"UV硬化装置の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-6157)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"UV硬化装置の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The inclination toward environmentally friendly products, along with stringent regulations regarding the use of green products and high performance & increased speed of UV curing systems than that of traditional ones are among major driving factors for UV curing system marketThe UV curing system market is expected to reach USD 6.1 billion by 2024 from USD 3.7 billion in 2019, at a CAGR of 10.3%. This growth can be attributed to the inclination toward environmentally friendly products, along with stringent regulations regarding the use of green products and high performance & increased speed of UV curing systems than that of traditional curing systems. Factors restraining the growth of the UV curing system market are the limited depth of cure.

Mercury lamp to hold the larger market share during the forecast period in UV curing system market
The UV curing system market for mercury lamps is expected to hold a larger market share during the forecast period. Mercury-based UV lamps have been extensively adopted for industrial and printing applications owing to the technological advancements and reduction in manufacturing time compared to traditional curing methods. Further, increasing government efforts, especially in the US and European countries to implement eco-friendly curing technologies, are encouraging industries to adopt UV curing systems.

UV flood curing system to grow at the highest share during the forecast period in UV curing system market
The market for UV flood curing systems is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. A UV flood curing system is designed to cure a large area or multiple assemblies at the same time, making it an ideal system for applications such as curing adhesives, sealants, and coatings.

Bonding & assembling application to hold the largest share of UV curing system market during the forecast period
The bonding & assembling application is expected to hold the largest share of the global UV curing system market during the forecast period. UV curing systems in the bonding & assembling application are used to bond or stick materials, such as glass, plastic, and metals which are required typically in industries, such as semiconductor and consumer electronics. The demand for UV curing systems for bonding & assembling is increasing because of their fast, flexible, and eco-friendly curing methods.

North America to be the largest shareholder, whereas RoW to register the highest CAGR during the forecast period
North America is expected to account for the largest share of the global UV curing system market during the forecast period, owing to the presence of key UV curing system manufacturers, such as Dymax, Phoeseon, and Baldwin Technology. The UV curing system market in RoW is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The Middle East accounted for a substantial share of the UV curing system market in ROW. Increasing awareness regarding the benefits of the technology is fueling the growth of the UV curing market in RoW.

The breakup of primaries conducted during the study is depicted below:
By Company Type: Tier 1 = 55%, Tier 2 = 20%, and Tier 3 = 25%
By Designation: C-Level Executives = 75% and Directors = 25%
By Region: North America = 10%, Europe = 20%, APAC = 40%, and RoW = 30%

Players in the UV curing system market include Baldwin Technology (US), Dymax (US), Nordson (US), Panasonic (Japan), Excelitas (US), Heraeus (Germany), Phoseon (US), Honle (Germany), Delo (Germany), Ist Metz (US), American Ultraviolet (US), Omron (Japan), Uvitron (US), Atlantic Zeiser (Germany), Benford (UK), Gew (EC) (UK), Hanovia (UK), Miltec (US), Thorlabs (US), and Hoya (Japan).
Factors such as high-growth prospects of UV curing technology in new applications and high acceptance of UV curing with the rapid development of bio-based products and resins are expected to generate opportunities for players in the UV curing system market.

Research Coverage
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast for the market based on technology, pressure type, type, application, end-user, and geography have been conducted to offer an overall view of the UV curing system market.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges of the UV curing system market have been detailed in the report.
• Opportunities in the market have been defined for stakeholders, along with the details of the competitive landscape for market leaders.
• Strategic profiling of key players in the UV curing system market has been included in the study, and the players have been ranked, along with their core competencies comprehensively analyzed.
• The study also covers the competitive leadership mapping for 25 players in the UV curing system market.

Reasons to Buy This Report
The report would help leaders/new entrants in the UV curing system market in the following ways:
1. This report segments the UV curing system market comprehensively and provides the closest market size estimations for segments across regions.
2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities governing market growth.
