"感情分析の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC-7218)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"感情分析の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global emotion analytics market size to grow at a CAGR of 15.8% during the forecast period
The global emotion analytics market size to grow from USD 2.2 billion in 2019 to USD 4.6 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 15.8% during 2019–2024. Need for higher customer satisfaction, rising significance for real-time emotion analytics, adherence to regulatory and compliance standards, and increasing need of emotion analytics software and services to cater to the growing Business Process Outsourcing (BPO) sector are the major factors driving the emotion analytics market. However, absence of governing bodies and regulations and misinterpretation in the analysis of emotions may limit the market growth.

Video analytics segment to grow at the highest CAGR during the forecast period

Owing to the rising rate of crimes and threats worldwide, the adoption of video analytics has become an important task for every business. Video analytics is being used to enhance the security, improve the operational efficiency, offer access control, and provide actionable insights for crime investigations. It is used to extract useful and meaningful information from digital video content. It is mainly utilized for motion detection, facial recognition, sending alerts, people counting, license plate reading, and continuous analysis.

Asia Pacific (APAC) to grow at the highest growth rate during the forecast period

APAC has the world’s fastest-growing economies, and technology penetration in the region is high. The region covers some of the potential market countries, such as China, Japan, South Korea, Indonesia, Thailand, Malaysia, and Singapore. Owing to the rapid industrialization, organizations in the region are becoming more competitive and focusing on offering better customer service. APAC is expected to experience extensive growth opportunities in the next few years.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the emotion analytics market.

The following list provides the breakup of primary respondents’ profiles:
 By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 20%
 By Designation: C level Executives: 35%, Director Level: 25%, and Others: 40%
 By Region: North America: 45%, Europe: 20%, APAC: 30%, and Rest of the World: 5%
Major vendors in the global emotion analytics market include Affectiva (US), Beyond Verbal (Israel), iMotions (Denmark), Kairos (US), Noldus Information Technology (Netherlands), Cogito (US), Tobii (Sweden), Sentiance (Belgium), NVISO (Switzerland), Lexalytics (US), Sensum (UK), IBM (US), Microsoft (US), Google (US), Gorilla Technology (Taiwan), Adoreboard (Antrim).

Research coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the emotion analytics market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the global emotion analytics market by type, application, organization size, vertical, and region.

Key benefits of buying the report:
The report would provide the market leaders/new entrants in the emotion analytics market, information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall emotion analytics market and subsegments. The report would also help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"感情分析の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Attractive Opportunities in the Emotion Analytics Market
4.2 Global Market Share of Organization Size and Regions
4.3 Market By Region
4.4 Market Investment Scenario
5 Emotion Analytics Market Overview and Industry Trends (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Advent of Innovative Solutions to Enhance Customer Satisfaction
5.2.1.2 Increasing Demand to Create More Personalized User Experiences and Improve Sales Performance
