"動物用消毒剤の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI-7261)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"動物用消毒剤の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Growing incidences of diseases in livestock and increasing livestock production are encouraging animal hygiene projects, which is projected to drive the overall growth of the animal disinfectants market.”
The global animal disinfectants market size is projected to grow from USD 2.9 billion in 2019 to USD 4.4 billion by 2025, at a CAGR of 6.9% during the forecast period. Factors such as growing incidences of diseases in livestock and increasing regulations concerning terminal disinfection to prevent potential outbreaks are factors projected to drive the market growth. However, high entry barriers, high costs, and long durations associated with the development of disinfectant compounds are projected to hinder the growth of the market.

“The dairy cleaning segment is estimated to dominate the animal disinfectants market in 2018.”

The dairy segment is estimated to account for the largest share in 2019, in terms of value. Disinfectants are widely used in the dairy industry for cleaning dairy equipment. The cleaning of dairy cattle involves removing equipment and bedding before cleaning; the nature of the surfaces also influences the disinfection process. For instance, rough and porous surfaces are difficult to disinfect, in comparison to smooth surfaces. Both the milking parlor and milking machines must be cleaned daily. Additionally, surfaces should be cleaned regularly to avoid the growth of pathogens. Due to these factors, the dairy cleaning segment is projected to record the fastest growth in the animal disinfectants market during the forecast period.

“The iodine segment is projected to account for the largest share during the forecast period in the animal disinfectants market.”

The iodine segment is estimated to dominate the animal disinfectants market in 2019. Many forms of iodine are used in disinfectants for animal health and food processing. The natural properties of iodine ensure its applicability in other applications, including biological applications. Iodine is increasingly available in seaweeds, which are its most common commercial source. However, it is also found in seawater, other brines, and nitrate deposits. Aqueous iodine (Lugol’s solution) or alcoholic iodine solutions are most commonly used as antiseptics, due to which the iodine segment is the fastest-growing segment in the market during the forecast period.

“Asia Pacific is projected to be the fastest-growing region in the animal disinfectants market.”

The Asia Pacific market accounted for the largest share in 2018. The presence of a large livestock population (FAO 2016) and their growth rate are factors projected to drive the growth of this market. Furthermore, the region has witnessed an increase in the number of feed mills and feed production, particularly in countries such as India and Japan. This increase in the number of feed mills and feed production in the region reflects positively on the growth of the animal disinfectants market. According to the Alltech Feed Survey of 2018, the region witnessed a 7% increase in its feed production from 356.5 million tons in 2012 to 381.1 million tons in 2017.
In-depth interviews were conducted with chief executive officers (CEOs), marketing directors, animal disinfectanta’ manufacturers, and executives from various key organizations operating in the animal disinfectants market.

• By Company Type: Tier 1: 20%, Tier 2: 40%, and Tier 3: 40%
• By Designation: C-level: 30%, D-level: 20%, and Others*: 50%
• By Region: Asia Pacific: 25%, Americas: 15%, Europe: 40%, RoW**: 10%, South America: 10%

*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes the Middle East and Africa.

The animal disinfectants market comprises major manufacturers such as Neogen Corporation (US), GEA Group (Germany), Zoetis Inc. (US), Lanxees AG (Germany), Kersia Group (France), Virox Animal Health (US), CID Lines (Belgium), Theseo Group (France), Evans Vanodine (UK), Krka (Slovenia), Diversey Inc. (US), Evonik Industries (Germany), Fink-Tec GmbH (Germany), Laboratoire M2 (Canada), and DeLaval Inc. (Sweden). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the animal disinfectants market, with their company profiles, recent developments, and the key market strategies.

