"血液腫瘍検査の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD-7180)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"血液腫瘍検査の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Hemato oncology testing market to register a CAGR of 14.8% from 2019 to 2024”
The hemato oncology testing market is projected to reach USD 4.0 billion by 2024 from USD 2.0 billion in 2019, at a CAGR of 14.8% during the forecast period. Growth in this market is mainly driven by the rising incidences & prevalence of leukemia, increasing collaborations for developing new assay kits, and the growing focus on personalized medicine.

“Services accounted for the larger share of the hemato oncology testing market in 2018”

Based on product & service, the market is segmented into assay kits and services. In 2018, the services segment accounted for a larger share of this market majorly due to the high prevalence of leukemia & lymphoma. The market is set to grow on account of increasing collaborations between hemato oncology testing product manufacturers and pharmaceutical companies.

“Leukemia accounted for the largest share of the hemato oncology testing market in 2018”

Based on cancer type, the hemato oncology testing market has been segmented into three types— leukemia, lymphoma, and other cancers. Leukemia accounted for the largest share in 2018 and is anticipated to witness the highest growth rate during the forecast period due to the need for continuous monitoring of leukemia patients. In addition, increasing awareness about checking the status of minimal residual disease (MRD) in leukemia patients is another factor supporting market growth.

“North America dominates the hemato oncology testing market”

North America, which includes the US and Canada, accounted for the largest share of the hemato oncology testing in 2018. The large share of this market segment can be attributed to the availability of reimbursement for hemato oncology testing products, increasing awareness regarding advanced treatment theories, and the strong presence of industry players in the region.

Breakdown of supply-side primary interviews, by company type, designation, and region:
• By Company Type: Tier 1: 70% , Tier 2: 20%, and Tier 3: 10%
• By Designation: C-level: 30%, Director-level: 20%, and Others: 50%
• By Region: North America: 35%, Europe: 24%, Asia: 25%, and the RoW: 16%

The major players operating in this market are F. Hoffmann-La Roche Ltd. (Switzerland), Abbott Laboratories (US), Thermo Fisher Scientific, Inc. (US), QIAGEN N.V. (Germany), Bio-Rad Laboratories, Inc. (US), Illumina, Inc. (US), MolecularMD (Ireland), Invivoscribe, Inc. (US), Asuragen, Inc. (US), Adaptive Biotechnologies (US), ArcherDx, Inc. (US), and ARUP Laboratories Inc. (US).

Research Coverage
This report studies the hemato oncology testing market based on product & service, cancer type, technology, end user, and region. The report also analyzes factors (such as drivers, restraints, challenges, and opportunities) affecting market growth. It evaluates the opportunities and challenges in the market for stakeholders and provides details of the competitive landscape for market leaders. The report also studies micro-markets with respect to their growth trends, prospects, and contributions to the total hemato oncology testing market. The report forecasts the revenue of the market segments with respect to four major regions.

Reasons to Buy the Report:
The report provides insights on the following pointers:

• Market Penetration: Comprehensive information on the hemato oncology testing offered by the top 12 players in the market. The report analyzes the hemato oncology testing market by product and region

• Market Development: Comprehensive information about lucrative emerging markets. The report analyzes the markets for various hemato oncology testing across key geographic regions

• Market Diversification: Exhaustive information about new products, untapped geographies, recent developments, and investments in the hemato oncology testing market

• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares and strategies of the leading players in the hemato oncology testing market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"血液腫瘍検査の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Markets Covered
1.2.2 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Secondary Data
2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2 Primary Data
2.2.1 Key Data From Primary Sources
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.2 Top-Down Approach
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Hemato-Oncology Testing: Market Overview
4.2 North America: Market, By Product and Service (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Hemato Oncology Testing Market
5 Market Overview (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Incidence of Hematologic Cancer
5.2.1.2 Increasing Collaborations
5.2.1.3 Increasing Conferences on Personalized Medicine
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Drug Diagnostics Co-Development
5.2.2.2 Emerging Markets
5.2.3 Restraints
5.2.3.1 Uncertain Reimbursement Scenario in Different Regions
5.2.3.2 Complex Regulatory Frameworks Delaying the Approval of New Molecular Diagnostic Tests
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Intellectual Property Rights Protection Issues
6 Hemato Oncology Testing Market, By Product & Service (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Services
6.2.1 Rising Incidence of Hematologic Cancer to Increase the Demand for Hemato-Oncology Services
6.3 Assay Kits
6.3.1 Growing Focus on the Development of Advanced Assay Kits to Drive the Growth of This Market Segment
7 Hemato Oncology Testing Market, By Cancer Type (Page No. – 42)
7.1 Introduction
7.2 Leukemia
7.2.1 Acute Myeloid Leukemia
7.2.1.1 Aml is the Most Common Acute Leukemia Affecting Adults
7.2.2 Acute Lymphocytic Leukemia
7.2.2.1 North America Accounted for the Largest Share of the All Segment
7.2.3 Other Leukemias
7.3 Lymphoma
7.3.1 Non-Hodgkin Lymphoma
7.3.1.1 Non-Hodgkin Lymphoma Holds the Largest Share of the Market for Lymphoma
7.3.2 Hodgkin Lymphoma
7.3.2.1 APAC Market for Hodgkin Lymphoma Will Grow at the Highest Rate
7.4 Other Cancers
8 Hemato Oncology Testing Market, By Technology (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 PCR
8.2.1 PCR Accounted for the Largest Share of the Market in 2018
8.3 IHC
8.3.1 IHC Accounted for the Second-Largest Share of the Market
8.4 NGS
8.4.1 NGS is Expected to Register the Highest Growth During the Forecast Period
8.5 Cytogenetics
8.5.1 North America Accounted for the Largest Share of the Cytogenetics Market
8.6 Other Technologies
9 Hemato Oncology Testing Market, By End User (Page No. – 56)
9.1 Introduction
9.2 Clinical Laboratories
9.2.1 Presence of Robust Infrastructure is the Major Driving Factor for This Segment
9.3 Hospitals
9.3.1 Hospitals Accounted for the Second-Largest Share of the Market, By End User
9.4 Academic & Research Institutes
9.4.1 APAC Market for Academic & Research Institutes Will Grow at the Highest Rate
9.5 Other End Users
10 Hemato Oncology Testing Market, By Region (Page No. – 62)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 The US Dominates the North American Market
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Initiatives Undertaken By Healthcare Authorities in the Country to Ensure the Delivery of Better Public Healthcare to Support the Growth of the Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Rising Focus on Biomarker Development in EU Countries to Support Market Growth
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Asia Pacific Market to Witness the Highest Growth During the Forecast Period
10.5 Rest of the World
