"地下ユーティリティ設備マッピングの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC-7214)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"地下ユーティリティ設備マッピングの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The underground utility mapping market is expected to grow at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 11.0% during the forecast period due to a rise in concerns over the safety of underground utilities.”
The global underground utility mapping market size is expected to grow from USD 842 million in 2019 to USD 1.4 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 11.0% during the forecast period. Rise in concerns over the safety of underground utilities, and government initiatives for the implementation of utility mapping tools are the major factors driving the growth of the underground utility mapping market.

“The technological solutions segment holds a significant market share.”

Over the past few years, the underground utility mapping technology has been growing and being incorporated into various verticals. Various utilities, such as electric wires, oil & gas pipelines, and water & sewage lines, can be detected, identified, and mapped using a variety of techniques to reduce the risk of potential damage to underground utilities during digging or excavation. The underground utility mapping market, based on technological solutions, has been segmented into electromagnetic induction, GPR, and others. Other technological solutions include magnetic locators, acoustic pipe locator, and vacuum excavator.

“Surveying & mapping segment is expected to have significant growth in the underground utility mapping market during the forecast period.”

In surveying & mapping, technicians use the latest technology with expert methods to explore detectable features underground. A suite of technology, including GPR and Electro-Magnetic Locators (EML), analyses reflected signals from structures, services, buried objects, and layers beneath the ground. With statutory record plans, visual inspections of all lifted services covered on site, technicians create an accurate plan of the subsurface environment in multiple formats, including 3D. Surveying & mapping reduce project planning time, minimize risk, and comply with health & safety regulations.

“North America is expected to have the largest market size, and Rest of the World (RoW) is projected to grow at a significantly high rate during the forecast period.”

North America leads the adoption of underground utility mapping applications due to the increasing demand for enhanced surveillance and construction activities that utilize projection mapping to build advanced maps and models. The region has a highly stable economy, which gives it an upper hand over other regions in terms of the vast utilization of underground utility mapping applications in various fields. Utility mapping solutions help identify the precise location of an underground utility, thereby enhancing public safety, increasing the integrity of underground utility, and avoiding accidents & mishaps during the repair, maintenance, and new construction activities. All these factors propel the growth of the market in North America. The American Public Works Association has developed color coding systems that help to identify existing underground utilities such as electrical, gas, water, and communication lines. The US is one of those countries in which these systems are deployed.

Major countries contributing to the underground utility mapping market in RoW are Brazil, South Africa, and some countries in the Middle East. Brazil is a key contributor to underground utility mapping solutions and services in this region. Factors driving the underground utility mapping market in RoW are market-friendly policies such as equal access to regional markets for non-resident investors and the government’s Growth Acceleration Program (PAC) that promotes investment in infrastructure. In South Africa, underground utility mapping is used for electricity and infrastructure verticals and is expected to grow at a significant rate during the forecast period. This growth can be attributed to the growing use of underground utility mapping applications for checking underground utilities during construction activities.

In the process of determining and verifying the market size of several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The break-up of the profiles of the primary participants is as follows:
• By Company: Tier 1 – 35 %, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-Level – 35%, Director Level – 25%, and Others – 40%
• By Region: North America – 45%, Europe – 20%, APAC – 30%, and Rest of the World (RoW) – 5%
The underground utility mapping market includes various major vendors such as Hexagon Geosystems, GSSI, US Radar, Plowman Craven, Cardno, Sensors & Software, Vivax-Metrotech, and multiVIEW Locates.

Research Coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the underground utility mapping market along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the underground utility mapping market by component (technological solutions & services), technological solutions (Electromagnetic Induction (EMI), Ground Penetrating Radar (GPR), and others), services (professional [surveying and mapping, training and education, and consulting] and managed services), verticals and region.

Key Benefits of Buying the Report:
The underground utility mapping market has been segmented on the basis of component (technological solutions and services), technological solutions (Electromagnetic Induction (EMI), Ground Penetrating Radar (GPR), and others), services (professional [surveying & mapping, training & education, and consulting] and managed services), verticals (Oil & Gas, Electricity, Government & Public Safety, Construction, Telecommunication, and Others) and region .

