"セーフティライトカーテンの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-5737)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"セーフティライトカーテンの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Safety light curtain market to grow at a CAGR of 6.5% from 2019 to 2025”
The safety light curtain market is expected to grow from USD 1.1 billion by 2019 to USD 1.6 billion by 2025 at a CAGR of 6.5% from 2019 to 2025. A few key factors driving the growth of this market include the rise in Industry 4.0; the growing use of robotics in the packaging industry; and mandatory safety regulations across industries.

“Safety light curtain market for type 4 safety level to hold larger share during the forecast period”

The safety light curtain market for type 4 curtains is expected to hold a larger share during the forecast period. These safety light curtains are based on redundant automatic cross-checking architecture, which allows immediate failure detection with low response time. The prevalence of Industrial Revolution 4.0 and rapid industrialization in developing countries such as China, India, and Mexico, contribute to the large share of this segment.

“Control units segment of safety light curtains to witness highest CAGR during forecast period”

The safety light curtain market for control units is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. A control unit controls all activities of a safety light curtain and ensures the proper operation of equipment. It is one of the major components of a safety light curtain and is used to determine the sequence and modulation of LEDs to match them with those of photoelectric cells. It can also detect deviations caused in the system in the event of an object entering the curtain of light beams.

“Healthcare industry to witness highest CAGR in safety light curtain market during forecast period”

The safety light curtain market for the healthcare industry is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Growth in the healthcare industry in APAC is supporting the growth of the safety light curtain market. The comparatively cheap labor available in APAC, compared to Europe or North America, is one of the major drivers for pharmaceutical companies investing in this region to set up production plants. These factors are contributing to the growth of the safety light curtain market for the healthcare industry.

“APAC to account for largest size of safety light curtain market during forecast period”

APAC is expected to hold the largest size of the safety light curtain market during the forecast period. The region has been a major contributor to the growth of the overall safety light curtain market as this region is emerging as an important hub for automotive manufacturing. Automotive is one of the prominent industries in APAC, owing to the presence of global automotive giants and the increasing demand for automobiles by an ever-growing population with high disposable income in this region.

Breakdown of the profile of primary participants:
• By Company Type: Tier 1 – 31%, Tier 2 – 37%, and Tier 3 – 32%
• By Designation: C-Level Executives – 45%, Directors – 36%, Others – 19%
• By Region: Americas – 32%, Europe – 30%, APAC – 24%, and RoW – 14%
Keyence Corporation (Japan), Omron Corporation (Japan), Rockwell Automation, Inc. (US), SICK AG (Germany), Pepperl+Fuchs (Germany), Banner Engineering (US), Panasonic Corporation (Japan), Schneider Electric (France), Datalogic S.p.A. (Italy), Leuze Electronic (Germany), and Pilz GmbH & Co. KG (Germany) are among a few major players in the safety light curtain market.

Research Coverage
The safety light curtain market has been segmented by safety level type, component, resolution, application, industry, and region. Based on safety level type, the market has been segmented into type 2 and type 4. Based on component, the market has been segmented into LEDs, photoelectric cells, control units, displays, and others (enclosures and mirrors). Based on resolution, the market has been segmented into 9–24mm, 25–90mm, and more than 90mm. Based on application, the market has been segmented into packaging, assembly, material handling, robotics, and others (presses, positioning, and metal working applications). The safety light curtain market study has been segmented on the basis of industry into automotive, semiconductor & electronics, food & beverages, healthcare, and others (wood, chemicals, financial institutions, and art). Based on region, the market has been segmented into North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and Rest of the World (RoW).

