"メタンハイドレート抽出の世界市場:"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9AG065)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"メタンハイドレート抽出の世界市場:"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The methane hydrate extraction market is projected to reach 66,901.8 thousand cubic meter by 2025, growing at a CAGR of 6.3% from 2021 to 2025.

Methane hydrate is an ice cage like structure in which methane gas is trapped. As per the estimates by the United States Geological Survey (USGS), one cubic meter of methane hydrate may contain 164 cubic meter of natural gas. Therefore, it is considered as a future source of energy. Methane hydrate is formed under seabed and is formed under high pressure and low temperature conditions. During the process of methane hydrate extraction, the hydrate ice cubes dissociate, pressure is decreased and methane gas from hydrate escapes, which can be risky.

The commercialization of methane hydrate is under process; and therefore, the methane hydrate extraction market is studied based on the successful extraction undertaken. As per the USGS, as of 2018 the overall available methane hydrate reserves include 20,000 trillion cubic meters of the reserves. If these reserves can be harvested efficiently, they could meet the global energy requirements for the coming 1,000 years. In 2017, China and Japan have successfully extracted methane hydrate from seabed after couple of tests conducted from 2012. China and Japan have respectively extracted 430 and 260 thousand cubic meter methane hydrate in 2017; although these countries are far away from the industrial scale production.

Primary factors that contribute toward the growth of methane hydrate extraction market include high energy potential, availability, and rise in extraction activities. As mentioned earlier, one cubic methane hydrate releases 160 cubic meter natural gas, which shows the kind of potential methane hydrate has which could meet the global energy demand for almost next 1,000 years, if exploited properly. Hence, greater availability of methane hydrate beneath seabed across the globe is expected the fuel the extraction activities by contributing significantly in this market. Moreover, government support to conduct extraction test is also creating the scope for methane hydrate extraction, which is further expected to play a key role while developing the growth of this market. However, life threatening threats associated with the methane hydrate extraction activities are anticipated to inhibit the growth of the overall market. Methane hydrate grows at high pressure and lower temperature under seabed. Its inefficient extraction could release methane gas from permafrost, which can lead to the occurrence of tsunami. Such threats may limit the participation of new countries in the discovery and extraction of methane hydrate, thus restraining the growth of the market growth in the coming years.

Some countries that actively participate in the discovery of methane hydrate include the U.S., Canada, China, Japan, India, and Russia. China is the first country that successfully extracted methane hydrate in 2017, thus dominating the market. Japan is the second country that extracted methane hydrate in the similar year. The largest hydrate reserve is found in Canada, which is around 500 trillion cubic meter. Growth in awareness regarding methane hydrate and its potential in largest methane hydrate reserves is expected to increase new extraction activities during the coming years with the help of investment from the Canadian government.

The major key players operating in the methane hydrate extraction market include Anadarko Petroleum Corporation, Schlumberger, BP plc., ConocoPhilips, EQUINOR ASA, PetroChina, Japan Petroleum Exploration Company Limited (JAPEX), INPEX Corporation, Oil and Natural Gas Corporation (ONGC), and Indian Oil Corporation Ltd. (IOCL).

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• The report outlines the current trends and future scenario of the methane hydrate extraction market size from 2017 to 2025 to understand the prevailing opportunities and potential investment pockets
• Porter’s five forces analysis helps to analyze the potential of buyers & suppliers and the competitive scenario of the industry for strategy building
• Major countries in the region have been mapped according to their individual extraction volume contribution to the regional market
• The key drivers, restraints, and methane hydrate extraction market opportunities and their detailed impact analysis are elucidated in the study
• The profiles of key players along with their key strategic developments are enlisted in the report

KEY MARKET SEGMENTS
• By Country
 U.S.
 Canada
 China
 Japan
 India
 Russia


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"メタンハイドレート抽出の世界市場:"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1: INTRODUCTION

1.1. Report description
1.2. Key benefits for stakeholders
1.3. Key market segments
1.4. Research methodology

1.4.1. Primary research
1.4.2. Secondary research
1.4.3. Analyst tools and models

CHAPTER 2: EXECUTIVE SUMMARY

2.1. Key findings

2.1.1. Top investment pockets

2.2. CXO perspective

CHAPTER 3: MARKET OVERVIEW

3.1. Market definition and scope
3.2. Key forces shaping the methane hydrate extraction market

3.2.1. Low-to-high bargaining power of suppliers
3.2.2. Moderate-to-high threat of new entrants
3.2.3. Moderate threat of substitutes
3.2.4. Moderate intensity of rivalry
3.2.5. Low-to-moderate bargaining power of buyers

