"ヘッドライト制御モジュールの世界市場予測(~2027年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT-7205)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ヘッドライト制御モジュールの世界市場予測(~2027年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Rising disposable income and increasing sales of premium vehicles and SUVs to drive the growth of the headlight control module market.”
The headlight control module market is projected to grow from USD 3.6 billion in 2019 to USD 5.0 billion in 2027 at a CAGR of 4.3% during the forecast period. Headlight control modules are installed typically in premium vehicles and SUVs as a superior feature. The increasing sales of these cars are expected to drive the growth of the market. Moreover, consumers are becoming more aware regarding the benefits of the headlight control module like better visibility of roads, especially at night and during low-visibility weather conditions. Furthermore, the rising sales of electrified, semi-autonomous, and autonomous vehicles are expected to open new opportunities for the growth of the market over the next few years.

“Passenger vehicle segment is expected to be the fastest growing segment during the forecast period”

The headlight control modules are used mostly in passenger vehicles where the customer is aware of the benefits of adaptive headlights and is ready to invest. Moreover, advancing technology catering to this vehicle segment coupled with quick consumer adaptability for these modules is expected to drive the growth of the market during the forecast period.

“Headlight control module used in the SUV-C vehicle segment is expected to lead the market globally.”

SUV-Cs were the largest buyers of headlight control modules as these vehicles are driven typically through rough terrains and weather. Thus, consumers willingly invest in these modules as they provide better visibility, subsequently enhancing the safety of the driver and passengers. Moreover, the rising sales of SUV-Cs over recent years has driven sales of headlight control modules and this trend is expected to continue during the forecast period.

“Headlight leveling and bending/cornering feature are expected to be the fastest growing segments.”

Advancements in the technology and ever-increasing demand for efficient headlights has resulted in the growth of automotive lights. Leveling and bending/cornering headlight control modules have garnered tremendous popularity over the past few years on account of their ease of use and effective highlighting of roads and paths before turning. This is especially useful on sharp turns and bends on high altitudes. Rising consumer awareness regarding safety has resulted in driving the headlight control module market growth.

Asia Pacific is the largest market for the headlight control module, followed by North America

Asia Pacific has been witnessing significant growth in the new car sales volume over the past few years, especially in emerging economies such as China and India. High disposable income of consumer and quick adoption of advancing technology, especially in vehicles is expected to drive the demand for headlight control modules. Given below are a few key reasons driving the market for headlight control modules:
• Production of the SUV segment in India grew from 0.65 million units in 2016 to 0.97 million units in 2018 and the growth is expected to continue in the near future
• Production of the luxury segment (D and E) in China grew from 2.5 million in 2016 to 3.4 million units in 2018
• Moreover, production of the luxury SUV segment (SUV C and SUV D) increased from 2.31 million units in 2016 to 2.81 million units in 2018
• Haval H4, Tiggo 8, BMW X3, and SWM X7, among others, were a few models that were produced using adaptive lights in China in 2018

Many new models in the US that started offering LED adaptive headlights are Cadillac XT4, Honda Insight, Honda Passport, Opel Ampera-e, and BMW X7, among others. Moreover, the models that started offering adaptive halogen technologies include Holden Acadia, Ford Ranger, and Subaru Ascent, among others.

The headlight control module market is consolidated and dominated by a few global players. The key players in the market are Hella (Germany), Valeo (France), Continental (Germany), Denso (Japan), Hyundai Mobis (South Korea), Aptiv (Ireland), Osram (Germany), Magnetic Marelli (Italy), ZKW (Austria), Renesas (Japan), Lear Corporation (United States), Koito (Japan), NXP (Netherlands), Keboda (China), and Keetec (Slovakia)
 By Company Type: Tier I – 20%, Tier II – 40%, Tier III- 40%
 By Designation: C level – 20%, Director Level– 20%, Others– 60%
 By Region: Asia Pacific – 50%, Europe – 20%, North America – 20%, RoW – 10%

Note 1: Tier 1, Tier 2, and Tier 3 companies are classified based on their market shares, product portfolio, and regional & global presence. Tier 1: revenue more than USD 1 billion; Tier 2: revenue between USD 501 and USD 999 million; and Tier 3: revenue between USD 101 and 500 million.
Note 2: Others include Design Engineer, Exterior Lighting Designer, etc.