5.2.1.3 Growing Adoption of Wearable Technologies
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Absence of Governing Bodies and Regulations
5.2.2.2 Misinterpretation in the Analysis of Emotions
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Recognition Applications
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Awareness About the use of Emotion Analytics
5.3 Industry Trends
5.3.1 Emotion Analytics use Cases
5.3.1.1 WNS
5.3.1.2 SPEC India
5.3.1.3 Adoreboard
5.3.1.4 Callminer
5.3.1.5 Genesys
6 Emotion Analytics Market By Type (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.2 Text Analytics
6.2.1 Hospitality and Restaurant Industries to Benefit Greatly From Using Texts in Finding Flaws and Offering Better Services to Customers
6.3 Facial Analytics
6.3.1 Increasing Need to Capture Customer Behaviour and Personality to be the Major Driver Contributing to the Growth of the Market
6.4 Speech Analytics
6.4.1 Speech Analytics in Emotion Analytics to Facilitate Decision-Makers to Make Better Decisions Based on Real-Time Information
6.5 Video Analytics
6.5.1 Video Analytics to Enable Organizations to Capture and Analyze Critical Data and Make Business Decisions Using Intelligently Analyzed Data Provided By Video Analytics
7 Emotion Analytics Market By Application (Page No. – 42)
7.1 Introduction
7.2 Sales and Marketing Management
7.2.1 Emotion Analytics to Help Brands Analyze Visitors’ Behaviour and Optimize Campaigns in Real Time
7.3 Customer Experience Management
7.3.1 Emotion Analytics to Help Companies in Generating Offers for Retention of Customers and Reducing Escalation and Termination of Services
7.4 Competitive Intelligence
7.4.1 Competitive Intelligence to Help Companies Stay More Competitive and Updated for Overcoming Threats
7.5 Public Safety and Law Enforcement
7.5.1 Regions to Adopt Emotion Analytics for Safeguarding Their Citizens and Enforcing Laws for Their Betterment and Safety
7.6 Workforce Management
7.6.1 Emotion Analytics Glean Employee Morale and Feelings From Verbal and Nonverbal Actions
8 Market By Organization Size (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Businesses
8.2.1 Emotion Analytics Solutions to Help Small and Medium-Sized Businesses Handle Their Business Efficiently, Along With Providing Optimized Customer Satisfaction and Better Workforce Management
8.3 Large Enterprises
8.3.1 Large Enterprises to Utilize Emotion Analytics Solutions for Improving Their Business Processes, Market Intelligence, and Customer Experience
9 Emotion Analytics Market By Vertical (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services, and Insurance
9.2.1 BFSI Institutes to Invest More in Emotion Analytics Solutions and Provide Better Services to Their Customers With the Help of Limited Global and Local Workforce
9.3 IT and Telecommunication
9.3.1 Emotion Analytics Solutions to Help Telecommunication and It Companies in Improving Their Performance With the Help of Customer Insights
9.4 Retail
9.4.1 Emotion Analytics to Help Retail Organizations Attain Retail-Specific Goals
9.5 Healthcare
9.5.1 Healthcare Vertical to Witness Prominent Growth During the Next Decade as It Required More Insights Into Patients’ Information
9.6 Media and Entertainment
9.6.1 Emotion Analytics to Help Increase the Revenues and Profit Margins, and Improve the Customer’s Perception About the Media and Entertainment Vertical
9.7 Government
9.7.1 Emotion Analytics Solutions to Provide Better Employee Engagement, Training, Performance Insights, Customer Satisfaction, and Better Business Processing Methods in the Government Vertical
9.8 Others
10 Emotion Analytics Market By Region (Page No. – 62)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 High Adoption of Emotion Analytics in the US Due to Increase in Government Interventions in Recent Years
