"ナノ結晶セルロースの世界市場:種類別(工業用グレード、技術グレード)、用途別(複合材料、吸着性不織布、紙・厚紙、食品、その他)、地域別予測"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BZW9AP043)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ナノ結晶セルロースの世界市場:種類別(工業用グレード、技術グレード)、用途別(複合材料、吸着性不織布、紙・厚紙、食品、その他)、地域別予測"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Nanocrystalline Cellulose Market to reach USD XX billion by 2025.

Global Nanocrystalline Cellulose Market valued approximately USD XX billion in 2017 is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than XX% over the forecast period 2018-2025. The Nanocrystalline Cellulose Market is continuously growing in the global scenario at significant pace. Nanocrystalline cellulose (NCC) or cellulose nanocrystal is extracted from wood biomass and is treated into gel, liquid and solid forms. Raw materials used in the manufacture of nanocrystalline cellulose include pulp, bacteria, wood, potato and sugar beet among others. Acid treatment is the prominent method which is used to manufacture nanocrystalline cellulose. In addition, nanocrystalline cellulose offers various advantages such as it is highly versatile, it has high strength capacity, it has high temperature stability and so on. Therefore, increasing adoption of nanocrystalline cellulose among end-user industries and rising environmental concerns are the substantial driving factors of the market during the forecast period. Moreover, rising government support and growing commercialization are the factors that likely to create numerous opportunity in the near future. However, several environmental regulation and high initial capital requirement are the factors that limiting the market growth of Nanocrystalline Cellulose during the forecast period.
The regional analysis of Global Nanocrystalline Cellulose Market is considered for the key regions such as Asia Pacific, North America, Europe, Latin America and Rest of the World. North America is the leading/significant region across the world in terms of market share due to favorable government support and rising advancements in nanocrystalline cellulose across the region. Further, Europe is estimated to second largest market share due to growing construction & automotive industry in the region. Asia-Pacific is also anticipated to exhibit higher growth rate/CAGR during the forecast period 2018-2025.
The major market player included in this report are:
• CelluComp
• Asahi Kase
• Daicel
• Asahi Kasei Corporation
• Rettenmaier & Sohne
• Oji Paper
• BASF AG
• Celluforce
• Paperlogic
• Innventia
• Borregaard
• Nippon Paper
• Stora Enso

The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Type:

 Industrial Grade
 Technical Grade

By Application:

 Composite Material
 Nonwoven Adsorbent Wens
 Paper & Board
 Food Products
 Others

By Regions:
 North America
o U.S.
o Canada
 Europe
o UK
o Germany
 Asia Pacific
o China
o India
o Japan
 Latin America
o Brazil
o Mexico
 Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2015, 2016
Base year – 2017
Forecast period – 2018 to 2025

Target Audience of the Global Nanocrystalline Cellulose Market in Market Study:

 Key Consulting Companies & Advisors
 Large, medium-sized, and small enterprises
 Venture capitalists
 Value-Added Resellers (VARs)
 Third-party knowledge providers
 Investment bankers
 Investors


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Bizwit Research & Consultingが"ナノ結晶セルロースの世界市場:種類別(工業用グレード、技術グレード)、用途別(複合材料、吸着性不織布、紙・厚紙、食品、その他)、地域別予測"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

