"グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MM-7222)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The increasing use of sustainable mining technologies by the mining companies to drive the market.”
The green mining market size is estimated at USD 9.0 billion in 2019 and is projected to reach USD 12.9 billion by 2024, at a CAGR of 7.5%. The green mining market is driven by mining companies these days, which are working on several sustainable practices that are an essential part of their process and probably a core of its license to operate. Several mining companies have realized that the only way to be economically feasible is to be-be socially responsible by operating in accordance with environmental norms.

“The surface mining type segment is projected to register a higher CAGR during the forecast period.”

Surface mining has higher productivity, which lowers the costs, in case of underground mining, the equipment for maintaining productivity is more expensive as compared to the open pit equipment. Moreover, open pit provides a large production scale, and the share of open pit mines have also offered the opportunity for manufacturing open pit equipment in a large number that further decreases the production costs.

“Power reduction in the technology segment to hold the largest share during the forecast period.”

Power reduction in the mining industry is the difference between the current energy consumption and the best practice energy consumption that corresponds to energy saving opportunities from the investments made in these technologies. According to the Coalition for Energy Efficient Comminution, the process approximately uses about 3% of the total global electricity production and about 50% of the complete mine’s energy and about 10% of the total production costs. Mines rarely have any control over the cost incurred in energy, so it is necessary for the comminution process to meet the requirements while reducing the amount of energy as much as possible.

“Europe is estimated to be fastest-growing green mining market during the forecast period.”

Europe is estimated to be the fastest growing green mining during the forecast period due to the rise in environmental protection awareness in the world. Russia is projected to be the fastest growing market of green mining in Europe, followed by Germany, Poland, and then Turkey. North America is the second fastest growing green mining market. Increasing government regulations is expected to provide growth opportunity in this region.

Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size for several segments and sub-segments and information gathered through secondary research.
The breakup of primary interviews is given below:
• By Company Type – Tier 1 – 36%, Tier 2 – 36%, and Tier 3 – 27%
• By Designation – C level – 27%, Director Level – 45%, and Others – 27%
• By Region – APAC– 55%, Europe – 9%, North America – 18%, South America – 7%, Middle East & Africa– 9%,

The leading players in the green mining market are Glencore (Switzerland), Rio Tinto (UK), BHP Billiton (Australia), Vale (Brazil), Tata Steel (India), Anglo American (UK), Jiangxi copper corporation (China), Dundee precious (Canada), and Freeport-McMoRan (US).

Research Coverage:
This research report categorizes the green mining market based on mining type, technology, and region. The report includes detailed information regarding the major factors, such as drivers, restraints, challenges, and opportunities, influencing the growth of the market. A detailed analysis of the key industry players has been done to provide insights into business overviews and recent developments associated with the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the green mining market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and sub-segments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes developments such as new product development.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 24)
4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Attractive Opportunities in the Green Mining Market
4.2 Green Mining Market, By Type
4.3 Green Mining Market, By Technology
4.4 APAC Green Mining Market, By Type and Country
4.5 Green Mining Market, By Key Countries
5 Market Overview (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Concern About the Environment
5.2.1.2 Climate Change and Its Effects on the Mining Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Financing Green Mining Activities
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Introduction of Electric Vehicles and Renewable Sources of Energy
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Uncontrolled and Illegal Mining Activities in Africa
6 Green Mining Market, By Type (Page No. – 35)
6.1 Introduction
6.2 Underground Mining
6.2.1 Underground Mining Requires Complicated Machinery as It is Necessary to Consider Factors Such as Ground Conditions, Ore Body Geometry, and Limited Access Area.
6.3 Surface Mining
6.3.1 Surface Mining has Higher Productivity Than Underground Mining With A Lower Cost of Production
7 Green Mining Market, By Technology (Page No. – 40)
7.1 Introduction
7.2 Power Reduction
7.2.1 The Need for an Alternative Source of Energy Sources is Required as the Mining Companies have to Compete With Both Governments and Local Communities for These Scarce Resources
7.2.2 Comminution Efficiency
7.2.3 Hydrometallurgical Processes
7.3 Fuel and Maintenance Reduction
7.3.1 Mining Companies have Been Developing Various Models to Track This Activity to Estimate the Value of the Haulage Parameter So as to Reduce the Fuel Consumption