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Canadian Government Increased the Demand for Facial Recognition Technologies to Drive the Market
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Increase in Government Interventions for Ensuring Public Safety to Drive the Adoption of Emotion Analytics in Germany
10.3.2 United Kingdom
10.3.2.1 UK to Experience a Noticeable Increase in the Adoption of Emotion Analytics Technologies
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Increasing Government Investments to Drive the Emotion Analytics Market in Japan
10.4.2 India
10.4.2.1 India Experiencing Noticeable Investments in Advanced Emotion Analytics Solutions
10.4.3 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Kingdom of Saudi Arabia
10.5.1.1 Ksa to Experience a Noticeable Increase in the Adoption of Emotion Analytics Technologies for Public Safety
10.5.2 United Arab Emirates
10.5.2.1 Increasing Investments to Drive the Market Growth in UAE
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Growing Demand for Facial Recognition Software to Drive the Market in Brazil
10.6.2 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 80)
11.1 Introduction
11.2 Ranking of Key Players
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 New Product Launches and Product Enhancements
11.3.2 Partnerships, Collaborations, and Agreements
11.3.3 Mergers and Acquisitions
12 Company Profiles (Page No. – 84)
12.1 Introduction
(Business Overview, Solutions, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 Affectiva
12.3 Beyond Verbal
12.4 iMotions
12.5 Kairos
12.6 Noldus Information Technology
12.7 Cogito
12.8 Tobii
12.9 Sentiance
12.10 NVISO
12.11 Lexalytics
12.12 Sensum
12.13 IBM
12.14 Microsoft
12.15 Google
12.16 Gorilla Technology
12.17 Adoreboard
*Details on Business Overview, Solutions, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 107)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】感情分析の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年7月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC-7218
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信・IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
感情分析の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 医療用聴診器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医療用聴診器の世界市場について調査・分析し、医療用聴診器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医療用聴診器シェア、市場規模推移、市場規模予測、医療用聴診器種類別分析(手動式・機械式聴診器、デジタル聴診器)、医療用聴診器用途別分析(病院、クリニック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医療用聴診器の市場概観 ・医療用聴診器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医療用聴診器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医療用聴診器の世界市場規模 ・医療用聴診器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医療用聴診器のアメリカ市場規模推移 ・医療用聴診器のカナダ市場規模推移 ・医療用聴診器のメキシコ市場規模推移 ・医療用聴診器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・医療用聴診器のドイツ市場規模推移 ・医療用聴診器のイギリス市場規模推移 ・医療用聴診器のロシア市場規模推移 ・医療用聴診器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、イ …
  • 船舶用照明の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、船舶用照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、船舶別(旅客、商業、ヨット)分析、技術別(LED、蛍光、ハロゲン、キセノン)分析、用途別(ナビゲーション、ドーム、C&U、読書、ドッキング、安全、装飾)分析、種類別(機能性、装飾用)分析、船舶用照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、船舶用照明の世界市場規模が2019年328百万ドルから2027年495百万ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。
  • 整形外科用ギプスおよび添え木の世界市場
    当調査レポートでは、整形外科用ギプスおよび添え木の世界市場について調査・分析し、整形外科用ギプスおよび添え木の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • スマートキッチン家電の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、スマートキッチン家電の世界市場について調査・分析し、スマートキッチン家電の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別スマートキッチン家電シェア、市場規模推移、市場規模予測、スマートキッチン家電種類別分析()、スマートキッチン家電用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・スマートキッチン家電の市場概観 ・スマートキッチン家電のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・スマートキッチン家電のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・スマートキッチン家電の世界市場規模 ・スマートキッチン家電の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・スマートキッチン家電のアメリカ市場規模推移 ・スマートキッチン家電のカナダ市場規模推移 ・スマートキッチン家電のメキシコ市場規模推移 ・スマートキッチン家電のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・スマートキッチン家電のドイツ市場規模推移 ・スマートキッチン家電のイギリス市場規模推移 ・スマートキッチン家 …