TABLE OF CONTENTS

Chapter 1. Executive Summary
1.1. Market Snapshot
1.2. Key Trends
1.3. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
1.3.1. Nanocrystalline Cellulose Market, by Type, 2015-2025 (USD Billion)
1.3.2. Nanocrystalline Cellulose Market, by Application, 2015-2025 (USD Billion)
1.3.3. Nanocrystalline Cellulose Market, by Region, 2015-2025 (USD Billion)
1.4. Estimation Methodology
1.5. Research Assumption
Chapter 2. Nanocrystalline Cellulose Market Definition and Scope
2.1. Objective of the Study
2.2. Market Definition & Scope
2.2.1. Industry Evolution
2.2.2. Scope of the Study
2.3. Years Considered for the Study
2.4. Currency Conversion Rates
Chapter 3. Nanocrystalline Cellulose Market Dynamics
3.1. See Saw Analysis
3.1.1. Market Drivers
3.1.2. Market Challenges
3.1.3. Market Opportunities
Chapter 4. Nanocrystalline Cellulose Market Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Buyers
4.1.2. Bargaining Power of Suppliers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.1.6. Futuristic Approach to Porter’s 5 Force Model
4.2. PEST Analysis
4.2.1. Political Scenario
4.2.2. Economic Scenario
4.2.3. Social Scenario
4.2.4. Technological Scenario
4.3. Value Chain Analysis
4.3.1. Supplier
4.3.2. Manufacturers/Service Provider
4.3.3. Distributors
4.3.4. End-Users
4.4. Key Buying Criteria
4.5. Regulatory Framework
4.6. Cost Structure Analysis
4.6.1. Raw Material Cost Analysis
4.6.2. Manufacturing Cost Analysis
4.6.3. Labour Cost Analysis
4.7. Investment Vs Adoption Scenario
4.8. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Nanocrystalline Cellulose Market, by Type
5.1. Market Snapshot
5.2. Market Performance – Potential Model
5.3. Key Market Players
5.4. Nanocrystalline Cellulose Market, Sub Segment Analysis
5.4.1. Industrial Grade
5.4.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.4.1.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.4.2. Technical Grade
5.4.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
5.4.2.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
Chapter 6. Nanocrystalline Cellulose Market, by Application
6.1. Market Snapshot
6.2. Market Performance – Potential Model
6.3. Key Market Players
6.4. Nanocrystalline Cellulose Market, Sub Segment Analysis
6.4.1. Composites Materials
6.4.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.1.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.2. Nonwoven Adsorbent Webs
6.4.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.2.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.3. Paper and Board
6.4.3.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.3.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.4. Food Products
6.4.4.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.4.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.5. Others
6.4.5.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
6.4.5.2. Regional breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
Chapter 7. Nanocrystalline Cellulose Market, by Regional Analysis
7.1. Nanocrystalline Cellulose Market, Regional Market Snapshot (2015-2025)
7.2. North America Nanocrystalline Cellulose Market Snapshot
7.2.1. U.S.
7.2.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.1.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.2. Canada
7.2.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.2.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.2.2.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3. Europe Nanocrystalline Cellulose Market Snapshot
7.3.1. U.K.
7.3.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.1.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.2. Germany
7.3.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.2.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.2.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.3. France
7.3.3.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.3.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.3.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.4. Rest of Europe
7.3.4.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.4.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.3.4.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4. Asia Nanocrystalline Cellulose Market Snapshot
7.4.1. China
7.4.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.1.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.2. India
7.4.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.2.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.2.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.3. Japan
7.4.3.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.3.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.3.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.4. Rest of Asia Pacific
7.4.4.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.4.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.4.4.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5. Latin America Nanocrystalline Cellulose Market Snapshot
7.5.1. Brazil
7.5.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5.1.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5.2. Mexico
7.5.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5.2.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.5.2.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6. Rest of The World
7.6.1. South America
7.6.1.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6.1.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6.2. Middle East and Africa
7.6.2.1. Market estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6.2.2. Type breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
7.6.2.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2015-2025 (USD Billion)
Chapter 8. Competitive Intelligence
8.1. Company Market Share (Subject to Data Availability)
8.2. Top Market Strategies
8.3. Company Profiles
8.3.1. CelluComp
8.3.1.1. Overview
8.3.1.2. Financial (Subject to Data Availability)
8.3.1.3. Summary
8.3.1.4. Recent Developments
8.3.2. Asahi Kase
8.3.3. Daicel
8.3.4. Asahi Kasei Corporation
8.3.5. Rettenmaier & Sohne
8.3.6. Oji Paper
8.3.7. BASF AG
8.3.8. Celluforce
8.3.9. Paperlogic
8.3.10. Innventia
8.3.11. Borregaard
8.3.12. Nippon Paper
8.3.13. Stora Enso
Chapter 9. Research Process
9.1. Research Process
9.1.1. Data Mining
9.1.2. Analysis
9.1.3. Market Estimation
9.1.4. Validation
9.1.5. Publishing
9.1.6. Research Assumption