The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the headlight control module market, with their company profiles, SWOT analysis of the top 5 companies, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The headlight control module market has been segmented by technology (halogen, LED, and xenon), by function (on/off function, bending/curve lights, cornering lights, high beam assist, and headlight leveling), by vehicle type (passenger car and light commercial vehicle), by passenger vehicle segment (segment A, B, C, D, E, & F, SUV segment A, B, C, D, & E, and MPV), by region – Asia Pacific (China, India, Japan, South Korea, and Thailand), Europe (France, Germany, Italy, Russia, Spain, and the UK), North America (Canada, Mexico, and the US), and RoW (Brazil and South Africa)

Key Benefits of Buying the Report:
This report provides insights with reference to the following points:
 Market Size, by product type technology: The report offers in-depth market sizing and forecast up to 2027, in terms of value, by headlight technology (halogen, LED, and xenon).
 Market Size, by function: The report offers in-depth market sizing and forecast up to 2027 in terms of value, by functions of headlight control module (on/off function, bending/curve lights, cornering lights, high beam assist, and headlight leveling).
 The report provides “competitive leadership mapping” that profiles key players as visionary leaders, innovators, dynamic differentiators, and emerging companies.
 The report also provides “Revenue Impact” section that helps the headlight control module manufacturers to understand the key impacting factors for the headlight control module market.
 Market Development: The report provides comprehensive information about lucrative emerging markets for the headlight control module market across regions.
 Product Development/Innovation: The report gives detailed insights into R&D activities, upcoming technologies, and new product launches in the headlight control module market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ヘッドライト制御モジュールの世界市場予測(~2027年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Markets Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered in the Report
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.3 Primary Data
2.4 Market Size Estimation
2.5 Market Crackdown and Data Triangulation
2.6 Assumptions
3 Executive Summary
4 Premium Insights
5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.2 Restraints
5.2.3 Opportunities
5.2.4 Challenges
6 Global Market, By Technology
6.1 Introduction
6.2 Halogen
6.3 Led
6.4 Xenon
7 Global Market, By Function
7.1 Introduction
7.2 On/Off Function
7.3 Bending/Cornering
7.4 High Beam Assist
7.5 Headlight Levelling
8 Global Market, By Vehicle Type
8.1 Introduction
8.2 Passenger Car
8.3 Light Commercial Vehicle
9 Passenger Car HCM Market, By Vehicle Segment
9.1 Introduction
9.2 A Segment
9.3 B Segment
9.4 C Segment
9.5 D Segment
9.6 E Segment
9.7 F Segment
9.8 Suv A Segment
9.9 Suv B Segment
9.1 Suv C Segment
9.11 Suv D Segment
9.12 Suv E Segment
9.13 Mpv Segment
10 Global Market, By Region
10.1 Introduction
10.2 Asia Pacific
10.2.1 China
10.2.2 Japan
10.2.3 India
10.2.4 South Korea
10.2.5 Thailand
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.2 UK
10.3.3 France
10.3.4 Spain
10.3.5 Russia
10.3.6 Italy
10.4 North America
10.4.1 US
10.4.2 Mexico
10.4.3 Canada
10.5 Row
10.5.1 Brazil
10.5.2 South Africa
11 Competitive Landscape
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Introduction
11.2.2 Visionary Leaders
11.2.3 Innovators
11.2.4 Dynamic Differentiators
11.2.5 Emerging Companies
11.3 Competitive Leadership Mapping: Headlight Control Module Manufacturers, 2018
11.3.1 Competitive Benchmarking
11.3.2 Company-Wise Business Strategy Analysis
11.3.3 Company-Wise Product Offering Analysis
11.4 HCM Market Share Analysis
11.5 Competitive Situation & Trends
11.5.1 Expansion
11.5.2 Supply Contracts
11.5.3 New Product Launches/Developments
11.5.4 Agreements/Partnerships
12 Company Profiles
12.1 Introduction
12.2 Hella
12.3 Continental AG
12.4 Magneti Marelli
12.5 Valeo
12.6 ZKW
12.7 Renesas
12.8 Lear Corporation
12.9 Hyundai Mobis
12.10 Aptiv
12.11 NXP
12.12 Denso
12.13 Additional Companies
12.13.1 Koito
12.13.2 Keboda
12.13.3 Osram
12.13.4 Keetec

