"保険詐欺検知の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC-7184)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"保険詐欺検知の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The exponential rise in the sophistication of cyber attacks insurance sector and substantial monetary losses due to these attacks will drive the overall insurance fraud detection market
The global insurance fraud detection market size is expected to grow from USD 2.5 billion in 2019 to USD 7.9 billion by 2024, at a compound annual growth rate (CAGR) of 25.8% during the forecast period. Various factors, such as exponential rise in the sophistication level of cyber attacks and huge monetary losses due to these attacks in the insurance sector, are expected to drive the market. However, lack of awareness among organizations about the importance of fraud detection solutions and improper implementation coupled with the lack of integration of fraud detection solutions across organization networks may restrain the market growth.

Solution segment to hold a larger market size during the forecast period

The solution segment is expected to hold a larger market size in the fraud detection market during the forecast period. Fraud detection vendors help insurance organizations to tackle the security challenges and threats they pose due to the increased adoption of digital technologies such as IoT and BYOD in their organizations to enhance the customer experience. The solutions are classified into fraud analytics, authentication, and governance, risk, & compliance (GRC) solutions. Fraud analytics is a discipline which involves a set of analytical techniques that analyze enterprises’ systems and database to identify the vulnerabilities where fraud can happen. These solutions monitor and analyze data from several data sources; detect anomalies and suspicious & unusual behavior across all channels; and provide a control mechanism to prevent fraudulent practices, in real-time.

The authentication solution helps enterprises in validating the identity of the transactions between the individuals as well as restricting any unauthorized access across organizations networks, servers, and other infrastructure. GRC solution is implemented across enterprises to manage business risks and abide with regulatory compliance environment. The various advantages that these solutions offer to the insurance sector in handling their security challenges will force the organizations to adopt insurance fraud detection solutions on a large scale.

Among deployment type, cloud deployment segment to grow at a higher CAGR during the forecast period

Under deployment type, insurance fraud detection market is segmented by cloud and on-premises. The cloud deployment type is set to grow at a higher CAGR during the forecast period. The deployment of cloud-based insurance fraud detection solutions is done over the internet, where software, infrastructure, platforms, devices, and other resources are provided as services on a pay-per-use basis by consumers. The cloud-based platform offers a unified way in the form of SaaS-based insurance fraud detection services to secure business applications. Cloud-based systems are comparatively less expensive than on-premises deployment, thus permitting businesses to reduce IT expenses, including hardware and support staff. Owing to these factors, organizations are adopting the cloud-based deployment type for deploying fraud detection solutions on a large scale.

North America to account for the largest market size, whereas APAC to grow at the highest CAGR

North America is projected to hold the largest market size of the insurance fraud detection market during the forecast period, owing to the early adoption of the insurance fraud detection solutions in the region. Protecting enterprise-critical infrastructures and sensitive data has become one of the major challenges, as the world is moving toward interconnections and digitalization. The growing trends, such as IoT, IoE, and penetration of smartphones, have increased the volume of data and transactions performed by online users. Moreover, mobile users are frequently targeted by fraudsters, as online mobile banking has become a popular method of making financial transactions. The rise in threats and vulnerabilities and government compliances has made North America the most lucrative industry for different categories of vendors. The concentrated presence of a large number of insurance fraud detection solution and services providers in the US is also expected to drive revenue growth from the region. The APAC market is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period, owing to the rise in the threat of frauds at an alarming rate in the insurance sector in this region, thus driving an increase in spending on insurance fraud detection solutions.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the insurance fraud detection marketplace.
• By Company: Tier 1 – 20%, Tier 2 – 55%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-level – 50%, Director level – 25%, and Others – 25%
• By Region: North America – 45%, Europe – 25%, APAC – 20%, Latin America – 5%, Middle East and Africa: – 5%
Major vendors in the global insurance fraud detection market include FICO (US), IBM (US), BAE Systems (UK), SAS Institute (US), Experian (Ireland), LexisNexis (US), iovation (US), FRISS (Netherlands), SAP (Germany), Fiserv (US), ACI Worldwide (US), Simility (US), Kount (US), Software AG (Germany), BRIDGEi2i Analytics Solutions (India), and Perceptiviti (India).