Reasons to Buy Report
The report would help market leaders/new entrants in the following ways:
• This report segments the safety light curtain market comprehensively and provides the closest approximations of the overall market size, as well as that of the subsegments across different offerings, product types, applications, and regions.
• The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
• It would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystems, product launches and developments, acquisitions, and partnerships in the safety light curtain market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"セーフティライトカーテンの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.1.3.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Share Using Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Share By Top-Down Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Growth Opportunities for Safety Light Curtain Market
4.2 Market, By Component
4.3 Market, By Safety Level Type
4.4 SafMarket, By Resolution
4.5 Market in APAC, By Industry and Country
4.6 Market, By Application
4.7 Market, By Industry
4.8 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Rise in Industrial 4.0
5.1.1.2 Growing Use of Robotics in Packaging Industry
5.1.1.3 Mandatory Safety Regulations
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Inability to Protect From Secondary Hazards
5.1.2.2 Need for Regular Maintenance
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Development of Safety Light Curtains With Digital Indicators
5.1.3.2 Industrial Growth in APAC and Emerging Economies
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Limited Awareness Regarding Benefits of Safety Light Curtains Among SMEs
5.1.4.2 Lack of Industrial Safety-Certified Work Force
6 Safety Light Curtain Market, By Safety Level Type (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Type 2
6.2.1 Type 2 Safety Light Curtain Mostly Deployed in Areas With Lesser Risks Areas
6.3 Type 4
6.3.1 Type 4 Light Curtains have More Advanced Features Than Type 2 Safety Light Curtains
7 Safety Light Curtain Market, By Component (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Light Emitting Diodes (LEDs)
7.2.1 Light Emitting Diodes (LEDs) in Safety Light Curtains Depends on the Type and Resolution of These Curtains
7.3 Photoelectric Cells
7.3.1 Photoelectric Cells are Developed to Be More Precise in Detecting Infrared Beams
7.4 Control Units
7.4.1 Control Units Pertaining the Largerst Market Size of the Safety Light Curtain Market
7.5 Display Units
7.5.1 Control Units Help in Calibrating Both the Transmitter and Reciever
7.6 Others
7.6.1 Enclosures
7.6.2 Mirrors
8 Safety Light Curtain Market, By Resolution (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 9mm–24mm
8.2.1 9mm–24mm Resolution Used at Locations Where the Risk of A Small Object Entering A Confined Area is High
8.3 25–90mm
8.3.1 25–90mm Resolution Range Used in Areas Where the Risk is Moderate
8.4 More Than 90mm
8.4.1 More Than 90mm Used in Open Areas and Across Warehouses to Restrict the Movement of Vehicles Or People
9 Safety Light Curtain Market, By Application (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 Packaging
9.2.1 Safety Light Curtains are Used to Protect Personal From Accident-Prone Zones in Packaging Industry
9.3 Material Handling
9.3.1 Material Handling Equipment Necessitate the Use of Safety Light Curtains to Safeguard Machines From Intruders
9.4 Robotics
9.4.1 Robotics has the Largest Market During Forecast Period
9.5 Assembly
9.5.1 Safety Light Curtain Ensure an Injury- and Hazard-Free Working Atmosphere in Assembly Lines
9.6 Others
10 Safety Light Curtain Market, By Industry (Page No. – 73)
10.1 Introduction
10.2 Automotive
10.2.1 Growing Demand for Automobiles Propelling the Growth of the Automotive Industry Worldwide
10.3 Semiconductor & Electronics
10.3.1 Increasing Use of Smartphones, Smart Televisions, and Smart Wearable Devices, Among Others Drives the Growth of Safety Light Curtain
10.4 Food & Beverages
10.4.1 Safety Light Curtains are Used on A Large Scale in the Packaging Segment of the Food & Beverages Industry
10.5 Healthcare
