"PVB中間膜の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH-7251)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"PVB中間膜の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing use of PVB interlayers in automotive, building, and photovoltaic applications is expected to drive the market.”
The PVB interlayers market size was estimated to be USD 3.1 billion in 2019 and is projected to reach USD 4.4 billion by 2024, at a CAGR of 7.3%. The market is driven by the growth of the end-use industries, such as automotive, building & construction, and photovoltaic, and regulations promoting the usage of interlayers in glass.

“The structural type segment is projected to register higher CAGR during the forecast period.”

The structural type segment is projected to witness a higher growth rate than the standard segment during the forecast period. They are used in vehicle and buildings owing to their enhanced properties. The growing production of automobiles, construction of green building, and rapidly growing solar industry around the globe will drive the market for this segment during the forecast period.

“The automotive industry is expected to account for the largest consumption of PVB interlayers during the forecast period.”

The automotive industry is the largest consumer of PVB interlayers, globally. Changing trends in automotive production and increasing focus on safety are the driving factors for the growth of PVB interlayers in this end-use industry.

“APAC is estimated to be the fastest-growing market during the forecast period.”

APAC is estimated to dominate the overall PVB interlayers market during the forecast period. The region has emerged as the largest consumer PVB interlayers, owing to the growth construction & building industry, production of electric vehicles, and most importantly the expansion of the solar energy industry in countries such as China, India, Japan, and South Korea. The US is projected to be the fastest-growing market in North America, followed by Canada and Mexico.

Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size of several segments and subsegments and information gathered through secondary research.

The breakup of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 55%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 15%
• By Designation: C level – 42%, Director Level – 30%, and Others – 28%
• By Region: APAC – 40%, Europe – 28%, North America – 25%, Rest of the World – 7%

The leading players in the PVB interlayers market are Eastman Chemical Company (US), Kuraray (Germany), Sekisui Chemicals (Japan), Everlam (Belgium), Genau Manufacturing Company (India), KB PVB (China), Chang Chun Group (China), DuLite (China), Huakai Plastic (China), Willing Lamiglass Materials (China), Jiangsu Darui Hengte Technology (China), and Tiantai Kanglai Industrial (China).

Research Coverage:
This research report categorizes the PVB interlayers market on the basis of type, end-use, and region. The report includes detailed information regarding the major factors, such as drivers, restraints, challenges, and opportunities, influencing the growth of the market. A detailed analysis of the key industry players has been done to provide insights into business overviews, products, key strategies, and recent developments associated with the market.

Key Benefits of Buying the Report

The report will help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the PVB interlayers market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes developments, such as expansion, acquisition, and new product development.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"PVB中間膜の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Market Scope
1.1.1 Market Definition
1.1.2 Market Covered
1.1.2.1 PVB interlayer Market, By End-Use Industry
1.1.2.2 PVB interlayer Market, By Region
1.1.3 Estimation Years Considered for The Study
1.1.4 Currency
1.1.5 Package size
1.1.6 Limitations
1.2 Stake holders
2 Research Methodology
2.1 Market Size Estimation
2.2 Market Share Estimation
2.2.1 Key Data from Secondary Sources
2.2.2 Key Data from Primary Sources
2.2.2.1 Key Industry Insights
2.2.3 Assumptions
3 Executive Summary
4 Premium Insights
5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.2 Restraints
5.2.3 Opportunities
5.2.4 Challenges
5.3 Value-Chain Analysis
5.4 Porter’s Five Forces Analysis
Note: We will include policies and targets for all important countries in respective regions in this section
6 PVB interlayer Market, By Type – Forecast till 2024 (in USD Million)
6.1 Standard
6.2 Structural
7 PVB interlayer Market, By End-Use Industry – Forecast till 2024 (in USD Million)
7.1 Automotive Industry
7.2 Building & Construction Industry
7.3 Photovoltaic Industry
7.4 Others
Note: In chapter 5 and 6 we will provide market analysis and forecast up to regional level
8 PVB interlayer Market, By Region – Forecast till 2024 (in USD Million)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 U.S.
8.2.2 Canada
8.2.3 Mexico
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.2 UK
8.3.3 France
8.3.4 Norway
8.3.5 Sweden
8.3.6 The Netherlands
8.3.7 Italy
8.3.8 Rest of the Europe
8.4 Asia-Pacific
8.4.1 China
8.4.2 India
8.4.3 Japan
8.4.4 South Korea
8.4.5 Rest of APAC
8.5 Rest of the World (RoW)
8.5.1 Middle East & Africa
8.5.2 South America
9 Competitive Landscape
9.1 Introduction
9.2 New Product Launches
9.3 Expansion Activities
9.4 Partnerships, Agreements and Collaborations
9.5 Mergers and Acquisitions
10 Company Profiles
(Business Overview, Financials^, Products & Services, Key Strategy, and Recent Developments)
10.1 Introduction
10.2 DowDuPont
10.3 Eastman Chemical Company
10.4 Kuraray
10.5 Seksui Chemical Company
10.6 Everlam
10.7 Genau Manufacturing Company LLP
10.8 KB PVB
10.9 Chang Chung Group
10.10 DuLite
10.11 HUAKAI
10.12 JE Berkowitz
10.13 Jiangsu Daruihengte Technology & Science Co., Ltd.
10.14 Tiantai Kanglai Industrial Co., Ltd.