  • 世界及び米国の矯正コンタクトレンズ市場2017-2022
  • 医療用ITの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、医療用ITの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用IT市場規模、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、General Electric, IBM, McKesson Corportation, Koninklijke Philips, Siemensなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・医療用ITの世界市場概要 ・医療用ITの世界市場環境 ・医療用ITの世界市場動向 ・医療用ITの世界市場規模 ・医療用ITの世界市場:業界構造分析 ・医療用ITの世界市場:コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、ハードウェア) ・医療用ITの世界市場:地域別市場規模・分析 ・医療用ITの北米市場規模・予測 ・医療用ITのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・医療用ITのアジア太平洋市場規模・予測 ・医療用ITの主要国分析 ・医療用ITの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • 世界のスチレンブロック共重合体(SBC)市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、世界のスチレンブロック共重合体(SBC)市場について調査・分析し、世界のスチレンブロック共重合体(SBC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 耐油紙の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、耐油紙の世界市場について調査・分析し、耐油紙の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別耐油紙シェア、市場規模推移、市場規模予測、耐油紙種類別分析()、耐油紙用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・耐油紙の市場概観 ・耐油紙のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・耐油紙のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・耐油紙の世界市場規模 ・耐油紙の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・耐油紙のアメリカ市場規模推移 ・耐油紙のカナダ市場規模推移 ・耐油紙のメキシコ市場規模推移 ・耐油紙のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・耐油紙のドイツ市場規模推移 ・耐油紙のイギリス市場規模推移 ・耐油紙のロシア市場規模推移 ・耐油紙のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・耐油紙の日本市場規模推移 ・耐油紙の中国市場規模推移 ・耐油紙の韓国市場規模推移 ・耐油紙のインド市場規模推移 ・耐油紙の東南アジア市場規模推移 …
  • 熱成形浅型トレイの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、熱成形浅型トレイの世界市場について調査・分析し、熱成形浅型トレイの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 熱成形浅型トレイの世界市場:市場動向分析 - 熱成形浅型トレイの世界市場:競争要因分析 - 熱成形浅型トレイの世界市場:用途別 産業用品 製薬 食品 電子器具 化粧品、個人健康管理 - 熱成形浅型トレイの世界市場:材料別 紙基盤ラミネート プラスチック - 熱成形浅型トレイの世界市場:主要地域別分析 - 熱成形浅型トレイの北米市場規模(アメリカ市場等) - 熱成形浅型トレイのヨーロッパ市場規模 - 熱成形浅型トレイのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・熱成形浅型トレイの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 心臓再同期療法(CRT)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、心臓再同期療法(CRT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品タイプ別(CRT除細動器・CRTペースメーカー)分析、エンドユーザー別(病院・心臓センター、外来外科センター)分析、心臓再同期療法(CRT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 濃縮フィブリノゲンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、濃縮フィブリノゲンの世界市場について調査・分析し、濃縮フィブリノゲンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別濃縮フィブリノゲンシェア、市場規模推移、市場規模予測、濃縮フィブリノゲン種類別分析(ヒトフィブリノーゲン濃縮物、動物フィブリノーゲン濃縮物)、濃縮フィブリノゲン用途別分析(先天性フィブリノーゲン欠乏、外科的処置)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・濃縮フィブリノゲンの市場概観 ・濃縮フィブリノゲンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・濃縮フィブリノゲンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・濃縮フィブリノゲンの世界市場規模 ・濃縮フィブリノゲンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・濃縮フィブリノゲンのアメリカ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのカナダ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのメキシコ市場規模推移 ・濃縮フィブリノゲンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・濃縮フィブリノゲンのドイツ市場規模推移 ・濃 …