10.5.1 Safety Light Curtains Safeguard the Machinery Used in Manufacturing Plants of the Healthcare Industry
10.6 Others
11 Geographic Analysis (Page No. – 90)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Rise in Industry 4.0 Drives the Market in US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Ongoing Developments in Automotive, Food & Beverages, and Chemicals Industries in Canada
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Automobile Production in This Region is One of the Driver for the Market
11.3 Europe
11.3.1 UK
11.3.1.1 Presence of A Large Number of Providers and End Users of Automation Technology
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Automotive is One of the Fastest-Growing Industries in Germany Which Drives the Market
11.3.3 France
11.3.3.1 Semiconductor and Automotive Industries in the Country has Major Contribution for the Market Growth
11.3.4 Rest of Europe (RoE)
11.4 APAC
11.4.1 China
11.4.1.1 Robotics and Industrial Automation Contribute to the Growth of the Market in China
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Japan Automobile Manufacturers Association Supports the Growth of the Market in the Country
11.4.3 India
11.4.3.1 Adopting New and Improved Automation Technologies to Support the Growth of Its Manufacturing Industries Drives the Market
11.4.4 South Korea
11.4.4.1 Increase Investments in R&D of Innovative Technologies in the Country
11.4.5 Rest of APAC (RoAPAC)
11.5 RoW
11.5.1 South America
11.5.2 Middle East & Africa
12 Competitive Landscape (Page No. – 112)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis
12.3 Competitive Leadership Mapping
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Dynamic Differentiators
12.3.3 Innovators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Strength of Product Portfolio (For 25 Players)
12.5 Business Strategy Excellence (For 25 Players)
12.6 Competitive Scenario
12.6.1 Product Launches
12.6.2 Acquisitions and Expansions
13 Company Profiles (Page No. – 120)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
13.2 Key Players
13.2.1 Keyence
13.2.2 Omron
13.2.3 Rockwell
13.2.4 Sick
13.2.5 Panasonic
13.2.6 Schneider
13.2.7 Datalogic
13.2.8 Pepperl + Fuchs
13.2.9 Banner Engineering
13.2.10 Leuze Electronic
13.2.11 Pilz
13.3 Key Innovators
13.3.1 Smartscan
13.3.2 Rockford Systems
13.3.3 Reer
13.3.4 Orbital Systems (Bombay)
13.4 Other Key Players
13.4.1 Wenglor Sensoric
13.4.2 Pinnacle Systems
13.4.3 Contrinex
13.4.4 ABB
13.4.5 IDEC
13.4.6 Balluff
13.4.7 Euchner
13.4.8 KA Schmersal
13.4.9 IFM Electronic
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 152)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】セーフティライトカーテンの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年6月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-5737
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
セーフティライトカーテンの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • IoTセンサの世界市場:圧力、温度、磁気計、加速度計、回転儀、慣性センサ、画像センサ
    当調査レポートでは、IoTセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、ネットワーク技術別分析、地域別分析、IoTセンサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用グラニタ機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用グラニタ機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用グラニタ機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油コークスのガス化の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石油コークスのガス化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油コークスのガス化の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 超伝導線材の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、超伝導線材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、超伝導線材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アイスホッケー用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アイスホッケー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アイスホッケー用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポータブル空気圧縮機市場2015
    本調査レポートでは、世界のポータブル空気圧縮機市場2015について調査・分析し、ポータブル空気圧縮機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • データヒストリアンの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データヒストリアンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別(生産トラッキング、環境監査、資産パフォーマンス管理、GRC管理)分析、コンポーネント別(ソフトウェア・ツール、サービス)分析、導入モード別分析、組織規模別分析、データヒストリアンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コレステロールスクリーニング/コレステロール臨床試験の世界市場予測(~2021):サービス利用者別(医師/医療提供者、病院、雇用主、医療制度、MCO、政府、ACO、IDN総合医療ネットワーク、患者)、地域別(北米、ヨーロッパ)、定性的評価
