"スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)、用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他)、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9AG003)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)、用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他)、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Spirulina is a natural algae powder known as cyanobacteria that comprises potent level of proteins, antioxidants, and vitamin B and other nutrients. Spirulina exhibits various benefits such as lowering of LDL and triglyceride levels and anticancer properties. It also reduces blood pressure, is effective against anemia, and improves muscle strength. The global spirulina market generated $346 million in 2018, and is projected to reach $779 million by 2026, growing at a CAGR of 10.6% from 2019 to 2026.

The increase in use of spirulina as a dietary food supplement, owing to its high nutritional content is the major factor that drives the spirulina market. Furthermore, increase in adoption of healthy food in developed countries fuel the market growth of spirulina in food & beverages. The rise in prevalence of cancer, cardiovascular diseases, immune diseases, and other diseases boosts the demand of spirulina.

Furthermore, increase in healthcare expenditure and disposable income among the population is anticipated to increase the market growth. However, limited resource of spirulina as it is extracted from the freshwater sources that are available in very few areas hinders the market growth. Emerging economies such as India, China, Mexico, and Brazil are anticipated to provide new opportunities for the market growth during the forecast period.

The global spirulina market is segmented into type, application, drug formulation, and region. By type, the market is bifurcated into Arthrospira Platensis and Arthrospira Platensis. Based on application, it is categorized into nutraceuticals, cosmetics, food & beverages, agriculture, feed, and others. Based on drug formulation, the spirulina market is categorized into powder, tablet & capsule, liquid, and granule & gelling agent. Based on region, it is analyzed across North America, Europe, Asia-Pacific, and LAMEA.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS

 This report highlights the market dynamics to understand the global spirulina market and capitalize on the prevailing opportunities.
 Quantitative analysis of the current market and forecasts would assist stakeholders to design business strategies accordingly.
 Porter’s five forces analysis examines the competitive market structure and provides a deeper understanding of the influencing factors for entry and expansion.
 Pin-point analysis of geographical segments offers identification of most profitable segments to capitalize on.

KEY MARKET SEGMENTS
• By Type
o Arthrospira Platensis
o Arthrospira Maxima
• By Application
o Nutraceuticals
o Food & Beverages
o Cosmetics
o Animal Feed
o Others
• By Drug Formulation
o Powder
o Tablet & Capsule
o Liquid
o Granule & Gelling Agent
• By Region
o North America
• U.S.
• Canada
• Mexico
o Europe
• Germany
• France
• Spain
• Italy
• UK
• Rest of Europe
o Asia-Pacific
• Australia
• Japan
• India
• China
• Rest of Asia-Pacific
o LAMEA
• Brazil
• Saudi Arabia
• South Africa
• Rest of LAMEA
KEY MARKET PLAYERS
• Cyanotech
• DIC Corporation
• Chr. Hansen Holding A/S
• Dongtai City Spirulina Bio-engineering Co., Ltd.
• Algenol Biofuels Inc
• Prolgae
• Sensient Technologies Corporation
• Parry Neutraceuticals
• Algatec
The other players in the value chain include (profiles not included in the report):

• GNC Holdings, Inc.
• Now Health Group Inc.
• Fuqing King Dnarmsa Spirulina Co.
• Fraken Biochem Co., Ltd.
• Far East Bio-Tec Co. Ltd.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)、用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他)、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Research methodology

1.4.1. Primary research
1.4.2. Secondary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings

2.1.1. Top impacting factors
2.1.2. Top investment pockets

2.2. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Parent Market Overview
3.3. Key Forces Shaping Spirulina Market

3.3.1. Low-to-high bargaining power of suppliers
3.3.2. Moderate-to-high threat of new entrants
3.3.3. Moderate threat of substitutes
3.3.4. Moderate intensity of rivalry
3.3.5. Low-to-moderate bargaining power of buyers

3.4. Pricing Analysis

3.4.1. Pricing Analysis, By Region, 2018 & 2025

3.5. Value Chain Analysis
3.6. Impact of government regulations on global spirulina market
3.7. Industry Pain point analysis
3.8. Patent Analysis

