"ナノ ワイヤー電池の世界市場予測(~2026年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE-7249)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ナノ ワイヤー電池の世界市場予測(~2026年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Nanowire battery market to exhibit significant growth during 2021–2026”
The nanowire battery market is estimated to grow from USD 53 million in 2021 to USD 243 million by 2026, at a CAGR of 35.7%. The key factors driving the growth of the market include rising demand for batteries with high charge retention capacity, increasing expenditure on R&D activities by automotive companies, and growing consumer electronics industry. However, the high volume change of silicon nanowires during charge and discharge cycles is the key restraining factor for market growth.

“Silicon-based nanowire battery market to witness high growth potential during the forecast period”

Nanowire battery market for silicon is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Silicon has emerged as the most promising anode material owing to its high charge retention capacity, low discharge capacity, and low cost. Silicon enables fast charging and lasts longer than lithium-ion batteries. Need for a longer battery lifetime and faster recharging time are the growing trends in the existing battery ecosystem. Moreover, growing electric mobility and miniaturization of consumer electronics has created an urgent requirement for advanced energy storage for batteries.

“Nanowire battery market in 医療機器 industry to grow at the highest CAGR during the forecast period“

The nanowire battery market in the 医療機器 industry is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Nowadays, innovations are taking place in the healthcare industry. Advanced battery-operated 医療機器, such as pacemakers and hearing aids, are being designed to improve the overall health and well-being of their users. However, these implantable devices use lithium-ion batteries as power sources, which present a considerable number of safety issues to the patients. Nanowire batteries are lighter, safer, and have more energy density, and are expected to replace lithium-ion batteries in implantable devices in the coming years.

“North America to be the largest market for nanowire battery during the forecast period”

North America is expected to lead the nanowire battery market from 2021 to 2026. The high adoption rate of EVs in the US, increasing emphasis on power generation from renewable energy sources, and the presence of a favorable startup ecosystem are key factors driving the growth of the nanowire battery market in North America. In April 2019, Sila Nanotechnologies (US), a leading nanowire battery manufacturing startup, raised venture funding of USD 170 million. The US is one of the most attractive markets for nanowire batteries, one of the key reasons being the increasing demand for electric vehicles (EVs) in the country. The high adoption rate of EVs in the US is expected to fuel the demand for nanowire batteries in the coming 4-5 years. In 2018, the country witnessed a sharp rise of 81% in the sales of EVs compared with the previous year.

Profile break-up of primary participants for the report is given below:
• By Company Type – Tier 1 = 40%, Tier 2 = 35%, and Tier 3 = 25%
• By Designation – C Level = 48%, Director Level = 33%, and Manager Level = 19%
• By Region – North America = 35%, Europe = 18%, APAC = 40%, and RoW = 7%

The key players in the market include Amprius (US), Sila Nanotechnologies (US), OneD Material (US), Nexeon (UK), NEI Corporation (US), XG Sciences (US), LG Chem (South Korea), Panasonic (Japan), Samsung SDI (South Korea), Enevate (US), ACS Materials (US), Novarials Corporation (US), Boston Power (US), Lithium Werks (Netherlands), and Targray (Canada).
The global nanowire battery market is segmented into material type, industry, and geography. The market based on material type is segmented into silicon, germanium, transition metal oxides, and gold. The industries that are included in the study of the nanowire battery market include consumer electronics, automotive, aviation, energy, and 医療機器. The nanowire battery market is segmented into four regions—North America, Europe, Asia Pacific (APAC), and the Rest of the World (RoW).

Reasons to buy the report:
• Illustrative segmentation, analysis, and forecast for markets based on material type, industry, and region have been conducted to give an overall view of the nanowire battery market.
• The value chain analysis has been performed to provide an in-depth insight into the nanowire battery market.
• Major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the nanowire battery market have been detailed in this report.
