"コンテンツインテリジェンスの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC-7225)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"コンテンツインテリジェンスの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global content intelligence market size to grow at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 32.2% during the forecast periodMarketsandMarkets forecasts the global content intelligence market size to grow from USD 485 million in 2019 to USD 1.9 billion by 2024, at a CAGR of 32.2% during 2019–2024. The major growth drivers for the market include the need for market intelligence and demand for audience interest analysis. However, the vast volume of content acts as restraint by restricting marketers to deliver the right content to the right audience effectively.

Services component growing at the highest rate during the forecast period
Various vendors offer services associated with content intelligence to effectively implement content strategies considering the nascent stage of technology adoption. Some of the services provided by vendors to its customer are training/education, support, consulting/expertise, managed services, and others. These services accelerate deployment, reduce delays, support integration, and provide custom training. The role of service holds importance as it improves the Return on Investment (RoI) and enables effective implementation of content intelligence.

Europe to grow at the highest CAGR during the forecast period
Countries in Europe are ahead in the adoption of content intelligence are UK, Germany, France, Italy. The adoption of AI among various end-user industries, such as marketing, security, retail, healthcare, and fintech, and the presence of domestic AI software developers are supplementing the overall growth of content intelligence in the region. Organizations in Europe have been widely adopting the content intelligence to offer clients with personalized content as per the needs, thereby augmenting customer loyalty and retention.
 By Company: Tier I: 15%, Tier II: 42%, and Tier III: 43%
 By Designation: C-Level: 62%, Director Level: 20%, and Others: 18%
 By Region: North America: 40%, APAC: 30%, Europe: 20%, MEA: 5%, and Latin America: 5%

The report includes the study of the key players offering content intelligence platform solutions. It profiles major vendors in the global content intelligence market including Adobe (US), M-Files (Finland), OpenText (Canada), Curata (US), Scoop.it (US), Social Bakers (Czech Republic), Atomic Reach (Canada), OneSpot (US), Vennli (US), and Idio (UK).

Research coverage
The report segments the global content intelligence market by component, deployment type, organization size, vertical, and region. The component segment comprises solutions and services. The content intelligence market by deployment type has cloud, on-premises, and hybrid. The content intelligence market by organization size has SMEs and large enterprises. The content intelligence market by verticals covers BFSI, government & public sector, healthcare & life sciences, IT & telecommunications, manufacturing, media & entertainment, retail & consumer goods, travel & hospitality, and others (education, and energy and utilities). The report covers the content intelligence market for four major regions: North America, Europe, APAC, and RoW.

The report would help the market leaders and new entrants in the global content intelligence market in the following ways:
1. The report segments the market into various subsegments; hence, it covers the market comprehensively. It provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments. The market numbers are split further across applications and regions.
2. It helps in understanding the overall growth of the market. It also provides information about key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. It helps stakeholders in understanding their competitors better and gaining more insights to strengthen their positions in the market. The study also presents the positioning of the key players based on their product offerings and business strategies.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"コンテンツインテリジェンスの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 24)
4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the Content Intelligence Market
4.2 Market By Component, 2019 and 2024
4.3 Market By Deployment Type, 2019 and 2024
4.4 Market By Vertical, 2019 and 2024
4.5 Market Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Need to Align Content Strategy With Business Goals
5.2.1.2 Maximized Returns By Implementing Content Strategies to Reach Targeted Audience
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Huge Volume of Content Restricting Marketers to Effectively Deliver Right Content to Right Audience
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Amplifying and Enhancing Customer Experience With Personalized Content
5.2.3.2 Proliferation of New Technologies Such as Ai, Ml, and Big Data Providing Stage for More Advanced Capabilities
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Resources and Time Constraint Challenge Marketers to Produce Quality Contents Consistently
6 Content Intelligence Market By Component (Page No. – 33)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 The Rising Demand of Content Intelligence Among Enterprises to Enhance the Content Strategies is Expected to Drive the Growth in the Market
6.3 Services
6.3.1 The Demand for Services is Expected to Increase as These Services Magnify the Roi on Content Marketing Investment
7 Content Intelligence Market By Deployment Type (Page No. – 37)
7.1 Introduction
7.2 Cloud
7.2.1 the Cloud Based Deployments of Content Intelligence Solutions are Expected to Surge Due to Seamless Integration Between Content Consumption Platforms and Content Intelligence Platforms
7.3 On-Premises
7.3.1 The Demand for On-Premises Based Deployment are Expected to be Less as Enterprises are Preferring Online Medium to Market Content
7.4 Hybrid
7.4.1 Hybrid Deployment Allows the Flexibility of Both Cloud and On-Premises Which Will Drive the Growth of the Market
8 Content Intelligence Market By Organization Size (Page No. – 42)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Enterprises
8.2.1 The Adoption of Content Intelligence Among SMES is More as Many Enterprises are Keen on Utilizing the Benefits of Content Intelligence and Stay Ahead in Competition.