Research Coverage
The market study covers the insurance fraud detection market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of the market across segments, such as component (solution (fraud analytics, authentication, and GRC solutions) and services), deployment type, organization size, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in the insurance fraud detection market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall insurance fraud detection market and the subsegments. The report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"保険詐欺検知の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Insurance Fraud Detection Market
4.2 Market By Component, 2019–2024
4.3 Market By Solution, 2019–2024
4.4 Market Market Share of Top 3 Solutions and Regions, 2019
4.5 Market By Organization Size, 2019
4.6 Market By Deployment Mode, 2019
4.7 Market Investment Scenario
5 Insurance Fraud Detection Market Overview and Industry Trends (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Need to Effectively Manage Huge Volumes of Identities By Organizations
5.2.1.2 Increasing Adoption of Advanced Analytics Techniques
5.2.1.3 Improved Operational Efficiency and Enhanced Customer Experience
5.2.1.4 Stringent Regulatory Compliances
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Insurance Institutions Lack Awareness Regarding the Fraud Detection Solutions
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Adoption of IoT and Byod Trends
5.2.3.2 Proliferation of Cloud-Based Insurance Fraud Detection Solutions and Services Among Global Organizations
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Improper Implementation and Lack of Integration of Fraud Detection Solutions Across Organization Networks
5.3 Regulatory Compliances
5.3.1 Know Your Customer (KYC)
5.3.2 Anti-Money Laundering (AML)
5.3.3 General Data Protection Regulation (GDPR)
5.3.4 Electronic Identification, Authentication, and Trust Services (EIDAS)
5.4 Innovation Spotlight
5.5 Use Cases
5.5.1 Insurance Fraud Detection By BAE Systems
5.5.2 Claims Fraud Detection in Insurance, By Aureus Analytics
5.5.3 Optimizing Investigation Process for Identifying Additional Premium Opportunities, By Prads Inc.
6 Insurance Fraud Detection Market By Component (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Increasing Fraudulent Activities to Drive the Adoption of Insurance Fraud Detection Solutions
6.3 Services
6.3.1 Growing Need for Seamless Experience and Personalized Services to Fuel the Demand for Services
7 Insurance Fraud Detection Market By Solution (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Fraud Analytics
7.2.1 Predictive Analytics
7.2.1.1 Need to Identify Potential Threats and Claim Frauds in Insurance Processes to Drive the Adoption of Predictive Analytics Solutions
7.2.2 Descriptive Analytics
7.2.2.1 Need for Interpretation of Historical Data to Yield Useful Information to Boost the Adoption of Descriptive Analytics Solutions in the Insurance Sector
7.2.3 Social Media Analytics
7.2.3.1 Need to Identify Suspicious Patterns Through Specialized Algorithms for Effective Fraud Detection Driving the Adoption of Social Media Analytics Solutions in the Insurance Sector
7.2.4 Big Data Analytics
7.2.4.1 Need for Advanced Analytical Solution That Proactively Defends Against Fraudulent Activities to Drive the Adoption of Big Data Analytics Solutions in the Insurance Sector
7.3 Authentication
7.3.1 Single-Factor Authentication
7.3.1.1 Need for Simple and Less Complex Form of Authentication Solutions to Boost the Adoption of Sfa Solutions
7.3.2 Multi-Factor Authentication
7.3.2.1 Need to Secure Data and Information Against Frauds Driving the Adoption of Mfa Solutions
7.3.3 Risk-Based Authentication
7.3.3.1 Need to Analyze Risk Levels and Apply Stringent Authentication Processes Driving the Adoption of Rba Solutions
7.4 Governance, Risk, and Compliance
