"脱水調整剤の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH-7179)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"脱水調整剤の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing crude oil production and shale gas exploration are expected to drive the fluid loss additives market.”
The fluid loss additives market is estimated to grow from USD 315 million in 2019 to USD 376 million by 2024, at a CAGR of 3.6%. The fluid loss additives market is driven mainly by increasing crude oil production. The rising global demand for crude oil is a major factor contributing to the increasing crude oil production. As the fluid loss additives play a key role in drilling and cementing of well, the rising crude oil production is expected to boost the demand for fluid loss additives during the forecast period. Additionally, the increasing shale gas exploration in the US is driving the fluid loss additives market in North America.

“Synthetically modified natural additives expected to be the fastest growing segment of the fluid loss additives market, in terms of value, between 2019 and 2024”

The synthetically modified natural segment is expected to witness the highest growth in terms of value during the forecast period. These are the natural additives which are modified using various chemical reactions. Due to these chemical modifications, they perform excellently at the high temperature and pressure during oil well drilling and cementing operations in the oil & gas industry. The low cost of these additives is also a driving factor for synthetically modified natural fluid loss additives market.

“The drilling fluid application segment is estimated to account for the largest share of the overall fluid loss additives market, in terms of value, between 2019 and 2024.”

Drilling fluids is the largest application of fluid loss additives due to its extensive usage across the globe. Drilling fluid is a key component of well drilling. During well drilling the chances of loss of filtrate is very high, which may result in the complete failure of the drilling process. Hence, fluid loss additives are mainly used to avoid loss of filtrate during drilling operations under extreme temperature & pressure. The rising drilling activities across the globe is a major factor that is fueling the growth of the fluid loss additives market in drilling fluid application.

“increasing shale gas exploration in the US to drive the demand for fluid loss additives in North America.”

The North America fluid loss additives market is estimated to witness considerable growth during the forecast period. The increasing consumption of well stimulation chemicals has a significant impact on the growth of shale oil & gas developments in North America. This rising activity in shale oil & gas reserves has also resulted in the consumption of higher volumes of fluid loss additives.
Current advances in horizontal drilling, hydraulic fracturing, availability of water for fracturing, and mineral rights licensing are some of the factors contributing to the rapid development of crude oil reserves in the North American region, especially in the US. These factors are expected to propel the consumption of fluid loss additives in the US during the forecast period
By Company Type: Tier 1 – 46%, Tier 2 – 31%, and Tier 3 – 23%
• By Designation: C-Level – 46%, Director Level – 27%, and Others – 27%
• By Region: North America – 33%, Europe – 27%, APAC – 27%, South America – 7%, Middle East & Africa – 6%,

The key players profiled in the report include as Halliburton (US), Schlumberger Limited (US), Newpark Resources Inc. (US), BASF SE (Germany), Clariant (Switzerland), Solvay (Belgium), Nouryon (US), Global Drilling Fluids and Chemicals Limited (India), Tytan Organics Pvt. Ltd. (India) and Kemira OYJ (Finland).

Research Coverage
This report segments the market for fluid loss additives based on type, application, and region, and provides estimations for the overall market size across various regions. A detailed analysis of key industry players has been conducted to provide insights into their business overviews, products & services, key strategies, associated with the market for fluid loss additives.

Reasons to Buy this Report
This research report is focused on various levels of analysis — industry analysis (industry trends), market ranking analysis of top players, and company profiles, which together provide an overall view on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the fluid loss additives market; high-growth regions; and market drivers, restraints, and opportunities.