Research Coverage

The study covers the animal disinfectants market across various segments. It aims at estimating the market size and growth potential across different segments such as type, application, form, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report

The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall animal disinfectants market and subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and will provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"動物用消毒剤の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Segmentation
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Volume Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Opportunities in this Market
4.2 Animal Disinfectants Market, By Type
4.3 Europe: Animal Disinfectants Market, By Form & Country
4.4 Market, By Application
4.5 Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rise in Incidences of Diseases in Livestock
5.2.1.2 Growth in Livestock Production Driving the Usage of Animal Hygiene Products
5.2.1.3 Increase in Regulations Concerning Terminal Disinfection to Curb Potential Outbreaks
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Costs and Long Duration Associated With the Development of Disinfectant Compounds
5.2.2.2 High Entry Barriers for Players
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increase in Consumer Preference for Biological Disinfectants
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Low Usage Due to Lack of Awareness About Standard Operating Procedures
5.3 Value Chain
5.4 Regulatory Framework
5.5 International Bodies for Agriculture Safety Standards and Regulations
5.5.1 US Department of Agriculture (USDA)
5.5.2 Canadian Food Inspection Agency (CFIA)
5.5.3 European Commission
5.5.4 Food Safety and Standards Authority of India (FSSAI)
5.5.5 Food and Agriculture Organization (FAO)
5.5.6 Ministry of Economy, Trade, and Industry (Japan)
6 Animal Disinfectants Market, By Type (Page No. – 52)
6.1 Introduction
6.2 Iodine
6.2.1 Iodine Acts as a Disinfectant in Acidic Media, Affecting Bacterial, Viral, and Spore Growth
6.3 Lactic Acid
6.3.1 Effective Action Against Bacteria Makes Lactic Acid Disinfectant Suitable for Surface Cleaning
6.4 Hydrogen Peroxide
6.4.1 Rapid Bacterial Activity Make Hydrogen Peroxide One of the Effective Disinfectants
6.5 Phenolic Acid
6.5.1 Effective Penetrating Property of Organic Acids Makes Them Useful in the Disinfection of Equipment
6.6 Peracetic Acid
6.6.1 Disinfection of Animal Farms Remains One of the Major Applications of Peracetic Acid
6.7 Quaternary Compounds
6.7.1 The Demand for Quaternary Compounds Remains High Due to Their Non-Toxic and Biodegradable Nature
6.8 Chlorine
6.8.1 Bleaching and Germicidal Properties of Chlorine Makes It One of the Most Preferred Disinfectants
6.9 Chlorine Dioxide
6.9.1 Fast Disinfection and Reduction of Bad Taste in Water Drives the Market for Chlorine Dioxide in Livestock
6.10 Chlorohexidine
6.10.1 Low Toxicity of Chlorohexidine Makes It a Competitive Disinfectant in the Market
6.11 Glut-Quat Mixes
6.11.1 Glutraldehyde is Used for Disinfecting Livestock Barns
6.12 Glycolic Acid
6.12.1 Application in Disinfecting Equipment Drives the Market for Glycolic Acid
6.13 Others
6.13.1 Antibacterial and Antiviral Properties of Other Disinfectants Make Them Competitive in the Market
7 Animal Disinfectants Market, By Form (Page No. – 69)
7.1 Introduction
7.2 Powder
7.2.1 Ease of Storage and Handling is Driving the Market for the Powder Form of Animal Disinfectants
7.3 Liquid
7.3.1 Liquid Forms Experience Increased Market Adoption Due to Their Easy Availability, Low Cost, and Water-Soluble Nature
8 Animal Disinfectants Market, By Application (Page No. – 73)
8.1 Introduction
8.2 Dairy Cleaning
8.2.1 CIP
8.2.1.1 Increase in Hygiene Concerns and the Need for Effective Cleaning to Drive the Demand for CIP Products
8.2.2 Pipelines
8.2.2.1 The Demand for Alkaline and Non-Foaming Detergents to Drive the Demand for Pipeline Cleaning Products