7.4.1 Need to Adhere to Various Compliances and Mitigate Risk Driving the Adoption of Grc Solutions
7.5 Others
8 Insurance Fraud Detection Market By Service (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Professional Services
8.2.1 Consulting Services
8.2.1.1 Growing Need for Highly-Qualified Experts, Domain Experts, and Security Professionals to Fuel the Demand for Consulting Services
8.2.2 Training and Education
8.2.2.1 Increasing Need for Skilled Security Professionals to Fuel the Demand for Training and Education Services
8.2.3 Support and Maintenance
8.2.3.1 Growing Need for Installation, Maintenance, and Other Support Activities to Boost the Demand for Support and Maintenance Services
8.3 Managed Services
8.3.1 Growing Need for Technical Expertise to Maintain and Update Insurance Fraud Detection Solutions to Boost the Demand for Managed Services
9 Insurance Fraud Detection Market By Application Area (Page No. – 70)
9.1 Introduction
9.2 Claims Fraud
9.2.1 Rise in Fraudulent Claims in Healthcare, Life, and Motor Insurance Areas to Boost the Adoption of Insurance Fraud Detection Solutions
9.3 Identity Theft
9.3.1 Growing Identity-Related Frauds to Fuel the Adoption of Insurance Fraud Detection Solutions
9.4 Payment Fraud and Billing Fraud
9.4.1 Increasing Fraudulent Activities Related to Digital Transactions and Payments to Boost the Adoption of Insurance Fraud Detection Solutions
9.5 Money Laundering
9.5.1 Need to Detect and Prevent Growing Money Laundering Activities to Boost the Adoption of Insurance Fraud Detection Solutions
10 Insurance Fraud Detection Market By Deployment Mode (Page No. – 73)
10.1 Introduction
10.2 Cloud
10.2.1 Low Cost of Installation, Upgrade, and Maintenance to Boost the Adoption of Cloud-Based Insurance Fraud Detection Solutions
10.3 On-Premises
10.3.1 Need to Secure the In-House Applications, Platforms, and Systems Against Operational Frauds to Fuel the Adoption of On-Premises Insurance Fraud Detection Solutions
11 Insurance Fraud Detection Market By Organization Size (Page No. – 77)
11.1 Introduction
11.2 Small and Medium-Sized Enterprises
11.2.1 Growing Fraudulent Activities to Drive the Adoption of Insurance Fraud Detection Solutions Among Small and Medium-Sized Enterprises
11.3 Large Enterprises
11.3.1 Increasing Financial Losses and Hefty Fines for Regulatory Non-Compliance to Boost the Adoption of Insurance Fraud Detection Solutions Among Large Enterprises
12 Insurance Fraud Detection Market By Region (Page No. – 81)
12.1 Introduction
12.2 North America
12.2.1 United States
12.2.1.1 Increasing Investments By the Insurance Sector in Fraud Detection Solutions to Drive the Growth of Market in the United States
12.2.2 Canada
12.2.2.1 Government Initiatives to Safeguard Network Systems Against Frauds Driving the Growth of Market in Canada
12.3 Europe
12.3.1 United Kingdom
12.3.1.1 Growing Trend of Byod and Increased Use of Applications in Enterprises and Threat to Organizational Data Driving the Growth of Market in the United Kingdom
12.3.2 Germany
12.3.2.1 Rising Use of Online Transactions to Pay Premiums and Increasing Threat to Confidential Information Driving the Growth of Market in Germany
12.3.3 France
12.3.3.1 Growing Money Laundering and Identity Impersonation to Fuel the Growth of Market in France
12.3.4 Rest of Europe
12.4 Asia Pacific
12.4.1 China
12.4.1.1 Increasing Need to Secure Apis, Mobile Apps, and Websites From Fraudsters to Contribute to the Growth of Market in China
12.4.2 Japan
12.4.2.1 Increasing Number of Potential Frauds Due to High Internet Penetration to Fuel the Growth of Market in Japan
12.4.3 India
12.4.3.1 Growing Adoption of Fraud Detection Solutions in the Insurance Sector Due to Increase in Mobile Applications Use, Digitalization of Various Services, and Rise in Fraud Attacks to Drive the Adoption of Insurance Fraud Detection Solutions on A Large Scale in India
12.4.4 Rest of Asia Pacific
