"昆虫タンパク質の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI-7253)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"昆虫タンパク質の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The insect protein market is projected to grow at a CAGR of 45.0%, in terms of value. The key drivers include increasing investments in R&D and start-ups and rising demand for alternative proteins.”
The insect protein market is estimated to be valued at USD 144 million in 2019 and is projected to grow at a CAGR of 45.0%, recording a value of USD 1,336 million by 2025. The growth of the insect protein market is driven by the willingness of multiple capital investors to invest with emerging insect protein manufacturers. This is due to the rising awareness about the benefits of insect protein and the necessity to develop alternative sources of protein to meet the rising global demand.

“The crickets segment in the insect protein market is projected to record the highest CAGR during the forecast period.”

Crickets are highly used in products such as powder and protein bar, due to their high availability and acceptability. The use of crickets is profitable in comparison with other livestock protein, owing to the reduced expenses associated with their rearing. They also contain nine essential amino acids, along with zinc, Vit. B12, iron, potassium, magnesium, sodium, and calcium. Cricket flour is an alternative for milk, as it contains a high amount of calcium.

Furthermore, researchers derive a similarity between crickets and shrimps since the digestibility of their protein is almost similar for humans. Also, crickets have been part of the traditional diet in Thailand, and Southeast Asian countries since ages, and hence, the chances of cricket allergy among humans have been observed to be the least. Owing to these reasons, the application of crickets is majorly targeted toward human nutrition.

“The animal nutrition segment held the largest share, by application, in the insect protein market in 2018.”

Insect protein manufacturers are mainly focusing on catering to the dietary needs of animals used for agriculture and wildlife management. Insect protein products are fed to zoo and pet animals along with fish. According to the United Nations Food and Agriculture Organization (FAO), the production of animal proteins between 2010 and 2050 is expected to grow by around 1.7% annually. This is due to the growing demand for nutritious, healthy, and safe pet foods. These factors are projected to drive market growth. Moreover, the growing concerns about pet health and willingness among pet owners to spend more on pet food products and medicines are projected to drive the market growth further.

“High growth is projected to be witnessed in the European insect protein market during the forecast period.”

The growing trend toward healthy eating and hybrid meat products are among the key drivers of the significantly accelerated traction within the European insect protein market. Increasing research and development in insect technology, and most importantly, the regulatory advancements supported by positive media coverage and greater availability of insect products have further created growth opportunities in this market. Majority of the companies in the insect protein market are headquartered in the European region with key players including Ÿnsect (France) and Protix (Netherlands) in the feed industry, and Protifarm (Netherlands), Wholi (Denmark), and Jimini’s (UK) in the food industry.
Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 10 %, Tier 2 – 20%, and Tier 3 – 70%
 By Designation: C-level – 30%, D-level – 20%, and Others*- 50%
 By Region: Asia Pacific – 15%, Europe – 30%, North America- 30%, South America – 15%, and RoW – 10%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.

Leading players profiled in this report:
• AgriProtein Holdings Ltd (South Africa)
• EnviroFlight LLC (US)
• Innovafeed (France)
• Ÿnsect (France)
• Hexafly (Ireland)
• Protix (Netherlands)
• Aspire Food Group (US)
• EntomoFarms (Canada)
• Protifarm (Netherlands)
• Jimini’s (UK)
• Chapul Cricket Protein (US)
• Imago Insect Products GmbH (Germany)

Research Coverage:
The report segments the insect protein market based on application, insect type, and region. In terms of insights, this report focuses on various levels of analyses—the competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global insect protein market, high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the insect protein market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the insect protein market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"昆虫タンパク質の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for Research Study
2.4.1 Specific Factors Considered While Estimating and Forecasting Market Size