• The report includes a detailed competitive landscape along with key players, in-depth analysis, and revenue of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ナノ ワイヤー電池の世界市場予測(~2026年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.2 Secondary and Primary Research
2.2.1.1 Key Industry Insights
2.2.1.2 Breakdown of Primaries
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.1.1 Approach for Arriving at Market Share By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.3.2 Top-Down Approach
2.3.2.1 Approach for Capturing Market Share By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Nanowire Battery Market, 2021–2026 (USD Million)
4.2 Nanowire Battery Market, By Material Type
4.3 Nanowire Battery Market, By Industry and Region
4.4 Nanowire Battery Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Batteries With High Charge Retention Capacity
5.2.1.2 Increasing Expenditure on R&D Activities By Automotive Companies
5.2.1.3 Growing Consumer Electronics Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Volume Change of Silicon Nanowires During Charge and Discharge Cycles
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emergence of Electric Vehicles
5.2.3.2 Need for High-Performance Batteries in Electric Grid Storage Applications
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Presence of Substitute Battery Technologies
5.2.4.2 Operational Obligations Such as Conducting Pilot and Safety Tests
5.3 Value Chain Analysis
5.4 Emerging Battery Technologies
5.4.1 Solid State Battery
5.4.1.1 Need for Safer and Lighter Batteries Drives Demand for Solid State Batteries
5.4.2 Lithium-Metal Battery
5.4.2.1 Lithium-Metal Batteries Offer Better Performance Than That of Lithium-Ion Batteries
5.4.3 Lithium-Air Battery
5.4.3.1 Lithium-Air Battery is Expected to Be Ideal Option to Replace Lithium-Ion Batteries
5.4.4 Aluminum-Air Battery
5.4.4.1 Rise in Adoption of Batteries With High Energy Density Makes Aluminum-Air Battery Attractive Substitute
5.4.5 Graphene Battery
5.4.5.1 Requirement for Fast-Charging Batteries Fuels Market for Graphene Battery Technology
6 Components Used in Nanowire Batteries (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Common Cathode Materials
6.2.1 Lithium Iron Phosphate
6.2.2 Lithium Cobalt Oxide
6.2.3 Lithium Nickel Manganese Cobalt
6.2.4 Lithium Nickel Cobalt Aluminum
6.3 Common Anode Materials
6.3.1 Low-Charge Retention Capacity of Graphite Drives Demand for Substitute Anode Materials for Nanowire Batteries
6.4 Electrolytes
6.4.1 Growing Demand for Batteries With Higher Charge Retention Capacities Fuel Need for Efficient Electrolytes
6.5 Separators
6.5.1 Battery Separator is Essential for Safe Functioning of Nanowire Batteries
6.6 Other Materials
6.6.1 Supporting Material Plays A Crucial Role in Nanowire Battery Manufacturing Process
7 Nanowire Battery Market, By Material (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Silicon
7.2.1 High-Charge Retention Capacity of Silicon Makes It an Ideal Anode Material for Nanowire Batteries
7.2.1.1 Advantages of Silicon
7.2.1.2 Disadvantages of Silicon
7.3 Germanium
7.3.1 Stable Electrical Conductivity of Germanium Fuels Its Demand for Nanowire Batteries
7.3.1.1 Advantages of Germanium
7.3.1.2 Disadvantages of Germanium
7.4 Transition Metal Oxides
7.4.1 Transition Metal Oxides Offer Great Potential for Nanowire Batteries When Used as Anodes
7.4.1.1 Advantages of Transition Metal Oxides
7.4.1.2 Disadvantages of Transition Metal Oxides
7.5 Gold
7.5.1 Gold as an Anode Material Offer High Storage Capacity for Nanowire Batteries
7.5.1.1 Advantages of Gold Nanowires
7.5.1.2 Disadvantages of Gold Nanowires
8 Nanowire Battery Market, By Industry (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Consumer Electronics