The report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on fluid loss additives offered by top players in the global market

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets — the report analyzes the markets for fluid loss additives across regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped regions, and recent developments in the global fluid loss additives market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the fluid loss additives market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"脱水調整剤の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Significant Opportunities in the Fluid Loss Additives Market
4.2 Fluid Loss Additives Market Size, By Region
4.3 North America Fluid Loss Additives Market, By Application and Country
4.4 Fluid Loss Additives Market Size, By Application
4.5 Fluid Loss Additives Market Attractiveness
4.6 Fluid Loss Additives Market Size, By Type and Region
5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Crude Oil Production
5.2.1.2 Increase in Shale Gas Exploration
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Environmental Impact
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Focus on Deep and Ultra-Deepwater Drilling
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Industry Outlook
5.4.1 Oil & Gas Industry
6 Fluid Loss Additives Market, By Type (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Synthetically Modified Natural Additives
6.2.1 PAC and CMC are the Most Common Types of Fluid Loss Additives
6.3 Synthetic Additives
6.3.1 Low Price Drives the Synthetic Fluid Loss Additives Market
6.4 Natural Additives
6.4.1 Demand for Starch and Lignine to Drive the Market
7 Fluid Loss Additives Market, By Application (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Drilling Fluid
7.2.1 High Consumption of Drilling Fluid Across the Globe is Driving the Market
7.3 Cement Slurry
7.3.1 Increased Need for Gas Migration Control to Drive the Market
8 Fluid Loss Additives Market, By Region (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Growth of the Oil & Gas Industry is Likely to Have A Positive Impact on the Fluid Loss Additives Market in the US
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Presence of Domestic and International Oil Companies to Drive the Fluid Loss Additives Market
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 Rising Foreign Investment is Likely to Propel the Fluid Loss Additives Market Growth
8.3 APAC
8.3.1 China
8.3.1.1 The Country’s Focus on Developing New Reserves is A Major Driver for the Fluid Loss Additives Market
8.3.2 Indonesia
8.3.2.1 Increasing Oil Production to Drive the Market
8.3.3 India
8.3.3.1 Rising Domestic Demand to Drive the Fluid Loss Additives Market
8.3.4 Malaysia
8.3.4.1 Government Initiatives in the Oil Sector to Drive the Market
8.4 Europe
8.4.1 Russia
8.4.1.1 Well-Established Oil & Gas Industry is Expected to Augment the Demand for Fluid Loss Additives in Russia
8.4.2 Norway
8.4.2.1 Subsidy in Exploration Acts as A Driver for the Fluid Loss Additives Market in Norway
8.4.3 UK
8.4.3.1 New Upcoming Projects in the North Sea to Drive the UK Fluid Loss Additives Market
8.4.4 Netherlands
8.4.4.1 Growth in Gas Exploration is Propelling the Market Growth in the Netherlands
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Saudi Arabia is the Largest Fluid Loss Additives Market in the Middle East & Africa
8.5.2 UAE
8.5.2.1 The Increased Oil Production in Abu Dhabi is Expected to Drive the UAE Market
8.5.3 Iran
8.5.3.1 Growing Crude Oil Production is Expected to Drive the Fluid Loss Additives Market Growth
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Brazil is the Largest Fluid Loss Additives Market in South America
8.6.2 Venezuela
8.6.2.1 The Oil & Gas Industry is Propelling the Fluid Loss Additives Market in Venezuela
8.6.3 Colombia
8.6.3.1 Rising Investment in Oil & Gas Sector to Drive the Market
9 Competitive Landscape (Page No. – 81)
9.1 Introduction
9.2 Competitive Leadership Mapping, Tier 1 Companies
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Dynamic Differentiators
9.2.3 Innovators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Strength of Product Portfolio
9.4 Business Strategy Excellence
9.5 Competitive Leadership Mapping (Small and Medium-Sized Enterprises)
9.5.1 Progressive Companies
9.5.2 Responsive Companies
9.5.3 Dynamic Companies
9.5.4 Starting Blocks
9.6 Strength of Product Portfolio
9.7 Business Strategy Excellence
9.8 Market Share Analysis
9.8.1 Schlumberger Limited
9.8.2 Halliburton
9.8.3 Newpark Resources Inc.
10 Company Profiles (Page No. – 88)
(Business Overview, Products Offered, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 Schlumberger Limited
