"熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH-7220)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The thermochromic materials market is projected to register a CAGR of 9.5%, in terms of value, between 2019 and 2024.”
The market size of thermochromic materials is estimated at USD 1.3 billion in 2019 and is projected to reach USD 2.1 billion by 2024, at a CAGR of 9.5%. The market growth is attributed to the rising demand for thermochromic materials from applications such as food & beverage packaging, cosmetic & baby products packaging, pharmaceuticals packaging, and other smart packaging, among others. However, the high cost of thermochromic materials is restraining the growth of the market. In addition, leuco dyes shortage in China is the major challenge for the market growth.

“The leuco dyes material segment is projected to register the highest CAGR during the forecast period.”

Leuco dyes-based thermochromic materials are specialized dynamic materials that change colour when exposed to different temperatures. They exhibit less accurate temperature response than liquid crystals. They are majorly used in combination with some other pigments. This produces a color change of the base pigment and the color of the pigment combined with leuco dyes. Leuco dyes is the fastest-growing segment of the thermochromic materials market, by material and finds use in an array of end-use industries such as packaging, printing & coating, and medical.

“Printing & coating is projected to be the fastest-growing end-use industry of thermochromic materials during the forecast period.”

Printing & coating is the largest end-use industry of thermochromic materials. Thermochromic materials change color with the variation in temperature, which promotes their use in temperature-sensitive color coating. Thermochromic materials are also widely used in security printing applications such as vouchers, certificates, tickets, tax stamps, stock certificates, tamper-evident labels, passports and others. The property of thermochromic materials to change its color with fluctuation in temperature reversibly/irreversibly promotes their demand in several anti-counterfeiting applications.

“APAC is projected to be the fastest-growing thermochromic materials market during the forecast period.”

The APAC market is projected to register the highest growth for thermochromic materials, in terms of value and volume, owing to the rapid development of the printing & coating industry in the region. The growth is backed by the region’s favorable manufacturing conditions and the promising textile industry. The use of thermochromic materials as an important chemical intermediate in various applications such as food & beverage packaging, medical indicators, and thermal printing is driving the market in the country. Emerging economies such as India, China, and South Korea have been the major revenue pockets for the APAC market. The availability of inexpensive raw materials, labor, and land coupled with a moderately stringent regulatory framework are some of the factors that have aided the region to emerge as one of the leaders in the thermochromic materials market. These factors are fueling the thermochromic materials market in the APAC region.

This study was validated through primary interviews conducted with various industry experts, worldwide. The primary sources were divided into three categories, namely, company type, designation, and region.

• By Company Type– Tier 1: 57%, Tier 2: 29%, and Tier 3: 14%
• By Designation–C Level: 43%, Director Level: 35%, and Others: 22%
• By Region– APAC: 40% Europe: 30%, North America: 19%, Middle East & Africa: 6%, and South America: 5%

The report profiles several leading players of the thermochromic materials market that include OliKrom (France), LCR Hallcrest (US), Chromatic Technologies (CTI) (US), Matsui International Company (US), New Prisematic Enterprise (Taiwan), Smarol Industry (China), GEM’INNOV (France), Hali Industrial (China), Kolorjet (India), and Kolortek (China).The report also includes detailed information about various growth strategies adopted by these key players to strengthen their position in the thermochromic materials market.

