"精密林業の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-7188)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"精密林業の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Precision forestry market anticipated to grow at CAGR of 9.0% from 2019 to 2024
The precision forestry market was worth USD 3.9 billion in 2019 and is projected to reach USD 6.1 billion by 2024, at a CAGR of 9.0% during 2019–2024. The major factors driving the growth of the precision forestry market are increasing mechanization in emerging countries of Asia Pacific & Africa, rising construction activities, growing demand for timber from sawmills, decreasing cost of forestry mapping technologies, prevention of illegal logging and deforestation; and increasing government support towards digitalization of forest. Precision forestry has the potential to transform the forestry industry by making traditional activities more efficient and economical. Also, government initiatives in many countries are helping foresters adopt advanced technologies and tools for site-specific management of the forest.

The market for inventory & logistics management estimated to grow at highest CAGR during the forecast period

The market for inventory & logistics is expected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. Major factors fueling the growth of inventory & logistics management are increasing the demand for valuation of forests and tracking of logs during the transportation phase. Inventory & logistics management data such as wood volume, number of logs, and log diameters are available in digital form for reducing manual errors; enabling quick reporting and data processing.

Fire detection technology estimated to grow at the highest CAGR between 2019 and 2024

The market for fire detection technology is expected to grow at the highest CAGR between 2019 and 2024. Increasing adoption of wireless sensor network-based forest fire detection technology is expected to propel the market. This wireless sensor network-based forest fire detection technology has the potential to achieve the high detection resolution and accuracy that is required for early detection of forest fires.

Precision forestry services to grow at highest CAGR from 2019 to 2024

The precision forestry services market is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The increasing interest of forest owners and governments towards automation in the forestry industry and advancements in precision forestry technology are expected to propel the demand for precision forestry services during the forecast period. Increasing demand for managed services is also a crucial reason behind the high growth of the precision forestry market for the services segment. Increasing demand for after-sales services of CTL harvesters and integration & deployment services are further expected to boost the demand for the services market during the forecast period.

Precision forestry market in APAC to grow at the highest CAGR between 2019 and 2024

The precision forestry market in Asia Pacific is expected to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024. The major factors propelling the growth of this market are the increasing mechanization of forestry operations in countries such as Australia, China, India, and Indonesia; and initiatives taken by various governments for the adoption of digital technology in forest land. For instance, the government of China has introduced several initiatives to attract private investments in the forestry sector. The government of India has the plan to digitalize forestry by adopting advanced technology for mapping of forests, and early detection of fires in the forests. The market growth and demand for forestry technologies are driven by increasing demand for industrial woods in the construction industry, prevention of illegal logging, declining availability & the rising cost of skilled labor, challenges, and complexities of forestry operator, climate change, and the broader automation in the forestry industry.

The breakup of primaries conducted during the study is depicted below:
• By Company Type: Tier 1 – 35 %, Tier 2 – 40%, and Tier 3 –25%
• By Designation: C-Level Executives – 57%, Directors – 29%, and Others – 14%
• By Region: Americas– 40%, Europe – 30%, APAC – 20%, and RoW – 10%
Key players in the precision forestry market includes Deere & Company (US), Trimble (US), Raven Industries (US), Tigercat (Canada), Ponsse (Finland), Komatsu Forest AB (Sweden), Caterpillar (US), Treemetrics (Ireland), Rottne Industri AB (Sweden), Ecolog (Sweden), Sampo Rosenlew (Finland), Quantum Spatial (US), Hitachi Construction Machinery (Japan), Doosan Infracore (South Korea), Blount International (US), Integrated Forest Management (US), Silvere (Finland), DroneSeed (US), Insight Robotics (Hong Kong), Treevia Forest Technologies (Brazil), and Aerobotics (South Africa).

Research Coverage
This report covers the precision forestry market based on offering, technology, application, and region. The market based on offering has been segmented into hardware, software, and services. Based on application, the market has been segmented into genetics & nurseries, silviculture & fire management, harvesting management, and inventory & logistics management. Based on technology, the market has been classified into cut-to-length, geospatial, and fire detection. Based on the region, the precision forestry market has been segmented into the Americas, Europe, APAC, and RoW.