10.2 BASF SE
10.3 Halliburton
10.4 Nouryon
10.5 Newpark Resources Inc.
10.6 Kemira OYJ
10.7 Clariant
10.8 Solvay
10.9 Global Drilling Fluids and Chemicals Limited
10.10 Tytan Organics Pvt. Ltd.
10.11 Other Key Players
10.11.1 The Dow Chemical Company
10.11.2 Omnova Solutions
10.11.3 Aubin Group
10.11.4 Chevron Phillips Chemical Company
10.11.5 Innospec
10.11.6 Ashland
10.11.7 Universal Drilling Fluids
10.11.8 Sekisui Specialty Chemicals America
10.11.9 Tianjin Kelioil Engineering Material and Technology Co., Ltd.
10.11.10 Elkem Asa
10.11.11 Alwintec (Alwaad International Company)
10.11.12 Unikem
10.11.13 Dosas (Dutch Oilfield Supply and Services)
10.11.14 Ineos
*Details on Business Overview, Products Offered, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 106)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】脱水調整剤の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年6月24日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH-7179
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
脱水調整剤の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の血液ろ過器市場2016
    本調査レポートでは、世界の血液ろ過器市場2016について調査・分析し、血液ろ過器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用冷蔵設備の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、業務用冷蔵設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用冷蔵設備市場規模、製品別(ウォークインクーラー、ディスプレイケース、冷蔵庫、製氷機、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用冷蔵設備の世界市場概要 ・業務用冷蔵設備の世界市場環境 ・業務用冷蔵設備の世界市場動向 ・業務用冷蔵設備の世界市場規模 ・業務用冷蔵設備の世界市場:業界構造分析 ・業務用冷蔵設備の世界市場:製品別(ウォークインクーラー、ディスプレイケース、冷蔵庫、製氷機、その他) ・業務用冷蔵設備の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用冷蔵設備のアメリカ市場規模・予測 ・業務用冷蔵設備のヨーロッパ市場規模・予測 ・業務用冷蔵設備のアジア市場規模・予測 ・業務用冷蔵設備の主要国分析 ・業務用冷蔵設備の世界市場:意思決定フレームワーク ・業務用冷蔵設備の世界市場:成長要因、課題 ・業務用冷蔵設備の世界市場:競争環境 ・業務用冷蔵設備の …
  • 世界のヒュームフード市場2015
    本調査レポートでは、世界のヒュームフード市場2015について調査・分析し、ヒュームフードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の腹部大動脈ステントグラフト市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、腹部大動脈ステントグラフトのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腹部大動脈ステントグラフトの概要 ・腹部大動脈ステントグラフトの開発動向:開発段階別分析 ・腹部大動脈ステントグラフトの開発動向:セグメント別分析 ・腹部大動脈ステントグラフトの開発動向:領域別分析 ・腹部大動脈ステントグラフトの開発動向:規制Path別分析 ・腹部大動脈ステントグラフトの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別腹部大動脈ステントグラフトの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・腹部大動脈ステントグラフトの最近動向
  • 自動車用バッテリーの世界市場:バッテリー種類別(リチウムイオン、鉛酸)、車両タイプ別(乗用車、電気自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車用バッテリーの世界市場について調査・分析し、自動車用バッテリーの世界市場動向、自動車用バッテリーの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用バッテリー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インドの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 世界の遺伝子発現解析市場2019
    本調査レポートでは、世界の遺伝子発現解析市場2019について調査・分析し、遺伝子発現解析の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、遺伝子発現解析のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、遺伝子発現解析メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・遺伝子発現解析の市場概要 ・遺伝子発現解析の上流・下流市場分析 ・遺伝子発現解析のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・遺伝子発現解析のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・遺伝子発現解析のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・遺伝子発現解析のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・遺伝子発現解析の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・遺伝子発現解析の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・遺伝子発現解析の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・遺伝子発現解 …
  • MT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるMT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・MT-1メラトニン受容体アゴニストの概要 ・MT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のMT-1メラトニン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・MT-1メラトニン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・MT-1メラトニン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration)の概要 ・ドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のドライ(萎縮)型黄斑変性(Dry (Atrophic) Macular Degeneration)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤 …
  • 非構造タンパク質5B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非構造タンパク質5B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非構造タンパク質5B阻害剤の概要 ・非構造タンパク質5B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非構造タンパク質5B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非構造タンパク質5B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非構造タンパク質5B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のフレーク製氷機市場2016
    本調査レポートでは、世界のフレーク製氷機市場2016について調査・分析し、フレーク製氷機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農薬の世界市場分析:肥料、作物保護用化学品、植物成長調整剤
    本調査レポートでは、農薬の世界市場について調査・分析し、農薬の世界市場動向、農薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別農薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パフォーマンスハッチバック(ホットハッチ)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パフォーマンスハッチバック(ホットハッチ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パフォーマンスハッチバック(ホットハッチ)の世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はパフォーマンスハッチバック(ホットハッチ)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.50%成長すると予測しています。
  • マイクロブルワリー(地ビール醸造所)用装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マイクロブルワリー(地ビール醸造所)用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロブルワリー(地ビール醸造所)用装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の概要 ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・筋層非浸潤性膀胱がん(NMIBC)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・筋 …
  • イギリスの脊椎手術市場動向(~2021)
  • ダイヤフラムバルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイヤフラムバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイヤフラムバルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ダイヤフラムバルブは、工業施設で液体流量を調節・制御するために使用する装置です。流路の開閉や部分遮断により、高圧から低圧へ、また低圧から高圧へ流体を移動させます。ダイヤフラムバルブは、組立・プロセス工業分野において、密閉されたシステムにおける液体の二点間搬送に使用されています。Technavio社はダイヤフラムバルブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CRANE ChemPharma & Energy• Formatura Iniezione Polimeri• GEMU• ITT• Nippon Daiya Valve等です。
  • 木酢液の世界市場予測2022
    当調査レポートでは、木酢液の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、熱分解法別分析、用途別分析、地域別分析、木酢液の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アンチエイジング製品および治療の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、アンチエイジング製品および治療の世界市場について調査・分析し、アンチエイジング製品および治療の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・アンチエイジング製品および治療の世界市場:市場動向分析 ・アンチエイジング製品および治療の世界市場:競争要因分析 ・アンチエイジング製品および治療の世界市場:製品別分析/市場規模 ・アンチエイジング製品および治療の世界市場:装置別分析/市場規模 ・アンチエイジング製品および治療の世界市場:有効成分別分析/市場規模 ・アンチエイジング製品および治療の世界市場:治療法別分析/市場規模 ・アンチエイジング製品および治療の世界市場:疾病・状態別分析/市場規模 ・アンチエイジング製品および治療の世界市場:人口統計別分析/市場規模 ・アンチエイジング製品および治療の世界市場:地域別分析/市場規模 ・アンチエイジング製品および治療の北米市場規模・分析 ・アンチエイジング製品および治療の欧州市場・分析 ・アンチエイジング製品および治療のアジア市場・分析 ・アンチエイジング製品 …
  • 海軍ISRの世界市場
    当調査レポートでは、海軍ISRの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海軍ISRの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 神経障害性疼痛治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、神経障害性疼痛治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、神経障害性疼痛治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の生体弁(心臓弁)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、生体弁(心臓弁)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・生体弁(心臓弁)の概要 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:開発段階別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:セグメント別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:領域別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:規制Path別分析 ・生体弁(心臓弁)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別生体弁(心臓弁)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・生体弁(心臓弁)の最近動向
  • 虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)の概要 ・虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の虚血再潅流障害(Ischemia Reperfusion Injury)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・虚血再潅流障害(I …