Research Coverage:
The report offers insights on thermochromic materials used in various end-use industries across regions. It aims at estimating the size of the thermochromic materials market during the forecast period and projects the future growth of the market across the type, material, end-use industry, and region segments. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the thermochromic materials market along with their company profiles, SWOT analysis, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants in the thermochromic materials market by providing them with the closest approximations of the revenues for the overall market and its various sub-segments. This report will help stakeholders obtain a better understanding of the competitive landscape and gain insights to enhance their businesses and devise suitable market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and help acquire information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities affecting the growth of the thermochromic materials market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 thermochromic Materials Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered For the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 24)
4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Attractive Opportunities in the thermochromic Materials Market
4.2 Market, By Material
4.3 Market, By Country
4.4 Europe: Market, By End-Use Industry and Country
5 Market Overview (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Demand in Smart Packaging Application
5.2.1.2 Increased Demand For Product Differentiation and Improved Appearance of Products
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Higher Cost Than That of Conventional Inks and Colorants
5.2.2.2 Poor Light Fastness Properties
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand in Niche and Newer Applications
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Shortage of Leuco Dyes in China
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Bargaining Power of Buyers
5.3.3 Threat of New Entrants
5.3.4 Threat of Substitutes
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Thermochromic Materials Market, By Type (Page No. – 35)
6.1 Introduction
6.2 Reversible
6.3 Irreversible
7 Thermochromic Materials Market, By Material (Page No. – 38)
7.1 Introduction
7.2 Leuco Dyes
7.3 Liquid Crystals
7.4 Pigments
7.5 Others
7.5.1 Vanadium Oxide (Vo2)
7.5.2 Copper (I)-Iodide
8 Thermochromic Materials Market, By End-Use Industry (Page No. – 42)
8.1 Introduction
8.2 Packaging
8.3 Printing & Coating
8.4 Medical
8.5 Textile
8.6 Industrial
8.7 Others
9 Thermochromic Materials Market, By Region (Page No. – 46)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Increasing Use of Thermochromic Materials in Food Quality Indicators, Medical Devices, Food Packaging, and Security Printing is
Expected to Drive the Demand
9.2.2 Canada
9.2.2.1 The Growing Trend Among Manufacturers to Offer High-Quality Packaging to Differentiate their Brands is Fueling the Market
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 The Growing Food & Beverage Packaging and Thermal Printing Industries are Propelling the Demand
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Increasing Demand For Attractive Packaging Among Consumers is Contributing to the Market Growth
9.3.2 France
9.3.2.1 Thermochromic Materials are Used in Different Applications, Including Food & Beverage Packaging
9.3.3 UK
9.3.3.1 Growth in Smart and Sustainable Packaging is Boosting the Market
9.3.4 Italy
9.3.4.1 The Increasing Number of Packaging and Coating Manufacturers in the Country is Fueling the Market
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Growth in the Packaging, Medical, and Textile Industries is Boosting the Demand For Thermochromic Materials
9.3.6 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 Availability of Inexpensive Raw Materials, Labor, and Land, Along With A Moderately Stringent Regulatory Framework, is Fueling
the Market
9.4.2 Japan
9.4.2.1 The Growing Use of Smart Packaging in Printing Labels and Food & Beverage Applications is Driving the Demand
9.4.3 India
9.4.3.1 Growth of the Market is Attributed to the Growing Cosmetic & Food Packaging and thermal Printing Industries in the Country
9.4.4 South Korea
9.4.4.1 Consumer Preference For Color Changing and Smart Packaging Techniques is Driving the Market
9.4.5 Rest of APAC
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.1.1 The Growing Use of Thermochromic Materials in Food & Beverage Packaging Application is A Major Growth Driver
9.5.2 South Africa
9.5.2.1 The Paper and Packaging Industries are Creating Growth Opportunities For Thermochromic Materials Manufacturers
9.5.3 Rest of Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 The Increased Purchasing Power of Consumers is Influencing the Market Positively
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 The Development of the Industrial Base is A Major Growth Driver For the Market
9.6.3 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 80)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
10.2.1 Terminology/Nomenclature
10.2.1.1 Visionary Leaders
10.2.1.2 Innovators
10.2.1.3 Dynamic Differentiators
10.2.1.4 Emerging Companies
10.2.2 Strength of Product Portfolio
10.2.3 Business Strategy Excellence
10.3 Market Ranking of Key Players, 2018
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 New Product Launch, 2013–2018