7.3.2 The Equipment Route Optimization
7.3.3 Fuel Additives
7.3.4 Natural Gas Conversion
7.3.5 Training Simulators
7.4 Emission Reduction
7.4.1 Mining Companies are Investing in Various Operational Activities in Order to Reduce the Amount of Emissions.
7.4.2 Dust Management
7.4.3 Carbon Sequestration
7.4.4 Interior Bioleaching
7.5 Water Reduction
7.5.1 The Mining Industry Produces Large Amounts of Highly Concentrated Which Depletes the Surface Water, and Causes Pollution to the Local Waterbodies Present Near the Mine.
7.5.2 Amd Remediation
7.5.3 Wastewater Processing
7.5.4 Tailings Remediation
7.5.5 Desalination
7.6 Others
7.6.1 Interior Bioleaching
7.6.2 Bioremediation
8 Green Mining Market, By Region (Page No. – 51)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Increased Focus of the US on Sustainable Practices is Expected to Drive the Market in the Country
8.2.2 Canada
8.2.2.1 The Need to Meet the Required Sustainability Criteria By the Government is Expected to Drive the Market
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 The Increasing Awareness to Decrease the Impact on the Environment
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Strong Legislation and Unified Federal Laws Against Protecting the Environment are Expected to Influence the Market Positively
8.3.2 Russia
8.3.2.1 Increase in Pollution Monitoring By Mining Companies and Increasing Adoption for Energy Efficient Process Will Drive the Green Mining Market in the Country
8.3.3 Poland
8.3.3.1 Increasing Government’s Focus on Minimizing the Environmental Damage Caused Due to Mining Activities is Fostering the Green Mining Market
8.3.4 Turkey
8.3.4.1 Increasing Concern on Mine Safety and Environmental Protection are Expected to Drive Green Mining Activities
8.3.5 Rest of Europe
8.4 APAC
8.4.1 China
8.4.1.1 Initiatives Taken By the Government to Recover the Coal Mine Methane and Ensure the Protection of Both the Environment and Natural Resources to Impact the Green Mining Market Positively
8.4.2 Australia
8.4.2.1 Australian Government Possesses All the Significant Geological Information Related to the Region, and This Activity is Aiding the Market Growth
8.4.3 India
8.4.3.1 The Government has Taken Effective Steps Against the Negative Impacts of Mining and This is Fueling the Green Mining Practicess
8.4.4 Indonesia
8.4.4.1 The Global Awareness Regarding the Importance to Reduce the Country’s Dependency on Fossil Fuel and Focus on the Development of Renewable Energy Resources is Expected to Fuel the Demand for Green Mining Market
8.4.5 Rest of APAC
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 South Africa
8.5.1.1 The Country is Taking A Number of Initiatives to Promote Sustainable Mining Practices, Hence Will Drive the Green Mining Market
8.5.2 Qatar
8.5.2.1 The Country is Actively Participating in Various Initiatives to Reduce the Environmental Impact Caused By the Mining Industry
8.5.3 Rest of the Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 The Country’s Stringent Regulation on Environmental Protection is Expected to Drive the Market for Green Mining
8.6.2 Chile
8.6.2.1 The Increasing Efforts to Conserve Water and Energy in the Mining Industry is Driving Various Green Mining Activities
8.6.3 Colombia
8.6.3.1 The Active Participation of the Government to Conserve the Environment is Likely to Drive the Market in the Country