  • 民間ヘリコプタMRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)の世界市場
    当調査レポートでは、民間ヘリコプタMRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間ヘリコプタMRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の静脈内注入ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の静脈内注入ポンプ市場2015について調査・分析し、静脈内注入ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液培養試験の世界市場分析:製品別(消耗品、機器)、技術別(培養技術)、用途別、方法別、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、血液培養試験の世界市場について調査・分析し、血液培養試験の世界市場動向、血液培養試験の世界市場規模、市場予測、セグメント別血液培養試験市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アジア太平洋の血栓管理装置市場(~2021)
  • データセンター・コロケーションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンター・コロケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター・コロケーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 データセンターコロケーションは、データセンターの提供するサービスの一種であり、サービスプロバイダーが外部の組織にデータセンターのスペースを提供することです。データセンターのスペースには、ラック、プライベートスイート、その他本格的な設備が備えられています。Technavio社はデータセンター・コロケーションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.87%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• China Telecom• Equinix• Digital Realty Trust• NTT Communications• CenturyLink等です。
  • 建設機械の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、建設機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、分類(ショベル、ローダー、その他)別分析、出力別分析、用途別分析、建設機械の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • パティオ用ヒーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パティオ用ヒーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パティオ用ヒーター市場規模、製品用(ガス式、電気式)分析、流通経路別(店頭販売、オンライン販売)分析、最終用途別(業務用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パティオ用ヒーターの世界市場概要 ・パティオ用ヒーターの世界市場環境 ・パティオ用ヒーターの世界市場動向 ・パティオ用ヒーターの世界市場規模 ・パティオ用ヒーターの世界市場:業界構造分析 ・パティオ用ヒーターの世界市場:製品用(ガス式、電気式) ・パティオ用ヒーターの世界市場:流通経路別(店頭販売、オンライン販売) ・パティオ用ヒーターの世界市場:最終用途別(業務用、家庭用) ・パティオ用ヒーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パティオ用ヒーターのアメリカ市場規模・予測 ・パティオ用ヒーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・パティオ用ヒーターのアジア市場規模・予測 ・パティオ用ヒーターの …
  • 世界の防カビ剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の防カビ剤市場2016について調査・分析し、防カビ剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 緊張性頭痛(Tension -Type Headache):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、緊張性頭痛(Tension -Type Headache)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・緊張性頭痛(Tension -Type Headache):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・緊張性頭痛(Tension -Type Headache)のフェーズ3治験薬の状況 ・緊張性頭痛(Tension -Type Headache)治療薬の市場規模(販売予測) ・緊張性頭痛(Tension -Type Headache)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・緊張性頭痛(Tension -Type Headache)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の緊張性頭痛(Tension -Type Headache)治療薬剤
  • 成人上肢装具の世界市場予測2019-2024
    「成人上肢装具の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ダイナミック装具、スタティック装具など、用途別には、Hospitals、Clinics、Homecare Settingsなどに区分してまとめた調査レポートです。成人上肢装具のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・成人上肢装具の世界市場概要(サマリー) ・成人上肢装具の企業別販売量・売上 ・成人上肢装具の企業別市場シェア ・成人上肢装具の世界市場規模:種類別(ダイナミック装具、スタティック装具) ・成人上肢装具の世界市場規模:用途別(Hospitals、Clinics、Homecare Settings) ・成人上肢装具の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・成人上肢装具のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・成人上肢装具の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・成人上肢装具の中東・アフリカ市場(エジ …
  • 石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス産業における産業用バルブ市場規模、製品別(ボールバルブ、プラグ弁、ゲートバルブ、グローブバルブ、バタフライバルブ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場概要 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場環境 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場動向 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場規模 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:製品別(ボールバルブ、プラグ弁、ゲートバルブ、グローブバルブ、バタフライバルブ、その他) ・石油・ガス産業における産業用バルブの世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス産業における産業用バルブの北米市場規模・予測 ・石油・ガス産業における産業用バルブのヨーロッ …
