"凍結治療の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BT-5895)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"凍結治療の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The cryotherapy market is projected to grow at a CAGR of 9.1% during the forecast period.”
The cryotherapy market is projected to reach USD 319 million by 2024 from USD 206 million in 2019 at a CAGR of 9.1%. The rising incidence of sports injuries, cardiac conditions, and cancers is driving the growth of the market. Increasing demand for minimally invasive procedures, technological advancements in cryotherapy equipment, and the growing popularity in the beauty, wellness, and fitness industries are also supporting the growth of this market. However, the limited access to cryotherapy and lack of awareness about its benefits may restrain the market to a certain extent during the forecast period.

“The cryosurgery devices segment is projected to dominate the cryotherapy products market during the forecast period.”

The cryotherapy products market has been segmented into cryosurgery devices, localized cryotherapy devices, and cryochambers & cryosaunas. The cryosurgery devices segment is further segmented into tissue contact probes, tissue spray probes, and epidermal & subcutaneous cryoablation devices. The cryosurgery devices segment held the largest share of this market in 2018 and is also estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. Cryosurgery is a comparatively simpler procedure compared to laser treatment, with fewer side effects and is more affordable. It is therefore considered to be suited for the treatment of cardiac arrhythmias, ophthalmologic conditions, and various types of cancers, as well as for cosmetic surgeries.

“The surgical applications segment held the largest market share in 2018.”

By application, the cryotherapy market is segmented into surgical applications, pain management, and recovery, health, & beauty applications. The surgical applications segment accounted for the largest share of this market in 2018. The large share of this segment can be attributed to higher adoption of cryoablation for cancer treatment. Cryoablation is a minimally invasive procedure with few side-effects; these benefits are also driving the adoption of cryotherapy for surgical applications.

“The North American cryotherapy market is expected to hold the largest market during the forecast period.”

Geographically, the cryotherapy market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World. The North American market is expected to hold the largest share of this market during the forecast period. The growing popularity of cryotherapy, increasing prevalence of cancer & CVDs, and the rising number of sports and physical activity-related injuries are the key factors driving the North American cryotherapy market.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 50%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level – 39%, Director-level – 28%, and Others – 33%
• By Region: North America – 32%, Europe – 30%, APAC – 25%, and RoW – 13%

The major players in the market include Medtronic (Ireland), Galil Medical (US), and CooperSurgical (US), Impact Cryotherapy (US), Zimmer MedizinSysteme (Germany), Metrum Cryoflex (Poland), Brymill Cryogenic Systems (UK), Erbe Elektromedizin (Germany), CryoConcepts (US), US Cryotherapy (US), Professional Products (US), and Kriosystem Life (Poland).

Research Coverage
This report studies the cryotherapy market based on product, application, end user, and region. The report also studies factors (such as drivers, restraints, opportunities, and challenges) affecting market growth. It analyzes the opportunities and challenges in the market and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the revenue of the market segments with respect to four main regions and respective countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market share of top players, and company profiles, which together form basic views and analyze the competitive landscape, emerging segments of the cryotherapy market, and high-growth regions with their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"凍結治療の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Markets Covered
1.2.3 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.2 Research Methodology Steps
2.2.1 Secondary Data
2.2.1.1 Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.2.1 Primary Sources
2.2.2.2 Key Insights From Primary Sources