The report will help the market leaders/new entrants in the underground utility mapping market in the following ways:
1. The overall underground utility mapping market revenue stream has been estimated based on the revenues generated by vendors, offering underground utility mapping solutions and services inclusive of surveying and mapping, training and education, and consulting services, offered by professional service providers, including Managed Service Providers (MSPs). The report provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. The market numbers are further split into regions.
2. The report helps the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report will help the stakeholders to understand the competitors and gain more insights to better their market position. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product developments, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"地下ユーティリティ設備マッピングの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the Market
4.2 Market in North America, By Organization Size and Country, 2019
4.3 Underground Utility Mapping Market, By Region
4.4 Geographic Market Shares
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rise in Concerns Over the Safety of Underground Utilities
5.2.1.2 Government Initiatives for Implementation of Utility Mapping Tools
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Ownership and Maintenance Costs of Utility Mapping Tools
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 High Demand for Real-Time Utility Mapping Applications
5.2.3.2 Aging Infrastructure Creating the Need for Maintenance
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Concentrated Demand May Affect Market Growth
5.2.4.2 Lack of Expertise and Skills
5.3 use Cases
5.3.1 Aabsys
5.3.2 Tunisia
5.3.3 Geomodel
5.3.4 Sensors & Software
6 Underground Utility Mapping Market By Component (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Technological Solutions
6.2.1 Need for Real-Time Underground Mapping Expected to Increase the Demand for Technological Solutions
6.3 Services
6.3.1 Rise in Awareness of Utility Mapping Solutions Expected to Increase the Demand for the Utility Mapping Services
7 Underground Utility Mapping Market By Technological Solution (Page No. – 41)
7.1 Introduction
7.2 Electromagnetic Induction
7.2.1 Electromagnetic Induction Helps Map Underground Electromagnetic Field
7.3 Ground Penetrating Radar
7.3.1 Gpr Provides Accurate, Faster, and Effective Results as Compared to Other Techniques
7.4 Others
8 Underground Utility Mapping Market By Service (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 Professional Services
8.2.1 Surveying and Mapping
8.2.1.1 Surveying and Mapping Services Reduce Project Planning Time and Minimize Risk in Utility Mapping
8.2.2 Training and Education
8.2.2.1 Growing Need Among Enterprises for Eliminating Knowledge Gaps to Boost the Growth of Training and Education Services
8.2.3 Consulting
8.2.3.1 Consulting Services Help Assess, Design, Deploy, and Optimize Underground Utility Mapping Solutions
8.3 Managed Services
8.3.1 Managed Services Offer a Complete Suite to Enhance the End-User Experience Management
9 Underground Utility Mapping Market By Vertical (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 Oil and Gas
9.2.1 Underground Utility Mapping Helps Avoid Accidents and Provides Safety to Oil and Gas Pipelines
9.3 Electricity
9.3.1 Underground Utility Mapping Helps Get Accurate Information About Electric Lines
9.4 Government and Public Safety
9.4.1 Underground Utility Mapping Technology Helps Government and Public Sector in Efficient Designing and Planning of Urban and Rural Development
9.5 Construction
9.5.1 Underground Utility Mapping Technology Helps Accurately Scan and Analyze the Deterioration of Facilities/Structures, Bridges, Buildings, and Other Structures
9.6 Telecommunication
9.6.1 Emergence of 5g Technology to Increase the Demand for Underground Utility Mapping
9.7 Others
10 Underground Utility Mapping Market By Region (Page No. – 61)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Presence of Large-Scale 3D Mapping Enterprises to Drive the Market Growth in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Government Initiatives Toward the Adoption of Utility Mapping Technology to Advocate the Growth of the Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Government Initiatives Toward the Maintenance of Underground Utilities to Drive the Market