3. This report will help stakeholders understand their competitors better and gain insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, and growth strategies such as product launches, acquisitions, expansions, agreements, and collaborations.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"UV硬化装置の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.1.2.4 Breakdown of Primaries
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing the Market Share By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing the Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Ranking Estimation
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Opportunities in UV Curing System Market
4.2 UV Curing System Market, By Type
4.3 Market in APAC, By Application and Country
4.4 Market, By Application
4.5 Market, By Region
4.6 Country-Wise Analysis of Market
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Inclination Toward Environmentally Friendly Products, Along With Stringent Regulations Regarding Use of Green Products
5.2.1.2 High Performance and Increased Speed of UV Curing Systems Than That of Traditional Curing Systems
5.2.2 Restraint
5.2.2.1 Limited Depth of Curing
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 High-Growth Prospects of UV Curing Technology in New Applications
5.2.3.2 High Acceptance of UV Curing With Rapid Development of Bio-Based Products and Resins
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Risks Related to Hazardous Effects of Mercury Present in UV Mercury Lamps
5.3 Value Chain Analysis
6 UV Curing System Market, By Technology (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Mercury Lamps
6.2.1 Microwave Lamps
6.2.1.1 No Requirement of Restriking Operation Drives the Demand
6.2.2 ARC Lamps
6.2.2.1 Capability of Curing Large Length Drives Demand for ARC Lamps
6.3 UV LED Lamps
6.3.1 UV LED Lamps to Grow at the Higher Rate During the Forecast Period
7 UV Curing System Market, By Pressure Type (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 High
7.2.1 Growing Adoption By Commercial Applications to Boost Demand
7.3 Medium
7.3.1 Growing Applications in Food & Beverages, Medical, Electronics, Semiconductor, and Pharmaceuticals Industries Generating Demand
7.4 Low
7.4.1 Less Initial Equipment and Replacement Cost Drives Market Growth
8 UV Curing System Market, By Type (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Spot Cure
8.2.1 Less External Shielding Requirement Drives Demand for UV Spot Curing Systems
8.3 Flood Cure
8.3.1 Growing Adoption By Industrial Applications Drives Demand for UV Flood Curing Systems
8.4 Focused Beam
8.4.1 Ability to Cure Small Area at Short Exposure Time Boosts Demand for Focused-Beam UV Curing Systems
9 UV Curing System Market, By Application (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 Printing
9.2.1 Printing Application to Grow at the Highest Rate During the Forecast Period
9.3 Bonding and Assembling
9.3.1 Bonding and Assembling Application to Hold Largest Market Share Throughout Forecast Period
9.4 Coating and Finishing
9.4.1 Fine Quality and High Longevity of UV Curing Solutions Drive Market
9.5 Disinfection
9.5.1 Cost-Efficiency and Favorable Government Initiative for UV Disinfection Equipment Drive Market Growth
9.6 Others
10 UV Curing System Market, By End User (Page No. – 74)
10.1 Introduction
10.2 Aerospace and Defense
10.2.1 Weapon Coating
10.2.1.1 Reduced Drying Time and Cost of Curing and Drying Weapons Generated Demand
10.2.2 Aircraft
10.2.2.1 High Demand for Reducing Paint Process Flow Time in Airctaft Drive Market Growth
10.3 Automotive and Transportation
10.3.1 Decorating Interior Vehicle Assemblies
10.3.1.1 Faster Throughput and Less Downtime Makes UV Curing System Highly Suitable