2.3 Market Size Estimation Methodology
2.4 Market Data Estimation and Triangulation
2.5 Assumptions of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Cryotherapy: Market Overview
4.2 Europe: Cryotherapy Market, By Product (2018)
4.3 Market Share, By Application, 2019 vs 2024
4.4 Market Share, By Product, 2019 vs 2024
4.5 Cryotherapy Market Share, By End User, 2019 vs 2024
4.6 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Demand for Minimally Invasive/Non-Invasive Procedures
5.2.1.2 Growing Incidence of Sports Injuries, Cancer, and Cardiac Conditions
5.2.1.3 Technological Advancements in Cryotherapy Equipment
5.2.1.4 Growing Popularity in the Beauty, Wellness, and Fitness Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Limited Access to Cryotherapy and Lack of Awareness
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Focus on Expanding Cryotherapy Applications
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Hazardous Effects of Cryogenic Gases
5.2.4.2 Lack of Evidence for the Efficacy of Whole-Body Cryotherapy
6 Cryotherapy Market, By Product (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Cryosurgery Devices
6.2.1 Tissue Contact Probes
6.2.1.1 Safety and Effectiveness of Tissue Contact Probes have Driven Their Use
6.2.2 Tissue Spray Probes
6.2.2.1 Ability to Treat Surgically Inoperable Tumors is Driving the Use of Spray Probes
6.2.3 Epidermal & Subcutaneous Cryoablation Devices
6.2.3.1 Anesthetic Properties of Epidermal & Subcutaneous Probes are Supporting Market Growth
6.3 Localized Cryotherapy Devices
6.3.1 Simplicity and Ease of Application have Popularized Localized Cryotherapy
6.4 Cryochambers & Cryosaunas
6.4.1 Chambers and Saunas are Widely Used in Sports
7 Cryotherapy Market, By Application (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Surgical Applications
7.2.1 Oncology
7.2.1.1 Increasing Cancer Incidence Will Propel Market Growth
7.2.2 Dermatology
7.2.2.1 The Use of Cryotherapy in Dermatology has Risen in Recent Years
7.2.3 Cardiology
7.2.3.1 Rising Research Into the Use of Cryotherapy and Growing Demand for Cvd Treatment Will Ensure Market Growth
7.2.4 Other Surgical Applications
7.3 Pain Management
7.3.1 Establishment of Cryotherapy Centres for Pain Management Will Contribute to Patient Demand
7.4 Recovery, Health, and Beauty Applications
7.4.1 Advantages of Cryotherapy have Resulted in Its Wide Adoption in These Fields
8 Cryotherapy Market, By End User (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals & Specialty Clinics
8.2.1 Hospitals & Specialty Clinics are the Major End Users of the Cryotherapy Market
8.3 Cryotherapy Centers
8.3.1 Cryotherapy Centers Offer Cryo Services to Enhance Wellness and Aid Recovery
8.4 Spas & Fitness Centers
8.4.1 Spas & Fitness Centers Offer Cryotherapy Services for Enhancing the Beauty and Overall Wellness of the Body
9 Cryotherapy Market, By Region (Page No. – 58)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The Growing Popularity of Cryotherapy Among Fitness & Beauty Enthusiasts is Driving the Market for Cryotherapy in the US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 High Burden of Cardiovascular Diseases to Drive the Demand for Cryosurgery
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany to Register the Highest Growth in the European Cryotherapy Market During the Forecast Period
9.3.2 Poland
9.3.2.1 Increasing Research Studies on Cryotherapy to Support Market Growth
9.3.3 UK
9.3.3.1 Increasing Prevalence of Cancer & Arthritis to Drive Market Growth
9.3.4 Rest of Europe (RoE)
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Large Patient Population of Cancer and Cardiac Diseases
9.5 Rest of the World (RoW)
10 Competitive Landscape (Page No. – 88)
10.1 Introduction
10.2 Market Ranking Analysis
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 Product Launches
10.4.2 Product Launches & Deployments
10.4.3 Partnerships and Collaborations
11 Company Profiles (Page No. – 94)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Medtronic
11.2 Impact Cryotherapy
11.3 Zimmer Medizinsysteme
11.4 Metrum Cryoflex
11.5 Brymill Cryogenic Systems
11.6 Galil Medical (A Subsidiary of Btg PLC)
11.7 Coopersurgical (A Subsidiary of the Cooper Companies)
11.8 Cryoconcepts Lp
11.9 Kriosystem Life
11.10 US Cryotherapy
11.11 Professional Products
11.12 Erbe Elektromedizin
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View might not be captured in case of unlisted companies.