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ナノ結晶セルロースの世界市場:種類別(工業用グレード、技術グレード)、用途別(複合材料、吸着性不織布、紙・厚紙、食品、その他)、地域別予測
【発行日】2019年3月7日
【調査会社】Bizwit Research & Consulting
【コード】BZW9AP043
【対象地域】グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】ガラス・複合材料・ナノ材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ナノ結晶セルロースの世界市場:種類別(工業用グレード、技術グレード)、用途別(複合材料、吸着性不織布、紙・厚紙、食品、その他)、地域別予測についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • チリの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 肝性脳症(Hepatic Encephalopathy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)のフェーズ3治験薬の状況 ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)治療薬の市場規模(販売予測) ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肝性脳症(Hepatic Encephalopathy)治療薬剤
  • アーク閃絡保護装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アーク閃絡保護装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アーク閃絡保護装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア予測分析の世界市場規模・予測:用途別(オペレーションマネジメント、財務、人々の健康、臨床)、エンドユーザー別(支払者、提供者)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ヘルスケア予測分析の世界市場について調査・分析し、ヘルスケア予測分析の世界市場動向、ヘルスケア予測分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケア予測分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マイクロ潅漑装置の世界市場2015-2022
  • 片頭痛(Migraine):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、片頭痛(Migraine)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・片頭痛(Migraine):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・片頭痛(Migraine)のフェーズ3治験薬の状況 ・片頭痛(Migraine)治療薬の市場規模(販売予測) ・片頭痛(Migraine)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・片頭痛(Migraine)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の片頭痛(Migraine)治療薬剤
  • 世界のプレフィルドシリンジ市場2015
    本調査レポートでは、世界のプレフィルドシリンジ市場2015について調査・分析し、プレフィルドシリンジの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プローブカードの世界市場2020-2024
    「プローブカードの世界市場2020-2024」は、プローブカードについて市場概要、市場規模、製品別(高度型プローブカード、標準プローブカード)分析、エンドユーザー別(ファウンドリおよびロジック、メモリデバイス)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・プローブカードの世界市場:製品別(高度型プローブカード、標準プローブカード) ・プローブカードの世界市場:エンドユーザー別(ファウンドリおよびロジック、メモリデバイス) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 飲料加工装置の世界市場予測(~2025年)
    飲料加工装置の世界市場は、2019年の182億米ドルから2025年には243億米ドルに達し、この期間中5.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ソフトドリンク、ビール、栄養ドリンクなどの動きの速い消費財への消費支出の増加が考えられます。一方で、電力コストとエネルギーコストの上昇により、市場の成長が阻害されています。当調査レポートでは、飲料加工装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(醸造装置、ろ過装置、炭酸装置、砂糖溶解装置、ブレンダー・ミキサー、熱交換器)分析、飲料の種類別(アルコール、炭酸、非炭酸、乳製品)分析、飲料加工装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場について調査・分析し、酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別酸化ベリリウム(BeO)粉体シェア、市場規模推移、市場規模予測、酸化ベリリウム(BeO)粉体種類別分析(工業グレード、高純度グレード)、酸化ベリリウム(BeO)粉体用途別分析(ベリリウム銅合金、ベリリアセラミック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体の市場概観 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・酸化ベリリウム(BeO)粉体のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場規模 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・酸化ベリリウム(BeO)粉体のアメリカ市場規模推移 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体のカナダ市場規模推移 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体のメキシコ市場規模推移 ・酸化ベリリウム(BeO)粉 …
  • 鉛蓄電池のインドネシア市場予測・分析2019-2023
  • インドの教育用ハードウェア市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの教育用ハードウェア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの教育用ハードウェア市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グリコールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、グリコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリコールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はグリコールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Akzo Nobel、BASF、SABIC、Shell、The Dow Chemical Company等です。