8.3 Large Enterprises
8.3.1 The Ability to Adopt as Well as Leverage the Benefits of Advanced Technologies Will Drive the Growth Among Large Enterprises
9 Content Intelligence Market By Vertical (Page No. – 46)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services and Insurance
9.2.1 The Changing Dynamics of an App-Based Ecosystem is Enabling the Banking Sector to Leverage Ai and Adopt It With the Business Necessities
9.3 Government and Public Sector
9.3.1 Government Entities are Deploying Content Intelligence to Share the Content That Informs and Educates Consumers
9.4 Healthcare and Life Sciences
9.4.1 Content Intelligence is an Effective Marketing Tool, Which Aids Various Hospitals and Health Providers in Increasing Patient Engagement and Trust Building
9.5 IT and Telecommunications
9.5.1 Enterprises Among These Verticals are Leveraging the Benefits of Content Intelligence to Retain Customers and Build Trust Among Its Users
9.6 Manufacturing
9.6.1 The Enterprises in Manufacturing Sector are Implementing Content Intelligence to Become More Customer-Centric and Spread Its Reach By Offering Personalized Content
9.7 Media and Entertainment
9.7.1 Need for Managing the Content in This Industry Vertical Among Publishers, Broadcasters, and Media Portal Providers to Offer Online Audience With the Contextual Experiences Will Drive the Market
9.8 Retail and Consumer Goods
9.8.1 The Content Intelligence Plays an Unprecedented Role in the Consumer Goods and Retail Industry Vertical By Improving Customer Engagement Through Ecommerce Platform
9.9 Travel and Hospitality
9.9.1 Companies Operating in This Industry Vertical are Making Efficient use of the Digital Content to Facilitate Content Marketers Determine New Prospects Better Customer Engagement
9.1 Others
9.10.1 The Adoption of Content Intelligence Will Increase as Enterprises Will Leverage the Benefits of Content Intelligence
10 Content Intelligence Market By Region (Page No. – 57)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Presence of Large Vendors Will Drive the Market Growth in Country
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Growing Awareness About the Significance of Content Strategy Will Drive the Market
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Increase in Digital Transformation to Drive the Adoption Among Organizations in the UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 New Government Regulations and Adoption of Advanced Technologies to Fuel the Growth of the Market in Germany
10.3.3 France
10.3.3.1 Increasing Need for Providing Delightful Customer Experience to Boost the Adoption
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Australia
10.4.1.1 Rising Adoption of Advanced Technologies to Increase the Growth Opportunities
10.4.2 Singapore
10.4.2.1 Technological Advancements of the Enterprises in the Country to Assist in Growth of Content Intelligence
10.4.3 Japan
10.4.3.1 Increasing use of Connected Technology to Increase the Demand for Solutions in Japan
10.4.4 Rest of APAC
10.5 Rest of the World
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 Increasing Need for Automation to Drive the Growth of Content Intelligence in the Country
10.5.2 Saudi Arabia
10.5.2.1 Increasing Focus on Digital Transformation to Boost the Growth
10.5.3 South Africa
10.5.3.1 Need for Enhancing Customer Experience to Boost the Demand for Solutions
10.5.4 Other Countries
11 Competitive Landscape (Page No. – 73)
11.1 Competitive Scenario
11.1.1 New Product Launches
11.1.2 Business Expansions
11.1.3 Acquisitions
12 Company Profiles (Page No. – 75)
12.1 Adobe
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 M-Files
12.3 OpenText
12.4 Curata
12.5 Scoop.it
12.6 Socialbakers
12.7 Atomic Reach
12.8 OneSpot
12.9 Vennli
12.10 Idio
12.11 Abbyy
12.12 Content Insights
12.13 Knotch
12.14 Smartlogic
12.15 Conductor
12.16 Concured
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 91)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】コンテンツインテリジェンスの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年7月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC-7225