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】PVB中間膜の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年7月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH-7251
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】化学
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
PVB中間膜の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 医薬品有力企業シリーズ: 眼薬メーカー上位25社分析2016-2026
    当調査レポートでは、世界の眼薬メーカー上位25社について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 眼薬の概要 3. 眼薬: 世界市場 2016-2026 4. 米国の主要眼薬メーカー 2016-2026 5. 欧州の主要眼薬メーカー 2016-2026 6. アジア太平洋地域およびその他地域の主要眼薬メーカー 2016-2026 7. 2016年の新興眼薬メーカー 8. 眼薬市場の定性分析 2016-2026 9. 結論 10. 用語集
  • はしごの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、はしごの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、はしご市場規模、用途別(工業用、家庭用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・はしごの世界市場概要 ・はしごの世界市場環境 ・はしごの世界市場動向 ・はしごの世界市場規模 ・はしごの世界市場:業界構造分析 ・はしごの世界市場:用途別(工業用、家庭用、商業用) ・はしごの世界市場:地域別市場規模・分析 ・はしごのアメリカ市場規模・予測 ・はしごのヨーロッパ市場規模・予測 ・はしごのアジア市場規模・予測 ・はしごの主要国分析 ・はしごの世界市場:意思決定フレームワーク ・はしごの世界市場:成長要因、課題 ・はしごの世界市場:競争環境 ・はしごの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • カナダの脊椎手術市場動向(~2021)
  • ブラジルの遺伝子検査市場動向(~2021)
  • アメリカの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • センサパッチの世界市場予測(~2023年):温度、血糖値、血圧、心拍数、ECG、血中酸素濃度
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、センサパッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、センサパッチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティ試験の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、セキュリティ試験の世界市場について調査・分析し、セキュリティ試験の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・セキュリティ試験の世界市場規模:展開モード別分析 ・セキュリティ試験の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・セキュリティ試験の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・セキュリティ試験の世界市場規模:検査ツール別分析 ・セキュリティ試験の世界市場規模:製品種類別分析 ・セキュリティ試験の世界市場規模:サービス種類別分析 ・セキュリティ試験の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界のヒートメータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のヒートメータ市場2015について調査・分析し、ヒートメータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用バルブの世界市場予測(~2022年):ソレノイドバルブ、EGRバルブ、ブレーキ・コンビネーション・バルブ、AT制御バルブ、エンジンバルブ
    当調査レポートでは、自動車用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、車両種類別分析、用途別分析、機能別分析、自動車用バルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の可搬式空気調和機市場2015
    本調査レポートでは、世界の可搬式空気調和機市場2015について調査・分析し、可搬式空気調和機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用触媒コンバーターの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車用触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、自動車用触媒コンバーターの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用触媒コンバーターの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用触媒コンバーターの世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用触媒コンバーターの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 中国のナテグリニド市場2015
    本調査レポートでは、中国のナテグリニド市場2015について調査・分析し、ナテグリニドの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界無線通信会議(WRC-15)の主要成果
  • 水溶性ビタミン・ミネラル飼料サプリメントの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、水溶性ビタミン・ミネラル飼料サプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ビタミン種類別分析、ミネラル種類別分析、家畜別分析、地域別分析、水溶性ビタミン・ミネラル飼料サプリメントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 光変調器の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、光変調器の世界市場について調べ、光変調器の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、光変調器の市場規模をセグメンテーション別(用途別(テレコミュニケーション、データセンター、CATV、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は光変調器の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・光変調器の市場状況 ・光変調器の市場規模 ・光変調器の市場予測 ・光変調器の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(テレコミュニケーション、データセンター、CATV、その他) ・光変調器の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 脳腫瘍(Brain Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脳腫瘍(Brain Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脳腫瘍(Brain Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脳腫瘍(Brain Tumor)の概要 ・脳腫瘍(Brain Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脳腫瘍(Brain Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脳腫瘍(Brain Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脳腫瘍(Bra …