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Low-Light Imaging Market
4.2 Low-Light Imaging Market, By Technology
4.3 Low-Light Imaging Market in APAC, By Country and Vertical
4.4 Low-Light Imaging Market, By Application
4.5 Low-Light Imaging Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 33)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Penetration Rate of Low-Light Image Sensing Technology in Smartphones
5.2.1.2 Rising Deployment of Advanced Driver Assistance Systems
5.2.1.3 Growing Popularity of CMOS Low-Light Image Sensors
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Complex and Expensive Process to Produce Low-Light Imaging Technology-Based Cameras Offering High-Quality Images
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Penetration of CMOS Image Sensors for Endoscopy Applications
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Migrating From CCD to New-Generation CMOS Technology
5.2.4.2 Maintaining Leading Position in Intensely Competitive Market
5.3 Value Chain Analysis
6 Low-Light Imaging Market, By Technology (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Complementary Metal–Oxide–Semiconductor (CMOS)
6.2.1 High Demand for Photography Application Boosting Growth of CMOS Low-Light Imaging Market
6.3 Charge-Coupled Device (CCD)
6.3.1 Advantages of CMOS Over CCD Technology Results in Declining Demand for CCD Technology-Based Low-Light Imaging Devices
7 Low-Light Imaging Market, By Application (Page No. – 42)
7.1 Introduction
7.2 Photography
7.2.1 High Demand From Consumer Electronics Vertical Driving Growth of Low-Light Imaging Market for Photography Applications
7.3 Monitoring, Inspection and Detection
7.3.1 Automotive as Well as Medical and Life Sciences Verticals Dominate Low-Light Imaging Market for Monitoring, Inspection and Detection Applications
7.4 Security and Surveillance
7.4.1 Industrial, Commercial, and Residential Infrastructure is Largest Demand-Generating Vertical in Low-Light Imaging Market for Security and Surveillance Applications
8 Low-Light Imaging Market, By Vertical (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 Consumer Electronics
8.2.1 Smartphone Segment Dominates Low-Light Imaging Market for Consumer Electronics Vertical
8.3 Automotive
8.3.1 Accelerated Adoption of ADAS to Augment Demand for Low-Light Imaging Devices in Coming Years
8.4 Medical and Life Sciences
8.4.1 Medical Devices Such as Endoscopy Equipment and Catheters are Crucial Applications of Low-Light Image Sensors
8.5 Military & Defense
8.5.1 Security and Surveillance Application Dominates Low-Light Imaging Market for Military & Defense Vertical
8.6 Industrial, Commercial, and Residential Infrastructure
8.6.1 Growing Concerns for Security Drives Low-Light Imaging Market Growth
9 Geographic Analysis (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Automotive Industry to Boost the Growth of Low-Light Imaging Market in the US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Focus on Improving Country’s Security Drives Low-Light Imaging Market in Canada
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Mexico is Fastest-Growing Country in North American Low-Light Imaging Market
9.3 Europe
9.3.1 UK
9.3.1.1 Industrial, Commercial, and Residential Infrastructure and Automotive Verticals are Accelerating the Low-Light Imaging Market Growth in UK
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Automotive Vertical is Significant Contributor to Low-Light Imaging Market in Germany
9.3.3 France
9.3.3.1 Industrial, Commercial, and Residential Infrastructure and Automotive Verticals Dominate Low-Light Imaging Market in France
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Italy to Witness Significant Growth in Low-Light Imaging Market in Europe
9.3.5 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific (APAC)
9.4.1 China
9.4.1.1 Presence of Manufacturing Plants of Several Leading Consumer Electronics Companies Creates High Demand for Low-Light Imaging Devices in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Rising Requirement for ADAS is Expected to Drive Low-Light Imaging Market Growth in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Number of Mobile Phone Manufacturers Setting Up Manufacturing Facilities in India is Boosting Growth of Low-Light Imaging Market in India
9.4.4 Rest of APAC
9.5 Rest of the World
9.5.1 South America
9.5.1.1 Brazil is Key Country for Low-Light Imaging Market in South America
9.5.2 Middle East and Africa
9.5.2.1 Significant Developments in Infrastructure, Automotive, and Industrial Sectors Boost Demand for Low-Light Imaging Devices in Middle East and Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 75)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis: Low-Light Imaging Market