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ヘッドライト制御モジュールの世界市場予測(~2027年)
【発行日】2019年7月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT-7205
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車・輸送
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ヘッドライト制御モジュールの世界市場予測(~2027年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • アスレチック収納ロッカーの世界市場予測2019-2024
    「アスレチック収納ロッカーの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、金属、ラミネート、プラスチック・フェノール、その他など、用途別には、Schools、Gymnasiums、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。アスレチック収納ロッカーのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アスレチック収納ロッカーの世界市場概要(サマリー) ・アスレチック収納ロッカーの企業別販売量・売上 ・アスレチック収納ロッカーの企業別市場シェア ・アスレチック収納ロッカーの世界市場規模:種類別(金属、ラミネート、プラスチック・フェノール、その他) ・アスレチック収納ロッカーの世界市場規模:用途別(Schools、Gymnasiums、Other) ・アスレチック収納ロッカーの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アスレチック収納ロッカーのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アスレチック収納ロッカー …
  • デジタルパソロジーの世界市場
    当調査レポートでは、デジタルパソロジーの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・デジタルパソロジーの世界市場:用途別分析/市場規模 ・デジタルパソロジーの世界市場:技術別分析/市場規模 ・デジタルパソロジーの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・デジタルパソロジーの世界市場:地域別分析/市場規模 ・デジタルパソロジーのアメリカ市場規模予測 ・デジタルパソロジーのヨーロッパ市場規模予測 ・デジタルパソロジーのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界の潜水艦及びMRO市場2018-2028
  • 点頭てんかん治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、点頭てんかん治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、点頭てんかん治療薬の世界市場規模及び予測、剤形別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デルタロボットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、デルタロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デルタロボット市場規模、エンドユーザー別(食品・飲料、電気・電子、医薬品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デルタロボットの世界市場概要 ・デルタロボットの世界市場環境 ・デルタロボットの世界市場動向 ・デルタロボットの世界市場規模 ・デルタロボットの世界市場:業界構造分析 ・デルタロボットの世界市場:エンドユーザー別(食品・飲料、電気・電子、医薬品) ・デルタロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デルタロボットの北米市場規模・予測 ・デルタロボットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・デルタロボットのアジア太平洋市場規模・予測 ・デルタロボットの主要国分析 ・デルタロボットの世界市場:意思決定フレームワーク ・デルタロボットの世界市場:成長要因、課題 ・デルタロボットの世界市場:競争環境 ・デルタロボットの世界市場:関連企業情報(ベンダー分 …
  • アクチュエーターの世界市場2019-2023
    技術の進歩により、スマートアクチュエーターが開発されました。産業オートメーション化により、生産過程に影響を与える異なるプロセス変量を見分けるためのデータ分析が広く使われるようになり、フィールド機器として使うことができるスマートアクチュエーターの開発につながりました。 スマートアクチュエーターには、データモニタリング及びキャプチャリング能力を拡大するセンサーと電子機器が一体化されています。スマートアクチュエーターはまた、ロボットと連動しています。 Technavioのアナリストは、2023年までにアクチュエーターの世界市場が約6%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Emerson Electric、Flowserve、ITT、Rotork、SAMSON、SMC Corporationなどです。 当調査レポートでは、アクチュエーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アクチュエーター市場規模、製品別(電気、空気、油圧、機械)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、化学、電力、W&WW、金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨー …
  • ホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤の概要 ・ホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ホスホインシチド3-キナーゼデルタ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の無線スイッチ市場2016