3.8.1. By Region (2016-2018)
3.8.2. By Applicant

3.9. Case Studies

3.9.1. Case Study 01

3.10. Market dynamics

3.10.1. Drivers

3.10.1.1. Rise in demand for natural ingredient
3.10.1.2. Promotion of the production of spirulina by government
3.10.1.3. R&D of spirulina as commercial products

3.10.2. Restraints

3.10.2.1. Impact on spirulina production due to climate change

3.10.3. Opportunities

3.10.3.1. Untapped markets in the developing countries
3.10.3.2. Easy to cultivate due to development in cultivation technology

CHAPTER 4: SPIRULINA MARKET, BY TYPE

4.1. Overview

4.1.1. Market size and forecast

4.2. Arthrospira Platensis

4.2.1. Key market trends and opportunities
4.2.2. Market size and forecast
4.2.3. Market analysis, by country

4.3. Arthrospira Maxima

4.3.1. Key market trends and opportunities
4.3.2. Market size and forecast
4.3.3. Market analysis, by country

CHAPTER 5: SPIRULINA MARKET, BY APPLICATION

5.1. Overview

5.1.1. Market size and forecast

5.2. Nutraceuticals

5.2.1. Key market trends and opportunities
5.2.2. Market size and forecast
5.2.3. Market analysis, by country

5.3. Cosmetics

5.3.1. Key market trends and opportunities
5.3.2. Market size and forecast
5.3.3. Market analysis, by country

5.4. Food and Beverages

5.4.1. Key market trends and opportunities
5.4.2. Market size and forecast
5.4.3. Market analysis, by country

5.5. Animal Feed

5.5.1. Key market trends and opportunities
5.5.2. Market size and forecast
5.5.3. Market analysis, by country

5.6. Other applications

5.6.1. Key market trends and opportunities
5.6.2. Market size and forecast
5.6.3. Market analysis, by country

CHAPTER 6: SPIRULINA MARKET, BY DRUG FORMULATION

6.1. Overview

6.1.1. Market size and forecast

6.2. Powder

6.2.1. Key market trends and opportunities
6.2.2. Market size and forecast
6.2.3. Market analysis, by country

6.3. Tablet & Capsule

6.3.1. Key market trends and opportunities
6.3.2. Market size and forecast
6.3.3. Market analysis, by country

6.4. Liquid

6.4.1. Key market trends and opportunities
6.4.2. Market size and forecast
6.4.3. Market analysis, by country

6.5. Granule & Gelling Agent

6.5.1. Key market trends and opportunities
6.5.2. Market size and forecast
6.5.3. Market analysis, by country

CHAPTER 7: SPIRULINA MARKET, BY REGION

7.1. Overview

7.1.1. Market size and forecast

7.2. North America

7.2.1. Key market trends and opportunities
7.2.2. North America market size and forecast, by type
7.2.3. North America market size and forecast, by application
7.2.4. North America market size and forecast, by drug formulation
7.2.5. North America market size and forecast, by country

7.2.5.1. U.S. market size and forecast, by type
7.2.5.2. U.S. market size and forecast, by application
7.2.5.3. U.S. market size and forecast, by drug formulation
7.2.5.4. Canada market size and forecast, by type
7.2.5.5. Canada market size and forecast, by application
7.2.5.6. Canada market size and forecast, by drug formulation
7.2.5.7. Mexico market size and forecast, by type
7.2.5.8. Mexico market size and forecast, by application
7.2.5.9. Mexico market size and forecast, by drug formulation

7.3. Europe

7.3.1. Key market trends and opportunities
7.3.2. Europe market size and forecast, by type
7.3.3. Europe market size and forecast, by application
7.3.4. Europe market size and forecast, by drug formulation
7.3.5. Europe market size and forecast, by country