12 Appendix (Page No. – 114)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】凍結治療の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年7月25日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BT-5895
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】バイオテクノロジー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
凍結治療の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 船舶用複合材の世界市場予測(~2023年):金属基複合材、セラミック基複合材、高分子基複合材
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、船舶用複合材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類(金属基複合材、セラミック基複合材、高分子基複合材)分析、船舶タイプ(モーターボート、ヨット、クルーズ船)分析、船舶用複合材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシティの世界市場予測(~2022年):種類、ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、スマートシティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、輸送別分析、ユティリティ別分析、建物別分析、市民サービス別分析、スマートシティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 癌バイオマーカーのアジア太平洋市場
  • オーガニックスパイスの世界市場:製品種類別(ジンジャー、ウコン、クローブ、コショウ、シナモン、ナツメグ、マスタードシード、その他)、フォーム別(粉末、粒状、抽出物、生)、流通チャンネル別(直接、間接)
    本資料は、オーガニックスパイスの世界市場について調べ、オーガニックスパイスの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品種類別(ジンジャー、ウコン、クローブ、コショウ、シナモン、ナツメグ、マスタードシード、その他)分析、流通チャンネル別(直接、間接)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オーガニックスパイスの世界市場概要 ・オーガニックスパイスの世界市場環境 ・オーガニックスパイスの世界市場動向 ・オーガニックスパイスの世界市場規模 ・オーガニックスパイスの世界市場:市場シェア ・オーガニックスパイスの世界市場:製品種類別(ジンジャー、ウコン、クローブ、コショウ、シナモン、ナツメグ、マスタードシード、その他) ・オーガニックスパイスの世界市場:フォーム別(粉末、粒状、抽出物、生) ・オーガニックスパイスの世界市場:流通チャンネル別(直接、間接) ・オーガニックスパイスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オーガニックスパイスの北米市場規模・予測 ・オーガニ …
  • 中国の股関節再建市場動向(~2021)
  • エネルギーハーべスティング装置の世界市場
    当調査レポートでは、エネルギーハーべスティング装置の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・エネルギーハーべスティング装置の世界市場:製品別分析/市場規模 ・エネルギーハーべスティング装置の世界市場:技術別分析/市場規模 ・エネルギーハーべスティング装置の世界市場:用途別分析/市場規模 ・エネルギーハーべスティング装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・エネルギーハーべスティング装置のアメリカ市場規模予測 ・エネルギーハーべスティング装置のヨーロッパ市場規模予測 ・エネルギーハーべスティング装置のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のメトホルミン市場2015
    本調査レポートでは、世界のメトホルミン市場2015について調査・分析し、メトホルミンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国におけるバッグ用ヒートシール機市場2018-2023
    本調査レポートでは、バッグ用ヒートシール機の世界市場について調査・分析し、バッグ用ヒートシール機の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(ホットバー式、超音波式、インパルス式)、用途別市場規模(農業、化学品、食品、医薬品、ペット食品・飼料、建築用材・骨材)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、バッグ用ヒートシール機の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・バッグ用ヒートシール機の世界市場概要 ・バッグ用ヒートシール機の企業別市場シェア ・バッグ用ヒートシール機の地域別市場規模 ・バッグ用ヒートシール機の種類別市場規模(ホットバー式、超音波式、インパルス式) ・バッグ用ヒートシール機の用途別市場規模(農業、化学品、食品、医薬品、ペット食品・飼料、建築用材・骨材) ・バッグ用ヒートシール機の主要企業分析 ・バッグ用ヒートシール機の北 …
  • エジプトの膝関節再建装置市場見通し
  • ポリ乳酸の北米市場
  • フィールドフォースオートメーション(FFA)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フィールドフォースオートメーション(FFA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィールドフォースオートメーション(FFA)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 光学コーティングの世界市場分析:製品別(反射防止コーティング、反射コーティング、フィルタコーティング、導電コーティング、エレクトロクロマチックコーティング)、用途別(家庭用電化製品、太陽、医療、建築、航空宇宙・防衛、自動車、電気通信)、セグメント予測