12.5 Middle East and Africa
12.5.1 Middle East
12.5.1.1 Increasing Frauds in the Insurance Vertical to Drive the Growth of Insurance Fraud Detection Market in the Middle East
12.5.2 Africa
12.5.2.1 Hefty Financial Losses Due to Fraudulent Attacks Across the Insurance Organizations to Contribute to the Growth of Market in Africa
12.6 Latin America
12.6.1 Brazil
12.6.1.1 Increasing Investments By SMEs and Large Enterprises Due to Growing Frauds Across Endpoints, Networks, and Applications to Drive the Growth of Market in Brazil
12.6.2 Mexico
12.6.2.1 Increasing Fraud Attacks on Insurance Verticals to Drive the Growth of Market in Mexico
12.6.3 Rest of Latin America
13 Competitive Landscape (Page No. – 108)
13.1 Competitive Leadership Mapping
13.1.1 Visionary Leaders
13.1.2 Innovators
13.1.3 Dynamic Differentiators
13.1.4 Emerging Companies
13.2 Strength of Product Portfolio
13.3 Business Strategy Excellence
13.4 Competitive Scenario
13.4.1 Partnerships, Agreements, and Collaborations
13.4.2 Mergers and Acquisitions
13.4.3 New Product Launches/Product Enhancements
13.4.4 Business Expansions
14 Company Profiles (Page No. – 116)
14.1 Introduction
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
14.2 FICO
14.3 IBM
14.4 BAE Systems
14.5 SAS Institute
14.6 Experian
14.7 Lexisnexis
14.8 Iovation
14.9 Friss
14.10 SAP
14.11 Fiserv
14.12 ACI Worldwide
14.13 Simility
14.14 Kount
14.15 Software AG
14.16 Bridgei2i Analytics Solutions
14.17 Perceptiviti
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
15 Appendix (Page No. – 148)
15.1 Discussion Guide
15.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
15.3 Available Customizations
15.4 Related Reports
15.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】保険詐欺検知の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年6月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC-7184
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信・IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
保険詐欺検知の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 通信サービスの世界市場動向・分析
  • 企業向けMラーニング(モバイルラーニング)の世界市場2016-2020:技術的企業向けMラーニング、非技術的企業向けMラーニング
    当調査レポートでは、企業向けMラーニング(モバイルラーニング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、企業向けMラーニング(モバイルラーニング)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の吸い取りシステム市場2016
    本調査レポートでは、世界の吸い取りシステム市場2016について調査・分析し、吸い取りシステムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • RSウイルス用ワクチンの世界市場機会分析
  • 世界の印字式計算機市場2016
    本調査レポートでは、世界の印字式計算機市場2016について調査・分析し、印字式計算機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタル資産管理(DAM)の世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス、アプリケーション
    当調査レポートでは、デジタル資産管理(DAM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、用途別分析、導入方式別分析、産業別分析、デジタル資産管理(DAM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のナノファイバー市場2015
    本調査レポートでは、世界のナノファイバー市場2015について調査・分析し、ナノファイバーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 高圧ケーブルの世界市場:架空ケーブル、地中ケーブル、海底ケーブル
    当調査レポートでは、高圧ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドコンピューティングの世界市場予測(~2023年)
    クラウドコンピューティングの世界市場は、2018年の2,720億米ドルから2023年には6,233億米ドルに達し、この期間中18.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、自動化と敏捷性の向上、カスタマーエクスペリエンスの向上の必要性、およびコスト削減と投資収益率の向上が考えられます。一方で、サイバー攻撃を受けやすいデータや熟練労働力の不足は、市場の成長を抑制する可能性があります。当調査レポートでは、クラウドコンピューティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービスモデル(Infrastructure as a Service(IaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Software as a Service(SaaS))分析、導入モデル(公共、民間、複合型)分析、組織サイズ分析、ワークロード分析、クラウドコンピューティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 塩化メチレンの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 植物性タンパク質の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、植物性タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(分離物、濃縮物、タンパク質粉)分析、用途別(タンパク質飲料、乳製品代替品、肉代替品、プロテインバー、加工肉、家禽&シーフード、ベーカリー製品)分析、由来別分析、植物性タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、植物性タンパク質の世界市場規模が2019年185億ドルから2025年406億ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。