Key Benefits of Buying This Report
• This report includes the market statistics pertaining to offering, application, technology, and region.
• An in-depth value chain analysis has been done to provide deep insight into the precision forestry market.
• Major market drivers, restraints, challenges, and opportunities have been detailed in this report.
• Illustrative segmentation, analyses, and forecasts for the market based on offering, application, technology, and region have been conducted to provide an overall view of the precision forestry market.
• The report includes an in-depth analysis and ranking of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"精密林業の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Scope of Study
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered for Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing the Market Size By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing the Market Size By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Assumptions Considered While Estimating Global Precision Forestry Market
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in Precision Forestry Market
4.2 Market in Europe, By Technology
4.3 Market, By Application
4.4 Market, By Technology
4.5 Geographic Analysis of Precision Forestry Market
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Increasing Mechanization of Forestry Operations
5.1.1.2 Growing Demand for Forestry Products
5.1.1.3 Decreasing Cost of Advanced Monitoring and Surveillance Technologies
5.1.1.4 Increasing Government Support to Adopt Modern Forestry Techniques
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 High Capital Investment
5.1.2.2 Lack of Skills and Technical Awareness Among Forest Operators
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Emerging Countries to Offer Significant Growth Opportunities
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Illegal Logging
5.1.4.2 Lack of Standardization and Safety Issues
6 Industry Trends (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.2.1 Major Market Players in the Precision Forestry Market
6.3 Industry Trends
6.3.1 Integration of Telematics With Forest Mechanization
6.3.2 Advent of Lidar Fitted UAVS
7 Precision Forestry Market, By Offering (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Hardware
7.2.1 Harvesters & Forwarders
7.2.1.1 Harvesters & Forwarders Held the Largest Market Share in 2018
7.2.2 UAVS/Drones
7.2.2.1 UAVS/Drones to Witness the Highest CAGR During the Forecast Period
7.2.3 GPS
7.2.3.1 Site-Specific Forestry Management Expected to Propel the Demand for GPS
7.2.4 Cameras
7.2.4.1 Demand for Video Cameras With Hyperspectral, Multispectral, and Infra-Red Sensors to Grow at A Substantial Rate During the Forecast Period
7.2.5 RFID and Sensors
7.2.5.1 RFID and Sensors to Grow at A Substantial Rate Between 2019 and 2024
7.2.6 Variable Rate Controllers
7.2.6.1 Increasing Adoption of Site-Specific Vegetation Management Expected to Fuel the Demand for Variable Rate Controllers
7.2.7 Others
7.3 Software
7.3.1 Increasing Adoption of Saas-Based Forestry Software Expected to Propel Market During Forecast Period
7.4 Services
7.4.1 Increasing Demand for Managed Services to Propel Overall Services Segment
8 Precision Forestry Market, By Technology (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 CTL
8.2.1 Increasing Demand for CTL-Based Harvesting Technology in Emerging Regions Create Opportunities for Manufacturers
8.3 Geospatial
8.3.1 Remote Sensing
8.3.1.1 Increasing Adoption of UAVS for Aerial Imagery to Propel the Market Growth
8.3.2 Lidar