    本調査レポートでは、世界の無線スイッチ市場2016について調査・分析し、無線スイッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルアナリティクスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、モバイルアナリティクスの世界市場について調査・分析し、モバイルアナリティクスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別モバイルアナリティクスシェア、市場規模推移、市場規模予測、モバイルアナリティクス種類別分析()、モバイルアナリティクス用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・モバイルアナリティクスの市場概観 ・モバイルアナリティクスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・モバイルアナリティクスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・モバイルアナリティクスの世界市場規模 ・モバイルアナリティクスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・モバイルアナリティクスのアメリカ市場規模推移 ・モバイルアナリティクスのカナダ市場規模推移 ・モバイルアナリティクスのメキシコ市場規模推移 ・モバイルアナリティクスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・モバイルアナリティクスのドイツ市場規模推移 ・モバイルアナリティクスのイギリス市 …
  • 人工頸椎椎間板の世界市場予測2019-2024
    「人工頸椎椎間板の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、メタルオンメタル、メタルオンポリマー、その他など、用途別には、Hospital、Clinic、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。人工頸椎椎間板のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・人工頸椎椎間板の世界市場概要(サマリー) ・人工頸椎椎間板の企業別販売量・売上 ・人工頸椎椎間板の企業別市場シェア ・人工頸椎椎間板の世界市場規模:種類別(メタルオンメタル、メタルオンポリマー、その他) ・人工頸椎椎間板の世界市場規模:用途別(Hospital、Clinic、Others) ・人工頸椎椎間板の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・人工頸椎椎間板のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・人工頸椎椎間板の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・人工頸椎椎間板の中東・アフリカ市場(エジプト、南ア …
  • メキシコの麻酔器市場動向(~2021)
  • 3Dレーザースキャナーの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、3Dレーザースキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、範囲別分析、製品種類別分析、商品別分析、用途別分析、3Dレーザースキャナーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キノア種子の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キノア種子の世界市場について調査・分析し、キノア種子の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キノア種子シェア、市場規模推移、市場規模予測、キノア種子種類別分析(黒色、赤、白色)、キノア種子用途別分析(直接食用、加工食用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キノア種子の市場概観 ・キノア種子のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キノア種子のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キノア種子の世界市場規模 ・キノア種子の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キノア種子のアメリカ市場規模推移 ・キノア種子のカナダ市場規模推移 ・キノア種子のメキシコ市場規模推移 ・キノア種子のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・キノア種子のドイツ市場規模推移 ・キノア種子のイギリス市場規模推移 ・キノア種子のロシア市場規模推移 ・キノア種子のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・キノア種子の日本市場規模推移 ・ …
  • 中国の携帯型充電器市場2015
    本調査レポートでは、中国の携帯型充電器市場2015について調査・分析し、携帯型充電器の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 核磁気共鳴画像法(MRI)装置の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、核磁気共鳴画像法(MRI)装置の世界市場について調査・分析し、核磁気共鳴画像法(MRI)装置の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 核磁気共鳴画像法(MRI)の概要 3. MRI装置市場2016-2026 4. 低磁場MRI装置2次市場2016-2026 5. 中磁場MRI装置2次市場2016-2026 6. 高磁場MRI装置2次市場2016-2026 7. 主要国のMRI装置市場2016-2026 8. 核磁気共鳴画像法装置市場における主要企業 9. MRI装置市場の定性分析2016 10. 結論
  • 世界のカゼイン&カゼイン塩市場
  • 金属コーティングの世界市場:塗装コイル、溶融亜鉛めっき、アルミニウム押出
    当調査レポートでは、金属コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属コーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 出会い系サービスの世界市場:種類別(オンライン、従来型)、サービス別(マッチメイキング、ソーシャルデート、アダルトデート、ニッチデート)、人口統計別(アダルト&ジェネレーションX)
    本調査レポートでは、出会い系サービスの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(オンライン、従来型)分析、サービス別(マッチメイキング、ソーシャルデート、アダルトデート、ニッチデート)分析、人口統計別(アダルト&ジェネレーションX)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・出会い系サービスの世界市場:種類別(オンライン、従来型) ・出会い系サービスの世界市場:サービス別(マッチメイキング、ソーシャルデート、アダルトデート、ニッチデート) ・出会い系サービスの世界市場:人口統計別(アダルト&ジェネレーションX) ・出会い系サービスの世界市場:地域別 ・企業概要