10.3 Competitive Leadership Mapping, 2018
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Dynamic Differentiators
10.3.3 Innovators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Strength of Product Portfolio (20 Players)
10.5 Business Strategy Excellence (20 Players)
10.6 Competitive Situations and Trends
10.6.1 Product Launches and Developments
10.6.2 Expansions
10.6.3 Partnerships, Acquisitions, and Collaborations
11 Company Profiles (Page No. – 82)
11.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1.1 Sony
11.1.2 Samsung Electronics
11.1.3 OmniVision Technologies
11.1.4 ON Semiconductor
11.1.5 Panasonic
11.1.6 STMicroelectronics
11.1.7 Teledyne Technologies
11.1.8 Pixart Imaging
11.1.9 Hamamatsu Photonics K.K.
11.1.10 Fairchild Imaging (Bae Systems Imaging Solutions)
11.2 Other Companies
11.2.1 Sharp
11.2.2 Photonis
11.2.3 AMS
11.2.4 Pixelplus
11.2.5 Galaxycore
11.2.6 Canon
11.2.7 Himax Technologies
11.2.8 Gigajot Technology
11.2.9 Light
11.2.10 Corephotonics
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 115)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】昆虫タンパク質の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年7月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI-7253
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業産業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
昆虫タンパク質の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 脳波記録(EEG)システム/デバイスの世界市場分析:製品別(8チャネル、21チャネル、25チャネル、32チャネル、40チャネル、マルチチャネル)、タイプ別(携帯型、自立型)、エンドユーザー別(病院、診断センター)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、脳波記録(EEG)システム/デバイスの世界市場について調査・分析し、脳波記録(EEG)システム/デバイスの世界市場動向、脳波記録(EEG)システム/デバイスの世界市場規模、市場予測、セグメント別脳波記録(EEG)システム/デバイス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脱毛症(Alopecia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脱毛症(Alopecia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脱毛症(Alopecia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脱毛症(Alopecia)の概要 ・脱毛症(Alopecia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脱毛症(Alopecia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脱毛症(Alopecia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脱毛症(Alopecia)治療薬開発に取り組んでい …
  • 産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場分析
    本調査レポートでは、産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場について調査・分析し、産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場動向、産業試験用微生物及び細菌培養の世界市場規模、市場予測、セグメント別産業試験用微生物及び細菌培養市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘルスケア支払人サービスの世界市場分析:外注サービス別(BPO、ITO、KPO)、用途別(クレーム管理サービス、統合受付・バックオフィスオペレーション、メンバー管理サービス、提供者管理サービス、請求およびアカウント管理サービス、分析および不正管理サービス、人事サービス)、エンドユーザー別(私的支払人、公的支払人)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ヘルスケア支払人サービスの世界市場について調査・分析し、ヘルスケア支払人サービスの世界市場動向、ヘルスケア支払人サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケア支払人サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 女性衛生用洗浄液の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性衛生用洗浄液の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性衛生用洗浄液の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タウ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるタウ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・タウ阻害剤の概要 ・タウ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のタウ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・タウ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・タウ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オーファンドラッグの世界市場                     
    当調査レポートでは、オーファンドラッグの世界市場について調査・分析し、オーファンドラッグの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - オーファンドラッグの世界市場:市場動向分析 - オーファンドラッグの世界市場:競争要因分析 - オーファンドラッグの世界市場:薬の種類別 ・生物学的オーファンドラッグ ・非生物学的オーファンドラッグ - オーファンドラッグの世界市場:用途別 ・血液関連疾患 ・腎臓病 ・神経系 ・腫瘍 ・伝染病 ・嚢胞性線維症 ・その他 - オーファンドラッグの世界市場:技術別 ・DNA組換え ・ハイブリドーマおよび遺伝子マッピング ・トランスジェニック ・その他 - オーファンドラッグの世界市場:薬理学的分類別 ・酵素補充 ・遺伝子および染色体の発現 ・タンパク質補充 - オーファンドラッグの世界市場:症状別 ・急性骨髄性白血病 ・デュシェンヌ型筋ジストロフィー ・神経膠腫 ・移植片対宿主病 ・多発性骨髄腫 ・非ホジキンリンパ腫 ・卵巣癌 ・膵臓癌 ・腎細胞癌 ・その他 - オーファンドラッグ …
  • 冷凍魚介類の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、冷凍魚介類の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷凍魚介類の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオンライン・ホームデコール市場:製品別、地域別