8.2.3 Bulk Tanks
8.2.3.1 Removal of Milk Fats and Storage Cleaning to Drive the Adoption of Bulk Tank Cleaning Solutions
8.2.4 Milking Systems
8.2.4.1 Increase in Cattle Heads and Milk Pools to Drive the Demand for Milking System Disinfectants
8.3 Swine
8.3.1 Terminal Biosecurity
8.3.1.1 Losses Due to African Swine Fever (ASF) Drive the Demand for Terminal Biosecurity Measures in Europe
8.3.1.1.1 Surface Disinfection Housing
8.3.1.1.2 Equipment
8.3.1.1.3 Water Lines
8.3.1.1.4 Aerial Disinfection
8.3.2 Continuous Biosecurity
8.3.2.1 Rise in Regional Demand for Swine Products and Strict Regulatory Policies Drive the Demand for Continuous Biosecurity in Swine Farming
8.3.2.1.1 Hand Sanitation
8.3.2.1.2 Foot Baths
8.3.2.1.3 Drinking Water
8.3.2.1.4 Vehicle
8.4 Poultry
8.4.1 Terminal Biosecurity
8.4.1.1 High Chemical EffiCACy and Intensive Farming to Drive the Demand for Terminal Biosecurity Procedures in Poultry Farming
8.4.1.1.1 Surface Disinfection Housing
8.4.1.1.2 Equipment
8.4.1.1.3 Water Lines
8.4.1.1.4 Aerial Disinfection
8.4.2 Continuous Biosecurity
8.4.2.1 Increasing Incidences of Avian Influenza and Coccidiosis Have Led Farmers to Seek Preventive Continuous Biosecurity Measures for Poultry
8.4.2.1.1 Hand Sanitation
8.4.2.1.2 Footbaths
8.4.2.1.3 Drinking Water
8.4.2.1.4 Vehicle
8.5 Equine
8.5.1 Terminal Biosecurity
8.5.1.1 Stable Maintenance and Equine Disinfection Procedures to Drive the Demand for Terminal Biosecurity in Equine Farming
8.5.1.1.1 Surface Disinfection Housing
8.5.1.1.2 Equipment
8.5.1.1.3 Water Lines
8.5.1.1.4 Aerial Disinfection
8.5.2 Continuous Biosecurity
8.5.2.1 Disease Prevention Programs and High Livestock Value to Drive the Demand for Continuous Biosecurity in Equine Farms
8.5.2.1.1 Hand Sanitation
8.5.2.1.2 Footbaths
8.5.2.1.3 Drinking Water
8.5.2.1.4 Vehicle
8.6 Dairy & Ruminants
8.6.1 Teat Dips
8.6.1.1 Concerns Over Dairy Cattle Health and Mastitis Threat to Drive the Demand for Teat Dips
8.6.2 Hoof Care
8.6.2.1 Availability of Biological Alternatives and Regulatory Requirements to Drive the Demand for Hoof Care Among Cattle Farmers
8.7 Aquaculture
8.7.1 Surface Disinfection
8.7.1.1 Increase in Commercial Aquaculture Activities Along the European Coastline to Drive the Demand for Surface Disinfection Solutions
8.7.2 Continuous Disinfection
8.7.2.1 Rise in Aquaculture Activities in Fresh and Salt Water to Drive the Demand for Continuous Disinfection Solutions
9 Animal Disinfectants Market, By Region (Page No. – 90)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Large-Scale Processing Facilities and Increase in Focus on Domestic Production to Drive the Demand for Animal Disinfectants in the US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 High Export Demand and Industry Standards to Encourage the use of Disinfectants in Canadian Livestock Farms
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Favorable Government Regulations and Export Requirements to Drive the Growth of the Animal Disinfectants Market in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 France
9.3.1.1 High Hygiene Standards and Industry Regulations Support the Adoption of Disinfectants Among the French Livestock Farmers
9.3.2 Germany
9.3.2.1 High Livestock Production and Export to Neighboring Countries Drive the Demand for Animal Disinfectants
9.3.3 Spain
9.3.3.1 High Rate of Production of Swine and Greater Focus on Aquaculture to Increase the Demand for Animal Disinfectants
9.3.4 UK
9.3.4.1 Large-Scale Intensive Livestock Farming to Fuel the Demand for Animal Disinfectants in the UK Livestock Market
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Dairy Production and Export of Beef Products to Positively Influence the Demand for Animal Disinfectants
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Growth in Focus on Animal Hygiene to Drive the Market Growth
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Regulatory Imposition of the Usage of Biosecurity Measures to Drive the Market Adoption of Animal Disinfectants