7.3.5.1. France market size and forecast, by type
7.3.5.2. France market size and forecast, by application
7.3.5.3. France market size and forecast, by drug formulation
7.3.5.4. UK market size and forecast, by type
7.3.5.5. UK market size and forecast, by application
7.3.5.6. UK market size and forecast, by drug formulation
7.3.5.7. Italy market size and forecast, by type
7.3.5.8. Italy market size and forecast, by application
7.3.5.9. Italy market size and forecast, by drug formulation
7.3.5.10. Spain market size and forecast, by type
7.3.5.11. Spain market size and forecast, by application
7.3.5.12. Spain market size and forecast, by drug formulation
7.3.5.13. Rest of Europe market size and forecast, by type
7.3.5.14. Rest of Europe market size and forecast, by application
7.3.5.15. Rest of Europe market size and forecast, by drug formulation

7.4. Asia-Pacific

7.4.1. Key market trends and opportunities
7.4.2. Asia-Pacific market size and forecast, by type
7.4.3. Asia-Pacific market size and forecast, by application
7.4.4. Asia-Pacific market size and forecast, by drug formulation
7.4.5. Asia-Pacific market size and forecast, by country

7.4.5.1. Japan market size and forecast, by type
7.4.5.2. Japan market size and forecast, by application
7.4.5.3. Japan market size and forecast, by drug formulation
7.4.5.4. China market size and forecast, by type
7.4.5.5. China market size and forecast, by application
7.4.5.6. China market size and forecast, by drug formulation
7.4.5.7. India market size and forecast, by type
7.4.5.8. India market size and forecast, by application
7.4.5.9. India market size and forecast, by drug formulation
7.4.5.10. Australia market size and forecast, by type
7.4.5.11. Australia market size and forecast, by application
7.4.5.12. Australia market size and forecast, by drug formulation
7.4.5.13. South Korea market size and forecast, by type
7.4.5.14. South Korea market size and forecast, by application
7.4.5.15. South Korea market size and forecast, by drug formulation
7.4.5.16. Rest of Asia-Pacific market size and forecast, by type
7.4.5.17. Rest of Asia-Pacific market size and forecast, by application
7.4.5.18. Rest of Asia-Pacific market size and forecast, by drug formulation

7.5. LAMEA

7.5.1. Key market trends and opportunities
7.5.2. LAMEA market size and forecast, by type
7.5.3. LAMEA market size and forecast, by application
7.5.4. LAMEA market size and forecast, by drug formulation
7.5.5. LAMEA market size and forecast, by country

7.5.5.1. Brazil market size and forecast, by type
7.5.5.2. Brazil market size and forecast, by application
7.5.5.3. Brazil market size and forecast, by drug formulation
7.5.5.4. South Africa market size and forecast, by type
7.5.5.5. South Africa market size and forecast, by application
7.5.5.6. South Africa market size and forecast, by drug formulation
7.5.5.7. Rest of LAMEA market size and forecast, by type
7.5.5.8. Rest of LAMEA market size and forecast, by application
7.5.5.9. Rest of LAMEA market size and forecast, by drug formulation

CHAPTER 8: COMPANY PROFILES

8.1. Algenol Biofuels Inc.

8.1.1. Company overview
8.1.2. Company snapshot
8.1.3. Operating business segments
8.1.4. Product portfolio

8.2. Dongtai City Spirulina Bio-engineering Co, Ltd.

8.2.1. Company overview
8.2.2. Company snapshot
8.2.3. Operating business segments
8.2.4. Product portfolio

8.3. CHR. HANSEN HOLDING A/S

8.3.1. Company overview
8.3.2. CHR. Hansen: company Snapshot
8.3.3. Operating business segments
8.3.4. Product portfolio
8.3.5. Business performance

8.4. CYANOTECH CORPORATION

8.4.1. Company overview
8.4.2. Company snapshot
8.4.3. Operating business segments
8.4.4. Product portfolio
8.4.5. Business performance