8.3.2.1 Lidar Technology to Provide Enhanced Forest Monitoring Management With High Spatial Resolution
8.4 Fire Detection
8.4.1 Increasing Wildfire Incidents Around the World to Boost Demand for Fire Detection Technology
9 Precision Forestry Market, By Application (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Genetics and Nurseries
9.2.1 UAVS/Drones are Increasingly Being Used for Tree Plantation
9.3 Silviculture and Fire Management
9.3.1 Increasing Adoption of Wireless Sensor Network-Based Forest Fire Detection Systems Expected to Propel Precision Forestry Market in Silviculture and Fire Management
9.4 Harvesting Management
9.4.1 Harvesting Management to Hold the Largest Market Share During the Forecast Period
9.5 Inventory and Logistics Management
9.5.1 Inventory and Logistics Management Expected to Grow at the Highest CAGR During the Forecast Period
10 Geographic Analysis (Page No. – 76)
10.1 Introduction
10.2 Americas
10.2.1 North America
10.2.1.1 US
10.2.1.1.1 The US Leads the Precision Forestry Market in North America
10.2.1.2 Canada
10.2.1.2.1 Increasing Adoption of Telematics and Advanced Monitoring Devices Drives the Precision Forestry Market in Canada
10.2.1.3 Mexico
10.2.1.3.1 Mexico to Witness Highest Growth Rate for Precision Forestry Market in North America
10.2.2 South America
10.2.2.1 Brazil
10.2.2.1.1 Brazil Registered the Largest Market Size for Precision Forestry in South America
10.2.2.2 Peru
10.2.2.2.1 Peru to Witness the Highest Growth Rate for Precision Forestry Market in South America
10.2.2.3 Rest of South America
10.3 Europe
10.3.1 Russia
10.3.1.1 Russia is the Fastest-Growing Market for Precision Forestry in Europe
10.3.2 Sweden
10.3.2.1 Sweden Records the Highest Adoption of Cut-To-Length Technology
10.3.3 Finland
10.3.3.1 High Level of Forest Mechanization in Finland
10.3.4 Spain
10.3.4.1 Precision Forestry Market in Spain to Grow at A Moderate Rate During the Forecast Period
10.3.5 France
10.3.5.1 Increasing Demand for Precision Forestry Equipment in France is Due to the Shortage of Skilled Labor
10.3.6 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Australia
10.4.1.1 Increasing Demand for Industrial Round Wood to Boost Precision Forestry Market in Australia
10.4.2 China
10.4.2.1 Government Initiatives to Propel Precision Forestry Market in China
10.4.3 Japan
10.4.3.1 Demand for Industrial Woods in Japan Expected to Increase in Next Couple of Years
10.4.4 India
10.4.4.1 Increasing Number of Government Projects for Mapping of Forests to Propel Demand for Forestry Technology in India
10.4.5 Indonesia
10.4.5.1 Large Forest Reserves in Indonesia to Boost Demand for Forestry Technology
10.5 Rest of the World
10.5.1 Africa
10.5.1.1 Precision Forestry Market in South Africa Expected to Grow at A High Rate
10.5.2 Middle East
10.5.2.1 High Cost of Precision Forestry Technology is A Major Challenge in the Middle East
11 Competitive Landscape (Page No. – 95)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking Analysis for the Precision Forestry Market, 2018
11.3 Competitive Situation and Trends
11.4 Competitive Leadership Mapping, 2018
11.4.1 Visionary Leaders
11.4.2 Innovators
11.4.3 Dynamic Differentiators
11.4.4 Emerging Companies
11.5 Competitive Benchmarking
11.5.1 Strength of Product Portfolio (25 Players)
11.5.2 Business Strategies Excellence (25 Players)
11.6 Recent Developments
11.6.1 New Product Launches
11.6.2 Agreements, Partnerships, and Contracts
11.6.3 Mergers & Acquisitions
12 Company Profiles (Page No. – 104)
12.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.1.1 Deere & Company
12.1.2 Ponsse
12.1.3 Komatsu Forest
12.1.4 Tigercat
12.1.5 Caterpillar
