"癌・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD-4803)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"癌・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Cancer/tumor profiling market is projected to grow at a CAGR of 10.5% during the forecast period (2019–2024).”
Cancer/tumor profiling market is projected to reach USD 12.4 billion by 2024 from USD 7.5 billion in 2019, at a CAGR of 10.5%. The increasing incidence of cancer across the globe and the rising use of biomarkers in tumor profiling are the primary growth drivers for this market. Additionally, the increase in cancer research & funding initiatives and technological advancements in profiling technologies are also propelling the growth of the cancer/tumor profiling market.

The increasing demand for personalized medicine and the growing need for point-of-care diagnostics is expected to offer significant growth opportunities for market players during the forecast period. On the other hand, the high capital investment required for biomarker discovery and the technical issues with sample collection and storage are the key factors restraining the market growth.

“The next-generation sequencing (NGS) segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period.”

Based on technology, cancer/tumor profiling market has been segmented into immunoassays, in-situ hybridization, next-generation sequencing (NGS), polymerase chain reaction (PCR), mass spectrometry, microarrays, and other technologies. The next-generation sequencing (NGS) segment is projected to witness the highest growth in cancer/tumor profiling market during the forecast period. The benefits of effectively exploring genetic alterations in a wide range of cancers and the identification of a number of differentially expressed genes & genetic/epigenetic variants as potential targets aid in the development of new biomarkers for early diagnosis of the disease. These factors are supporting the adoption of NGS technology in cancer/tumor profiling market.

“The lung cancer segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”

Based on cancer type, the market is segmented into breast cancer, lung cancer, colorectal cancer, prostate cancer, melanoma, and other cancers. The lung cancer segment is expected to register the highest CAGR during the forecast period. The increasing incidence of lung cancer worldwide and the growing need for early diagnosis are supporting the growth of this segment.

“The protein biomarkers segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”

Based on biomarker type, cancer/tumor profiling market is segmented into genetic biomarkers, protein biomarkers, and other biomarkers. The protein biomarkers segment is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period majorly due to the increasing adoption of proteomic methods for biomarker research to improve the drug development process. They also showcase an enormous potential for directing personalized cancer therapy and treatment monitoring.

“The clinical applications segment is expected to grow at the highest rate during the forecast period.”

Based on applications, cancer/tumor profiling market is segmented into research and clinical applications. The research applications segment is further sub-segmented into biomarker discovery and personalized medicine. On the other hand, the clinical applications segment is sub-segmented into diagnostics, prognostics, screening, and monitoring & treatment.

The clinical applications segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. With the increasing incidence rate of cancers across the globe and the rising availability of molecular profiling, and functional assessment of signaling pathways of advanced solid tumors, the use of tumor profiling techniques is gaining momentum for clinical practice.

“APAC is projected to witness the highest growth during the forecast period.”
Although North America is expected to account for the largest share of global cancer/tumor profiling market in 2018, APAC is expected to witness the highest CAGR during the forecast period. This is primarily due to the high incidence of cancer, growing proteomics & genomics research, rising research funding, increasing investments by pharmaceutical & biotechnology companies, and growing awareness about personalized therapeutics.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–35%, Tier 2–45%, and Tier 3–20%
• By Designation: C-level–35%, Director-level–25%, and Others–40%
• By Region: North America–45%, Europe–30%, Asia Pacific–20%, Rest of the World-5%

The prominent players in cancer/tumor profiling market are Illumina, Inc. (US), QIAGEN N.V. (Germany), NeoGenomics Laboratories, Inc. (US), HTG Molecular Diagnostics, Inc. (US), Genomic Health Inc. (US), Caris Life Sciences (US), Helomics Corporation (US), NanoString Technologies, Inc. (US), Sysmex Corporation (Japan), Ribomed Biotechnologies, Inc. (US), Guardant Health, Inc. (US), and Foundation Medicine (US).
Research Coverage:
The report analyzes the market for various cancer/tumor profiling technologies and their adoption pattern. It aims at estimating the market size and future growth potential of cancer/tumor profiling market and the different segments such as by technology, cancer type, biomarker type, and application. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them to garner a more significant share. Firms purchasing the report could use one, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in cancer/tumor profiling market.