    本調査レポートでは、光学コーティングの世界市場について調査・分析し、光学コーティングの世界市場動向、光学コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別光学コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • GaAsウェーハの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、GaAsウェーハの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、GaAsウェーハの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヘリポート用照明の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ヘリポート用照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ヘリポート用照明市場規模、技術別(LED照明、従来型照明)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ADB SAFEGATE, Avlite Systems, Carmanah Technologies, Eaton, Honeywell International, TKH Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ヘリポート用照明の世界市場概要 ・ヘリポート用照明の世界市場環境 ・ヘリポート用照明の世界市場動向 ・ヘリポート用照明の世界市場規模 ・ヘリポート用照明の世界市場:業界構造分析 ・ヘリポート用照明の世界市場:技術別(LED照明、従来型照明) ・ヘリポート用照明の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘリポート用照明の北米市場規模・予測 ・ヘリポート用照明のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ヘリポート用照明のアジア太平洋市場規模・予測 ・ヘリポー …
  • 世界のトップ20航空機MRO(修理・整備)企業分析2016
  • 産業用安全センサの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用安全センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用安全センサの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • セクシャルウェルネスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、セクシャルウェルネスの世界市場について調査・分析し、セクシャルウェルネスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・セクシャルウェルネスの世界市場規模:製品別分析 ・セクシャルウェルネスの世界市場規模:流通チャンネル別分析 ・セクシャルウェルネスの世界市場規模:用途別分析 ・セクシャルウェルネスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • PEG化タンパク質の世界市場予測:PEG化キット、PEG化試薬
    当調査レポートでは、PEG化タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、消耗品別分析、タンパク質種類別分析、用途別分析、需要先別分析、PEG化タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 潤滑油精製による副産物の世界市場予測(~2023年):完全精製ワックス、半精製ワックス、ゴムプロセスオイル、ホワイトオイル、ワセリン
    潤滑油精製による副産物の世界市場は、2018年の104億米ドルから2023年には113億米ドルに拡大すると見られており、この期間中の年平均成長率は1.8%と予測されています。パッケージング、ゴム製造、化粧品、および製薬の各業界における成長は、この市場を促進する原動力となると考えられています。当調査レポートでは、潤滑油精製による副産物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、タイプ別(完全精製ワックス、半精製ワックス、ゴムプロセスオイル、ホワイトオイル、ワセリン、その他)分析、潤滑油精製による副産物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリアミド11(ナイロン11)市場2015
    本調査レポートでは、世界のポリアミド11(ナイロン11)市場2015について調査・分析し、ポリアミド11(ナイロン11)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のデータセンター市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のデータセンター市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のデータセンター市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 救急車ベッドの世界市場予測2019-2024
    「救急車ベッドの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、リトラクタブルヘッド、非リトラクタブルヘッドなど、用途別には、Hospital、Fire Department、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。救急車ベッドのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・救急車ベッドの世界市場概要(サマリー) ・救急車ベッドの企業別販売量・売上 ・救急車ベッドの企業別市場シェア ・救急車ベッドの世界市場規模:種類別(リトラクタブルヘッド、非リトラクタブルヘッド) ・救急車ベッドの世界市場規模:用途別(Hospital、Fire Department、Others) ・救急車ベッドの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・救急車ベッドのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・救急車ベッドの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・救急車ベッドの中東・アフリカ市場( …
  • 臨床試験所サービスの世界市場: サービスプロバイダー別、(病院に拠点を置く、独立型)、テスト類型別(医学微生物学・細胞学、臨床化学)
    本調査レポートでは、臨床試験所サービスの世界市場について調査・分析し、臨床試験所サービスの世界市場動向、臨床試験所サービスの世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床試験所サービス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 臨床試験電子化ソリューション(eClinical)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、臨床試験電子化ソリューション(eClinical)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、導入方式別分析、治験段階別分析、需要先別分析、臨床試験電子化ソリューション(eClinical)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • GaN高周波(RF)デバイスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、GaN高周波(RF)デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、GaN高周波(RF)デバイスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 経鼻ドラッグデリバリー技術の世界市場予測(~2021年):点鼻薬、スプレー、粉、ジェル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、経鼻ドラッグデリバリー技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、投与形態別分析、システム別分析、治療分野別分析、需要先別分析、経鼻ドラッグデリバリー技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベルモット酒の世界市場:ドライベルモット酒(DV)、スウィート白ベルモット酒(SABV)