3.3. Market evolution
3.4. Value chain analysis
3.5. Market pain point analysis
3.6. Race analysis
3.7. Case studies

3.7.1. Case Study 01

3.8. Market dynamics

3.8.1. Drivers

3.8.1.1. Abundance of methane hydrate across the globe and high potential associated with it
3.8.1.2. Increasing methane hydrate extraction activities

3.8.2. Restraints

3.8.2.1. Life threatening risk and challenges associated with methane hydrate drilling activities

3.8.3. Opportunities

3.8.3.1. Government support to discover hydrate reserves and commercialize methane hydrate

CHAPTER 4: METHANE HYDRATE EXTRACTION MARKET, BY COUNTRY

4.1. Overview
4.2. U.S.

4.2.1. U.S. Methane hydrate extraction market (2021-2025)
4.2.2. Estimated methane hydrates reserves in the U.S.
4.2.3. Future plans

4.3. Canada

4.3.1. Canada Methane hydrate extraction market (2021-2025)
4.3.2. Estimated methane hydrates reserves in Canada
4.3.3. Future plans

4.4. Japan

4.4.1. Japan Methane hydrate extraction market (2021-2025)
4.4.2. Estimated methane hydrates reserves in Japan
4.4.3. Future plans

4.5. China

4.5.1. China Methane hydrate extraction market (2021-2025)
4.5.2. Estimated methane hydrates reserves in China
4.5.3. Future plans

4.6. India

4.6.1. India Methane hydrate extraction market (2021-2025)
4.6.2. Estimated methane hydrates reserves in India
4.6.3. Future plans

4.7. Russia

4.7.1. Russia Methane hydrate extraction market (2021-2025)
4.7.2. Estimated methane hydrates reserves in Russia
4.7.3. Future plans

CHAPTER 5: COMPANY PROFILES

5.1. Anadarko Petroleum Corporation

5.1.1. Company overview
5.1.2. Company snapshot
5.1.3. Operating business segments
5.1.4. Product portfolio
5.1.5. Business performance
5.1.6. Key strategic moves and developments

5.2. Schlumberger Limited

5.2.1. Company overview
5.2.2. Company snapshot
5.2.3. Operating business segments
5.2.4. Product portfolio
5.2.5. Business performance
5.2.6. Key strategic moves and developments

5.3. BP p.l.c.

5.3.1. Company overview
5.3.2. Company snapshot
5.3.3. Operating business segments
5.3.4. Product portfolio
5.3.5. Business performance
5.3.6. Key strategic moves and developments

5.4. ConocoPhillips

5.4.1. Company overview
5.4.2. Company snapshot
5.4.3. Operating business segments
5.4.4. Product portfolio
5.4.5. Business performance
5.4.6. Key strategic moves and developments

5.5. EQUINOR ASA

5.5.1. Company overview
5.5.2. Company snapshot
5.5.3. Operating business segments
5.5.4. Product portfolio
5.5.5. Business performance
5.5.6. Key strategic moves and developments

5.6. PetroChina Company Limited

5.6.1. Company overview
5.6.2. Company snapshot
5.6.3. Operating business segments
5.6.4. Product portfolio
5.6.5. Business performance
5.6.6. Key strategic moves and developments

5.7. Japan Petroleum Exploration Co., Ltd.

5.7.1. Company overview
5.7.2. Company snapshot
5.7.3. Operating business segments
5.7.4. Product portfolio
5.7.5. Business performance
5.7.6. Key strategic moves and developments

5.8. INPEX Corporation

5.8.1. Company overview
5.8.2. Company snapshot
5.8.3. Operating business segments
5.8.4. Product portfolio
5.8.5. Business performance
5.8.6. Key strategic moves and developments

5.9. Oil & Natural Gas Corporation (ONGC)

5.9.1. Company overview
5.9.2. Company snapshot
5.9.3. Operating business segments
5.9.4. Product portfolio
5.9.5. Business performance
5.9.6. Key strategic moves and developments