8.2.1 Smartphones
8.2.1.1 High Demand for Smartphones With Longer Run Time to Fuel Growth of Nanowire Battery Market
8.2.2 Laptops
8.2.2.1 Penetration of Emerging Battery Technologies in Laptops Opened New Growth Opportunities
8.2.3 Digital Cameras
8.2.3.1 Advancements in Digital Technology has Significantly Changed Power Requirements for Digital Cameras
8.2.4 Wearables
8.2.4.1 Exponential Rise in Demand for Wearable Devices Expected to Boost Nanowire Battery Market
8.3 Automotive
8.3.1 Battery Electric Vehicles (BEV)
8.3.1.1 Growing Use of Electric Vehicles to Boost Demand for Nanowire Batteries
8.3.2 Plug-In Hybrid Electric Vehicles (PHEVs)
8.3.2.1 Rising Market for PHEVs to Surge Demand for Nanowire Batteries
8.4 Aviation
8.4.1 Drones
8.4.1.1 Nanowire Battery—Excellent Option for Powering Commercial Drones
8.5 Energy
8.5.1 Power Storage
8.5.1.1 Transition From Non-Renewable to Renewable Sources Makes Nanowire Battery Crucial Component of Grid Power Storage Solution
8.6 Medical Devices
8.6.1 Implantable Devices
8.6.1.1 Nanowire Batteries to Offer Safer Operations for Implantable Devices Than That of Lithium-Ion Batteries
9 Nanowire Battery Market, By Region (Page No. – 66)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US Offers Highest Growth Potential for Nanowire Battery Market in North America
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Abundance of Renewable Energy Sources Makes Canada Ideal Destination for Electric Grid Energy Storage Battery Systems
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Increased Use of Solar Power Systems in Mexico Fuels Demand for Advanced Battery Systems
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Rising Installation of Nanowire Batteries at Home to Store Solar Power is Expected to Drive Nanowire Battery Market Growth
9.3.2 UK
9.3.2.1 High Adoption of Electric Vehicles in UK Would Provide Growth Opportunities for Nanowire Battery Market
9.3.3 France
9.3.3.1 French Government’s Investments in Battery Industry to Accelerate Nanowire Battery Market Growth
9.3.4 Rest of Europe
9.3.4.1 Favorable Government Policies Regarding Use of Battery-Powered Vehicles to Boost Demand for Nanowire Batteries
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 China’s Push for Clean Energy Generation to Boost Demand for Advanced Batteries Such as Nanowire
9.4.2 South Korea
9.4.2.1 Presence of Leading Battery Manufacturers Makes South Korea an Attractive Market for Nanowire Batteries
9.4.3 Japan
9.4.3.1 R&D Expenditure to Improve Performance of Batteries in Evs and Smartphones Would Create Lucrative Opportunities for Japanese Market
9.4.4 Rest of APAC
9.4.4.1 Government’s Focus on Minimizing Use of Non-Renewable Sources Will Escalate Demand for Advanced Batteries
9.5 RoW
9.5.1 South America
9.5.1.1 Rapidly Growing Demand for Smartphones to Positively Impact Nanowire Battery Market
9.5.2 Middle East
9.5.2.1 Government Plans of Establishing Solar Energy Plants Will Accelerate Demand for Battery-Powered Storage Systems
9.5.3 Africa
9.5.3.1 Abundance of Lithium Reserves in Africa Makes Region Important Market for Nanowire Batteries
10 Competitive Landscape (Page No. – 83)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis for Nanowire Battery Manufacturers
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Strength of Product Portfolio
10.5 Business Strategy Excellence
10.6 Competitive Situations and Trends
10.6.1 Agreements, Partnerships, and Joint Ventures
10.6.2 Product Launches
10.6.3 Expansions
10.6.4 Contracts
11 Company Profiles (Page No. – 94)
11.1 Key Players
(Business Overview, Products & Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1.1 Amprius
11.1.2 Sila Nanotechnologies
11.1.3 Oned Material
11.1.4 Nexeon
11.1.5 NEI Corporation
11.1.6 XG Sciences
