"顔認証の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC-3421)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"顔認証の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global facial recognition market size to grow at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 16.6% during the forecast periodMarketsandMarkets forecasts the global facial recognition market size to grow from USD 3.2 billion in 2019 to USD 7.0 billion by 2024, at a CAGR of 16.6% during 2019–2024. The rising need for surveillance has become one of the major factors to drive the facial recognition market. The advent of new technologies, such as high-definition Closed Circuit Television (CCTV) and high-resolution 3D facial recognition technologies, along with iris recognition and emotion detection, has enhanced the facial recognition market. However, integration of new facial recognition technologies with the existing legacy system is limiting the growth of facial recognition solutions in the market.

Government and defense sector among verticals to gain maximum traction during the forecast period
Increasing need of facial recognition-enabled biometrics solutions for identity management, border management, and homeland and military security management have fueled government organizations to largely implement facial recognition technologies. Additionally, government-owned large-scale programs, such as smart cities and smart transportation, need the adoption of facial recognition solutions.

3D facial recognition software tools to hold the largest market size during the forecast period
3D facial recognition software is capable of analyzing, identifying, and verifying facial characteristics of individuals. It overcomes the drawbacks of 2D facial recognition and can work in low light or completely dark areas. 3D facial recognition technology is used mostly in cross- border monitoring, document verification, and identity management.

Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
The Asia Pacific (APAC) region has a great scope for growth in the facial recognition market in terms of usage of the facial recognition solution. The facial recognition market in APAC is anticipated to grow significantly, due to huge governmental investments in security and surveillance infrastructure, increased public awareness, and emergence of refined technologies backed by analytics. Futhermore, growth is anticipated with technological advancements, along with the mandatory regulations imposed by government regulatory entities to adopt the best-in-class technologies and standards. Fast expansion of regional enterprises in the APAC region is another crucial variant contributing to the growth of the facial recognition market.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The breakup profiles of the primary participants are as follows:
 By Company: Tier I: 15%, Tier II: 42%, and Tier III: 43%
 By Designation: C-Level: 62%, Director Level: 20%, and Others: 18%
 By Region: North America: 40%, APAC: 30%, Europe: 20%, MEA: 5%, and Latin America: 5%

The report includes the study of the key players offering facial recognition solutions. It profiles major vendors in the global facial recognition market including NEC (Japan), Aware (US), Gemalto (Netherlands), Ayonix Face Technologies (Japan), Cognitec Systems GmbH (Germany), NVISO SA (Switzerland), Daon (US), StereoVision Imaging (US), Techno Brain (Kenya), Neurotechnology (Lithuania), Innovatrics (Slovakia), id3 Technologies (France), IDEMIA (France), Animetrics (US), and MEGVII (China).

Research coverage
The report segments the global facial recognition market by component, application area, vertical, and region. The application area segment comprises emotion recognition, attendance tracking and monitoring, access control, law enforcement, and others (robotics and eLearning). The verticals segment comprises 7 verticals, namely, Banking, Financial Services, and Insurance (BFSI); government and defense; retail and eCommerce; healthcare; education; automotive; and others (manufacturing, telecom, and energy and utilities). The facial recognition market by offering has software tools and services. The report covers the facial recognition market with respect to 5 major regions: North America, Europe, APAC, Latin America, and Middle East and Africa (MEA).

The report would help the market leaders and new entrants in the global facial recognition market in the following ways:
1. The report segments the market into various subsegments, hence it covers the market comprehensively. It provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments. The market numbers are further split across applications and regions.