  • 双眼鏡の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、双眼鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、双眼鏡市場規模、用途別(軍事、野生生物の観察・狩猟、天文学、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・双眼鏡の世界市場概要 ・双眼鏡の世界市場環境 ・双眼鏡の世界市場動向 ・双眼鏡の世界市場規模 ・双眼鏡の世界市場:業界構造分析 ・双眼鏡の世界市場:用途別(軍事、野生生物の観察・狩猟、天文学、その他) ・双眼鏡の世界市場:地域別市場規模・分析 ・双眼鏡の北米市場規模・予測 ・双眼鏡のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・双眼鏡のアジア太平洋市場規模・予測 ・双眼鏡の主要国分析 ・双眼鏡の世界市場:意思決定フレームワーク ・双眼鏡の世界市場:成長要因、課題 ・双眼鏡の世界市場:競争環境 ・双眼鏡の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 炭疽(Anthrax):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における炭疽(Anthrax)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、炭疽(Anthrax)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・炭疽(Anthrax)の概要 ・炭疽(Anthrax)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の炭疽(Anthrax)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・炭疽(Anthrax)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・炭疽(Anthrax)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場について調査・分析し、デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模:タッチポイント別分析 ・デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模:組織サイズ別分析 ・デジタルインテリジェンスプラットフォームの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • パーソナルケア成分素材の世界市場:界面活性剤、調整剤、柔軟剤、制御剤、乳化剤
    当調査レポートでは、パーソナルケア成分素材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パーソナルケア成分素材の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高高度疑似衛星(HAPS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高高度疑似衛星(HAPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高高度疑似衛星(HAPS)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は高高度疑似衛星(HAPS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.09%成長すると予測しています。
  • エポキシ樹脂の北米市場
    本調査レポートでは、エポキシ樹脂の北米市場について調査・分析し、エポキシ樹脂の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • コンパクトカメラモジュールの世界市場:コンポーネント別(レンズ、画像センサー、ボイスコイルモーター、組立部品)、用途別(民生機器、自動車、セキュリティ・監視、その他)
    本資料は、コンパクトカメラモジュールの世界市場について調べ、コンパクトカメラモジュールの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、コンポーネント別(レンズ、画像センサー、ボイスコイルモーター、組立部品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コンパクトカメラモジュールの世界市場概要 ・コンパクトカメラモジュールの世界市場環境 ・コンパクトカメラモジュールの世界市場動向 ・コンパクトカメラモジュールの世界市場規模 ・コンパクトカメラモジュールの世界市場:市場シェア ・コンパクトカメラモジュールの世界市場:コンポーネント別(レンズ、画像センサー、ボイスコイルモーター、組立部品) ・コンパクトカメラモジュールの世界市場:用途別(民生機器、自動車、セキュリティ・監視、その他) ・コンパクトカメラモジュールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・コンパクトカメラモジュールの北米市場規模・予測 ・コンパクトカメラモジュールのアメリカ市場規模・予測 ・コンパクト …
  • 乳房生検の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、乳房生検の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、乳房生検の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • レゾルシノールの世界市場
    当調査レポートでは、レゾルシノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レゾルシノールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 吸引&生検針の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、吸引&生検針の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(細針吸引、生検(コア・真空アシスト))分析、部位別分析、処置別(画像ガイド(超音波、MRI、定位)、非画像ガイド)分析、エンドユーザー別(病院、学界)分析、吸引&生検針の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、吸引&生検針の世界市場規模が2019年894百万ドルから2024年1272百万ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。
  • 世界のMriコイル市場2015
    本調査レポートでは、世界のMriコイル市場2015について調査・分析し、Mriコイルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨て医療機器用センサーのヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、使い捨て医療機器用センサーのヨーロッパ市場について調査・分析し、使い捨て医療機器用センサーのヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ベビーキャリアの世界市場2017-2021:バックル付きベビーキャリア、ベビーラップキャリア、スリングキャリア
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ベビーキャリアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビーキャリアの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はベビーキャリアの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBabyBjörn、Artsana、Ergobaby、Evenflo、Infantino等です。
  • 水蒸気透過性フィルムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水蒸気透過性フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水蒸気透過性フィルムの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は水蒸気透過性フィルムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.45%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Clopay Plastic Products Company• Mitsui Chemicals• RKW Group• Toray Industries等です。