10.3.2 Radios, Music Systems, and Navigation Consoles
10.3.2.1 Growing Need for Coating and Finishing in Automotive Boosts Demand
10.3.3 Wire Harnesses and Cables
10.3.3.1 Enhancement in Protection and Abrasion Resistance Through UV Curing Solutions Drives the Market
10.3.4 Printing Unique Identity Cards, Logos, and Markings on Glass
10.3.4.1 High Demand for Printing Inks in Automotive and Transportation Boost the Market
10.3.5 Coatings for Mirrors, Headlights, Tail Lights, Reflectors, and Lenses
10.3.5.1 UV Curing System Holds Substantial Share Pertaining to Coating in Automotive and Transportation
10.4 Construction and Architecture
10.4.1 Filling Cracks and Sealing Joints
10.4.1.1 High Use for Curing Internal and External Cracks and Joints Drives Market in This Segment
10.4.2 Sealants and Adhesives for Highways, Runways, Tunnels, Sidewalks, Parking Decks, Commercial Buildings, and Construction Projects
10.4.2.1 Strong Bonding to Most Substrates Makes UV Curing Ideal for Construction Projects
10.5 Semiconductor
10.5.1 Wafer Processing
10.5.1.1 UV Curing Solutions Largely Used for Wafer Processing in Semiconductor Industry
10.5.2 Printed Circuit Boards
10.5.2.1 UV Curing Systems Used in Bonding and Coating Processes of Printed Circuit Boards
10.5.3 Electronics Assembly
10.5.3.1 High Speed and Minimal Work Makes UV Curing Highly Suitable for Electronic Assembly
10.6 Energy
10.6.1 Oil and Gas Pipelines (Internal Coatings and External Coatings)
10.6.1.1 UV Curing Technologies Extensively Used to Coat Oil and Gas Pipelines in Energy Sector
10.7 Industrial and Machinery
10.7.1 Machinery (Farm, Woodworking, Industrial, Office, and Automatic Vending)
10.7.1.1 UV Curing System for Coating Machinery is Gaining High Importance in Industrial Sector
10.7.2 Equipment (Print Label and Packaging)
10.7.2.1 UV Curing Technologies are Preferred for Print Label and Packaging
10.8 Marine
10.8.1 Water Lines
10.8.1.1 UV Curing System Offers Strong Bonding Solution Against Harsh Environmental Conditions
10.8.2 Barges
10.8.2.1 UV Curing Systems are Used for Barges Painting and Drying
10.8.3 Canal Boats
10.8.3.1 UV Curing is an Ideal Solution to Insulate and Prevent Corrosion in Canal Boats
10.8.4 Yachts
10.8.4.1 UV Curing Technologies are Used in Yachts to Thicken the Outer/Inner Layers and Provide Resistance
10.9 Medical
10.9.1 Equipment (Catheters, Needle Bonders, Anesthesia Masks, Reservoirs, and Tube Sets)
10.9.1.1 Capability to Dispense Adhesive Consistently in Less Time Boost the Demand
10.9.2 Medical Electronics Assembly
10.9.2.1 UV Spot Cure and UV LED Flood Cure are Used for Medical Electronics Assembly
10.1 Consumer Electronics
10.10.1 Coatings on Plastic Parts of Electronics (Mobile Phones, Televisions, Laptops)
10.10.1.1 UV Curing Technologies Provide Shiny and Smooth Surface to Plastic Parts of Electronics
10.10.2 Displays of Electronic Devices
10.10.2.1 UV Curing is Deployed Before Assembling Displays of Electronics Devices
10.11 Others (Agriculture and Filtration (Air and Water))
11 Geographic Analysis (Page No. – 93)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 US Expected to Account for Largest Share of UV Curing System Market in North America Throughout the Forecast Period
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Canadian Market is Likely to Grow at Significant CAGR During Forecast Period
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Mexico to Witness Highest CAGR in North American Market
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Deployment in Diverse Industries and Presence of Major Manufacturers to Boost Demand for UV Curing Systems
11.3.2 France
11.3.2.1 Government Mandates to Follow Safety Standards Drive Adoption of UV Curing Systems in Country
11.3.3 UK
11.3.3.1 High Demand From Transportation Sector Drives Market Growth in UK