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in cancer/tumor profiling market.
• Market Development: Comprehensive information on lucrative emerging regions.
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in global cancer/tumor profiling market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market segments, growth strategies, revenue analysis, and products of the leading players in cancer/tumor profiling market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"癌・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1.1 Markets Covered
1.3.1.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
1.6 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation Approach
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Cancer/Tumor Profiling: Market Overview
4.2 Cancer/Tumor Profiling Market: Geographic Growth Opportunities
4.3 Regional Mix: Cancer/Tumor Profiling Market (2019–2024)
4.4 Cancer/Tumor Profiling Market: Developed vs Developing Markets (2019 vs 2024)
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Market Drivers
5.2.1.1 Increasing Incidence of Cancer
5.2.1.2 Increasing Use of Biomarkers in Cancer Profiling
5.2.1.3 Increasing Cancer Research and Funding
5.2.1.4 Technological Advancements
5.2.2 Market Restraints
5.2.2.1 High Capital Investment
5.2.2.2 Technical Issues With Sample Collection and Storage
5.2.3 Market Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Personalized Medicine
5.2.3.2 Growing Need for Point-Of-Care Diagnostics
5.2.4 Market Challenges
5.2.4.1 Low Biomarker Discovery-To-Approval Ratio
5.2.4.2 Poor Regulatory and Reimbursement Scenario
6 Industry Insights (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Industry Trends
6.2.1 Integration of Omics Data
6.2.2 Advances in Liquid Biopsy
6.2.3 Organoids for Personalized Medicine
7 Cancer/Tumor Profiling Market, By Technology (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Immunoassays
7.2.1 Immunoassay Tests Identify and Assess the Progression of Disease, Thereby Providing Information Vital for Better Therapeutic Choices
7.3 Next-Generation Sequencing
7.3.1 Advances in NGS Multiplexing Capabilities Enable One Assay to Provide A Complete Tumor Molecular Profile
7.4 Polymerase Chain Reaction
7.4.1 Real-Time PCR Helps in the Quantification of Low-Copy Transcripts, Aiding Biomarker Identification
7.5 In Situ Hybridization
7.5.1 Fish is the Gold Standard for Evaluating Some Key Biomarkers and Plays A Critical Role in Guiding Targeted Therapies
7.6 Microarrays
7.6.1 Microarrays are Widely Adopted in Diagnostics as They AID in Predicting the Recurrence of Cancer After Treatment
7.7 Mass Spectrometry
7.7.1 Technological Advancements are Supporting the Adoption of This Technology for Sensitive, Reliable, and Rapid Diagnosis
7.8 Other Technologies
8 Cancer/Tumor Profiling Market, By Cancer Type (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 Breast Cancer
8.2.1 Breast Cancer is the Most Common Cancer Found Among Women
8.3 Lung Cancer
8.3.1 Molecular Characterization of Tumors Using NGS has is A Key Tool for the Clinical Management of Nsclc Patients
8.4 Colorectal Cancer
8.4.1 IHC, PCR, Microarrays, and Imaging Technologies are Major Technologies Used in Colorectal Diagnostics
8.5 Prostate Cancer
8.5.1 Prostate-Specific Antigen is A Widely Used Fda-Approved Biomarker for Prostate Cancer Screening