  • 統合マシンコントロールシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、統合マシンコントロールシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、統合マシンコントロールシステム市場規模、最終用途別(農業、鉱業、廃棄物管理、輸送、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・統合マシンコントロールシステムの世界市場概要 ・統合マシンコントロールシステムの世界市場環境 ・統合マシンコントロールシステムの世界市場動向 ・統合マシンコントロールシステムの世界市場規模 ・統合マシンコントロールシステムの世界市場:業界構造分析 ・統合マシンコントロールシステムの世界市場:最終用途別(農業、鉱業、廃棄物管理、輸送、その他) ・統合マシンコントロールシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・統合マシンコントロールシステムのアメリカ市場規模・予測 ・統合マシンコントロールシステムのヨーロッパ市場規模・予測 ・統合マシンコントロールシステムのアジア市場規模・予測 ・統合マシンコントロールシステムの主要 …
  • 偽造防止パッケージの世界市場予測(~2023年)
    偽造防止パッケージの世界市場は、2018年の53億米ドルから2023年には94億米ドルに達し、12.1%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、市場における偽造品の増加、製品情報に関する購買者のブランド認知の高まり、電子商取引の拡大、印刷技術の発展、偽造パッケージが製品のブランドイメージに与える影響などが考えられます。さらに、アジア太平洋地域の新興市場では、包装業界における偽造防止パッケージの用途は広がっています。一方で、セットアップ費用が高いことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、偽造防止パッケージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術(符号化・印刷、RFID、ホログラム、セキュリティラベル、パッケージデザイン)分析、使用上の機能(追跡、不正使用の証拠、フォレンジックマーカー)分析、最終用途産業分析、偽造防止パッケージの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械安全用製品の世界市場:プレゼンスセンシング・セーフティセンサー、PLCS、セーフティ・コントローラ/モジュール/リレー、緊急停止制御、安全インターロックスイッチ
    当調査レポートでは、機械安全用製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油・ガス腐食防止の世界市場2017-2021:上流、中流、下流
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、石油・ガス腐食防止の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス腐食防止の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は石油・ガス腐食防止の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M、Akzo Nobel、BASF、Hempel、The Sherwin-Williams Company等です。
  • 鉄道車両シートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉄道車両シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道車両シートの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ルートビアの世界市場
    当調査レポートでは、ルートビアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ルートビアの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • C型肝炎ウイルス(HCV)治療薬の世界市場予測・分析
  • 世界のターボ圧力送風機市場2015
    本調査レポートでは、世界のターボ圧力送風機市場2015について調査・分析し、ターボ圧力送風機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • プロテアーゼの世界市場:微生物由来、動物由来、植物由来、レニン、パパイン、アルカリ性、酸性、中性プロテアーゼ
    当調査レポートでは、プロテアーゼの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原材料別分析、形態別分析、製品別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリフェニレンサルファイドの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリフェニレンサルファイドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリフェニレンサルファイドの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レーザー加工の世界市場
    当調査レポートでは、レーザー加工の世界市場について調査・分析し、レーザー加工の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - レーザー加工の世界市場:市場動向分析 - レーザー加工の世界市場:競争要因分析 - レーザー加工の世界市場:加工法別 ・マーキングおよび彫刻 ・ マイクロ加工 ・材料加工 ・先進的加工 ・その他 - レーザー加工の世界市場:製品別 ・固体レーザー ・液体レーザー ・ガスレーザー ・その他 - レーザー加工の世界市場:エンドユーザー別 ・航空宇宙および防衛 ・電気および電子産業 ・包装 ・自動車産業 ・相手先商標製造会社(OEM)産業 ・医療機器および治療産業 ・工作機械 ・その他 - レーザー加工の世界市場:主要地域別分析 - レーザー加工の北米市場規模(アメリカ市場等) - レーザー加工のヨーロッパ市場規模 - レーザー加工のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・レーザー加工の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • コンタクトレンズの世界市場:ソフトコンタクトレンズ、RGPコンタクトレンズ、ハイブリッドコンタクトレンズ
    当調査レポートでは、コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コンタクトレンズの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 消費者向けドローンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、消費者向けドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消費者向けドローンの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のL‐アルギニン市場2015
    本調査レポートでは、世界のL‐アルギニン市場2015について調査・分析し、L‐アルギニンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 木製ラミネートフローリングの世界市場分析:製品別(ウッドフローリング、ラミネートフローリング)、用途別(住宅、商業、工業用)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、木製ラミネートフローリングの世界市場について調査・分析し、木製ラミネートフローリングの世界市場動向、木製ラミネートフローリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別木製ラミネートフローリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • in situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場:技術別(CISH、FISH)、プローブタイプ別(RNA、DNA)、製品別(ソフトウェア、プローブ・キット、サービス、機器)、用途別、最終用途別、地域別予測