11.3.4 Netherlands
11.3.4.1 Growing Industrialization in Country Drives Market Growth
11.3.5 Rest of Europe
11.4 APAC
11.4.1 China
11.4.1.1 Growing Manufacturing Industry in China Boosts Demand for UV Curing Systems
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Increasing R&D Activities of Associations in Japan Drive Market Growth
11.4.3 South Korea
11.4.3.1 Growing Electronics Industry and Rising Implementation of Strict Emission Norms Propel Market Growth in South Korea
11.4.4 India
11.4.4.1 Rising Need for High-Performance Products Increases Demand for UV Curing in India
11.4.5 Rest of APAC
11.5 Rest of the World
11.5.1 South America
11.5.1.1 Less Awareness Regarding UV Curing Technology Hinders Market Growth
11.5.2 Middle East & Africa
11.5.2.1 High Adoption of UV Curing Systems Boosts Market Growth in Regions
12 Competitive Landscape (Page No. – 109)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis
12.3 Competitive Leadership Mapping
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Dynamic Differentiators
12.3.3 Innovators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Business Strategy Excellence (For 25 Players)
12.5 Strength of Product Portfolio (For 25 Players)
12.6 Competitive Scenario
12.6.1 Product Launches
12.6.2 Acquisitions and Expansions
12.6.3 Agreements and Collaborations
13 Company Profiles (Page No. – 118)
13.1 Introduction
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
13.2 Key Players
13.2.1 Dymax
13.2.2 Nordson
13.2.3 Baldwin Technology
13.2.4 Heraeus
13.2.5 Phoseon
13.2.6 Honle
13.2.7 Panasonic Corporation of North America
13.2.8 Delo
13.2.9 IST Metz
13.2.10 American Ultraviolet
13.3 Other Key Players
13.3.1 Omron
13.3.2 Excelitas
13.3.3 Uvitron
13.3.4 Atlantic Zeiser
13.3.5 Benford UV
13.3.6 Gew (EC)
13.3.7 Hanovia
13.3.8 Miltec UV
13.3.9 Thorlabs
13.3.10 Hoya
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 145)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】UV硬化装置の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年7月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-6157
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
UV硬化装置の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 石鹸の北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • 親水性塗料の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、親水性塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、基材別分析、需要先別分析、地域別分析、親水性塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 対話型システムの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、対話型システムの世界市場について調べ、対話型システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、対話型システムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(テキスト、音声)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は対話型システムの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均29%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・対話型システムの市場状況 ・対話型システムの市場規模 ・対話型システムの市場予測 ・対話型システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(テキスト、音声) ・対話型システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 鉱山設備の世界市場分析:製品別(鉱山掘削・破砕、粉砕、粉砕・スクリーニング装置、鉱物加工機械、表面鉱山設備)、用途別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、鉱山設備の世界市場について調査・分析し、鉱山設備の世界市場動向、鉱山設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別鉱山設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アメリカの遺伝子検査市場動向(~2021)
  • 航空機向け情報・監視・偵察(ISR)の世界市場2017-2021:無人航空機ISR、有人航空機ISR
    当調査レポートでは、航空機向け情報・監視・偵察(ISR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機向け情報・監視・偵察(ISR)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場について調査・分析し、麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別麻酔ビデオ咽頭鏡シェア、市場規模推移、市場規模予測、麻酔ビデオ咽頭鏡種類別分析(マイクロハンドヘルド型ユニット、大型ユニット)、麻酔ビデオ咽頭鏡用途別分析(緊急治療科、手術室、ラピッドレスポンスアプリケーション)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・麻酔ビデオ咽頭鏡の市場概観 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・麻酔ビデオ咽頭鏡のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・麻酔ビデオ咽頭鏡の世界市場規模 ・麻酔ビデオ咽頭鏡の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・麻酔ビデオ咽頭鏡のアメリカ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のカナダ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のメキシコ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・麻酔ビデオ咽頭鏡のドイツ市場規模推移 ・麻酔ビデオ咽頭鏡のイギリス …