9 Company Profiles (Page No. – 81)
(Business Overview, Products Offered, SWOT Analysis, MnM View)*
9.1 Glencore
9.2 Rio Tinto
9.3 Vale S.A.
9.4 BHP Billiton
9.5 Tata Steel
9.6 Anglo American
9.7 Jiangxi Copper Corporation Limited
9.8 Dundee Precious Metals
9.9 Liebherr
9.10 Other Players
9.10.1 Saudi Arabian Mining Corporation
9.10.2 Sany
9.10.3 Doosan Infracore
9.10.4 Shandong Gold Mining Co. Ltd
*Details on Business Overview, Products Offered, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
10 Appendix (Page No. – 99)
10.1 Discussion Guide
10.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
10.3 Available Customizations
10.4 Related Reports
10.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年7月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MM-7222
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】鉱業、鉱物及び金属
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
グリーンマイニング(環境配慮型鉱業)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 硫化亜鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、硫化亜鉛 の世界市場について調査・分析し、硫化亜鉛 の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別硫化亜鉛 シェア、市場規模推移、市場規模予測、硫化亜鉛 種類別分析()、硫化亜鉛 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・硫化亜鉛 の市場概観 ・硫化亜鉛 のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・硫化亜鉛 のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・硫化亜鉛 の世界市場規模 ・硫化亜鉛 の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・硫化亜鉛 のアメリカ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のカナダ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のメキシコ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・硫化亜鉛 のドイツ市場規模推移 ・硫化亜鉛 のイギリス市場規模推移 ・硫化亜鉛 のロシア市場規模推移 ・硫化亜鉛 のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・硫化亜鉛 の日本市場規模推移 ・硫化亜鉛 の中国市場規模推移 ・硫化亜鉛 …
  • クリティカル通信の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クリティカル通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供別(ハードウェア、サービス)分析、技術別(陸上移動無線、長期進化)分析、エンドユーズ産業別(公安、交通、ユーティリティ、鉱業)分析、クリティカル通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クリティカル通信の世界市場規模が2019年139億万ドルから2024年198億万ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • キオスクプリンターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キオスクプリンターの世界市場について調査・分析し、キオスクプリンターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キオスクプリンターシェア、市場規模推移、市場規模予測、キオスクプリンター種類別分析()、キオスクプリンター用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キオスクプリンターの市場概観 ・キオスクプリンターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キオスクプリンターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キオスクプリンターの世界市場規模 ・キオスクプリンターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キオスクプリンターのアメリカ市場規模推移 ・キオスクプリンターのカナダ市場規模推移 ・キオスクプリンターのメキシコ市場規模推移 ・キオスクプリンターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・キオスクプリンターのドイツ市場規模推移 ・キオスクプリンターのイギリス市場規模推移 ・キオスクプリンターのロシア市場規模推移 ・キオスク …
  • ギフト、ノベルティーおよび記念品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ギフト、ノベルティーおよび記念品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ギフト、ノベルティーおよび記念品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用イーサネット/IPの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、産業用イーサネット/IPの世界市場について調査・分析し、産業用イーサネット/IPの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 産業用イーサネット/IPの世界市場:市場動向分析 - 産業用イーサネット/IPの世界市場:競争要因分析 - 産業用イーサネットの世界市場:プロトコル別 ・ Ethernet/IP ・ CC-Link IE ・ EtherCAT ・ Modbus-TCP ・ Powerlink ・ Sercos III ・ PROFINET - 産業用イーサネットの世界市場:用途別 ・航空宇宙・防衛 ・自動車 ・電気・電子製品 ・エンジニアリング・製造 ・食品・飲料 ・石油・ガス ・医薬品 ・上下水道 ・エネルギ・電力 ・鉱業 ・化学薬品・肥料 ・エンジニアリング・製造 ・その他 - 産業用イーサネットの世界市場:ソリューション別 ・ソフトウェア ・サービス ・ハードウェア - 産業用イーサネット/IPの世界市場:主要地域別分析 - 産業用イーサネット/IPの北米市場規模(アメリカ市 …
  • 世界の血液ろ過器市場2016
    本調査レポートでは、世界の血液ろ過器市場2016について調査・分析し、血液ろ過器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ソース・ドレッシング・調味料のアジア太平洋市場
  • 世界の組織封止剤市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、組織封止剤のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・組織封止剤の概要 ・組織封止剤の開発動向:開発段階別分析 ・組織封止剤の開発動向:セグメント別分析 ・組織封止剤の開発動向:領域別分析 ・組織封止剤の開発動向:規制Path別分析 ・組織封止剤の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別組織封止剤の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・組織封止剤の最近動向