    本調査レポートはオンライン・ホームデコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(オンラインホームファニチャー、オンラインホームファニッシング、その他のオンラインホームデコレーション製品)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・オンライン・ホームデコールの世界市場:製品別(オンラインホームファニチャー、オンラインホームファニッシング、その他のオンラインホームデコレーション製品) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • トルコの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • アルコール脱水素酵素の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、アルコール脱水素酵素の世界市場について調査・分析し、アルコール脱水素酵素の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別アルコール脱水素酵素シェア、市場規模推移、市場規模予測、アルコール脱水素酵素種類別分析(7.5KU、15KU、30KU、75KU、150KU、その他)、アルコール脱水素酵素用途別分析(アルコール濃度検査、病気診断、触媒、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・アルコール脱水素酵素の市場概観 ・アルコール脱水素酵素のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・アルコール脱水素酵素のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・アルコール脱水素酵素の世界市場規模 ・アルコール脱水素酵素の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・アルコール脱水素酵素のアメリカ市場規模推移 ・アルコール脱水素酵素のカナダ市場規模推移 ・アルコール脱水素酵素のメキシコ市場規模推移 ・アルコール脱水素酵素のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・アルコ …
  • 世界のモバイルヘルス(m-ヘルス)市場予測
    本調査レポートでは、世界のモバイルヘルス(m-ヘルス)市場について調査・分析し、世界のモバイルヘルス(m-ヘルス)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • フィンランドの心臓血管手術装置市場見通し
  • 世界のプライミングポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のプライミングポンプ市場2015について調査・分析し、プライミングポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 超音波装置の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 油圧シリンダーの世界市場予測:機能別、仕様別、用途別、内径別
    MarketsandMarkets社は、油圧シリンダーの世界市場規模が2019年142億ドルから2024年194億ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、油圧シリンダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、機能別(複動、単動)分析、仕様別(溶接、タイロッド、伸縮、ミルタイプ)分析、用途別(モバイルおよび産業)分析、内径別( 150MM)分析、油圧シリンダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のIoTの収益化市場2019
    本調査レポートでは、世界のIoTの収益化市場2019について調査・分析し、IoTの収益化の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、IoTの収益化のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、IoTの収益化メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・IoTの収益化の市場概要 ・IoTの収益化の上流・下流市場分析 ・IoTの収益化のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・IoTの収益化のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・IoTの収益化のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・IoTの収益化のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・IoTの収益化の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・IoTの収益化の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・IoTの収益化の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・IoTの収益 …
  • 自動車V2X(車車間/路車間通信)の世界市場予測(~2022):V2V、V2I、V2P、V2G、V2H、V2N
    当調査レポートでは、自動車V2X(車車間/路車間通信)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、提供形態別分析、種類別分析、接続種類別分析、車種別分析、自動車V2X(車車間/路車間通信)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エクソソームの世界市場2014–2030:ワークフロー別(アイソレーション、ダウンタイム分析)、生体分子別(ノンコーディングRNA、mRNA、プロテイン、脂質)、用途別
    本調査レポートでは、エクソソームの世界市場について調査・分析し、エクソソームの世界市場動向、エクソソームの世界市場規模、市場予測、セグメント別エクソソーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • インドのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 若年性黄斑変性症治療の世界市場:種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、エミクススタット塩酸塩、FAB-111、その他)、用途別(診療所、病院、在宅医療)、地域別予測
    本資料は、若年性黄斑変性症治療の世界市場について調べ、若年性黄斑変性症治療の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、エミクススタット塩酸塩、FAB-111、その他)分析、用途別(診療所、病院、在宅医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAcucela Inc、Alkeus Pharmaceuticals Inc、Astellas Pharma Inc、Copernicus Therapeutics Inc、Grupo Ferrer International SA、IRIS Pharma、Sanofiなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・若年性黄斑変性症治療の世界市場概要 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場環境 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場動向 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場規模 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場規模:種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、 …
  • 世界の水検査市場:TOC、PH、伝導率、溶存酸素、濁り
  • 世界の分光計市場2015