8.6 Melanoma
8.6.1 RT-QPCR is Generally Utilized to Conduct Molecular Profiling and Analyze Biomarkers in Melanomas
8.7 Other Cancers
9 Cancer/Tumor Profiling Market, By Biomarker Type (Page No. – 77)
9.1 Introduction
9.2 Genetic Biomarkers
9.2.1 Genetic Biomarkers are Frequently Used in Clinical Practice for Diagnosis and Prognosis
9.3 Protein Biomarkers
9.3.1 Proteomic Methods Showcase Significant Promise for the Discovery of Novel Biomarkers
9.4 Other Biomarkers
10 Cancer/Tumor Profiling Market, By Application (Page No. – 84)
10.1 Introduction
10.2 Research Applications
10.2.1 Biomarker Discovery
10.2.1.1 Biomarkers are Being Exploited for the Development of Personalized Or Precision Medicine
10.2.2 Personalized Medicine
10.2.2.1 The Field of Personalized Medicine is Witnessing Rapid Growth in the Area of Oncology
10.3 Clinical Applications
10.3.1 Diagnostics
10.3.1.1 Tumor Profiling is Rapidly Gaining Momentum in the Area of Diagnostics
10.3.2 Prognostics
10.3.2.1 Advancements in Molecular Biology are Aiding the Uptake of Tumor Profiling in This Segment
10.3.3 Monitoring & Treatment
10.3.3.1 Multiplatform Profiling Analyses are Gaining Recognition for Monitoring and Treatment Among Cancer Patients
10.3.4 Screening
10.3.4.1 Screening Tests Help in Deciding If Diagnostic Tests are Required By the Patient
11 Cancer/Tumor Profiling Market, By Region (Page No. – 95)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 US Dominates the North American Cancer/Tumor Profiling Market
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Growing Public-Private Partnerships to Promote Proteomics Research are Expected to Drive the Market in Canada
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Advancements Proteomics and Genomics Research are Expected to Drive Market Growth
11.3.2 UK
11.3.2.1 Growth in the Life Science Industry and the Increase in Academia-Industry Partnerships Will Be the Key Factors Driving the Market
11.3.3 France
11.3.3.1 Growth in This Market is Primarily Driven By Increasing Investments in Life Science R&D for Infrastructural Development
11.3.4 Italy
11.3.4.1 Increasing Investment in Cancer and Translational Research is Expected to Propel Market Growth During the Forecast Period
11.3.5 Spain
11.3.5.1 Rising Incidence of Cancer and Increasing Focus on Cancer Biomarkers By Various Medical Societies to Support Market Growth in Spain
11.3.6 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 Japan
11.4.1.1 Large Number of Research Initiatives Towards the Development of Precision Medicine Supporting Market Growth in Japan
11.4.2 China
11.4.2.1 China has the Fastest-Growing Research Sector in the APAC Region
11.4.3 India
11.4.3.1 Increasing Pharma R&D and Government Funding in the Biotechnology Industry are the Major Factors Driving Market Growth in India
11.4.4 Rest of Asia Pacific
11.5 Latin America
11.5.1 Growing Proteomics Research in the Field of Cancer Along With the Rising Use of Advanced Techniques to Drive Market Growth
11.6 Middle East & Africa
11.6.1 Growing Genomics and Proteomics Research and Increasing Research Collaborations are Expected to Support Market Growth
12 Competitive Landscape (Page No. – 155)
12.1 Overview
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Competitive Situation and Trends