12.1.6 Topcon Positioning Systems
12.1.7 Treemetrics
12.1.8 Rottne
12.1.9 Ecolog
12.1.10 Sampo Rosenlew
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.2 Other Companies
12.2.1 Quantum Spatial
12.2.2 Hitachi Construction Machinery
12.2.3 Doosan Infracore
12.2.4 Blount International
12.2.5 Integrated Forest Management
12.3 Start-Up Ecosystem
12.3.1 Silvere
12.3.2 Drone Seed
12.3.3 Insight Robotics
12.3.4 Treevia Forest Technologies
12.3.5 Aerobotics
13 Appendix (Page No. – 137)
13.1 Insights From Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customization
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】精密林業の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年6月28日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-7188
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
精密林業の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のシアノピリジン市場2016
    本調査レポートでは、世界のシアノピリジン市場2016について調査・分析し、シアノピリジンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の原子吸光分析計市場2016
    本調査レポートでは、世界の原子吸光分析計市場2016について調査・分析し、原子吸光分析計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフラクトオリゴ糖市場2015
    本調査レポートでは、世界のフラクトオリゴ糖市場2015について調査・分析し、フラクトオリゴ糖の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 倉庫用ドラム・バレルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、倉庫用ドラム・バレルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、倉庫用ドラム・バレルの世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のBOPETラミネートフィルム市場2016
    本調査レポートでは、世界のBOPETラミネートフィルム市場2016について調査・分析し、BOPETラミネートフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 装置産業向けフィールドバス・ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、装置産業向けフィールドバス・ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、装置産業向けフィールドバス・ソリューションの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スペインの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • クラウドデータベースの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、クラウドデータベースの世界市場について調査・分析し、クラウドデータベースの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - クラウドデータベースの世界市場:市場動向分析 - クラウドデータベースの世界市場:競争要因分析 - クラウドデータベースの世界市場:データベース別 ・SQLデータベース ・非SQLデータベース - クラウドデータベースの世界市場:モデル別 ・サービスモデル ・展開モデル - クラウドデータベースの世界市場:用途別 ・医療 ・IT・通信 ・行政 ・銀行・金融サービス・保険(BFSI) ・学術 ・その他 - クラウドデータベースの世界市場:ソフトウェア別 ・データベースの暗号化 ・バックアップと復元 ・データ位取りとレプリケーション ・データベースアプリケーションビルダー ・その他 - クラウドデータベースの世界市場:エンドユーザー別 ・中小企業 ・大企業 - クラウドデータベースの世界市場:サービス別 ・訓練・コンサルティング ・サポート・メンテナンス - クラウドデータベー …
  • 人的資本管理(HCM)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、人的資本管理(HCM)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、人的資本管理(HCM)市場規模、用途別(コアHR、人材、労働力)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・人的資本管理(HCM)の世界市場概要 ・人的資本管理(HCM)の世界市場環境 ・人的資本管理(HCM)の世界市場動向 ・人的資本管理(HCM)の世界市場規模 ・人的資本管理(HCM)の世界市場:業界構造分析 ・人的資本管理(HCM)の世界市場:用途別(コアHR、人材、労働力) ・人的資本管理(HCM)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・人的資本管理(HCM)のアメリカ市場規模・予測 ・人的資本管理(HCM)のヨーロッパ市場規模・予測 ・人的資本管理(HCM)のアジア市場規模・予測 ・人的資本管理(HCM)の主要国分析 ・人的資本管理(HCM)の世界市場:意思決定フレームワーク ・人的資本管理(HCM)の世界市場:成長要因、課題 ・人的資本管理(HC …
  • 世界のニトロセルロース市場2015
    本調査レポートでは、世界のニトロセルロース市場2015について調査・分析し、ニトロセルロースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • カラーマスターバッチの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、カラーマスターバッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、樹脂別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の酸性ピロりん酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の酸性ピロりん酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、酸性ピロりん酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のステンレストロリー市場2016