  • アジア太平洋の無段変速機(CVT)システム市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の無段変速機(CVT)システム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、アジア太平洋の無段変速機(CVT)システム市場規模及び予測、車両種類別分析、市場シェア、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のりん酸一アンモニウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のりん酸一アンモニウム市場2015について調査・分析し、りん酸一アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • EMI(電磁)シールドの世界市場予測(~2024年)
    EMI(電磁)シールドの世界市場は、2019年の63億米ドルから2024年には82億米ドルに達し、この期間中8.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、安全規制に対する要求、石油・ガス産業における安全システムに対する需要の高まり、人員・資産保護のための信頼性の高い安全システムに対するニーズの高まり、インダストリー4.0、危険な産業地域におけるオートメーションの拡大などが考えられます。EMI(電磁)シールドの需要は、クロック周波数の増加、高スルーレート、パッケージの高密度化、さらに小型、軽量、安価、低消費電力のデバイスへの需要の高まりによって高まっています。この市場の成長を促す要因として、5G技術の実行可能性を実現するための実地試験とパイロットプロジェクトによる継続的な実証および厳格なEMI規制などが考えられます。当調査レポートでは、EMI(電磁)シールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料(EMIシールドテープ・ラミネート、導電性コーティング剤・塗料、金属シールド、導電性 …
  • 不織布の世界市場予測(~2022年):技術、素材、用途、機能、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、不織布の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、技術別分析、材料別分析、用途別分析、機能別分析、不織布の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 統合職場管理システム(IWMS)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、統合職場管理システム(IWMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の音声認証市場規模・予測2017-2025:用途別(AI、非AI)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、強化デバイス)、業界別(自動車、消費者、政府、ホームセキュリティ・ホームオートメーション、ヘルスケア、小売、BFSI・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の音声認証市場について調査・分析し、世界の音声認証市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の音声認証関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • コールドチェーンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コールドチェーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、コールドチェーンの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場2015-2025:システムタイプ別(オーディオ、ビデオ、ヘッドアップ、ナビゲーション、後部座席娯楽システム)、接続性別、エンドユーザー別、用途別
    本調査レポートでは、電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場について調査・分析し、電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場動向、電気自動車(EV)インフォテインメントの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気自動車(EV)インフォテインメント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シングルサインオン(SSO)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、シングルサインオン(SSO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、シングルサインオン(SSO)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの血栓管理装置市場見通し
  • ドローン対策の世界市場分析:対策方法別(破壊式、非破壊式)、防衛タイプ別(検知・破壊、検知のみ)、エンドユーザー別(軍用・防衛、商用、自治体)、地域別、セグメント予測 2014 – 2024
    本調査レポートでは、ドローン対策の世界市場について調査・分析し、ドローン対策の世界市場動向、ドローン対策の世界市場規模、市場予測、セグメント別ドローン対策市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 無菌包装の世界市場予測(~2022年):カートン、ボトル、缶、バック、ポーチ
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、無菌包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオマーケティングの世界市場予測(~2023年)
    ジオマーケティングの世界市場は、2018年の73億米ドルから2023年には237億米ドルに達し、この期間中26.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長は、ビジネス成果の向上を実現するためのロケーションベースのインテリジェンスに対する需要の高まり、潜在的な市場および顧客に関する包括的かつ差別化された情報を提供するロケーションアナリティクスおよびビッグデータ、消費者間でロケーションベースアプリケーションが広く受け入れられていること、従来のマーケティングと比較してデジタルマーケティングへの投資が増えていることが考えられます。一方で、ジオマーケティング市場は、法的な懸念やプライバシーの脅威など、さまざまな障害に直面しています。企業は、ロケーションインテリジェンスツールで収集されたロケーションデータを使用する前に、法的およびプライバシー関連のすべての問題を適切に確認する必要があります。当調査レポートでは、ジオマーケティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ソフトウェア別(ロケーション・予測分析、レポ …