  • アジア太平洋の眼科用レンズ&精密光学製造装置市場
    本調査レポートは眼科用レンズ&精密光学製造装置のアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(眼科用レンズ、精密光学系)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・眼科用レンズ&精密光学製造装置のアジア太平洋市場:用途別(眼科用レンズ、精密光学系) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • オーストリアの整形外科補綴市場見通し
  • 感熱式&インクジェットディスクプリンタの米国、日本、欧州市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 世界の聴診器市場2015
    本調査レポートでは、世界の聴診器市場2015について調査・分析し、聴診器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場:最終用途別(紙、食品包装、建設、エレクトロニクス)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場について調査・分析し、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場動向、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリビニルアルコール(PVA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • トラック式高所作業車(AWP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、トラック式高所作業車(AWP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トラック式高所作業車(AWP)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はトラック式高所作業車(AWP)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.04%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• CTE • MORITA HOLDINGS CORPORATION• Versa Lift• PALFINGER• Terex等です。
  • 商業用HVAC(暖房・換気・空調)装置の世界市場2016
    当調査レポートでは、商業用HVAC(暖房・換気・空調)装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商業用HVAC(暖房・換気・空調)装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トランシーバ・チップの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、トランシーバ・チップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トランシーバ・チップの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 石炭産業の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、石炭産業の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石炭産業市場規模、用途別(住宅、発電、運輸、工業、商業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 石炭産業の世界市場:市場動向分析 ・ 石炭産業の世界市場:競争要因分析 ・ 石炭産業の世界市場:用途別(住宅、発電、運輸、工業、商業) ・ 石炭産業の世界市場:主要地域別分析 ・ 石炭産業の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 石炭産業のヨーロッパ市場規模 ・ 石炭産業のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・石炭産業の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • サウジアラビアの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • 機内無線エンターテインメント(W-IFE)の世界市場の規模・予測2014-2025:航空機タイプ別(狭胴機、広胴機、リージョナルジェット)、装備タイプ別(組み込み、ラインフィット)、ハードウェア別、技術別
    本調査レポートでは、機内無線エンターテインメント(W-IFE)の世界市場について調査・分析し、機内無線エンターテインメント(W-IFE)の世界市場動向、機内無線エンターテインメント(W-IFE)の世界市場規模、市場予測、セグメント別機内無線エンターテインメント(W-IFE)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サービスロボットのアジア太平洋市場
  • 世界の精密養殖市場:システム種類別(スマートフィーディングシステム、監視および制御システム、水中ROVS)、用途別(給餌管理、モニタリング)、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、地域別
    MarketsandMarkets社は、精密養殖の世界市場規模が2019年398百万ドルから2024年764百万ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の精密養殖市場を統合的に調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、システム種類別(スマート給餌システム、監視制御システム、水中ロボットシステム、その他)分析、用途別(給餌管理、監視、制御および監視、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の精密養殖市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界の精密養殖市場:システム種類別(スマート給餌システム、監視制御システム、水中ロボットシステム、その他) ・世界の精密養殖市場:用途別(給餌管理、監視、制御および監視、その他) ・世界の精密養殖市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要
  • 高機能ファブリックの世界市場:コーティング布、ポリアミド、ポリエステル、複合ファブリック、アラミド
    当調査レポートでは、高機能ファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 請負電子製造・設計サービスの世界市場規模及び予測:製品別(eフラッシュ、eE2PROM、FRAM)、地域別、(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカ)、セグメント予測、2012 – 2022
    本調査レポートでは、請負電子製造・設計サービスの世界市場について調査・分析し、請負電子製造・設計サービスの世界市場動向、請負電子製造・設計サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別請負電子製造・設計サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用排気センサーの世界市場:O2センサー、NOxセンサー
    当調査レポートでは、自動車用排気センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用排気センサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ぶどう膜炎(Uveitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるぶどう膜炎(Uveitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ぶどう膜炎(Uveitis)の概要 ・ぶどう膜炎(Uveitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のぶどう膜炎(Uveitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ぶどう膜炎(Uveitis)治療薬開発 …