    本調査レポートでは、世界のステンレストロリー市場2016について調査・分析し、ステンレストロリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプロジェクターの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、3Dプロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(DLP、LCD、LCoS)分析、光源別(レーザー、メタルハライド、ハイブリッド、LED)分析、輝度別分析、解像度別分析、3Dプロジェクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、3Dプロジェクターの世界市場規模が2019年31億ドルから2024年44億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。
  • 中国のLIDAR(光検出及び測距)市場2015
    本調査レポートでは、中国のLIDAR(光検出及び測距)市場2015について調査・分析し、LIDAR(光検出及び測距)の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チップ・オン・フレックス(COF)の世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、チップ・オン・フレックス(COF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、チップ・オン・フレックス(COF)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 賦形剤の世界市場2012–2025:製品別(ポリマー(MCC、アルファでんぷん、デンプングリコール酸ナトリウム、CMC、HPMC、MC、ポビドン)、アルコール、ミネラル、砂糖・ゼラチン)
    本調査レポートでは、賦形剤の世界市場について調査・分析し、賦形剤の世界市場動向、賦形剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別賦形剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • サウジアラビアの脊椎手術装置市場見通し
  • ヒストンデアセチラーゼ2(HDAC2)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヒストンデアセチラーゼ2(HDAC2)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒストンデアセチラーゼ2(HDAC2)阻害剤の概要 ・ヒストンデアセチラーゼ2(HDAC2)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のヒストンデアセチラーゼ2(HDAC2)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒストンデアセチラーゼ2(HDAC2)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヒストンデアセチラーゼ2(HDAC2)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 防カビ剤の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の防カビ剤市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・防カビ剤の世界市場:イントロダクション ・防カビ剤の世界市場:市場概観 ・防カビ剤の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・防カビ剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・防カビ剤の世界市場:主要地域別市場分析 ・防カビ剤の世界市場:関連企業分析
  • 世界のEVA(エチレン・酢酸ビニル共重合体)市場2016
    本調査レポートでは、世界のEVA(エチレン・酢酸ビニル共重合体)市場2016について調査・分析し、EVA(エチレン・酢酸ビニル共重合体)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アンチエイジング製品の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アンチエイジング製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンチエイジング製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアンチエイジング製品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.28%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Beiersdorf、L’Oréal、Procter & Gamble (P&G)、Shiseido、Unilever等です。
  • 群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome)の概要 ・群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・群発頭痛症候群(Cluster Hea …
  • レディーミックスコンクリートの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、レディーミックスコンクリートの世界市場について調べ、レディーミックスコンクリートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、レディーミックスコンクリートの市場規模をセグメンテーション別(用途別(非家庭用、家庭用)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はレディーミックスコンクリートの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・レディーミックスコンクリートの市場状況 ・レディーミックスコンクリートの市場規模 ・レディーミックスコンクリートの市場予測 ・レディーミックスコンクリートの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(非家庭用、家庭用) ・レディーミックスコンクリートの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析 …
  • 酒気検知器の世界市場分析:技術別(燃料電池、半導体センサー、赤外線(IR)分光法、その他)、用途別(薬物乱用検出、アルコール検出、医療用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、酒気検知器の世界市場について調査・分析し、酒気検知器の世界市場動向、酒気検知器の世界市場規模、市場予測、セグメント別酒気検知器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インキ用添加剤の世界市場予測(~2021年):レオロジー調整剤、スリップ剤/ラブ剤、消泡剤、分散剤
    当調査レポートでは、インキ用添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、インキ用添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤の概要 ・ナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ナトリウム依存グルコーストランスポータ1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 植物ベースタンパク質サプリメントの世界市場:性質別(有機、従来)、製品タイプ別(大豆、スピルリナ、カボチャの種、エンドウ、その他)、形態別(プロテインパウダー、プロテインバー、即席飲料)、用途別(スポーツ栄養、栄養補助食品)、 流通経路別(ハイパーマーケット/スーパーマーケット、専門店、オンラインストア)