  • 屋内位置情報サービス(LBS)の世界市場:製品別、技術別(RFID・NFC、Wi-Fi ・WLAN、BT・BLE)、用途別(トラッキング、近接、ナビゲーション)、最終用途別、セグメント予測
    屋内位置情報サービス(LBS)の世界市場は2025年には187億4000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率37.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、マーケティングアプリケーション向けに、小売業における位置ベースサービスの利用拡大が考えられます。本調査レポートでは、屋内位置情報サービス(LBS)の世界市場について調査・分析し、屋内位置情報サービス(LBS)の世界市場動向、屋内位置情報サービス(LBS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別屋内位置情報サービス(LBS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 包装スーパーフードスナックの世界市場:ナッツ・穀物・種子、改装、スーパーフルーツ、その他
    当調査レポートでは、包装スーパーフードスナックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装スーパーフードスナック市場規模、製品別(ナッツ・穀物・種子、改装、スーパーフルーツ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、General Mills, Nature's Path Foods, Naturya, NAVITAS ORGANICS, Rhythm Superfoods, Sunfoodなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装スーパーフードスナックの世界市場概要 ・包装スーパーフードスナックの世界市場環境 ・包装スーパーフードスナックの世界市場動向 ・包装スーパーフードスナックの世界市場規模 ・包装スーパーフードスナックの世界市場:業界構造分析 ・包装スーパーフードスナックの世界市場:製品別(ナッツ・穀物・種子、改装、スーパーフルーツ、その他) ・包装スーパーフードスナックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装スーパーフードスナ …
  • エッグトレーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、エッグトレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エッグトレーの世界市場規模及び予測、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラミジア感染症(Chlamydia Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、クラミジア感染症(Chlamydia Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・クラミジア感染症(Chlamydia Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のクラミジア感染症(Chlamydia Infections)治療薬剤
  • 世界の産業用冷凍システム市場:コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター)、冷媒種類別(アンモニア、CO2)、用途別(果物&野菜加工、肉&鶏肉、冷蔵倉庫)、地域別
    MarketsandMarkets社は、産業用冷凍システムの世界市場規模が2019年193億ドルから2025年248億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。本書は、世界の産業用冷凍システム市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、容器、ポンプ、バルブ&補助機器)分析、冷媒種類別(アンモニア、CO2、その他)分析、用途別(冷蔵倉庫、果物&野菜加工、飲料、肉・家禽・魚加工、乳製品&アイスクリーム加工、化学、石油化学、医薬品、冷蔵輸送)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の産業用冷凍システム市場:コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、容器、ポンプ、バルブ&補助機器) ・世界の産業用冷凍システム市場:冷媒種類別(アンモニア、CO2、その他) ・世界の産業用冷凍システム市場:用途別(冷蔵倉庫、果物&野菜加工、飲料、肉・家禽・魚加工、乳製品&アイスクリ …
  • 中圧スイッチギヤーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、中圧スイッチギヤーの世界市場について調査・分析し、中圧スイッチギヤーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別中圧スイッチギヤーシェア、市場規模推移、市場規模予測、中圧スイッチギヤー種類別分析(空気絶縁、ガス絶縁、その他)、中圧スイッチギヤー用途別分析(住居用、工業用、商業用、ユーティリティ設置)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・中圧スイッチギヤーの市場概観 ・中圧スイッチギヤーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・中圧スイッチギヤーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・中圧スイッチギヤーの世界市場規模 ・中圧スイッチギヤーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・中圧スイッチギヤーのアメリカ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのカナダ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのメキシコ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・中圧スイッチギヤーのドイツ市場規模推移 ・中圧スイッチギヤーのイギリ …
  • 自動車用バッテリーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、自動車用バッテリーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・車種別市場分類 ・地域別分類 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 中国の個人レッスン市場2017-2021
    当調査レポートでは、中国の個人レッスン市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の個人レッスン市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型車用フロントエンドモジュールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、小型車用フロントエンドモジュールの世界市場について調査・分析し、小型車用フロントエンドモジュールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別小型車用フロントエンドモジュールシェア、市場規模推移、市場規模予測、小型車用フロントエンドモジュール種類別分析(金属/プラスチックハイブリッド、複合材、プラスチック、鋼、その他)、小型車用フロントエンドモジュール用途別分析(セダン、SUV、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・小型車用フロントエンドモジュールの市場概観 ・小型車用フロントエンドモジュールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・小型車用フロントエンドモジュールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・小型車用フロントエンドモジュールの世界市場規模 ・小型車用フロントエンドモジュールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・小型車用フロントエンドモジュールのアメリカ市場規模推移 ・小型車用フロントエンドモジュールのカナダ市場規模推移 ・小型車用フロントエ …