  • アメリカの乳がん治療薬市場見通し
  • ジェット燃料添加剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ジェット燃料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジェット燃料添加剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • IGBT電源モジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、IGBT電源モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IGBT電源モジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の膝関節再建市場動向(~2021)
  • ニュージーランドのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 乗車券発券機(TVM)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、乗車券発券機(TVM)の世界市場について調査・分析し、乗車券発券機(TVM)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別乗車券発券機(TVM)シェア、市場規模推移、市場規模予測、乗車券発券機(TVM)種類別分析(非現金支払い型、現金支払い型)、乗車券発券機(TVM)用途別分析(地下鉄駅、鉄道駅、バスターミナル)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・乗車券発券機(TVM)の市場概観 ・乗車券発券機(TVM)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・乗車券発券機(TVM)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・乗車券発券機(TVM)の世界市場規模 ・乗車券発券機(TVM)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・乗車券発券機(TVM)のアメリカ市場規模推移 ・乗車券発券機(TVM)のカナダ市場規模推移 ・乗車券発券機(TVM)のメキシコ市場規模推移 ・乗車券発券機(TVM)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・乗車券発券機(TVM …
  • パワーエレクトロニクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、パワーエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パワーエレクトロニクス市場規模、製品別(IC、ディスクリート、モジュール)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パワーエレクトロニクスの世界市場概要 ・パワーエレクトロニクスの世界市場環境 ・パワーエレクトロニクスの世界市場動向 ・パワーエレクトロニクスの世界市場規模 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:業界構造分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:製品別(IC、ディスクリート、モジュール) ・パワーエレクトロニクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・パワーエレクトロニクスのアメリカ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスのアジア市場規模・予測 ・パワーエレクトロニクスの主要国分析 ・パワーエレクトロニクスの世界市場:意思決定フレームワーク ・パワーエレクトロニクスの世界市場:成長要因、課題 …
  • 医学用語ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    医療用語ソフトウェアの世界市場は、2019年の7億700万米ドルから2024年には17億8,600万米ドルに達し、この期間中20.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、医療過誤の最小化への注目の高まり、HCIT採用に向けた政府の取り組み、医療機関の専門用語の内容の不一致および細分化、データの整合性を維持する必要性の高まりなどが考えられます。一方で、慣習に倣うことよりも用語集ソフトウェアを使用することへの抵抗感は、市場の成長にとって大きな課題となっています。当調査レポートでは、医学用語ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途(データ集約、償還、意思決定支援、臨床試験)分析、製品・サービス(サービス、プラットフォーム)分析、エンドユーザー(医療提供者、保険者、ITベンダー)分析、医学用語ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dディスプレイの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、3Dディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、3Dディスプレイ市場規模、製品別(3Dホログラフィックディスプレイ、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、スタティックボリュームディスプレイ、ステレオスコピックディスプレイ、スウェプトボリュームディスプレイ、立体ディスプレイ)分析、アクセス方式別(マイクロディスプレイ、従来型・スクリーン型ディスプレイ)分析、技術別(デジタル光処理リアプロジェクションTV(DLP RPTV)、発光ダイオード(LED)有機発光ダイオード(OLED)、プラズマディスプレイパネル(PDP)、液晶ディスプレイ(LCD))分析、用途別(広告、自動車、エンターテインメント、ゲーム、医療、軍事・防衛、モバイルコンピューティング機器、モニター、プロジェクター、小売、ヘルメットマウントディスプレイ、家庭用電子機器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 3Dディスプレイの世界市場:市場動向分 …
  • 自動車用死角検知の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用死角検知の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用死角検知の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンデマンド交通の世界市場:サービスタイプ別(オンライン配車、レンタカー、カーシェアリング)、車両タイプ別(四輪車、マイクロモビリティ)、セグメント予測
    オンデマンド交通の世界市場は2025年には3049億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率19.8%で成長すると予測されています。スマートフォンやコネクテッドビークルの普及に伴い、オンライン配送サービス、カーシェアリング、レンタカー、ステーションベース型モビリティサービスといったオンデマンド交通サービスの利用が増えています。こういったサービスにより、ユーザーはUberやGettなどのモバイルアプリを利用してタクシーの事前予約、予約変更、または予約キャンセルが可能です。