    本市場調査レポートでは植物ベースタンパク質サプリメントについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、性質別(有機、従来)分析、製品タイプ別(大豆、スピルリナ、カボチャの種、エンドウ、その他)分析、形態別(プロテインパウダー、プロテインバー、即席飲料)分析、用途別(スポーツ栄養、栄養補助食品)分析、流通経路別(ハイパーマーケット/スーパーマーケット、専門店、オンラインストア)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・植物ベースタンパク質サプリメントの世界市場:性質別(有機、従来) ・植物ベースタンパク質サプリメントの世界市場:製品タイプ別(大豆、スピルリナ、カボチャの種、エンドウ、その他) ・植物ベースタンパク質サプリメントの世界市場:形態別(プロテインパウダー、プロテインバー、即席飲料) ・植物ベースタンパク質サプリメントの世界市場:用途別(スポーツ栄養、栄養補助食品) ・植物ベースタンパク質サプリメントの世界市場:流通経路別(ハイパーマーケット/スーパーマーケット、専門店、オンライン …
  • ダイカストマシンの世界市場:種類別(冷蔵室ダイカストマシン、温水室ダイカストマシン、重力ダイカストマシン)、材料別(アルミニウム、亜鉛、マグネシウム、その他)、エンドユーザー別(輸送、機械設備、製造設備、建築、建設、その他)
    本調査レポートでは、ダイカストマシンの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(冷蔵室ダイカストマシン、温水室ダイカストマシン、重力ダイカストマシン)分析、材料別(アルミニウム、亜鉛、マグネシウム、その他)分析、エンドユーザー別(輸送、機械設備、製造設備、建築、建設、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ダイカストマシンの世界市場:種類別(冷蔵室ダイカストマシン、温水室ダイカストマシン、重力ダイカストマシン) ・ダイカストマシンの世界市場:材料別(アルミニウム、亜鉛、マグネシウム、その他) ・ダイカストマシンの世界市場:エンドユーザー別(輸送、機械設備、製造設備、建築、建設、その他) ・ダイカストマシンの世界市場:地域別 ・企業概要
  • イタリアの血栓管理装置市場(~2021)
  • 糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis)の概要 ・糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastroparesis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糖尿病性胃不全麻痺(Diabetic Gastr …
  • 韓国の心臓補助装置市場(~2021)
  • シリコンオンインシュレーター(SOI)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シリコンオンインシュレーター(SOI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、ウェハーサイズ別(200mm以下、300mm)分析、ウェハータイプ別(RF-SOI、FD-SOI、PD-SOI、パワーSOI、最新式SOI)分析、用途別(民生機器、自動車、データ通信、工業)分析、技術別分析、シリコンオンインシュレーター(SOI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • PDE 3阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPDE 3阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PDE 3阻害薬の概要 ・PDE 3阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のPDE 3阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PDE 3阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PDE 3阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オーストラリアの微生物培養市場動向(~2021)
  • ドキュメントスキャナーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ドキュメントスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドキュメントスキャナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 青色ダイオードレーザーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、青色ダイオードレーザーの世界市場について調査・分析し、青色ダイオードレーザーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別青色ダイオードレーザーシェア、市場規模推移、市場規模予測、青色ダイオードレーザー種類別分析(シングルモード、マルチモード)、青色ダイオードレーザー用途別分析(バイオ/医療、レーザープロジェクタ・スキャナー、ブルーレイ機器、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・青色ダイオードレーザーの市場概観 ・青色ダイオードレーザーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・青色ダイオードレーザーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・青色ダイオードレーザーの世界市場規模 ・青色ダイオードレーザーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・青色ダイオードレーザーのアメリカ市場規模推移 ・青色ダイオードレーザーのカナダ市場規模推移 ・青色ダイオードレーザーのメキシコ市場規模推移 ・青色ダイオードレーザーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス …
  • 世界の肺薬物送達システム市場2015
    本調査レポートでは、世界の肺薬物送達システム市場2015について調査・分析し、肺薬物送達システムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトップ10自動車アフターマーケット部品市場
  • 世界の超音波ホモジナイザー市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波ホモジナイザー市場2015について調査・分析し、超音波ホモジナイザーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートリテールの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートリテールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ビジュアルマーケティング、スマートラベル、スマートペイメントシステム、インテリジェントシステム、ロボティクス、アナリティクス)分析、スマートリテールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動タイヤインフレーションシステムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動タイヤインフレーションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(中央、連続)分析、コンポーネント別(ECU、コンプレッサー、圧力センサー)分析、オンハイウェイ車両別(PC、CV)分析、オフハイウェイ車両別(農業、建設)分析、自動タイヤインフレーションシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオディーゼルの世界市場2017-2021:植物油、動物性脂肪、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、バイオディーゼルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオディーゼルの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイオディーゼルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はArcher Daniels Midland、BIOX、Bunge、Cargill、Wilmar International等です。