  • 血漿タンパク質治療薬の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、血漿タンパク質治療薬の世界市場について調査・分析し、血漿タンパク質治療薬の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別血漿タンパク質治療薬シェア、市場規模推移、市場規模予測、血漿タンパク質治療薬種類別分析(凝固因子、免疫グロブリン、アルブミン、その他 )、血漿タンパク質治療薬用途別分析(血友病、PID、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・血漿タンパク質治療薬の市場概観 ・血漿タンパク質治療薬のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・血漿タンパク質治療薬のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・血漿タンパク質治療薬の世界市場規模 ・血漿タンパク質治療薬の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・血漿タンパク質治療薬のアメリカ市場規模推移 ・血漿タンパク質治療薬のカナダ市場規模推移 ・血漿タンパク質治療薬のメキシコ市場規模推移 ・血漿タンパク質治療薬のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・血漿タンパク質治療薬のドイツ市場規模推移 …
  • オーストラリアの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のふっ化アルミニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のふっ化アルミニウム市場2016について調査・分析し、ふっ化アルミニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の不妊治療市場規模・予測2017-2025:方法別(生殖補助医療(ART)・人工授精・体外受精(IVF)・代理出産・不妊症手術)、商品別(機械、メディア、付属品)、種類別(男性、女性)、エンドユーザー別(不妊クリニック、病院、精子バンク)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の不妊治療市場について調査・分析し、世界の不妊治療市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の不妊治療関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用プラスチックの世界市場分析:製品別(ABS、PP、PU、PVC、PE、PC、PMMA、PA)、用途別(吸収、減衰)、エンドユーザー別(パワートレイン、電気部品、内装、外装、シャーシ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車用プラスチックの世界市場について調査・分析し、自動車用プラスチックの世界市場動向、自動車用プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • EDAの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EDAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EDAの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生物肥料の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • インパクト投資の世界市場予測(~2020年)
    当調査レポートでは、インパクト投資の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、産業別分析、地域別分析、インパクト投資の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のターミナルブロック市場2015
    本調査レポートでは、世界のターミナルブロック市場2015について調査・分析し、ターミナルブロックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 世界のほう化ハフニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のほう化ハフニウム市場2016について調査・分析し、ほう化ハフニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパ主要国の脊椎手術処置動向(~2021)
  • 光トランシーバの世界市場見通し2016-2022:データセンター、企業、通信
    当調査レポートでは、光トランシーバの世界市場について調査・分析し、光トランシーバの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・光トランシーバの世界市場:市場動向分析 ・光トランシーバの世界市場:競争要因分析 ・光トランシーバの世界市場:用途別分析/市場規模 ・光トランシーバの世界市場:フォームファクタ別分析/市場規模 ・光トランシーバの世界市場:距離別分析/市場規模 ・光トランシーバの世界市場:データ転送率別分析/市場規模 ・光トランシーバの世界市場:波長別分析/市場規模 ・光トランシーバの世界市場:地域別分析/市場規模 ・光トランシーバの北米市場規模 ・光トランシーバの欧州市場規模 ・光トランシーバのアジア市場規模 ・光トランシーバの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 自動車用マイクロコントローラの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用マイクロコントローラの世界市場について調べ、自動車用マイクロコントローラの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用マイクロコントローラの市場規模をセグメンテーション別(容量別(32ビットマイクロコントローラ、16ビットマイクロコントローラ、8ビットマイクロコントローラ)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用マイクロコントローラの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均1%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用マイクロコントローラの市場状況 ・自動車用マイクロコントローラの市場規模 ・自動車用マイクロコントローラの市場予測 ・自動車用マイクロコントローラの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:容量別(32ビットマイクロコントローラ、16ビットマイクロコントローラ、8ビットマイクロコントローラ) ・自動車用マイクロコントローラの顧客状況 ・ …
  • 気相ろ過の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、気相ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、タイプ別(充填層、コンビネーション)分析、媒体別(活性炭、過マンガン酸カリウム、ブレンド)分析、用途別(腐食性・有毒性ガス防御、臭気防御)分析、エンドユーザー別分析、気相ろ過の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓弁修復の世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場について調査・分析し、プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別プラットフォーム補給船(PSV)シェア、市場規模推移、市場規模予測、プラットフォーム補給船(PSV)種類別分析(PSV < 3000 DWT、PSV > 3000 DWT)、プラットフォーム補給船(PSV)用途別分析(石油・ガス生産、海上工事、軍事、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・プラットフォーム補給船(PSV)の市場概観 ・プラットフォーム補給船(PSV)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・プラットフォーム補給船(PSV)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・プラットフォーム補給船(PSV)の世界市場規模 ・プラットフォーム補給船(PSV)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・プラットフォーム補給船(PSV)のアメリカ市場規模推移 ・プラットフォーム補給船(PSV)のカナダ市場規模推移 ・プラット …