8.5. DDW Inc.

8.5.1. Company overview
8.5.2. Company snapshot
8.5.3. Operating business segments
8.5.4. Product portfolio

8.6. DIC CORPORATION

8.6.1. Company overview
8.6.2. Company snapshot
8.6.3. Operating business segments
8.6.4. Product portfolio
8.6.5. Business performance

8.7. DÖHLER GMBH

8.7.1. Company overview
8.7.2. Company snapshot
8.7.3. Operating business segments
8.7.4. Product portfolio

8.8. FMC CORPORATION

8.8.1. Company overview
8.8.2. Company snapshot
8.8.3. Operating business segments
8.8.4. Product portfolio
8.8.5. Business performance
8.8.6. Key strategic moves and developments

8.9. Givaudan International SA

8.9.1. Company overview
8.9.2. Company snapshot
8.9.3. Operating business segments
8.9.4. Product portfolio
8.9.5. Business performance
8.9.6. Key strategic moves and developments

8.10. KONINKLIJKE DSM N.V.

8.10.1. Company overview
8.10.2. Company snapshot
8.10.3. Operating business segments
8.10.4. Product portfolio
8.10.5. Key strategic moves and developments

8.11. Prolgae

8.11.1. Company overview
8.11.2. Company snapshot
8.11.3. Operating business segments
8.11.4. Product portfolio
8.11.5. Business performance

8.12. SENSIENT TECHNOLOGIES CORPORATION

8.12.1. Company overview
8.12.2. Company snapshot
8.12.3. Operating business segments
8.12.4. Product portfolio
8.12.5. Business performance

