品の …
  • 水力タービン市場の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水力タービン市場の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水力タービン市場市場規模、用途別(大型、小型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ANDRITZ, GENERAL ELECTRIC, Hitachi Mitsubishi Hydro, Siemens, TOSHIBAなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水力タービン市場の世界市場概要 ・水力タービン市場の世界市場環境 ・水力タービン市場の世界市場動向 ・水力タービン市場の世界市場規模 ・水力タービン市場の世界市場:業界構造分析 ・水力タービン市場の世界市場:用途別(大型、小型) ・水力タービン市場の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水力タービン市場の北米市場規模・予測 ・水力タービン市場のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・水力タービン市場のアジア太平洋市場規模・予測 ・水力タービン市場の主要国分析 ・水力タービン市場の世界市場:意思決定フレームワーク …
  • 消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は消費財における偽造防止用パッケージングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alpvision• Alien Technology• Avery Dennison• SICPA• Zebra等です。
  • 世界のラウリルメタクリレート(LMA)市場2015
    本調査レポートでは、世界のラウリルメタクリレート(LMA)市場2015について調査・分析し、ラウリルメタクリレート(LMA)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 動力工具のインド市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 生物肥料の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、生物肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、フォーム別(液体、担体ベース)分析、施用方法別(土壌処理、種子処理)分析、作物種類別分析、種類別(窒素固定、リン可溶化および可動化、カリ可溶化および可動化)分析、生物肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、生物肥料の世界市場規模が2019年20億万ドルから2025年38億万ドルまで年平均11.2%成長すると予測しています。
  • うつ病(大うつ病性障害)治療の世界市場:医薬品予測・市場分析(~2025)
  • 世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック)、用途別(塗料&コーティング、プラスチック、インク)、最終用途産業別(建築および建設、自動車、包装、繊維)、地域別
    MarketsandMarkets社は、無機顔料の世界市場規模が2019年220億ドルから2024年283億ドルまで年平均5.1%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の無機顔料市場を広く調査・分析し、市場概要、顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック、その他)分析、用途別(塗料&コーティング剤、プラスチック、インク、その他)分析、最終用途産業別(建築・建設、自動車、包装、紙・印刷、繊維、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の無機顔料市場:顔料種類別(二酸化チタン、酸化鉄、カーボンブラック、その他) ・世界の無機顔料市場:用途別(塗料&コーティング剤、プラスチック、インク、その他) ・世界の無機顔料市場:最終用途産業別(建築・建設、自動車、包装、紙・印刷、繊維、その他) ・世界の無機顔料市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • 無線周波数フィルターの世界市場2020-2024
    「無線周波数フィルターの世界市場2020-2024」は、無線周波数フィルターについて市場概要、市場規模、用途別(携帯機器、GPS機器、タブレット、その他)分析、技術別(SAWフィルター、BAWフィルター)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・無線周波数フィルターの世界市場:用途別(携帯機器、GPS機器、タブレット、その他) ・無線周波数フィルターの世界市場:技術別(SAWフィルター、BAWフィルター) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 授乳用品の世界市場分析
    本調査レポートでは、授乳用品の世界市場について調査・分析し、授乳用品の世界市場動向、授乳用品の世界市場規模、市場予測、セグメント別授乳用品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • cFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるcFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・cFMSキナーゼ阻害薬の概要 ・cFMSキナーゼ阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のcFMSキナーゼ阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・cFMSキナーゼ阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・cFMSキナーゼ阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オンラインデートサービスの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、オンラインデートサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンラインデートサービスの世界市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオンラインデートサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Match.com、eHarmony、Tinder、Zoosk等です。
  • 世界のとうもろこしでん粉市場2016
    本調査レポートでは、世界のとうもろこしでん粉市場2016について調査・分析し、とうもろこしでん粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ラベルの世界市場:警告ラベル、ドーム型ラベル、資産ラベル
    当調査レポートでは、自動車用ラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、材料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 防蚊剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、防蚊剤の世界市場について調査・分析し、防蚊剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別防蚊剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、防蚊剤種類別分析(渦巻き型、ベーパライザ型、マット型、エアゾール型、クリーム型)、防蚊剤用途別分析(一般用、特別用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・防蚊剤の市場概観 ・防蚊剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・防蚊剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・防蚊剤の世界市場規模 ・防蚊剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・防蚊剤のアメリカ市場規模推移 ・防蚊剤のカナダ市場規模推移 ・防蚊剤のメキシコ市場規模推移 ・防蚊剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・防蚊剤のドイツ市場規模推移 ・防蚊剤のイギリス市場規模推移 ・防蚊剤のロシア市場規模推移 ・防蚊剤のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・防蚊剤の日本市場規模推移 ・防蚊剤の中国市場規模推移 ・防蚊剤の韓国市 …