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電気通信・IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
コンテンツインテリジェンスの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ソフトウェア定義(SDx)の世界市場予測(~2022):ソフトウェア定義ネットワーク (SDN)、ソフトウェア定義データセンター (SDDC)、ソフトウェア定義ストレージ (SDS)
    当調査レポートでは、ソフトウェア定義(SDx)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、サービス別分析、導入形態別分析、産業別分析、ソフトウェア定義(SDx)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のニチノール医療機器市場2015
    本調査レポートでは、世界のニチノール医療機器市場2015について調査・分析し、ニチノール医療機器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • たばこの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、たばこの世界市場について調査・分析し、たばこの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別たばこシェア、市場規模推移、市場規模予測、たばこ種類別分析(低タール、高タール)、たばこ用途別分析(男性向け、女性向け )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・たばこの市場概観 ・たばこのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・たばこのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・たばこの世界市場規模 ・たばこの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・たばこのアメリカ市場規模推移 ・たばこのカナダ市場規模推移 ・たばこのメキシコ市場規模推移 ・たばこのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・たばこのドイツ市場規模推移 ・たばこのイギリス市場規模推移 ・たばこのロシア市場規模推移 ・たばこのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・たばこの日本市場規模推移 ・たばこの中国市場規模推移 ・たばこの韓国市場規模推移 ・たばこのインド市場規模 …
  • 医療機器アウトソーシングの世界市場:サービス別(品質保証、委託製造)、治療領域別(循環器科、一般外科、整形外科)、セグメント予測
    医療機器アウトソーシングの世界市場は2025年には1,949億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率10.9%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、オフショアリングの拡大と医療機器の需要増加が考えられます本調査レポートでは、医療機器アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、医療機器アウトソーシングの世界市場動向、医療機器アウトソーシングの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器アウトソーシング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 固体レーザーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、固体レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、固体レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 精密収穫の世界市場予測(~2023年)
    精密収穫の世界市場は、2018年の104億米ドルから2023年には175億米ドルに達し、この期間中10.94%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、アジア太平洋およびアフリカの発展途上国における農業機械化の増加、収穫ロボットおよび自律型コンバインの採用の増加、および熟練労働力の不足による人件費の高騰が考えられます。さらに、世界的な食料需要の増加、収益性と収穫高の拡大、収穫時の作物の無駄が最小限になることも、市場の成長を後押しする要因となっています。当調査レポートでは、精密収穫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(コンバイン、収穫ロボット、飼料収穫機)分析、用途(作物、園芸、温室)分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、精密収穫の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボールバルブの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ボールバルブの世界市場について調査・分析し、ボールバルブの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ボールバルブの世界市場:市場動向分析 - ボールバルブの世界市場:競争要因分析 - ボールバルブの世界市場:材料別 ・合金 ・ステンレス鉄 ・低温 ・鋳鉄 ・その他の材料 - ボールバルブの世界市場:サイズ別 ・サイズ50 以上 ・サイズ25~25 ・サイズ6~25 ・サイズ1~6 ・サイズ1以下 - ボールバルブの世界市場:種類別 ・ライジングステムボールバルブ ・トラニオン式ボールバルブ ・フローティング型ボールバルブ - ボールバルブの世界市場:エンドユーザー別 ・建築・建設 ・飲食品料 ・エネルギー・電力 ・オイル・ガス ・化学 ・製薬 ・上下水道 ・航空宇宙・防衛 ・その他のエンドユーザー - ボールバルブの世界市場:主要地域別分析 - ボールバルブの北米市場規模(アメリカ市場等) - ボールバルブのヨーロッパ市場規模 - ボールバルブのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド …
  • 衛星アンテナの世界市場予測(~2022年):パラボラリフレクター、フラットパネル、FRP、ホーンアンテナ
    当調査レポートでは、衛星アンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、アンテナ種類別分析、構成品別分析、プラットフォーム別分析、周波数別分析、衛星アンテナの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ジオグリッドの世界市場予測(~2022年):種類、用途、製造方法、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ジオグリッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、製造方式別分析、地域別分析、ジオグリッドの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港都市の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、空港都市の世界市場について調査・分析し、空港都市の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 空港都市の世界市場:市場動向分析 - 空港都市の世界市場:競争要因分析 - 空港都市の世界市場:空港種類別 ブラウンフィールド空港 グリーンフィールド空港 - 空港都市の世界市場:主要地域別分析 - 空港都市の北米市場規模(アメリカ市場等) - 空港都市のヨーロッパ市場規模 - 空港都市のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・空港都市の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 腫瘍随伴体液性高カルシウム血症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の概要 ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍随伴体液性高カルシウム血症治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍随伴体液性高カルシウム …