  • スクラバー装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スクラバー装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、スクラバー装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウェアラブル・ワイヤレスセンサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブル・ワイヤレスセンサー市場2015について調査・分析し、ウェアラブル・ワイヤレスセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場
    当調査レポートでは、ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場:産業別分析/市場規模 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)のアメリカ市場規模予測 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)のヨーロッパ市場規模予測 ・ポリエチレンテレフタレート(PET)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 自動車部品ダイカストの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、自動車部品ダイカストの世界市場について調査・分析し、自動車部品ダイカストの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車部品ダイカストの世界市場:市場動向分析 - 自動車部品ダイカストの世界市場:競争要因分析 - 自動車部品ダイカストの世界市場:製品別 ・加圧ダイカスト ・真空ダイカスト ・スクイズ併用ダイカスト ・セミソリッドダイカスト - 自動車部品ダイカストの世界市場:原材料別 ・アルミニウム ・亜鉛 ・マグネシウム ・その他 - 自動車部品ダイカストの世界市場:用途別 ・ボディアッセンブリー ・商用車 ・エンジン部品 ・乗用車 ・トランスミッション用部品 ・その他 - 自動車部品ダイカストの世界市場:主要地域別分析 - 自動車部品ダイカストの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車部品ダイカストのヨーロッパ市場規模 - 自動車部品ダイカストのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動車部品ダイカストの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • リフォーム用DIY用品小売の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、リフォーム用DIY用品小売の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、リフォーム用DIY用品小売市場規模、製品別(木材・景観管理、工具・金物類、室内装飾・屋内ガーデン、キッチン、塗装材料・壁紙・消耗品、建材、配管材料・器具、フローリング・修理・交換用材料、電気工事材料、照明)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場概要 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場環境 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場動向 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場規模 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場:業界構造分析 ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場:製品別(木材・景観管理、工具・金物類、室内装飾・屋内ガーデン、キッチン、塗装材料・壁紙・消耗品、建材、配管材料・器具、フローリング・修理・交換用材料、電気工事材料、照明) ・リフォーム用DIY用品小売の世界市場:地域別市場規模・分析 ・リフォーム …
  • 欧州主要国の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • ザクロの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ザクロの世界市場について調査・分析し、ザクロの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ザクロシェア、市場規模推移、市場規模予測、ザクロ種類別分析(ザクロ粉末、ザクロ濃縮果汁)、ザクロ用途別分析(食品業界、化粧品業界、医薬品業界)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ザクロの市場概観 ・ザクロのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ザクロのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ザクロの世界市場規模 ・ザクロの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ザクロのアメリカ市場規模推移 ・ザクロのカナダ市場規模推移 ・ザクロのメキシコ市場規模推移 ・ザクロのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ザクロのドイツ市場規模推移 ・ザクロのイギリス市場規模推移 ・ザクロのロシア市場規模推移 ・ザクロのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ザクロの日本市場規模推移 ・ザクロの中国市場規模推移 ・ザクロの韓国市場規模推移 ・ザ …
  • 中電圧モーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、中電圧モーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中電圧モーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 中電圧モーターは、出力範囲が25MWから75MWで駆動するモーターです。中電圧モーターは、様々な生産工程において非常に有益です。具体例としては、器具の負荷を下げ、騒音レベルを下げ、炭素放出量を下げ、エンドユーザーの工程の管理を容易にし、機械的なメンテナンスを最小限に抑え、有害業務を容易にすることが挙げられます。Technavio社は中電圧モーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• WEG• GE• TOSHIBA• TECO-Westinghouse 等です。
  • 業務用ブラストチラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用ブラストチラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ブラストチラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エアロゲルブランケットの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、エアロゲルブランケットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアロゲルブランケット市場規模、エンドユーザー別(エネルギー、建設、航空宇宙・自動車・海洋、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エアロゲルブランケットの世界市場概要 ・エアロゲルブランケットの世界市場環境 ・エアロゲルブランケットの世界市場動向 ・エアロゲルブランケットの世界市場規模 ・エアロゲルブランケットの世界市場:業界構造分析 ・エアロゲルブランケットの世界市場:エンドユーザー別(エネルギー、建設、航空宇宙・自動車・海洋、その他) ・エアロゲルブランケットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エアロゲルブランケットの北米市場規模・予測 ・エアロゲルブランケットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エアロゲルブランケットのアジア太平洋市場規模・予測 ・エアロゲルブランケットの主要国分析 ・エアロゲルブランケットの世界市場:意思決定フ …