8.13. E.I.D. Parry Limited

8.13.1. Company overview
8.13.2. Company snapshot
8.13.3. Operating business segments
8.13.4. Product portfolio
8.13.5. Business performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)、用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他)、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)
【発行日】2019年5月6日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9AG003
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】ライフサイエンス
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
スピルリナの世界市場:種類別(アルスロスピラプラテンシス、アルスロスピラマキシマ)、用途別(栄養補助食品、化粧品、食品および飲料、動物飼料、その他)、製剤別(粉末、錠剤・カプセル、液体、顆粒、ゲル化剤)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の食品膨化機械市場2015
    本調査レポートでは、世界の食品膨化機械市場2015について調査・分析し、食品膨化機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の食肉用接着剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の食肉用接着剤市場2015について調査・分析し、食肉用接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 防衛戦術無線機の世界市場2017-2021:ポータブル・携帯無線機、車両搭載型無線機
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、防衛戦術無線機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、防衛戦術無線機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は防衛戦術無線機の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、General Dynamics、Harris、Raytheon Company、Rockwell Collins、Thales Group等です。
  • 貧血(Anemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、貧血(Anemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・貧血(Anemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・貧血(Anemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・貧血(Anemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・貧血(Anemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・貧血(Anemia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の貧血(Anemia)治療薬剤
  • 繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ハラール化粧品・パーソナルケアの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハラール化粧品・パーソナルケアの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハラール化粧品・パーソナルケア市場規模、製品別(カラー化粧品、その他)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amara Cosmetics, Ivy Beauty Corporation, Martha Tilaar Group, PT Paragon Technology and Innovation, Total Beauty Network, WiproELなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハラール化粧品・パーソナルケアの世界市場概要 ・ハラール化粧品・パーソナルケアの世界市場環境 ・ハラール化粧品・パーソナルケアの世界市場動向 ・ハラール化粧品・パーソナルケアの世界市場規模 ・ハラール化粧品・パーソナルケアの世界市場:業界構造分析 ・ハラール化粧品・パーソナルケアの世界市場:製品別(カラー化粧品、そ …
  • ITロボット・オートメーションの世界市場
    当調査レポートでは、ITロボット・オートメーションの世界市場について調査・分析し、ITロボット・オートメーションの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 日光角化症治療薬の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、日光角化症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、日光角化症治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は日光角化症治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Almirall、GALDERMA、LEO Pharma、Valeant等です。
  • IL-17受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-17受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-17受容体拮抗薬の概要 ・IL-17受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-17受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-17受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-17受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 構造健全性監視の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、構造健全性監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別(有線、無線)分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、垂直産業別(公共インフラ、エネルギー)分析、用途別分析、構造健全性監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空用代替燃料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空用代替燃料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空用代替燃料の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 硫化水素除去の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、硫化水素除去の世界市場について調査・分析し、硫化水素除去の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別硫化水素除去シェア、市場規模推移、市場規模予測、硫化水素除去種類別分析(再生、非再生)、硫化水素除去用途別分析(ガス産業、石油産業、排水処理、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・硫化水素除去の市場概観 ・硫化水素除去のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・硫化水素除去のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・硫化水素除去の世界市場規模 ・硫化水素除去の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・硫化水素除去のアメリカ市場規模推移 ・硫化水素除去のカナダ市場規模推移 ・硫化水素除去のメキシコ市場規模推移 ・硫化水素除去のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・硫化水素除去のドイツ市場規模推移 ・硫化水素除去のイギリス市場規模推移 ・硫化水素除去のロシア市場規模推移 ・硫化水素除去のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南ア …
  • オートバイ用コネクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用コネクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用コネクターの世界市場規模及び予測、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用コネクターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(9.57%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• TE Connectivity• Yazaki• Delphi Automotive• Sumitomo Electric Wiring Systems• Japan Aviation Electronics Industry等です。
  • 家庭用コンビネーションスチームオーブンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、家庭用コンビネーションスチームオーブンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用コンビネーションスチームオーブンの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の特殊および高機能フィルム市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊および高機能フィルム市場2015について調査・分析し、特殊および高機能フィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • コンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション及びサービスの世界市場