11 Competitive Landscape (Page No. – 84)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis, 2017
11.3 Key Strategies
11.3.1 Product Launches & Approvals, 2016–2019
11.3.2 Expansions, 2016–2019
11.3.3 Partnerships and Collaborations, 2016–2019
11.3.4 Acquisitions, 2016–2019
12 Company Profiles (Page No. – 88)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 F. Hoffman-La Roche Ltd.
12.2 Abbott Laboratories
12.3 Qiagen N.V.
12.4 Thermo Fisher Scientific, Inc.
12.5 Illumina, Inc.
12.6 Bio-Rad Laboratories, Inc.
12.7 Molecularmd (Subsidiary of Icon PLC)
12.8 Archerdx, Inc.
12.9 Arup Laboratories Inc.
12.10 Asuragen, Inc.
12.11 Invivoscribe, Inc.
12.12 Adaptive Biotechnologies.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 109)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】血液腫瘍検査の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年6月24日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD-7180
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
血液腫瘍検査の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のPVC 人工皮革市場2015
    本調査レポートでは、世界のPVC 人工皮革市場2015について調査・分析し、PVC 人工皮革の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シナプス小胞タンパク質(SV2A)結合剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるシナプス小胞タンパク質(SV2A)結合剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・シナプス小胞タンパク質(SV2A)結合剤の概要 ・シナプス小胞タンパク質(SV2A)結合剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のシナプス小胞タンパク質(SV2A)結合剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シナプス小胞タンパク質(SV2A)結合剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シナプス小胞タンパク質(SV2A)結合剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 美容ドリンクの世界市場:コラーゲンたんぱく質、ビタミン・ミネラル、果実抽出物
    当調査レポートでは、美容ドリンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、美容ドリンクの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、成分別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデキストラナーゼ市場2016
    本調査レポートでは、世界のデキストラナーゼ市場2016について調査・分析し、デキストラナーゼの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 室内空気質ソリューションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、室内空気質ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、室内空気質ソリューション市場規模、製品別(機器、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Aeroqual, DAIKIN INDUSTRIES, Ingersoll Rand (Trane), TSI, United Technologies (Carrier)などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・室内空気質ソリューションの世界市場概要 ・室内空気質ソリューションの世界市場環境 ・室内空気質ソリューションの世界市場動向 ・室内空気質ソリューションの世界市場規模 ・室内空気質ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・室内空気質ソリューションの世界市場:製品別(機器、サービス) ・室内空気質ソリューションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・室内空気質ソリューションの北米市場規模・予測 ・室内空気質ソリューションのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模 …
  • 世界のPCBフォトレジスト市場2015
    本調査レポートでは、世界のPCBフォトレジスト市場2015について調査・分析し、PCBフォトレジストの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オンラインジュエリーの世界市場:宝飾品、ファッションジュエリー
    当調査レポートでは、オンラインジュエリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オンラインジュエリー市場規模、製品別(宝飾品、ファッションジュエリー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Chow Tai Fook Jewellery Company, Kering, LVMH, Richemont, Signet Jewelersなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オンラインジュエリーの世界市場概要 ・オンラインジュエリーの世界市場環境 ・オンラインジュエリーの世界市場動向 ・オンラインジュエリーの世界市場規模 ・オンラインジュエリーの世界市場:業界構造分析 ・オンラインジュエリーの世界市場:製品別(宝飾品、ファッションジュエリー) ・オンラインジュエリーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オンラインジュエリーの北米市場規模・予測 ・オンラインジュエリーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・オンラインジュエリーのアジア太平洋市場 …
  • 産業用バルブの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、産業用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、材料種類別分析、バルブ種類別分析、産業別分析、地域別分析、産業用バルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用シュレッダーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用シュレッダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用シュレッダーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミカーテンウォールの世界市場2014-2025:種類別(現場組み立て、半ユニット化、ユニット化)、用途別(業務用、住居用)、地域別