  • サンケア製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、サンケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サンケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アイメイクアップ(化粧品)の世界市場:マスカラ、アイライナー・ペンシル、アイシャドー
    当調査レポートでは、アイメイクアップ(化粧品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイメイクアップ(化粧品)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の携帯電話コネクター市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯電話コネクター市場2015について調査・分析し、携帯電話コネクターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用屋外貯蔵製品の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用屋外貯蔵製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用屋外貯蔵製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用屋外貯蔵製品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Lifetime Products、Newell Brands、ShelterLogic、Suncast等です。
  • コンベアベルトの世界市場:タイプ別(オーバーヘッド型コンベア、フロア式コンベア、ローラーコンベア、パレット式コンベア、三日月回転コンベア)、エンドユーザー別(小売、食品・飲料、家禽・乳製品、自動車、空港)、地域別予測
    本資料は、コンベアベルトの世界市場について調べ、コンベアベルトの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(オーバーヘッド型コンベア、フロア式コンベア、ローラーコンベア、パレット式コンベア、三日月回転コンベア)分析、エンドユーザー別(小売、食品・飲料、家禽・乳製品、自動車、空港)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSiemens AG、TGW Logistics Group、Emerson Electric CO.、Intelligerated、Daifuku Co Ltd.、Interroll Holding GmbH、Vanderlande Industries B.V.、Taikisha Ltd.、Fives、Swisslogなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コンベアベルトの世界市場概要 ・コンベアベルトの世界市場環境 ・コンベアベルトの世界市場動向 ・コンベアベルトの世界市場規模 ・コンベアベルトの世界市場規模:タイプ別(オーバーヘッド …
  • イタリアの関節鏡検査処置動向(~2021)
  • UV接着剤の世界市場予測(~2021年):アクリル樹脂、シアノアクリレート樹脂、エポキシ樹脂、シリコーン樹脂、ポリウレタン樹脂
    当調査レポートでは、UV接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、UV接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電子ケーブル・アセンブリ市場2015
    本調査レポートでは、世界の電子ケーブル・アセンブリ市場2015について調査・分析し、電子ケーブル・アセンブリの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 脳波記録(EEG)システム/デバイスの世界市場分析:製品別(8チャネル、21チャネル、25チャネル、32チャネル、40チャネル、マルチチャネル)、タイプ別(携帯型、自立型)、エンドユーザー別(病院、診断センター)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、脳波記録(EEG)システム/デバイスの世界市場について調査・分析し、脳波記録(EEG)システム/デバイスの世界市場動向、脳波記録(EEG)システム/デバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別脳波記録(EEG)システム/デバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アルミ製調理器具の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アルミ製調理器具の世界市場について調査・分析し、アルミ製調理器具の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アルミ製調理器具シェア、市場規模推移、市場規模予測、アルミ製調理器具種類別分析(鋳造アルミニウム調理器具、陽極酸化アルミ調理器具)、アルミ製調理器具用途別分析(家庭用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アルミ製調理器具の市場概観 ・アルミ製調理器具のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アルミ製調理器具のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アルミ製調理器具の世界市場規模 ・アルミ製調理器具の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アルミ製調理器具のアメリカ市場規模推移 ・アルミ製調理器具のカナダ市場規模推移 ・アルミ製調理器具のメキシコ市場規模推移 ・アルミ製調理器具のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アルミ製調理器具のドイツ市場規模推移 ・アルミ製調理器具のイギリス市場規模推移 ・アルミ製調理器具のロ …
  • 密封包装の世界市場予測(~2022):構造別(多層セラミック、金属缶、プレスセラミックパッケージ)、種類別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、密封包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構造別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、密封包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンティング用金属の世界市場:チタン、ニッケル、ステンレススチール、アルミニウム
    当調査レポートでは、3Dプリンティング用金属の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、形態別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド手術室の世界市場予測(~2022年):手術ブーム、手術ライト、手術台、MRI、CT、血管造影検査、AVツール
    当調査レポートでは、ハイブリッド手術室の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、構成品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ハイブリッド手術室の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷却塔(フィールド設置型)の世界市場:湿式冷却塔、乾式冷却塔、ハイブリッド式冷却塔
    当調査レポートでは、冷却塔(フィールド設置型)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"