9.4.3 Australia & New Zealand
9.4.3.1 Increase in Exports to Drive the Need for Maintaining Animal Hygiene
9.4.4 India
9.4.4.1 Traditional Regulations are Restricting the Market Growth for Disinfectants
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.4.5.1 Rise in Exports of Livestock Products to Drive the Demand for Animal Disinfectants
9.5 South America
9.5.1 Brazil
9.5.1.1 Strong Meat Exports and Increase in Biosecurity Regulations to Support Disinfectant use in Brazil
9.5.2 Argentina
9.5.2.1 Unfavorable Weather Conditions and Increase in Feedlots Improve Ruminant Outlook in Argentina
9.5.3 Rest of South America
9.6 Rest of the World
9.6.1 Africa
9.6.1.1 Impact of African Swine Fever and Government Intervention Support Disinfectant Adoption in Africa
9.6.2 Middle East
9.6.2.1 Strong Regulatory Framework and Increased Foreign Investments for Local Livestock Production Drive the Prospects for Animal Disinfectants in the Middle East
10 Competitive Landscape (Page No. – 128)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.3 Dynamic Differentiators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Strength of Product Portfolio
10.4 Business Strategy Excellence
10.5 Ranking of Key Players, 2018
10.6 Competitive Scenario
10.6.1 New Product Launches, Approvals, and Discontinuations
10.6.2 Expansions
10.6.3 Acquisitions, Mergers, and Spin-Offs
10.6.4 Partnerships
11 Company Profiles (Page No. – 138)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View)*
11.1 Neogen Corporation
11.2 GEA
11.3 Lanxess AG
11.4 Kersia Group
11.5 Zoetis
11.6 Virox Animal Health
11.7 CID Lines
11.8 Theseo Group
11.9 Evans Vanodine
11.10 Krka
11.11 Diversey
11.12 Evonik Industries
11.13 Fink Tec GmbH
11.14 Laboratoire M2
11.15 DeLaval Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
The Companies are Listed in No Particular Order, But as a Representation of the Market’s Ecosystem.
12 Appendix (Page No. – 173)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】動物用消毒剤の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年7月31日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI-7261
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農業産業
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
動物用消毒剤の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自動害虫モニタリングシステムの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、自動害虫モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動害虫モニタリングシステム市場規模、エンドユーザー別(小規模農業者、大規模農業者)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:市場動向分析 ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:競争要因分析 ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:エンドユーザー別(小規模農業者、大規模農業者) ・ 自動害虫モニタリングシステムの世界市場:主要地域別分析 ・ 自動害虫モニタリングシステムの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 自動害虫モニタリングシステムのヨーロッパ市場規模 ・ 自動害虫モニタリングシステムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・自動害虫モニタリングシステムの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ハイ・パフォーマンス・トラックの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、ハイ・パフォーマンス・トラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイ・パフォーマンス・トラックの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のデンタルインプラント市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデンタルインプラント市場について調査・分析し、世界のデンタルインプラント市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデンタルインプラント関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ポータブル発電機の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ポータブル発電機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポータブル発電機市場規模、種類別(ディーゼル、ガス)分析、エンドユーザー別(住宅用、商業用、産業・インフラ用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポータブル発電機の世界市場概要 ・ポータブル発電機の世界市場環境 ・ポータブル発電機の世界市場動向 ・ポータブル発電機の世界市場規模 ・ポータブル発電機の世界市場:業界構造分析 ・ポータブル発電機の世界市場:種類別(ディーゼル、ガス) ・ポータブル発電機の世界市場:エンドユーザー別(住宅用、商業用、産業・インフラ用) ・ポータブル発電機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ポータブル発電機の北米市場規模・予測 ・ポータブル発電機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ポータブル発電機のアジア太平洋市場規模・予測 ・ポータブル発電機の主要国分析 ・ポータブル発電機の世界市場:意思決定フレームワーク ・ポータブル …