  • GABA受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるGABA受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・GABA受容体アゴニストの概要 ・GABA受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のGABA受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・GABA受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・GABA受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の矯正器具市場2015
    本調査レポートでは、世界の矯正器具市場2015について調査・分析し、矯正器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 紙用顔料の世界市場予測(~2023年):炭酸カルシウム、カオリン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、紙用顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(炭酸カルシウム、カオリン)分析、用途(塗工紙、非塗工紙)分析、紙用顔料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セルソーティング(細胞選別)の世界市場予測(~2021年):セルソーター、試薬、消耗品
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルソーティング(細胞選別)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、セルソーティング(細胞選別)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械制御システムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、機械制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(トータルステーション・全地球航法衛星システム・レーザースキャナー・センサー)分析、機器別(掘削機、ローダー、グレーダー、ドーザー、スクレーパー、舗装システム)分析、産業別分析、機械制御システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 静水圧プレス成形の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、静水圧プレス成形の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、静水圧プレス成形市場規模、用途別(精密機械、自動車、エネルギー、航空宇宙・防衛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・静水圧プレス成形の世界市場概要 ・静水圧プレス成形の世界市場環境 ・静水圧プレス成形の世界市場動向 ・静水圧プレス成形の世界市場規模 ・静水圧プレス成形の世界市場:業界構造分析 ・静水圧プレス成形の世界市場:用途別(精密機械、自動車、エネルギー、航空宇宙・防衛、その他) ・静水圧プレス成形の世界市場:地域別市場規模・分析 ・静水圧プレス成形の北米市場規模・予測 ・静水圧プレス成形のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・静水圧プレス成形のアジア太平洋市場規模・予測 ・静水圧プレス成形の主要国分析 ・静水圧プレス成形の世界市場:意思決定フレームワーク ・静水圧プレス成形の世界市場:成長要因、課題 ・静水圧プレス成形の世界市場:競争環 …
  • 世界の骨固定プレート市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、骨固定プレートのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨固定プレートの概要 ・骨固定プレートの開発動向:開発段階別分析 ・骨固定プレートの開発動向:セグメント別分析 ・骨固定プレートの開発動向:領域別分析 ・骨固定プレートの開発動向:規制Path別分析 ・骨固定プレートの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別骨固定プレートの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・骨固定プレートの最近動向
  • 世界のウェアラブル端末市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブル端末市場2015について調査・分析し、ウェアラブル端末の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • リフティングコラムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、リフティングコラムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リフティングコラムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • テニスラケットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テニスラケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テニスラケットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • トリフルオロ酢酸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、トリフルオロ酢酸の世界市場について調査・分析し、トリフルオロ酢酸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別トリフルオロ酢酸シェア、市場規模推移、市場規模予測、トリフルオロ酢酸種類別分析()、トリフルオロ酢酸用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・トリフルオロ酢酸の市場概観 ・トリフルオロ酢酸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・トリフルオロ酢酸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・トリフルオロ酢酸の世界市場規模 ・トリフルオロ酢酸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・トリフルオロ酢酸のアメリカ市場規模推移 ・トリフルオロ酢酸のカナダ市場規模推移 ・トリフルオロ酢酸のメキシコ市場規模推移 ・トリフルオロ酢酸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・トリフルオロ酢酸のドイツ市場規模推移 ・トリフルオロ酢酸のイギリス市場規模推移 ・トリフルオロ酢酸のロシア市場規模推移 ・トリフルオロ酢酸のアジア市場分析(日本、中 …
  • アジアの感染症検査市場動向(~2021)
  • 世界の耳式体温計市場2015
    本調査レポートでは、世界の耳式体温計市場2015について調査・分析し、耳式体温計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 薄壁パッケージングの世界市場予測(~2023年):タブ、カップ、ジャー、トレイ、クラムシェル、蓋、ポット