    当調査レポートでは、ベルモット酒の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベルモット酒市場規模、製品別(ドライベルモット酒(DV)、スウィート白ベルモット酒(SABV))分析、流通経路別(オントレード、オフトレード)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Bacardi, Davide Campari-Milano, FRATELLI BRANCA DISTILLERIE, Giulio Cocchi Spumanti, Hotaling & Co., MARTINEZ LACUESTA, Regal Rogueなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベルモット酒の世界市場概要 ・ベルモット酒の世界市場環境 ・ベルモット酒の世界市場動向 ・ベルモット酒の世界市場規模 ・ベルモット酒の世界市場:業界構造分析 ・ベルモット酒の世界市場:製品別(ドライベルモット酒(DV)、スウィート白ベルモット酒(SABV)) ・ベルモット酒の世界市場:流通経路別(オ …
  • 腸管感染症検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バッグインボックス型容器の世界市場2014-2025:材料別(低密度ポリエチレン、エチレン酢酸ビニル、エチレンビニルアルコール)、タイプ別(リジッド型、柔軟型)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、バッグインボックス型容器の世界市場について調査・分析し、バッグインボックス型容器の世界市場動向、バッグインボックス型容器の世界市場規模、市場予測、セグメント別バッグインボックス型容器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のチオシアン酸カルシウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のチオシアン酸カルシウム市場2015について調査・分析し、チオシアン酸カルシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 耐久性医療機器 (DME) の世界市場:製品別、エンドユーズ別(病院、老人ホーム)、地域別(北米、MEA、APAC、欧州)
    本調査レポートでは、耐久性医療機器 (DME) の世界市場について調査・分析し、耐久性医療機器 (DME) の世界市場動向、耐久性医療機器 (DME) の世界市場規模、市場予測、セグメント別耐久性医療機器 (DME) 市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 臓器移植免疫抑制薬の世界市場
    当調査レポートでは、臓器移植免疫抑制薬の世界市場について調査・分析し、臓器移植免疫抑制薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • モンゴルの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 大気質モニターの世界市場2016-2020:政府部門、商用・住宅部門、エネルギー・製薬部門
    当調査レポートでは、大気質モニターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大気質モニターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国におけるゴム化合物市場2018-2023
    本調査レポートでは、ゴム化合物の世界市場について調査・分析し、ゴム化合物の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(タイプ1、タイプ2)、用途別市場規模(タイヤ、ホース・ベルト剤、ルーフィング膜・ジオメンブレン、フットウェア、ワイヤ・ケーブル絶縁材)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、ゴム化合物の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・ゴム化合物の世界市場概要 ・ゴム化合物の企業別市場シェア ・ゴム化合物の地域別市場規模 ・ゴム化合物の種類別市場規模(タイプ1、タイプ2) ・ゴム化合物の用途別市場規模(タイヤ、ホース・ベルト剤、ルーフィング膜・ジオメンブレン、フットウェア、ワイヤ・ケーブル絶縁材) ・ゴム化合物の主要企業分析 ・ゴム化合物の北米市場規模 ・ゴム化合物の米国市場規模 ・ゴム化合物の南米市場規模 ・ゴム化合物の欧州市 …
  • バッグフィルターの世界市場予測(~2023年)
    バッグフィルターの世界市場は、2018年の推定78億米ドルから2023年には102億米ドルに達し、5.54%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、大気汚染削減を目的とした各国政府による環境・安全規制、セメント・鉱業業界の成長、ならびに産業業界における安全な労働環境要件などが考えられます。一方で、公害防止改革の遅れや市場に不利な経済状況により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、バッグフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類(パルスジェット、シェーカー、リバースエア(連続運転型))分析、メディア(織布、不織布)分析、流体タイプ(空気、液体)分析、用途(発電、セメント、鉱業、化学、地方自治体)分析、バッグフィルターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハラル食品の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ハラル食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ハラル食品の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の3Dスキャニング市場:レーザースキャナ、マシンビジョン、座標測定機