  • 世界の電気バス市場:推進種類別(BEV、PHEV、FCEV)、用途別(都市間および都市内)、消費者セグメント別(フリートオペレーターおよび政府)、範囲別、バス長さ別、出力別、バッテリー容量別、コンポーネント別、地域別
    MarketsandMarkets社は、電気バスの世界市場規模が2019年137千台から2027年935千台まで年平均27.2%成長すると予測しています。当資料では、世界の電気バス市場を統合的に調査・分析し、市場概要、消費者セグメント別(フリートオペレーター、政府)分析、用途別(都市間、都市内)分析、長さ別(9 M未満、9-14 M、14 M未満)分析、コンポーネント別(バッテリー、モーター、燃料電池スタック)分析、推進力別(バッテリー電気自動車(BEV)、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)、燃料電池電気自動車(FCEV))分析、範囲別(最大200マイル、201-400マイル、400マイル以上)分析、バッテリー容量別(最大400 kWh、400 kWh以上)分析、出力種類別(最大250 KW、250 KW以上)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・技術概要 ・世界の電気バス市場:消費者セグメント別(フリートオペレーター、政府) ・世界の電気バス市場:用途 …
  • コラーゲンペプチドの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コラーゲンペプチドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソース別(牛皮・骨、豚、家禽、魚類)分析、用途別(栄養製品、スナック・穀物、乳製品、飲料、肉・家禽製品)分析、コラーゲンペプチドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成紙の世界市場:製品別(BOPP、HDPE、PET)、用途別(ラベル、ラベルなし)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、合成紙の世界市場について調査・分析し、合成紙の世界市場動向、合成紙の世界市場規模、市場予測、セグメント別合成紙市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の風力タービン市場規模・予測2017-2025:機器別(タービンブレード、電力発電、風力ミルタワー、コントロール機器)、エンドユーズ別(産業用、家庭用、企業)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の風力タービン市場について調査・分析し、世界の風力タービン市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の風力タービン関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 半導体ガラスウエハーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体ガラスウエハーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体ガラスウエハー市場規模、用途別(自動車、工業、航空宇宙、防衛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体ガラスウエハーの世界市場概要 ・半導体ガラスウエハーの世界市場環境 ・半導体ガラスウエハーの世界市場動向 ・半導体ガラスウエハーの世界市場規模 ・半導体ガラスウエハーの世界市場:業界構造分析 ・半導体ガラスウエハーの世界市場:用途別(自動車、工業、航空宇宙、防衛、その他) ・半導体ガラスウエハーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体ガラスウエハーのアメリカ市場規模・予測 ・半導体ガラスウエハーのヨーロッパ市場規模・予測 ・半導体ガラスウエハーのアジア市場規模・予測 ・半導体ガラスウエハーの主要国分析 ・半導体ガラスウエハーの世界市場:意思決定フレームワーク ・半導体ガラスウエハーの世界市場:成長要因、課題 ・半導体ガラスウエハー …
  • 防火ダンパの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、防火ダンパの世界市場について調査・分析し、防火ダンパの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別防火ダンパシェア、市場規模推移、市場規模予測、防火ダンパ種類別分析(手動、動力付き)、防火ダンパ用途別分析(住居用建物、商業用建物、工業用建物、船舶、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・防火ダンパの市場概観 ・防火ダンパのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・防火ダンパのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・防火ダンパの世界市場規模 ・防火ダンパの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・防火ダンパのアメリカ市場規模推移 ・防火ダンパのカナダ市場規模推移 ・防火ダンパのメキシコ市場規模推移 ・防火ダンパのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・防火ダンパのドイツ市場規模推移 ・防火ダンパのイギリス市場規模推移 ・防火ダンパのロシア市場規模推移 ・防火ダンパのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・防火ダンパ …
  • アルミ複合材パネルの世界市場予測(~2021):耐火性、抗菌性、帯電防止性パネル
    当調査レポートでは、アルミ複合材パネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コーティング別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、アルミ複合材パネルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の口紅市場2015
    本調査レポートでは、世界の口紅市場2015について調査・分析し、口紅の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガス処理インフラの世界市場2016-2026