    当調査レポートでは、コレステロールスクリーニング/コレステロール臨床試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、サービス利用者別分析、地域別分析、コレステロールスクリーニング/コレステロール臨床試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンガリーの外傷固定装置市場見通し
  • 世界の蒸気タービン市場2016
    本調査レポートでは、世界の蒸気タービン市場2016について調査・分析し、蒸気タービンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場分析:原材料別(PANベース、ピッチベース)、製品別(熱硬化性CFRP、熱可塑性CFRP)、用途別(自動車、航空宇宙・防衛、風力タービン、スポーツ用品、成形・合成、建設、圧力容器)、セグメント予測
    本調査レポートでは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場について調査・分析し、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場動向、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場規模、市場予測、セグメント別炭素繊維強化プラスチック(CFRP)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ダイヤモンドコーティングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ダイヤモンドコーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ダイヤモンドコーティング市場規模、技術別(化学蒸着(CVD)、物理蒸着(PVD))分析、エンドユーザ―別(エレクトロニクス、機械、工業、医療、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Crystallume, D-Coat, NeoCoat, Oerlikon, SP3 Diamond Techなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場概要 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場環境 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場動向 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場規模 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場:業界構造分析 ・ダイヤモンドコーティングの世界市場:技術別(化学蒸着(CVD)、物理蒸着(PVD)) ・ダイヤモンドコーティングの世界市場:エンドユーザ―別(エレクトロニクス、機械、工業、医療、自動車、その他) ・ダイ …
  • ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)のフェーズ3治験薬の状況 ・ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)治療薬の市場規模(販売予測) ・ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のヒト免疫不全ウイルス/後天性免疫不全症候群(HIV / AIDS)治療薬剤
  • 自動車安全性の世界市場見通し2016-2022:パッシブセーフティ、アクティブセーフティ
    当調査レポートでは、自動車安全性の世界市場について調査・分析し、自動車安全性の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車安全性の世界市場:市場動向分析 ・自動車安全性の世界市場:競争要因分析 ・自動車安全性の世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車安全性の世界市場:乗員種類別分析/市場規模 ・自動車安全性の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車安全性の北米市場規模 ・自動車安全性の欧州市場規模 ・自動車安全性のアジア市場規模 ・自動車安全性の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)の概要 ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 神経刺激装置の世界市場分析:製品別(深部脳刺激装置、胃電気刺激装置、脊髄刺激装置、仙骨神経刺激装置、迷走神経刺激装置)、用途別(痛み管理、てんかん、精神遅滞、尿道・便失禁、うつ病、ジストニア、胃不全麻痺、パーキンソン病、その他の疾患)、セグメント予測
    本調査レポートでは、神経刺激装置の世界市場について調査・分析し、神経刺激装置の世界市場動向、神経刺激装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別神経刺激装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のマグネシウムエチラート市場2015
    本調査レポートでは、世界のマグネシウムエチラート市場2015について調査・分析し、マグネシウムエチラートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用塗装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業用塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用塗装の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィンテック・ブロックチェーンの世界市場:プロバイダー別(アプリケーション・ソリューションプロバイダー、ミドルウェア、インフラ、プロトコル)、用途別(支払・清算、決済、送金、スマート契約、ID管理、コンプライアンス管理・KYC)、組織規模別(中小企業、大企業企業)、業種別(銀行、ノンバンク金融サービス、保険)、地域別予測
    本資料は、フィンテック・ブロックチェーンの世界市場について調べ、フィンテック・ブロックチェーンの世界規模、市場動向、市場環境、プロバイダー別(アプリケーション・ソリューションプロバイダー、ミドルウェア、インフラ、プロトコル)分析、用途別(支払・清算、決済、送金、スマート契約、ID管理、コンプライアンス管理・KYC)分析、組織規模別(中小企業、大企業企業)分析、業種別(銀行、ノンバンク金融サービス、保険)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・フィンテック・ブロックチェーンの世界市場概要 ・フィンテック・ブロックチェーンの世界市場環境 ・フィンテック・ブロックチェーンの世界市場動向 ・フィンテック・ブロックチェーンの世界市場規模 ・フィンテック・ブロックチェーンの世界市場規模:プロバイダー別(アプリケーション・ソリューションプロバイダー、ミドルウェア、インフラ、プロトコル) ・フィンテック・ブロックチェーンの世界市場規模:用途別(支払・清算、決済 …
  • オートバイ用タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システムの世界市場
    当調査レポートでは、オートバイ用タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • QSFPモジュールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、QSFPモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、QSFPモジュールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リハビリテーション機器の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、リハビリテーション機器の世界市場について調査・分析し、リハビリテーション機器の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・リハビリテーション機器の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・リハビリテーション機器の世界市場:セグメント別市場分析 ・リハビリテーション機器の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • タンパク質の検出・定量の世界市場分析:免疫学的方法、クロマトグラフィー、質量分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、タンパク質の検出・定量の世界市場について調査・分析し、タンパク質の検出・定量の世界市場動向、タンパク質の検出・定量の世界市場規模、市場予測、セグメント別タンパク質の検出・定量市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車外装用化学薬品の世界市場2014-2025:製品別(ワックス、研磨剤、保護剤、ホイール・タイヤクリーナー、ワイパー液)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、自動車外装用化学薬品の世界市場について調査・分析し、自動車外装用化学薬品の世界市場動向、自動車外装用化学薬品の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車外装用化学薬品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • VAR(付加価値再販業者)向けCADの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、VAR(付加価値再販業者)向けCADの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、VAR(付加価値再販業者)向けCADの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 CADとは、容易かつ正確に製品や部品をモデリング・設計することのできるソフトウェアツールパッケージです。エンジニア、建築家等がCADソフトウェアを使用し、製品のデジタルプロトタイプを作成することができます。VARとは、既存のソフトウェアに付加価値をつけて再販する企業の事です。Technavio社はVAR(付加価値再販業者)向けCADの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• DXC Technology• PITERION• Tata Technologies等です。
  • クラウドサービス仲介事業の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クラウドサービス仲介事業の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウドサービス仲介事業市場規模、実装タイプ別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場概要 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場環境 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場動向 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場規模 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場:業界構造分析 ・クラウドサービス仲介事業の世界市場:実装タイプ別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド) ・クラウドサービス仲介事業の世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウドサービス仲介事業の北米市場規模・予測 ・クラウドサービス仲介事業のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・クラウドサービス仲介事業のアジア太平洋市場規模・予測 ・クラウドサービス仲介事業の主要国分析 …
  • 新型出生前診断(NIPT)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、新型出生前診断(NIPT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、NIPT装置別分析、消耗品別分析、用途別分析、需要先別分析、新型出生前診断(NIPT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ホットメルト装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用ホットメルト装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ホットメルト装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用ホットメルト装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Henkel、Glue Machinery、Nordson、Valco Melton、Power Adhesives等です。
  • 自動車用デジタルコックピットの世界市場予測(~2025年)
    自動車用デジタルコックピットの世界市場は、2018年の147億米ドルから2025年には359億米ドルに達し、この期間中13.59%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高度なユーザーインターフェイス(UI)のための革新技術の介入、電気自動車の需要の高まり、コネクテッドカーの増加、ハードウェアの統合などが考えられます。さらに、自律走行車およびコネクテッドカーの技術的進歩は、今後の市場に好機を生み出すと期待されています。一方で、ドメインコントローラーに対するBYOD、サイバーセキュリティの脅威の高まり、ECUの統合、高価な先進ヘッドアップディスプレイなどにより、市場の成長が妨げられる可能性があります。当調査レポートでは、自動車用デジタルコックピットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、機器(デジタルインストルメントクラスター、先進ヘッドユニット、HUD、カメラベース運転者監視システム)分析、車両の種類(乗用車、商用車)分析、EVの種類(BEV、HEV、PHEV)分析、自動車 …
  • 発泡ポリスチレン(EPS)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、発泡ポリスチレン(EPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品タイプ別(ホワイト、グレー、ブラック)分析、最終用途産業別(建築・建設、パッケージング、その他)分析、発泡ポリスチレン(EPS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 湿潤創傷被覆材の世界市場:フォームドレッシング、親水コロイド被覆材、アルジネート被覆材、フィルム被覆材、ヒドロゲル被覆材、その他
    当調査レポートでは、湿潤創傷被覆材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、湿潤創傷被覆材市場規模、製品別(フォームドレッシング、親水コロイド被覆材、アルジネート被覆材、フィルム被覆材、ヒドロゲル被覆材、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Acelity, Coloplast, ConvaTec, Mölnlycke Health Care, Smith & Nephewなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・湿潤創傷被覆材の世界市場概要 ・湿潤創傷被覆材の世界市場環境 ・湿潤創傷被覆材の世界市場動向 ・湿潤創傷被覆材の世界市場規模 ・湿潤創傷被覆材の世界市場:業界構造分析 ・湿潤創傷被覆材の世界市場:製品別(フォームドレッシング、親水コロイド被覆材、アルジネート被覆材、フィルム被覆材、ヒドロゲル被覆材、その他) ・湿潤創傷被覆材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・湿潤創傷被覆材の北米市場規模・予測 ・湿潤創傷被覆材のヨーロッ …
  • ハイブリッドバルブの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ハイブリッドバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別(スチール、タングステンカーバイド、合金、チタン、二相ニッケル)分析、バルブサイズ別分析、エンドユーズ産業別(石油及びガス、水及び廃水、エネルギー及び電力、化学薬品など)分析、ハイブリッドバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ハイブリッドバルブの世界市場規模が2019年10億ドルから2024年14億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。
  • ナイロン6・ナイロン6の世界市場:製品別(ナイロン6、ナイロン66)、用途別(エンジニアリングプラスチック、自動車、繊維、電気・電子、その他)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ナイロン6・ナイロン6の世界市場について調査・分析し、ナイロン6・ナイロン6の世界市場動向、ナイロン6・ナイロン6の世界市場規模、市場予測、セグメント別ナイロン6・ナイロン6市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 可変ダイオードレーザアナライザーの世界市場