    薄壁パッケージングの市場は、2018年の428億米ドルから2018年には537億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は4.64%と予測されています。ライフスタイルの変化に伴いパッケージ食品および飲料市場が引き上げられています。これは、薄壁パッケージングの市場の成長を促す最も重要な要因の1つです。さらに、薄壁パッケージングの優れたコスト効果や見た目の良さが、この市場の成長に影響を与えています。当調査レポートでは、薄壁パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品タイプ別(タブ、カップ、ジャー、トレイ、クラムシェル、蓋、ポット)分析、生産プロセス別(熱成形、射出成形)分析、材料別(PP、PE、PET、PS、PVC)分析、用途別(食品、飲料)分析、薄壁パッケージングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用トランスミッション液の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用トランスミッション液の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用トランスミッション液市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用トランスミッション液の世界市場概要 ・自動車用トランスミッション液の世界市場環境 ・自動車用トランスミッション液の世界市場動向 ・自動車用トランスミッション液の世界市場規模 ・自動車用トランスミッション液の世界市場:業界構造分析 ・自動車用トランスミッション液の世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用トランスミッション液の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用トランスミッション液のアメリカ市場規模・予測 ・自動車用トランスミッション液のヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用トランスミッション液のアジア市場規模・予測 ・自動車用トランスミッション液の主要国分析 ・自動車用トランスミッション液の世界市場:意思決定フレームワーク ・自 …
  • 船舶用潤滑油の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、船舶用潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、船舶用潤滑油の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動パーキングシステムの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自動パーキングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、自動化レベル別(半自動、完全自動)分析、エンドユーザー別(商業、住宅、混合使用)分析、システム別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、プラットフォーム別分析、自動パーキングシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動パーキングシステムの世界市場規模が2019年13億万ドルから2027年36億万ドルまで年平均13.1%成長すると予測しています。
  • 高脂質血症(Hyperlipidemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、高脂質血症(Hyperlipidemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・高脂質血症(Hyperlipidemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・高脂質血症(Hyperlipidemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・高脂質血症(Hyperlipidemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・高脂質血症(Hyperlipidemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・高脂質血症(Hyperlipidemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の高脂質血症(Hyperlipidemia)治療薬剤
  • サージ保護デバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、サージ保護デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サージ保護デバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の暗視ゴーグル市場2015
    本調査レポートでは、世界の暗視ゴーグル市場2015について調査・分析し、暗視ゴーグルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • E-バイクドライブユニットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、E-バイクドライブユニットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、E-バイクドライブユニット市場規模、モーター種類別(ミッドドライブモーター、ハブモーター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・E-バイクドライブユニットの世界市場概要 ・E-バイクドライブユニットの世界市場環境 ・E-バイクドライブユニットの世界市場動向 ・E-バイクドライブユニットの世界市場規模 ・E-バイクドライブユニットの世界市場:業界構造分析 ・E-バイクドライブユニットの世界市場:モーター種類別(ミッドドライブモーター、ハブモーター) ・E-バイクドライブユニットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・E-バイクドライブユニットの北米市場規模・予測 ・E-バイクドライブユニットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・E-バイクドライブユニットのアジア太平洋市場規模・予測 ・E-バイクドライブユニットの主要国分析 ・E-バイクドライブユ …
  • 世界の歯科用合金市場2016
    本調査レポートでは、世界の歯科用合金市場2016について調査・分析し、歯科用合金の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グレインミル製品の世界市場:製品種類別(小麦、米、その他)、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、食料品店、オンラインストア)
    本市場調査レポートではグレインミル製品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(小麦、米、その他)分析、流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、食料品店、オンラインストア)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・グレインミル製品の世界市場:製品種類別(小麦、米、その他) ・グレインミル製品の世界市場:流通経路別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、食料品店、オンラインストア) ・グレインミル製品の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 自動車用燃料デリバリーシステムの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用燃料デリバリーシステムの世界市場規模が2017年148.6億ドルから2026年271.8億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用燃料デリバリーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用燃料デリバリーシステム市場規模、燃料別(ディーゼル、代替燃料、ガソリン、圧縮天然ガス(CNG))分析、コンポネント別(燃圧レギュレータ、燃料噴射器、燃料レール、エアコントロールバルブ、燃料ポンプ)分析、技術別(電子制御燃料供給システム、通常燃料供給システム)分析、方法別(インジェクタベース燃料供給システム、キャブレターベース燃料供給システム)分析、販売チャンネル別(アフターマーケット、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動車用燃料デリバリーシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動車用燃料デリバリーシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動車用燃料デ …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"