12.3.1 Product Launches, Approvals, and Enhancements
12.3.2 Expansions
12.3.3 Acquisitions
12.3.4 Other Strategies
13 Company Profiles (Page No. – 162)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 Illumina, Inc.
13.2 Qiagen N.V.
13.3 Neogenomic Laboratories, Inc.
13.4 Sysmex Corporation
13.5 HTG Molecular Diagnostics, Inc.
13.6 Helomics Corporation
13.7 Genomic Health, Inc.
13.8 Caris Life Sciences
13.9 Nanostring Technologies, Inc.
13.10 Ribomed Biotechnologies, Inc.
13.11 Guardant Health, Inc.
13.12 Foundation Medicine
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies
14 Appendix (Page No. – 213)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Market Sizing & Validation Approach
14.3 Discussion Guide
14.4 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.5 Available Customizations
14.6 Related Reports
14.7 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】癌・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年6月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD-4803
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療機器
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
癌・腫瘍プロファイリングの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 使用済み再生プラスチックの世界市場:PET、HDPE、PP、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、使用済み再生プラスチックの世界市場について調べ、使用済み再生プラスチックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、使用済み再生プラスチックの市場規模をセグメンテーション別(材料種類別(PET、HDPE、PP、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は使用済み再生プラスチックの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・使用済み再生プラスチックの市場状況 ・使用済み再生プラスチックの市場規模 ・使用済み再生プラスチックの市場予測 ・使用済み再生プラスチックの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:材料種類別(PET、HDPE、PP、その他) ・使用済み再生プラスチックの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析 …
  • 安全ロジスティックスの世界市場:現金輸送サービス、セキュリティサービス
    当調査レポートでは、安全ロジスティックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、安全ロジスティックスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • EOR年報2016:増進回収法(EOR)完全ガイドブック
    当調査レポートでは、増進回収法(EOR)市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 原油増進回収市場の概要 3. 原油増進回収の世界市場2016-2026 4. 熱攻法増進回収の2次市場2016-2026 5. ガス攻法増進回収の2次市場2016-2026 6. ケミカル攻法増進回収の2次市場2016-2026 7. 原油増進回収市場のPEST分析 8. 専門家の意見 9. 原油増進回収市場における主要企業 10. 結論および提言 11. 用語集
  • 風力発電機用コーティングの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、風力発電機用コーティングの世界市場について調査・分析し、風力発電機用コーティングの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別風力発電機用コーティングシェア、市場規模推移、市場規模予測、風力発電機用コーティング種類別分析()、風力発電機用コーティング用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・風力発電機用コーティングの市場概観 ・風力発電機用コーティングのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・風力発電機用コーティングのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・風力発電機用コーティングの世界市場規模 ・風力発電機用コーティングの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・風力発電機用コーティングのアメリカ市場規模推移 ・風力発電機用コーティングのカナダ市場規模推移 ・風力発電機用コーティングのメキシコ市場規模推移 ・風力発電機用コーティングのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・風力発電機用コーティングのドイツ市場規模推移 ・風力 …
  • 試験・検査・認証の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、試験・検査・認証の世界市場について調査・分析し、試験・検査・認証の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別試験・検査・認証シェア、市場規模推移、市場規模予測、試験・検査・認証種類別分析()、試験・検査・認証用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・試験・検査・認証の市場概観 ・試験・検査・認証のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・試験・検査・認証のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・試験・検査・認証の世界市場規模 ・試験・検査・認証の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・試験・検査・認証のアメリカ市場規模推移 ・試験・検査・認証のカナダ市場規模推移 ・試験・検査・認証のメキシコ市場規模推移 ・試験・検査・認証のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・試験・検査・認証のドイツ市場規模推移 ・試験・検査・認証のイギリス市場規模推移 ・試験・検査・認証のロシア市場規模推移 ・試験・検査・認証のアジア市場分析(日本、中 …
  • 鉛酸蓄電池の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、鉛酸蓄電池の世界市場について調査・分析し、鉛酸蓄電池の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・鉛酸蓄電池の世界市場規模:製品別分析 ・鉛酸蓄電池の世界市場規模:組み立て方法別分析 ・鉛酸蓄電池の世界市場規模:用途別分析 ・鉛酸蓄電池の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 体外診断用医薬品の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、体外診断用医薬品の世界市場について調査・分析し、体外診断用医薬品の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 概要 3. 体外診断用医薬品の世界市場 4. 体外診断用医薬品2次市場 5. 主要国の体外診断用医薬品市場 6. 体外診断用医薬品市場における主要企業 7. 体外診断用医薬品市場のSWOT・STEP分析 8. 調査インタビュー 9. 結論