  • 堅牢デバイスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、堅牢デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、堅牢デバイスの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 植物抽出物の世界市場予測(~2022年):スパイス、ハーブ、花、茶の葉
    当調査レポートでは、植物抽出物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、原料別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、植物抽出物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーソバイオロジクスの世界市場:幹細胞、骨誘導因子、合成移植骨、関節保護薬、骨基質、同種移植片
    当調査レポートでは、オーソバイオロジクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オーソバイオロジクスの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ステアリング装置の世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ステアリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ステアリング装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用コネクタの世界市場予測(~2022):PCB、高電圧コネクタ、高速コネクタ、RFコネクタ、光コネクタ
    当調査レポートでは、航空機用コネクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、種類別分析、形状別分析、地域別分析、航空機用コネクタの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無菌包装の世界市場予測(~2022年):カートン、ボトル、缶、バック、ポーチ
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • プレイアウトオートメーション及びチャネルインアボックスの世界市場分析・予測(~2020)
    当調査レポートでは、プレイアウトオートメーション及びチャネルインアボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の圧縮骨ねじ市場2016
    本調査レポートでは、世界の圧縮骨ねじ市場2016について調査・分析し、圧縮骨ねじの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港ITシステムの世界市場:種類別(AOCC、DCS)、用途別(民間空港、商用空港)、地域別予測
    本資料は、空港ITシステムの世界市場について調べ、空港ITシステムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(AOCC、DCS)分析、用途別(民間空港、商用空港)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはResa Airport Data Systems、Amadeus IT Group、Rockwell Collins、INFORM、Siemens、IBM、Ultra Electronics Holdings、North Grumman Corporation、SITA、Thales Groupなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・空港ITシステムの世界市場概要 ・空港ITシステムの世界市場環境 ・空港ITシステムの世界市場動向 ・空港ITシステムの世界市場規模 ・空港ITシステムの世界市場規模:種類別(AOCC、DCS) ・空港ITシステムの世界市場規模:用途別(民間空港、商用空港) ・空港ITシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・空港ITシス …
  • 世界の医療廃棄物処理市場
  • センターピボット灌漑システムの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、センターピボット灌漑システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、作物別分析、種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、センターピボット灌漑システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LED(発光ダイオード)の世界市場:一般照明用、自動車ライト用、バックライト用
    当調査レポートでは、LED(発光ダイオード)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED(発光ダイオード)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • FeRAM(強誘電体メモリ)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、FeRAM(強誘電体メモリ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、FeRAM(強誘電体メモリ)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、製造業におけるスペアパーツ用静脈物流市場規模、最終用途別(自動車製造業、航空宇宙製造業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場概要 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場環境 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場動向 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場規模 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場:業界構造分析 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場:最終用途別(自動車製造業、航空宇宙製造業、その他) ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流のアメリカ市場規模・予測 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流のヨーロッパ市場規模・予測 ・製造業におけるスペアパーツ …
  • 電気自動車(EV)充電インフラの世界市場分析:充電装置別(低速充電器、高速充電器)、コネクタ別(CHAdeMO、複合充電システム)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、電気自動車(EV)充電インフラの世界市場について調査・分析し、電気自動車(EV)充電インフラの世界市場動向、電気自動車(EV)充電インフラの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気自動車(EV)充電インフラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トランスフェクション試薬&装置の世界市場予測(~2021):方法別、用途別(生物医学、蛋白質製造)、需要先別