  • アグリゲノミクスの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アグリゲノミクスの世界市場について調査・分析し、アグリゲノミクスの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アグリゲノミクスシェア、市場規模推移、市場規模予測、アグリゲノミクス種類別分析(イルミナHiSeq、サンガーシーケンサー、PacBioシーケンサー、SOLiDシーケンサー、その他)、アグリゲノミクス用途別分析(穀物、家畜)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アグリゲノミクスの市場概観 ・アグリゲノミクスのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アグリゲノミクスのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アグリゲノミクスの世界市場規模 ・アグリゲノミクスの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アグリゲノミクスのアメリカ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのカナダ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのメキシコ市場規模推移 ・アグリゲノミクスのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アグリゲノミクスのドイツ市場規模推移 ・アグリゲノミクス …
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の脊椎手術処置動向(~2021)
  • 特殊タイヤの世界市場:大型商用車/鉱業車両用タイヤ、農業機械用タイヤ、航空機用タイヤ
    当調査レポートでは、特殊タイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特殊タイヤの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 半導体資本設備の世界市場:設備タイプ別(自動試験装置、ダイレベルパッケージング・アセンブリ装置、ウェハレベル製造装置)、エンドユーザー別(メモリメーカー、ファウンドリ、IDM)、地域別予測
    本資料は、半導体資本設備の世界市場について調べ、半導体資本設備の世界規模、市場動向、市場環境、設備タイプ別(自動試験装置、ダイレベルパッケージング・アセンブリ装置、ウェハレベル製造装置)分析、エンドユーザー別(メモリメーカー、ファウンドリ、IDM)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・半導体資本設備の世界市場概要 ・半導体資本設備の世界市場環境 ・半導体資本設備の世界市場動向 ・半導体資本設備の世界市場規模 ・半導体資本設備の世界市場規模:設備タイプ別(自動試験装置、ダイレベルパッケージング・アセンブリ装置、ウェハレベル製造装置) ・半導体資本設備の世界市場規模:エンドユーザー別(メモリメーカー、ファウンドリ、IDM) ・半導体資本設備の世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体資本設備の北米市場規模・予測 ・半導体資本設備のアメリカ市場規模・予測 ・半導体資本設備のヨーロッパ市場規模・予測 ・半導体資本設備のアジア市場規模・予測 ・半導体資本 …
  • フランスの装具市場動向(~2021)
  • 高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia)の概要 ・高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・高トリグリセリド血症(High Triglyceridem …
  • 商業用海藻の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、商業用海藻の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商業用海藻市場規模、種類別(緑藻類、紅藻類、褐藻類、アルギン酸塩含有海藻、寒天含有海藻、カラギーナン含有海藻)分析、形態別(粉末、液体、フレーク)分析、収穫方法別(天然漁、養殖)分析、用途別(農業、飼料、食品、肥料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 商業用海藻の世界市場:市場動向分析 ・ 商業用海藻の世界市場:競争要因分析 ・ 商業用海藻の世界市場:種類別(緑藻類、紅藻類、褐藻類、アルギン酸塩含有海藻、寒天含有海藻、カラギーナン含有海藻) ・ 商業用海藻の世界市場:形態別(粉末、液体、フレーク) ・ 商業用海藻の世界市場:収穫方法別(天然漁、養殖) ・ 商業用海藻の世界市場:用途別(農業、飼料、食品、肥料、その他) ・ 商業用海藻の世界市場:主要地域別分析 ・ 商業用海藻の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 商業用海藻のヨーロッパ市場規模 ・ 商業用海藻の …
  • 医療ベッドの世界市場予測(~2022年):電動ベッド、手動ベッド、病院ベッド、介護ベッド
    当調査レポートでは、医療ベッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、活用別分析、用途別分析、種類別分析、需要先別分析、医療ベッドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用バルブ・タペット市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用バルブ・タペット市場2016について調査・分析し、自動車用バルブ・タペットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属容器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、金属容器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、金属容器市場規模、最終用途別(食品包装、飲料包装、パーソナルケア包装、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・金属容器の世界市場概要 ・金属容器の世界市場環境 ・金属容器の世界市場動向 ・金属容器の世界市場規模 ・金属容器の世界市場:業界構造分析 ・金属容器の世界市場:最終用途別(食品包装、飲料包装、パーソナルケア包装、その他) ・金属容器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・金属容器のアメリカ市場規模・予測 ・金属容器のヨーロッパ市場規模・予測 ・金属容器のアジア市場規模・予測 ・金属容器の主要国分析 ・金属容器の世界市場:意思決定フレームワーク ・金属容器の世界市場:成長要因、課題 ・金属容器の世界市場:競争環境 ・金属容器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 室内空気品質(IAQ)モニターの世界市場予測:固定式IAQモニター、携帯式IAQモニター