    本調査レポートでは、世界の分光計市場2015について調査・分析し、分光計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • qPCR試薬の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、qPCR試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、qPCR試薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はqPCR試薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Agilent Technologies、Bio-Rad Laboratories、F. Hoffmann-La Roche、Thermo Fisher Scientific等です。
  • 世界の手術室カメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術室カメラ市場2015について調査・分析し、手術室カメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ハイブリッドトランスミッション装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ハイブリッドトランスミッション装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ハイブリッドトランスミッション装置の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体屋根材の世界市場:PU塗料、アクリル塗料、PU/アクリル・ハイブリッド、歴青質塗料、シリコーン塗料、変性シラン・ポリマー、EPDMゴム、エラストマ膜、セメント系膜
    当調査レポートでは、液体屋根材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、液体屋根材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ボトルドウォーター(飲料水)検査装置の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ボトルドウォーター(飲料水)検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、構成要素別分析、検査種類別分析、地域別分析、ボトルドウォーター(飲料水)検査装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ ドリンクの世界市場2015
  • ミネラル化粧品の世界市場:製品種類別(フェイス化粧品、リップ化粧品、アイ化粧品)、流通チャンネル別(小売流通、Eコマース、ビューティーセンター&スパ)
    本資料は、ミネラル化粧品の世界市場について調べ、ミネラル化粧品の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品種類別(フェイス化粧品、リップ化粧品、アイ化粧品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ミネラル化粧品の世界市場概要 ・ミネラル化粧品の世界市場環境 ・ミネラル化粧品の世界市場動向 ・ミネラル化粧品の世界市場規模 ・ミネラル化粧品の世界市場:市場シェア ・ミネラル化粧品の世界市場:製品種類別(フェイス化粧品、リップ化粧品、アイ化粧品) ・ミネラル化粧品の世界市場:流通チャンネル別(小売流通、Eコマース、ビューティーセンター&スパ) ・ミネラル化粧品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ミネラル化粧品の北米市場規模・予測 ・ミネラル化粧品のアメリカ市場規模・予測 ・ミネラル化粧品のヨーロッパ市場規模・予測 ・ミネラル化粧品のアジア市場規模・予測 ・ミネラル化粧品の日本市場規模・予測 ・ミネラル化粧品の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • ニチノール製医療機器の世界市場2017-2021:ニチノール製ステント、ガイドワイヤー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ニチノール製医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ニチノール製医療機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はニチノール製医療機器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.50%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbott、Boston Scientific、Medtronic、TERUMO等です。
  • プロアクティブセキュリティの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プロアクティブセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別(リスク・脆弱性管理、AMP、セキュリティアナリティクス、セキュリティ監視、セキュリティオーケストレーション、攻撃シミュレーション)、サービス別分析、組織サイズ別分析、プロアクティブセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • スマートファクトリーの世界市場:センサ、アクチュエーター、通信技術、産業用ロボット、マシンビジョン、制御装置、制御弁
    当調査レポートでは、スマートファクトリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成製品別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの不正検知&不正防止、アンチマネーロンダリング(AML)および口座乗っ取り市場
  • 消火用スプリンクラの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消火用スプリンクラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消火用スプリンクラの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 金融産業(BFSI)セキュリティの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、金融産業(BFSI)セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、情報セキュリティ別分析、物理セキュリティ別分析、地域別分析、金融産業(BFSI)セキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 制酸薬の世界市場予測2019-2024
    「制酸薬の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、プロトンポンプ阻害薬、H2拮抗薬、酸中和剤など、用途別には、OTC Drug、Rx Drugなどに区分してまとめた調査レポートです。制酸薬のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・制酸薬の世界市場概要(サマリー) ・制酸薬の企業別販売量・売上 ・制酸薬の企業別市場シェア ・制酸薬の世界市場規模:種類別(プロトンポンプ阻害薬、H2拮抗薬、酸中和剤) ・制酸薬の世界市場規模:用途別(OTC Drug、Rx Drug) ・制酸薬の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・制酸薬のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・制酸薬の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・制酸薬の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国など) ・制酸薬市場の成長要因・課題・動向 ・制酸薬の販売チャネル、流通業者、顧客 ・制酸 …