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Need for Rehabilitation of the Existing Degraded Structures, Including Roads, Bridges, Railways, and Waterways, Driving the Growth of the Market in Germany
10.3.3 France
10.3.3.1 Presence of Prominent Utility Mapping Service Providers to Drive the Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Rising Economic Activities and Increasing Government Initiatives to Drive the Growth of Market in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Adoption of Advanced Mapping Techniques to Drive Market in Japan
10.4.3 Australia and New Zealand
10.4.3.1 Government Initiatives and Usage of Underground Utility Mapping for Smart City Infrastructures to Enhance the Market in AnZ
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World
10.5.1 Latina America
10.5.1.1 Growing Demand for Utility Mapping in the Construction Industry to Drive the Market in Latin America
10.5.2 Middle East
10.5.2.1 Government Plans to Improve Urban Planning With Underground Utility Maps to Drive the Growth of Market in the Middle East
10.5.3 Africa
10.5.3.1 Advanced Technologies With Utility Maps to Improve Exploration Activities in the Oil and Gas Industry, to Drive the Growth of Underground Utility Mapping Market in Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 82)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Dynamic Differentiators
11.2.3 Innovators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 New Product/Service Launches, Service Expansions, and Product Upgrades
11.3.2 Partnerships and Collaborations
11.3.3 Mergers and Acquisitions
12 Company Profiles (Page No. – 89)
12.1 Hexagon Geosystems
(Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 Sensors & Software
12.3 Vivax-Metrotech
12.4 Enviroscan
12.5 multiVIEW Locates
12.6 Guideline Geo
12.7 US Radar
12.8 Global Detection Solution
12.9 Plowman Craven
12.10 Geophysical Survey Systems, Inc
12.11 Prostar Geocorp
12.12 Underground Services (Softdig)
12.13 Utility Mapping
12.14 Maverick Inspection
12.15 Cardno
*Details on Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 114)
13.1 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.2 Available Customizations
13.3 Related Reports
13.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】地下ユーティリティ設備マッピングの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年7月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC-7214
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信・IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
地下ユーティリティ設備マッピングの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のイソシアネート市場2015
    本調査レポートでは、世界のイソシアネート市場2015について調査・分析し、イソシアネートの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機パーソナルケア製品の世界市場:ヘアケア、化粧品、スキンケア、オーラルケア、女性衛星、脱臭剤
    当調査レポートでは、有機パーソナルケア製品の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・有機パーソナルケア製品の世界市場:製品別分析/市場規模 ・有機パーソナルケア製品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・有機パーソナルケア製品のアメリカ市場規模予測 ・有機パーソナルケア製品のヨーロッパ市場規模予測 ・有機パーソナルケア製品のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • クラウド課金の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、クラウド課金の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウド課金市場規模、種類別(メーター制課金、プロビジョニング、定期購読課金、クラウドサービス課金、その他)分析、展開モデル別(サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)、サービスとしてのインフラストラクチャー(IaaS))分析、プロバイダー別(通信・コミュニケーションサービスプロバイダー、管理サービスプロバイダー、クラウドサービスプロバイダー)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、用途別(収益管理、アカウント管理、顧客管理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ クラウド課金の世界市場:市場動向分析 ・ クラウド課金の世界市場:競争要因分析 ・ クラウド課金の世界市場:種類別(メーター制課金、プロビジョニング、定期購読課金、クラウドサービス課金、その他) ・ クラウド課金の世界市場:展開モデル別(サービスとして …
  • プロフェッショナルデンタルケアの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、プロフェッショナルデンタルケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、地域別分析、プロフェッショナルデンタルケアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • てんかん(Epilepsy):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、てんかん(Epilepsy)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・てんかん(Epilepsy):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・てんかん(Epilepsy)のフェーズ3治験薬の状況 ・てんかん(Epilepsy)治療薬の市場規模(販売予測) ・てんかん(Epilepsy)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・てんかん(Epilepsy)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のてんかん(Epilepsy)治療薬剤
  • ベリリウムの世界市場:用途別(産業、民生機器、自動車用電子機器、防衛、テレコム、エネルギー、医療)、地域別予測