    本資料は、in situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場について調べ、in situハイブリダイゼーション(ISH)の世界規模、市場動向、市場環境、技術別(CISH、FISH)分析、プローブタイプ別(RNA、DNA)分析、製品別(ソフトウェア、プローブ・キット、サービス、機器)分析、用途別分析、最終用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・in situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場概要 ・in situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場環境 ・in situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場動向 ・in situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場規模 ・in situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場規模:技術別(CISH、FISH) ・in situハイブリダイゼーション(ISH)の世界市場規模:プローブタイプ別(RNA、DNA) ・in situハイブリダイゼーション(ISH)の世 …
  • 病院用ストレッチャーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、病院用ストレッチャーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、病院用ストレッチャーの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電気手術市場:製品別(機器(双極、単極)、アクセサリ、発電機)、手術別(一般、整形外科、婦人科、美容、神経学)、エンドユーザー別(病院、外来センター)、地域別
    MarketsandMarkets社は、電気手術の世界市場規模が2019年64億ドルから2025年88億ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の電気手術市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(電気外科器具、電気外科発電機、電気外科付属品、煙排出システム)分析、手術種類別(一般手術、産婦人科手術、整形手術、心臓血管手術、腫瘍手術、美容手術、泌尿器手術、神経手術、その他の手術)分析、エンドユーザー別(病院、クリニック、アブレーションセンター、外来手術センター、研究所、学術研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の電気手術市場:製品別(電気外科器具、電気外科発電機、電気外科付属品、煙排出システム) ・世界の電気手術市場:手術種類別(一般手術、産婦人科手術、整形手術、心臓血管手術、腫瘍手術、美容手術、泌尿器手術、神経手術、その他の手術) ・世界の電気手術市場:エンドユーザー別(病院、クリニック、アブレーションセンター、外来手 …
  • グレリン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグレリン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グレリン受容体アゴニストの概要 ・グレリン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグレリン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グレリン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グレリン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アンチドローンの世界市場予測(~2024年)
    セキュリティペーパーの世界市場は、2018年の4億9,900万米ドルから2024年には22億7,600万米ドルに達し、28.8%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、不審なドローンによるセキュリティ侵害の増加と世界中でのテロや違法行為の増加が考えられます。一方で、高い研究開発費と公共の安全上の懸念により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、アンチドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術(レーザー、運動、エレクトロニクス)分析、用途(検出、検出・妨害)分析、産業(軍事・防衛、国土安全、商業)分析、アンチドローンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レーダーシステム及び技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、レーダーシステム及び技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レーダーシステム及び技術の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フィットネスウェアの世界市場:種類別(衣類、靴類、ペンダント、その他)、用途別(女性、男性、子供)、地域別予測
    本資料は、フィットネスウェアの世界市場について調べ、フィットネスウェアの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(衣類、靴類、ペンダント、その他)分析、用途別(女性、男性、子供)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはASICS Corporation、Adidas AG、Reebok International Ltd.、Anta Sports Products Ltd.、Bravada International Ltd.、Columbia Sportswear Company、Fila Ltd.、GK Elite Sportswear、Hanesbrands Inc.、Hosa International、Kappa、Li Ning Company Ltd.、Lululemon athletica Inc.、Mizuno Corporation、Mizuno USA Inc.、Nike Inc.、Patagonia Inc.、Peak Sports Products C …
  • 疼痛処理機器の世界市場
    当調査レポートでは、疼痛処理機器の世界市場について調査・分析し、疼痛処理機器の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • エポキシ系反応性希釈剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エポキシ系反応性希釈剤の世界市場について調査・分析し、エポキシ系反応性希釈剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エポキシ系反応性希釈剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、エポキシ系反応性希釈剤種類別分析(単機能型、二機能型、その他)、エポキシ系反応性希釈剤用途別分析(塗装、接着剤、電気・電子材、エンジニアリングプラスチック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エポキシ系反応性希釈剤の市場概観 ・エポキシ系反応性希釈剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エポキシ系反応性希釈剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エポキシ系反応性希釈剤の世界市場規模 ・エポキシ系反応性希釈剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エポキシ系反応性希釈剤のアメリカ市場規模推移 ・エポキシ系反応性希釈剤のカナダ市場規模推移 ・エポキシ系反応性希釈剤のメキシコ市場規模推移 ・エポキシ系反応性希釈剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリ …
  • 溶射法の世界市場2017-2021:コーティングサービス、材料、装置
    当調査レポートでは、溶射法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶射法の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"