11.1.7 LG Chem
11.1.8 Panasonic
11.1.9 Samsung SDI
11.1.10 Enevate
* Business Overview, Products & Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.2 Other Key Players
11.2.1 Acs Materials
11.2.2 Novarials Corporation
11.2.3 Boston Power
11.2.4 Lithium Werks
11.2.5 Targray
12 Appendix (Page No. – 117)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ナノ ワイヤー電池の世界市場予測(~2026年)
【発行日】2019年7月26日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE-7249
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体・電子
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ナノ ワイヤー電池の世界市場予測(~2026年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ベーカリー&シリアルのブラジル市場
  • 果糖の世界市場分析:製品別(高果糖コーンシロップ、フルクトースシロップ、果糖固形分)、用途別(飲料、加工食品、乳製品、菓子、製パン・穀物)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、果糖の世界市場について調査・分析し、果糖の世界市場動向、果糖の世界市場規模、市場予測、セグメント別果糖市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 皮膚糸状菌爪真菌症治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、皮膚糸状菌爪真菌症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、皮膚糸状菌爪真菌症治療薬の世界市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バイオハザード用対策キャビネットの世界市場:タイプ別(クラスI、クラスII、クラスIII)、エンドユーザー別(製薬会社・バイオ医薬品企業、診断・試験ラボ、学術研究機関)、地域別予測
    本資料は、バイオハザード用対策キャビネットの世界市場について調べ、バイオハザード用対策キャビネットの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(クラスI、クラスII、クラスIII)分析、エンドユーザー別(製薬会社・バイオ医薬品企業、診断・試験ラボ、学術研究機関)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオハザード用対策キャビネットの世界市場概要 ・バイオハザード用対策キャビネットの世界市場環境 ・バイオハザード用対策キャビネットの世界市場動向 ・バイオハザード用対策キャビネットの世界市場規模 ・バイオハザード用対策キャビネットの世界市場規模:タイプ別(クラスI、クラスII、クラスIII) ・バイオハザード用対策キャビネットの世界市場規模:エンドユーザー別(製薬会社・バイオ医薬品企業、診断・試験ラボ、学術研究機関) ・バイオハザード用対策キャビネットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオハザード用対策キャビネットの北米市場規模・予測 ・バイオハ …
  • 新型出生前診断(NIPT)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、新型出生前診断(NIPT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、NIPT装置別分析、消耗品別分析、用途別分析、需要先別分析、新型出生前診断(NIPT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インターネット広告支出の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インターネット広告支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インターネット広告支出の世界市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はインターネット広告支出の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.44%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Facebook• Google• LinkedIn• Twitter等です。
  • 世界のモアコンディショナー市場2015
    本調査レポートでは、世界のモアコンディショナー市場2015について調査・分析し、モアコンディショナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 変圧器油の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、変圧器油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、変圧器油の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの股関節再建市場動向(~2021)
  • 航空機用アクチュエーション・システムの世界市場:油圧式アクチュエータ、電気式アクチュエータ、空気圧式アクチュエータ
    当調査レポートでは、航空機用アクチュエーション・システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用アクチュエーション・システムの世界市場規模及び予測、システム別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • IR(赤外線)カメラの世界市場分析:製品別(ゲルマニウム、シリコン、セレン化亜鉛、サファイア)、用途別(軍事、防衛、産業、商業、医療撮像)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、IR(赤外線)カメラの世界市場について調査・分析し、IR(赤外線)カメラの世界市場動向、IR(赤外線)カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別IR(赤外線)カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の食品用艶出し剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の食品用艶出し剤市場2015について調査・分析し、食品用艶出し剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • SaaS型ビジネスアナリティクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、SaaS型ビジネスアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、SaaS型ビジネスアナリティクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レディーミックスコンクリートの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、レディーミックスコンクリートの世界市場について調べ、レディーミックスコンクリートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、レディーミックスコンクリートの市場規模をセグメンテーション別(用途別(非家庭用、家庭用)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はレディーミックスコンクリートの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・レディーミックスコンクリートの市場状況 ・レディーミックスコンクリートの市場規模 ・レディーミックスコンクリートの市場予測 ・レディーミックスコンクリートの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(非家庭用、家庭用) ・レディーミックスコンクリートの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析 …