    本資料は、ベリリウムの世界市場について調べ、ベリリウムの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(産業、民生機器、自動車用電子機器、防衛、テレコム、エネルギー、医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ベリリウムの世界市場概要 ・ベリリウムの世界市場環境 ・ベリリウムの世界市場動向 ・ベリリウムの世界市場規模 ・ベリリウムの世界市場規模:用途別(産業、民生機器、自動車用電子機器、防衛、テレコム、エネルギー、医療) ・ベリリウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベリリウムの北米市場規模・予測 ・ベリリウムのアメリカ市場規模・予測 ・ベリリウムのヨーロッパ市場規模・予測 ・ベリリウムのアジア市場規模・予測 ・ベリリウムの日本市場規模・予測 ・ベリリウムの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • テレコムIoTの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テレコムIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレコムIoTの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • データ品質ツールの世界市場予測(~2022年):顧客データ、製品データ、財務データ、コンプライアンスデータ、サプライヤーデータ
    当調査レポートでは、データ品質ツールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、データ種類別分析、構成要素別分析、業務機能別分析、企業規模別分析、データ品質ツールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データコンバータの世界市場予測(~2023年):A/Dコンバータ、D/Aコンバータ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データコンバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、サンプリング速度別分析、用途別分析、地域別分析、データコンバータの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血友病A(Hemophilia A):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、血友病A(Hemophilia A)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血友病A(Hemophilia A):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・血友病A(Hemophilia A)のフェーズ3治験薬の状況 ・血友病A(Hemophilia A)治療薬の市場規模(販売予測) ・血友病A(Hemophilia A)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・血友病A(Hemophilia A)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の血友病A(Hemophilia A)治療薬剤
  • 世界の噴霧乾燥器市場規模・予測2017-2025:ノズルアトマイザ、ロータリーアトマイザ、流動化
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の噴霧乾燥器市場について調査・分析し、世界の噴霧乾燥器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の噴霧乾燥器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ケアマネジメントソリューションの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ケアマネジメントソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ケアマネジメントソリューション市場規模、提供方式別(クラウドベース、オンプレミス、Webベース)分析、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア)分析、用途別(疾患管理、ユーティライゼーション管理、疾患管理)分析、エンドユーザー別(医療保険者(支払者)、医療提供者、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ケアマネジメントソリューションの世界市場:市場動向分析 ・ ケアマネジメントソリューションの世界市場:競争要因分析 ・ ケアマネジメントソリューションの世界市場:提供方式別(クラウドベース、オンプレミス、Webベース) ・ ケアマネジメントソリューションの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア) ・ ケアマネジメントソリューションの世界市場:用途別(疾患管理、ユーティライゼーション管理、疾患管理) ・ ケアマネジメントソリューション …
  • 自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場予測:試験、検査、認証
    MarketsandMarkets社は、自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場規模が2019年169億ドルから2024年221億ドルまで年平均5.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス種類別(試験、検査、認証)分析、調達種類別分析、用途別(車両検査、電気システム、およびコンポーネント)分析、自動車TIC(試験・検査・認証)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星製造・打ち上げの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、衛星製造・打ち上げの世界市場について調査・分析し、衛星製造・打ち上げの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別衛星製造・打ち上げシェア、市場規模推移、市場規模予測、衛星製造・打ち上げ種類別分析(OHB SE、LEO、GEO、MEO、GEO以上)、衛星製造・打ち上げ用途別分析(商用通信、地球観測、R&D、航空、軍事調査、科学、気象、非営利通信)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・衛星製造・打ち上げの市場概観 ・衛星製造・打ち上げのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・衛星製造・打ち上げのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・衛星製造・打ち上げの世界市場規模 ・衛星製造・打ち上げの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・衛星製造・打ち上げのアメリカ市場規模推移 ・衛星製造・打ち上げのカナダ市場規模推移 ・衛星製造・打ち上げのメキシコ市場規模推移 ・衛星製造・打ち上げのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・衛星製造・打ち上げのド …
  • コネクテッドエンタープライズの世界市場予測(~2021):プラットフォーム別(デバイス、接続性管理&アプリケーション対応)、ソリューション別、サービス別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、コネクテッドエンタープライズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、コネクテッドエンタープライズの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LEDトラック照明の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LEDトラック照明の世界市場について調査・分析し、LEDトラック照明の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LEDトラック照明シェア、市場規模推移、市場規模予測、LEDトラック照明種類別分析(1照明型、2照明型、4照明型、その他)、LEDトラック照明用途別分析(住居用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LEDトラック照明の市場概観 ・LEDトラック照明のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LEDトラック照明のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LEDトラック照明の世界市場規模 ・LEDトラック照明の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LEDトラック照明のアメリカ市場規模推移 ・LEDトラック照明のカナダ市場規模推移 ・LEDトラック照明のメキシコ市場規模推移 ・LEDトラック照明のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・LEDトラック照明のドイツ市場規模推移 ・LEDトラック照明のイギリス市場規模推移 ・ …
  • フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場について調査・分析し、フレキシブルパッケージングのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界のトランスファーケース市場2015