  • 自律移動ロボットの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自律移動ロボットの世界市場について調査・分析し、自律移動ロボットの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自律移動ロボットシェア、市場規模推移、市場規模予測、自律移動ロボット種類別分析(SLAMあり、SLAM)、自律移動ロボット用途別分析(病院・医療、製造、ロジスティックス・倉庫、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自律移動ロボットの市場概観 ・自律移動ロボットのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自律移動ロボットのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自律移動ロボットの世界市場規模 ・自律移動ロボットの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自律移動ロボットのアメリカ市場規模推移 ・自律移動ロボットのカナダ市場規模推移 ・自律移動ロボットのメキシコ市場規模推移 ・自律移動ロボットのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自律移動ロボットのドイツ市場規模推移 ・自律移動ロボットのイギリス市場規模推移 ・自律移動ロボ …
  • 調味料・ドレッシング・ソースのハンガリー市場
  • サイバーセキュリティの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソリューション(IAM、暗号化、UTM、ウイルス対策・マルウェア対策、ファイアウォール、IDS・IPS、災害復旧、DDoS攻撃緩和)分析、サービス分析、セキュリティタイプ分析、導入モード分析、サイバーセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 海中人工採油システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、海中人工採油システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、海中人工採油システムの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドカーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、コネクテッドカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コネクテッドカー市場規模、ハードウェア別(エレクトロニックコントロールユニット(ECU)、スマートアンテナ、センサー、ディスプレイ)分析、製品別(プロセッサー、ワイヤレス・携帯電話用モジュール、貨物車両運行管理者)分析、形状別(統合型、埋め込み型、テザリング型)分析、応答装置別(路上用ユニット、車載用ユニット)分析、サービス別(全自動運転、コネクテッドサービス、安全・危機管理)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ コネクテッドカーの世界市場:市場動向分析 ・ コネクテッドカーの世界市場:競争要因分析 ・ コネクテッドカーの世界市場:ハードウェア別(エレクトロニックコントロールユニット(ECU)、スマートアンテナ、センサー、ディスプレイ) ・ コネクテッドカーの世界市場:製品別(プロセッサー、ワイヤレス・携帯電話用モジュール、貨物車両運行管理者) ・ コネクテッド …
  • 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、外科手術用封止剤&接着剤の世界市場について調査・分析し、外科手術用封止剤&接着剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:市場動向分析 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:競争要因分析 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:用途別 ・美容整形手術 ・一般的な手術 ・眼科手術 ・循環器科の手術 ・肺手術 ・中枢神経系(CNS)手術 ・泌尿器科の手術 ・その他 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科治療センター ・病院 ・クリニック - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:症状別 ・組織の封止 ・組織工学 ・外科的な止血 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:製品別 ・天然/生物学的封止剤および接着剤 ・合成および半合成接着剤と封止剤 - 外科手術用封止剤&接着剤の世界市場:主要地域別分析 - 外科手術用封止剤&接着剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 外科手術用封止剤&接着剤のヨーロッパ市場規模 - 外科手術用封 …
  • 航空機用コネクタの世界市場予測(~2022):PCB、高電圧コネクタ、高速コネクタ、RFコネクタ、光コネクタ
    当調査レポートでは、航空機用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、種類別分析、形状別分析、地域別分析、航空機用コネクタの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • mTORC-1阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるmTORC-1阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・mTORC-1阻害薬の概要 ・mTORC-1阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のmTORC-1阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・mTORC-1阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・mTORC-1阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 圧迫療法の世界市場分析および予測
    当調査レポートでは、圧迫療法の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・圧迫療法産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・圧迫療法の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・圧迫療法の製品パイプライン分析 ・圧迫療法の治験動向 ・主要企業分析 ・圧迫療法の世界市場規模予測 ・圧迫療法の地域別市場規模予測
  • 胸腰椎手術器具の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、胸腰椎手術器具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、胸腰椎手術器具市場規模、手順別(直視下手術、MIS)分析、製品別(インプラント・器具、生物製剤)分析、最終用途別(病院、外来外科センター(ASC))分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・胸腰椎手術器具の世界市場概要 ・胸腰椎手術器具の世界市場環境 ・胸腰椎手術器具の世界市場動向 ・胸腰椎手術器具の世界市場規模 ・胸腰椎手術器具の世界市場:業界構造分析 ・胸腰椎手術器具の世界市場:手順別(直視下手術、MIS) ・胸腰椎手術器具の世界市場:製品別(インプラント・器具、生物製剤) ・胸腰椎手術器具の世界市場:最終用途別(病院、外来外科センター(ASC)) ・胸腰椎手術器具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・胸腰椎手術器具のアメリカ市場規模・予測 ・胸腰椎手術器具のヨーロッパ市場規模・予測 ・胸腰椎手術器具のアジア市場規模・予測 ・胸腰椎手術器具の主要国分析 ・胸 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"