    当調査レポートでは、室内空気品質(IAQ)モニターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、汚染物質種類別分析、需要先別分析、地域別分析、室内空気品質(IAQ)モニターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グリホサートの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、グリホサートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、作物種類別分析、用途別分析、地域別分析、グリホサートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のランドリートロリー市場2016
    本調査レポートでは、世界のランドリートロリー市場2016について調査・分析し、ランドリートロリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のガススプリング市場2016
    本調査レポートでは、世界のガススプリング市場2016について調査・分析し、ガススプリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機内装用接着剤の世界市場予測(~2021年):IFE、シート、荷物置き場、ギャレー、パネル
    当調査レポートでは、航空機内装用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、樹脂種類別分析、製品種類別分析、航空機種類別分析、地域別分析、航空機内装用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コネクテッドカープラットフォームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、コネクテッドカープラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、コネクテッドカープラットフォームの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スペインのIVD(体外診断用医療機器)市場(~2021)
  • ヨーロッパ主要国の遺伝子検査市場動向(~2021)
  • 自動車金融の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車金融の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車金融の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPEBA市場2016
    本調査レポートでは、世界のPEBA市場2016について調査・分析し、PEBAの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデータセンターパワー市場規模・予測2017-2025:ソリューション別(配電・計測、電源バックアップ、ケーブル基盤)、サービス別(システム統合、トレーニング・コンサルティング、サポート・メンテナンス)、業界別(BFSI、小売、ICT、ヘルスケア、電力、政府・防衛)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデータセンターパワー市場について調査・分析し、世界のデータセンターパワー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデータセンターパワー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • レーザー・フィルタ保護(安全ゴーグル)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、レーザー・フィルタ保護(安全ゴーグル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーザー・フィルタ保護(安全ゴーグル)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • モロッコのバイオスティミュラント&バイオ農薬市場予測
  • 航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(AR、VR)分析、機能別(トレーニング、操作)分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(オンボード、オフボード)分析、航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場規模が2019年78百万ドルから2025年1372百万ドルまで年平均61.2%成長すると予測しています。
  • 世界の統合手術室管理市場予測2016-2022
    本調査レポートでは、世界の統合手術室管理市場について調査・分析し、世界の統合手術室管理市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ヨーロッパの衛星ベース地球観測市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパの衛星ベース地球観測市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの衛星ベース地球観測市場規模及び予測、産業別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • Androgenアゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAndrogenアゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Androgenアゴニスト(作動薬)の概要 ・Androgenアゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のAndrogenアゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Androgenアゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Androgenアゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 足保護具(FPE)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、足保護具(FPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、足保護具(FPE)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 塗料用樹脂の世界市場:アクリル樹脂、アルキド樹脂、ビニル樹脂、PU樹脂、エポキシ樹脂、アミノ樹脂、UPR、SPR
    当調査レポートでは、塗料用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合発電システムの世界市場
    当調査レポートでは、複合発電システムの世界市場について調査・分析し、複合発電システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 複合発電システムの世界市場:市場動向分析 - 複合発電システムの世界市場:競争要因分析 - 複合発電システムの世界市場:種類別 ・太陽光(PV)-ディーゼル複合型 ・風力-太陽-ディーゼル複合型 ・風力-ディーゼル - 複合発電システムの世界市場:エンドユーザー別 ・住居用 ・地方の施設の充電用 ・非住居用 ・その他 - 複合発電システムの世界市場:主要地域別分析 - 複合発電システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 複合発電システムのヨーロッパ市場規模 - 複合発電システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・複合発電システムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 輸送産業向けエアコンの世界市場2017-2021:自動車、鉄道、航空機