2. It helps in understanding the overall growth of the market. It also provides information about key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. It helps stakeholders in understanding their competitors better and gaining more insights to strengthen their positions in the market. The study also presents the positioning of the key players based on their product offerings and business strategies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"顔認証の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of the Study
1.2 Stakeholders
1.3 Years Considered for the Study
1.4 Market Definition
1.5 Segment Definition
2 Research Methodology
3 Executive Summary
3.1 Key Trends
3.2 Geographic Insights
3.3 Market Dynamics
3.4 Use Cases
4 Facial Recognition Market Analysis, By Component
5 Facial Recognition Market, By Software Tool
6 Facial Recognition Market, By Service
7 Facial Recognition Market Analysis, By Application Area
8 Facial Recognition Market Analysis, By Vertical
9 Facial Recognition Market, By Region
10 Competitive Landscape
11 Company Profile
(Business Overview, Recent Developments,)*
11.1 NEC
11.2 Aware
11.3 Gemalto
11.4 Ayonix Face Technologies
11.5 Cognitec Systems
11.6 Nviso
11.7 Daon
11.8 Stereovision Imaging
11.9 Techno Brain
11.10 Neurotechnology
11.11 Innovatrics
11.12 Id3 Technologies
11.13 Idemia
11.14 Animetrics
11.15 Megvii
*Details on Business Overview, Recent Developments, Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix
12.1 Discussion Guide
12.3 Introduction RT: Real-Time Market Intelligence
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】顔認証の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年6月27日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC-3421
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信・IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
顔認証の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 画像認識の世界市場予測(~2021年):装置、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、画像認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、構成要素別分析、用途別分析、産業別分析、画像認識の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの整形外科装置市場見通し
  • 世界のコールドプレーナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のコールドプレーナー市場2015について調査・分析し、コールドプレーナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤の概要 ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-18(IL-18)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-18(IL-18)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用ガラスの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ガラスの世界市場について調査・分析し、自動車用ガラスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用ガラスの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用ガラスの世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用ガラスの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 前臨床CROの世界市場2014-2025:サービスタイプ別(生物分析・DMPK試験、毒性試験、その他の前臨床サービス)、最終用途別
    本調査レポートでは、前臨床CROの世界市場について調査・分析し、前臨床CROの世界市場動向、前臨床CROの世界市場規模、市場予測、セグメント別前臨床CRO市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 金属加工スクラップ装置の世界市場
    当調査レポートでは、金属加工スクラップ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属加工スクラップ装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗酸化物質の世界市場
    当調査レポートでは、抗酸化物質の世界市場について調査・分析し、抗酸化物質の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • グリーン・キレート剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、グリーン・キレート剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン・キレート剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 石炭の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、石炭の世界市場について調査・分析し、石炭の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・石炭の世界市場:市場動向分析 ・石炭の世界市場:競争要因分析 ・石炭の世界市場:需要先産業別分析/市場規模 ・石炭の世界市場:地域別分析/市場規模 ・石炭の世界市場: 別分析/市場規模 ・石炭の北米市場規模 ・石炭の欧州市場規模 ・石炭のアジア市場規模 ・石炭の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界の泌尿器科カテーテル市場2015