    本調査レポートでは、アルミカーテンウォールの世界市場について調査・分析し、アルミカーテンウォールの世界市場動向、アルミカーテンウォールの世界市場規模、市場予測、セグメント別アルミカーテンウォール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 海底マニホールドの世界市場:用途別(生産、注入)、地域別予測
    本資料は、海底マニホールドの世界市場について調べ、海底マニホールドの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(生産、注入)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・海底マニホールドの世界市場概要 ・海底マニホールドの世界市場環境 ・海底マニホールドの世界市場動向 ・海底マニホールドの世界市場規模 ・海底マニホールドの世界市場規模:用途別(生産、注入) ・海底マニホールドの世界市場:地域別市場規模・分析 ・海底マニホールドの北米市場規模・予測 ・海底マニホールドのアメリカ市場規模・予測 ・海底マニホールドのヨーロッパ市場規模・予測 ・海底マニホールドのアジア市場規模・予測 ・海底マニホールドの日本市場規模・予測 ・海底マニホールドの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 植物性タンパク質の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、植物性タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(分離物、濃縮物、タンパク質粉)分析、用途別(タンパク質飲料、乳製品代替品、肉代替品、プロテインバー、加工肉、家禽&シーフード、ベーカリー製品)分析、由来別分析、植物性タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、植物性タンパク質の世界市場規模が2019年185億ドルから2025年406億ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。
  • タイニーハウスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、タイニーハウスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タイニーハウス市場規模、製品別(移動型、固定型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・タイニーハウスの世界市場概要 ・タイニーハウスの世界市場環境 ・タイニーハウスの世界市場動向 ・タイニーハウスの世界市場規模 ・タイニーハウスの世界市場:業界構造分析 ・タイニーハウスの世界市場:製品別(移動型、固定型) ・タイニーハウスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・タイニーハウスのアメリカ市場規模・予測 ・タイニーハウスのヨーロッパ市場規模・予測 ・タイニーハウスのアジア市場規模・予測 ・タイニーハウスの主要国分析 ・タイニーハウスの世界市場:意思決定フレームワーク ・タイニーハウスの世界市場:成長要因、課題 ・タイニーハウスの世界市場:競争環境 ・タイニーハウスの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 触覚技術(ハプティクス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、触覚技術(ハプティクス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、触覚技術(ハプティクス)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 無線方位測定機(RDF)の世界市場2017-2021:船舶交通サービス(VTS)、探索救助(SAR)、航空管制
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、無線方位測定機(RDF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無線方位測定機(RDF)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は無線方位測定機(RDF)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はKoden Electronics、RHOTHETA、Rohde & Schwarz等です。
  • ドローン識別システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ドローン識別システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ドローン識別システム市場規模、技術別分析、最終用途別(軍事用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ドローン識別システムの世界市場概要 ・ドローン識別システムの世界市場環境 ・ドローン識別システムの世界市場動向 ・ドローン識別システムの世界市場規模 ・ドローン識別システムの世界市場:業界構造分析 ・ドローン識別システムの世界市場:技術別 ・ドローン識別システムの世界市場:最終用途別(軍事用、商業用) ・ドローン識別システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ドローン識別システムのアメリカ市場規模・予測 ・ドローン識別システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・ドローン識別システムのアジア市場規模・予測 ・ドローン識別システムの主要国分析 ・ドローン識別システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・ドローン識別システムの世界市場:成長要因、課題 ・ド …
  • 世界のマッピングカテーテル市場2015
    本調査レポートでは、世界のマッピングカテーテル市場2015について調査・分析し、マッピングカテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 異文化トレーニングコースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、異文化トレーニングコースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、異文化トレーニングコースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 異文化トレーニングとは、人々が新しい文化を理解・順応できるように知識・スキルを向上させるサービスです。この20年間でグローバル化や技術進歩を背景に、教育・企業研修の分野では市場環境が大幅に変化しました。特に、PCなどの情報機器の進歩に合わせて、ゲーミフィケーションや各種アプリ、ソーシャルネットワークなど 新たな学習方法が登場し、従業員の学習機会が大きく広がっていますTechnavio社は異文化トレーニングコースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Babel Language and Cross Cultural Training• Global Integration• GROV …
  • 自動チューブ充填シール機の世界市場予測2019-2024