    当調査レポートでは、コンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション及びサービスの世界市場について調査・分析し、コンバージド・インフラストラクチャ・ソリューション及びサービスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ビジネスジェットの世界市場予測(~2030年)
    当調査レポートでは、ビジネスジェットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、航空機種類別(軽量、中型、大型、旅客機)分析、システム別(OEMシステム、アフターマーケットシステム)分析、エンドユーザー別(プライベート、オペレーター)分析、POS別(OEM、アフターマーケット)分析、ビジネスジェットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ビジネスジェットの世界市場規模が2019年247億ドルから2030年364億ドルまで年平均3.6%成長すると予測しています。
  • 発熱性好中球減少症(Febrile Neutropenia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における発熱性好中球減少症(Febrile Neutropenia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、発熱性好中球減少症(Febrile Neutropenia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・発熱性好中球減少症(Febrile Neutropenia)の概要 ・発熱性好中球減少症(Febrile Neutropenia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の発熱性好中球減少症(Febrile Neutropenia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・発熱性好中球減少症(Febrile Neutropenia)治療薬の評価    …
  • 角膜補正レンズの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、角膜補正レンズの世界市場について調査・分析し、角膜補正レンズの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別角膜補正レンズシェア、市場規模推移、市場規模予測、角膜補正レンズ種類別分析()、角膜補正レンズ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・角膜補正レンズの市場概観 ・角膜補正レンズのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・角膜補正レンズのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・角膜補正レンズの世界市場規模 ・角膜補正レンズの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・角膜補正レンズのアメリカ市場規模推移 ・角膜補正レンズのカナダ市場規模推移 ・角膜補正レンズのメキシコ市場規模推移 ・角膜補正レンズのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・角膜補正レンズのドイツ市場規模推移 ・角膜補正レンズのイギリス市場規模推移 ・角膜補正レンズのロシア市場規模推移 ・角膜補正レンズのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 走査型電子顕微鏡(SEM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、走査型電子顕微鏡(SEM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、走査型電子顕微鏡(SEM)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 不妊治療の世界市場予測(~2023年)
    不妊治療の世界市場は、2018年の15億米ドルから2023年には22億米ドルに達し、8.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、出生率の低下、不妊治療の選択肢に関する一般の認識の高まりなどが考えれられます。一方で、治療費が高いことと、支援に消極的な政府の規制により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、不妊治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(機器、メディア、関連機器)分析、処置(ART、受精、腹腔鏡検査、卵管結紮)分析、患者のタイプ(女性、男性)分析、エンドユーザー(不妊治療クリニック、病院、精子バンク)分析、不妊治療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロPLC及びナノPLCの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、マイクロPLC及びナノPLCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、提供商品別分析、産業別分析、地域別分析、マイクロPLC及びナノPLCの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 保険業界におけるブロックチェーンの世界市場:用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト)、組織規模別(中小企業、大企業)、地域別予測
    本資料は、保険業界におけるブロックチェーンの世界市場について調べ、保険業界におけるブロックチェーンの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場概要 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場環境 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場動向 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模 ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模:用途別(GRC管理、死亡・請求処理、支払、ID管理・不正検出、スマートコントラクト) ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場規模:組織規模別(中小企業、大企業) ・保険業界におけるブロックチェーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・保険業界におけるブロックチェーンの北米市場規模・予測 ・保険業界におけるブロック …
  • ヨーロッパの企業トレーニング市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパの企業トレーニング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパの企業トレーニング市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 舗装機械・コンクリート装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、舗装機械・コンクリート装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、舗装機械・コンクリート装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用調理器具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用調理器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用調理器具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 殺菌モニタリングの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、殺菌モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、技術別分析、製品別分析、方式別分析、需要先別分析、殺菌モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の天然抗酸化剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の天然抗酸化剤市場2015について調査・分析し、天然抗酸化剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質アッセイの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、タンパク質アッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、種類別分析、用途別分析、技術別分析、タンパク質アッセイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ショックアブソーバー及びストラットの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ショックアブソーバー及びストラットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ショックアブソーバー及びストラットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)のフェーズ3治験薬の状況 ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)治療薬の市場規模(販売予測) ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)治療薬剤
  • 音声分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、音声分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション・サービス)分析、用途別(センチメント分析、販売およびマーケティング管理、通話監視)分析、展開モデル別分析、組織規模別分析、音声分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、音声分析の世界市場規模が2019年657百万ドルから2024年1697百万ドルまで年平均19.4%成長すると予測しています。