    本調査レポートでは、世界の泌尿器科カテーテル市場2015について調査・分析し、泌尿器科カテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダの心臓補助装置市場(~2021)
  • カナダの電気生理学装置市場(~2021)
  • LNGバンカリングの世界市場
    当調査レポートでは、LNGバンカリングの世界市場について調査・分析し、LNGバンカリングの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 小骨・関節整形外科装置の世界市場2017-2021:再建装置、固定装置
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、小骨・関節整形外科装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小骨・関節整形外科装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は小骨・関節整形外科装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Acumed、Arthrex、DePuy Synthes、Smith & Nephew、Stryker等です。
  • 台湾の心臓血管手術装置市場見通し
  • 液体生検の世界市場分析:用途別(転移性乳がん(MBS)の治療選択、他の転移性がんの治療選択、分子モニタリング、分子モニタリング)、サンプル別(血液、尿、組織および唾液)、バイオマーカー別(循環腫瘍細胞(CTC)、循環腫瘍DNA(ctDNA)、エキソソーム)、技術別(単一遺伝子解析(PCRマイクロアレイ)、多遺伝子並列分析(NGS))、動向分析、2013-2030
    本調査レポートでは、液体生検の世界市場について調査・分析し、液体生検の世界市場動向、液体生検の世界市場規模、市場予測、セグメント別液体生検市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 商用車の世界市場:製品別(バス・コーチ、LCV)、最終用途別(工業、鉱業、建設、物流)、セグメント予測
    商用車の世界市場は2025年には2兆2700億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、中国、インド、トルコなどの新興国のインフラ整備への支出の増加に相まって、都市化の加速化などが考えられます。一部のサプライヤーは、研究開発の向上に注力する一方、業務効率化の向上に努めており、市場成長を促進する上で重要な役割を果たすと期待されています。本調査レポートでは、商用車の世界市場について調査・分析し、商用車の世界市場動向、商用車の世界市場規模、市場予測、セグメント別商用車市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フィンランドのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • ファイバーグラスロービングの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ファイバーグラスロービングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、ファイバーグラス種類(E、ECR、H、AR、S)分析、製品タイプ(シングルエンド、マルチエンド、チョップド)分析、最終用途産業(輸送、建設、電気・電子、パイプ・タンク、風力、航空宇宙、船舶)分析、ファイバーグラスロービングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インパクト投資の世界市場予測(~2020年)
    当調査レポートでは、インパクト投資の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、産業別分析、地域別分析、インパクト投資の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アフターサン(サンケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 商用車用ブレーキ装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商用車用ブレーキ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用ブレーキ装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用車用ブレーキ装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均0.55%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ContiTech• Knorr-Bremse• Robert Bosch• WABCO等です。
  • 世界の産業用水性塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の産業用水性塗料市場2015について調査・分析し、産業用水性塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療用大麻市場:用途別、地域別
    本調査レポートは医療用大麻の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(慢性疼痛、嘔吐、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・医療用大麻の世界市場:用途別(慢性疼痛、嘔吐、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ENT(耳鼻咽喉科)疾患治療の世界市場
    当調査レポートでは、ENT(耳鼻咽喉科)疾患治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、ENT(耳鼻咽喉科)疾患治療の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属射出成形(MIM)の世界市場分析:エンドユーザー別(自動車、消費者製品、医療、産業、防衛)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、CSA、MEA)、競争戦略、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、金属射出成形(MIM)の世界市場について調査・分析し、金属射出成形(MIM)の世界市場動向、金属射出成形(MIM)の世界市場規模、市場予測、セグメント別金属射出成形(MIM)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高圧ラミネート(HPL)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、高圧ラミネート(HPL)の世界市場について調査・分析し、高圧ラミネート(HPL)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別高圧ラミネート(HPL)シェア、市場規模推移、市場規模予測、高圧ラミネート(HPL)種類別分析(横型、縦型 )、高圧ラミネート(HPL)用途別分析(商業用、住宅用、工業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・高圧ラミネート(HPL)の市場概観 ・高圧ラミネート(HPL)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・高圧ラミネート(HPL)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・高圧ラミネート(HPL)の世界市場規模 ・高圧ラミネート(HPL)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・高圧ラミネート(HPL)のアメリカ市場規模推移 ・高圧ラミネート(HPL)のカナダ市場規模推移 ・高圧ラミネート(HPL)のメキシコ市場規模推移 ・高圧ラミネート(HPL)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・高圧ラミネート(H …