    「自動チューブ充填シール機の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、全自動、半自動など、用途別には、Food Industry、Pharma、Cosmetics、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。自動チューブ充填シール機のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動チューブ充填シール機の世界市場概要(サマリー) ・自動チューブ充填シール機の企業別販売量・売上 ・自動チューブ充填シール機の企業別市場シェア ・自動チューブ充填シール機の世界市場規模:種類別(全自動、半自動) ・自動チューブ充填シール機の世界市場規模:用途別(Food Industry、Pharma、Cosmetics、Others) ・自動チューブ充填シール機の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動チューブ充填シール機のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自動チューブ充填シール機の欧州市場規模(ドイ …
  • サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場:タイプ別(EP-CPS、IT-CPS、その他)、用途別(工業オートメーション、健康・医療機器、航空宇宙、その他)、地域別予測
    本資料は、サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場について調べ、サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(EP-CPS、IT-CPS、その他)分析、用途別(工業オートメーション、健康・医療機器、航空宇宙、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSiemens、Intel、ITIH、EIT Digital 、TCS、MathWorks、Galois、SEI 、Astri、NISTなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場概要 ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場環境 ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場動向 ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場規模 ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場規模:タイプ別(EP-CPS、IT-CPS、その他) ・サイバーフィジカルシステム(CPS)の世界市場規模:用途別(工業オートメー …
  • 世界のネットワークカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のネットワークカメラ市場2015について調査・分析し、ネットワークカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • ワイヤーラインサービスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ワイヤーラインサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ワイヤーラインサービス市場規模、サービス別(チュービングコンベイドパーフォレーションサービス、設定サービス、ポンプダウンサービス、プラグ・穴あけサービス、パイプリカバリサービス、セメントボンドロギングサービス、ケーシング検査サービス、ケースドホールログサービス)分析、技術別(E-ライン、スリックライン、潤滑剤、その他)分析、用途別(抗井検層、抗井仕上げ、抗井介入、回収、オフショア、オンショア、その他)分析、ツール別(原子力関連ツール、ケースドホールEラインツール、ボアホール式震探査ツール、ナチュラルガンマ線ツール、核磁気共鳴装置、抵抗関連ツール、音波・超音波関連ツール) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ワイヤーラインサービスの世界市場:市場動向分析 ・ ワイヤーラインサービスの世界市場:競争要因分析 ・ ワイヤーラインサービスの世界市場:サービス別( …
  • 水素生成の世界市場予測(~2023年)
    水素生成の世界市場は、2018年の1,355億米ドルから2023年には1,991億米ドルに達し、8.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、米国、中国、日本などの国々で燃料電池車の採用が増えたこと、よりクリーンな燃料を製造するための石油およびガス精製における水素需要が増加したことなどが考えれられます。一方で、電池技術への投資の増加および水素技術を取り巻く安全性への懸念により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、水素生成の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(石油精製、アンモニア製造、メタノール製造、輸送、発電)分析、技術(水蒸気改質、水電解、その他)分析、貯蔵分析、水素生成の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のノートパソコン用リチウムイオン電池市場2015
    本調査レポートでは、世界のノートパソコン用リチウムイオン電池市場2015について調査・分析し、ノートパソコン用リチウムイオン電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 細胞増殖の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、細胞増殖の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(試薬、培地、フローサイトメトリー、遠心分離機、バイオリアクター)分析、細胞種類別(ヒト、動物)分析、用途別(再生医療・幹細胞研究、癌・細胞ベース研究)分析、エンドユーザー別(病院、医薬品、バイオテクノロジー)分析、細胞増殖の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • MT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるMT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・MT-1メラトニン受容体アゴニストの概要 ・MT-1メラトニン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のMT-1メラトニン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・MT-1メラトニン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・MT-1メラトニン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 電気航空機の世界市場
    当調査レポートでは、電気航空機の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・電気航空機の世界市場:航空機種類別分析/市場規模 ・電気航空機の世界市場:用途別分析/市場規模 ・電気航空機の世界市場:地域別分析/市場規模 ・電気航空機のアメリカ市場規模予測 ・電気航空機のヨーロッパ市場規模予測 ・電気航空機のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 骨髄線維症治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、骨髄線維症治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、骨髄線維症治療薬市場規模、治療別(薬物療法、輸血、HSCT、アンドロゲン療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・骨髄線維症治療薬の世界市場概要 ・骨髄線維症治療薬の世界市場環境 ・骨髄線維症治療薬の世界市場動向 ・骨髄線維症治療薬の世界市場規模 ・骨髄線維症治療薬の世界市場:業界構造分析 ・骨髄線維症治療薬の世界市場:治療別(薬物療法、輸血、HSCT、アンドロゲン療法) ・骨髄線維症治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・骨髄線維症治療薬の北米市場規模・予測 ・骨髄線維症治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・骨髄線維症治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・骨髄線維症治療薬の主要国分析 ・骨髄線維症治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・骨髄線維症治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・骨髄線維症治療薬の世界市場:競争環境 ・骨髄線維症治療 …