    当調査レポートでは、輸送産業向けエアコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、輸送産業向けエアコンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 装飾用塗料の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、装飾用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、装飾用塗料の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は装飾用塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AkzoNobel、The Sherwin-Williams Company、PPG Industries、Asian Paints、Kansai Paints等です。
  • リファビッシュ医療機器の世界市場2019-2023
    医療分野における民営化の増加に伴い、リファビッシュ医療機器の需要が高まっています。医療部門における民営化は、政府が医療部門に効果的に投資できないことや、より優れた医療サービスのイノベーションと技術に対する高い需要のために急速に増加しています。 例えば、サウジアラビアは2018年2月に医療民営化プログラムを開始しました。 同様に、2018年8月に、Koninklijke Philipsは、医療業界向けに患者中心のモニタリングソリューションを開発し、商品化している米国の医療技術企業Xhale Assuranceを買収しました。 Technavioのアナリストは、リファビッシュ医療機器の世界市場が2023年までに10%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Block Imaging、Canon、General Electric、Koninklijke Philips、Siemens Healthineersなどです。 当調査レポートでは、リファビッシュ医療機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リファビッシュ医療機器市場規模、製品別(画像診断装置、低 …
  • 海底ファイバーケーブルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、海底ファイバーケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海底ファイバーケーブルの世界市場規模及び予測、プロジェクト別分析、投資別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アイスクリームの世界市場2014–2025:製品種類別(インパルス、アルティザン、テイクアウト)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、アイスクリームの世界市場について調査・分析し、アイスクリームの世界市場動向、アイスクリームの世界市場規模、市場予測、セグメント別アイスクリーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 韓国の手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 屋内農業用換気・空調の世界市場:空調装置、換気装置
    Technavio社の本調査レポートでは、屋内農業用換気・空調の世界市場について調べ、屋内農業用換気・空調の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、屋内農業用換気・空調の市場規模をセグメンテーション別(製品別(空調装置、換気装置)、種類別(新規インストール、後付け)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は屋内農業用換気・空調の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均11%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・屋内農業用換気・空調の市場状況 ・屋内農業用換気・空調の市場規模 ・屋内農業用換気・空調の市場予測 ・屋内農業用換気・空調の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(空調装置、換気装置) ・市場セグメンテーション:種類別(新規インストール、後付け) ・屋内農業用換気・空調の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企 …
  • マテハン機器の世界市場:AGV(無人搬送車)、ASRS、自動クレーン、ロボット装置、自動コンベヤー、仕分けシステム
    当調査レポートでは、マテハン機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品種類別分析、システム種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 組込み型コンピュータの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、組込み型コンピュータの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、組込み型コンピュータ市場規模、アーキテクチャ別(x86、ARM、PowerPC、その他)分析、製品別(SBC、COM、スタンドアロンボード)分析、最終用途別(防衛、医療、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・組込み型コンピュータの世界市場概要 ・組込み型コンピュータの世界市場環境 ・組込み型コンピュータの世界市場動向 ・組込み型コンピュータの世界市場規模 ・組込み型コンピュータの世界市場:業界構造分析 ・組込み型コンピュータの世界市場:アーキテクチャ別(x86、ARM、PowerPC、その他) ・組込み型コンピュータの世界市場:製品別(SBC、COM、スタンドアロンボード) ・組込み型コンピュータの世界市場:最終用途別(防衛、医療、通信、その他) ・組込み型コンピュータの世界市場:地域別市場規模・分析 ・組込み型コンピュータのアメリカ市 …
  • 世界の政府部門におけるバイオメトリクス(生体認証)市場
    当調査レポートでは、世界の政府部門におけるバイオメトリクス(生体認証)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の政府部門におけるバイオメトリクス(生体認証)市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オランダの関節鏡検査装置市場見通し
  • 菌血症(Bacteremia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、菌血症(Bacteremia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・菌血症(Bacteremia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・菌血症(Bacteremia)のフェーズ3治験薬の状況 ・菌血症(Bacteremia)治療薬の市場規模(販売予測) ・菌血症(Bacteremia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・菌血症(Bacteremia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の菌血症(Bacteremia)治療薬剤
  • 建物断熱の世界市場分析・予測2017-2027:ウール断熱、プラスチックフォーム、壁断熱、屋根断熱、床断熱
    当調査レポートでは、建物断熱の世界市場について調査・分析し、建物断熱の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・建物断熱の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・建物断熱の世界市場:セグメント別市場分析 ・建物断熱の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"