  • 床用接着剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、床用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、技術別分析、地域別分析、床用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • しわ対策クリームの世界市場予測2019-2024
    「しわ対策クリームの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、レチノイド、ヒアルロン酸、アルファヒドロキシ酸など、用途別には、Pharmacies、Stores、Online Storeなどに区分してまとめた調査レポートです。しわ対策クリームのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・しわ対策クリームの世界市場概要(サマリー) ・しわ対策クリームの企業別販売量・売上 ・しわ対策クリームの企業別市場シェア ・しわ対策クリームの世界市場規模:種類別(レチノイド、ヒアルロン酸、アルファヒドロキシ酸) ・しわ対策クリームの世界市場規模:用途別(Pharmacies、Stores、Online Store) ・しわ対策クリームの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・しわ対策クリームのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・しわ対策クリームの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど …
  • パワーバンクの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、パワーバンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、容量別分析、USBポート数別分析、電源別分析、用途別分析、パワーバンクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腹腔鏡器具の世界市場:腹腔鏡、注入器、エネルギー機器、吸気装置、閉鎖機器、手用器械
    当調査レポートでは、腹腔鏡器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、腹腔鏡器具の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 予測分析の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、予測分析の世界市場について調査・分析し、予測分析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 予測分析の世界市場:市場動向分析 - 予測分析の世界市場:競争要因分析 - 予測分析の世界市場:種類別 ・サービス ・ソリューション - 予測分析の世界市場:組織規模別 ・大企業 ・中小企業 - 予測分析の世界市場:導入形態別 ・クラウド ・オンプレミス - 予測分析の世界市場:用途別 ・顧客・チャネル ・財務・リスク ・販売・マーケティング ・その他の用途 - 予測分析の世界市場:エンドユーザー別 ・運輸業・物流 ・製造 ・小売り・電子商取引 ・銀行、金融サービス、保険 ・医療・ライフサイエンス ・政府・防衛 ・エネルギー・ユーティリティ ・通信・IT ・メディア・エンターテインメント ・土木建築 ・その他のエンドユーザー - 予測分析の世界市場:主要地域別分析 - 予測分析の北米市場規模(アメリカ市場等) - 予測分析のヨーロッパ市場規模 - 予測分析のアジア市場規模(日本市場、中国市場、イン …
  • エネルギー貯蔵システムの世界市場:技術別、用途別、需要先別、地域別予測
    本資料は、エネルギー貯蔵システムの世界市場について調べ、エネルギー貯蔵システムの世界規模、市場動向、市場環境、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・エネルギー貯蔵システムの世界市場概要 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場環境 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場動向 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場規模 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・エネルギー貯蔵システムの世界市場規模:技術別 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場規模:用途別 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場規模:需要先別 ・エネルギー貯蔵システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・エネルギー貯蔵システムの北米市場規模・予測 ・エネルギー貯蔵システムのアメリカ市場規模・予測 ・エネルギー貯蔵システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・エネルギー貯蔵システムのアジア市 …
  • 非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(消耗品、試薬、超音波、NGS、PCR、マイクロアレイ)分析、サービス別分析、方法別(cfDNA、生化学マーカー)分析、用途別(異数性、マイクロ削除)分析、非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、非侵襲性出生前検査(NIPT)の世界市場規模が2019年39億万ドルから2024年73億万ドルまで年平均13.5%成長すると予測しています。
  • インタラクティブ・キオスクの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インタラクティブ・キオスクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インタラクティブ・キオスクの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用フロアマットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用フロアマットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、産業用フロアマットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 双極性障害市場:カナダの治療薬市場
  • 粉体塗装ロボットの世界市場2018-2022
    粉体塗装ロボットは塗装用途に設計されており、粉体塗装において高い再現性、生産性、省電力を提供します。粉体塗装ロボットの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率3.85%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、ABB、Durr、EISENMANN、FANUC、YASKAWA ELECTRICなどです。 当調査レポートでは、粉体塗装ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、粉体塗装ロボット市場規模、エンドユーザー別(自動車、非自動車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・粉体塗装ロボットの世界市場概要 ・粉体塗装ロボットの世界市場環境 ・粉体塗装ロボットの世界市場動向 ・粉体塗装ロボットの世界市場規模 ・粉体塗装ロボットの世界市場:業界構造分析 ・粉体塗装ロボットの世界市場:エンドユーザー別(自動車、非自動車) ・粉体塗装ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・粉体塗装ロボットの北米市場規模・予測 ・粉体 …