  • 中国のプログルミド市場2015
    本調査レポートでは、中国のプログルミド市場2015について調査・分析し、プログルミドの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの電子書籍(E-book)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの電子書籍(E-book)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの電子書籍(E-book)市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 戦場管理システム(BMS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、戦場管理システム(BMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、戦場管理システム(BMS)の世界市場規模及び予測、システム別分析、地域別分析/市場規模、サプライチェーン分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱源供給システム(CHP)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、熱源供給システム(CHP)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、熱源供給システム(CHP)市場規模、燃料別(石炭、天然ガス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場概要 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場環境 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場動向 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場規模 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場:業界構造分析 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場:燃料別(石炭、天然ガス、その他) ・熱源供給システム(CHP)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱源供給システム(CHP)の北米市場規模・予測 ・熱源供給システム(CHP)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・熱源供給システム(CHP)のアジア太平洋市場規模・予測 ・熱源供給システム(CHP)の主要国分析 ・熱源供給システム(CHP)の世界市場:成長要因、課題 ・熱源供給 …
  • 抗生物質の世界市場:作用機序別(タンパク質、DNA、RNA、細胞壁合成阻害剤)、薬剤クラス別(ペニシリン、セファロスポリン、フルオロキノロン)、セグメント予測
    本調査レポートでは、抗生物質の世界市場について調査・分析し、抗生物質の世界市場動向、抗生物質の世界市場規模、市場予測、セグメント別抗生物質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ライダーの世界市場:空中LiDAR、地上LiDAR、UAV LiDAR
    当調査レポートでは、ライダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、構成品別分析、用途別分析、サービス別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガスユーティリティの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ガスユーティリティの世界市場について調べ、ガスユーティリティの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ガスユーティリティの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(発電、住宅および商業、産業用、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA))に分けて算出しました。Technavio社はガスユーティリティの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ガスユーティリティの市場状況 ・ガスユーティリティの市場規模 ・ガスユーティリティの市場予測 ・ガスユーティリティの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(発電、住宅および商業、産業用、その他) ・ガスユーティリティの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  . …
  • 酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場について調査・分析し、酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別酸化ベリリウム(BeO)粉体シェア、市場規模推移、市場規模予測、酸化ベリリウム(BeO)粉体種類別分析(工業グレード、高純度グレード)、酸化ベリリウム(BeO)粉体用途別分析(ベリリウム銅合金、ベリリアセラミック、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体の市場概観 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・酸化ベリリウム(BeO)粉体のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場規模 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・酸化ベリリウム(BeO)粉体のアメリカ市場規模推移 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体のカナダ市場規模推移 ・酸化ベリリウム(BeO)粉体のメキシコ市場規模推移 ・酸化ベリリウム(BeO)粉 …
  • 窓用フィルムの世界市場:製品別(遮光、装飾、防犯・安全) 、用途別(自動車、住宅、船舶)、地域別
    本調査レポートでは、窓用フィルムの世界市場について調査・分析し、窓用フィルムの世界市場動向、窓用フィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別窓用フィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 流入時水処理システムの世界市場2014-2025:技術別(RO、蒸留、殺菌、濾過、硬水軟化、その他)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、流入時水処理システムの世界市場について調査・分析し、流入時水処理システムの世界市場動向、流入時水処理システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別流入時水処理システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の特殊紙市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊紙市場2015について調査・分析し、特殊紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車トランスミッションケース市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車トランスミッションケース市場2015について調査・分析し、自動車トランスミッションケースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 売買管理ソフトウェアの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、展開方法別、最終用途別(輸送、小売、製造)、セグメント予測