  • 自動車エンジンの世界市場:ロータリーエンジン、レシプロエンジン
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車エンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車エンジンの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車エンジンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cummins、General Motors、Fiat、Ford Motor Company、Toyota、Volkswagen等です。
  • マレーシアのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • レインスクリーン用被覆材の世界市場:原材料別(繊維セメント、複合材料、金属、高圧積層、テラコッタ、セラミック)、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、レインスクリーン用被覆材の世界市場について調査・分析し、レインスクリーン用被覆材の世界市場動向、レインスクリーン用被覆材の世界市場規模、市場予測、セグメント別レインスクリーン用被覆材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インテリジェント電話の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、インテリジェント電話の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェント電話市場規模、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Alphabet, Apple, Huawei Technologies, Lenovo, Panasonic, SAMSUNGなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・インテリジェント電話の世界市場概要 ・インテリジェント電話の世界市場環境 ・インテリジェント電話の世界市場動向 ・インテリジェント電話の世界市場規模 ・インテリジェント電話の世界市場:業界構造分析 ・インテリジェント電話の世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・インテリジェント電話の世界市場:地域別市場規模・分析 ・インテリジェント電話の北米市場規模・予測 ・インテリジェント電話のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・インテリジェント電話のアジア太平洋市場規模・予測 ・インテリジェ …
  • データセンター用マイクロサーバーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、データセンター用マイクロサーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター用マイクロサーバーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プラスチックストラップの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プラスチックストラップの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プラスチックストラップ市場規模、エンドユーザー別(紙・印刷、金属・鉄鋼、繊維・布、レンガ・タイル、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Crown Holdings, FROMM Holding, Messersì Packaging, Polychem, TEUFELBERGERなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プラスチックストラップの世界市場概要 ・プラスチックストラップの世界市場環境 ・プラスチックストラップの世界市場動向 ・プラスチックストラップの世界市場規模 ・プラスチックストラップの世界市場:業界構造分析 ・プラスチックストラップの世界市場:エンドユーザー別(紙・印刷、金属・鉄鋼、繊維・布、レンガ・タイル、その他) ・プラスチックストラップの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プラスチックストラップの北米市場規模・予測 ・プラスチックスト …
  • 3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)の世界市場規模及び予測、サービス別分析、産業別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 次世代データストレージの世界市場予測(~2024年)
    次世代データストレージの世界市場は、2019年の568億米ドルから2024年には1,022億米ドルに達し、この期間中12.48%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、デジタルデータ量の大幅な増加、スマートフォン、ラップトップ、およびタブレットの普及、IoT市場の成長、そしてハイエンドクラウドコンピューティングの普及が考えられます。一方で、クラウドやサーバーベースサービスにおけるデータセキュリティの侵害、ならびに構造化されていないデータが、市場の成長を妨げる大きな要因となっています。当調査レポートでは、次世代データストレージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ストレージシステム別(直接接続型、ネットワーク接続型、ストレージエリアネットワーク)分析、ストレージアーキテクチャ別(ファイルベース・オブジェクトベース、ブロック)分析、ストレージメディア別(SSD、HDD、テープ)分析、エンドユーザー別分析、次世代データストレージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けい …
  • 歯科用接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、歯科用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用接着剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電気殺虫器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気殺虫器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気殺虫器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 作業服&ユニフォームの世界市場:種類別(防炎作業服&ユニフォーム、アンチ酸作業服&ユニフォーム)、用途別(製造産業、サービス産業、マイニング産業、エアライン産業、農業&山林業、その他)、地域別予測
    本資料は、作業服&ユニフォームの世界市場について調べ、作業服&ユニフォームの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(防炎作業服&ユニフォーム、アンチ酸作業服&ユニフォーム)分析、用途別(製造産業、サービス産業、マイニング産業、エアライン産業、農業&山林業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSchneider Electric、EATON、Emerson、Activepower、S&C、ABB、Socomec、Toshiba、Gamatronic、Kehua、KSTARなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・作業服&ユニフォームの世界市場概要 ・作業服&ユニフォームの世界市場環境 ・作業服&ユニフォームの世界市場動向 ・作業服&ユニフォームの世界市場規模 ・作業服&ユニフォームの世界市場規模:種類別(防炎作業服&ユニフォーム、アンチ酸作業服&ユニフォーム) ・作業服&ユニフォームの世界市場規模:用途別(製造産業、サービス産業、マイニング産業 …