    当調査レポートでは、可変ダイオードレーザアナライザーの世界市場について調査・分析し、可変ダイオードレーザアナライザーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 実験用遠心分離機の世界市場:微量遠心機、多目的遠心機、床置型遠心機、超遠心機
    当調査レポートでは、実験用遠心分離機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型ガスエンジンの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、小型ガスエンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置別分析、エンジン排気量別分析、需要先別分析、地域別分析、小型ガスエンジンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペストコントロール(害虫駆除)の世界市場予測(~2021年):化学的駆除、機械的駆除、生物学的駆除
    当調査レポートでは、ペストコントロール(害虫駆除)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、害虫種類別分析、用途別分析、地域別分析、ペストコントロール(害虫駆除)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 獣医用イメージングの世界市場の規模・予測2014-2025:製品別(機器、試薬、サービス、PACS)、動物のタイプ別、最終用途別、用途別
    本調査レポートでは、獣医用イメージングの世界市場について調査・分析し、獣医用イメージングの世界市場動向、獣医用イメージングの世界市場規模、市場予測、セグメント別獣医用イメージング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バルクターミナルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、バルクターミナルの世界市場について調査・分析し、バルクターミナルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - バルクターミナルの世界市場:市場動向分析 - バルクターミナルの世界市場:競争要因分析 - バルクターミナルの世界市場:種類別 液体 乾燥体 - バルクターミナルの世界市場:主要地域別分析 - バルクターミナルの北米市場規模(アメリカ市場等) - バルクターミナルのヨーロッパ市場規模 - バルクターミナルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・バルクターミナルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の神経派生型チップ市場2015
    本調査レポートでは、世界の神経派生型チップ市場2015について調査・分析し、神経派生型チップの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アンドロゲンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンドロゲンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンドロゲンアンタゴニストの概要 ・アンドロゲンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアンドロゲンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンドロゲンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンドロゲンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルミニウム粉末・ペースト・フレーク市場規模、製品別(アルミニウムペースト、アルミニウムフレーク・アルミニウム顔料、アルミニウム粉末)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場概要 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場環境 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場動向 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場規模 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場:業界構造分析 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場:製品別(アルミニウムペースト、アルミニウムフレーク・アルミニウム顔料、アルミニウム粉末) ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークの世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルミニウム粉末・ペースト・フレークのアメリカ市場規模・予測 ・アルミニウム粉末 …
  • 遺伝子組み換え(GM)種子の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、遺伝子組み換え(GM)種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、遺伝子組み換え(GM)種子の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機検査装置の世界市場:油圧系統、電気系統、通気系統
    当調査レポートでは、航空機検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機検査装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の商用車用アクスル市場2016
    本調査レポートでは、世界の商用車用アクスル市場2016について調査・分析し、商用車用アクスルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause)の概要 ・更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の更年期における血管運動性症状(Vasomotor Symptoms of Menopause)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & …
  • 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酵母酵母エキス・酵母・自己分解物市場規模、種類別(パン酵母、醸造用酵母、バイオエタノール酵母、酵母細胞小器官、ワイン酵母、その他)分析、用途別(アルコール飲料、ベーカリー製品、食品、飼料、ノンアルコール飲料、調理済み食品、その他)分析、形態別(乾燥酵母、生酵母、インスタント酵母)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場:市場動向分析 ・ 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場:競争要因分析 ・ 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場:種類別(パン酵母、醸造用酵母、バイオエタノール酵母、酵母細胞小器官、ワイン酵母、その他) ・ 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物の世界市場:用途別(アルコール飲料、ベーカリー製品、食品、飼料、ノンアルコール飲料、調理済み食品、その他) ・ 酵母酵母エキス・酵母・自己分解物 …
  • 次世代不揮発性メモリの世界市場の規模と予測:製品別(FeRAM、PCM、MRAM、ReRAM)、用途別(携帯電話、キャッシュメモリ・企業用ストレージ、組み込み型MCU・スマートカード)、地域別、セグメント予測、2014-2024
    本調査レポートでは、次世代不揮発性メモリの世界市場について調査・分析し、次世代不揮発性メモリの世界市場動向、次世代不揮発性メモリの世界市場規模、市場予測、セグメント別次世代不揮発性メモリ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フェイス用オイルの世界市場:アンチエイジング美容オイル、クレンジング・オイル、保湿オイル、プレシェービング・オイル
    当調査レポートでは、フェイス用オイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フェイス用オイルの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"