本調査レポートでは、オンデマンド交通の世界市場について調査・分析し、オンデマンド交通の世界市場動向、オンデマンド交通の世界市場規模、市場予測、セグメント別オンデマンド交通市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血液スクリーニングの世界市場分析:技術別(核酸増幅試験、ELISA、化学発光免疫学的測定法、酵素免疫学的測定法、次世代シーケンシング、ウェスタンブロッティング)、製品別(試薬、装置)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、血液スクリーニングの世界市場について調査・分析し、血液スクリーニングの世界市場動向、血液スクリーニングの世界市場規模、市場予測、セグメント別血液スクリーニング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 治療用伸縮性テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、治療用伸縮性テープの世界市場について調査・分析し、治療用伸縮性テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別治療用伸縮性テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、治療用伸縮性テープ種類別分析(ロール形状、カット済み形状)、治療用伸縮性テープ用途別分析(薬局、オンラインショップ、モール・スーパーマーケット、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・治療用伸縮性テープの市場概観 ・治療用伸縮性テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・治療用伸縮性テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・治療用伸縮性テープの世界市場規模 ・治療用伸縮性テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・治療用伸縮性テープのアメリカ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのカナダ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのメキシコ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・治療用伸縮性テープのドイツ市場規模推移 ・治療用 …
  • セラミックスの世界市場分析:製品別(従来型、最新型)、用途別(衛生陶器、テーブル・オーナメントウェア、研磨材、技術陶磁器、レンガ、屋根用タイル・パイプ、耐火、タイル、装飾タイル、梱包、美術)、エンドユーザー別(住宅建設、工業、医療)、セグメント予測
    本調査レポートでは、セラミックスの世界市場について調査・分析し、セラミックスの世界市場動向、セラミックスの世界市場規模、市場予測、セグメント別セラミックス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスリップリング市場2015
    本調査レポートでは、世界のスリップリング市場2015について調査・分析し、スリップリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ブッシュの世界市場予測(~2025年)
    自動車用ブッシュの世界市場は、2018年の推定1,322億米ドルから2025年には1,753億1,000万米ドルに達し、この期間中に4.11%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、自動車生産台数の増加、小型自動車への焦点のシフト、および乗り心地に対する需要の高まりが考えれられます。一方で、自動車用ブッシュの標準化の欠如は、市場成長の抑制要因となっています。当調査レポートでは、自動車用ブッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(エンジン、サスペンション、シャーシ、内装、排気管、トランスミッション)分析、車種(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、EVタイプ分析、自動車用ブッシュの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中電圧モーターコントロールセンターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、中電圧モーターコントロールセンターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、中電圧モーターコントロールセンター市場規模、製品別(インテリジェント型、従来型)分析、最終用途別(石油・ガス、金属・鉱業、ユーティリティ、化学・石油化学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場概要 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場環境 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場動向 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場規模 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場:業界構造分析 ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場:製品別(インテリジェント型、従来型) ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場:最終用途別(石油・ガス、金属・鉱業、ユーティリティ、化学・石油化学、その他) ・中電圧モーターコントロールセンターの世界市場:地域別市場規模・分 …
  • ポータブル輪荷重測定装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポータブル輪荷重測定装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ポータブル輪荷重測定装置の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 自動車タイヤの世界市場予測
    Market Research Futureが出版した本調査レポートでは、自動車タイヤの世界市場について調査・分析し、自動車タイヤの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ニッケル水素(Ni-MH)電池市場規模、用途別(自動車用、工業用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場概要 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場環境 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場動向 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場規模 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場:業界構造分析 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場:用途別(自動車用、工業用、その他) ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池のアメリカ市場規模・予測 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池のヨーロッパ市場規模・予測 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池のアジア市場規模・予測 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の主要国分析 ・ニッケル水素(Ni-M …
  • 産業用コンピュータ断層撮影(CT)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用コンピュータ断層撮影(CT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用コンピュータ断層撮影(CT)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用コンピュータ断層撮影(CT)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、General Electric、Nikon Metrology、OMRON、ZEISS等です。
  • 二輪車用電気式燃料噴射システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、二輪車用電気式燃料噴射システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、二輪車用電気式燃料噴射システムの世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"