  • エッセンシャルオイルの世界市場分析:製品別(オレンジ、コーンミント、ユーカリ、シトロネラ、ペパーミント、レモン、クローブリーフ、ライム、スピアミント)、用途別(医療、食品・飲料、スパ・リラクゼーション、クリーニング・ホーム)、セグメント予測
    本調査レポートでは、エッセンシャルオイルの世界市場について調査・分析し、エッセンシャルオイルの世界市場動向、エッセンシャルオイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別エッセンシャルオイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ITトレーニングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ITトレーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ITトレーニング市場規模、製品別(インフラストラクチャー、開発、データベース、セキュリティ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ITトレーニングの世界市場概要 ・ITトレーニングの世界市場環境 ・ITトレーニングの世界市場動向 ・ITトレーニングの世界市場規模 ・ITトレーニングの世界市場:業界構造分析 ・ITトレーニングの世界市場:製品別(インフラストラクチャー、開発、データベース、セキュリティ、その他) ・ITトレーニングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ITトレーニングのアメリカ市場規模・予測 ・ITトレーニングのヨーロッパ市場規模・予測 ・ITトレーニングのアジア市場規模・予測 ・ITトレーニングの主要国分析 ・ITトレーニングの世界市場:意思決定フレームワーク ・ITトレーニングの世界市場:成長要因、課題 ・ITトレーニングの世界市 …
  • コグニティブセキュリティの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コグニティブセキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コグニティブセキュリティ市場規模、用途別(BFSI、医療、小売・その他、ICT、政府)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コグニティブセキュリティの世界市場概要 ・コグニティブセキュリティの世界市場環境 ・コグニティブセキュリティの世界市場動向 ・コグニティブセキュリティの世界市場規模 ・コグニティブセキュリティの世界市場:業界構造分析 ・コグニティブセキュリティの世界市場:用途別(BFSI、医療、小売・その他、ICT、政府) ・コグニティブセキュリティの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コグニティブセキュリティのアメリカ市場規模・予測 ・コグニティブセキュリティのヨーロッパ市場規模・予測 ・コグニティブセキュリティのアジア市場規模・予測 ・コグニティブセキュリティの主要国分析 ・コグニティブセキュリティの世界市場:意思決定フレームワーク ・コ …
  • 商業用衛星画像の世界市場:用途別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、商業用衛星画像の世界市場について調査・分析し、市場概要、用途別(地理空間データ取得&マッピング、計画&開発、災害管理、エネルギー&天然資源管理、監視&セキュリティ、防衛&インテリジェンス、その他)分析、エンドユーザー別(政府、軍事防衛、林業&農業、エネルギー、土木工学&考古学、輸送&物流、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・商業用衛星画像の世界市場:用途別(地理空間データ取得&マッピング、計画&開発、災害管理、エネルギー&天然資源管理、監視&セキュリティ、防衛&インテリジェンス、その他) ・商業用衛星画像の世界市場:エンドユーザー別(政府、軍事防衛、林業&農業、エネルギー、土木工学&考古学、輸送&物流、その他) ・商業用衛星画像の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 凝集剤及び凝固剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、凝集剤及び凝固剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、凝集剤及び凝固剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 敗血症治療薬の世界市場2019-2023
    敗血症は、微生物感染に対する人体の全身性炎症反応を指します。その結果、血流不全となり、臓器に損傷がおよびます。抗生物質および昇圧薬は、敗血症の治療に最も一般的に使用されている薬です。敗血症の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率5.41%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Akorn、Baxter、Fresenius、Novartis、Pfizerなどです。 当調査レポートでは、敗血症治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、敗血症治療薬市場規模、製品別(抗菌療法、補助療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・敗血症治療薬の世界市場概要 ・敗血症治療薬の世界市場環境 ・敗血症治療薬の世界市場動向 ・敗血症治療薬の世界市場規模 ・敗血症治療薬の世界市場:業界構造分析 ・敗血症治療薬の世界市場:製品別(抗菌療法、補助療法) ・敗血症治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・敗血症治療薬の北米市場規模・予 …
  • メーターデータ管理システムの世界市場予測(~2023年)
    メーターデータ管理システムの世界市場は、2018年の推定1億6,900万米ドルから2023年には4億2,800万米ドルに達し、この期間中20.48%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、政府支援の増加、スマートメーターやスマートグリッドの設置に関する法的要件の引き上げ、エネルギー効率を高める必要性などが考えられます。一方で、サイバーセキュリティや生成データの脆弱性、および規格の相互運用性の欠如により、市場の成長は妨げられています。当調査レポートでは、メーターデータ管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、ユーティリティ別(電気、ガス、水道)分析、用途別(スマートグリッド、マイクログリッド、エネルギー貯蔵、EV充電)分析、エンドユーザー別(住宅、商業、工業)分析、メーターデータ管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"