5.10. Indian Oil Corporation Ltd.

5.10.1. Company overview
5.10.2. Company snapshot
5.10.3. Operating business segments
5.10.4. Product portfolio
5.10.5. Business performance
5.10.6. Key strategic moves and developments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】メタンハイドレート抽出の世界市場:
【発行日】2019年5月28日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9AG065
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料・化学品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
メタンハイドレート抽出の世界市場:についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 長鎖ジカルボン酸の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、長鎖ジカルボン酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、長鎖ジカルボン酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は長鎖ジカルボン酸の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cathay Industrial Biotech、Evonik Industries、Henan Junheng Industrial Group Biotechnology、Shandong Hilead Biotechnology、Zibo Guangtong Chemical等です。
  • IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の小売産業におけるM2Mサービス市場
    当調査レポートでは、世界の小売産業におけるM2Mサービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の小売産業におけるM2Mサービス市場規模及び予測、接続種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イブプロフェンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、イブプロフェンの世界市場について調査・分析し、イブプロフェンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別イブプロフェンシェア、市場規模推移、市場規模予測、イブプロフェン種類別分析(USP,EP)、イブプロフェン用途別分析(錠剤、カプセル、懸濁液、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・イブプロフェンの市場概観 ・イブプロフェンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・イブプロフェンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・イブプロフェンの世界市場規模 ・イブプロフェンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・イブプロフェンのアメリカ市場規模推移 ・イブプロフェンのカナダ市場規模推移 ・イブプロフェンのメキシコ市場規模推移 ・イブプロフェンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・イブプロフェンのドイツ市場規模推移 ・イブプロフェンのイギリス市場規模推移 ・イブプロフェンのロシア市場規模推移 ・イブプロフェンのアジア市場分析(日 …
  • 中国のリクローザ市場2015
    本調査レポートでは、中国のリクローザ市場2015について調査・分析し、リクローザの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の世界市場について調査・分析し、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン シェア、市場規模推移、市場規模予測、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン 種類別分析()、エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の市場概観 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の世界市場規模 ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エチレン-酢酸ビニル (VAE)エマルジョン のアメリカ市場規模推移 ・エチレ …
  • 世界の堅牢型ノートパソコン市場2015
    本調査レポートでは、世界の堅牢型ノートパソコン市場2015について調査・分析し、堅牢型ノートパソコンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品向け重金属検査の世界市場予測(~2022年):ヒ素、カドミウム、鉛、水銀
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品向け重金属検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、技術別分析、サンプル別分析、食品種類別分析、食品向け重金属検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インタラクティブプロジェクターの世界市場予測(~2022):デジタル光処理(DLP)、液晶表示(LCD)、反射型液晶素子(LCoS)
    当調査レポートでは、インタラクティブプロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、技術別分析、映写距離別分析、次元別分析、用途別分析、インタラクティブプロジェクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型データセンターの世界市場2017-2021:マイクロデータセンター、コンテナ型データセンタ
    当調査レポートでは、小型データセンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小型データセンターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリイソブチレン(PIB)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポリイソブチレン(PIB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリイソブチレン(PIB)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場:製品別(下顎前方移動装置、舌前方保持装置)、タイプ別(医師処方・オーダーメイド、オンラインOTC)、地域別予測
    本資料は、睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場について調べ、睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(下顎前方移動装置、舌前方保持装置)分析、タイプ別(医師処方・オーダーメイド、オンラインOTC)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場概要 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場環境 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場動向 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場規模 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場規模:製品別(下顎前方移動装置、舌前方保持装置) ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場規模:タイプ別(医師処方・オーダーメイド、オンラインOTC) ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置の北米市場規模・予測 ・睡眠時無呼吸症候群向け口腔内装置のアメリカ市場規模・予測 ・ …
  • 世界の航空用ファスナー市場:用途別、材料別、地域別
    本調査レポートは航空用ファスナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(商業及びビジネス航空、防衛及び宇宙)分析、顧客状況、材料別(アルミニウム、チタン、超合金、スチール)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・航空用ファスナーの世界市場:用途別(商業及びビジネス航空、防衛及び宇宙) ・顧客状況 ・航空用ファスナーの世界市場:材料別(アルミニウム、チタン、超合金、スチール) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のベアメタルステント(BMS)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、ベアメタルステント(BMS)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベアメタルステント(BMS)の概要 ・ベアメタルステント(BMS)の開発動向:開発段階別分析 ・ベアメタルステント(BMS)の開発動向:セグメント別分析 ・ベアメタルステント(BMS)の開発動向:領域別分析 ・ベアメタルステント(BMS)の開発動向:規制Path別分析 ・ベアメタルステント(BMS)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別ベアメタルステント(BMS)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・ベアメタルステント(BMS)の最近動向