  • 業務用食器洗い機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用食器洗い機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用食器洗い機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 化粧品包装の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、化粧品包装の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 化粧品包装市場の概要 3. 化粧品包装の世界市場 2016-2026 4. 用途別の化粧品包装2次市場 2016-2026 5. 包装資材別の化粧品包装2次市場予測 2016-2026 6. 主要国の化粧品包装市場 2016-2026 7. 化粧品包装市場のSWOT分析 2016-2026 8. 専門家の意見 9. 化粧品包装の主要企業 2016 10. 結論 11. 用語集
  • 世界の加圧下着市場2016
    本調査レポートでは、世界の加圧下着市場2016について調査・分析し、加圧下着の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ワークフォース分析の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ワークフォース分析の世界市場について調べ、ワークフォース分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ワークフォース分析の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(小売、金融、テレコム及びIT、医療、製造業、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はワークフォース分析の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均16%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ワークフォース分析の市場状況 ・ワークフォース分析の市場規模 ・ワークフォース分析の市場予測 ・ワークフォース分析の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(小売、金融、テレコム及びIT、医療、製造業、その他のエンドユーザー) ・ワークフォース分析の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • スマートサーモスタットの世界市場2017-2021:Wi-Fi、ジグビー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートサーモスタットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートサーモスタットの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートサーモスタットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCarrier、ecobee、Emerson、Honeywell International、Nest Labs等です。
  • 保険産業におけるビックデータ市場
  • ノルウェーの外傷固定装置市場見通し
  • サプライチェーン分析の世界市場分析:ソリューション別(企画調達、製造、販売&運営、物流分析、ビジュアライゼーション・レポート)、展開別、エンドユーザー別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、サプライチェーン分析の世界市場について調査・分析し、サプライチェーン分析の世界市場動向、サプライチェーン分析の世界市場規模、市場予測、セグメント別サプライチェーン分析市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モバイルコマースの世界市場
    当調査レポートでは、モバイルコマースの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・モバイルコマースの世界市場:端末別分析/市場規模 ・モバイルコマースの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・モバイルコマースの世界市場:取引種類別分析/市場規模 ・モバイルコマースの世界市場:地域別分析/市場規模 ・モバイルコマースのアメリカ市場規模予測 ・モバイルコマースのヨーロッパ市場規模予測 ・モバイルコマースのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ウルトラモバイル端末の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、ウルトラモバイル端末の世界市場について調査・分析し、ウルトラモバイル端末の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・ウルトラモバイル端末の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・ウルトラモバイル端末の世界市場:セグメント別市場分析 ・ウルトラモバイル端末の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • スマートカードの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、通信(接触型、非接触型)別分析、コンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)別分析、用途(BFSI、政府機関・ヘルスケア、運輸、小売、その他)別分析、スマートカードの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性粉末の世界市場:原材料別(大豆、小麦、米、トウモロコシ、豆類、その他)、種類別(特殊粉、調理済み粉末)、製品物(添加物含有粉末、遺伝子組み換え粉末)、用途別(ベーカリー製品、スープ ・ソース、ヌードル・パスタ、レディトゥイート製品)、地域別予測
    本資料は、機能性粉末の世界市場について調べ、機能性粉末の世界規模、市場動向、市場環境、原材料別(大豆、小麦、米、トウモロコシ、豆類、その他)分析、種類別(特殊粉、調理済み粉末)分析、製品物(添加物含有粉末、遺伝子組み換え粉末)分析、用途別(ベーカリー製品、スープ ・ソース、ヌードル・パスタ、レディトゥイート製品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・機能性粉末の世界市場概要 ・機能性粉末の世界市場環境 ・機能性粉末の世界市場動向 ・機能性粉末の世界市場規模 ・機能性粉末の世界市場規模:原材料別(大豆、小麦、米、トウモロコシ、豆類、その他) ・機能性粉末の世界市場規模:種類別(特殊粉、調理済み粉末) ・機能性粉末の世界市場規模:製品物(添加物含有粉末、遺伝子組み換え粉末) ・機能性粉末の世界市場規模:用途別(ベーカリー製品、スープ ・ソース、ヌードル・パスタ、レディトゥイート製品) ・機能性粉末の世界市場:地域別市場規模・分析 ・機能性粉末の北 …
  • 鉄道車両用バッテリーの世界市場:電車用、貨車用、機関車用
    当調査レポートでは、鉄道車両用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道車両用バッテリーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気活性高分子の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、電気活性高分子の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気活性高分子市場規模、製品種類別(本質的導電性ポリマー、本質的散逸性ポリマー、導電性プラスチック)分析、用途別(コンデンサ、静電放電保護、センサー、電池、電磁波シールド、アクチュエーター、静電気防止包装、プラスチックトランジスタ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 電気活性高分子の世界市場:市場動向分析 ・ 電気活性高分子の世界市場:競争要因分析 ・ 電気活性高分子の世界市場:製品種類別(本質的導電性ポリマー、本質的散逸性ポリマー、導電性プラスチック) ・ 電気活性高分子の世界市場:用途別(コンデンサ、静電放電保護、センサー、電池、電磁波シールド、アクチュエーター、静電気防止包装、プラスチックトランジスタ) ・ 電気活性高分子の世界市場:主要地域別分析 ・ 電気活性高分子の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 電気活性高分子のヨーロッパ市場規模 ・ 電気活性高分 …
  • 脱水ポンプの世界市場:水中脱水ポンプ、非水中脱水ポンプ