    本調査レポートでは、世界のトランスファーケース市場2015について調査・分析し、トランスファーケースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の輸液ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の輸液ポンプ市場2015について調査・分析し、輸液ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 花火の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、花火の世界市場について調査・分析し、花火の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別花火シェア、市場規模推移、市場規模予測、花火種類別分析(カテゴリA、カテゴリB、カテゴリC、カテゴリD)、花火用途別分析(政府、商業用、個人用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・花火の市場概観 ・花火のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・花火のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・花火の世界市場規模 ・花火の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・花火のアメリカ市場規模推移 ・花火のカナダ市場規模推移 ・花火のメキシコ市場規模推移 ・花火のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・花火のドイツ市場規模推移 ・花火のイギリス市場規模推移 ・花火のロシア市場規模推移 ・花火のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・花火の日本市場規模推移 ・花火の中国市場規模推移 ・花火の韓国市場規模推移 ・花火のインド市場規模推移 ・ …
  • 世界の元素分析市場2015
    本調査レポートでは、世界の元素分析市場2015について調査・分析し、元素分析の世界市場概要、市場規模、市場動向、世界及び中国市場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サングラスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、サングラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サングラスの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はサングラスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、LUXOTTICA GROUP、Safilo Group、Essilor、LVMH、MAUI JIM等です。
  • デジタルサイネージの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、デジタルサイネージの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルサイネージ市場規模、用途別(小売、QSR・レストラン、教育、ヘルスケア、その他)分析、製品別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、AU Optronics, Daktronics, HP, Panasonic, SAMSUNG ELECTRONICSなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・デジタルサイネージの世界市場概要 ・デジタルサイネージの世界市場環境 ・デジタルサイネージの世界市場動向 ・デジタルサイネージの世界市場規模 ・デジタルサイネージの世界市場:業界構造分析 ・デジタルサイネージの世界市場:用途別(小売、QSR・レストラン、教育、ヘルスケア、その他) ・デジタルサイネージの世界市場:製品別(ハードウェア、サービス、ソフトウェア) ・デジタルサイネージの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルサイネージの …
  • 窓用ソーラーコントロールフィルムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、窓用ソーラーコントロールフィルムの世界市場について調査・分析し、窓用ソーラーコントロールフィルムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別窓用ソーラーコントロールフィルムシェア、市場規模推移、市場規模予測、窓用ソーラーコントロールフィルム種類別分析(透明フィルム(無反射)、色付フィルム(無反射)、真空コーティングフィルム(反射))、窓用ソーラーコントロールフィルム用途別分析(公共施設、住宅建物、自動車)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・窓用ソーラーコントロールフィルムの市場概観 ・窓用ソーラーコントロールフィルムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・窓用ソーラーコントロールフィルムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・窓用ソーラーコントロールフィルムの世界市場規模 ・窓用ソーラーコントロールフィルムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・窓用ソーラーコントロールフィルムのアメリカ市場規模推移 ・窓用ソーラーコントロールフィルムのカナダ市場規模推移 …
  • マレーシアのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 腫瘍マーカー検査の世界市場:米国、欧州、日本
  • 敗血症検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • カナダの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 低アルコール飲料の世界市場
    当調査レポートでは、低アルコール飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低アルコール飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • コントロールバルブの世界市場予測(~2024年):ボール、バタフライ、ゲート、グローブ、チェック、プラグ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コントロールバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ別(ボール、バタフライ、ゲート、グローブ、チェック、プラグ)分析、バルブサイズ別分析、バルブコンポーネント別(アクチュエーター、バルブ本体、その他)分析、産業別(石油・ガス、水・廃水処理、エネルギー・電力)分析、コントロールバルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブルカメラの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、ウェアラブルカメラの世界市場について調査・分析し、ウェアラブルカメラの世界市場動向、ウェアラブルカメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別ウェアラブルカメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イタリアの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 生体認証技術の世界市場:最終用途別(政府、銀行・金融、輸送・物流、防衛・セキュリティ)、用途別(AFIS、虹彩、非AFIS)、セグメント予測
    生体認証技術の世界市場は2025年には593億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率19.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまなアプリケーションにおける生体認証技術に対する需要の高まりが考えられます。生体認証技術は、セキュリティ上の脅威に対処するために、公共、民間、商業といったさまざまな業界で採用されています。このことからも、予測期間にわたってこの市場が成長していくものと予想されます。本調査レポートでは、生体認証技術の世界市場について調査・分析し、生体認証技術の世界市場動向、生体認証技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別生体認証技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スウェーデンの関節鏡検査装置市場見通し