  • 食品加工 & ハンドリング装置の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、食品加工 & ハンドリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(食品加工機器、食品包装機器、および外食機器)分析、用途別分析、フォーム別(固体、液体、および半固体)分析、食品加工 & ハンドリング装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、食品加工 & ハンドリング装置の世界市場規模が2019年1372億ドルから2025年1966億ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。
  • 車線逸脱警報システム(LDWS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、車線逸脱警報システム(LDWS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、車線逸脱警報システム(LDWS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ペイメントゲートウェイの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ペイメントゲートウェイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペイメントゲートウェイの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の亜硫酸ジカリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の亜硫酸ジカリウム市場2015について調査・分析し、亜硫酸ジカリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオインプラントの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、バイオインプラントの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオインプラント市場規模、種類別(脊椎インプラント、心臓血管インプラント、歯科、神経刺激インプラント、整形外科・外傷、眼科インプラント、その他)分析、材料別(合金、生体材料、生体材料金属、セラミックス、ポリマー)分析、由来別(合成、自己移植片、異種移植片、同種移植片)分析、実施方法別(非手術、手術)分析、エンドユーザー別(外来外科センター、診療所、病院、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ バイオインプラントの世界市場:市場動向分析 ・ バイオインプラントの世界市場:競争要因分析 ・ バイオインプラントの世界市場:種類別(脊椎インプラント、心臓血管インプラント、歯科、神経刺激インプラント、整形外科・外傷、眼科インプラント、その他) ・ バイオインプラントの世界市場:材料別(合金、生体材料、生体材料金属、セラミックス、ポリマー) ・ バイオインプラント …
  • スペインの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • 航空・防衛産業におけるIoT市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、航空・防衛産業におけるIoT市場について調査・分析し、航空・防衛産業におけるIoT市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・航空・防衛産業におけるIoT市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・航空・防衛産業におけるIoT市場:セグメント別市場分析 ・航空・防衛産業におけるIoT市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • アルゼンチンの心臓血管手術装置市場見通し
  • スマートフォンの世界市場2020-2024:技術別、価格別、スクリーンサイズ別、地域別
    「スマートフォンの世界市場2020-2024」は、スマートフォンについて市場概要、市場規模、技術別(Android、iOS、その他)分析、価格別(150ドル〜800ドル、150ドル未満、800ドル以上)分析、スクリーンサイズ別(5〜6インチの間、6インチ以上、5インチ未満)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマートフォンの世界市場:技術別(Android、iOS、その他) ・スマートフォンの世界市場:価格別(150ドル〜800ドル、150ドル未満、800ドル以上) ・スマートフォンの世界市場:スクリーンサイズ別(5〜6インチの間、6インチ以上、5インチ未満) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 合法マリファナ(大麻)の世界市場:タイプ別(医療用、娯楽用)、製品タイプ別(バッズ、オイル、チンキ)、医療用途別(慢性疼痛、精神疾患、がん)、地域別予測
    本資料は、合法マリファナ(大麻)の世界市場について調べ、合法マリファナ(大麻)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(医療用、娯楽用)分析、製品タイプ別(バッズ、オイル、チンキ)分析、医療用途別(慢性疼痛、精神疾患、がん)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・合法マリファナ(大麻)の世界市場概要 ・合法マリファナ(大麻)の世界市場環境 ・合法マリファナ(大麻)の世界市場動向 ・合法マリファナ(大麻)の世界市場規模 ・合法マリファナ(大麻)の世界市場規模:タイプ別(医療用、娯楽用) ・合法マリファナ(大麻)の世界市場規模:製品タイプ別(バッズ、オイル、チンキ) ・合法マリファナ(大麻)の世界市場規模:医療用途別(慢性疼痛、精神疾患、がん) ・合法マリファナ(大麻)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・合法マリファナ(大麻)の北米市場規模・予測 ・合法マリファナ(大麻)のアメリカ市場規模・予測 ・合法マリファナ(大麻)のヨーロッパ市場規模・予測 …
  • 熱管理の世界市場分析:製品別(ハードウェア、ソフトウェア、インタフェース、基板)、用途別(コンピュータ、消費者家電、テレコミュニケーション、自動車電子部品、再生可能エネルギー)、セグメント予測
    本調査レポートでは、熱管理の世界市場について調査・分析し、熱管理の世界市場動向、熱管理の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱管理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 超小型衛星の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、超小型衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超小型衛星の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品受託製造・受託研究の世界市場分析:サービス別(CMO {API /バルク薬物、先端薬物送達完成製剤}}、CRO {腫瘍学、ワクチン、免疫学、心臓学、神経科学})、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、医薬品受託製造・受託研究の世界市場について調査・分析し、医薬品受託製造・受託研究の世界市場動向、医薬品受託製造・受託研究の世界市場規模、市場予測、セグメント別医薬品受託製造・受託研究市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 乳製品の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、乳製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乳製品市場規模、タイプ別(カゼイン、チーズ、アイスクリーム、ラクトースフリーミルク、牛乳、ヨーグルト、バター、クリーム、バターミルク、その他)分析、用途別(冷凍食品、ベーカリー製品・菓子、臨床栄養)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 乳製品の世界市場:市場動向分析 ・ 乳製品の世界市場:競争要因分析 ・ 乳製品の世界市場:タイプ別(カゼイン、チーズ、アイスクリーム、ラクトースフリーミルク、牛乳、ヨーグルト、バター、クリーム、バターミルク、その他) ・ 乳製品の世界市場:用途別(冷凍食品、ベーカリー製品・菓子、臨床栄養) ・ 乳製品の世界市場:主要地域別分析 ・ 乳製品の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 乳製品のヨーロッパ市場規模 ・ 乳製品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乳製品の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 世界のスノータイヤ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスノータイヤ市場2015について調査・分析し、スノータイヤの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 東南アジアの生命保険市場2016-2020