  • 工業用テープの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、工業用テープの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用テープ市場規模、用途別(アクリル系、溶剤系、感圧、ホットメルト)分析、製品別(接着剤転写テープ、フィラメントテープ、ダクトテープ、アルミテープ、その他)分析、テープバッキング材別(紙、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、その他)分析、用途別(包装、マスキング/保護用途、専用、その他)分析、エンドユーザー別(電気・電子、建設、製造、ロジスティクス、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 工業用テープの世界市場:市場動向分析 ・ 工業用テープの世界市場:競争要因分析 ・ 工業用テープの世界市場:用途別(アクリル系、溶剤系、感圧、ホットメルト) ・ 工業用テープの世界市場:製品別(接着剤転写テープ、フィラメントテープ、ダクトテープ、アルミテープ、その他) ・ 工業用テープの世界市場:テープバッキング材別(紙、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、その他) ・ 工 …
  • 世界の調味料市場2015
    本調査レポートでは、世界の調味料市場2015について調査・分析し、調味料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の世界市場の規模と分析:エンドユーザー別、サービス別、ソリューション別(物理ネットワークインフラストラクチャ、仮想化/制御ソフトウェア、SDNアプリケーション)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2024
    本調査レポートでは、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の世界市場について調査・分析し、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の世界市場動向、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • セメント補助材料の世界市場:フライアッシュ、スラグセメント、シリカフューム
    当調査レポートでは、セメント補助材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セメント補助材料市場規模、種類別(フライアッシュ、スラグセメント、シリカフューム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ArcelorMittal, Boral, CEMEX, DowDuPont, Ferroglobe, HEIDELBERGCEMENT, LafargeHolcim, Sikaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セメント補助材料の世界市場概要 ・セメント補助材料の世界市場環境 ・セメント補助材料の世界市場動向 ・セメント補助材料の世界市場規模 ・セメント補助材料の世界市場:業界構造分析 ・セメント補助材料の世界市場:種類別(フライアッシュ、スラグセメント、シリカフューム) ・セメント補助材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セメント補助材料の北米市場規模・予測 ・セメント補助材料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セメント補助材料の …
  • デジタルバッジの世界市場:提供別(プラットフォーム、サービス)、エンドユーザー別(学術機関、企業)、地域別予測
    本資料は、デジタルバッジの世界市場について調べ、デジタルバッジの世界規模、市場動向、市場環境、提供別(プラットフォーム、サービス)分析、エンドユーザー別(学術機関、企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルバッジの世界市場概要 ・デジタルバッジの世界市場環境 ・デジタルバッジの世界市場動向 ・デジタルバッジの世界市場規模 ・デジタルバッジの世界市場規模:提供別(プラットフォーム、サービス) ・デジタルバッジの世界市場規模:エンドユーザー別(学術機関、企業) ・デジタルバッジの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルバッジの北米市場規模・予測 ・デジタルバッジのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルバッジのヨーロッパ市場規模・予測 ・デジタルバッジのアジア市場規模・予測 ・デジタルバッジの日本市場規模・予測 ・デジタルバッジの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 日本の滅菌器市場見通し(~2021)
  • サングラスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、サングラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サングラスの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はサングラスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、LUXOTTICA GROUP、Safilo Group、Essilor、LVMH、MAUI JIM等です。
  • スマートロックの世界市場:タイプ別(接触型、非接触型、ハイブリッド・デュアルインターフェイス)、コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード)、通信プロトコル別(Bluetooth、Wi-Fi、その他)、地域別予測
    本資料は、スマートロックの世界市場について調べ、スマートロックの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(接触型、非接触型、ハイブリッド・デュアルインターフェイス)分析、コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード)分析、通信プロトコル別(Bluetooth、Wi-Fi、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スマートロックの世界市場概要 ・スマートロックの世界市場環境 ・スマートロックの世界市場動向 ・スマートロックの世界市場規模 ・スマートロックの世界市場規模:タイプ別(接触型、非接触型、ハイブリッド・デュアルインターフェイス) ・スマートロックの世界市場規模:コンポーネント別(マイクロプロセッサ、メモリスマートカード) ・スマートロックの世界市場規模:通信プロトコル別(Bluetooth、Wi-Fi、その他) ・スマートロックの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマートロックの北米市場規模・予測 ・スマートロックのアメ …
  • ロシアの原子力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 欧州/中東/アフリカにおけるがんの生物学的療法市場予測
  • スマートロボットの世界市場:個人向けサービスロボット、スマートモバイルロボット、協力ロボット
    当調査レポートでは、スマートロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、スマートロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用スチールホイールの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用スチールホイールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用スチールホイールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"