10.4.2 Expansion, 2013–2018
10.4.3 Partnership & Agreement, 2013–2018
11 Company Profiles (Page No. – 88)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Olikrom
11.2 LCR HalLcrest
11.3 Chromatic Technologies
11.4 Matsui International Company
11.5 New Prisematic Enterprise
11.6 GEM’INNOV
11.7 Kolorjet
11.8 Kolortek
11.9 Smarol Industry
11.10 Hali Industrial
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.11 Other Players
11.11.1 Fx Pigments
11.11.2 N.C.C-New Color Chemical
11.11.3 Moving Colors
11.11.4 Good Life Innovations
11.11.5 Shanghai Caison Color Material Chem
11.11.6 H.W. Sands Corp.
11.11.7 Indestructible Paint
11.11.8 Eptanova
11.11.9 Yamamoto Chemical
11.11.10 Vipul Chemicals
12 Appendix (Page No. – 107)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年7月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH-7220
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ジオシンセティックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ジオシンセティックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ジオシンセティックス市場規模、種類別(ジオテキスタイル、ジオメンブレン、ジオグリッド、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ジオシンセティックスの世界市場概要 ・ジオシンセティックスの世界市場環境 ・ジオシンセティックスの世界市場動向 ・ジオシンセティックスの世界市場規模 ・ジオシンセティックスの世界市場:業界構造分析 ・ジオシンセティックスの世界市場:種類別(ジオテキスタイル、ジオメンブレン、ジオグリッド、その他) ・ジオシンセティックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ジオシンセティックスのアメリカ市場規模・予測 ・ジオシンセティックスのヨーロッパ市場規模・予測 ・ジオシンセティックスのアジア市場規模・予測 ・ジオシンセティックスの主要国分析 ・ジオシンセティックスの世界市場:意思決定フレームワーク ・ジオシンセティックスの世界市場:成 …
  • 世界のプロピレン市場2016
    本調査レポートでは、世界のプロピレン市場2016について調査・分析し、プロピレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 毒素ショック(Toxic Shock):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における毒素ショック(Toxic Shock)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、毒素ショック(Toxic Shock)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・毒素ショック(Toxic Shock)の概要 ・毒素ショック(Toxic Shock)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の毒素ショック(Toxic Shock)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・毒素ショック(Toxic Shock)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発 …
  • デジタルコインの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デジタルコインの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタルコインの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バストマッサージャーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、バストマッサージャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バストマッサージャーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 建物断熱の世界市場分析・予測2017-2027:ウール断熱、プラスチックフォーム、壁断熱、屋根断熱、床断熱
    当調査レポートでは、建物断熱の世界市場について調査・分析し、建物断熱の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・建物断熱の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・建物断熱の世界市場:セグメント別市場分析 ・建物断熱の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)のフェーズ3治験薬の状況 ・乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)治療薬の市場規模(販売予測) ・乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の乾癬性関節炎(Psoriatic Arthritis)治療薬剤
  • コンタクトレンズの世界市場予測
    Market Research Futureが出版した本調査レポートでは、コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、コンタクトレンズの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ディジタル保存装置の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、ディジタル保存装置の世界市場について調査・分析し、ディジタル保存装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ディジタル保存装置の世界市場:市場動向分析 ・ディジタル保存装置の世界市場:競争要因分析 ・ディジタル保存装置の世界市場:デバイス種類別分析/市場規模 ・ディジタル保存装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ディジタル保存装置の北米市場規模 ・ディジタル保存装置の欧州市場規模 ・ディジタル保存装置のアジア市場規模 ・ディジタル保存装置の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界のチオシアン酸アンモニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のチオシアン酸アンモニウム市場2016について調査・分析し、チオシアン酸アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マレーシアのバイオ農薬市場予測
  • アスペルギルス症(Aspergillosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアスペルギルス症(Aspergillosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アスペルギルス症(Aspergillosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アスペルギルス症(Aspergillosis)の概要 ・アスペルギルス症(Aspergillosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアスペルギルス症(Aspergillosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アスペルギルス症(Aspergillosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 中国のピメトロジン市場2015