    当調査レポートでは、東南アジアの生命保険市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、東南アジアの生命保険市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • ECGケーブルおよびECGリード線の世界市場予測(~2021):材料別(熱可塑性エラストマ、TPU)、ユーザビリティ別、機械種類別、患者ケア場所別
    当調査レポートでは、ECGケーブルおよびECGリード線の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別分析、ユーザビリティ別分析、機械種類別分析、患者ケア場所別分析、ECGケーブルおよびECGリード線の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用外部エアバッグの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用外部エアバッグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用外部エアバッグの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 造影剤注入装置の世界市場予測(~2021年):CT用造影剤注入器、MRI用造影剤注入器
    当調査レポートでは、造影剤注入装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、造影剤注入装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンタクトレンズの世界市場予測
    Market Research Futureが出版した本調査レポートでは、コンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、コンタクトレンズの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 病理学用消耗品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、病理学用消耗品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、病理学用消耗品市場規模、用途別(診断、創薬)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・病理学用消耗品の世界市場概要 ・病理学用消耗品の世界市場環境 ・病理学用消耗品の世界市場動向 ・病理学用消耗品の世界市場規模 ・病理学用消耗品の世界市場:業界構造分析 ・病理学用消耗品の世界市場:用途別(診断、創薬) ・病理学用消耗品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・病理学用消耗品のアメリカ市場規模・予測 ・病理学用消耗品のヨーロッパ市場規模・予測 ・病理学用消耗品のアジア市場規模・予測 ・病理学用消耗品の主要国分析 ・病理学用消耗品の世界市場:意思決定フレームワーク ・病理学用消耗品の世界市場:成長要因、課題 ・病理学用消耗品の世界市場:競争環境 ・病理学用消耗品の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • オランダの心臓律動管理装置市場見通し
  • 世界の距離計市場2015
    本調査レポートでは、世界の距離計市場2015について調査・分析し、距離計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクエン酸アセチルトリブチル市場2016
    本調査レポートでは、世界のクエン酸アセチルトリブチル市場2016について調査・分析し、クエン酸アセチルトリブチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトニックセンサの世界市場:光ファイバーセンサ、バイオフォトニックセンサ、イメージセンサ
    当調査レポートでは、フォトニックセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォトニックセンサの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマイニングトラック市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイニングトラック市場2015について調査・分析し、マイニングトラックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の水産養殖市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の水産養殖市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、中国の水産養殖市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 脂肪代替品の世界市場予測(~2022年):炭水化物系、タンパク質系、脂質系
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、脂肪代替品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、脂肪代替品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パーフォレーションガンの世界市場2019-2023
    パーフォレーションガンは、坑井用キャスティングとセメントシースに穿孔する道具です。それにより坑井と貯留層との間に流路が形成され、炭化水素が貯留層から坑井に流れるようになります。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に、パーフォレーションガンの世界市場が5.07%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、AECOM、Babcock International Group、Bechtel、Holtec International、Orano、などです。 当調査レポートでは、パーフォレーションガンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、パーフォレーションガン市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・パーフォレーションガンの世界市場概要 ・パーフォレーションガンの世界市場環境 ・パーフォレーションガンの世界市場動向 ・パーフォレーションガンの世界市場規模 ・パ …
  • 発電機レンタルの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、発電機レンタルの世界市場について調査・分析し、発電機レンタルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 発電機レンタルの世界市場:市場動向分析 - 発電機レンタルの世界市場:競争要因分析 - 発電機レンタルの世界市場:燃料タイプ別 ・ガス発電 ・ディーゼル発電 ・その他燃料タイプ - 発電機レンタルの世界市場:定格電力別 ・50kW未満 ・51~500kW ・501~2,500kW - 発電機レンタルの世界市場:用途別 ・ベースロード・常時電力 ・ピークシェービング ・予備電源 - 発電機レンタルの世界市場:エンドユーザー別 ・建設 ・イベント ・製造業 ・鉱業 ・石油・ガス ・運送 ・ユーティリティ ・その他 - 発電機レンタルの世界市場:主要地域別分析 - 発電機レンタルの北米市場規模(アメリカ市場等) - 発電機レンタルのヨーロッパ市場規模 - 発電機レンタルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・発電機レンタルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ソース・ドレッシング・調味料の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、ソース・ドレッシング・調味料の世界市場について調査・分析し、ソース・ドレッシング・調味料の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 韓国の免疫化学検査市場動向(~2021)