    本調査レポートでは、売買管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、売買管理ソフトウェアの世界市場動向、売買管理ソフトウェアの世界市場規模、市場予測、セグメント別売買管理ソフトウェア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の喉頭鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の喉頭鏡市場2015について調査・分析し、喉頭鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 肺線維症(Pulmonary Fibrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬剤
  • 再分散性ラテックスパウダー(RDP)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、再分散性ラテックスパウダー(RDP)の世界市場について調査・分析し、再分散性ラテックスパウダー(RDP)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別再分散性ラテックスパウダー(RDP)シェア、市場規模推移、市場規模予測、再分散性ラテックスパウダー(RDP)種類別分析()、再分散性ラテックスパウダー(RDP)用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・再分散性ラテックスパウダー(RDP)の市場概観 ・再分散性ラテックスパウダー(RDP)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・再分散性ラテックスパウダー(RDP)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・再分散性ラテックスパウダー(RDP)の世界市場規模 ・再分散性ラテックスパウダー(RDP)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・再分散性ラテックスパウダー(RDP)のアメリカ市場規模推移 ・再分散性ラテックスパウダー(RDP)のカナダ市場規模推移 ・再分散性ラテックスパウダー(RDP)のメキシコ市場規模推 …
  • モノのインターネット(IoT)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モノのインターネット(IoT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モノのインターネット(IoT)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 実験室(ラボ)オートメーションの世界市場予測(~2021年):ロボティックアーム、マイクロプレートリーダー、LIMS、自動液体取扱い機
    当調査レポートでは、実験室(ラボ)オートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置別分析、用途別分析、種類別分析、需要先別分析、実験室(ラボ)オートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 風力タービン(風力原動機)の世界市場:市場規模、価格、市場シェア、主要国分析
  • フードサービスのアジア太平洋市場2017-2021:食品販売、飲料販売
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フードサービスのアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フードサービスのアジア太平洋市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフードサービスのアジア太平洋市場が2017-2021年期間中に年平均4.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、McDonald’s、Restaurant Brands International、Seven & i Holdings、Starbucks、Yum China Holdings等です。
  • 迅速診断機器の世界市場:血糖値検査、心血管代謝検査、感染症検査、妊娠検査、毒物検査、便潜血検査、凝固検査
    当調査レポートでは、迅速診断機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、迅速診断機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 建築用大理石の世界市場予測2019-2024
    「建築用大理石の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、天然、人工など、用途別には、Residential Buildings、Public Buildingsなどに区分してまとめた調査レポートです。建築用大理石のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・建築用大理石の世界市場概要(サマリー) ・建築用大理石の企業別販売量・売上 ・建築用大理石の企業別市場シェア ・建築用大理石の世界市場規模:種類別(天然、人工) ・建築用大理石の世界市場規模:用途別(Residential Buildings、Public Buildings) ・建築用大理石の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・建築用大理石のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・建築用大理石の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・建築用大理石の中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸国 …
  • 小骨と関節用矯正装置の世界市場
    当調査レポートでは、小骨と関節用矯正装置の世界市場について調査・分析し、小骨と関節用矯正装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • タンパク質シーケンスの世界市場:製品およびサービス別(試薬および消耗品、機器、分析製品、タンパク質シーケンスサービス、その他)、テクノロジー別(質量分析、エドマン分解)、用途別(アカデミア研究、バイオ医薬品、バイオテクノロジー研究)
    本市場調査レポートではタンパク質シーケンスについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品およびサービス別(試薬および消耗品、機器、分析製品、タンパク質シーケンスサービス、その他)分析、テクノロジー別(質量分析、エドマン分解)分析、用途別(アカデミア研究、バイオ医薬品、バイオテクノロジー研究)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・タンパク質シーケンスの世界市場:製品およびサービス別(試薬および消耗品、機器、分析製品、タンパク質シーケンスサービス、その他) ・タンパク質シーケンスの世界市場:テクノロジー別(質量分析、エドマン分解) ・タンパク質シーケンスの世界市場:用途別(アカデミア研究、バイオ医薬品、バイオテクノロジー研究) ・タンパク質シーケンスの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 世界のAZAG市場2016