  • キヌア種子の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、キヌア種子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キヌア種子の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ピラティス用品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ピラティス用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピラティス用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 血液ガス・電解質分析器の世界市場分析:製品別(卓上、携帯式)、用途別(血液ガス分析装置、電解質分析装置、複合分析装置)、エンドユーザー別(臨床試験所、ポイントオブケア)、セグメント予測、– 2022
    本調査レポートでは、血液ガス・電解質分析器の世界市場について調査・分析し、血液ガス・電解質分析器の世界市場動向、血液ガス・電解質分析器の世界市場規模、市場予測、セグメント別血液ガス・電解質分析器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マシンツーマシン(M2M)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、マシンツーマシン(M2M)の世界市場について調査・分析し、マシンツーマシン(M2M)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・マシンツーマシン(M2M)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・マシンツーマシン(M2M)の世界市場:セグメント別市場分析 ・マシンツーマシン(M2M)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 空圧用シールの世界市場2017-2021:シリンダ用シール、バルブ用シール
    当調査レポートでは、空圧用シールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空圧用シールの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 処方的アナリティクスの世界市場予測(~2021):構成要素別(ソフトウェア、サービス)、データ種類別、用途別、ビジネス機能別、導入モデル別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、処方的アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、データ種類別分析、用途別分析、ビジネス機能別分析、処方的アナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用航空機の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、商用航空機の世界市場について調査・分析し、商用航空機の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・商用航空機の世界市場規模:航空機種類別分析 ・商用航空機の世界市場規模:エンジン種類別分析 ・商用航空機の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・商用航空機の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 改質デンプンの世界市場:製品別(デンプンエステル・デンプンエーテル、抵抗性デンプン、カチオン性デンプン、アルファ化デンプン)、用途別、セグメント予測
    改質デンプンの世界市場は2024年には153億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、アジア太平洋地域からの大きな需要に伴うインスタント食品の普及が考えられます。健康や栄養に関する消費者意識の高まりと健康食品の選好の高まりもこの市場を拡大する要因とされています。エナジードリンクや非炭酸飲料に使用される天然甘味料の需要が急増することも考えられ、これにより、予測される期間にわたって改質デンプンの普及率もさらに向上するでしょう。本調査レポートでは、改質デンプンの世界市場について調査・分析し、改質デンプンの世界市場動向、改質デンプンの世界市場規模、市場予測、セグメント別改質デンプン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 酵母の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、酵母の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、酵母市場規模、形状別(生イースト、ドライイースト、その他)分析、種類別(飼料酵母、バイオエタノール酵母、パン用酵母、ぶどう酒酵母、醸造酵母、その他)分析、酵母菌株別(ビール酵母、トルラスポラ、サッカロマイセス・ルドヴィギ、クルイベロミセス・ラクチス、トルラ酵母、その他)分析、派生物別(酵母加水分解物、酵母培養、酵母担体結合、酵母自己消化物、高純度βグルカン、DDGS、その他)分析、用途別(医薬品、食品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 酵母の世界市場:市場動向分析 ・ 酵母の世界市場:競争要因分析 ・ 酵母の世界市場:形状別(生イースト、ドライイースト、その他) ・ 酵母の世界市場:種類別(飼料酵母、バイオエタノール酵母、パン用酵母、ぶどう酒酵母、醸造酵母、その他) ・ 酵母の世界市場:酵母菌株別(ビール酵母、トルラスポラ、サッカロマイセス・ルドヴィギ、クルイベ …
  • イメージインテンシファイアの世界市場予測(~2024年)
    イメージインテンシファイアの世界市場は、2019年の9億1,200万米ドルから2024年には13億2,000万米ドルに達し、この期間中7.66%の年平均成長率で成長すると予測されています。イメージインテンシファイアは、さまざまな用途で微弱光の照度を上げるために幅広く使用されています。 この市場の成長を促す要因として、世界的な軍事費の増加と視認性の高い医療診断システムに対する需要の高まりが考えられます。一方で動作時間の短いイメージインテンシファイアデバイスや新装整備デバイスの使用増加により、この市場の成長は抑制されます。 さらに、イメージインテンシファイアに対するフラットパネルディテクタの利点は、市場の成長にとって大きな課題となります。当調査レポートでは、イメージインテンシファイアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、直径(18mm未満、18mm、25mm、6インチ、9インチ、12インチ、16インチ)分析、用途(カメラ、スコープ、ゴーグル、X線検出器)分析、業種(防衛・監視、医療、工業)分析、イメージインテンシフ …
  • 能動電子部品の世界市場