  • ブラジルの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 老年医学の世界市場分析:分類別(鎮痛薬、抗高血圧薬、スタチン、抗糖尿病薬、プロトンポンプ阻害薬、抗凝固薬、抗精神病薬、抗うつ薬)、治療条件別(心臓血管、関節炎、神経学、がん、骨粗鬆症、呼吸器)、セグメント予測
    本調査レポートでは、老年医学の世界市場について調査・分析し、老年医学の世界市場動向、老年医学の世界市場規模、市場予測、セグメント別老年医学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用ヘンプの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、産業用ヘンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ヘンプシード、ヘンプシードオイル、ヘンプファイバー、およびCBDヘンプオイル)分析、用途別(食品、飲料、パーソナルケア製品、繊維製品、医薬品)分析、由来別(有機、従来)分析、産業用ヘンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、産業用ヘンプの世界市場規模が2019年46億ドルから2025年266億ドルまで年平均34.0%成長すると予測しています。
  • 冠状動脈疾患(CAD)治療の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、冠状動脈疾患(CAD)治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冠状動脈疾患(CAD)治療の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は冠状動脈疾患(CAD)治療の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、AstraZeneca、Gilead、Novartis、Pfizer等です。
  • 中国のトランスフェクション試薬市場2015
    本調査レポートでは、中国のトランスフェクション試薬市場2015について調査・分析し、トランスフェクション試薬の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アデノシンA2受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアデノシンA2受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アデノシンA2受容体拮抗薬の概要 ・アデノシンA2受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のアデノシンA2受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アデノシンA2受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アデノシンA2受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、システム・ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、インシデント及びエマージェンシー管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 海洋補給船の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、海洋補給船の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、海洋補給船市場規模、製品別(AHTS、PSV、FSIV、MPSV、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BOURBON, Edison Chouest Offshore, SEACOR Marine, Swire Pacific, Tidewaterなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・海洋補給船の世界市場概要 ・海洋補給船の世界市場環境 ・海洋補給船の世界市場動向 ・海洋補給船の世界市場規模 ・海洋補給船の世界市場:業界構造分析 ・海洋補給船の世界市場:製品別(AHTS、PSV、FSIV、MPSV、その他) ・海洋補給船の世界市場:地域別市場規模・分析 ・海洋補給船の北米市場規模・予測 ・海洋補給船のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・海洋補給船のアジア太平洋市場規模・予測 ・海洋補給船の主要国分析 ・海洋補給船の世界市場:意思決定フレームワーク ・海洋 …
  • 世界の食品着色料市場2015
    本調査レポートでは、世界の食品着色料市場2015について調査・分析し、食品着色料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超音波探傷検査(UT)装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の超音波探傷検査(UT)装置市場2015について調査・分析し、超音波探傷検査(UT)装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドストレージの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、クラウドストレージの世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・クラウドストレージの世界市場:イントロダクション ・クラウドストレージの世界市場:市場概観 ・クラウドストレージの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・クラウドストレージの世界市場:セグメント別市場分析 ・クラウドストレージの世界市場:種類別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:ソリューション別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:導入別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:企業規模別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:産業別分析/市場規模 ・クラウドストレージの世界市場:主要地域別市場分析 ・クラウドストレージの世界市場:関連企業分析
  • 北米の膝関節置換処置動向(~2021)
  • 産業用保護手袋の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用保護手袋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用保護手袋の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアのポリプロピレン市場(~2019)
  • 船舶交通サービス(VTS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、船舶交通サービス(VTS)の世界市場について調査・分析し、船舶交通サービス(VTS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別船舶交通サービス(VTS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、船舶交通サービス(VTS)種類別分析(INS・NAS、TOS、その他)、船舶交通サービス(VTS)用途別分析(港湾サービス、沿岸航行、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・船舶交通サービス(VTS)の市場概観 ・船舶交通サービス(VTS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・船舶交通サービス(VTS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・船舶交通サービス(VTS)の世界市場規模 ・船舶交通サービス(VTS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・船舶交通サービス(VTS)のアメリカ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のカナダ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のメキシコ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス …
  • 熱解析の世界市場予測(~2022年):DSC、TGA、STA、DTA、TMA、DMA、示差走査熱量測定(DSC)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、熱解析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、機能別分析、需要先別分析、地域別分析、熱解析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の三塩化ヒ素市場2015