    本調査レポートでは、世界のAZAG市場2016について調査・分析し、AZAGの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インジェクションペンの世界市場:製品別(使い捨て、再利用可能)、用途別(糖尿病、インスリン、非インスリン、アナフィラキシー、骨粗鬆症、成長ホルモン欠乏症、関節炎)、地域別予測
    本資料は、インジェクションペンの世界市場について調べ、インジェクションペンの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(使い捨て、再利用可能)分析、用途別(糖尿病、インスリン、非インスリン、アナフィラキシー、骨粗鬆症、成長ホルモン欠乏症、関節炎)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはOwen Mumford Ltd、Eli Lilly And Company、GlaxoSmithKline plc、Mylan N.V.、Astra Zeneca、Novo Nordisk A/S、Novartis AG、Sanofi、Merck、Ypsomed、F.Hoffman-La Roche、Becton, Dickinson and Company (BD)、Pfizer、Haselmeierなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・インジェクションペンの世界市場概要 ・インジェクションペンの世界市場環境 ・インジェクションペンの世界市場動向 ・インジェクションペン …
  • 世界のモグロシド市場2015
    本調査レポートでは、世界のモグロシド市場2015について調査・分析し、モグロシドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のステンレス流し台市場2016
    本調査レポートでは、世界のステンレス流し台市場2016について調査・分析し、ステンレス流し台の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の医療産業におけるエネルギー管理システム市場
    当調査レポートでは、世界の医療産業におけるエネルギー管理システム市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の医療産業におけるエネルギー管理システム市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 低圧モータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、低圧モータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、低圧モータの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 豆粉の世界市場予測(~2022年):エンドウ、ビーン、ヒヨコマメ、レンズ豆
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、豆粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、豆粉の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コントロールフットスイッチの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コントロールフットスイッチの世界市場について調査・分析し、コントロールフットスイッチの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コントロールフットスイッチシェア、市場規模推移、市場規模予測、コントロールフットスイッチ種類別分析(シングルペダル、ダブルペダル、トリプルペダル)、コントロールフットスイッチ用途別分析(工業、商用、医療。その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コントロールフットスイッチの市場概観 ・コントロールフットスイッチのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コントロールフットスイッチのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コントロールフットスイッチの世界市場規模 ・コントロールフットスイッチの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コントロールフットスイッチのアメリカ市場規模推移 ・コントロールフットスイッチのカナダ市場規模推移 ・コントロールフットスイッチのメキシコ市場規模推移 ・コントロールフットスイッチのヨーロッパ市場分析(ドイツ、 …
  • 滅菌監視の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、滅菌監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、滅菌監視市場規模、製品別(BIs、CIs)分析、エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Cantel Medical, Cardinal Health, Mesa Labs, Sterisなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・滅菌監視の世界市場概要 ・滅菌監視の世界市場環境 ・滅菌監視の世界市場動向 ・滅菌監視の世界市場規模 ・滅菌監視の世界市場:業界構造分析 ・滅菌監視の世界市場:製品別(BIs、CIs) ・滅菌監視の世界市場:エンドユーザー別(病院・クリニック、調査研究機関) ・滅菌監視の世界市場:地域別市場規模・分析 ・滅菌監視の北米市場規模・予測 ・滅菌監視のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・滅菌監視のアジア太平洋市場規模・予測 ・滅菌監視の主要国分析 ・滅菌監視の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • ソーラーポンプの世界市場分析:製品別(DC表面吸引、AC浸水、DC浸水、AC浮動)、用途別(農業、飲料水)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ソーラーポンプの世界市場について調査・分析し、ソーラーポンプの世界市場動向、ソーラーポンプの世界市場規模、市場予測、セグメント別ソーラーポンプ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気自動車用トランスミッションシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、電気自動車用トランスミッションシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気自動車用トランスミッションシステム市場規模、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電気自動車用トランスミッションシステムの世界市場概要 ・電気自動車用トランスミッションシステムの世界市場環境 ・電気自動車用トランスミッションシステムの世界市場動向 ・電気自動車用トランスミッションシステムの世界市場規模 ・電気自動車用トランスミッションシステムの世界市場:業界構造分析 ・電気自動車用トランスミッションシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・電気自動車用トランスミッションシステムの北米市場規模・予測 ・電気自動車用トランスミッションシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電気自動車用トランスミッションシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・電気自動車用トランスミッションシステムの主要国分析 ・電気自動車用トランスミッションシ …
  • 世界のジドデカノイルペルオキシド市場2015
    本調査レポートでは、世界のジドデカノイルペルオキシド市場2015について調査・分析し、ジドデカノイルペルオキシドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"