  • 自動車用差動装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用差動装置の世界市場について調べ、自動車用差動装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用差動装置の市場規模をセグメンテーション別(車種別(乗用車、商用車)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用差動装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用差動装置の市場状況 ・自動車用差動装置の市場規模 ・自動車用差動装置の市場予測 ・自動車用差動装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:車種別(乗用車、商用車) ・自動車用差動装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression))のフェーズ3治験薬の状況 ・双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression))治療薬の市場規模(販売予測) ・双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・双極性障害(躁うつ病)(Bipolar Disorder (Manic Depression))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の …
  • 世界の額温度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の額温度計市場2015について調査・分析し、額温度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の帯状疱疹市場2019
    本調査レポートでは、世界の帯状疱疹市場2019について調査・分析し、帯状疱疹の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、帯状疱疹のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、帯状疱疹メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・帯状疱疹の市場概要 ・帯状疱疹の上流・下流市場分析 ・帯状疱疹のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・帯状疱疹のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・帯状疱疹のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・帯状疱疹の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・帯状疱疹の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹のヨー …
  • 藻類オイルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、藻類オイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、藻類オイルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界のCHSB市場2016
    本調査レポートでは、世界のCHSB市場2016について調査・分析し、CHSBの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用ミキサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用ミキサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用ミキサー市場規模、エンドユーザー別(化学品、食品・飲料、医薬品、上下水道、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用ミキサーの世界市場概要 ・工業用ミキサーの世界市場環境 ・工業用ミキサーの世界市場動向 ・工業用ミキサーの世界市場規模 ・工業用ミキサーの世界市場:業界構造分析 ・工業用ミキサーの世界市場:エンドユーザー別(化学品、食品・飲料、医薬品、上下水道、その他) ・工業用ミキサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・工業用ミキサーの北米市場規模・予測 ・工業用ミキサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・工業用ミキサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・工業用ミキサーの主要国分析 ・工業用ミキサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・工業用ミキサーの世界市場:成長要因、課題 ・工業用ミキサーの世界市場:競争環境 ・工業用ミキサーの世界市 …
  • 特殊食品成分の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、特殊食品成分の世界市場について調査・分析し、特殊食品成分の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 特殊食品成分の世界市場:市場動向分析 - 特殊食品成分の世界市場:競争要因分析 - 特殊食品成分の世界市場:種類別 ・脂肪代替物・安定剤 ・膨脹剤 ・栄養補助成分 ・保存料 ・固化防止剤 ・イースト栄養剤 ・pH調整剤および酸味料 ・乳化剤 ・湿潤剤 ・酵素調製物 ・甘味料 ・着色料 ・香料 ・その他 - 特殊食品成分の世界市場:用途別 ・パン・菓子 ・乳製品 ・果物・野菜 ・アルコール・ソフトドリンク ・シーフード ・植物油・動物油 ・穀類 ・肉・魚 ・即席食品 ・その他 - 特殊食品成分の世界市場:主要地域別分析 - 特殊食品成分の北米市場規模(アメリカ市場等) - 特殊食品成分のヨーロッパ市場規模 - 特殊食品成分のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・特殊食品成分の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 非常用サイリウムの世界市場2016-2020:化学発光式非常用サイリウム、電池式非常用サイリウム
    当調査レポートでは、非常用サイリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非常用サイリウムの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マルチテナント及びホールセール・データセンターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マルチテナント及びホールセール・データセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マルチテナント及びホールセール・データセンターの世界市場規模及び予測、種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デプスフィルター(深層濾過)の世界市場予測(~2022年):けいそう土、活性炭素、セルロース
    当調査レポートでは、デプスフィルター(深層濾過)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、濾過材別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、デプスフィルター(深層濾過)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スノースポーツウェアの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、スノースポーツウェアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スノースポーツウェア市場規模、製品別(アルペンスキー、スノーボード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スノースポーツウェアの世界市場概要 ・スノースポーツウェアの世界市場環境 ・スノースポーツウェアの世界市場動向 ・スノースポーツウェアの世界市場規模 ・スノースポーツウェアの世界市場:業界構造分析 ・スノースポーツウェアの世界市場:製品別(アルペンスキー、スノーボード) ・スノースポーツウェアの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スノースポーツウェアの北米市場規模・予測 ・スノースポーツウェアのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スノースポーツウェアのアジア太平洋市場規模・予測 ・スノースポーツウェアの主要国分析 ・スノースポーツウェアの世界市場:意思決定フレームワーク ・スノースポーツウェアの世界市場:成長要因、課題 ・スノースポーツウェアの …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"