    当調査レポートでは、能動電子部品の世界市場について調査・分析し、能動電子部品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 感染制御の世界市場分析:タイプ別(装置、消毒器、滅菌装置、サービス、消耗品)、エンドユーザー別(病院、臨床検査所、製薬会社)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、感染制御の世界市場について調査・分析し、感染制御の世界市場動向、感染制御の世界市場規模、市場予測、セグメント別感染制御市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ウェアラブルペイメントの世界市場2016-2020:スマートウォッチペイメント、フィットネスバンドペイメント
    当調査レポートでは、ウェアラブルペイメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブルペイメントの世界市場規模及び予測、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の赤外線温度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線温度計市場2015について調査・分析し、赤外線温度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リテール・アナリティクス(小売業向け分析システム)の世界市場
    当調査レポートでは、リテール・アナリティクス(小売業向け分析システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リテール・アナリティクス(小売業向け分析システム)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の滅菌装置市場:製品&サービス別(機器(熱、低温)、消耗品&付属品(指標、潤滑剤)、サービス(電子ビーム、ガンマ))、エンドユーザー別(病院&クリニック、製薬会社)
    MarketsandMarkets社は、滅菌装置の世界市場規模が2019年89億ドルから2024年125億ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。本書は、世界の滅菌装置市場について調査・分析し、市場概要、製品&サービス別(滅菌器具、滅菌サービス、滅菌消耗品および付属品)分析、エンドユーザー別(病院・診療所、医療機器会社、製薬会社、食品・飲料会社、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の滅菌装置市場:製品&サービス別(滅菌器具、滅菌サービス、滅菌消耗品および付属品) ・世界の滅菌装置市場:エンドユーザー別(病院・診療所、医療機器会社、製薬会社、食品・飲料会社、その他) ・世界の滅菌装置市場:地域別 ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • 自動車用ランフラットタイヤの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ランフラットタイヤの世界市場について調べ、自動車用ランフラットタイヤの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ランフラットタイヤの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(OEM、アフターマーケット)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用ランフラットタイヤの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用ランフラットタイヤの市場状況 ・自動車用ランフラットタイヤの市場規模 ・自動車用ランフラットタイヤの市場予測 ・自動車用ランフラットタイヤの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(OEM、アフターマーケット) ・自動車用ランフラットタイヤの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連 …
  • LNGタンカーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、LNGタンカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LNGタンカーの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラス繊維補強コンクリート(GFRC)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ガラス繊維補強コンクリート(GFRC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、プロセス別分析、用途別分析、地域別分析、ガラス繊維補強コンクリート(GFRC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ターボプロップ航空機プロペラシステムの世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、ターボプロップ航空機プロペラシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ターボプロップ航空機プロペラシステムの世界市場規模及び予測、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はターボプロップ航空機プロペラシステムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AEROSILA、Dowty Propellers、Hartzell Propeller、United Technology Corporation (UTC)等です。
  • 超合金の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、超合金の世界市場について調査・分析し、超合金の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 超合金の世界市場:市場動向分析 - 超合金の世界市場:競争要因分析 - 超合金の世界市場:材料別 鉄基 コバルト基 ニッケル基 - 超合金の世界市場:用途別 宇宙航空 自動車 電気系 産業 工業用ガスタービン 海洋タービン 石油及びガス その他の用途 - 超合金の世界市場:主要地域別分析 - 超合金の北米市場規模(アメリカ市場等) - 超合金のヨーロッパ市場規模 - 超合金のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・超合金の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場
    本資料は、モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場について調べ、モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ソフトウェアソリューション、プラットフォーム、サービス)分析、用途別(建物&ホームオートメーション、スマートエネルギー&ユーティリティー、スマート製造、ロジスティックス関連、スマート小売り、スマートモビリティ&輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはGoogle 、Twitter、BIGO Live、Facebook、You Now、Periscope 、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場概要 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場環境 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場動向 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場規模 ・モノのインターネット(IoT)ネットワークの世界市場規模:種 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"