  • 生分解性ポリマーの世界市場2017-2021:PLA系生分解性ポリマー、澱粉系生分解性ポリマー、その他
    当調査レポートでは、生分解性ポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、生分解性ポリマーの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 動物ヘルスケアの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、動物ヘルスケアの世界市場について調査・分析し、動物ヘルスケアの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・動物ヘルスケアの世界市場:市場動向分析 ・動物ヘルスケアの世界市場:競争要因分析 ・動物ヘルスケアの世界市場:動物別分析/市場規模 ・動物ヘルスケアの世界市場:製品別分析/市場規模 ・動物ヘルスケアの世界市場:診断別分析/市場規模 ・動物ヘルスケアの世界市場:地域別分析/市場規模 ・動物ヘルスケアの北米市場規模 ・動物ヘルスケアの欧州市場規模 ・動物ヘルスケアのアジア市場規模 ・動物ヘルスケアの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界のスピルリナ市場2016
    本調査レポートでは、世界のスピルリナ市場2016について調査・分析し、スピルリナの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アフターサン(サンケア)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 血液培養テストの世界市場:方式(自動、手動)、製品(消耗品、装置)、技術、用途、エンドユーザー、地域別分析
    当調査レポートでは、血液培養テストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、方式別分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 銀鉱業の世界市場(~2020)
  • 世界のエアロゲル市場規模・予測2017-2025:種類別(カーボン、ポリマー、シリカ)、形態別(モノリス、パネル、粒子、ブランケット)、プロセス別(複合材料、バージン・添加物)、用途別(建築、機能性塗料、石油・ガス・輸送機器)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のエアロゲル市場について調査・分析し、世界のエアロゲル市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のエアロゲル関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 動物用画像診断装置の世界市場予測(~2022年):超音波、X線、MRI、ビデオ内視鏡
    当調査レポートでは、動物用画像診断装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別分析、治療分野別分析、動物種類別分析、需要先別分析、動物用画像診断装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非光学式センサの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非光学式センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非光学式センサの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スチレン系ブロック共重合体(SBC)及び誘導体の世界市場2016-2020:SBS、SIS、SEBS、HSBC
    当調査レポートでは、スチレン系ブロック共重合体(SBC)及び誘導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スチレン系ブロック共重合体(SBC)及び誘導体の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エアクリーナー用フィルタの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、エアクリーナー用フィルタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアクリーナー用フィルタの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はエアクリーナー用フィルタの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.57%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCamfil、CLARCOR Air Filtration、Cummins Filtration、Daikin Industries、Donaldson等です。
  • 染料の世界市場分析:用途別(プラスチック、繊維、食品、パーソナルケア、印刷、塗料およびコーティング)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、染料の世界市場について調査・分析し、染料の世界市場動向、染料の世界市場規模、市場予測、セグメント別染料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 金属インプラント・医療用合金の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、金属インプラント・医療用合金の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(チタン、ステンレス、コバルトクロム)分析、用途別(整形外科、歯科、脊椎固定術、頭蓋顔面、ペースメーカー、ステント、除細動器、股関節、膝・肩の再建)分析、金属インプラント・医療用合金の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、金属インプラント・医療用合金の世界市場規模が2019年112億ドルから2024年176億ドルまで年平均9.4%成長すると予測しています。
  • 光ファイバーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、光ファイバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光ファイバーの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・用途別市場分類 ・種類別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • 塗料添加物の世界市場2018–2025:製品別(レオロジー改質剤、殺生物剤、消泡剤、湿潤・分散剤)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、塗料添加物の世界市場について調査・分析し、塗料添加物の世界市場動向、塗料添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別塗料添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自動車エアコンコンホース市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車エアコンコンホース市場2015について調査・分析し、自動車エアコンコンホースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビー用ヘアケア製品の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ベビー用ヘアケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー用ヘアケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はベビー用ヘアケア製品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Artsana、Beiersdorf、Johnson & Johnson、Pigeon等です。
  • オーロラBキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオーロラBキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オーロラBキナーゼ阻害剤の概要 ・オーロラBキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のオーロラBキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オーロラBキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オーロラBキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 等温包装の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、等温包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、等温包装の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は等温包装の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.42%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AirContainer Packaging System、InsulTote、Polar Tech、Sonoco等です。
  • アクセスコントロールリーダーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、アクセスコントロールリーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、リーダータイプ別(カードベースリーダー、バイオメトリックリーダー、マルチテクノロジーリーダー)分析、スマートカード技術種類別(iCLASS、MIFARE、DESFire、Advant)分析、業種別分析、アクセスコントロールリーダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、アクセスコントロールリーダーの世界市場規模が2019年30億万ドルから2024年54億万ドルまで年平均12.5%成長すると予測しています。
  • 世界の人工透析装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、人工透析装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・人工透析装置の概要 ・人工透析装置の開発動向:開発段階別分析 ・人工透析装置の開発動向:セグメント別分析 ・人工透析装置の開発動向:領域別分析 ・人工透析装置の開発動向:規制Path別分析 ・人工透析装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別人工透析装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・人工透析装置の最近動向
  • 世界のコハク酸市場2015
    本調査レポートでは、世界のコハク酸市場2015について調査・分析し、コハク酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マルチプレックスアッセイの世界市場:核酸ベースマルチプレックスアッセイ、タンパク質ベースマルチプレックスアッセイ
    当調査レポートでは、マルチプレックスアッセイの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(核酸ベースマルチプレックスアッセイ、タンパク質ベースマルチプレックスアッセイ、およびその他)分析、製品別(マルチプレックスアッセイ試薬&消耗品、マルチプレックスアッセイアクセサリ&機器、マルチプレックスアッセイソフトウェア&サービス)分析、技術別(マルチプレックスPCR、マルチプレックスタンパク質マイクロアレイ、およびその他)分析、用途別(コンパニオン診断、研究開発(医薬品開発&バイオマーカー発見&検証)、および臨床診断)分析、エンドユーザー別(病院、臨床検査室、研究所、製薬およびバイオテクノロジー企業)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・マルチプレックスアッセイの世界市場:種類別(核酸ベースマルチプレックスアッセイ、タンパク質ベースマルチプレックスアッセイ、およびその他) ・マルチプレックスアッセイの世界市場:製品別(マルチプレックスアッセイ試薬&消耗品、マルチプレックスアッセイアクセサリ&機器、マル …
  • ポーランドの整形外科手術用動力機器市場見通し
  • 包装フルーツ菓子の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、包装フルーツ菓子の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、包装フルーツ菓子の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 海洋セキュリティの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、海洋セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海洋セキュリティの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のCAD/CAM歯科装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、CAD/CAM歯科装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CAD/CAM歯科装置の概要 ・CAD/CAM歯科装置の開発動向:開発段階別分析 ・CAD/CAM歯科装置の開発動向:セグメント別分析 ・CAD/CAM歯科装置の開発動向:領域別分析 ・CAD/CAM歯科装置の開発動向:規制Path別分析 ・CAD/CAM歯科装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別CAD/CAM歯科装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・CAD/CAM歯科装置の最近動向
  • 軍用ガスマスクの世界市場
    当調査レポートでは、軍用ガスマスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用ガスマスクの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューション市場規模、アプリケーション別(資産・容量管理、エネルギー管理、電力・冷却管理、ネットワーク管理)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場概要 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場環境 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場動向 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場規模 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場:業界構造分析 ・データセンターインフラストラクチャー管理(DCIM)ソリューションの世界市場:アプリケー …
  • アルコール飲料の世界市場:ビール、ワイン、スピリッツ(蒸留酒)
    当調査レポートでは、アルコール飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アルコール飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • メチシリン感受性黄色ブドウ球菌感染症(MSSA Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるメチシリン感受性黄色ブドウ球菌感染症(MSSA Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、メチシリン感受性黄色ブドウ球菌感染症(MSSA Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・メチシリン感受性黄色ブドウ球菌感染症(MSSA Infections)の概要 ・メチシリン感受性黄色ブドウ球菌感染症(MSSA Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のメチシリン感受性黄色ブドウ球菌感染症(MSSA Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・メチシリン感受性黄色ブドウ球 …