    本調査レポートでは、中国のピメトロジン市場2015について調査・分析し、ピメトロジンの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリアミド6/10市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド6/10市場2015について調査・分析し、ポリアミド6/10の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シロップの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シロップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、シロップの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電子臨床成果評価(eCOA)ソリューションの世界市場分析:送達モード別(Webホスト、ライセンス企業、クラウドベース)、エンドユーザー別(病院、CRO、学術機関、バイオ製薬団体)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、電子臨床成果評価(eCOA)ソリューションの世界市場について調査・分析し、電子臨床成果評価(eCOA)ソリューションの世界市場動向、電子臨床成果評価(eCOA)ソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別電子臨床成果評価(eCOA)ソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ピストンシールの世界市場2017-2021:ダブルアクティング型、シングルアクティング型、カスタム設計型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ピストンシールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ピストンシールの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はピストンシールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Freudenberg Sealing Technologies、Kastas Sealing Technologies、Parker Hannifin、SKF、Trelleborg Sealing Solutions等です。
  • 中国の発電市場見通し
  • ボーンハーベスターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ボーンハーベスターの世界市場について調査・分析し、ボーンハーベスターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ボーンハーベスターシェア、市場規模推移、市場規模予測、ボーンハーベスター種類別分析(海綿骨採取、骨髄採取)、ボーンハーベスター用途別分析(公立病院、私立病院)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ボーンハーベスターの市場概観 ・ボーンハーベスターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ボーンハーベスターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ボーンハーベスターの世界市場規模 ・ボーンハーベスターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ボーンハーベスターのアメリカ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのカナダ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのメキシコ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ボーンハーベスターのドイツ市場規模推移 ・ボーンハーベスターのイギリス市場規模推移 ・ボーンハーベ …
  • ビタミンD3の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ビタミンD3の世界市場について調査・分析し、ビタミンD3の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ビタミンD3シェア、市場規模推移、市場規模予測、ビタミンD3種類別分析(オイル、粉末、結晶)、ビタミンD3用途別分析(食品業界、医薬品業界)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ビタミンD3の市場概観 ・ビタミンD3のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ビタミンD3のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ビタミンD3の世界市場規模 ・ビタミンD3の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ビタミンD3のアメリカ市場規模推移 ・ビタミンD3のカナダ市場規模推移 ・ビタミンD3のメキシコ市場規模推移 ・ビタミンD3のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ビタミンD3のドイツ市場規模推移 ・ビタミンD3のイギリス市場規模推移 ・ビタミンD3のロシア市場規模推移 ・ビタミンD3のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • 世界の神経外科ロボットシステム市場2015
    本調査レポートでは、世界の神経外科ロボットシステム市場2015について調査・分析し、神経外科ロボットシステムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTクラウドプラットフォームの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、IoTクラウドプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、プラットフォーム別分析、導入形態別分析、企業規模別分析、アプリケーション別分析、IoTクラウドプラットフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 海洋用電気自動車の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、海洋用電気自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海洋用電気自動車の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンライン・オンデマンド・ホーム・サービスの世界市場
    当調査レポートでは、オンライン・オンデマンド・ホーム・サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン・オンデマンド・ホーム・サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオシンセティクスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ジオシンセティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ジオシンセティクス市場規模、製品別(織布、一軸、多軸、不織布、二軸、ニット)分析、機能別(ろ過、強化、分離、排水)分析、技術別(押出、カレンダー成形、その他)分析、タイプ別(ジオフォーム、ジオシンセティックライナー、ジオテキスタイル、ジオグリッド、ジオネット、ジオコンポジット、ジオメンブレン、その他)分析、材料別(天然、高密度ポリエチレン(HDPE)、エチレンプロピレンジエンモノマー(EPDM)、低密度ポリエチレン(LDPE)、合成、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ジオシンセティクスの世界市場:市場動向分析 ・ ジオシンセティクスの世界市場:競争要因分析 ・ ジオシンセティクスの世界市場:製品別(織布、一軸、多軸、不織布、二軸、ニット) ・ ジオシンセティクスの世界市場:機能別(ろ過、強化、分離、排水) ・ ジオシンセティクスの世界市場:技術別( …