  • シリアスゲームの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、シリアスゲームの世界市場について調査・分析し、シリアスゲームの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - シリアスゲームの世界市場:市場動向分析 - シリアスゲームの世界市場:競争要因分析 - シリアスゲームの世界市場:産業別 ・医療 ・小売 ・教育 ・企業 ・メディア・広告 ・行政 ・自動車 ・エネルギー ・航空宇宙・防衛 ・その他 - シリアスゲームの世界市場:エンドユーザー別 ・企業 ・消費者 - シリアスゲームの世界市場:プラットフォーム別 ・PC ・モバイル ・ウェブベース ・ハンドヘルド - シリアスゲームの世界市場:用途別 ・人材 ・訓練 ・営業 ・マーケティング ・救急サービス ・製品開発 ・サポート - シリアスゲームの世界市場:主要地域別分析 - シリアスゲームの北米市場規模(アメリカ市場等) - シリアスゲームのヨーロッパ市場規模 - シリアスゲームのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・シリアスゲームの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • カナダの心臓血管外科用機器市場見通し(~2021)
  • ラグビー用品の世界市場:ラグビーブーツ、防具、ボール
    当調査レポートでは、ラグビー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラグビー用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • Raf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるRaf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Raf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤の概要 ・Raf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のRaf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Raf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Raf/MEK/ERKシグナルカスケード反応阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インパクト投資の世界市場予測(~2020年)
    当調査レポートでは、インパクト投資の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、産業別分析、地域別分析、インパクト投資の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(電子ウェアラブル注入ポンプ、自動注射器、注射ペン、電子吸入器)分析、疾患別(糖尿病、多発性硬化症、心血管疾患、喘息&COPD)分析、電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場規模が2019年78億ドルから2024年119億ドルまで年平均8.7%成長すると予測しています。
  • 世界のセレン市場2016
    本調査レポートでは、世界のセレン市場2016について調査・分析し、セレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子組換(GMO)作物の世界市場:作物の種類別(トウモロコシ、大豆、綿、アルファルファ、テンサイ、ズッキーニ、パパイヤ、ジャガイモ、リンゴ、その他)、形質別(除草剤耐性、害虫抵抗性、その他)、販売チャネル別(直販、近代的小売、電子小売、その他)、地域別予測
    本資料は、遺伝子組換(GMO)作物の世界市場について調べ、遺伝子組換(GMO)作物の世界規模、市場動向、市場環境、作物の種類別(トウモロコシ、大豆、綿、アルファルファ、テンサイ、ズッキーニ、パパイヤ、ジャガイモ、リンゴ、その他)分析、形質別(除草剤耐性、害虫抵抗性、その他)分析、販売チャネル別(直販、近代的小売、電子小売、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBASF SE、Bayer Crop Science India Ltd.、DowDuPont Inc.、Groupe Limagrain Holdings Corp.、KWS SAAT SE、Land O’ Lake、Monsanto Co.、Sakata Seed Corp.、Syngenta AG、Takii seeds、Agreliant Genetics LLC、Canterra Seeds and science、DLF Seeds and Science などです。 ・イントロダクション ・エ …
  • 世界のインスリンポンプ市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、インスリンポンプのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インスリンポンプの概要 ・インスリンポンプの開発動向:開発段階別分析 ・インスリンポンプの開発動向:セグメント別分析 ・インスリンポンプの開発動向:領域別分析 ・インスリンポンプの開発動向:規制Path別分析 ・インスリンポンプの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別インスリンポンプの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・インスリンポンプの最近動向
  • 創薬アウトソーシングの世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、創薬アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、創薬アウトソーシングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 創薬アウトソーシングの概要 3. 創薬アウトソーシングの世界市場およびサービス分野2次市場2016-2026 4. 創薬アウトソーシング市場における主要国市場2015-2026 5. 創薬アウトソーシング市場における主要企業 6. 創薬アウトソーシング市場の定性分析2016-2026 7. 専門家の意見 8. 結論
  • メチルエステルエトキシレート(MEE)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、メチルエステルエトキシレート(MEE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、メチルエステルエトキシレート(MEE)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はメチルエステルエトキシレート(MEE)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.36%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Huntsman International• INEOS • Jet Technologies • Kuala Lumpur Kepong Berhad• Lion Corporation等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"