  • イムノアッセイの世界市場:製品・サービス別(試薬・キット、分析装置、ソフトウェア)、技術別(ELISA、迅速試験)、プラットフォーム別(放射免疫測定)、用途別(感染症、がん、心臓疾患)、エンドユーザー別(病院)、地域別予測
    本資料は、イムノアッセイの世界市場について調べ、イムノアッセイの世界規模、市場動向、市場環境、製品・サービス別(試薬・キット、分析装置、ソフトウェア)分析、技術別(ELISA、迅速試験)分析、プラットフォーム別(放射免疫測定)分析、用途別(感染症、がん、心臓疾患)分析、エンドユーザー別(病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・イムノアッセイの世界市場概要 ・イムノアッセイの世界市場環境 ・イムノアッセイの世界市場動向 ・イムノアッセイの世界市場規模 ・イムノアッセイの世界市場規模:製品・サービス別(試薬・キット、分析装置、ソフトウェア) ・イムノアッセイの世界市場規模:技術別(ELISA、迅速試験) ・イムノアッセイの世界市場規模:プラットフォーム別(放射免疫測定) ・イムノアッセイの世界市場規模:用途別(感染症、がん、心臓疾患) ・イムノアッセイの世界市場規模:エンドユーザー別(病院) ・イムノアッセイの世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 音楽ストリーミングサービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、音楽ストリーミングサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、音楽ストリーミングサービス市場規模、ストリーミングサービス別(有料、無料)分析、エンドユーザー別(個人ユーザー、商業ユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Apple, Amazon.com, Deezer (subsidiary of Access Industries), Pandora Media, Spotifyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場概要 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場環境 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場動向 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場規模 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場:業界構造分析 ・音楽ストリーミングサービスの世界市場:ストリーミングサービス別(有料、無料) ・音楽ストリーミングサービスの世界市場:エンドユーザー別(個人ユーザー、商業ユーザー) ・ …
  • 自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ペアレンタルコントロールシステム(PCS)の世界市場規模及び予測、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 板ガラス加工機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、板ガラス加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、板ガラス加工機械の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 気泡緩衝材の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、気泡緩衝材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、気泡緩衝材市場規模、エンドユーザ別(E-コマース、電子部品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・気泡緩衝材の世界市場概要 ・気泡緩衝材の世界市場環境 ・気泡緩衝材の世界市場動向 ・気泡緩衝材の世界市場規模 ・気泡緩衝材の世界市場:業界構造分析 ・気泡緩衝材の世界市場:エンドユーザ別(E-コマース、電子部品、その他) ・気泡緩衝材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・気泡緩衝材の北米市場規模・予測 ・気泡緩衝材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・気泡緩衝材のアジア太平洋市場規模・予測 ・気泡緩衝材の主要国分析 ・気泡緩衝材の世界市場:意思決定フレームワーク ・気泡緩衝材の世界市場:成長要因、課題 ・気泡緩衝材の世界市場:競争環境 ・気泡緩衝材の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、NEFAB GROUP、Pregis、Seal …
  • 吻合器の世界市場:製品別(使い捨て、再利用可能)、用途別(心臓血管手術、消化管手術)、地域別、市場勢力図、セグメント予測
    本調査レポートでは、吻合器の世界市場について調査・分析し、吻合器の世界市場動向、吻合器の世界市場規模、市場予測、セグメント別吻合器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マリンオーディオシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マリンオーディオシステムの世界市場について調査・分析し、マリンオーディオシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マリンオーディオシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、マリンオーディオシステム種類別分析()、マリンオーディオシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・マリンオーディオシステムの市場概観 ・マリンオーディオシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・マリンオーディオシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・マリンオーディオシステムの世界市場規模 ・マリンオーディオシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・マリンオーディオシステムのアメリカ市場規模推移 ・マリンオーディオシステムのカナダ市場規模推移 ・マリンオーディオシステムのメキシコ市場規模推移 ・マリンオーディオシステムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・マリンオーディオシステムのドイツ市場規模推移 ・マリ …
  • 治療用伸縮性テープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、治療用伸縮性テープの世界市場について調査・分析し、治療用伸縮性テープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別治療用伸縮性テープシェア、市場規模推移、市場規模予測、治療用伸縮性テープ種類別分析(ロール形状、カット済み形状)、治療用伸縮性テープ用途別分析(薬局、オンラインショップ、モール・スーパーマーケット、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・治療用伸縮性テープの市場概観 ・治療用伸縮性テープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・治療用伸縮性テープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・治療用伸縮性テープの世界市場規模 ・治療用伸縮性テープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・治療用伸縮性テープのアメリカ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのカナダ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのメキシコ市場規模推移 ・治療用伸縮性テープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・治療用伸縮性テープのドイツ市場規模推移 ・治療用 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"