  • 塗料・コーティング剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、塗料・コーティング剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、塗料・コーティング剤市場規模、製品別(ハイソリッド塗料、特殊塗料、溶剤系塗料、水性塗料、粉体塗料)分析、樹脂別(粗アクリル塗料、アルキド塗料、酢酸塗料、アクリル酸ビニル塗料、スチレン/アクリル系塗料、その他)分析、成分別(一液、二液)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:市場動向分析 ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:競争要因分析 ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:製品別(ハイソリッド塗料、特殊塗料、溶剤系塗料、水性塗料、粉体塗料) ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:樹脂別(粗アクリル塗料、アルキド塗料、酢酸塗料、アクリル酸ビニル塗料、スチレン/アクリル系塗料、その他) ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:成分別(一液、二液) ・ 塗料・コーティング剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 塗料・コーティング剤の北米市場規模(ア …
  • 家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場:タイプ別(シングルドア、ダブルドア、サイドバイサイドドア、フレンチドア)、冷凍庫の位置別、セグメント予測
    家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場は2025年には1256億8000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、冷蔵庫の革新への投資拡大、所得水準の上昇、高仕様製品の低価格化などが考えられます。この市場は、消費者支出の増加と資金調達が容易になったことにより着実に成長しています。高級ブランド志向の高まりも、今後の市場の成長につながると期待されています。本調査レポートでは、家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場について調査・分析し、家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場動向、家庭用冷蔵庫および冷凍庫の世界市場規模、市場予測、セグメント別家庭用冷蔵庫および冷凍庫市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場:用途別(石油・ガス、農業・灌漑用、給水管、排水装置)、地域別予測
    本資料は、高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場について調べ、高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(石油・ガス、農業・灌漑用、給水管、排水装置)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場概要 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場環境 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場動向 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場規模 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場規模:用途別(石油・ガス、農業・灌漑用、給水管、排水装置) ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の世界市場:地域別市場規模・分析 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅の北米市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅のアメリカ市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅のヨーロッパ市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDPE)菅のアジア市場規模・予測 ・高密度ポリエチレン(HDP …
  • エフィリン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるエフィリン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・エフィリン受容体アンタゴニストの概要 ・エフィリン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のエフィリン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・エフィリン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・エフィリン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場について調査・分析し、プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別プラットフォーム補給船(PSV)シェア、市場規模推移、市場規模予測、プラットフォーム補給船(PSV)種類別分析(PSV < 3000 DWT、PSV > 3000 DWT)、プラットフォーム補給船(PSV)用途別分析(石油・ガス生産、海上工事、軍事、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・プラットフォーム補給船(PSV)の市場概観 ・プラットフォーム補給船(PSV)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・プラットフォーム補給船(PSV)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場規模 ・プラットフォーム補給船(PSV)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・プラットフォーム補給船(PSV)のアメリカ市場規模推移 ・プラットフォーム補給船(PSV)のカナダ市場規模推移 ・プラット …
  • 世界の血圧モニター市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、血圧モニターのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血圧モニターの概要 ・血圧モニターの開発動向:開発段階別分析 ・血圧モニターの開発動向:セグメント別分析 ・血圧モニターの開発動向:領域別分析 ・血圧モニターの開発動向:規制Path別分析 ・血圧モニターの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別血圧モニターの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・血圧モニターの最近動向
  • 巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の巨赤芽球性貧血(Megaloblastic Anemia)治療薬剤
  • 世界の医療用エアハンドリングユニット市場2016
    本調査レポートでは、世界の医療用エアハンドリングユニット市場2016について調査・分析し、医療用エアハンドリングユニットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の文書走査器市場2015
    本調査レポートでは、世界の文書走査器市場2015について調査・分析し、文書走査器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医薬品用パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界の医薬品用パッケージ市場2015について調査・分析し、医薬品用パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、地域別生産規模分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の産業用無線送信機市場
  • ヘアケアの北米市場
  • トップ20太陽光発電企業分析