  • シュガーフリー食品・飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シュガーフリー食品・飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シュガーフリー食品・飲料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサービスロボット市場2015
    本調査レポートでは、世界のサービスロボット市場2015について調査・分析し、サービスロボットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ねじり試験台の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ねじり試験台の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用ねじり試験台の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用ねじり試験台の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はDYNA-MESS、IABG、Illinois Tool Works、TestResources、Zwick Roell等です。
  • マイクロ灌漑の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • カナダのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • 超音波欠陥検出器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、超音波欠陥検出器の世界市場について調査・分析し、超音波欠陥検出器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別超音波欠陥検出器シェア、市場規模推移、市場規模予測、超音波欠陥検出器種類別分析(従来型、フェイズドアレイ型、TOFD型)、超音波欠陥検出器用途別分析(エネルギー、航空宇宙、石油・ガス、製造・機械、自動車、鉄道)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・超音波欠陥検出器の市場概観 ・超音波欠陥検出器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・超音波欠陥検出器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・超音波欠陥検出器の世界市場規模 ・超音波欠陥検出器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・超音波欠陥検出器のアメリカ市場規模推移 ・超音波欠陥検出器のカナダ市場規模推移 ・超音波欠陥検出器のメキシコ市場規模推移 ・超音波欠陥検出器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・超音波欠陥検出器のドイツ市場規模推移 ・超音波欠陥検出器のイギリス市 …
  • 浮遊式生産システム(FPS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、浮遊式生産システム(FPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、浮遊式生産システム(FPS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリンティングの世界市場:プリンター、材料、材料の形状、プロセス、技術、ソフトウェア、サービス、用途、産業、地域別分析
    当調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、プリンター種類別分析、材料種類別分析、技術別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 集光型太陽熱発電(CSP)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、集光型太陽熱発電(CSP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、構成要素別分析、需要先別分析、地域別分析、集光型太陽熱発電(CSP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 空中システム監視レーダーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、空中システム監視レーダーの世界市場について調査・分析し、空中システム監視レーダーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別空中システム監視レーダーシェア、市場規模推移、市場規模予測、空中システム監視レーダー種類別分析(有人航空機搭載型監視レーダー、無人航空機搭載型監視レーダー)、空中システム監視レーダー用途別分析(軍事、民間、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・空中システム監視レーダーの市場概観 ・空中システム監視レーダーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・空中システム監視レーダーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・空中システム監視レーダーの世界市場規模 ・空中システム監視レーダーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・空中システム監視レーダーのアメリカ市場規模推移 ・空中システム監視レーダーのカナダ市場規模推移 ・空中システム監視レーダーのメキシコ市場規模推移 ・空中システム監視レーダーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フ …
  • 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場:処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈)、地域別予測
    本資料は、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場について調べ、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界規模、市場動向、市場環境、処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場概要 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場環境 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場動向 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場規模 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場規模:処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈) ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の北米市場規模・予測 ・ …
  • ベーキング成分(ベーカリー&シリアル)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 発泡金属の世界市場2014-2025:材料別(アルミ、ニッケル、マグネシウム、銅)、用途別(熱交換器、減勢装置、サイドインパクトバー)、最終用途別
    本調査レポートでは、発泡金属の世界市場について調査・分析し、発泡金属の世界市場動向、発泡金属の世界市場規模、市場予測、セグメント別発泡金属市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"