    当調査レポートでは、脱水ポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(水中脱水ポンプおよび非水中脱水ポンプ)分析、用途別(建設&農業、石油&ガス、地方自治体、鉱物&鉱業、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・脱水ポンプの世界市場:種類別(水中脱水ポンプおよび非水中脱水ポンプ) ・脱水ポンプの世界市場:用途別(建設&農業、石油&ガス、地方自治体、鉱物&鉱業、その他) ・脱水ポンプの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • ニューロテンシン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるニューロテンシン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ニューロテンシン受容体アゴニストの概要 ・ニューロテンシン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のニューロテンシン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ニューロテンシン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ニューロテンシン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 家電のドイツ市場
  • パレットコンベヤの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、パレットコンベヤの世界市場について調査・分析し、パレットコンベヤの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別パレットコンベヤシェア、市場規模推移、市場規模予測、パレットコンベヤ種類別分析()、パレットコンベヤ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・パレットコンベヤの市場概観 ・パレットコンベヤのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・パレットコンベヤのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・パレットコンベヤの世界市場規模 ・パレットコンベヤの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・パレットコンベヤのアメリカ市場規模推移 ・パレットコンベヤのカナダ市場規模推移 ・パレットコンベヤのメキシコ市場規模推移 ・パレットコンベヤのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・パレットコンベヤのドイツ市場規模推移 ・パレットコンベヤのイギリス市場規模推移 ・パレットコンベヤのロシア市場規模推移 ・パレットコンベヤのアジア市場分析(日本、中 …
  • イスラエルの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 世界のn-ブチルリチウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のn-ブチルリチウム市場2015について調査・分析し、n-ブチルリチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • Muアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるMuアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Muアンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・Muアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のMuアンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Muアンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Muアンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • IoTの世界市場分析:コンポーネント別(デバイス、接続性、ITサービス、プラットフォーム)、用途別(消費者家電、小売、製造、輸送、ヘルスケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、IoTの世界市場について調査・分析し、IoTの世界市場動向、IoTの世界市場規模、市場予測、セグメント別IoT市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベーカリー&シリアルのメキシコ市場
  • 会議・研修、招待旅行、国際会議・学術会議、展示会(MICE)のシンガポール市場:ツーリズム市場インサイト、機会、分析、市場シェア、予測
  • 調味料ソースの世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • 眼科用フェムト秒レーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、眼科用フェムト秒レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、眼科用フェムト秒レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスノーチェーン市場2016
    本調査レポートでは、世界のスノーチェーン市場2016について調査・分析し、スノーチェーンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 六方晶窒化硼素(h-BN)粉末の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、六方晶窒化硼素(h-BN)粉末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、六方晶窒化硼素(h-BN)粉末の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設作業用安全ヘルメットの世界市場2017-2021:高密度ポリエチレン(HDPE)、ポリエチレン、ファイバーグラス、ポリカーボネート、ナイロン
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、建設作業用安全ヘルメットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設作業用安全ヘルメットの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は建設作業用安全ヘルメットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.19%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Honeywell、NAFFCO、Delta Plus Group等です。
  • 屋外動力装置の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、屋外動力装置の世界市場規模が2017年203.4億ドルから2026年307.5億ドルまで年平均4.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、屋外動力装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋外動力装置市場規模、装置種類別(耕うん機・耕運機、雪投げ、芝刈り機、乗馬ガーデントラクター、屋外グリル)分析、製品別(コードレスツール、コード付き)分析、パワー由来別(燃料、電気、電池)分析、用途別(家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 屋外動力装置の世界市場:市場動向分析 ・ 屋外動力装置の世界市場:競争要因分析 ・ 屋外動力装置の世界市場:装置種類別(耕うん機・耕運機、雪投げ、芝刈り機、乗馬ガーデントラクター、屋外グリル) ・ 屋外動力装置の世界市場:製品別(コードレスツール、コード付き) ・ 屋外動力装置の世界市場:パワー由来別(燃料、電気、電池) ・ 屋外動力装置の世界市場:用途 …
  • 低圧電線の世界市場:架空電線、地中電線
    当調査レポートでは、低圧電線の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低圧電線の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • グリーンパッケージングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グリーンパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーンパッケージングの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"