  • 自動車用燃料噴射ポンプの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用燃料噴射ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、圧力別分析、車両別分析、自動車用燃料噴射ポンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 美容医療の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、美容医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(ボトックス、ダーマルフィラー、脂肪吸引、セルライト除去、脂肪除去、皮膚引き締め、乳房インプラント、刺青除去、スレッドリフト)分析、エンドユーザー(クリニック、医療スパ、病院、美容センター)分析、美容医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-12阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-12阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-12阻害剤の概要 ・インターロイキン-12阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-12阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-12阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-12阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 骨関節炎用鎮痛剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、骨関節炎用鎮痛剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、骨関節炎用鎮痛剤の世界市場規模及び予測、剤形別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脂肪族アミンの世界市場分析
    本調査レポートでは、脂肪族アミンの世界市場について調査・分析し、脂肪族アミンの世界市場動向、脂肪族アミンの世界市場規模、市場予測、セグメント別脂肪族アミン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 背中支持体の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、背中支持体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、背中支持体の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 希少血友病因子の世界市場:治療法別(新鮮冷凍血漿、因子濃縮製剤、寒冷沈降物)、地域別、市場勢力図、セグメント予測
    本調査レポートでは、希少血友病因子の世界市場について調査・分析し、希少血友病因子の世界市場動向、希少血友病因子の世界市場規模、市場予測、セグメント別希少血友病因子市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • SRCチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるSRCチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・SRCチロシンキナーゼ阻害剤の概要 ・SRCチロシンキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のSRCチロシンキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・SRCチロシンキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・SRCチロシンキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ボイラ水処理の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ボイラ水処理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボイラ水処理の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用紹介管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、医療用紹介管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用紹介管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 紹介管理ソフトウェアは、病院やクリニックにおいて医療提供者や医師により使用されています。紹介管理ソフトウェアの使用により、費用の削減・管理、事務作業の効率化、患者の治療やケアの質全般を向上させることができます。Technavio社は医療用紹介管理ソフトウェアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均21.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Cerner• Eceptionist• eHealth Technologies• The Advisory Board Company• Persistent Systems等です。
  • 石鹸素地の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、石鹸素地の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石鹸素地の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科矯正サービスの世界市場
    当調査レポートでは、歯科矯正サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科矯正サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オンライン映画の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オンライン映画の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンライン映画の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 末期腎不全(末期腎疾患):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における末期腎不全(末期腎疾患)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、末期腎不全(末期腎疾患)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・末期腎不全(末期腎疾患)の概要 ・末期腎不全(末期腎疾患)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の末期腎不全(末期腎疾患)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・末期腎不全(末期腎疾患)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・末期腎不全(末期腎疾患)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 自動車用ディスプレイシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ディスプレイシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ディスプレイシステム市場規模、最終用途別(OEM、アフターマーケット)分析、ディスプレイ種類別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場概要 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場環境 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場動向 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場規模 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:最終用途別(OEM、アフターマーケット) ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:ディスプレイ種類別 ・自動車用ディスプレイシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ディスプレイシステムのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用ディスプレイシステムのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用ディスプレイシステムのアジア市場規模・予 …
  • ゴム添加剤の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のゴム添加剤市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ゴム添加剤の世界市場:イントロダクション ・ゴム添加剤の世界市場:市場概観 ・ゴム添加剤の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・ゴム添加剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・ゴム添加剤の世界市場:主要地域別市場分析 ・ゴム添加剤の世界市場:関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"