    当調査レポートでは、トランスフェクション試薬&装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、方法別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、トランスフェクション試薬&装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のミックスト・シグナルSoC市場2015
    本調査レポートでは、世界のミックスト・シグナルSoC市場2015について調査・分析し、ミックスト・シグナルSoCの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱膨張計市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • 照明制御システムの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、照明制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、設置タイプ別分析、提供商品別分析、用途別分析、地域別分析、照明制御システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Eコマース(電子商取引)物流のアジア市場2017-2021
    当調査レポートでは、Eコマース(電子商取引)物流のアジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、Eコマース(電子商取引)物流のアジア市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • ピストンシールの世界市場2017-2021:ダブルアクティング型、シングルアクティング型、カスタム設計型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ピストンシールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピストンシールの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はピストンシールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Freudenberg Sealing Technologies、Kastas Sealing Technologies、Parker Hannifin、SKF、Trelleborg Sealing Solutions等です。
  • 低温流動性向上剤の世界市場予測(~2023年)
    低温流動性向上剤の世界市場は、2018年の6億500万米ドルから2023年には8億600万米ドルに達し、この期間中5.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。低温流動性向上剤は、フィルターや供給ラインを低温で詰まらせ、エンジン停止を引き起こす可能性がある燃料・潤滑油中の結晶の形成を防ぐポリマーまたはコポリマー添加剤です。この向上剤は一般的に燃料や潤滑油に使用され、燃料の流動点(ゲル化点)、曇り点、およびフィルター目詰まり点(CFPP)を低下させて低温流動性を改善します。この市場の成長を促す要因として、新興国からの需要の増加、環境に優しい製品への需要の増加、および燃料関連規格の厳格化が考えられます。一方で、代替燃料車の需要の増加と研究開発費の高さが市場の成長を妨げる要因となっています。当調査レポートでは、低温流動性向上剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別(エチレン酢酸ビニル、ポリαオレフィン、ポリアルキルメタクリレート)分析、用途別(ディーゼル燃料、潤滑油、航空燃料)分析、最終用途産業別(自動車、航空宇宙・ …
  • 風力タービンの世界市場2018:市場規模・競争状況・主要国分析
  • UCaaSの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界のモーションセンサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のモーションセンサー市場2015について調査・分析し、モーションセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • データ消失防止(DLP)の世界市場見通し2016-2022:ストレージ/データセンターDLP、ネットワークDLP、エンドポイントDLP
    当調査レポートでは、データ消失防止(DLP)の世界市場について調査・分析し、データ消失防止(DLP)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:市場動向分析 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:競争要因分析 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:ソリューション種類別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:サービス別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:導入種類別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・データ消失防止(DLP)の北米市場規模 ・データ消失防止(DLP)の欧州市場規模 ・データ消失防止(DLP)のアジア市場規模 ・データ消失防止(DLP)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 臨床ラボサービスの世界市場2017-2021:院内検査室、独立型検査室、診療所内検査室
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、臨床ラボサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臨床ラボサービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は臨床ラボサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbott Laboratories、LabCorp、Quest Diagnostics、Siemens Healthineers等です。
  • 種子の化学処理の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、種子の化学処理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種子の化学処理市場規模、用途別(化学品)分析、作物別(油糧種子、穀物、その他) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 種子の化学処理の世界市場:市場動向分析 ・ 種子の化学処理の世界市場:競争要因分析 ・ 種子の化学処理の世界市場:用途別(化学品) ・ 種子の化学処理の世界市場:作物別(油糧種子、穀物、その他) ・ 種子の化学処理の世界市場:主要地域別分析 ・ 種子の化学処理の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 種子の化学処理のヨーロッパ市場規模 ・ 種子の化学処理のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・種子の化学処理の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"