  • フラットロール鋼材の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フラットロール鋼材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フラットロール鋼材の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スプリンクラー灌漑システムの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スプリンクラー灌漑システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、作物別分析、サイズ別分析、地域別分析、スプリンクラー灌漑システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマンガン鉱石市場2015
    本調査レポートでは、世界のマンガン鉱石市場2015について調査・分析し、マンガン鉱石の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フィンランドの心臓血管手術装置市場見通し
  • 弾性床材の世界市場:製品別(LVT、ビニルシート、VCT、ガラス繊維、リノリウム)、用途別(住宅、商業施設、産業施設)、地域別
    本調査レポートでは、弾性床材の世界市場について調査・分析し、弾性床材の世界市場動向、弾性床材の世界市場規模、市場予測、セグメント別弾性床材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 微結晶セルロースの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、微結晶セルロースの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、微結晶セルロース市場規模、原料別(非木質原料、製綿、木質原料)分析、用途別(製薬、食料・飲料、化粧品・パーソナルケア用品、塗料、ゴム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 微結晶セルロースの世界市場:市場動向分析 ・ 微結晶セルロースの世界市場:競争要因分析 ・ 微結晶セルロースの世界市場:原料別(非木質原料、製綿、木質原料) ・ 微結晶セルロースの世界市場:用途別(製薬、食料・飲料、化粧品・パーソナルケア用品、塗料、ゴム、その他) ・ 微結晶セルロースの世界市場:主要地域別分析 ・ 微結晶セルロースの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 微結晶セルロースのヨーロッパ市場規模 ・ 微結晶セルロースのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・微結晶セルロースの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 歯内消耗品の世界市場:歯内ファイル、栓塞子、永久歯内シーラー
    当調査レポートでは、歯内消耗品の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(歯内ファイル、栓塞子、永久歯内シーラー)分析、エンドユーザー別(歯科医院、病院、歯科学術研究所)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・歯内消耗品の世界市場:製品別(歯内ファイル、栓塞子、永久歯内シーラー) ・歯内消耗品の世界市場:エンドユーザー別(歯科医院、病院、歯科学術研究所) ・歯内消耗品の世界市場:地域別 ・企業動向
  • モトタクシーサービスの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、モトタクシーサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、モトタクシーサービス市場規模、サービス別(オンラインタクシー配車(E-hailing)、相乗り)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・モトタクシーサービスの世界市場概要 ・モトタクシーサービスの世界市場環境 ・モトタクシーサービスの世界市場動向 ・モトタクシーサービスの世界市場規模 ・モトタクシーサービスの世界市場:業界構造分析 ・モトタクシーサービスの世界市場:サービス別(オンラインタクシー配車(E-hailing)、相乗り) ・モトタクシーサービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・モトタクシーサービスの北米市場規模・予測 ・モトタクシーサービスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・モトタクシーサービスのアジア太平洋市場規模・予測 ・モトタクシーサービスの主要国分析 ・モトタクシーサービスの世界市場:成長要因、課題 ・モトタクシーサービスの世 …
  • 世界の子供服市場2015
    本調査レポートでは、世界の子供服市場2015について調査・分析し、子供服の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星アンテナの世界市場予測(~2022年):パラボラリフレクター、フラットパネル、FRP、ホーンアンテナ
    当調査レポートでは、衛星アンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、アンテナ種類別分析、構成品別分析、プラットフォーム別分析、周波数別分析、衛星アンテナの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用航空機分解・解体・リサイクルの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、商用航空機分解・解体・リサイクルの世界市場について調査・分析し、商用航空機分解・解体・リサイクルの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 商用航空機分解・解体・リサイクル市場の概要 3. 商用航空機分解・解体・リサイクルの世界市場2016-2026 4. 世界の商用航空機分解・解体・リサイクル2次市場予測2016-2026 5. 主要国の商用航空機分解・解体・リサイクル市場予測2016-2026 6. 国別商用航空機分解・解体・リサイクル市場のSWOT分析2016-2026 7. 専門家の意見 8. 商用航空機分解・解体・リサイクル市場における上位12企業 9. 結論および提言 10. 用語集
  • 埋め込みダイパッケージングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、埋め込みダイパッケージングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、埋め込みダイパッケージング市場規模、用途別(家電、自動車、ヘルスケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Advanced Semiconductor Engineering (ASE) Technology, Amkor Technology, Austria Technologies & Systemtechnik Aktiengesellschaft (AT&S), SHINKO ELECTRIC INDUSTRIES, TDKなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場概要 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場環境 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場動向 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場規模 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場:業界構造分析 ・埋め込みダイパッケージングの世界市場:用途別(家電 …
  • 甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)の概要 ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の甲状腺髄様がん(Medullary Thyroid Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・甲状腺髄様がん(Medullary Thyroi …
  • バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムの世界市場について調査・分析し、バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステム種類別分析()、バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムの市場概観 ・バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムの世界市場規模 ・バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムのアメリカ市場規模推移 ・バーチャルリハビリ及びテレリハビリシステムのカナダ …
  • 光線治療用装置の世界市場予測:ロングランプ、CFL、LED、光ファイバー
    当調査レポートでは、光線治療用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、光線治療用装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャの心臓補助装置市場見通し
  • ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤の概要 ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 携帯型クーラーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、携帯型クーラーの世界市場について調べ、携帯型クーラーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、携帯型クーラーの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(家庭・レクリエーション、商業・政府)、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は携帯型クーラーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均14%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・携帯型クーラーの市場状況 ・携帯型クーラーの市場規模 ・携帯型クーラーの市場予測 ・携帯型クーラーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザ別(家庭・レクリエーション、商業・政府) ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・携帯型クーラーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"