  • 対話型AIの世界市場予測(~2024年)
    対話型AIの世界市場は、2019年の42億米ドルから2024年には157億米ドルに達し、この期間中30.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、AIを基盤としたカスタマーサポートサービス、オムニチャネルの導入、そしてチャットボット開発コスト削減に対する要求の増加が考えられます。一方で、認識の不足は市場の成長を抑制する可能性があります。当調査レポートでは、対話型AIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント(プラットフォーム、サービス)分析、タイプ(IVA、チャットボット)分析、技術分析、用途(カスタマーサポート、パーソナルアシスタント、カスタマーエンゲージメント・維持)分析、対話型AIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックフィルターの世界市場:ウォーターフィルター、空気フィルター
    当調査レポートでは、セラミックフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミックフィルターの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 食道胃接合部腺がん:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における食道胃接合部腺がんの治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、食道胃接合部腺がん治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・食道胃接合部腺がんの概要 ・食道胃接合部腺がんの治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の食道胃接合部腺がん治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・食道胃接合部腺がん治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・食道胃接合部腺がん治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 学生RFID追跡の世界市場
    当調査レポートでは、学生RFID追跡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学生RFID追跡の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • リボ核酸依存RNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるリボ核酸依存RNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・リボ核酸依存RNAポリメラーゼ阻害剤の概要 ・リボ核酸依存RNAポリメラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のリボ核酸依存RNAポリメラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リボ核酸依存RNAポリメラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・リボ核酸依存RNAポリメラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 農業バイオテクノロジーの世界市場:技術別(合成生物学、デオキシリボ核酸(DNA)配列、ゲノム編集ツール、リボ核酸(RNA)干渉、バイオチップ)、製品別(作物防護製品、トランスジェニック種子)、地域別予測
    本資料は、農業バイオテクノロジーの世界市場について調べ、農業バイオテクノロジーの世界規模、市場動向、市場環境、技術別(合成生物学、デオキシリボ核酸(DNA)配列、ゲノム編集ツール、リボ核酸(RNA)干渉、バイオチップ)分析、製品別(作物防護製品、トランスジェニック種子)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・農業バイオテクノロジーの世界市場概要 ・農業バイオテクノロジーの世界市場環境 ・農業バイオテクノロジーの世界市場動向 ・農業バイオテクノロジーの世界市場規模 ・農業バイオテクノロジーの世界市場規模:技術別(合成生物学、デオキシリボ核酸(DNA)配列、ゲノム編集ツール、リボ核酸(RNA)干渉、バイオチップ) ・農業バイオテクノロジーの世界市場規模:製品別(作物防護製品、トランスジェニック種子) ・農業バイオテクノロジーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業バイオテクノロジーの北米市場規模・予測 ・農業バイオテクノロジーのアメリカ市場規模・予 …
  • POSプリンターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、POSプリンターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、POSプリンター市場規模、製品別(PEB、HRSS)分析、エンドユーザー別(工業用、商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・POSプリンターの世界市場概要 ・POSプリンターの世界市場環境 ・POSプリンターの世界市場動向 ・POSプリンターの世界市場規模 ・POSプリンターの世界市場:業界構造分析 ・POSプリンターの世界市場:製品別(PEB、HRSS) ・POSプリンターの世界市場:エンドユーザー別(工業用、商業用、家庭用) ・POSプリンターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・POSプリンターの北米市場規模・予測 ・POSプリンターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・POSプリンターのアジア太平洋市場規模・予測 ・POSプリンターの主要国分析 ・POSプリンターの世界市場:意思決定フレームワーク ・POSプリンターの世界市場:成 …
  • 微生物検査の世界市場予測(~2022年):大腸菌、サルモネラ属、カンピロバクター属、レジオネラ、リステリア属
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、微生物検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、微生物種類別分析、技術別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、微生物検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の概要 ・季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の季節性アレルギー性鼻炎(Seasonal Allergic Rhinitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロ …
  • 世界の見えない矯正装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の見えない矯正装置市場2015について調査・分析し、見えない矯正装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルファ-2Cアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ-2Cアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ-2Cアンタゴニストの概要 ・アルファ-2Cアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ-2Cアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ-2Cアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ-2Cアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インターヴェンショナル画像下システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インターヴェンショナル画像下システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インターヴェンショナル画像下システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"