  • 農業用酵素の世界市場2017-2021:カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、農業用酵素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用酵素の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は農業用酵素の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAgrinos、BASF、Bayer、Novozymes、Syngenta等です。
  • ビタミンD3の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビタミンD3の世界市場について調査・分析し、ビタミンD3の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビタミンD3シェア、市場規模推移、市場規模予測、ビタミンD3種類別分析(オイル、粉末、結晶)、ビタミンD3用途別分析(食品業界、医薬品業界)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビタミンD3の市場概観 ・ビタミンD3のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビタミンD3のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビタミンD3の世界市場規模 ・ビタミンD3の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビタミンD3のアメリカ市場規模推移 ・ビタミンD3のカナダ市場規模推移 ・ビタミンD3のメキシコ市場規模推移 ・ビタミンD3のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ビタミンD3のドイツ市場規模推移 ・ビタミンD3のイギリス市場規模推移 ・ビタミンD3のロシア市場規模推移 ・ビタミンD3のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • 世界の水処理装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の水処理装置市場2015について調査・分析し、水処理装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • テザードローンの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、テザードローンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、テザードローン市場規模、エンドユーザー別(防衛、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・テザードローンの世界市場概要 ・テザードローンの世界市場環境 ・テザードローンの世界市場動向 ・テザードローンの世界市場規模 ・テザードローンの世界市場:業界構造分析 ・テザードローンの世界市場:エンドユーザー別(防衛、通信、その他) ・テザードローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・テザードローンの北米市場規模・予測 ・テザードローンのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・テザードローンのアジア太平洋市場規模・予測 ・テザードローンの主要国分析 ・テザードローンの世界市場:成長要因、課題 ・テザードローンの世界市場:競争環境 ・テザードローンの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 半導体IPの世界市場予測(~2023年):プロセッサIP、インターフェースIP、メモリIP
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、半導体IPの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、デザインIP別分析、ソース別分析、産業別分析、地域別分析、半導体IPの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 排液排出ゼロ(ZLD)システムの世界市場予測(~2023年)
    排液排出ゼロ(ZLD)システムの世界市場は、2018年の54億米ドルから2023年には81億米ドルに達し、この期間中8.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、厳しい環境規制の実施、およびブライン濃縮液の水流への処分に対する懸念の高まりなどが考えられます。一方で、システムの設置と運用にはコストがかかるため、市場の成長は制限されると予測されます。当調査レポートでは、排液排出ゼロ(ZLD)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、システム(従来型、ハイブリッド型)分析、プロセス(前処理、ろ過、蒸発・結晶化)分析、最終用途産業(エネルギー・電力、化学品・石油化学製品、食品・飲料)分析、排液排出ゼロ(ZLD)システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-17(IL-17)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-17(IL-17)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-17(IL-17)阻害剤の概要 ・インターロイキン-17(IL-17)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-17(IL-17)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-17(IL-17)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-17(IL-17)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ホームセキュリティシステムの世界市場:セキュリティカメラ、電子/スマートロック、センサー、感知器、アラーム、セキュリティソリューション、DIYホームセキュリティ
    当調査レポートでは、ホームセキュリティシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホームセキュリティシステムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 二輪車用スパークプラグの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、二輪車用スパークプラグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、二輪車用スパークプラグの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラシレスDCモーターの世界市場:インナーローターブラシレスDCモーター、アウターローターブラシレスDCモーター