  • 世界のアブレーション装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、アブレーション装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アブレーション装置の概要 ・アブレーション装置の開発動向:開発段階別分析 ・アブレーション装置の開発動向:セグメント別分析 ・アブレーション装置の開発動向:領域別分析 ・アブレーション装置の開発動向:規制Path別分析 ・アブレーション装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別アブレーション装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・アブレーション装置の最近動向
  • 商業用空港照明の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、商業用空港照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商業用空港照明市場規模、製品別(LED照明、非LED照明)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商業用空港照明の世界市場概要 ・商業用空港照明の世界市場環境 ・商業用空港照明の世界市場動向 ・商業用空港照明の世界市場規模 ・商業用空港照明の世界市場:業界構造分析 ・商業用空港照明の世界市場:製品別(LED照明、非LED照明) ・商業用空港照明の世界市場:地域別市場規模・分析 ・商業用空港照明の北米市場規模・予測 ・商業用空港照明のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・商業用空港照明のアジア太平洋市場規模・予測 ・商業用空港照明の主要国分析 ・商業用空港照明の世界市場:成長要因、課題 ・商業用空港照明の世界市場:競争環境 ・商業用空港照明の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 乾癬治療薬の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、乾癬治療薬の世界市場について調査・分析し、乾癬治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 乾癬の概要 3. 乾癬治療薬の世界市場 2016-2026 4. 乾癬治療市場における主要治療薬 2016-2026 5. 主要国の乾癬治療市場 2016-2026 6. 乾癬治療薬研究開発パイプライン 2016 7. 乾癬治療薬市場における主要企業 2016 8. 乾癬治療薬市場の定性分析 2016-2026 9. 結論
  • 外骨格型ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、外骨格型ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、収益モデル分析、価格分析、外骨格型ロボットの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 搾乳器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、搾乳器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、搾乳器の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 北米の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 高効率モータの世界市場:DCモータ、同期モータ、非同期モータ
    当調査レポートでは、高効率モータの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・高効率モータの世界市場:製品別分析/市場規模 ・高効率モータの世界市場:種類別分析/市場規模 ・高効率モータの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・高効率モータの世界市場:用途別分析/市場規模 ・高効率モータの世界市場:地域別分析/市場規模 ・高効率モータのアメリカ市場規模予測 ・高効率モータのヨーロッパ市場規模予測 ・高効率モータのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 宇宙用SATCOM装置の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、宇宙用SATCOM装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(トランスポンダー、トランシーバー、コンバーター、アンプ、アンテナ)分析、衛星種類別(キューブサット、小、中、大)分析、エンドユーザー別(商業、政府、軍事)分析、用途別分析、宇宙用SATCOM装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、宇宙用SATCOM装置の世界市場規模が2019年28億ドルから2025年70億ドルまで年平均16.8%成長すると予測しています。
  • 断熱コンクリートフォーム の世界市場2017-2021:住宅、商業、工業、インフラ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、断熱コンクリートフォーム の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、断熱コンクリートフォーム の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は断熱コンクリートフォーム の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はIntegraSpec、Logix Insulated Concrete Forms、NUDURA、Quad-Lock Building Systems、SuperForm Products等です。
  • 髄膜炎菌性髄膜炎(Meningococcal Meningitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における髄膜炎菌性髄膜炎(Meningococcal Meningitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、髄膜炎菌性髄膜炎(Meningococcal Meningitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・髄膜炎菌性髄膜炎(Meningococcal Meningitis)の概要 ・髄膜炎菌性髄膜炎(Meningococcal Meningitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の髄膜炎菌性髄膜炎(Meningococcal Meningitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・髄膜炎菌性髄膜炎(Meningococ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"