    本調査レポートでは、世界の三塩化ヒ素市場2015について調査・分析し、三塩化ヒ素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉄道用ACユニット(空調システム)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉄道用ACユニット(空調システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄道用ACユニット(空調システム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 大面積液晶ディスプレイの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、大面積液晶ディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大面積液晶ディスプレイの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • ゼラチンの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ゼラチンの世界市場について調査・分析し、ゼラチンの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ゼラチンの世界市場:市場動向分析 - ゼラチンの世界市場:競争要因分析 - ゼラチンの世界市場:原料別 ・牛皮 ・牛の骨 ・豚皮 ・その他 - ゼラチンの世界市場:機能 ・ゲル化剤 ・増粘剤 ・安定剤 ・その他 - ゼラチンの世界市場:用途別 ・食品・飲料 ・調剤 ・パーソナルケア(化粧品) ・栄養補助食品 ・写真 ・その他 - ゼラチンの世界市場:主要地域別分析 - ゼラチンの北米市場規模(アメリカ市場等) - ゼラチンのヨーロッパ市場規模 - ゼラチンのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ゼラチンの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • インタラクティブキオスクの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、インタラクティブキオスクの世界市場について調べ、インタラクティブキオスクの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、インタラクティブキオスクの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(小売、旅行及び観光、金融業務、健康管理、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はインタラクティブキオスクの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・インタラクティブキオスクの市場状況 ・インタラクティブキオスクの市場規模 ・インタラクティブキオスクの市場予測 ・インタラクティブキオスクの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(小売、旅行及び観光、金融業務、健康管理、その他) ・インタラクティブキオスクの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北 …
  • IoTデバイスの世界市場:スマート冷蔵庫、スマート照明、スマートAC、スマートウォッチ、スマートサーモスタット、スマートグラス
    当調査レポートでは、IoTデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IoTデバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 扇風機の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、扇風機の世界市場について調べ、扇風機の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、扇風機の市場規模をセグメンテーション別(製品別(天井扇風機、床扇風機、壁掛け扇風機)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は扇風機の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・扇風機の市場状況 ・扇風機の市場規模 ・扇風機の市場予測 ・扇風機の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(天井扇風機、床扇風機、壁掛け扇風機) ・扇風機の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • シリコンフォトニクスの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、シリコンフォトニクスの世界市場について調査・分析し、シリコンフォトニクスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ベアリングの世界市場
    当調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベアリングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マネージドプリントサービス(MPS)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マネージドプリントサービス(MPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、導入形式別分析、チャネルタイプ別分析、用途別分析、企業規模別分析、マネージドプリントサービス(MPS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 特発性小人症(Idiopathic Short Stature):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における特発性小人症(Idiopathic Short Stature)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、特発性小人症(Idiopathic Short Stature)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・特発性小人症(Idiopathic Short Stature)の概要 ・特発性小人症(Idiopathic Short Stature)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の特発性小人症(Idiopathic Short Stature)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・特発性小人症(Idiopathic Short Statu …
  • 透明セラミックスの世界市場:単結晶透明セラミックス、多結晶透明セラミックス、その他
    当調査レポートでは、透明セラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、エンドユーザー(産業)別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベータ-ラクタマーゼ阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータ-ラクタマーゼ阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータ-ラクタマーゼ阻害薬の概要 ・ベータ-ラクタマーゼ阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のベータ-ラクタマーゼ阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータ-ラクタマーゼ阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータ-ラクタマーゼ阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 医療機器試験の世界市場予測(~2023年):試験サービス、検査サービス、認証サービス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療機器試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、サービス別分析、クラス別分析、技術別分析、地域別分析、医療機器試験の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゴムタイヤのパキスタン市場:空気圧ゴムタイヤ、リトレッドゴムタイヤ、クッション付きソリッドゴムタイヤ
  • デセプション技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デセプション技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デセプション技術の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 反応モニタリングの世界市場予測(~2022年):分光法、クロマトグラフィー、熱量測定法、滴定法、XRD
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、反応モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、モード別分析、需要先別分析、地域別分析、反応モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 損害保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、損害保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、損害保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • テロメラーゼ活性体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるテロメラーゼ活性体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・テロメラーゼ活性体の概要 ・テロメラーゼ活性体のパイプライン概要 ・企業別開発中のテロメラーゼ活性体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・テロメラーゼ活性体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・テロメラーゼ活性体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"