    当調査レポートでは、ブラシレスDCモーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(内側ローターブラシレスDCモーターおよび外側ローターブラシレスDCモーター)分析、エンドユーザー別(産業機械、自動車、ヘルスケア、HVAC産業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ブラシレスDCモーターの世界市場:種類別(内側ローターブラシレスDCモーターおよび外側ローターブラシレスDCモーター) ・ブラシレスDCモーターの世界市場:エンドユーザー別(産業機械、自動車、ヘルスケア、HVAC産業、その他) ・ブラシレスDCモーターの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 乳児用食品・調製粉乳の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、乳児用食品・調製粉乳の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、乳児用食品・調製粉乳の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 烏龍茶の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、烏龍茶の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、烏龍茶市場規模、製品別(従来型、有機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・烏龍茶の世界市場概要 ・烏龍茶の世界市場環境 ・烏龍茶の世界市場動向 ・烏龍茶の世界市場規模 ・烏龍茶の世界市場:業界構造分析 ・烏龍茶の世界市場:製品別(従来型、有機) ・烏龍茶の世界市場:地域別市場規模・分析 ・烏龍茶の北米市場規模・予測 ・烏龍茶のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・烏龍茶のアジア太平洋市場規模・予測 ・烏龍茶の主要国分析 ・烏龍茶の世界市場:成長要因、課題 ・烏龍茶の世界市場:競争環境 ・烏龍茶の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 世界の歯科用合金市場2016
    本調査レポートでは、世界の歯科用合金市場2016について調査・分析し、歯科用合金の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 微細藻類の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、微細藻類の世界市場について調査・分析し、微細藻類の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別微細藻類シェア、市場規模推移、市場規模予測、微細藻類種類別分析()、微細藻類用途別分析(食品、肥料(二枚貝、えび、海産魚幼虫、動物プランクトン用、医薬品、バイオ燃料)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・微細藻類の市場概観 ・微細藻類のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・微細藻類のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・微細藻類の世界市場規模 ・微細藻類の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・微細藻類のアメリカ市場規模推移 ・微細藻類のカナダ市場規模推移 ・微細藻類のメキシコ市場規模推移 ・微細藻類のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・微細藻類のドイツ市場規模推移 ・微細藻類のイギリス市場規模推移 ・微細藻類のロシア市場規模推移 ・微細藻類のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・微細藻類の日本市場規模推移 ・微 …
  • 皮膚科デバイスの世界市場予測:画像機器、皮膚鏡、顕微鏡
    当調査レポートでは、皮膚科デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、診断機器別分析、治療機器別分析、用途別分析、地域別分析、皮膚科デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 放射性医薬品の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、放射性医薬品の世界市場について調査・分析し、放射性医薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・放射性医薬品の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・放射性医薬品の世界市場:セグメント別市場分析 ・放射性医薬品の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • ギャンブル(賭博)のアジア市場2017-2021
    当調査レポートでは、ギャンブル(賭博)のアジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ギャンブル(賭博)のアジア市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 磁気軸受の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、磁気軸受の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、磁気軸受の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 製氷機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、製氷機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、製氷機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 喉頭鏡の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、喉頭鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、喉頭鏡市場規模、製品別(ビデオ咽頭鏡、標準咽頭鏡、光ファイバー咽頭鏡)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・喉頭鏡の世界市場概要 ・喉頭鏡の世界市場環境 ・喉頭鏡の世界市場動向 ・喉頭鏡の世界市場規模 ・喉頭鏡の世界市場:業界構造分析 ・喉頭鏡の世界市場:製品別(ビデオ咽頭鏡、標準咽頭鏡、光ファイバー咽頭鏡) ・喉頭鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・喉頭鏡の北米市場規模・予測 ・喉頭鏡のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・喉頭鏡のアジア太平洋市場規模・予測 ・喉頭鏡の主要国分析 ・喉頭鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・喉頭鏡の世界市場:成長要因、課題 ・喉頭鏡の世界市場:競争環境 ・喉頭鏡の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Ambu、Hill-Rom Holdings、KARL STORZ、Medtronic、Olympus …
  • イギリスのインターベンショナル心臓医療機器市場(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"